水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

それでも闘う理由がある。『レスラー』

2009-06-18 00:00:00 | 映画【ら行】
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 人間の生き様を考える映画



●以下ネタバレがあります●


私はプロレスやボクシング、
流血したり痛そうな格闘技を観るのが苦手です。

先日、現役プロレスラーが
試合中に亡くなったニュースを聞いた時も
打ち所が悪かった事故にせよ
そこまでしてリングに上がる気持ちが
ちょっと理解出来ませんでした。


そんなタイムリーな時に観たのがこの映画。


格闘技に苦手意識のある私でさえも
試合に命を懸ける現役レスラーの気持ちを
この映画から教えてもらったような気がしました。



20年前、伝説と呼ばれるほどの試合をし、
大人気だったプロレスラー
ラムことランディ(ミッキー・ローク)は、
50歳を過ぎても現役プロレスラーを続け
リングに立っています。

しかし身体の衰えと同様に人気も衰え、
手にするファイトマネーも微々たるものです。

それでもプロレスを続ける為、
彼はトレーラーハウスに一人で住み、
平日の昼間はスーパーマーケットでアルバイトをし、
地道にトレーニングをする毎日を送っています。

ハードな試合で生傷の耐えないランディは
鎮痛剤など様々な薬を服用しながら
身体の痛みを堪えて試合に出ていましたが、
ある日の試合終了後、
突然心臓発作を起こして控え室で倒れてしまいます。

心臓のバイパス手術を受け一命を取り留めたランディは
医師からこれまで常用していた薬を止める事と
プロレスのような激しい運動を止めるよう言われます。



この映画を観る前、
私はてっきり『ロッキー・ザ・ファイナル』のような
復活劇を描いた作品なのかと思いましたが、
想像していたのとは少し様子が違いました。

『ロッキー・ザ・ファイナル』では
ロッキーの家族が彼の復活を支えますが、
今回の映画はそうではありませんでした。

劇中に登場するランディは、とてもイイ人です。

体当たりしてはしゃぐ子供たちには優しく、
ファンから求められるサインにも丁寧に応じ、
プロレス仲間からも熱い信頼がありました。

その一方、プロレスに力を注ぎすぎた為に
実の娘に愛情を注いで育てる事が出来ず、
プライベートでは
家族のいない一人の生活を送っています。

プロレスさえあれば
他には何も求めない彼でしたが、
心臓を患い、身体の限界を痛感した事で
一人きりになってしまった自分の人生を振り返り、
失ったモノを取り戻そうと努力します。


しかし彼にはそれ以上
どうしても失う事が出来ない
大切なモノ
がありました。


プロレスを引退する事で
心に空いた穴を埋めようにも、
それに代わるモノを見つける事が出来ず、
正直過ぎて不器用で、
自分の心を偽る事がどうしても出来なかったランディ。



「現実の世界の方が俺には痛いんだ・・・。」



試合前、彼が愛した女性に向かって言った
この言葉は本心で、
リング上でのマイクパフォーマンス
彼の心の叫びでした。

最後に客席へ目を向けた時、
そこに彼女の姿がなかった事
ランディは心置きなく
飛ぶ事が出来た
のでしょう・・・。

どんなに身体を傷つけても、
生死を懸けた試合であっても、
それでも彼には闘う理由がありました。

リングに上がれないのなら
死んだも同然と言わんとばかりに
力を振り絞って立ち上がる彼の姿
『ロッキー・ザ・ファイナル』とは
ほど遠い孤独感があり、
どちらかといえば尊厳死を描いた映画
「ミリオンダラー・ベイビー」に近いモノを感じました。


【2009年6月17日(水)ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本のSFアニメの原点かも・・... | トップ | 彼女も戦争の被害者。『愛を読む... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラストシーン (rose_chocolat)
2009-06-18 07:49:35
人によっていろんな解釈があるんでしょうね。
謎のラスト? ですが、それでも何だかほんわかした感じになるのは不思議です。
ランディがこれからもいい人生を送ってくれたらいいなと思わずにはいられません。
コメント返信 (テクテク)
2009-06-18 12:35:07
>rose_chocolatさま
こんにちは
あのラストシーンは意味深でしたよね…

明確なランディの結末を描いていたわけではなく、
その後のストーリーは
映画を観ている側へ委ねられているようで
人によりその捉え方は様々だと思いますが、
私は飛んだ後のランディよりも
あの飛ぶ瞬間のランディが
一番幸せを噛み締めていたような気がします

そこで終わっているからこそ、
観ている側にも悲壮感の残らない
柔らかい気持ちになるラストシーンに
感じられたのかもしれませんね
男の生き様 (にゃむばなな)
2009-06-18 13:45:37
周囲からは「引退しろ」とか「限界だろう」とか散々言われてきたであろうランディが、「それでも」リングに上がり続ける様は男としては凄く格好よかったです。

世代的には大関を陥落してからも相撲を取り続けた霧島関や小錦関を思い出しましたよ。
こんにちは (まりっぺ)
2009-06-18 18:37:26
現実の世界では生きられない。
まさにひとつのレスラー人生ですね。
コメント返信 (テクテク)
2009-06-19 13:04:34
>にゃむばななさま
こんにちは

>世代的には大関を陥落してからも相撲を取り続けた
>霧島関や小錦関を思い出しましたよ。

あー
これ、私も分かる気がします

周囲に何と言われようとも
自分の信念を持って闘い続けるのって、
ある意味、確実に年老いてゆく「自分との闘い」なんですよね

劇中のランディもそうですが、
こんなにも強い信念を持った人って
今の時代、見つけたくても
なかなか見つからないような気がします

だからこそ人間的な魅力を感じて
心惹かれてしまうのかもしれませんね
コメント返信 (テクテク)
2009-06-19 13:06:05
>まりっぺさま
こんにちは
劇中でランディが言った
「現実の世界の方が俺には痛いんだ・・・。」
という言葉は
彼の人生の全てを物語っていましたよね

身体の痛みには耐えられても心の痛みに耐えられない…

そんな彼の純粋さというか、
自分の気持ちを誤魔化せない
真っ直ぐな生き方を
私は羨望の眼差しで観てしまいました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
ここでしか生きられない〜『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
レスラー/ミッキー・ローク (カノンな日々)
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬...
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
*レスラー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ “ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、ランディは、ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、...
『レスラー』 (マガジンひとり)
The Wrestler@新橋・ヤクルトホール, ダーレン・アロノフスキー監督(2008年アメリカ=フランス) 人気を集めた80年代のスター時代から、一転して人生のどん底をなめた男、「猫パンチ」ことミッキー・ロ−クが全身全霊を込めて演ずる老残のプロレスラー。ヴェネツィア映...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
レビュー:レスラー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド...
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
レスラー (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
"ザ・ラム"のニックネームで知られるかつては人気を極めたプロレスラー、ランディは、今は落ち目でドサ回りの興行で、何とか、レスラーを続けています。けれど、それでは、生活できず、スーパーでアルバイトをしていますが、それでも、家賃は滞納しがち。ある日...
レスラー (ダイターンクラッシュ!!)
6月16日(火) 19:45〜 TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト 三沢光晴追悼会(会社のオッサン4人。)で痛飲した翌日の鑑賞。 ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキ...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
レスラー     試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引...
『レスラー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分...
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったの...
レスラー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて栄光を味わい、今はすべてを失った男。誰もが避けることのできない老いと孤独、そして愛と葛藤を超え、自分が最も輝ける舞台へ__このギリギリの生きざまが今、熱く胸を打つ! 物語:“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落...
映画『レスラー』 (健康への長い道)
久々の土日連休。昨日は起きたら14:00過ぎ。12時間以上眠った計算になります。でも、夜12:00には睡魔に襲われ就寝。今日は11:00に起床。一体、何時間寝たら気が済むんだか・・・蓮。 さて、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演のミッキー・ロークと相手役...
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
レスラー  THE WRESTLER (映画の話でコーヒーブレイク)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞を始め、アカデミー賞ノミネート、 全世界の映画賞54冠に輝いた今年最高のヒューマンドラマの呼び声高く、 ミッキー・ローク久々の主演映画ときたら見ないわけにはいきません。 その上「王様のブランチ」映画コーナーで、リリ子さん...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
『レスラー』 (源にふれろ)
雑誌の試写会が当たったので夜、出かける。『レスラー』ベネチア映画祭金獅子賞。主演はミッキー・ローク。ミッキー・ロークといえば、なんといっても「ナイン・ハーフ」。あのエッチシーン、何回見たことか。(他のシーン以外、ほとんど覚えてない)そういえば、氷のあれ...
レスラー (メルブロ)
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラ...
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
レスラー★★★★☆劇場79本目:まるでM・ロークの俳優人生と... (kaoritalyたる所以)
そう、80年代には人気絶頂だったミッキー・ロークと同じく、この映画の主人公ランディも80年代はレスラー人生の絶頂期を送っていた‥と解るナレーションがあり、その20年後の試合が終わった後の寂しい背中からストーリーが始まります。体力や人気は衰えたとは言え、...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
[映画][劇場公開]レスラー 70点 (さとうれおはオレだけか)
普通の所では公開が終わっているようですが鴻巣の新しい映画館のオープニング作品ということで見てきました。 アカデミー賞ノミネートということですがミルクもそうだがちょっと退屈。 演技が凄いとかでノミネートされてるような気がしないでもない。スラムドッグ$ミリ...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R−15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...