いっぽ・二歩・散歩

KinKiと楽天が大好きな、主婦のひとりごと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レベルが違います

2011-09-11 09:44:01 | 野球

昨日、楽天田中と日ハム斎藤そのプロ初直接対決がありました。

まあ、悪いけれど、今の田中と斎藤とでは、レベルが違いすぎますね。

4年間、田中は今はもう、楽天のエースです。

いや、日本のエースになったと言ってもいい。ダルと一緒に、日本のエースです。

昨日は、貫禄勝ちですよ。

でも、斎藤も頑張りました。ちゃんと最後まで投げきりましたし。

田中が言っていたように、昨日だけでなく来年もその次も、ずっと続く対戦。

ずっと、楽しみです。まあ、田中に斎藤が追いつくのはかなり大変だけども。

それにしても、昨日たった1回だけの対戦なんて。

同じパリーグなのにもったいない。もっと対戦したらよかったのに。

田中・斎藤、来年またいい試合を見せてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半年です

2011-09-11 00:44:33 | ひとりごと
東日本大震災から、半年です。
先日、隣の海沿いの町に行ってきました。
ガレキや車が散乱していた田んぼは、きれいになってました。
でも、流されたものは帰ってこない。
この写真は、まさに海の前です。
家の基礎が土台ごと動いています。
こんなこと、あるはずない。でも、現実は動いてしまっている。
当たり前だと思われるかもしれない。でもあえて、言います。
流された家は、帰ってこない。どうやって、この家を復旧させるの?
この動いてひしゃげた土台が、現実を訴えます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/11の花火

2011-08-13 21:00:02 | ひとりごと

8/11の花火

おととい、8/11。

地震の被災地10箇所で、ライトアップニッポンの花火が上がりました。

宮城の会場は、我が家の目の前。何も知らなくて、ビックリしました。

おととい、6時半に仕事が終わって、いつも通る家の近くの田んぼ沿いの道を通ろうとしたら

通行止めになっていたんです。

私は「また道路工事をするんだな~」と思って、遠回りして帰りました。

家についたら、突然「ドン!」と花火が上がって。それも目の前に。

ビックリしました。運転していて、なんだか今日は人通りが多いな~とは思っていました。

でも、まさか花火なんて。それも、とっても豪華で、

スゴイ迫力で、音とその衝撃がすごくて。家が揺れました。

地震ではなく、花火の衝撃波で揺れました。

こんなに近くで花火を見るのは、初めて。

なんとか写真を撮りたいと思ったけれど、なかなか難しい。

そのうちあきらめて、自分の目に焼きつけました。

せっかく目の前に上がっているのに、目で見ないなんてもったいないと思って。

あとで、これは被災地10箇所であがったものだと、知りました。

そんなに大きなイベントとは知らなくて、またビックリです。

とても素晴らしい花火でした。幸せでした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チャリティーソングで。

2011-06-10 21:16:24 | ひとりごと

明日で、地震から3ヶ月になります。

地震以降、たくさんのチャリティーソングができました。

いろんなアーティストが、それぞれ出しています。

収益が義援金になっているということで、本当にありがとうございます。

数々のチャリティーソングの中で、私が聴いて涙が出て止まらなくなるのは、

予定~宮城に帰ったら~」です。

この曲が運転中にラジオから流れたら、涙で運転ができなくなって困るくらい。

これは、宮城版のほかに、福島・岩手もあります。

宮城版は、宮籐官九郎さんと中村雅俊さんが、歌っています。

歌詞は、宮城の名物・観光地・行事などを取り上げて、

宮城に帰ったら○○を食べる、○○に行く、○○をする、と、ずっと歌っています。

ただそれだけなんですが、でもそれが、なんというか、

宮城への愛を感じて、感動して涙が出てしまうんです。

同じように、福島版も岩手版も、郷土への愛を感じます。

被災したのは、この3県だけではないです。

だからこんなことはいけないのかもしれないけれど、東日本全体への愛ではなく、

宮城・福島・岩手だけに愛を贈られていて、感動します。

まっすぐな、郷土愛。地元だけに向けて贈られた、歌。

贅沢ですね。ワガママですね。でも、感動して涙してしまう、私です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退院しました。

2011-05-28 17:33:10 | ひとりごと

入院していた息子が、昨日無事に退院しました。

と言っても、まだ学校にはしばらく行けません。

振動がよくないので、走るのはもちろん階段の上り下りなども、気をつけないと。

歩くのも、ゆっくりそろりそろりと歩いています。

なので10日くらいは、家で療養することになります。

それでも、退院できたということは、とてもうれしい

昨日は退院後早速、学校に顔出しに行きました。

息子は久しぶりに友達に会えて、うれしそう。

友達も廊下で息子を見つけると、「あっ、○○来てる~」と

階段を駆け上がって、みんなに知らせてました。

その友達の姿が、とてもうれしかった。息子は、いい友達に恵まれているな~と感じました。

友達って、いいですね。感謝です。

昨日の夜ご飯は、息子のリクエストでトンカツ。全部、食べてくれました。

やっぱり、うちの味噌汁は美味しいって。病院の味噌汁は、美味しくなかったからな~。

家族みんなで食べるご飯は、やっぱりいいです。みんなでいると、安心します。

あとはしばらくゆっくり休んで、目がちゃんと治って、

夏には外で遊べるようになったら、いいな~。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

どうしたらいいか。

2011-05-24 11:40:45 | ひとりごと

私の友達で仕事の同僚でもあるA子が、今元夫からのストーカーに悩んでいます。

離婚に至ったのは、私もそんなに詳しくは知らないんだけど、

舅の介護をやっていたA子に、夫が自分の兄の介護もさせようとしたことが、

離婚の発端になったと聞いています。

今はA子は車で30分くらい離れた実家に戻って、子供3人と自分の母親と暮らしています。

もう1年くらい離れて暮らしていて、特に今まで問題がなかったように見えてたのに、

最近元気がなくて、心配で聞いてみたら、

元夫が追いかけてきて、家に入り込んだりしているとのこと。

職場まできたら店にも迷惑がかかるしと、言っていました。

それは副店長は事情を知ってて、「もしそういうことがあったら守るから」

と言ってくれたそうです。

ただレジという、入ってきて一番初めに会う場所にいるので、本人が一番不安なんです。

私が「少し休んだら?」と言ったら、

「帰って家にいると怖いから、ここで(店)でみんなと一緒のほうがいい」と言います。

それも、そうだと思います。でも、レジで硬い表情でおびえているのを見るのも、つらい。

いったい、とうずればいいんだろう。

警察には、「もっとひどくなったら相談する」と言ってました。

友達として、何をすればいいのか。と言っても、あまり立ち入ってもいけないとも思うし。

悩んでいます。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

そのまま受け止めます。

2011-05-20 17:59:16 | KinKi

今日のLF。

読んでてつらくなるけど、剛さんが本当をそのままを見せてくれていると思うと、うれしい。

信頼されていると感じます。

剛さん。大丈夫ですよ。何かあったなら、私たちに話してください。

私は、あなたの言葉をすべてそのまま受け止めます。

悲しいことがあれば、悲しいと話してください。あなたの悲しさを、分け合いたいです。

苦しいことがあれば、そのまま苦しいと話してください。その苦しみを、分け合いたいです。

私たちは、分かっています。

剛さんの言葉は、人を傷つけたりしないと。愛にあふれていると。

私のほうが、求めすぎていて。どうしても、ささげることができなくて。

剛さんは、いつも私たちファンのために闘っている。

そんな剛さんに、きっと私たちが甘えているんだと思う。

もっと努力して、ただひたすら愛をささげていきます。

だから、大丈夫。剛さん。

あなたにずっと、ずっと、ついていきます。

このままずっとありのままの剛さんで、いてください。そのままのあなたが、大好きだから。

また苦しくなったら、伝えてくださいね。 全部、そのまま、受け止めますから。

最後に、心から愛しています。私こそ、いつもありがとう。 #eniyui

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達は、スゴイ!!

2011-05-16 20:20:08 | ひとりごと

手術後の息子は全然食欲がなくて、昨日までフルーツしか食べられなかったんです。

これはたぶん長引く入院生活のストレスが、原因だと思う。

ところが、今日行ったらすっかり元気になっていました。

それは昨日、部活の友達が9人、見舞いに来てくれたんです。

高校生が9人も集まれば、それはうるさくなります。

病室ではなく、デイルームというソファーがあるスペースでみんなでおしゃべり。

でもデイルームでもうるさくて、とうとう看護婦さんに注意されたとか。

でも、この友達が来てくれたおかげで、食欲が戻ったんです。

ストレスが、なくなったんですね。

今日、私が買っていったヤマザキのランチパックを、

目の前で、あっという間に食べてしまいました。

友達の力って、スゴイ

私が何度通っても、食欲はまったく回復しなかったのが、

友達がたった1回来ただけで、すごい効果。

やっぱり、友達は偉大ですね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

間に合わなかった~。

2011-05-11 20:38:10 | ひとりごと

昨日、下の子が網膜はく離の2回目の手術を受けました。

約1ヶ月前に手術をしたんだけれど、その後一度くっついた網膜がまたはがれて。

レーザーと目の中にガスを入れる治療をして網膜をくっつけたけれど、またはがれて。

それで、2回目の手術になりました。

今回は、前回と同じ手術と同時に、ガスを入れる治療をしました。

なので、時間は前回の2倍の4時間。

もう、長かった~。2回目ということで、癒着があってそれが大変だったとか。

それにガスを入れる治療を同時にやるとは、前日の説明ではなかったので、

あまりに時間が長かったし、何かあったのかと本当に心配しました。

東北大学病院に入院していますが、ここには網膜はく離の有名な先生がいると聞いてます。

昨日の私への説明のあと、眼科の網膜はく離専門の先生でどうしたらいいか話しあって、

その結果、手術とガスの同時治療に決まったということです。

うん、これでよくなることを祈るのみです。

私も以前と同じ手術をやるより効果があると、思っています。

でも、これでまた入院が長引く。もう1ヶ月以上、入院している。

最初はもっと早く退院できると、思っていたのに。

早く、退院したいよ~。

 

昨日息子が手術室に向かって車椅子で病室を出た直後、息子の彼女がきました。

私の顔を見ると「間に合わなかった~!○○君は?」と。

昨日は学校があったはず。その帰りなのか、とても急いできた感じです。

その様子が、なんだかとてもかわいくて。

本当に今すぐAKBに入れていいくらい、かわいい子なんです。

「手術室に行ったよ」というと、ちょっとがっかりしたみたいに帰っていきました。

彼女がこんなに息子を心配してくれているというのが、とてもうれしい。

なんだか、もう気分は姑。こんなかわいい娘がいたらいいな~。

まだ高校生なのに、彼女を目の前にして母親の私が盛り上がってしまいました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

波こさじとは

2011-05-05 17:50:45 | ひとりごと

これは、私が思っていることです。違っているかもしれません。ごめんなさい。

 

私の住む多賀城市に、末の松山という旧跡があります。

ここは小高い丘になっていて、一本の大きな松があります。

今は隣に普通の民家があって、そのお宅の庭先にその末の松山があるといった、感じです。

末の松山は平安時代から、よく和歌に詠まれています。

百人一首に

「契りきな、かたみに袖をしぼりつつ、末の松山、波こさじとは」という歌があります。

この「末の松山、波こさじとは」が、とても私には感慨深いものがありました。

実は、多賀城は今回の津波でこの末の松山のふもとまで、波が来たんです。

まさに、この歌のとおり。「波こさじとは」です。

この歌は、清原元輔の作です。この方は私の記憶では、清少納言のお父さん。

たぶん、1000年前くらいに作った歌だと思います。

1000年前。東北地方を約1000年前くらいに、大きな津波が襲っていたんです。

偶然でしょうか。

京都にいた清原元輔が、こんな当時は地の果ての多賀城の津波を

知っているはずがないと、思うんです。 不思議です。

多賀城は、市内にたくさん旧跡があります。でも、ほとんどの旧跡は津波の被害がない。

つまり、昔はちゃんと津波があっても大丈夫なところに、街が家があった。

それが1000年のうちにみんな忘れてしまって、どんどん海沿いへ向かって

街を作って、道を作って、家を建てて住んだ。

昔のままだったら、被害などなかったのではないかと、思うんです。

昔からの言い伝えを忘れて、昔の町並みを捨てて、便利さだけを求めた。

その結果、また1000年後に津波にあった。「波こさじとは」です。

この和歌に詠まれているように、末の松山より海側には、

本来は、何も建ててはいけなかったのではないかと、思うんです。

 

これは、私の考えです。和歌の解釈が間違っているかもしれません。

もし違っていたら、こんなことを言っていた人もいたな~と、笑ってくださいね。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加