図形曼荼羅好きな方 (^O^)/

ラピスラズリの蒼とトルコブルーの重なりに魅かれます。色と形は何かを現わすような気がします。

語る抽象画展

2016-09-15 20:16:47 | 日記





展示しようと思っていた会場の予約が取れず

秋に何処か展示できるところがあるといいな

と思っていたところ

語る抽象画展で出品者の募集が目にとまり

締め切り2日前に応募したところ

展示が決まりました。


The Artcomplex Center of Tokyo


ACTギャラリーはこちら

www.gallerycomplex.com




めでたい十五夜に掲載しました。





古代遺跡から語りかけるものを感じていたこの頃

洞窟の遺跡を調べていたら

洞窟壁画、世界最古か  手形4万年前と測定 南スラウェシ州マロス県 (2014年10月10日)

インドネシアとオーストラリアの合同研究チームは9日、南スラウェシ州マロス県の洞窟壁画が少なくとも約4万年前に描かれたとの調査結果を英科学誌「ネイチャー」(10月9日号)に発表した。インドネシアが人類の芸術における発祥地の一つだった可能性が浮上した。







その最後に

洞窟壁画 人類が文字を使う前の時代に洞窟、岩壁に描かれた壁画。馬、牛などの動物や手形、幾何模様などがモチーフ。

人類学は壁画を抽象的思考や創造性の始まりとみなしており、芸術の原初的なものとする。















ラスゴー洞窟壁画




ショーヴェ洞窟壁画













デフォルメする抽象的感性がすごいです



造形の初まりは、生命の象徴を現わすこと




それは、時代をへて

ギリシアにおいて自然と宇宙を自ら思索の対象とした。

そのため彼らの思想は宇宙論あるいは自然学としばしば呼ばれる。


インド 梵我一如の思想

 梵、すなわち「ブラフマン」と真我、すなわち「アートマン」が同一であること

ブラフマンは、もともとは、ヴェーダの「ことば」を意味する語で、「賛歌」「呪句」を表した。やがて、それらに内在する「神秘力」により、この力が宇宙を支配すると理解されて「宇宙を支配する原理」とされた。


中国

八卦は伏羲が天地自然に象って作ったという伝説があり、卦の形は全ての事物事象を表しているとされる
爻と呼ばれる記号を3つ組み合わた三爻によりできた八卦で占う








孔子 八佾の舞で祖霊を祀ることで、北極星を星が回るがごとく政り事が行われる









仏陀 心を八つの面から現わす八正道





エジプト 

春分、秋分の日の出のわずかな時間、ピラミッドは八面体になる








シュメール

ウルのジッグラト復元図。三層構造で基壇上に月神ナンナルの至聖所があった。基幹構造は日乾煉瓦、外壁は瀝青で仕上げられていた。









エジプトと同時期のアメリカ大陸の都市遺跡 カラル遺跡

カラルを含むスーペ谷には80 km² の範囲で他に19もの神殿群が散在している。カラルの収容人口は3000人だが、スーペ谷に散在する19の神殿遺跡群全体では、2万人を収容することが可能だった。スーペ谷のこれらの遺跡全体はカラルとの類似性を持っており、小さな祭壇ないし環状列石をそなえている














古へには宇宙、自然の中に命の蘇生をうみだす思考があった





その中で動きを象徴する 3 


「天地人」 「過去現在未来」「火風水」 三の働き



8面のうみだす色々なことを結ぶ命の産まれるイメージ



3と8のうみいだすイメージを象にしてみました。


























ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語る古代遺跡 | トップ | 造形のちから »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (churakagi)
2016-09-16 23:03:00
こんばんは。

パソコンがそろそろ寿命で
今日一日、パソコンが使えませんでしたが
応急処置で何とか。
明日、新しいブツが届きます。

と言うことで朝から、作陶に投じていました。
陶芸は肉体労働的なところもありで
少し疲れます。
土にもよるのですが、今日はやわらかめの
磁器粘土でこれが助かりました。




スラウェシってやっぱりアトランティス
ではないでしょうか
と言うより、インドネシア。
トラジャ族はアトランティスの末裔と言うのは
どうなのでしょうね。
死者の祭祀が、やはり今文明のではないような
気がします。
現代では魔術としていますが
アトランティスは、意識と一体化する
ツールあ合ったのでは。
今で言えば、スマホの超進化版。
書くときりがない。


それにしても
アメリカ大陸には遺跡が多々残されていることを
知っている人が少ないですよね。

ずいぶんと、破壊されたそうですが
山々に埋もれているらしい。

アートのの原初的なものって
やはり、古代人は見えているものが
違ったのだと感じます。
今は
物質に囲まれ、電化製品に囲まれて
これらの目が閉ざされていると言うのは
事実だと思います。

それにしても
スラウェシはすごいところですね。
古へから未来へ (青蘊)
2016-09-17 22:40:23
こんばんは。

洞窟壁画の魅かれる手形を探して開いたら、インドネシアのスラウラェシでした。

churakagi)さんの昨日のブログをみて、インドネシアの古代はやはり永い永い歴史の現れ、トラジャ族の死生観に驚きを感じます。

じっくり受け止めてからもう一度現わしてみたいと思います。

インドの沐浴と、先祖代々の墓、いつか書いてみたいテーゼです。





コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。