水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

無い物ねだりの主人公。『ハンサム★スーツ』

2008-11-08 12:00:00 | 映画【は行】
ブサイクで女性にモテない男性が
ハンサムな男性に変身できるスーツを着て
違った生活を送る物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白い映画


●以下ネタバレがあります●


奇しくも、先日詐欺容疑で逮捕された
小室哲哉の手がけた「My Revolution」が
テーマ曲になっているこの映画。

彼もヒットメーカーとして、
超売れっ子プロデューサーだった頃は
散々もてはやされ、
その表面的な魅力に周囲が食いつき、
取り巻きが多かったそうです。

ところが彼の人気も廃れ、ヒット曲にも恵まれず、
挙句の果ては過去の栄光を餌に詐欺を働いて
犯罪者になってしまい、
表面的に良い所がなくなってしまった今では、
過去に彼の世話になって売れたタレントですら
関わりを持ちたくないというかのように
コメントも出さないという
なんとも皮肉な現実です。

小室哲哉の場合は
栄光を手にした側からの転落ですが、
今回の映画は、
女の子からは見向きもされなかった
見た目ブサイクな男性が
ハンサムな容姿になる事で
モテモテな生活を手に入れる物語でした。


母親の代から営業している定食屋を
切り盛りしている大木琢郎(塚地武雅)は、
母の亡き後も味や値段もそのままで
店を受け継いでいます。
優しくて料理上手で明るい琢郎は、
男性客からは人気があるのですが、
ブサイクで太っているという見た目のせいで、
女性からは全くモテません。
そんなある日、琢郎の店に
アルバイト募集の貼り紙を見て
寛子(北川景子)がやってきます。
若くて可愛らしい寛子を見た琢郎は
ブサイクな自分は嫌がられるに違いないと思い、
一旦は採用を断りますが、
目の前でクシャミをする琢郎から
寛子が逃げなかった姿に感動し、
不採用を撤回します。
店で働き出した寛子は店の人気者になり、
琢郎も彼女に恋をして自分の気持ちを告白しますが、
寛子は店を立ち去ってしまいました。


この映画を一言で言い表すならば、
去年の12月に劇場で観た韓国映画
『カンナさん大成功です!』
男性版といった感じです。

どちらの映画も、
見た目の悪かった人間
美しい容姿を手に入れる事
全く違った待遇の生活を体験する様子が
とても面白く描かれていました。

ただ、『カンナさん大成功です!』
今回の映画の大きな違いを挙げるとするならば、
無い物ねだりの二人主人公だった
という事でしょうか・・・。

ブサイクな琢郎は、
どんなに性格が良くても、
その見た目の悪さのせいで、
自分の中身を知ってもらう以前の段階で、
女の子からは受け入れてもらえないという
大きなトラウマを抱えていました。

一方、容姿端麗の寛子は、
琢郎からの愛の告白である
「寛子ちゃんは、とってもベッピンさん」
「目が好き」「鼻が好き」「唇が好き」「耳が好き」
という、外見だけの褒め言葉に幻滅し、
店を出て行ってしまいます。

見た目の悪い琢郎にとっては、
これ以上の褒め言葉はないと思って
口にした言葉でしたが、
人の外見よりも中身を大切に思っている
寛子にとっては、
自分の中身を見てもらえない事
ガッカリしてしまう言葉でした。

人間年齢的に成長する事により、
様々な価値観を身に付けていく動物です。

犬や猫などの本能重視で生きる動物と違って、
見た目を気にする動物でもあり、
だからこそ、
鏡を見て自分の姿をチェックしたり、
髪型や洋服も個々の意思により
人それぞれになっていきます。

なので、見た目で判断されるのは、
ある程度、仕方の無い事だと思うのですが、
各々の持つ価値観により、
何に対して重点を置くは様々です。

生身の生き物である限り、
誰もが平等
時間の流れと共に年齢を重ね続け、
どんなに若くて美しい人間であっても、
見た目は確実に変化し老化します。

人に好感を持たれる見た目
大切な事だと思いますが、
人格を持つ人間にとっては、
それが全てでは無い事も事実です。

結局、人を何で判断するかは、
その人次第という事なのかもしれませんが・・・。


【2008年11月5日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰だって、人生はしんどい。... | トップ | 好きな人の好きなモノを好き... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人はそれぞれ (たまさん)
2008-11-08 14:59:48
こんにちは。TBどうもです。
うちも小室の事とカブって見てました。映画の記事にしようと思ったのですが、元々はTM時代のファンなので、簡単にはまとめあげられずに別エントリにまわした所存です。
そうそう、カンナさんとよく作風が似てるなーと思いました!ファッションショーのシークエンスとかも。

各々の人格からくるフィーリングは内面・外見含めて人それぞれ、これが生涯のパートナーとなるとまた違ってきますよね。
こんにちわ (にゃむばなな)
2008-11-08 16:06:25
この映画は本当に男心を分かってくれている映画でしたよ。
バスの中で、街中で、男なら一度はあんなことを経験したいもの。

女性が男性の顔で痴漢容疑を掛けるのは現実によくあることですからね。
私も何度睨まれたことか・・・。
コメント返信 (テクテク)
2008-11-08 18:32:57
>たまさんさま
こんにちは
この映画の感想をUPしてから、
私も色々な方の感想を拝見しましたが、
私達のように小室事件と重ねて感じられている方も
少なくないようです

私もTMNがデビューした時や
渡辺美里の曲を手がけていた小室哲哉には
とてもカッコ良くてスマートなイメージを持っていただけに、
今回の事件は残念でなりません…

映画の内容としては、
やはり「カンナさん」とテーマが同じですし、
美しくなった主人公が巷で人気者になり、
メジャーデビューしてチヤホヤされながらも
大きなステージ上での心境の告白もありますから、
確かに似ていますよね

人間を外見で判断するかどうかは、
やはり個々の価値観によって違うと思いますが、
生活を共にするパートナーや親友には
外見の良さ以上に、
相性の良さが第一だと私も思います


>にゃむばななさま
こんにちは

>バスの中で、街中で、男なら一度はあんなことを経験したいもの。

20年くらい前に、
バービーボーイズのコンサートに行った時、
ボーカルのコンタがMCで
「男の願望は女にモテまくり、女ったらしになる事
と言っていたのを思い出しました
これは、嘘ではなかったのですね…

世の中にはブサイクを売りにして人気者になった芸人もいますから、
外見だけで人生の良し悪しが決まる事はないと思いますが、
その人が遭遇する境遇の違いにより、
それをどう受け止めるかも変わってくるような気がします

琢郎の場合は、
見ず知らずの人たちから痴漢と決め付けられましたが、
彼をよく知る友人は冤罪を信じて疑いませんでした

もしも私が琢郎だったら、
痴漢呼ばわりした人に対する「怒り」よりも、
自分を信じてくれる友達への「有難さ」の方が
気持ちの中では勝つと思うので、
自暴自棄にならないような気がします

二度と会わないような人の誹謗中傷よりも、
長く付き合いの続く友人の励ましの方を
心に残しておきたいモノですよね

人の顔には目、鼻、口などのパーツだけでなく
内面を表す「人相」というモノも含まれると思いますから…
こんばんわ。 (michi)
2008-11-08 20:35:30
TBありがとうございます。
ヒロコちゃんの悩み、なんて贅沢なんだ!と思いつつ、谷原さんの言動や、琢郎の奮闘には終始笑わされました。

人の顔には、人柄が絶対に表れていると思うので、
そういった意味では見た目も大切だと思うんですよね。
身だしなみ(清潔感)とか、話し方とか、食べ方とか 笑!

>人を何で判断するかは、その人次第・・・

私もそう思います!
それと、これは私の偏見なのかもしれませんが、造形的にどうの・・・ということを重要視して付き合う相手を選ぶような人は、恋人だけでなく上司、友人とも、文字通り中身の無い付き合いになる気がします。
コメント返信 (テクテク)
2008-11-09 00:24:01
>michiさま
こんばんは
確かに寛子ちゃんの悩みは贅沢なのかもしれませんが、
彼女からしてみれば、
もしも顔に大怪我を負った場合、
自分の容姿を愛してくれた人にとっては
その価値が失われるわけで…
そう考えると、やっぱり嫌だったのかもしれませんね

おっしゃられている通り、
人は顔立ち意外でも立ち振る舞いや仕草など、
様々な部分で人間性が現れると私も思います

人間には心があるのですから、
顔立ちなどの造形的な外見だけで
人を判断するのは私も共感はできません

顔立ちやスタイルの良さだけが全てならば、
心を持たないバーチャルな世界や
フィギュアだけでも十分だと思いますから
生身の人間は用なしですよね…
1割を理解する事ができるかどうかでしょうね (PGM21)
2008-11-09 00:56:02
何時もお世話になっております。

逮捕前に鑑賞しレビューしたので事件については触れておりませんが事件後に鑑賞したら違った感想になったかもしれません。
殆どの人がコメントを出さないのはそれだけ彼を嫌っているという事でしょう。
実際にそのような趣旨を昔ある筋からもう一緒に仕事したくないと聞いて知っていたので・・・

人の外見は9割で決めるという位ですからなかなか人を判断するに話してみないとわからないという事を表現した作品ですよね。
同じフィールド(失礼ですかね?)に立って初めて分かり合えるというのも現実なんでしょうね。
そう考えるとBlogやSNSならそういう差別はありませんよね。
北川景子さんも実際に自身が美人過ぎる事で自分の中身を見てほしいと思っているぐらいですから、美人過ぎても悩みは尽きないですね。
どちらでもない方が1番無難という事なんでしょうね。
コメント返信 (テクテク)
2008-11-09 10:53:14
>PGM21さま
こんにちは

>殆どの人がコメントを出さないのは
>それだけ彼を嫌っているという事でしょう。

…そうなんでしょうかねぇ
これはあくまで私の推測ですが、
かつて小室哲哉が手がけたタレントの所属事務所側が
商品であるタレントを小室哲哉と過去に関わった事で、
世間に悪い印象を与えたくないと考えているので、
コメントを出さないのではないかと…

タレントは「イメージ商品」なので
クリーンさが大切ですからね

>実際にそのような趣旨を昔ある筋から
>もう一緒に仕事したくないと聞いて知っていたので・・・

小室哲哉に限らず、誰でもそうだと思いますが、
全ての人に好かれる人間なんて
この世に存在するのでしょうかね

勿論、彼の事を嫌っていた人もいるのでしょうが、
犯罪者になった今でも、彼の才能を認めて好感を持っている人も
少なからずいると思います

二度と一緒に仕事をしたくないと思っている人もいれば、
彼の才能を認めて復活を信じている人もいるのではないでしょうか
ちなみに私は、小室哲哉の信者ではありませんが…

映画の話に戻りますが…
今回の映画はブサイクの琢郎と美人の寛子、
二人ともが自分の持つ外見のせいで
内面を見てもらえないという悩みを抱えていました

でも実際には、
寛子はブサイク男であっても琢郎に好意を寄せていて、
それは彼の内面に惹かれていたからでした

琢郎もまた、ブサイク女の本江と接する事で、
かつて愛の告白をした寛子の美しい外見にではなく、
彼女の内面に好感を持ちました

つまりは、自分で自分の事を勝手に決め付けたり、
自分を卑下する一方的な思い込みは
自分の幸せを遠ざけるという事なのかもしれませんね

見た目の良し悪しは、
あくまでも表面的な事でしかありませんが、
それを他人からどう評価されるのかは、
人それぞれの価値観によって違いますし、
自分の思い通りに他人が評価してくれるとは限りませんから…

でも、自分の気の持ちようは自分次第ですから、
何事も極端にならず、ほどほどが一番イイのではないでしょうか
こんにちは♪ (ミチ)
2008-11-10 21:08:24
たかが見た目、されど見た目、なんですよね。
誰もが中身が大切とはわかっているのだけど・・・。
超美人とか超ハンサムはごく一部なのですから、あとは人に嫌な気分を与えないようにせめて身奇麗にしておくのが最低条件ですよね。
化粧で化けるという意味では女性の方がお得かな?
コメント返信 (テクテク)
2008-11-10 22:26:22
>ミチさま
こんにちは
たかが見た目、されど見た目…
確かに、それを商売にしているモデルやタレントもいますし、
特にアイドルは見た目やイメージが全てですよね

そういえば、過去に不思議な事があって、
私の身近で実際にあった出来事なのですが、
中学校の時の同級生の男の子で
当時は全くモテなかった普通の子が
高校に進学してから何故かモテまくったという
伝説があります
なんであの子がモテたのか…今でも不思議です

それとは別のエピソードで、
私が高校生の時、地元の自動車学校に通っていて、
中学時代の同級生と顔を合わせていたりしたのですが、
やはり中学生の時は全くモテなかった男の子が
教習に来ていた女の子の間では大人気でした

「私、あの子と同じ中学で同級生だったよ
と女の子たちに教えてあげたら、
話しかけてくれと頼まれて、嫌々話しかけた記憶があります

中学校を卒業したら、何故か女の子にモテていた男子たちは、
全然変わり映えしてなかったし、
どう贔屓目に見ても、
私の目にはカッコ良くは見えなかったけど…
人の美的感覚とは不思議ですよね

男性よりも女性の方が
大人になると変わり映えすると思うのですが、
中学時代の女子の驚きエピソードは無いという、
これまた不思議な話です
Unknown (たーくん)
2008-11-21 12:48:20
私も同じTOHO市川で映画の日に観賞しました。
実際、見た目は重要ですがそれだけではすぐ終わってしまいますもんね。
笑ってうるっときて思った以上に楽しめましたね^^

コメント返信 (テクテク)
2008-11-21 12:58:45
>たーくんさま
こんにちは
おおっそうでしたか

「TOHOシネマズ市川コルトンプラザ」は
私のホームグラウンドとも呼べる劇場なので、
もしかしたら劇場のどこかで
すれ違っているのかもしれませんね

ところで…
この映画は純粋に楽しめる作品でしたよね

映像的には面白いシーンも、悲しいシーンも
オーバー過ぎるくらいの表現がされていましたが、
ストーリーはしっかりしていましたし、
後味も悪くなかったので、
疲れている時でも元気をもらえそうな映画でした
気分転換にも最適です
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-21 23:35:56
TB有難うございました。
男の憧れ、”ハンサム”。
誰もがもてたいけど、そんな願望を叶えてくれる
”ハンサムスーツ”
外見だけでなく、中身が大切・・・
綺麗事ではなく、そんな事を気付かせてくれる
映画でしたね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメント返信 (テクテク)
2009-06-22 07:12:50
>シムウナさま
こんにちは
歳をとれば確実に衰えてしまう容姿よりも、
年齢に関係なく美しくあり続ける心を
いつまでも大切にしたいと思える作品でしたよね

勿論、外見的な美しさに惹かれてしまう気持ちも分かりますが、
外見と同時に内面も磨く事が大切だと思います
逆なんですよ。 (間諜X72)
2016-02-02 20:05:43
星野寛子(北川景子)がスーツを脱いだら橋野本江(大島美幸)と言う展開を期待しながら見ていましただから、結末はガッカリしましたね・・・

>人に好感を持たれる見た目は大切な事だと思いますが、
人格を持つ人間にとっては、それが全てでは無い事も事実です。

テクテクさんが仰る通りです

何でもいいけど、この映画の脚本が鈴木おさむさん。
彼の奥様が大島美幸さん。
「交際0日で結婚」いいですねまさに生涯の伴侶を得たんですね
コメント返信 (テクテク)
2016-02-02 22:41:15
>間諜X72さま
こんにちは
鈴木おさむさんと大島美幸さんは憧れる夫婦像ですよね
大島美幸さんは出産してからテレビへの露出が
うーんと減りましたが家庭を大切にしている証拠だと
私は思っています

多くの芸能人の夫婦の場合、
奥さまがメディアへの露出が多くなってきたなー
と思っていると離婚しちゃうケースなので
奥様が仕事をセーブしているという事は
結婚生活が充実しているという事なのでしょうね
Unknown (間諜X72)
2016-02-05 00:31:53
>優しくて料理上手で明るい琢郎は、男性客からは人気があるのですが、ブサイクで太っているという見た目のせいで、女性からは全くモテません。

僕の周囲でも、そう言う男性がいます。
お人好しで、彼のアパートには男友達や同僚がしょっちゅう遊びに来るだけど、彼は彼女いない歴=年齢みたいな・・・
彼が結婚していれば、いい旦那&お父さんになるのにね・・・

>大島美幸さんは出産してからテレビへの露出がうーんと減りましたが家庭を大切にしている証拠

なるほど幸せな家庭を築いて欲しいです

>各々の持つ価値観により、何に対して重点を置くは様々です。

僕は性格が悪い女性は絶対に嫌です
そして、いかにも「私は美人」みたいに思ってる女性。
コメント返信 (テクテク)
2016-02-05 20:59:32
>間諜X72さま
こんにちは
今は「結婚」という事に執着する時代ではなくなってしまったので
結婚しない若者も随分と増えましたよね

私が20代の頃は
30歳で結婚していない男性なんてありえないって
世間からは思われていましたし
女性はクリスマスケーキと同じで24歳までは飛ぶように売れる
25歳も終わりに近づけば叩き売りされるほど価値が下がる
よく揶揄されたモノですよ…

人間は人の見た目に惹かれがちですが
歳を取れば見た目は誰でも劣化します

夫婦に限らず友人であっても
自分と向き合う相手が劣化しない心を持っているかを
自分自身が見抜けるかどうかという事が
幸せな人間関係を継続させる秘訣なのかもしれませんね
1990年頃? (間諜X72)
2016-02-11 23:39:58
>女性はクリスマスケーキと同じで24歳までは飛ぶように売れるが
>25歳も終わりに近づけば叩き売りされるほど価値が下がると

そう言う時代がありました20代後半女性が「行かず後家」と言われていました。しかし今はそれどころではない

>自分と向き合う相手が劣化しない心を持っているかを
自分自身が見抜けるかどうかという事

その通りです。心が劣化悲しいです。
自分の口から「私はお人好し」とか「生き方が下手、要領が悪い」と言う人も要注意です。

>小室哲哉の場合は栄光を手にした側からの転落ですが

「俺は今こんなに絶好調だ
そう言う人はいずれは足を引っ張られます
コメント返信 (テクテク)
2016-02-12 21:37:19
>間諜X72さま
こんにちは
この30年で世間の価値観は随分と変わったような気がします

結婚するのに仲人を立てない事も今は普通ですし
結婚式をしないカップルも増えました

入籍前から一緒に暮らすカップルも不思議ではないですし
良く言えば形式に囚われずオープンになったって事なのでしょうね

最近では自分の権利ばかりを主張したり
自分から弱者アピールをして
周囲から助けてもらう事を当たり前のように思う人も
少なくないような気がします

自分の事を過信する人も嫌ですが
自分の事を露骨に可哀相アピールする人も苦手です…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「ハンサム★スーツ」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 23日「ハンサム★スーツ」@TOHOシネマズ川崎スクリーン3 客入りはほぼ満席で小学生位のお子さんや女子高生など若い客層だ。今回はTOHOシネマズさんのお招きです。 映画の話 定食屋を営む大木琢郎(塚地武雅)は優しくて料理上手にもかかわらず、ブサイク...
映画「ハンサム★スーツ」を観ました!!(2008-18) (馬球1964)
映画「ハンサム★スーツ」を観ました!!2008年の第18作目です。
[映画『ハンサム・スーツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私がかなりショックを受けた傑作『ラブ☆コン』系列の作品である。  不細工な男が、「洋服の青山」が開発した「イケメン着ぐるみ<ハンサム・スーツ>」を装着し、新しい世界を経験し、それまでの自分の生活半径での幸福を再発見する物語である。  そう、幸せは身近...
☆ハンサム★スーツ(2008)☆ (CinemaCollection)
着ればハンサム!着れば、ハッピー?泣いて笑って元気になる、スーパードリーム・エンターテイメント!作国日本公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2008/11/01映時間:1時間55分ジャンル コメディ【解説】身に纏うとハンサムになれるスーツを手に入れたこと....
映画『ハンサム★スーツ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
天才ですね、よくこんな面白い映画をつくれたもんだと感心します。久しぶりに笑えまし
ハンサム★スーツ (塚地武雅&谷原章介&北川景子) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆塚地武雅さん(のつもり) ◆谷原章介さん(のつもり) ◆北川景子さん(のつもり) 映画『ハンサム★スーツ』に、塚地武雅さんは大木琢郎 役で、谷原章介さんは光山杏仁 役で、北川景子さんは星野寛子 役で出演しています。 映画サービスデーである1日に劇場に観に行っ...
ハンサム★スーツ (Yuhiの読書日記+α)
11/1(土)劇場公開の「ハンサム★スーツ」の試写会へ行ってきました♪あの鈴木おさむが脚本とのことでかなり笑える映画になる予感がしていましたが・・・。出演は、谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、大島美幸(森三中)他。 <あらすじ> 母親の残した定...
『ハンサム★スーツ』 (めでぃあみっくす)
いい意味でも悪い意味でも期待を見事に裏切ってくれた、見終わった同時に元気になれる映画。そして思わず「My Revolution」を口ずさみたくなったり、洋服の青山にマシュマロマン型スーツを探しに行きたくなる映画でもありました。世代的に懐かしいネタが満載で、最後は「...
「ハンサム★スーツ」 他人の小さな幸せを見つけて前に進もう (はらやんの映画徒然草)
昨年公開された「カンナさん大成功です」の男子版といったところ? 「ハンサム★スー
「ハンサム★スーツ」見た目だけでは幸せになれない事を知ったハンサムライフ (オールマイティにコメンテート)
「ハンサム★スーツ」はブサイクで食堂を営んでいる店長が、ある日突然着たスーツでハンサムとなり人生が一変するが、そのスーツを着た事で大切な事も知っていくストーリーである。現実にこのようなスーツがあれば良いかもしれないが、だからと言って性格や中身まで変えら...
ハンサム★スーツ (だらだら無気力ブログ)
身に纏うとハンサムになれるスーツを手に入れたことで、今までに 味わったことのないハンサムライフを満喫するブサイク男の姿を描く コメディ。母親から引き継いだ定食屋を営む大木琢朗は、優しくて料理上手で 男性受けはいいものの、肥満とブサイクな容姿から女性から全...
ハンサム★スーツ/谷原章介、塚地武雅 (カノンな日々)
予告編からしてかなり期待感ワクワクな作品ですよね。ワタシ的にはクドカンよりアタリ率が高いと思ってる鈴木おさむの脚本ですし、予告編には思わずキュンとなりそうな台詞もあったりして楽しみにしてましたヨ。 出演はその他に、北川景子、佐田真由美、池内博之、大島...
ハンサム★スーツ (08’F=6本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 特別協賛:洋服の青山の2時間CMと捉えれば楽しいかな
ハンサム★スーツ (Diarydiary!)
《ハンサム★スーツ》 2008年 日本映画 ブサイクで今まで何人もの女性に振られ
ハンサム★スーツ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
底が浅いコメディで、映画というより長いコントを見ているよう。男だってルックスが命とばかり外見を気にして二枚目になろうとするブサイクな主人公のラブ・コメディだ。腕のいい料理人で心優しい琢郎は、着るとハンサムになれる不思議なスーツのおかげで人生が激変する。...
『ハンサム★スーツ』 (・*・ etoile ・*・)
'08.10.20 『ハンサム★スーツ』(試写会)@ニッショーホール バカ映画の予感がしてyaplog試写会に応募。当選した。 「定食屋を営む大木琢郎。料理の腕は良く、心優しい好青年。だけどブサイク。33年間女性にフラレてばかり。バイト募集に応募してきた寛子。美人で性...
「ハンサム★スーツ」みた。 (たいむのひとりごと)
「えー、でも、それじゃあ寛子ちゃんは?...」と思いかけたが、なんてーことはなかった。オチまで含めてみーんなハッピーなエンディングってのは良いよね[E:happy01] 全体的にマンガちっくでリアリテ
映画 『ハンサム★スーツ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆ブサイクゆえにモテない人生を歩みながら、偶然出会った“ハンサム・スーツ”を着てハンサム男に変身した主人公の姿を描くラブコメディー。「ブスの瞳に恋してる」の人気放送作家・鈴木おさむがオリジナル脚本を手掛け、CMディレクター英勉が長編初監...
ハンサム★スーツ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/11/01公開(11/03鑑賞)製作国:日本監督:英勉出演:谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、池内博之、大島美幸、本上まなみ、ブラザー・トム、温水洋一、中条きよし、伊武雅刀 レッツ、ハンサム!! もう世の中のハンサムはこのスーツ着てるのかもと疑っ...
【試写会】ハンサム★スーツ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】英勉 【出演】谷原章介/塚地武雅/北川景子/佐田真由美/大島美幸/池内博之/本上まなみ/佐々木希/山本裕典/ブラザートム/温水洋一/中条...
ハンサム★スーツ       試写会 (レンタルだけど映画好き)
レッツ、ハンサム! 人生を変える夢のスーツ、あります。 2008年 日本 11月1日公開 監督 英勉 出演 谷原章介/塚地武雅/北川景子/佐田真由美/池内博之/大島美幸/本上まなみ/佐々木希/山本裕典/伊藤明賢/住田隆/ブラザー・トム/中条きよし/伊武雅刀 脚本 鈴木お...
谷原さんと塚地が同一人物に!?“レッツ、ハンサム♪”☆ 『ハンサム★スーツ』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
観たいとは思ってたけど、実はあんまり期待はしてなかった本作。 ところがどっこい、面白くって琢朗を演じた塚地が冒頭で見せるブサイク顔の、ドアップから始まって、最後までほとんどずっと笑いっぱなし! こんなに笑った作品は久し振り~~~♪(*^_^*) この琢郎さ...
ハンサム★スーツ (ネタバレ映画館)
渡辺美里の「My Revolution」がメインで、久保田、米米、佐野元春、プリプリ・・・と、バブル期のJ-POPオンパレードだったが、バブルガム・ブラザーズの曲は登場しない。
★「ハンサム★スーツ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
昨日の金曜ナイトショウに続き、連夜の鑑賞。 もちろん1ケ月フリーパス使ってるから、タダだけど。 ブサイクな塚地がハンサムスーツ着て、谷原章介になっちゃう話だよねーー。
『ハンサム★スーツ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ハンサム★スーツ」□監督 英勉 □脚本 鈴木おさむ □キャスト 谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、大島美幸、ブラザー・トム、温水洋一、池内博之、本上まなみ、中条きよし■鑑賞日 11月1日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの...
映画 【ハンサム★スーツ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハンサム★スーツ」 放送作家・鈴木おさむのオリジナル脚本をCMディレクター英勉が長編初監督。 おはなし:定食屋を営む大木琢郎(塚地武雅)は優しくて料理上手にもかかわらず、ブサイクなため33年間彼女がいない。ある日、紳士服店を訪れた彼は店長から1...
『ハンサム★スーツ』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
2008年/アスミック・エース/114分 【オフィシャルサイト】 監督:英勉 出演:谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、大島美幸、温水洋一、池内博之、本上まなみ、佐々木希、山本裕典、ブラザートム、中条きよし、伊武雅刀
試写会 「ハンサムスーツ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
先週末、ケーブルテレビのオンデマンド試写会があったのですが ちょうど見逃してしまっていたところ、試写会の当選のはがきがラッキー★ 上...
【ハンサム★スーツ】小さな幸せ貰える映画 (映画@見取り八段)
ハンサム★スーツ 監督: 英勉 出演:  塚地武雅、谷原章介、北川景子、大島美幸、佐田真由美 公開: 2008年11月 とにかく、上映中ずっと...
『ハンサム★スーツ』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテ...
ハンサム★スーツ (心のままに映画の風景)
母親の残した定食屋を継いだ琢郎(塚地武雅)は、 ブサイクでフラれっぱなしの人生だが料理の腕前は天下一品の心優しい男。 ある日、清楚...
ハンサム★スーツ(日本) (映画でココロの筋トレ)
cat tail☆さんの10月のランキングで1位 なんだもん。 気になるっつーの! ということで「ハンサム★スーツ」観ました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、池内博之、大島美幸 上映時間:115分  ブサイク...
ハンサム★スーツ (週末映画!)
期待値: 95% 鈴木おさむ脚本のコメディー。 出演 谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、池内
ハンサム★スーツ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ブサイク男がハンサムに変身!?夢炸裂の感動ムービー! 「もしも、ハンサムになれたら・・・」誰もが一度は夢見るそんな妄想が、映画になって登場!__ハンサムになれば本当に幸せになれるのか?・・・。 物語:庶民的な食堂“こころ屋”を営む大木琢郎(塚地武雅...
ハンサム★スーツ (Yuhiの読書日記+α)
11/1(土)劇場公開の「ハンサム★スーツ」の試写会へ行ってきました♪あの鈴木おさむが脚本とのことでかなり笑える映画になる予感がしていましたが・・・。出演は、谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、大島美幸(森三中)他。 <あらすじ> 母親の残した定...
ハンサム★スーツ (いろいろと)
久々に映画ネタです。観る本数はかなり減ったけど定期的に鑑賞はしています。 脚本・
『ハンサム★スーツ』@TOHOシネマズ (たーくん'sシネマカフェ)
6月にこの「ハンサム★スーツ」のチラシを見つけ気になっていましたが。「何でハンサム?イケメンじゃないのか?」って。その答えは観ればわかります☆つい最近、有楽町駅前で試写の前にいろいろ配っていてもらってみると、新橋の青山が新装オープン!+景品や割引きクー....
ハンサム★スーツ (メルブロ)
ハンサム★スーツ 232本目 2008-38 上映時間 1時間55分 監督 英勉 出演 谷原章介 塚地武雅 北川景子 中条きよし 伊武雅刀 ブラザートム 温水洋一 佐田真由美 大島美幸 池内博之 本上まなみ 会場 TOHOシネマズ府中 評価6点(10点満点)  ブサ...
“レッツ、ハンサム”人生を変える、夢のスーツ!? (銅版画制作の日々)
まさか?うそっ~!そんなスーツあるわけないじゃん ところがあるんですよね。ほんまに騙されたと思って、そのお店に行きましょう レッツ、ハンサムイェ~~ 11月16日、MOVX京都にて鑑賞。今回は仕事で利用者さんと一緒に行きました。彼女はお笑いが大好きな人、ド...
ハンサム★スーツ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:英勉 脚本:鈴木おさむ 大木琢郎33歳、自他共に認めるブサイク。母が残した定食屋を切り盛りする毎日。母の味を守り続け、毎日常連客でにぎわっている彼の店に、ある日アルバイト志望の凄い美人が現れて・・・。 谷原章...
ハンサム★スーツ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ドイツ出張の際にJAL国際便の中で観た4本のうちの1本である。あと3本は何を観たの忘れてしまったり、途中で観るのを辞めたりで、ほとんど記憶がないのだが、本作だけはしっかり覚えいる。つまり記憶に残る楽しい作品だったのであろう。  ひとは姿形では...
No.184 ハンサム★スーツ (気ままな映画生活)
男の夢、それは、”ハンサム”な顔でもてたい!! 自分の姿を鏡を見て、あぁ~ハンサムだったらなぁ 女の子にもてたのに~。 そんな願望を持っている人は多いだろう。
ハンサム★スーツ (mama)
2008年:日本 脚本:鈴木おさむ 監督:英勉 出演:谷原章介、塚地武雅、北川景子、佐田真由美、佐々木希、山本裕典、ブラザー・トム、温水洋一、中条きよし、伊武雅刀、伊藤明賢、住田隆、大島美幸、池内博之、本上まなみ 定食屋を営む心優しい琢郎は、自分はブ...
『ハンサム★スーツ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ハンサム★スーツ ブサイクな定食屋のオヤジが”洋服の青山”で ハンサムに変身出来るスーツをGET これまでと180度違った人生を歩み始めるが.....
映画&TV『ハンサムスーツ』 (~yatsufusa~)
『ハンサムスーツ』 2008年11月公開作品。 放送作家・鈴木おさむ氏が脚本を手掛け、 CMディレクター英勉が長編初監督を果たした作品。 ハンサム男には谷原章介、 ブサイク男にはドランクドラゴンの塚地武雅が演じる。 そのほか北川景子、佐田真由美、大島美幸ら多彩な顔...
ハンサム★スーツ (Blossom)
ハンサム★スーツ 監督 英勉 出演 谷原章介 塚地武雅 北川景子     佐田真由美 池内博之 大島美幸     本上まなみ 佐々...
「ハンサム★スーツ」心の美人 (ノルウェー暮らし・イン・London)
王道の「人間 顔じゃない」という古典的テーマを、どこまで面白く斬新にみせてくれるか、ここが勝負どころとなっているわけで。 AERAのコラムでも、モデルと浮名を流した自分が選んだ奥さん(お笑いの「森三中」の大島)が、いかに可愛いかを語っているこの映画の脚...