ふるさと!-秋田仙北平野を歩く-

ふるさと秋田の「仙北平野」をくまなく巡り歩き、その写真とエッセイを掲載します。

★稲作日記(田起しー1)

2017年05月16日 | 稲作日記

 私は、勤めを定年退職した後、1ヘクタール程の田んぼで米作りをしております。米作りは毎年同じ時期に同じ作業を行うので、作業を通して肌で季節を実感しているように思われます。そうした作業を綴ることによって、読者の皆さんにも季節感を味わっていただくとともに、米作り(私にとっては趣味の一つのようなものですが)の現場の雰囲気も少しは感じていただけると思い、「四季のたより」の中で「稲作日記」を掲載いたします。 

 今回は、田んぼに出て最初の作業となる「田起こし」(耕起)の記事です。なお、「田起し」をするまでには、田んぼのゴミ・石拾い、水路の片付け・溝さらいなどほか、クロ突き(畦畔の補修、これは人に頼んでトラクターに付けた機械でやってもらいます)など、しなければならないことが結構あります。 

 しばらく晴れの日が続いて田んぼが乾いてきた53日、4日に「田起し」を行いました。その作業を順繰りに見ていただきたいと思います。

 かなり年代もののトラクターで父親の時代から使っているものです。妻に、「周りで作業しているトラクターを見たら全部キャビン付きだ」と言ったら、「米作りは金にならないから、うちはこれで十分」と言われました。

 まずは隅を起こすため、トラクターを畦畔(クロ、畦)の際ぎりぎりのところに寄せます。

 少し耕して中断(「枕打ち」)します。

 こうしておくことで、最後に外周(2回まわる)をスムーズに耕すことができます。なお、耕して土が黒くなった右隣も耕した跡になっていますが、これは昨年稲刈りした後に「秋起し」をしたものです。

 そして、次の隅に移動します。

 こちらも「枕打ち」をしました。

 その横にも少しだけ起したところが見えますが、これはトラクターを向こう向きにして前車輪を畦畔に着けて起した跡です。外回り2回分の幅と、この後、その幅を残してこちらから耕していく際に、ロータリー(回転する爪)を降ろす位置の目印にするものです。

 畦畔は、「クロ突き」してもらったので、法面が新しい土で黒くなっております。これで水漏れを防ぐことができます。

 外周で2回分の幅を残して向こうから耕してきました。こちらの隅も「枕打ち」し、後は、春真っ盛りの「西山」に時々目をやりながら、順繰りに田んぼを往復します。

 (「田起しー2」に続く)

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★旧千畑町畑屋・旧六郷町六郷... | トップ | ★旧千畑町畑屋・旧六郷町六郷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。