水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

緊迫感のない、娯楽災害映画。『日本沈没』

2006-07-20 23:18:14 | 映画【な行】
地殻変動による大地震で、沈没していく日本の様子を描いた作品です。


映画の評価 ★★☆☆☆ CGだけが凄い映画


●以下ネタバレがあります●


もう、今から20年以上前からの事ですが・・・
私が住んでいた名古屋では、
「近い将来、東海大地震が起こる。」
と言われ続けていました。
私が小学生の頃、社会科の時間に、
名古屋は地盤が弱く、
東海大地震を警戒して高いビルは建てないのだと、
学校の先生から聞いた話を覚えています。
しかし今では、
名古屋駅に52階建のツインタワーができ、
古いビルはどんどん壊され、
新しい高層ビルも建設中です。
現実的には、
地震災害に合った時の事を考えるよりも、
都市の再開発や近代化を進めているのが実状です。
「そんな日本は、本当に大丈夫なのだろうか?」
と思う中、
今回観た映画『日本沈没』には、
いろんな面で驚かされました。


静岡、駿河湾沖の大地震で災害に合い、
火の海になった所で、
潜水艇のパイロット小野寺(草なぎ剛)は、
幼い少女、美咲と共に、
ヘリコプターハイパーレスキュー隊の
玲子(柴崎コウ)に救助されます。
一方、日本の閣僚と科学者たちの会合では、
地球科学博士の田所(豊川悦司)が
日本列島の危機を訴えていました。
田所の唱える仮説は、
大地震により、この一年以内に
日本列島全体が、
海底へ沈んでしまうというモノでした。
その報告を受け、政府が動き出した矢先に、
日本全国各地で大地震が発生し始め、
災害をもたらしていきます。


この作品、CGをふんだんに使って
凄い映像を見せていますが、
ビックリ映像も沢山、出てきます。

最初のビックリ映像は、
阿蘇山が噴火して、
政府専用機が燃え落ちるシーン。

私はてっきり、
某国からのミサイル攻撃を受けたのかと・・・。
それくらい凄い、突然の空中爆発でした。

日本のあちこちで大地震が発生し、
北海道も、九州も、京都も、名古屋も、
地震による災害でボロボロなのに、
なぜか、会津にある小野寺の実家だけは、
超キレイ
でビックリ!
会津から避難する人もいましたが、
別に避難しなくても大丈夫そうなくらい無傷でした。
これもまた、違った意味でのビックリ映像でした。

そして、映画を観ている私を困惑させるシーンも、
多々、出てきます。

まず、最初に、「あれれ?」と思ったのが、避難方法。
なんで、みすみす危険な海岸へ人を集めて、
船に乗せるんでしょ?


空港が火山灰で、次々と閉鎖されているからなのでしょうが、
地震の後に津波が来る事くらい、
一般知識的に予測できる
のではないでしょうか?
そして、標高が高い場所へ避難する人たちも、
火山灰に塗れてちゃって・・・。

あんな道ならば、崖崩れや土砂崩れがありそうだと、
それなりの危険を
冷静に予測できないモノ
なのでしょうか?
いくら一般人でも、そこまで無知ではないと思いますが・・・。

かと思えば、『LIMIT OF LOVE 海猿』にも、
負けずとも劣らない程、
大災害の被害を受けているわりには、
当の主役が、かなり、まったりとしています。

まず、冒頭のシーン。
火の海の中、ヘリで救助にきたレスキュー隊の玲子に、
「ケガはないですか?!」と声を掛けられ、
まったりと見つめあう小野寺と玲子。

多分、火の海の中は、とっても熱いと思うので、
さっさと救助してあげた方がイイと思いますよ。
被害にあっている子供も、すぐそこにいる事だし・・・。

頻繁に起こる地震により、
道路も交通機関もマヒしているであろう状況の中で、
小野寺だけは、
いつでもどこでも、突然、参上します。

ある時は、野菜を持って、
テントを張った避難場所へ参上!

そして、ある時は、
ヘリコプターハイパーレスキュー隊が救済活動をし、
その一員である玲子の所へ参上!

そして、何の脈絡もなく、
突然、ラブラブ・モードに突入します。

この二人って、そんなに惹かれあってたんだっけ???

どの辺が、そんなに好きになってたのか、
映画を観ている側の私には全く伝わらないうちに、
テントの中で、「抱いて♪」って・・・ヲイヲイ。

・・・この映画、大丈夫か?

現実的に起こりうるであろう、
大地震という災害を背景にしているわりには、
『ポセイドン』ほどの、
一分一秒を争うような緊迫感もなく、
CG技術に高額な制作費を掛けた、
娯楽災害映画でした。


【2006年7月19日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3作目への前振り映画。『パイレ... | トップ | 連ドラにした方が映える物語。『... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無駄と思いますが・・ (アレレ)
2006-07-21 00:25:38
もう少しちゃんと見た方がいいですよ。

>コメント返信 (テクテク)
2006-07-21 07:02:33
>アレレさま

こんにちは。

ご忠告、ありがとうございます。

寝ないで、ちゃーんと観てたんですけどねー。

残念ですが、私にはこの映画の良さが全く分からなかったので、

二度と見ないと思います。

同意です(笑) (しんちゃん)
2006-07-21 12:56:37
 私は特撮を見に行ったので、まあまあ満足でしたが、あの「まったり感」はなぁ・・・って感じでした。

「熱く」ないんだよね。

もう少し血の通った感じが欲しかったなぁ



 主人公の交通手段も疑問でしたし、函館の津波には笑っちゃいました(笑) あちこちで地震が起こってるのに、観光客だらけだったしね



 ただ・・・高いところに逃げるのはうなずけますよ。津波が一番恐いわけだしね。



 ラブラブモードも私はOK(笑)

出来れば一夜を共にして、エンディングはヒロインのおなかが大きいという「ベタ」な展開位のほうがいいと思いました。明日の命を救うために犠牲になったって思えますしね。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-21 13:30:12
>しんちゃんさま

こんにちは

実際にあんな災害があったら、どーなんでしょうね

主人公のまったり感とは相反して、

空港へ詰め掛ける人の波の様子って…

津波を恐れて高い所へ逃げるのも分からないでもないですが、

あそこまで高い場所に登るとは…

結局、この映画は災害の様子を見せたいのか、

究極の人間愛を見せたいのか、

私には、よく分からない映画でした
TBありがとうございました! (playtplayt)
2006-07-21 18:06:38
私はかなりおもしろかったです。役者さんも好きな人ばかりでしたし、特撮モノがすきなもので・・・

最後のジュドーン!ってシーンが想像以上に凄くって爽快でした。あそこまでしたら今度は地球が大丈夫かと心配しました。



恋愛のとこは原作とは全然違います。

原作は結構凄いラブシーンがあったのに・・・でもお子さんも観れる映画にするためにはこれはこれでよかったかなって・・・

>コメント返信 (テクテク)
2006-07-21 22:18:18
>playtplaytさま

こんにちは

そうですか

特撮映像が好きな人には、結構楽しめた作品だったんですね

映画は観る人によって感じ方が違って当然だと思いますし、

私にはイマイチでも、この映画を絶賛する人がいる事は、

不思議ではないと思います
トラバありがとうございました♪ (くう)
2006-07-22 00:08:33
レヴューが面白くて、笑っちゃいました(^o^;)



私もね、何で、一番危険そうな海から逃がそうとするんだ?

と終わってから友達と話していたんですよ。

津波が来たとき、それ見た事か。。。

と思いました(^_^;)

突っ込み所は皆同じっす!
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-22 07:58:05
>くうさま

こんにちは

私の感想を楽しく読んで頂けたなんて、光栄です

やっぱりそうですよねー

普通に考えて、海岸へ人を集めるのはヘンですよね

私たちの日常生活で地震があった時も、地震速報やニュースで、

「津波の心配があるので、海岸へは絶対に近づかないでください」

って報道されてるのに…

この映画を絶賛している人も少なくないようですが、私は、

「…観客をナメてるのか

正直なとこ、そんな気持ちすらしました
けだるい映画・・・ (ノラネコ)
2006-07-22 16:47:55
はい、緊張感は全くありませんでしたね。

もうなんかでたらめな所ばかりで、1/3経過したあたりで退屈してしまいました。

何が退屈って、主役二人は災害と関係ない場所をウロウロして恋愛ごっこしてるだけなんですもの。

正直アマチュアの脚本かと思いました。

>コメント返信 (テクテク)
2006-07-23 10:51:14
>ノラネコさま

こんにちは

私も、この映画を長~く感じながら観ていた観客のひとりです

あんなに凄い地震が地方で起きていて、

東京でも頻繁に揺れている状況の中、

しかも、お役人が集まって会議している時にも地震は起きていたのに、

何故か慌てるだけで、

机の下とかに隠れようとしないんですよねー

机の下に隠れる事って、基本だと思うんですけど、

そういった場面でも、リアル感は全く伝わりませんでした

人間ドラマも、取って付けたような話で、

感動どころか、ズッコケまくり、

脚本に問題があった事は、否めないと思います
TB失礼します (らーうー)
2006-07-23 20:26:17
テクテクさんへ

私もほぼ同意見です。ただ、私はCGも満足いってません。

この映画、本当に心の底からガッカリしました。

期待していたし、その分かなり辛辣な意見を書いています。

よかったら見にきてください。
コメント返信 (テクテク)
2006-07-23 21:09:59
>らーうーさま

こんにちは

早速、レビューを拝見しましたが、

その気持ち、よーく分かります

確かに、この映画を絶賛している人も少なくないですし、

観る人によって、感性が違うのは当然の事なのですが、

この映画は、オススメ出来ませんよね…

私も期待が大きかっただけに、ここまで酷いとガッカリします
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-07-24 19:15:15
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

jamsession123goも、この映画は、「パス」ですね。

クライシスとラブロマンスがバランス悪くミックスされてるって感じですね。
コメント返信 (テクテク)
2006-07-24 22:02:50
>jamsession123goさま

こんにちは

そうですよね…

全体的にストーリーのバランスがガタガタで、

肝心な人間ドラマの部分も上手く描けていなかったように、

私も思います

映画を観る人によって、

その作品に求めているモノや感じ方が異なる事は当然なので、

この映画を充分に楽しめた人もいると思うのですが、

人間ドラマの深さを求める私には、ダメダメな映画でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「日本沈没」(2006)はプチ人間ラブドラマ+プチパニック映画  (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
7月15日公開の話題の映画「日本沈没」(2006)の スペシャルプレビューに行って来ました。 今回はスペシャルということで 樋口真嗣監督、主演の草なぎ剛、柴咲コウの 舞台挨拶がありました。 各々がおっつしゃってたように 「頑張って製作した作品」だと ...
日本沈没 (Akira's VOICE)
好きなシーンはある。映像も圧巻。 心に残るドラマもあるし,正直,嫌いではない。 ただ,全体のあちこちが中途半端で物足りなさが沢山・・
『日本沈没』 (京の昼寝~♪)
国土だけでなく、心まで失ってしまうのか?1億2千万人 すべての日本人に捧ぐ   ■監督 樋口真嗣■脚本 加藤正人■原作 小松左京■キャスト 草剛、柴咲コウ、豊川悦司、石坂浩二、大地真央、及川光博、福田麻由子□オフィシャルサイト  『日本沈 ...
日本沈没 (ネタバレ映画館)
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
日本沈没 (2006) 135分 (極私的映画論+α)
 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとし ...
日本沈没/草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司 (カノンな日々)
現代の最新のCG技術を駆使してのリメイクなので娯楽大作としてのパニック映画と勝手に思い込んでいたんだけど、フタを開けてみればヒューマンドラマとしてとても見応えのある作品でした。そもそもこの物語にラブストーリーを加えるのってどうよ?と懐疑的だったん ...
日本沈没 ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  日本沈没・・・評価 3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘さ
【映画】『日本沈没』まず真っ先に、この映画に沈没して欲しい (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
映画「日本沈没」 (アンナdiary)
日曜日に見てきました。日本が沈没する~~~~~!ってほどの緊迫感もなく、取ってつけたような恋愛部分が何だかなぁ。。。何だかむしょうに1973年の前作が見たくなった(苦笑)(ネタバレあり)
日本沈没 (UkiUkiれいんぼーデイ)
いやぁ~、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)b SunMin thanX Kubotaの歌う ♪Keep Holding U♪  これ聴きたかったんです・・・て ヽ(ー ー")エイガトチガウノカ 実はね、33年前の『日本沈没』をリアル ...
『日本沈没』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも ...
日本沈没 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「日本沈没」の感想です
2006年の「日本沈没」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・物語に触れています。1973年版と2006年版「日本沈没」の大きな違いは33
日本沈没 (そーれりぽーと)
日本と一緒に映画もTBSも沈没って書こうと思って「日本沈没」を観てきたんですが ★★★★ 舐めてかかってました。 どうせ外国映画と比べると「ドラゴンヘッド」や「妖怪大戦争」程度の見劣りする特殊効果を使って、「海猿2」程度のアクションを贔屓目で観な ...
日本沈没 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事 ...
沈没しました~!『日本沈没』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
縷映画『日本沈没』の試写会に行ってまいりました。(>Д<)ゝ う~ん本日の試写会、豪華です獵 北海道厚生年金会館でおこなわれた試写会自体も豪華ですが、 全国と中継がつながっていて武道館に集まった スペシャルゲストの方々のトークも見 ...
シネマ日記 日本沈没 (skywave blog)
洋画のパニック映画は、身近な所じゃないので「安心して」見ていられるのですが、邦画となると現実感が増し、不安を掻き立てられます。言うまでもなく、日本各地の被災シーンは、
「日本沈没」天災に襲われた時にできる事は何なのかを考えさせてくれた (オールマイティにコメンテート)
「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
日本沈没(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】樋口真嗣 【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二 【公開日】2006/7.15 【製作】日本 【ストーリー】 潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
「日本沈没」レビュー 樋口真嗣も小野寺俊夫も、人類は一生懸命に輝く。  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪ ※てれすどん2号 ...
【日本沈没】日本を救う大きな愛 (見取り八段・実0段)
ネタバレしないで書くつもりだけど、まぁ、タイトルからしてネタバレなのでその辺は許してください。リメイクだし。元は1973年の作品。全く記憶にございません。原作は、遙か昔に夢中で読んだ。でも、全く記憶にない。ただ、この映画と原作では結末が違う気が ...
映画:日本沈没 試写会 (駒吉の日記)
日本沈没 試写会@イイノホール 「富士山の大噴火とともに日本は一気呵成に沈むんだ」 「ザ・コア」とか「デイ・アフター・トゥモロー」系?実は「日本沈没」よりも「日本以外全部沈没」の方に断然興味があるのですが、比較のために観てきました。 映像 ...
日本沈没 (BLACK&WHITE)
原作:小松左京 監督:樋口真嗣 出演:草?剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博 大地震と火山の噴火でパニックに陥る日本。 調査の結果このままでは1年以内に日本は沈没するという事実を突きつけられる。 海外
日本沈没<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
こんなに突っ込みどころ満載の映画も久しぶりやなぁと思いつつあかん、あかん、あくまでも映画なんやから。。。それよりもっと他に観るところが。う~~ o(>
映画「日本沈没」を観て (とみのひとりごと)
 私の中では、「賛」と「否」が両論。
『日本沈没』2006・7・16に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『日本沈没』   公式HPはこちら ●あらすじ 深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まり ...
日本沈没・・・・・評価額850円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ネタ切れリメイクブームなのはハリウッドだけではないらしい。 こちらは1973年のパニック映画ブーム真っ只中に公開された、小松左京原作、森谷司郎監督の「日本沈没」のリメイク。 劇場映画の後、同名のテレビシリーズも作ら
燕 ~「日本沈没」~ (サナダ虫 ~解体中~)
樋口真嗣監督作品、草なぎ剛主演の、 映画 「日本沈没」を観た。 日本が沈没する!(まんま) 1973年に製作された、「日本沈没」のリメイク版。 感想。 ①何で沈むのは、北海道からなんだよ!(道民の叫び) ②小野寺の一人称、「俺」か「僕」かハッ ...
【劇場鑑賞71】日本沈没 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」 「守りたい人がいるんです。 奇跡は起きます。起してみせます!」 国土だけではなく、心まで失ってしまうのか? 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
『日本沈没』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
難シ灘ケエ蜑阪譌・譛ャ豐域イ。 (縺励▲縺ィ縺シ溷イゥ逕ー莠懃泙驍」)
クスコ゜タ莉ソセ螻ヌテ讀ホシ鄰?「ョ莨邀鬢ホ。ヨニ?ワトタヒラ。ラ、ヌ、マフオ、、。」コ」、??ウ」ウヌッチー。「セシマツ」エ」クヌッ、ヒノ?レ、鬢ニー逾ヨ。シ・爨?ャ、ュオッ、ウ、キ、ソ。「クオチト。ヨニ?ワトタヒラ。ラ、ヌ、「、」コ?「 ...
『日本沈没』観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『日本沈没』鑑賞レビュー! 2006年、夏 沈没へのカウントダウン?? それは明日かもしれない?? 1973年 小松左京・衝撃のベストセラー小説 『日本沈没』が完全映画化された 当時、史上最高の5億円の製作費を投じ 東宝が総力を結集した超大 ...
日本沈没 (欧風)
イオン下田TOHOシネタウンでの「映画4作品10時間耐久レース」も、1本目の「カーズ」、2本目「トリック劇場版2」と観続けてきましたが、3本目に観ようと思ったのが、この、「日本沈没」。2本目を観終わったのが15時20分で、この3本目の開始が15時3 ...
『日本沈没』   迫り来る‘日本最期の時’。 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
小松 左京 日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1  「日本沈没」PHOTO BOOK featuring 草なぎ剛  日本沈没OFFICIAL BOOK―沈没へのカウントダウン 出演■草薙剛、柴崎コウ、及川光博、大地真央、豊川悦司、榎本明、國村隼、石坂浩二 他・・・ 監督■樋口
「日本沈没」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
日本SF界の巨匠・小松左京氏が、33年前に書き下ろしたSF小説「日本沈没。巨大な地殻変動によって日本列島の殆どが海面下に沈んでしまうという奇抜なストーリーが話題となり、上下巻合わせて385万部という大ベストセラーとなった。同年にこの作品は映画化 ...
『日本沈没』 (Day After Day)
「ディープインパクト」派には、人物描写やリアリティに物足りない部分があり、「アルマゲドン」派には迫力が足りない・・・のではないですかね? 総じて緊迫感が無いのは問題ですね。 元の話を全く知らない人には、「自分の帰るところが無くなってしまう時、自分 ...
日本沈没(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 日本沈没 ---感想--- 1973年の作品「日本沈没」のリメイク。このところ大災害が多く、災害に関する関心が高まっているところですが、昨今の科学的知見、観測方法の進化を背景にシナリオの内容が更新されています。 この手の映画には付きものの自衛隊の ...
★日本沈没@品プリ AND グランドセントラルオイスターバー&レストラン:7/19LD (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
1年ほど前から映画館に映画を見に行くことが好きになって、選り好みしながらも色々見
『日本沈没』('06) (MOE'S -TAVEAN-)
ほんと楽しみにしていました。 樋口真嗣はどんな『日本沈没』を見せてくれるのか。
日本沈没 (グランパスエイトの「今日はこんな事やってみました」)
7月21日(金)、「日本沈没」を見てきました。 いつものシネコンで、最終の午後9時35分の回。 レイトショーにつきお一人様1200円。安い。 夏休みに入ったためか?金曜の夜だからか? 入場者数もかなり多かったようです。
「日本沈没」 (てんびんthe LIFE)
「日本沈没」ヤクルトホールで鑑賞 ほぼ満席。立ち見が出そうでどうにか出なかったと言う状態。これもSMAP人気か草なぎ君人気かとおもいながらさぞ面白いのだろうと期待していきましたが、結果から言えばあああ~。残念。まず、これはパニック映画なのか、 ...
日本沈没 (Alice in Wonderland)
オリジナルを観ていないわたしには前作との比較は出来ないのですが、感想は日本版『アルマゲドン』だなって思いました。日本がまさに沈没してしまうという恐怖よりは人間愛の方に重点が置かれているように感じて全く恐怖心などは感じませんでした。パニック映画が ...
日本沈没(映画館) (ひるめし。)
いのちよりも、大切なひとがいる。 CAST:草なぎ剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博 他 ■日本産 135分 良く出来た大作だと思うけど、観ててなんか気分が暗くなって凹んだ・・・。 やっぱり映画とはいっても日本列島がめちゃくちゃになったり、地割 ...
【劇場映画】 日本沈没 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理 ...
『日本沈没』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]       06/07/15公開   (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]  満足度[:星:][:星:] 【監督】樋口真嗣 【脚本】加藤正人 【原作】小松左京(小学館刊) 【出演】 草?剛/柴咲コ ...
日本沈没 (MAGI☆の日記)
日本沈没を見てきました。映画館に行ったのは去年のマジレンジャーの舞台挨拶以来だね。今年はボウケンジャーのを見に行く予定もないので今年はこの映画のみになりそうかも。期待していかなかった分楽しめました。北海道、九州…とどんどん火山が噴火したりして沈 ...
日本沈没 (映画館で見たい映画)
日本に大きな衝撃を与えた名作が最新科学の力を借り、舞台を現代に置き換え作られた。緊迫したストーリー展開に、2時間15分があっという間に感じられます。ただし単なるリメイクではなく。それを顕著に表しているのが、潜水艦「わだつみ」の操縦士小野寺。この小 ...
■原作パロディー■日本以外全部沈没:筒井康隆著 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
今月の日経の名コーナー「私の履歴書」は、小松左京である。先頃公開された『日本沈没
日本沈没 06年151本目 (猫姫じゃ)
日本沈没 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSFなんだケド、オリジナルと対比出来るほどには、オリジナルを覚えていないの ...
★「日本沈没」 (ひらりん的映画ブログ)
2006/07/15公開の作品。 むかーーし、テレビ版はかすかに記憶にぃーーー。 (年がばれるぅ) 結末とか覚えてないし・・パニックものだし・・ 新たな気持ちで見る事に・・・。
日本沈没 (メルブロ)
日本沈没 上映時間 2時間15分 監督 樋口真嗣 出演 草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博 評価 4点(10点満点)  ご存知リメイク作。内容的には凄く興味はあるけどね。たまに嫌なことあると、沈没しないかなーとも思ったり。  何マゲド ...
日本沈没 (勝弘ブログ)
http://www.nc06.jp/すごい迫力有っておもしろかった・・・・のですが・・・あちこちで地震、火山の噴火などが起きて渋谷109が崩壊した映像で結構びびりました。よくできた特撮だなぁと。全体を通してみると単なるパニック映
日本沈没 (壺のある生活)
日本沈没 Nihon chinbotsu (2006/日本) コウたん!コウたん! 監督 樋口真嗣 Shinji Higuchi 脚本 加藤正人 Masato Kato 原作 小松左京 Sakyo Komatsu 出演 草?剛 Tsuyoshi Kusanagi (小野寺俊夫) 柴咲コウ
真・映画日記(2)『日本沈没』 (CHEAP THRILL)
(1から) 16時50分に映画館を出る。 TSUTAYA渋谷店でとある監督の短編作品を借りる。26日と27日で半額デーをやっているので210円で借りられた。 銀座に出て18時50分までDELLのパソコンレンタルで時間を潰す。 19時から喫茶店「ルノアール」の会議室で行わ ...
「日本沈没」 (はらやんの映画徒然草)
「日本沈没」を観てきました。平成「ガメラ」の特撮監督として名高い樋口真嗣監督作品
日本沈没 東宝的様式美は、パニックをラブストーリーに変えた。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:日本沈没/東宝 ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分 映画館:三番街シネマ1(614席) 鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ 私の満足度:65%  オススメ度:65% 今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみた オリジナル ...
日本沈没 ~ ひとりの人間として生きる力を試される ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ ひとりの人間として生きる力を試される ~ SMAPの草なぎ剛と、『どろろ』で体当たりの演技を見せた柴咲コウが主演のクライムアクションムービー。監督は、『ローレライ』や『ガメラ』など、特撮映像では天下一品の樋口真嗣で、今作でも沈み行く日本列島や活火山の映...
「日本沈没」 (2006年版) (取手物語~取手より愛をこめて)
「てめえは馬鹿か、・・・・・・  いいか、よく聞け!・・・・・・   富士山の大噴火と共に、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」
日本沈没 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いのちよりも大切なひとがいる。1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――』  コチラの「日本沈没」は、今週末7/15公開になる小松左京の同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきましたぁ~♪実を言うとあんまり期待してなかったのですが、予想に反してかなり楽...