水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

全てはラストシーンの為にある。『プレステージ』

2007-06-14 23:09:00 | 映画【は行】
二人のマジシャンの物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 後から面白さが分かる映画


●以下ネタバレがあります●


この映画を見終えた時、
もう一度、最初から映像の確認をしてみたくなります。
こんな事を感じたのは、2001年11月に劇場で観た、
同じ監督作品である「メメント」以来かもしれません。


19世紀末のロンドン。
ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と
アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)は、
若い頃、人気マジシャンの見習いをしていました。
彼らはマジックショーのサクラとして観客席に座り、
水中脱出ショーの手伝い役として選出され、
舞台へ上がります。
それは、ひとりの女性の手足を縄で縛り、
水が満杯に張られた大きな水槽の中に彼女を沈め、
その水槽を布で覆った数秒後に、
脱出しているというマジックショーで、
手足を縛られる女性役であったジュリア(パイパー・ペラーボ)は、
アンジャーの妻でした。
このマジックのタネは、
手足を縛る縄の縛り方にありましたが、
ある日、ショーの最中で、
ボーデンが縛り方を変えた為、ジュリアが脱出できず、
溺死してしまう事故が起こります。


この映画の冒頭で、
「マジックはタネを明かしてしまうと、
みんな興味を失くして離れていく。」

という話がありますが、
まさに、この映画もその通りです。

オチを知ってしまうと、
案外、何て事はありません。


しかし、それを知った後に、
これまでのシーンを振り返って思い出してみると、
あちらこちらに、
オチに繋がる部分が隠れています。



生きた鳥を籠へ入れ、一瞬で籠ごと潰しても、
再び生きたままの鳥を出すマジック。

あの水槽マジックで事故が起きた日、
自分が縛ったはずの縄の縛り方を
覚えていないと言ったボーデン。

ボーデンが妻であるサラに、
心から愛していると毎日言えなかった理由。

ボーデンとアンジャーが見習い時代にショーを観た
中国人マジシャンの日常生活。

ボーデンの娘が人形につけた名前。

スパイとして送り込まれたオリヴィアの言葉。


全てはラストシーンの為にあります。


最初は、水槽マジックの事故で
妻を殺されたと思っているアンジャーの
復讐劇から始まり、
アンジャーはボーデンのマジックショーの会場で
拳銃マジックのタネを暴いて彼の指を撃ち落し・・・
次第にそれらは、相手に対する憎しみよりも
より高度なマジックを目指す相手を出し抜く為の
競争心へとエスカレートしていきます。

自分の人生までも
マジックに乗っ取られてしまった彼ら
を観て、
私は全く共感は出来ず、
映画の後味も決してイイものではありませんでしたが、
脚本も映像も、
よく考えられている作品である事には違いない

と思いました。


【2007年6月12日(火)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 具合の悪い人が多過ぎ。『そ... | トップ | 自分を認めてもらえる喜び。... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ジョー)
2007-06-15 23:03:43
TBありがとうございます。
おもしろく観たものの、かなりひねくれていて、プレステージ=偉業というより、異形の映画でしたね。
テクテクさん、こんばんは! (アイマック)
2007-06-15 23:50:37
楽しまれたようで、よかったわ。

>これまでのシーンを振り返って思い出してみると、
>あちらこちらに、
>オチに繋がる部分が隠れています。

この映画って、観た後にいろんな伏線が隠されていることに、驚きますよ。

>あの水槽マジックで事故が起きた日、
>自分が縛ったはずの縄の縛り方を
>覚えていないと言ったボーデン。

ですよねえ。
覚えてないのも当然・・・ってことだね。
ホント人生までマジックに乗っ取られてしまった二人でしたよ。

原作では子孫にまで影響を及ぼしてる話なの・・恐い!!
SF色が強いかな。
私も最後はいい気持ちはしなかったけど、キャストもよかったし楽しめました!
コメント返信 (テクテク)
2007-06-15 23:51:31
>ジョーさま
こんばんは

>プレステージ=偉業というより、異形の映画でしたね。

おぉ上手い表現ですね

確かに、面白い映画ではあったのですが、
プレステージ=偉業とは言い難いオチの映画でしたよね…
コメント返信 (テクテク)
2007-06-16 00:00:43
>アイマックさま
こんばんは

>原作では子孫にまで影響を及ぼしてる話なの・・恐い!!


ホントですか
それは全く知りませんでした

やはり、今回の映画では、
エスカレートしていく過程に焦点を当てているようですね

後味は良くなくても、見応えのある映画でした
まだ分からない (つかちゃん)
2007-06-25 22:28:24
昨日「プレステージ」を見てきたのですが、ラストシーンの状況が分からなくて落ち着きません。
最後に、カッターに諭されたような感じで、テスラの装置を慌てて運んでいたのは何をするつもりだったのでしょう?死刑にされそうになるボーデンを蘇らせるつもりだったのかと思いましたが、違っていたようです。あの部分が分かりません。
お分かりの方いますか?
理解不足な自分に腹立たしい私です。よろしくお願い致します。
コメント返信 (テクテク)
2007-06-26 12:32:49
>つかちゃんさま
こんにちは

これは、私の解釈ですが…
結局、あの装置が何故必要だったかというと、
アンジャーが瞬間移動のマジックをする為でした。

アンジャーは物語上、水死した事になっていて、
もう世間にアンジャーとして姿を現す事はありえないので、
瞬間移動のマジックをする必要もありません。

しかも、ボーデンがアンジャー殺しの容疑者となり、
死刑となってしまえば、
アンジャーはボーデンに対して復讐を遂げた事になります。

死刑になったボーデンは事実アンジャーを殺してはいませんが、
アンジャーは、それを隠蔽する為でもあり、
もう瞬間移動のマジックをする必要もないので、
あの装置を事実と共に闇に葬るつもりだったのではないかと…。

こんな感じの解釈ですが、いかがでしょうか
ありがとうございます! (つかちゃん)
2007-06-26 23:29:00
テクテクさん、こんばんは。
早速のコメントを頂きありがとうございます。

多分テクテクさんの解釈の通り、単に闇に葬るというだけのことだったのですよよね、きっと。

あまりに展開が早くて着いて行けず、推測して勝手な深読みをしすぎたようです。

DVDが出たらもう一度ゆっくりとみて見たいです。
コメント返信 (テクテク)
2007-06-27 12:38:41
>つかちゃんさま
こんにちは
こんな私の解釈で少しでもご参考になったならば幸いです

しかし、あの装置を使ってボーデンを蘇らせる…
この発想は、思いつきもしませんでした

でも、もしそうなったならば…また違った展開になって、
その結末も面白そうですね
こちらにも・・・ (なな)
2008-01-03 11:05:13
お正月映画はどれもイマイチはずれで(年末に観にいったけど)
お正月番組は一切見ないので,DVD鑑賞の好機なのですが
この作品は私的には大満足でした。
おっしゃるとおり,再度見直したくなり
実際に見直しましたよ~。
原作も買って,今読んでいます。

で,↑のコメントにある,「アンジャーが装置を運ばせた理由」ですが
原作では,アンジャーは名を変えたその後の人生で
どうもあの装置を使っていたようなふしも見られました。
マジシャンとしてではないらしいけど。
そして彼の子孫も,それを受け継いでいたような。
まあ,まだ原作読み始めたばかりなので、間違ってるかもわかりませんが
原作には,アンジャーとボーデンの子孫が出会うところから始まっていて,(因縁は続く・・・)なかなか面白そうでした。
コメント返信 (テクテク)
2008-01-04 11:11:35
>ななさま
こんにちは
この映画は原作が面白いという話は、
以前から小耳に挟んでいました
やはり、決められた時間内の映画で表現するには、
この範囲が限界なのかもしれませんね
原作を読むと、更に深い部分が見えてきて、
面白さが倍増するように感じます

今の時期、冬休みのお子様向け映画が主流で、
私も劇場へ足を運んでいませんが、
1月中旬頃から公開される映画に期待しています
プレステージ・・・人間のエゴが描かれてるから"オレ"ステージ (zebra)
2012-11-09 20:26:25
見ました。時代背景は ヴィクトリア女王の晩年で 新らしき時代の変化が 訪れ始めた イギリス・・・切り裂きジャックや コナンドイルの推理小説「シャーロックホームズ」などがはやった時代と ちょうど同時期みたいですね。

さて、お互いの いざこざが エゴに凝り固まった対決でした。 まさにプレステージならぬ "オレ"ステージ 
"自分だけの舞台"

天才マジシャンふたりのライバル対決も "電気"が関わってるだけに"熱い火花"を散らしています。デビッド・ボウイのテスラ役も驚きました
 
 ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイル それぞれが演じた ライバル同士の天才マジシャン二人が
"あいつには負けたくねえオレが勝つ"の 対決姿勢は

  実際にあった"エジソンVSテスラ"の電流対決とまったく同じである。

最後に 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが 映画「プレステージ」でも 上映時に荒木氏の書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布されたそうです  荒木氏の「プレステージ」イラストのリンク先です
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/c/a/ca2214c0.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/3/3/3388963f.jpg
コメント返信 (テクテク)
2012-11-10 11:39:52
>zebraさま
こんにちは
この映画を観たのは5年前で
映画の詳細も忘れかけていましたが…
コメントを頂いてこの映画をもう一度観てみたくなりました

いろんな事を踏まえた上で再度この映画を鑑賞してみた時に
私は何を感じるのか…

自分の事ながら第三者の感想を知りたくなるような
不思議な興味を持ちました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
プレステージ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私は悩んでいた―自分の中で築きあげた『いい男ピラミッド』の上位に位置する二人が、ライバル同士として出演する映画があると知った瞬間から―           どっちに肩入れして観ればいいのよー【story】19世紀のロンドン。人気のマジシャン、グレート・ダント...
感想/プレステージ(試写) (APRIL FOOLS)
ド派手なイリュージョンかと思いきや地味な化かし合いは、けっこう見応えあり。『プレステージ』6月9日公開。19世紀末ロンドン、アンジャーとボーデンはそれぞれマジックに人生を賭けていた。しかしアンジャーの妻がトリック中に事故死。アンジャーはその原因がボーデンに...
★プレステージ(2006)★ (CinemaCollection)
THEPRESTIGE運命さえトリック上映時間130分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2007/06/09ジャンルミステリー/ファンタジー/サスペンス【解説】世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「...
プレステージ / THE PRESTIGE (我想一個人映画美的女人blog)
本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー? 世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★ 『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』 どちらも好きだったの...
プレステージ 70点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
バットマン vs ウルヴァリン in メメント 公式サイト 19世紀末のロンドンを舞台に、若き二人のマジシャン、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール )の対決を追う、クリストファー・プリーストの小説『奇術師』を、『メメント』『バッ...
「プレステージ(THE PRESTIGE)」映画感想 (Wilderlandwandar)
ずっと楽しみにしていた、本日より公開のマジシャン対決映画「プレステージ」(原題:
プレステージ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE PRESTIGE) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 二人の若き天才マジシャンたち。 ある女性が舞台上で死亡したことにより、二人は憎悪を込めてぶつかり合うことになる。 やがて舞台上で起こるもうひとつの死。 騙しのプロフェッショナルが命をか...
プレステージ (The Prestige) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らない...
プレステージ (そーれりぽーと)
ウルヴァリン対バットマン?ではなくて、二人のマジシャン(ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベール)がマジシャンとしてのアイデンティティーをかけてかけて騙しあう『プレステージ』を観てきました。 ★★★★ 肝心の“誰にも言ってはいけないクライマックス”に...
プレステージ (Akira's VOICE)
派手さはなくても,先を読む興奮はぎっしり。
プレステージ(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 【公開日】2007/6.9 【製作】アメリカ 【ストーリー】
★★★「プレステージ」ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベ... (こぶたのベイブウ映画日記)
マイナスオーラ全開な奇術師たちなので、見ていて気持ちのいい物語ではなかった。トリックは面白いが、人間の描き方が浅い感じ。なぜ、あそこまでライバル意識があるのか、確執の理由も分からず、子供のケンカみたい。スカーレット・ヨハンソンの役どころも微妙。たくさん...
プレステージ/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
「イリュージョン」というマジシャンを題材にした映画を楽しみにしていたら、この映画の予告編が始まって何だか似てるなぁと思ったら、出演者同じじゃんって気付きました(遅っ)。なんで邦題をコレに変えたんだろ?って思ってたらそもそもこれが原題だったんですねぇ。そー...
プレステージ(2006年) (勝手に映画評)
舞台は19世紀のロンドン。ガス灯から電気灯へ移り変わりつつある時代。二人の手品師「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と「プロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)が、互いをライバルとして研鑽しあっ...
プレステージ (B級パラダイス)
  簡単なものから大仕掛けのものまで、マジックにはいろいろなのがありますよね。ネタがあるにもかかわらずそれをわからないように見せるマジシャンて凄いなと思います。
「プレステージ」 (てんびんthe LIFE)
「プレステージ」九段会館で鑑賞 だいぶ前のことですが、どこかの会場で隣に座った人たちの会話が耳に入り、この作品のことをはなしていました。詳しくはないですがほぼネタバレ。散々ひどいことを言っていました。それでもラストの『ひどいオチ』についての内容は言わ...
プレステージ (めでぃあみっくす)
ストーリーはそこそこ面白いはずなのに映画としては・・・でした。どんなに凄いネタのマジックでも見せ方が下手であればつまらないものに見えてしまうように、この映画も見せ方がまずかったのが大きな要因だった気がします。 オープニングからいきなり『シックス・セン...
「プレステージ」:門前仲町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここだ、ここだ、門前仲町の有名なまんじゅう屋。 {/hiyo_en2/}毎日毎日、同じおまんじゅうがここで生まれてるのね。 {/kaeru_en4/}ああ、まるで映画の「プレステージ」のようにな。 {/hiyo_en2/}そう、あの映画の主人公たちはマジシャンだから、毎日毎日同...
プレステージ (ネタバレ映画館)
Mr.マリックと松尾幻燈斎と栗間太澄は同一人物だ! 
プレステージ (小部屋日記)
The Prestige(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 一流のマジックは3つのパートからなる。 最初はプレッジ(...
映画 【プレステージ】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「プレステージ」 クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化。 華麗で洗練されたパフォーマンスを得意とする“グレート・ダントン”ことアンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、無骨だけれども天才的な想...
プレステージ (メルブロ)
プレステージ 上映時間 2時間10分 監督 クリストファー・ノーラン 出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベイル スカーレット・ヨハンソン マイケル・ケイン デヴィッド・ボウイ 評価 6点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会)  ヒュー・...
#84.プレステージ (レザボアCATs)
随分前に知ってから、ずっと楽しみにしていた、この作品。他にもたくさん、注目作品はあれど、この作品ほど楽しみだったものは、自分にとってはなかなかないくらい!あんまり考えてしまうと、楽しみで居ても立ってもいられなくなってしまうから、出来るだけ普段から忘れる...
プレステージ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 THE PRESTIGE 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 130分 監督 クリストファー・ノーラン 製作総指揮 クリス・J・ボール 、ヴァレリー・ディーン 原作 クリストファー・プリースト 脚本 クリストファー・ノーラン 、ジョナサン・ノーラン 音...
『プレステージ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
『メメント』『インソムニア』『バットマン・ビギンズ』と心理描写の巧みな監督クリストファー・ノーランのイリュージョンもの。
プレステージ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ウルヴァリンVSバットマン。 若き異才、クリストファー・ノーランが二大アメコミヒーロー俳優を主役に迎え、二人の天才マジシャンの交錯する運命の皮肉を描いた「プレステージ」は、良くも悪くもノーランらしいひねりの効い
プレステージ(映画館) (ひるめし。)
運命さえトリック
プレステージ (eclipse的な独り言)
 ご覧の通りデヴィッド・ボウイが出ています。どんでん返しにも驚かされますが、こ
プレステージ (映画鑑賞★日記・・・)
【THEPRESTIGE:2007/06/09】06/09鑑賞製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン原作:クリストファー・プリースト『奇術師』(早川書房刊)出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ19...
プレステージ (ぷち てんてん)
クリストファー・ノーランといえば「メメント」時間を切り張りし、見ているほうは頭をひねりました^^)私は彼の最初の映画「フォロウィング」も面白かったですねえ~。最近では「バットマン・ビギンズ」ですね。「メメント」的な見せ方はなかったけど、ダークでちょっと...
プレステージ (BLACK&WHITE)
【THE PRESTIGE】2006年/アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン  出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ、アンディ・サーキス
映画~プレステージ (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ。かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングにみせる。若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャ...
プレステージ (まぁず、なにやってんだか)
先週末公開した映画の中で一番気になっていた「プレステージ」を観て来ました。 「結末は絶対言わないでください」と釘をさされていますので、あたりさわりのない感想だけを。 アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)の対決。映画を観る...
映画『プレステージ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
手品は趣味程度に嗜む当方、この作品は稀に見る『マジックを真っ向から題材にした映
プレステージ (りらの感想日記♪)
【プレステージ】 ★★★☆ 2007/6/9 ストーリー 19世紀末のロンドン。華麗かつ洗練されたパフォーマンスで魅せる“グレート・ダントン
映画「プレステージ」・・逆転逆転また逆転 (システムエンジニアの晴耕雨読)
 USENさんから試写会のお知らせがあったので、  新宿で、映画「プレステージ」見ました。 「19世紀末のロンドン。若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に...
プレステージ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル!! 130分すべてを疑え!二人のマジシャンが命を懸けたトリックバトル!! 「メメント」のC・ノーラン監督による奇想天外なミステリー。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、難解な...
プレステージ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:クリストファー・ノーラン 原作:クリストファー・プリースト 『奇術師』(早川書房刊) 脚本:クリストファー・ノーラン ジョナサン・ノーラン 19世紀末のロンドン。奇術師アンジャーがトリックの失敗によ...
プレステージ ★★★ (地図)
マジックは観客が席に着く前から既に始まっている。
★「プレステージ」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A106/S55)←今年55本目の劇場鑑賞。 「X-MEN」のヒュー・ジャックマンと「バットマン」のクリスチャン・ベールの共演。 この作品って最初、「イリュージョンVS」って邦題じゃなかったっけ??? いつの間にやら、原題と同じタイトルにしてた・・・って...
プレステージ (夫婦でシネマ)
究極のマジックとは何か?トリックが一線を越えたとき、悲劇が起きる。という映画。
『プレステージ』 (映画館で観ましょ♪)
感想…難しい。 ドコをどう書いてもネタバレしそう。 ワタシ、基本的に、ネタバレはしない主義なので... この2人が ↓ マジックで競うのではなく復讐しあうお話です。 予想外に何だかドロドロとしたお
アブラカダブラ~~と呟くのは?!プレステージ (銅版画制作の日々)
ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベイル 二人のマジシャンの確執が悲劇をもたらす「X-MEN」でお馴染みのヒュー・ジャックマンがマジシャンで登場。おイメージ一新って感じで新鮮そして迎え撃つライバルマジシャンはクリスチャン・ベイル、よく見ると、結構強面な感じ...
13日の金曜日!映画「プレステージ」を観た (apple of the nariyuk's eye)
日課であった1日1回パソコンに電源入れるも、日々労働の疲れで自身でもブログにアク
プレステージ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ち...
プレステージ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
DVDで鑑賞。プリーストの人気小説「奇術師」の映画化で,監督は「メメント」のクリストファー・ノーラン。19世紀末の英国で繰り広げられる,二人の天才マジシャンの,イリュージョン対決の物語。互いにしのぎを削る,二人のマジシャンに扮したのは,ヒュー・ジャックマ...
『プレステージ』06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、美...
『プレステージ』 (Sweet*Days**)
プレステージ(2008/01/01)マイケル・ケイン、クリスチャン・ベイル 他商品詳細を見る 監督:クリストファー・ノーラン CAST:ヒュー・ジャ...
『プレステージ』 (『映画な日々』 cinema-days)
プレステージ 19世紀末、二人の天才マジシャンの 2年間に亘る死闘を描く。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞) マジックの3つのパート 確認(...
プレステージ (Yuhiの読書日記+α)
かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングに描いたサスペンスもの。監督はクリストファー・ノーラン、キャストはヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン他。 <あらすじ> 若く野...