水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

・・・無駄に長い。『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』

2009-08-31 22:30:00 | 映画【な行】
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。
全三部作のうちの最終章です。


映画の評価 ★★☆☆☆ グダグダな映画


●以下ネタバレがあります●


この映画の公開前日にテレビ放送されていた
「20世紀少年 第二章」を観ましたが、
それを観た時から
ちょっと嫌な予感がしていました。

テレビ放送されたのは
「もうひとつの第二章」と称されていて
追加されたシーンがあるとの事だったのですが、
どうでもイイようなエピソードでした。

しかも、劇場版の中にあった
結構重要な部分
バッサリ!とカットされていて、
「なんだかなー。」といった感じです。

結局、警察官や教師の悪事
地上波テレビ放送ではNGだから
代わりに当たり障りのないエピソード
追加しておいたって事なんでしょうかね?

そんな気持ちを抱えながら観た最終章は
率直な感想を言うと、
・・・無駄に長い作品でした。

全三部作の最終章という事で
私にとって一番興味があったのは
「ともだち」の正体
そこに至るまでの経緯くらいのモノで、
それを簡潔に観れれば良かったのですが、
まぁ無駄な話の多い事、多い事・・・。

登場人物も無駄に思える程の豪華さ
どうでもイイようなチョイ役にまで
有名俳優を起用したり、
人気お笑い芸人を起用したりと
もう大盤振る舞い状態です。

もしかしなくても
この無駄な部分は監督の遊び心って事で
楽しむべき部分なんでしょうかね?

極めつけの無駄
ケンヂのオンステージ。

ケンヂの歌なんて
別にフルコーラスで聞きたくないし・・・。

それに加え、カンナが「氷の女王」という
テロリスト集団
リーダーになったというのも
なんだか薄っぺらに感じる程度の描き方で、
周囲が言う程、
カンナの人格が以前と変わったようには
全然感じられませんでしたし、
これも無駄なエピソードに思えました。

しかも、こんなに無駄が多い中、
話を振るだけ振っておいて
フェイドアウトしている事が
結構ありました。

「ともだち」の正体は分かったものの、
エンドロール後に描かれていたのは
小学生時代から中学生時代にかけてだったので、
その後が空白な為に
「ともだち」とケンヂの姉である
キリコとの出会いや関係
明確には描かれていません。

あと13番と呼ばれていた囚人は何者だったのか、
オッチョと一緒に脱獄した漫画家はどうなったのか、
藤木クンに逮捕された元警察庁長官はどうなったのか、
そして「ともだち」亡き後の日本がどうなったのか・・・。

私は原作を読んでいないので
単純に素朴な疑問として
最後まで心に残り続けていましたが、
そのが解き明かされる事なく映画は終了・・・。

つまりは、詳細を描くまでもないような
どうでもイイ事が多過ぎたって事なんですかね?

結論からすると、最終章の中では
エンドロール後の物語が一番重要で、
そこだけ観ればもう十分。

たったあれだけのオチならば
こんなにもグダグダになるまで
引っ張らなくても別によかったんじゃないの???


【2009年8月29日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選ばれし者のプライド。『ハ... | トップ | 実写版には不向き。『BALLAD ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お見事です。 (あるきりおん)
2009-09-01 00:14:05
見事なくらいバッサリで気持ちいいですね。
この映画、読者サービスの部分と、読者を煙に巻くことに精一杯で、
未読者に対してちゃんと物語をかけてなかったと思います。

なお、原作読者としては、
「ラスト10分でどこまで絶望に落とすか」って所が見所だったんですが、
真逆にいい話に風に持っていったのが納得いきませんでした。

原作補填させていただくと、
「氷の女王」はサナエ(福田麻由子)目線で見るからこそ味があり、
「ケンジの歌」は実際には演奏されません・・・
そして、4つのどうなったのかシリーズは、
ものの見事に全部その後のエピソードがあります。
コメント返信 (テクテク)
2009-09-01 12:44:19
>あるきりおんさま
こんにちは
…って事は、この映画、
原作の良さを思いっきり潰しちゃってる感じなんですね

私は原作を読んでいないので
純粋にこの映画に対しての感想を書いたのですが、
本当に無駄が多いと思いました

原作にある多くのエピソードを描いたが為に
とっ散らかったままで終わっている部分が多いので
どれもこれも上っ面だけの出来事になってしまったという
残念な映画という事でしょうか…

サナエも冒頭でオッチョを助けた少女にしか過ぎず、
「氷の女王」とサナエの関係も希薄でしたし、
何よりもカンナが「氷の女王」ってガラではありませんでした

カンナの雰囲気は前作と何も変わっていなくて、
服装が変わったくらいのもので、
テロリストのリーダーらしさの欠片もなかったし…

お金と時間を掛けて、
せっかくの三部作にしたのに
あまりにもお粗末な最終章だったと思います
ツメの甘さ (にゃむばなな)
2009-09-01 20:27:29
ツメの甘さは本当に凄く感じましたね。

やっぱりこれが邦画の限界なのか?と少し残念に思えました。
コメント返信 (テクテク)
2009-09-01 21:06:48
>にゃむばななさま
こんにちは
この映画、第一章と第二章は
それなりに面白く観れたんですけどね…

最終章がこんなにもグダグダになるとは
思ってもみませんでした

確かにツメの甘さは否めない作品だったと思います

色んな意味で残念な映画でした
その後が恐ろしい・・・? (メビウス)
2009-09-02 19:51:42
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

原作既読より未読者の方が新鮮に観れて面白いという意見もありますが、でも登場人物が多過ぎて複雑とか謎が多すぎるなど、未読ゆえの不満もやっぱり出て来てしまうんですよねぇ・・。
原作の方でも色んな部分で消化不良な箇所が幾つもありますし、多分その辺りは映画の方も観た人それぞれが考えてくださいみたいな作りなのかもしれませんね。

でも個人的にはともだちのいなくなったその後の日本は凄い興味あります。日本はおろか世界も騙していたともだちなので、あのエンディングの後多分日本は世界各国から物凄い非難を浴びたというのが現実的な考えですね(汗
こんばんは (まりっぺ)
2009-09-02 21:05:09
長編の原作物だと、やはりまとめるのが難しそうな感じですね。
コメント返信 (テクテク)
2009-09-03 12:45:51
>メビウスさま
こんにちは
この映画は原作の多くのエピソードを取り入れてみたものの
原作に忠実な映画にもなりきれず、
中途半端に終わらせてしまった部分も多く、
どっちつかずだったのが失敗だったような気がします

私も一番気になっていた
「ともだち」がいなくなった後の日本は
どうなっているんでしょうね

でも、ケンヂのオンステージのシーンを見ていたら
ケンジを崇拝する人たちが一致団結しているようで、
「ともだち」が集会を開いているのと
あまり様子が変わらない気がしたのは
私だけでしょうか…
「ともだち」亡き後は「ケンヂ」が指導者なんて事になるかも
コメント返信 (テクテク)
2009-09-03 12:53:20
>まりっぺさま
こんにちは
そうなんですよねー

原作が長編だと、それを忠実に映画化するには
上映時間などの条件を含め
相当厳しいモノがあると思います

いっその事、「デス・ノート」みたく
原作に忠実過ぎる事なく
焦点を絞りつつ上手くアレンジしながら
コンパクトにまとめて映画化すれば
もっと良い作品になったのではないかと…
つらい・・(笑) (くろねこ)
2009-09-03 22:16:15
大作漫画は読者をひきつけるためのムダ?なエビも存在するかもですね。
私はキャストを含めこの原作の忠実さに心を躍らせてしまったんですけどね♪
もうひとつの第2章~は特にそうですが、
たしかに原作既読者を喜ばせることに
かなりこだわっていたという気はしますね

コメント返信 (テクテク)
2009-09-04 12:44:36
>くろねこさま
こんにちは
私は原作を読んでいないので
特別な思い入れがない為に
こんなにもボコボコの感想を書いてしまったのかもしれません…

何も知らない私には無駄に思えたエピソードも
原作ファンには心躍らされるモノだったとは…

私も原作を読んでいたならば
もっと違った感想を持ったのかも
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-09-19 14:31:42
TB有難うございました。
20世紀少年大ファンの私は、第1章9回、第2章を5回
映画館で観賞してしまいました。
原作のあの名シーンが再現されて、さらに
ケンヂのあの歌も聞けて、結末の描き方…
原作と言いたい事は同じだけど、描き方が
異なりラスト10分は感動しました。
誰しもがともだちになる可能性があり、ともだちを
生みだしてしまう可能性もあることを…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメント返信 (テクテク)
2009-09-21 22:00:15
>シムウナさま
こんにちは
確かに「ともだち」の正体には
「なるほどねー」と思いましたが、
私にはそこだけ分かれば十分な内容の映画でした

私の場合は原作を読んでいないので
この「20世紀少年」という作品自体に
特別な思い入れもない為、
こんな程度の感想にしかならなかったのかもしれませんが…
本当にガッカリしました (ザイゼン)
2009-10-05 12:16:54
今更この話題を載せるのは気が引けたんですが(もう公開終わったと思うし)でもやっぱり投稿します。今まで見た映画でこんなにガッカリしたのは初めてです。映画館で1500も払ってしまったのを凄く後悔しました。製作費60億も掛っておきながらTVの2時間ドラマ程度の出来栄えに完全に失望です。シリーズ1作目が微妙な感じで、2作目で「おっ、なんか面白くなってきたぞ」とワクワクさせといて最終作で一気にトーンダウンしました。本当に堤監督はもう映画撮るのを辞めたほうがいいです。この人はドラマしか監督してはいけません。緊迫感0の演出、モッサリしたカメラワーク、学芸会並みの演技、安い効果音、唯一良かったのはロボットとUFOのCGぐらい。(でもロボットの歩き方が不自然で重量感が全くない)ハッキリ言って60億円もドブに捨てたも同然です。こんな駄作に60億もつぎ込むより「GOEMON」の紀里谷監督に60億渡して最新作を作らせた方が1億倍良かったです。「GOEMON」の製作費がたった15億であれだけダイナミックな映像を作ることができたんですから、60億渡せばハリウッドも真っ青な超大作邦画を紀里谷監督なら絶対に作れる才能があります!!紀里谷監督の手腕を無駄にしてはいけません!!!
コメント返信 (テクテク)
2009-10-05 12:45:44
>ザイゼンさま
こんにちは
この映画に対してガッカリされた気持ち…
お察しします

私も同じように1作目は「ふーん…
2作目は「おっ
3作目は「…。
こんな感じでしたからねー

堤監督の映画では
「包帯クラブ」が好きだったんですけど、
今回の作品に関して言えば
残念ながら面白いとは思えませんでした

紀里谷監督の作品は
「GOEMON」しか観ていませんが
私も彼の今後には注目しています

これからも面白い映画に沢山出会えるとイイですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もうひとつの 結末。 もうひとりの ともだち。』  コチラの「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」、今年初めに公開された「「20世紀少年...
映画感想『20世紀少年最終章ぼくらの旗』完結編。。。って感じ (レベル999のマニアな講義)
内容2000年の大晦日、後に“血の大みそか”と呼ばれるテロ事件が発生した。テロを起こしたのはケンヂ(唐沢寿明)とその仲間たちとされた。そのテロを阻止した人物として、謎の教団率いる“ともだち”は、救世主とあがめられることになる。その事件から15年。“とも...
【映画】20世紀少年 最終章 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ラストが見たいだけ。 ▼感想 まさか、こんなサイテーな改変をするとは・・・ ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ ひどすぎ ▼あらすじ “ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断...
20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗 (そーれりぽーと)
時間的制約をものともせず、ストーリーだけでなくキャストもカットも何もかも極限まで原作漫画にそっくりに作った結果、完成度の高さで大喝さいで迎えられた第1章。 カンナが似てないせいかしっくり来ない印象を抱えたまま、途中から原作からズレていく展開が裏目に出た...
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。浦沢直樹原作、堤幸彦監督、唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、佐々木蔵之介、石塚英彦、宮迫博之、藤木直人、古田新太、森山未來、小池栄子、黒木瞳、佐野史郎、高橋幸宏。 「20世紀少年 第1章」「20世紀少年<第2章> 最後の希望」に続くシ...
20世紀少年 ぼくらの旗/唐沢寿明 (カノンな日々)
邦画としては過去に例のない壮大なスケールで描かれてきた本格科学冒険映画「20世紀少年」もいよいよ待望の最終章を迎えました。ついに来ましたね、この日が。先日の地上波での放送もしっかり観て復習済み。ファン層が何故か幼稚園児にまで広がってるのが気にかかるとこで...
[映画『20世紀少年 ぼくらの旗』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・(注意・このエントリー、まだ書き途中です^^;         でも、続きを書くことがすぐには出来ないので、中途半端で投稿しておく!)    ◇  昨日曜は休日出勤だったのだが、それでも日曜を楽しもうと、退勤後に、レイトショーで『20世紀少年』を...
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ついに完結の、本格科学冒険映画3部作の最終章だ。世界大統領にまで登りつめた“ともだち”が支配する、ともだち暦3年(2017年)。オッチョやカンナらは独裁と人類滅亡計画に立ち向かう。しんよげんの書の内容、“ともだち”の正体、行方不明だった...
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (いい加減社長の映画日記)
とうとう三部作の最後を飾る最終章。 正直言って、前2作は、なんかもやもやして、期待の大きさに比べると・・・では、あったのだが。 でも、最後まで見届けないと、ということで「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」を鑑賞 「UCとしまえん」は、土曜日の午前にしては、...
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
浦沢直樹の原作を読んでいないわてにとって、この映画は大変に平坦な物語に思えた。漫画の雰囲気を大切にしているからなのか、円盤やロボット以外の作りこみが足りないように思う。さらに、タイムマシーンで子供時代に戻って真相を探る方法は、サスペンス映画としては安易...
劇場鑑賞「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」 (日々“是”精進!)
映画「20世紀少年」最終章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを堤幸彦監督が空前のオールスター・キャストで映画化した3部作の完結編。原作とは違う映画オリジナルの結末が用意され、ついに明かされ...
20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ~【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“と...
20世紀少年 -最終章- (Akira's VOICE)
友達と笑いあおう!!  
「20世紀少年 -最終章-ぼくらの旗」みた。 (たいむのひとりごと)
原作読者なので、「もうひとつの結末、もうひとりの ともだち」という映画オリジナルな結末に期待して鑑賞。ともだちの正体は、神木隆之介くんだった…と言ったらネタバレになるのだろうか?[E:coldswea
20世紀少年-最終章-ぼくらの旗 (めでぃあみっくす)
OPロールで「ともだち」を演じている俳優を記載したらアカンやろ!第1章で途中退場した俳優がクライマックスまで登場しなかったら、もうその俳優さんしかおらへんって分かってまうやん!やっぱり原作未読者には敷居が高いなぁ~という感想が強く残った映画でした。過去2...
「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」プチレビュー (気ままな映画生活)
遂に、映画「20世紀少年」が完結する日になった。 初めて原作を読んでからずっと切望していた映画化。 それが3部作として現実になり・・・その夢が今日で 終わってしまうのかと思うと寂しくもなりました。
映画「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 (FREE TIME)
話題の映画「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 を鑑賞。
「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」ともだちの正体を知った先にみた思い込みの記憶とともだちの本当の真実 (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」は浦沢直樹原作の漫画「20世紀少年」の3部作の最終章で、ともだちにウイルスを撒かれた世界でともだちが世界を支配し、それを止めようとケンジら原っぱ一派とケンジの姪カンナらが立ち向かってともだちの正体を探りつつともだちの暴走を...
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] ラスト10分は見応え十分。でも、そこだけ~
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
いよいよ完結。さっそく観てきました。  
20世紀少年 最終章/ぼくらの旗(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】堤幸彦 【出演】唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/平愛梨/藤木直人/石塚英彦/宮迫博之/佐々木蔵之介/山寺宏一/高橋幸宏/佐野史郎...
レビュー:20世紀少年 最終章 僕らの旗 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[SF][サスペンス][アクション][ノスタルジー][エンターテインメント][少年時代][オールスター][エンドロール後の本編注意][邦画][実写][ビスタサイズ][155分] 原作ファン向け:★★★☆☆ 公開日: 2009年8月29日 監督: 堤幸彦...
【20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗】僕が20世紀少年なんだよ (映画@見取り八段)
20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 監督:  堤幸彦 出演: 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨       公開: 2009年8月...
20世紀少年-最終章-ぼくらの旗 (★ Shaberiba )
20世紀少年ついに完結!!1年間ワクワクさせてもらいました(涙)楽しかった~!!
★「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 いよいよ最終章のシリーズ。 原作とは別のラストシーンを用意してるらしいが・・・ 原作未読のひらりんとしては、どうでもいいけど、 一応「ウィキペディア」で「ともだち」の正体は知っちゃってるので、 それがホントかどうかが楽しみ。。...
20世紀少年ー最終章ー僕らの旗 (ころちゃんねる)
20世紀少年ー最終章ー僕らの旗ラストは良かったと思うすごく巧くまとめて原作より分かり易いうまい落としところを見つけたなと感心したただラストだけはね・・・155分は長すぎる流石に眠くなるほどではなかったけど(周囲には寝てる人がチラホラいた)中だるみはいかんと...
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (Diarydiary!)
《20世紀少年<最終章> ぼくらの旗》 2009年 日本映画 20世紀少年3部作
20世紀少年 (最終章) / 映画 (恋する図書館。)
昨夜~めちゃくちゃ楽しみにしていた映画『20世紀少年 最終章~ぼくらの旗』を観てきました   STORY:“ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されて...
20世紀少年-最終章- ぼくらの旗 (LOVE Cinemas 調布)
浦沢直樹の同名コミックの映画化第3弾。監督はもちろんシリーズを通して同じ堤幸彦。出演者も全く変わっておらず唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之…と挙げ始めたらきりがない空前絶後のオールスターキャストです。いよい...
20世紀少年< 最終章 >ぼくらの旗 (せるふぉん☆こだわりの日記)
先週、予期せぬ事態で見に行けなかったのですが、今日やっと見に行く事ができました。
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (犬・ときどき映画)
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 1話と2話はTVで見ました。 結局「ともだち」って誰だよ?というその興味だけで観ました。 1話と2話のダイジェストが本編の前に流れますが、やっぱり2話まで見てからのほうがわかりやすいと思います。 Story 西暦2017年 ケンジは...
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (週末映画!)
期待値: 65% シリーズ第3弾、これで最後 出演:唐沢 寿明、豊川 悦司、常盤 貴子、香川 照之、
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[20世紀少年 ネタバレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年78本目(73作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は...
20世紀少年&lt;最終章&gt;ぼくらの旗 (yanajunのイラスト・まんが道)
『20世紀少年&lt;最終章&gt;ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「YAWARA」「MONSTER」の人気漫画家・浦沢直樹による大ベストセラー・コミックを、全3部作で堤幸彦監督が映画化した第3弾。 総製作費60億円を費やした邦画史上初の一大プロジェクトが、いよいよ完結する。 物語:舞台は2017年、世界大統領として君臨す...
『20世紀少年 最終章 -ぼくらの旗-』@吉祥寺東宝 (映画な日々。読書な日々。)
“ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されていた。そんな中、カンナは反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなって...
『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』 2009-No33 (映画館で観ましょ♪)
総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト。 はい。 本当にもったいないほどに豪華な出演者です。 第1章が面白かったか...
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[20世紀少年] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年85本目(79作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は宇宙人に滅...
「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」の堤幸彦監督は映画製作基... (映画と出会う・世界が変わる)
「続・荒野の用心棒」と「宿無し犬」がわずか92分という上映時間の中でドラマの要素をすべて入れ込み、観客を十分に楽しませてくれている。考えてみると「昭和残侠伝」にしても「男はつらいよ」にしてもその程度の上映時間なのである。「白い巨塔」の150分という上映時間....