蔵王の山から(WIND From Mt.ZAO)
山岳インストラクターで蔵王温泉住民のYAMAが、生まれ育った蔵王の自然などをテーマとし記録します





蔵王の山では根曲がり竹の竹の子(山竹の子)が最盛期を迎えています。
この春は気温も上がらなかった事もあり
例年より1週間ほど遅れているようです。

昨日の山竹の子



ただ、出かたに斑があり出ている場所と
出ていない場所があり、収穫量はいつもより少なめでした。

山竹の子を採った後はその処理が大変です。
うちでは保存するため瓶詰めをしますが
その処理手順は

洗浄 → 茹でる(流水にさらす) → 皮むき → 
洗浄(流水にさらす) → 節取り(長さ調整) → 瓶詰め

この中でも皮むきが大変な作業でしたが
十数年前に皮むき機を導入、作業時間は極端に減少しました。

◎ 山竹の子皮むき機 ◎

竹の子をセットして



ハンドルを回すと



簡単にきれいに皮が取れます。

次に節取りです。かたい部分の節を丁寧に取っていきます。
採って来た者からすると、勿体ないほど節を除いていきます。

山竹の子は半分ゴミを背負ってくるようなものですが
皮と節は畑の肥料として再利用します。

この季節、蔵王温泉では採って来た新鮮な山竹の子が食べられます。
ぜひ、ご賞味下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« カタクリ・ニ... お釜一周@蔵王山 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。