水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』

2006-06-28 14:37:04 | 映画【た行】
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーを
チョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ せつない純愛映画


●以下ネタバレがあります●


今月の映画の日に、劇場で観た『デイジー』は、

画家を目指し、運命の男性を待ち続けるヘヨン(チョン・ジヒョン)、
麻薬組織を追う刑事のジョンウ(イ・ソンジェ)、
雇われ暗殺者のパクウィ(チョン・ウソン)、

この三人の、ほぼ均等な目線から、
各々の想いが描かれていたので、
私には、すれ違い続けてしまった三人の人間模様
どうしようもない程、せつなく感じてしまいました。

今回観た、『デイジー・アナザー・バージョン』というのは、
先に観た、『デイジー』と、ストーリー自体は全く同じなのですが、
雇われ暗殺者のパクウィの目線と、
ヘヨンの目線中心
で描かれていて、
暗殺者パクウィの心情は、
より分かりやすく、彼自身の声で説明され、
ヘヨンに対する描写も、
パクウィからの目線で、より多く描かれています。

なので、先に観た、『デイジー』では見えなかった部分を
知る事も出来ましたし、
ストーカーに近いパクウィの行動が、とても純愛に感じられ、
完全に、パクウィに気持ちを入れ込んで観ていたので、
私の中では、
パクウィとヘヨンの物語になっていました。

だからと言って、この目線を変えた映画が、
ダメな作品だったかと言うと、そうではありません。
逆に、こちらの作品を大々的に公開した方が、
せつない純愛映画として、
一般的には受け入れやすい作品のように思えました。

ラスト間近の広場のシーンでは、
『オリジナル版』を観た時、あまり泣けなかった私も、
『アナザー・バージョン』を観た時は、
内容を知っているにも関わらず、結構泣いてしまいました。

ただ、パクウィが暗殺者のアジトに踏み込むシーンの最後は、
パクウィの安否を想像させる銃声だけが響き渡った、
『オリジナル版』のままの方が良かったように思います。


少し目線を変えただけで、
物語が違った印象になってしまうという、
何とも、不思議な作品でした。


【2006年6月25日(日)テアトル新宿にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (33)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優しさが心に染み渡る映画。... | トップ | 原作に囚われ過ぎない後編を... »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (cloud9)
2006-06-28 15:24:38
記事を拝見して初めてそんなバージョンがあることを知りました。ちょっと見てみたいかも。
おお! (kossy)
2006-06-28 15:52:24
そんなバージョンがあったのかぁ~

いいなぁ・・・

こんにちは☆ (kazu)
2006-06-28 16:50:18
TBありがとうございます。

そんなのがあるんですか?

はじめて知りました。

私も見たくなりました。 (Yu-)
2006-06-28 18:25:28
テクテクさん、こんにちは。

TBありがとうございました。

「デイジー」のアナザーバージョンをご覧になったんですね。ブログを読ましていただいて私もこちらを見たくなりました。映画館を探すのが大変かな。
>コメント返信 (テクテク)
2006-06-28 20:08:35
>cloud9さま

こんにちは

実は私も知らなかったのですが、

知人が教えてくれたので、観に行けました



>kossyさま

こんにちは

私も知人に教えてもらった時の第一声は、

「まぢで

でした



>kazuさま

こんにちは

そんなのが、あるんですよぉ…

私も知人に教えてもらわなければ、

知らないままだったと思います



>Yu-さま

こんにちは

私が観た新宿の劇場は、

朝1回だけのモーニングショー上映だったで、

日曜日の朝から早起きして観てきました

そんなに観客はいないだろう…と思っていたのですが、

想像以上に沢山の人が入っていて、

劇場側も急遽、朝1回の上映を観に来た観客を入れる為に、

予告編をカットして上映時間を繰り下げる対応を取っていました

今回、「アナザー・バージョン」を観た事によって、

「オリジナル版」の作品構成に隠された深い意味が、

私にも見えた気がします

「オリジナル版」には、「オリジナル版」の良さがあり、

「アナザー・バージョン」には、

「アナザー・バージョン」の良さがあると思うのですが、

ストーリーを知っているのに、後からみた「アナザー・バージョン」で、

まさか自分が、こんなに泣くとは思いませんでした
TBありがとうございます★ (きらら)
2006-06-28 20:19:28
こんばんは



私もこのバージョンみたいです!

週末行けたら行ってきます!



そのあと記事読ませてもらいますね♪

でもオジリナルバージョンも大好きです
>コメント返信 (テクテク)
2006-06-28 20:27:02
>きららさま

こんにちは

今週末の土曜日は1000円で映画が観れるラッキーデーですね

私も「オリジナル・バージョン」は大好きです

「アナザー・バージョン」をご覧になった時は、

是非、感想を教えて下さいね
これはぜひ… (ミマム)
2006-06-28 22:03:29
トラバありがとうございます。

「デイジー」では泣きそびれてしまったので

ぜひ見てみたいですね。

さて、私の住んでる地域で見れるのかな~
TB有難う御座います。 (rain)
2006-06-28 22:16:35
アナザーバージョンは観たかったのですが上映が終了してしまい、結局観にいくことができませんでした。



やはり描き方が異なる(パクウィの視点ということで)と作品の印象も違ってくるのですね。パクウィの結末はノベライズには書かれているらしいです。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-06-28 22:22:59
TBありがとうございました!

最初のシーンに戻るの、無しなんですか??

で、パクウィが、むっくり起きあがって、おしまい??

ま、これだけじゃないのでしょうケド、、、
初耳! (たましょく)
2006-06-28 22:24:23
 TBありがとうございますm(_ _)m



 えぇ、「デイジー・アナザーバージョン」

って何ですか!知らなかったよ。まさか、こ

んなバージョンあるなんて。



 パクウィの視点から描かれているんです

か~。すっげー気になりますね。まだ公開

しているところあるのかなぁ~。貴重な情

報ありがとうございます♪
TBありがとうございました^^ (heartstrings_movie)
2006-06-28 22:55:49
そっちも面白そうですねぇ。

感動して号泣しそう

広島でもやんないかなあー。
TBありがとうございます (かっぱ)
2006-06-28 23:42:36
初めまして。

TBありがとうございます。



いいなぁ。私も観たいです。



また、遊びに来ます



はじめまして。 (@KOBA)
2006-06-29 00:18:09
TBありがとうございます。



『デイジーアナザーバージョン』

見てみたいです!

かなり印象が違いそうですネ。
私も観てました。 (kazjun)
2006-06-29 02:02:16
こんばんわ。私もテクテクさんと同じ回を見ましたよ。ブログの内容はとっても同意見でした。

さすがに、mr.choを殺しにいく場面のことまでは気ずきませんでしたけど。

DVDが出るまでもう一回観ようと思います。

1点、5月に公開されたバージョンは「インターナショナルバージョン」といわれているようで、今回のものが韓国のオリジナルバージョンじゃなかったかと思います。日本版のほうが15分ほど長かったようです。私も5末に渋谷ツタヤのビルですぐに終わりかと思って会社を抜け出してみてしまったのですが、今回のストーリーのほうが焦点が定まっていて純粋に映画に入り込めました。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-29 09:26:30
こんにちは♪

アナザーバージョンが公開される地区って都会だけなんでしょうね(泣)

オリジナルも大好きだったので是非別視点のも見てみたいです。

うらやましい~!
>コメント返信 (テクテク)
2006-06-29 12:57:35
>ミマムさま

こんにちは

私も「オリジナル版」では、泣けなかったのですが、

「アナザー・バージョン」では、結構泣いてしまいましたねー

「アナザー・バージョン」は今後、福岡・札幌と公開予定のようですが、

地域限定上映なのでしょうか



>rainさま

こんにちは

やはり、「アナザー・バージョン」は、短期上映のようですね…

それも、ちょっと勿体無い気がします

パクウィの結末は、観客の想像に任せた「オリジナル版」の方が、

余韻が残っていて、私は好きですね



>猫姫少佐現品限りさま

こんにちは

最初のシーンに戻るのは、ありますよ

その前の、パクウィがアジトに踏み込んだシーンの結末が、

「アナザー・バージョン」では、映像として描かれています



>たましょくさま

こんにちは

今は、東京の新宿の劇場で公開されていますが、

その前は、大阪で公開されていたようですね

東京の後は、福岡、札幌の順で公開されるようですよ



>heartstrings_movieさま

こんにちは

今のところ、広島での公開予定は公表されていませんが、

評判によっては、公開の可能性もあると思います

その時が来たならば、是非



>かっぱさま

こんにちは

最寄の劇場で公開された時は、

是非ご覧になってみてくださいね

今後のスケジュールも要チェックです



>@KOBAさま

こんにちは

全く同じストーリーでも、やはり感情移入の違いで、

とても印象が変わりますよ

「オリジナル版」では客観的に3人を見れたはずの私が、

「アナザー・バージョン」では、

完全にパクウィに入れ込んで観てしまいました



>kazjunさま

こんにちは

そうでしたか

同じ回を観ていたとは、奇遇ですね

「アナザー・バージョン」は、チョン・ウソンのファンの為に

用意された映画のような気がしないでもありませんが、

そうでない人でも楽しめる作品でしたよね



>ミチさま

こんにちは

私も「オリジナル版」は好きですが、

「アナザー・バージョン」も

また違った良さがあって、好きですね





>「アナザー・バージョン」を観たい皆様

「アナザー・バージョン」の今後の公開予定は、

東京は7月14日まで、

福岡は7月8日から、

札幌は7月29日から8月11日まで、



http://blog.eigafan.com/daisy/



こんな感じで、ここのHPに載っていました

以後、更新される可能性も大なので、

マメマメにチェックしてみて下さいね
私も見ました (あさこ)
2006-06-29 13:04:08
こんにちは!

私は「インターナショナルバージョン」は突っ込みまくりながら笑って見たのですが「アナザーバージョン」を見てしまったらもう「デイジーワールド」にどっぷりはまってしまいました。

本当にテクテクさんのおっしゃるように「何とも不思議な作品」です。



>コメント返信 (テクテク)
2006-06-29 16:46:34
>あさこさま

こんにちは

そうでしたか

やはり、「アナザー・バージョン」の方が、

感情移入しやすい作りになっていると思いますし、

私もストーリーを知っていたのに、

「アナザー・バージョン」では、結構泣いてしまいましたから…

全く同じ物語に対して、目線を変えて描いただけなのに、

本当に不思議ですよね
商売上手 (aq99)
2006-07-02 19:17:19
なんか、「ブレードランナー」みたいですね~。

DVDの特典になりそうなのを、鉄は熱いうちに叩くうちうから公開するなんて、すごい商売上手というか・・・。

なんか、見たくなってきましたよ。

たぶん、私もこっち派だと思う・・・。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-03 10:29:52
>aq99さま

こんにちは

うーん。確かに商売上手かも…

人によって、感じ方は違うと思うのですが、

「アナザー・バージョン」の方が、

一般的には受け入れられやすい作品のように私は感じました

機会があった時には、是非観てみるのもイイと思いますよ
興味そそられますね~ (かつ)
2006-07-04 01:42:31
TBありがとうございました。

アナザーバージョンって、なんとなく有るの知ってましたが、こうやって感想を読むと興味がわいてきますね。

でももう終わっちゃったのですか?

パク・ウィはもともと恋はへたくそって感じでしたからきっと切々とした感じのラブストーリーだったことでしょう。あ~、観たくなってしまう!
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-04 07:14:25
>かつさま

こんにちは

東京のテアトル新宿では7月17日まで上映予定のようです

福岡は7月8日から、

札幌は7月29日から8月11日までの予定で上映されるようです。

かなり、限定された地域での上映ですが、

行けそうな劇場があれば、足を運んでみるのもイイと思いますよ
はじめまして ()
2006-07-05 10:42:00
テクテク様、はじめまして。

デイジーに関する記事を探していてたどり着きました。

アナザー・バージョンのほうが「パクウィとヘヨンの物語になっている」・・・

たしかにその通りだと思いました。

場面構成が、アナザー・バージョンのほうが自然です。

インターナショナル・バージョンはジョンウが前面に出すぎているように思いました。



話自体は非現実的な、作り物といった感じがしましたが、乗せられてしまいました。

二つのバージョンを作ってしまうなど、脚本力の高さでしょうか。



それと、男の目から見ても、チョン・ウソン、いい男でした。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-05 13:22:53
>窮さま

こんにちは

この作品は、おそらく、

脚本を何パターンか用意したり、

試行錯誤しながら製作されたのでしょうね

非現実的な設定の、作り物の世界であったとしても、

私はこの映画の中に、製作者の熱意や想いを感じる事が出来ました

そうでなければ、既にストーリーを知っているはずの、

「アナザー・バージョン」を観て私が泣かされる事はなかったと思います

それに、やはりチョン・ウソンには、華がありますよね

帽子を深めに被って、物陰から、ひっそりと彼女を見ているはずの姿にも、

どこか輝きを感じました
TBありがとうございます。 (つぶあん)
2006-07-06 23:24:46
私は大好きなウソンが冒頭から出てくる

アナザー・バージョンが気に入りました。

ノワール感もプンプンだし。

編集って重要なんですね。
どこで上映してますか (カルビ)
2006-10-13 13:37:33
はじめまして。デイジーどこで見られますか。教えてください。もう終わってしまったかな。
コメント返信 (テクテク)
2006-10-13 21:04:33
>カルビさま

こんにちは

「デイジー・アナザー・バージョン」は、

10月20日まで、大阪のシネマート心斎橋で

上映されているようですよ

今は全国でここ1館だけの上映のようで、

しかも、あと1週間で上映終了のようです…

10月27日には、

「デイジー」のDVDが発売されるようですし、

もしかしたら、「アナザー・バージョン」のDVDも

発売されるかも
お礼 (カルビ)
2006-10-14 21:31:29
テクテクサンへ  ありがとうございます。

dvdがでるのを期待しています。
コメント返信 (テクテク)
2006-10-15 09:44:03
>カルビさま

いえいえ…お役に立てたなら光栄です

私もDVDが出る事を期待しています
dvdでますね。 (カルビ)
2006-12-14 18:17:08
こちらで知ったアナザばんのdvdがでますね。
うれしいです。
テクテクサンありがとうございました。
DVDついにでますね (カルビ)
2006-12-14 19:46:14
ついにでますね。
待つていました。
即買います。
映画館で見たかったです。
コメント返信 (テクテク)
2006-12-14 21:52:31
>カルビさま
こんばんは
そうでしたか
いよいよDVDが発売されるのですね
また、この作品をご覧になった時は、
是非感想を教えて下さいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
デイジー (nanaya*michipu)
夕べは、きのうからロードショーの『デイジー』観て来ました。 ぐふっ♪チョン・ウソン カッコイイですぅ(≧∀≦) 最初、チョン・ウソンがなかなか出てこないので 「何でなんで!」?(゜Д゜≡゜Д゜)?って隣のヒロを揺さぶってましたけど。 ちょっ ...
映画 「デイジー」 (ようこそMr.G)
映画 「デイジー」 を観ました。
DAISY (夢見る小悪魔)
愛は、枯れない。公式サイトデイジー◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆何気ないこのシーンにも隠された秘密が・・・祖父の骨董店を手伝いながら画家を目指すヘヨン。麻薬ルートを捜査中のインターポール捜査官・ジョン ...
映画「デイジー」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
友達に誘われて試写会に行ってきました(カテゴリ、これでいいかしら)。 3週間ぶりくらいの大スクリーンは、久しぶりな感じです。 主役は「猟奇的な彼女」と「トンケ」です。 舞台はなぜかオランダ。 監督は見たことないけど「インファナルアフェア」の人だと聞 ...
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
映画:デイジー (駒吉の日記)
デイジー@渋谷シネフロント デイジーの花言葉は『心に秘めた愛』・・・ ■予告 UDON:ぶっかけうどん、食べたくなりました。 着信アリFinal、オーメン:ひい~どっちも怖っ ゲド戦記:かなり映像が出てきましたが、声はテルーの手島葵さんのみ。 日本沈 ...
デイジー (花ごよみ)
(試写会にて) 監督は『インファナル・アフェア』三部作シリーズの アンドリュー・ラウ。 刑事、殺し屋2人の男に愛されるヒロインに、 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン。   相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン ...
デイジー アナザーバージョン (シャーロットの涙)
もうすでに「デイジー」は見たのだけど、どうもこれはインターナショナル・バージョンと呼ばれるもので、ヒロインであるヘヨン(チョン・ジヒョン)の視点から描かれたものになっているらしい。 それで土曜から限定公開されている韓国のみで公開された超プレミア ...
デイジー DAISY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ、チョン・ウソン主演 ヘヨンは韓国の画家を目指す 美しい25歳の女性です アムステルダムで骨董店を開いている祖父の商売を手伝いながら 夕方には街の広場に出掛け 似顔絵を描くアルバイトをしています 名前も知らない 相手 ...
『デイジー』 (ラムの大通り)
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで ...
「デイジー」アナザーバージョン感想(チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん主演の韓国映画をテアトル新宿で鑑賞) (韓国映画&韓流スターサランヘ)
「デイジー」アナザーバージョンをテアトル新宿で鑑賞してまいりましたので、感想を書きたいと思います。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
DAISY デイジー (お気に入りの映画)
2006年 韓国映画 監  督 アンドリュー・ラウ 出  演 チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ あらすじ ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、デイジーの花を贈り続けてくれる男性に恋をしていた。街で出会ったジョンウ(イ・ソン ...
デイジー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:?偉強(アンドリュー・ラウ)英題:Daisyキャスト:チョン・ジヒョン、チ
【デイジー】 (空の「一期一会」)
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作
言霊の夏恋【デイジー】 (Fun is ;)
【私の頭の中の消しゴム】でウソンにやられた後輩ちゃんは、未だ焼酎の一気飲みを実践できていないと嘆いている。 イメトレはバッチリらしい。 そんな後輩ちゃんが、期待どおり【デイジー】の試写会に連れて行ってくれました。 焼酎の一気飲みは、すぐにデキルさー ...
映画~デイジー (きららのきらきら生活)
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人 ...
デイジー (そーれりぽーと)
今一番好きな女優チョン・ジヒョン主演最新作「デイジー」 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」で彼女をスターダムへ押し上げた監督&脚本のクァク・ジェヨンが今回は脚本のみで裏方に回り、監督はなんと一番好きな香港映画「インファナルアフェア」シリーズ ...
[映画]デイジー 【ネタばれ】 (Four Seasons)
ようやく「デイジー」を見に行くことができました。 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ 他 監督:アンドリュー・ラウ (2006年 韓国)---Story--- 所はオランダ。ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、祖父の骨董品店を 手伝いながら、街角で ...
デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ (カノンな日々)
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 + ...
デイジー (SSKS*)
日本 オフィシャルサイト 韓国 オフィシャルサイト 2006 韓国 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ ストーリー:オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられ ...
『デイジー』(2006年) ★★★★☆ (どっぷりレビュー)
監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ氏。脚本は『僕の彼女を紹介します』の監督クァク・ジェヨン氏が担当、プロデューサーはサイダスHQのチョン・フンタク氏。キャストにチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ。これだけアジアの才能 ...
デイジー (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞 デイジー/DAISY 2006年/韓国/125分 監督: アンドリュー・ラウ 出演: チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ 公式サイト アムステルダムで暮らす画家の卵、ヘヨンは、祖父の骨董屋を手伝う傍ら、週末は街で ...
デイジー (HIROMIC WORLD)
本日の1本は「デイジー」試写会上映。 インファナル・アフェアシリーズのアンドリュ
「DAISY/デイジー」 (塩ひとつまみ)
チョン・ウソンとチョン・ジヒョン。どちらも好きな役者さんです。 舞台はオランダ・アムステルダム。うーん、風景も役者さんも美しい… 以下、かるーくネタバレです。
『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 (画像はノベライズ) 出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 監督■アンドリュー・ラウ 脚本■クァク・ジェヨン <ストーリー>  オランダ ...
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
『デイジー』 (試写会帰りに)
『デイジー DAISY』試写。 香港マフィアと走り屋と、今、男くさい世界を描かせたら世界一なのでは? と思うアンドリュー・ラウ監督ですが、恋愛物は、ちょっと勝手が違ったか……!? デイジー PHOTO BOOK 『インファナル・アフェア』三部作、『頭文字[イニシャル ...
デスノート【前編】 (何を書くんだろー)
「デスノート【前編】」 評価 ★★★★☆ (4.2) 『あらすじ』  刑事を父親に持つエリート大学生の夜神月。ズバ抜けたIQで過去に父親の担当する事件に アドバイスをし、解決に導くほどの正義感を持つ。しかし、現状、この国では凶悪犯罪 ...
デイジー (韓国映画 好き嫌い)
一応好き オランダの風景、街並がとても美しかった チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェも良かった 途中テンポが落ちてやや冗長な気もしたが、結構面白かった でも、見終わった後、友人と「ストーカーの愛 って感じだね」と意見が一致した( ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
デイジー (琴線~心のメロディ)
【2006年5月27日劇場公開】 【ジャンル:ラヴ・ストーリー】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{ ...
DAISY~デイジー~(ネタバレ注意) ★★★★★ (頑張る!独身女!!)
ひと晩中。考えるのはただひとつ、オレにとってそれは、何よりの時間さ。この想いが、まっすぐお前に届いてくれたら。なんて最高、なんて最高。好きな女がいるって事は、生きてるって感じよ。だけどなにもしないでいるのは、しんでるって気分さ。お前がオレを愛し ...
『デイジー』ハーレクインバイオレンス (@KOBAのムービー!ムービー!)
『デイジー』DAISY(06年韓国)  監督 アンドリュウ・ラウ  出演 チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジュ、チョン・ホジン、デビッド・チャン  ■ストーリー■  オランダはアムステルダム、ヘヨンは祖父の骨董屋を手伝って生活していた。画家を ...
デイジー アナザーバージョン:あなたに気がつかなくてゴメンね テアトル新宿 (気ままに映画日記☆)
先に公開されたデイジーはヘヨン(チョン・ジヒョン)の視点で作られているが、こちらのアナザーバージョン(韓国版?)はパクウィ(チョン・ウソン)の視点で作られている。 こちらのほうが、チョン・ウソンの出番も多いし、ストーリーが整理されていてわかりや ...
*DAISY/デイジー (Diary*)
出演:チョン・ジヒョン(ヘヨン)、チョン・ウソン(パクウィー)、イ・ソンジェ(ジョンウ) オランダを舞台にした韓国のラブストーリームービー。 それはもう、切なすぎるお話しでした。 異国の地で出逢った男女3人のそれぞれの恋のゆくへの結末が悲しすぎ ...
「デイジー」鑑賞 (BIGLOBE平社員ブログ)
実はこっちが本命。 石塚です。
感想/DAISY デイジー(試写) (APRIL FOOLS)
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。"わたけし"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&"ボクカノ"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえらいゴー ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
デイジー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
チョン・ジヒョンみてて思ったのは、鈴木京香w 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンの共演のサスペンスタッチのラブストーリー。 全編オランダを舞台に、一人の美しい女性
デイジー (日々徒然ゆ~だけ)
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。
『DAISY デイジー』 (mimiaエーガ日記)
★★★☆原題:『Daisy』名付けてメルヘン・ノワール(って私が勝手に付けた~
☆デイジー☆ (☆熱しやすく冷めやすぃ姫の気まま日記☆)
☆「デイジー」オフィシャルサイト ☆ストーリー⇒アムステルダムで暮らすヘヨン(チョン・ジヒョン)の元に、毎日見知らぬ人からデイジーの花が届く。ある日街頭で似顔絵を描くヘヨンの前にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れ、ヘヨンはジョンウこそが待ち焦がれた運 ...
「デイジー」 DAISY (俺の明日はどっちだ)
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を ...
デイジー アナザーバージョン (とっさの絵日記)
先日見た「デイジー」は“インターナショナルバージョン”と呼ばれるもので、ヒロイ
『デイジー アナザー・バージョン』ネタバレ (~遅れてきた韓流~)
  昨日が水曜割引デーだったので、早起きしてテアトル新宿で見てきました。 入りは7割くらいだったかな? 男性は数人。 入り口でデイジー缶(780円相当)をもらえたので、1000円の入場料はかなりお得でした(笑)。 さて。 この『デイジー アナザー・バージョン ...
415の謎。 (ひょうたんからこま)
『デイジーアナザーバージョン(韓国編集版)』(2006年/103分)公式サイト「愛してはいけない人を愛してしまった。」~孤独な男の見つけた愛は、すくってすくっても、その汚れた手からこぼれ落ちる。大切に育てたデイジーのように愛らしい人。本当はただ、 ...
デイジー (はむきちのいろいろ日記)
オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨンは、名前も顔も知らないある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞在していた時、困っていた彼女を秘かに助けてくれた人。以来彼女のもとには、その人からデイジーの花が贈られ続けていた ...
DAISY(デイジー) (C'est Joli)
DAISY2006年/韓国 ◆監督:アンドリュー・ラウ「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン ◆STORY◆ ヘヨンは幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる ...
デイジー (It's a Wonderful Life)
「インファナル・アフェア」「頭文字D」のアンドリュー・ラウが監督、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本。 メインは韓国のキャストなんで、韓国にラウ監督が呼ばれた形なんでしょうか。 香港映画ファンとしてはアンドリ ...
『DAISY デイジー』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開   公式サイト(壁紙・スクリーンセーバーあり) 泣き度[:悲しい:] 映像美[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】アンドリュー・ラウ 【脚本】クァク・ジェヨン 【出演 ...
映画~デイジー アナザー・バージョン (きららのきらきら生活)
 「デイジー」のレビューはコチラ『映画の日』1本目はコチラ、「デイジー アナザー・バージョン」を観てきましたもうもう~普段会社に行くのとおんなじ時間に起きて行って来ましたよ先に公開されていた「デイジー」は『インターナショナルバージョン』と呼ばれ ...
「デイジー」 (電影迷宮・2006!!)
例によってほとんど知識なしで観た。(ムダに長いのでご注意ください。) 監督アンドリュー・ラウと主演チョン・ジヒョンとチョン・ウソンのチョン・コンビ?が出ていることぐらい。 面白かった。 おまけにイ・ソンジェも出ていた。 (ネタバレ気味。見た人だけ読 ...
君の幸せを願っていたのに (CINECHANの映画感想)
138「デイジー アナザー・バージョン」(韓国)  先日まで公開されていた「デイジー」はインターナショナル・バージョンということでチョン・ジヒョン演ずるヘヨンからの視点で主に描かれていた。この「アナザー・バージョン」はチョン・ウソン演じるパクウ ...
デイジー (うぞきあ の場)
監督がアンドリュー・ラウ。で、スタッフの7割が香港人だそうな。 韓流と言うよりは、香港映画のテイストを強く持ち、そこに韓国映画の “切なさ”を混ぜ合わせたような作品。 監督がアンドリュー・ラウなだけに、香港スターで作ってみても面白そうな感じ。 キ ...
「デイジー」 アムステルダム無情 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。 少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおな ...
デイジー (映画評論家人生)
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
「デイジー」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
本日2本目は韓国映画の「デイジー」。 ずいぶん前から公開を楽しみにしてましたのでようやくです! 本当は月曜日の舞台挨拶付きの特別上映を見に行きたかったんですが チケット発売開始と同時にホームページにアクセスしたけど全然つながらず、 1時間ぐらい粘っ ...
「デイジー」(アナザーバージョン)再確認するつもりが・・・ (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
あまり同じ映画を 短期間の内には2回観ないのですが 5月に観てお気に入りだった 「デイジー」のアナザーバージョンを 観てきました。 普通アナザーバージョンというのは ラストのみが違うパターンなのですが、 この作品は「視点」変更の作品です。 上映時間も ...
DAISY アナザー・バージョン 鑑賞 (つぶあんのmy favorite things ★★★★★)
DAISY アナザー・バージョン 鑑賞  @テアトル新宿 2006.7.1 1日は映画の日にちなんで1000円で観られるんだよね。 もとは12月1日がその映画の日で、 昔は隔月しか割引じゃなかったはず…。 1日が土曜日で本当よかった…でないと もう安い値段で ...
「デイジー アナザーバージョン」 (てんびんthe LIFE)
「デイジー アナザーバージョン」テアトル新宿で鑑賞 土曜日の映画の日。何をみようかと迷っていたけど今しか見られない「デイジー」アナザーバージョンに決定。更に、単館のモーニング上映で9:10からと相当な早さ。9:00に劇場に着いたときにはたいそ ...
デイジー アナザー・バージョン (Addicted to the Movie and Reading!)
■ テアトル新宿にて鑑賞デイジー アナザー・バージョン/DAISY 2006年/韓国/110分 監督: アンドリュー・ラウ 出演: チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ 公式サイト ある組織の殺し屋、パクウィが初めて人を殺した日に出会った女性、ヘ ...
デイジー (まつさんの映画伝道師)
第467回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人との出会いは「偶然」でありながら「必然」であるといわれる。  その出会いが「男女」によるものであれば、それは時に「運命の出会い」として「恋愛劇」を転がしてゆ ...
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
『デイジー』(2006)/韓国 (NiceOne!!)
韓流づいている今年の映画レビューですけど、これは今年前半の韓流のトリになりそうですね。さ~~来ました、『デイジー』ですよ♪**********************『デイジー』(2006)/韓国監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ ...
デイジー アナザー・ヴァージョン (シネマ de ぽん!)
デイジー アナザー・ヴァージョン公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆
テイジ (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノ ...
TAKE 41「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第41回目は「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」です。 この作品は掲載するかどうか最後まで悩みました。 1回観ただけではストーリーも心理描写を理解するのがとても難しかったからです。 でもTSUTAYAで「デイジー(ANOTHER VERSION)」...
映画『デイジー アナザーバージョン』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Daisy なるほどいいね・・全編切なさが滲み出ている・・最初に観たインターナショナル・バージョンでは、有り得ない設定と説明のくどさで純愛に目がいかなかった・・ こちらのほうが物語も分かりやすく、ヘヨンの切ないラブストーリーが際立っていて・・...
デイジー アナザー・バージョン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「デイジー アナザー・バージョン」は、タイトルの通り「デイジー」の暗殺者のパクウィ(チョン・ウソン)の視点で描いた別バージョンです。  わざわざ別バージョンがリリースされているぐらいだから、ちょっと違った側面が観れるのかな~?だって、そりゃ...