ふるさと!-秋田仙北平野を歩く-

ふるさと秋田の「仙北平野」をくまなく巡り歩き、その写真とエッセイを掲載します。

★田沢湖スキー場、三たび(その2)

2017年04月20日 | 山・麓歩き

●出かけた日:201744日(火)

●歩いた足跡(ログ)

(以上の地図:国土地理院)

 かなり疲れてきたが、もう少し、もう少しと思いながら登り続ける。

 だいぶ標高が上がって、右側の稜線と同じ高さ位までに達する。

 中央から右側にわたって、雪が塊のようになって付着している様は見事である。雪の中は岩肌なのであろう。すると、その辺りが狭い尾根になっている場所と思われる。この辺りでもまだ頂上までたどり着けるとは思っていない。

 やがて、右側の稜線を下に見るようになる。尾根が細くなって、両側がかなりの傾斜で谷に落ちている場所に達するが、その距離はそんなに長くない。慎重にそこを登り切ると、稜線の向こう側に、地肌を出して所々から噴煙を上げている「女岳」と、その向こうの山々が見えてくる。

 急に傾斜が緩くなる。この時、濃いガスに覆われ、視界が利かなくなる。そこを少し進むと、溶岩のような大きな雪の塊がある。

 何だろうと横に回ると、木の一部が雪からほんの少し出ている。それで、これが「男岳」頂上にある祠が雪を被った姿と知る。

 それとわからないうちに頂上に到着していたことになる。なんか達成感が今一つ湧かない。こんな山登りもあるのかと思ってしまう。頂上が見えなかったせいかもしれない。

 登り始めてから約4時間、第3リフト降り場からでも2時間程度、我ながらよくたどり着いたと思う。

 「男岳」の頂上はあまり広くない。東から南側にかけてかなり急な斜面になっているので、西風による雪庇があるかもしれないと考えて、祠からあまり離れないようにする。

 ガスが少し引いてその隙間から周囲の景色が見え隠れするが、「男女岳」や「阿弥陀池」はよく見えない。頂上で雲間から覗かれた景色の写真を何枚か掲げる。

 「田沢湖」を望んだ写真。向こう側から登って来たところ。右側の雪の盛り上がりが祠で、二つの小さな黒い部分が祠の一部である。「田沢湖」の上にかかる雲は、ここと同じくらいの高さか。

(その3に続く)

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★田沢湖スキー場、三たび(そ... | トップ | ★田沢湖スキー場、三たび(そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。