ふるさと!-秋田仙北平野を歩く-

ふるさと秋田の「仙北平野」をくまなく巡り歩き、その写真とエッセイを掲載します。

家の入口の雪寄せ

2016年12月20日 | 四季のたより

   先週1617日にかけて「仙北平野」は大雪に見舞われました。本格的な雪の季節の到来です。10㎝以上の降雪があると除雪車が出動するようですが、17日(土)の朝、我が家の入口は、除雪された雪でふさがれてしまいました。

 スコップとスノーダンプを持ち出して雪寄せです。

 写真は、雪寄せ前の様子ですが、除雪車が通った後、雪はスノーダンプが半分ほどもぐる高さに積み上げられています。単に降り積もっただけの雪ですと、軽くて寄せやすいのですが、車に踏まれて硬くなった雪は重いので、寄せるのはなかなか大変です。

 30分ほどかけて、次の写真のように雪を寄せ終えました。

 我が家は道路の脇に水路が通っており、ダンプの後ろの四角い蓋を上げてそこに投げ込むだけなので、楽な方かもしれません。街中などで、離れた場所に雪を捨てなければならないところは、もっともっと大変だと思います。

 ところで、この日は秋田市で飲み会があり、昼過ぎに出かけることにしておりました。すると、昼近くにまた除雪車が来ました。妻が、また来た~~と声を上げました。

 雪がいっぱい降ったので、道路が圧雪状態のデコボコ道(この辺りではソロバン道路とも云います)になったので、さらにそれを削るために除雪したようです。道路を平らにしてくれるのは非常にありがたいのですが、車で出かけるため、また雪寄せをすることになりました。

  話は、まだ終わりません。

 翌日曜日、家に帰ろうとホテルを出てまもなく、妻からメールがきて、また除雪車が来て雪を積み上げて行ったので家に入られない、とのこと。昨夜はそんなに雪は降らなかったはずだが、と思いながら車を走らせ、家に着いてみると、大きな雪の塊が入口をドーンと塞いでいる。雪は降らなかったが、道幅を広げるために除雪していったようだ。妻が雪を寄せようと頑張ってみたが、その日は気温が高く、湿った雪が余りに重くて挫折したとのこと。

 車を近くにいったん止め、重い雪を除けてやっと家に入ることができました。

 今年はあまり雪が降りませんように!!

 

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧神岡町神宮寺・旧大曲市花... | トップ | 旧太田町横沢を往くー1(その1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季のたより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。