水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

血は争えない。『海街diary』

2015-06-16 00:00:00 | 映画【あ行】
鎌倉で暮らす3姉妹と
父親が他の女性との間に儲けた異母妹が
共同生活を送る様子を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 人と人との在り方を感じる映画


●以下ネタバレがあります●


私が過去に観た是枝裕和監督の作品は
2004年に劇場公開された「誰も知らない」と
2013年に劇場公開された「そして父になる」

あと、2012年にテレビの民放局で放送された連続ドラマ
「ゴーイング マイ ホーム」

そして、今回のこの映画。

偶然なのか監督の作風なのかは分かりませんが
私が観た是枝裕和監督作品の全てに共通するテーマは
家族の在り方でした。

テレビドラマの「ゴーイング マイ ホーム」は
視聴率がイマイチだったようですが
私は結構面白いホームドラマだと思って
最終回までリアルタイムで見届けた奇特な人です。

ただ、やっぱり個性的な作風は否めず、
起伏は少なくて淡々としている為、
お茶の間が求めるような
娯楽性は薄かったように感じました。

堤幸彦監督の作品みたいに
テレビドラマでもウケるような娯楽性があれば
もっと視聴率は取れたかもしれませんが・・・

是枝裕和監督にテレビの連ドラは不向きかも。


今回の映画も正にそんな感じの作風です。


とっても静かに物語は始まり、
起伏が無く淡々と日常の様子を描いているので
私の隣の席で見ていた男性は
何度も大きなあくびをしていました。


タイトルが『海街diary』というだけあって
本当に日記を映像化したような内容です。


4姉妹の各々の目線から感じる
日々の出来事を短く繋ぎ合わせて
ひとつのストーリーにまとめたような作品だったので
ビックリ!するような事は何も起こりません。


でもその中に込められた
個性的な姉妹の面々が興味深いのです。


家庭を捨てて出て行った父親と同様
家庭持ちの男性と交際している長女。

可哀相な女性に惹かれてしまう父親と同様
ダメ男に惹かれてしまう次女。

釣り好きだった父親の記憶が無いのに
釣りが趣味な三女。

周囲に好かれていた優しい父親と同様
誰にも悟られないように痛みを抱えていた腹違いの妹。


父親から教えられたわけでもないのに
同じようなを受け継いでいる彼女たち。

血は争えないとは
こういう事を言うのかもしれません。

この4姉妹の他にも
彼女たちを取り巻く人間模様にも
いろいろと考えさせられる所がありました。

長女の不倫相手のように
形式上は夫婦であっても
心が通い合っていない冷えた男女関係もあれば
食堂の経営者のように
形式上は夫婦ではなくとも
心が通い合っている温かい男女関係もある・・・

告別式や法事のシーンが幾つか登場しますが
その度に人と人の関わり方が露わになってゆく場面は
妙なリアルを感じたりもします。

今回の作品では
様々な人間模様を通して
またまた違った家族の形
是枝裕和監督は私に見せてくれました。

物語のポイントは女性が握っている作品なので
男性の観客にとっては美しい4姉妹
目の保養になるくらいで
内容的には退屈しちゃうのかもしれませんが・・・


【2015年6月14日(日)TOHOシネマズららぽーと船橋にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は未来に希望がなければ生... | トップ | オズの魔法使い。『攻殻機動... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (マリー)
2015-06-21 23:29:50
確かに血は争えない・・・うん、思いました~。
しっかり者で母を軽蔑してるかと思ってた長女ちゃんがあれだし・・・

そして告別式や法事のシーン多かったですね。
ああいう時に何かって起こるもの。普段会わない面々が集まるといいことより悪いことの方が多そう。
リアル。

とにかく4姉妹がフレッシュ!それだけでもいいかな~
コメント返信 (テクテク)
2015-06-22 23:00:11
>マリーさま
こんばんは
この映画は「女性」の特徴を上手く描いた作品でしたね

男性の監督からの目線から描く女性像も
美化し過ぎずに表現されていたので
これはこれで悪くないと思いました

客観的に観れば褒められた女性ではなくとも
本人自身は至って真剣な想いを抱えているので
そこがまた何とも同性としては否定できません…

美しくて爽やかな4姉妹で
しかも、あんなにも仲良しな4姉妹ってミラクルですよね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
海街diary (Akira's VOICE)
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
海街diary (あーうぃ だにぇっと)
海街diary@東宝試写室
『海街diary』 小津をほうふつって本当? (映画のブログ)
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常の...
劇場鑑賞「海街diary」 (日々“是”精進! ver.F)
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
海街diary (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは
映画「海街diary」 (FREE TIME)
映画「海街diary」を鑑賞しました。
『海街diary』 2015年6月13日 イオンシネマ市川妙典 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『海街diary』 を鑑賞しました。 これは、今年ベストだね 長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すず もみんな良い! それに、最近出演多い鈴木亮平や樹木希林、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、 リリー・フランキー、前田旺志郎と脇も豪華である。 【ストーリ...
海街diary (勝手に映画評)
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...
『海街diary』 (こねたみっくす)
生きているものはみんな手間がかかる。でもその手間が愛おしい。 これは死を通して生きるということや家族というものを描いてきた是枝裕和監督の集大成ともいえる素晴らしい作品 ...
海街diary ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重....
「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
海街diary (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
父親が同じ三姉妹の中にも世代間の差があり、母が違う妹ではひとつの屋根の下で暮らすのに問題が出てくる。それも時の流れが解決していく。豊かな自然の移り変わりと祖母の頃から伝わる梅酒が効いている。一つ一つのシーンが絵画のように美しい映画だった。
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
海街diary/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず (カノンな日々)
吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。 出演はその ...
海街diary (映画の話でコーヒーブレイク)
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
『海街diary』 (pure breath★マリーの映画館)
父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました・・・ 『海街diary』 監督・脚本・・・是枝裕和 原作・・・吉田秋生 出演・・・綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー....
海街diary (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 鎌倉で生活していた3姉妹のもとに腹違い
海街diary (映画好きパパの鑑賞日記)
 是枝裕和監督が、鎌倉に住む美しい3姉妹が、異母妹を迎えた1年を描いた作品。鎌倉が舞台ということもあり、小津安二郎を彷彿とさせる作品ですが、「トイレのピエタ」同様、抑制的な描写が続いているため、物足りない人もいるかもしれません。  作品情報 2015年日本...
4姉妹がそこで暮らす (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「海街diary」を鑑賞しました。 鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の3姉妹。そんな彼女たちのもとに15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。 その葬儀で父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面、そこで鎌倉で自分たちと一緒...
映画「海街diary」を観ました!!(2015-04) (馬球1964)
映画「海街diary」を観ました!!
幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。~海街diary~ (ペパーミントの魔術師)
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが~~~い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま~~い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではい...
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
海街diary (単館系映画と舞台)
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ...
海街diary (花ごよみ)
鎌倉が舞台。 鎌倉の四季の景観が美しい。 3姉妹と異母妹が一緒に暮らす中 色々な出来事を経ながら 一つの家族になっていく。 監督は是枝裕和。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、 広瀬すずが姉妹を演じます。 鎌倉で生活している 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ...
『海街diary』是枝裕和監督、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『海街diary』原作 : 吉田秋生監督・脚本・編集 : 是枝裕和出演 : 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮風吹ジュン、リリー・フランキー
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
映画『海街diary』 (健康への長い道)
 是枝監督の最新作、カンヌ映画祭正式出品の『海街diary』をようやく鑑賞してきました。  僕が女優で作品を選ぶとしたら、宮崎あおいさんだけですので(それでも全部観るわけではない)、この作品も是枝監督作でなければ、スルーしていたことでしょう。  『歩いても...
「海街diary」 描写の余白 (はらやんの映画徒然草)
このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監
海街diary (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
海街diary '15:日本 ◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」 ◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ ◆STORY...