ふるさと!-秋田仙北平野を歩く-

ふるさと秋田の「仙北平野」をくまなく巡り歩き、その写真とエッセイを掲載します。

★旧太田町横沢を往くー1(その2)

2016年12月24日 | 旧太田町を往く

歩いた日:2016912日(月)

●歩いた所:米桶田・羽黒堂・板戸・福田・二ツ塚・赤坂・飯島・中村・上野口(旧中仙町)

●歩いたログ(道のり:7.7km

 (以上の地図:国土地理院)

 「板戸」の屋敷林の写真を撮った後、南北に走る道に戻り、北を望んで写真を撮る。

004:「赤坂」の集落を望む

 

 十字路の向こうが「赤坂」の集落である。この辺は、古い屋敷林があちこちに残っており、昔の風景を偲ぶことができる場所である。集落の中を昔の道が東西に走っており、その道は帰りに歩く予定。

 それにしてもこの道沿いは、電柱と電線が目立つ。目立つのはここばかりではないが、農村の景観として気持ちのいいものではないと感じる。どうにかならないものだろうか。

 道をさらに東に進む。また、道路右手に大きな木立が見えるので、そこも近くから眺めるため、十字路を一旦右折し、少し進んですぐ戻る。

 ここからは、「赤坂」を通る昔の道を歩いて帰ることにして、十字路を北へ、そして丁字路を西に進む。

 家々が密集したところに入る手前に自動販売機があるので、例によって缶コーヒーで一休み。その後、東側から「赤坂」の集落を写真に収める。

📷005:「赤坂」の道

 中央の大きな屋敷林とその手前の墓地を避けて緩くカーブしているところは、古くからの道の雰囲気を漂わせている。

 この後、この屋敷林の中にどんな家があるだろうと、集落の中をぐるっと回って南から覗いてみたが、今は人が住んでいる様子はなかった。50年の航空写真では、家の前の畑がきれいに耕されている。

 ところで、「赤坂」というと東京の「赤坂」が思い起こされるが、「地名へのいざない」には、「アカ」は、山の尾根、赤土、崖を、「サカ」は文字通り傾斜地を表し、傾斜地・崖地の場所と、赤土(鉄分を含んだ土)の坂の説があると記されている。

(その3へ続く)

 

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★初冬の「東山」2 | トップ | ★旧太田町横沢を往くー1(そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旧太田町を往く」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。