水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』

2007-10-07 08:40:00 | 映画【は行】
第76回アカデミー賞で
撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、
脚本賞・外国語映画賞など6部門で
ノミネートされた作品です。


映画の評価 ★★★★★ クオリティの高い映画


●以下ネタバレがあります●


私はこの映画の予告編を一度観ただけで、
チラシに映し出された写真と
それ以上の知識を入れずして劇場で鑑賞しましたが、
この映画には度肝を抜かれました!

この映画は
ただの甘ったるい
ファンタジーではありません。


舞台は1944年のスペイン。

フランコ政権下の中、内戦が激化している時代で
偶然にも先日劇場で観た
『サルバドールの朝』と同じ政権時代の物語でした。

しかし今回の映画と『サルバドールの朝』では
決定的な違いがあるのです。

『サルバドールの朝』では
独裁国家に立ち向かう者が
権力により潰される形で終わっていますが、
今回の映画では
ただの悲劇で終わっていません。

確かに
今回の作品はフィクションであり、
『サルバドールの朝』
実在した人物を題材にした作品なので、
根本的に作風は違って当然
なのかもしれませんが、
この映画監督の発想力の凄さには
ただ、ただ、脱帽です。

リアルな独裁政権の様子
描かれていた中にある
現実離れしたラビリンスの世界。

主人公である少女オフェリアに課された
3つの試練に対しても
1つ目は無難にクリアし、
2つ目は誘惑に負けてしまい、
3つ目は拒絶します。

そこには、現実的な人間の姿があり、
彼女の最後の選択は
何が大切なのかをしっかりと物語っています。

見終えた後には余韻が残り、
ストーリーも映像も
凄く良く出来た作品
だったと思います。


【2007年10月6日(土)シネプレックス幕張にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼女の気持ちしか見えないの... | トップ | それを言ってはイカンだろ?... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (motti)
2007-10-07 09:43:40
おっしゃる通り、ミニモイだのチャリチョコだののようなファンタジーじゃないし、LOTRなどともちがう。
スペインの内戦をバックグラウンドとして同時に少女が自分の居場所を求めてもがいていくという悲しい物語。秀逸な映画でした。
今年No.1です!
コメント返信 (テクテク)
2007-10-07 10:41:11
>mottiさま
こんにちは
この映画は試写で観た知人のオススメという事もあって、
公開初日に観に行ったのですが、
もー色んな意味で凄い作品でした
何よりも、この監督の発想力に感心しました
私にとっても、今年No.1候補の作品です

Unknown (オリーブリー)
2007-10-07 15:39:09
テクテクさん、こんにちは。
色々とありがとうございました♪

アカデミーの時から気になっていた作品だったし、事前に何も仕入れないで観にいきました!

ヤラレマシタね(笑)
実に奥深い作品です。
後味は決して悪くはないですが、切ないラストに悲しい思いを抱きました。
子守唄のハミングが悲しかったです…
私もかなり上位に来ます♪
コメント返信 (テクテク)
2007-10-07 19:21:04
>オリーブリーさま
こんにちは
いえいえこちらこそ、ありがとうございました

この映画には、ホントヤラれましたよね~
救いのあるラストシーンでありながらも、
何とも言えない余韻が残りました

事前に情報を入れて観ていたら、
面白さも半減してしまっていたと思います
是非、予備知識なしで観て貰いたい作品ですね
^^* (紫(むらさき))
2007-10-07 22:05:08
いつもTBありがとうございます。

ヨカッタ、
テクテクさんもいい評価ですねー。
私も本年とNo,1です。
久々の満点付けました (くまんちゅう)
2007-10-08 00:50:30
ありがちなファンタジーと一線を画してましたね、現実と空想が混ざり合う展開に思いっきり引き込まれました。
傑作ですね。
コメント返信 (テクテク)
2007-10-08 09:59:40
>紫(むらさき)さま
こんにちは
もう、この映画には感心させられっ放しでした
見終えてから色々考えてみても、
やっぱり凄く良く出来た物語だったと思います
私にとっても今年の映画、No.1候補です

>くまんちゅうさま
こんにちは
この映画は、私も文句なしの満点です
「ダークファンタジー」という言葉で片付けてしまうには、
あまりにも内容が凄すぎます
ある意味、反戦映画でもあり、
人間の醜さと美しさを上手く表現できた作品だったと思います
こちらにも! (アイマック)
2007-10-09 00:07:49
ほんと度肝を抜かれる映画ですね。
ここまでリアルなファンタジーも珍しい。
クオリティは高くて、見た後に余韻が残って
私、少し泣いちゃいました(恥ずかしい・・・)
コメント返信 (テクテク)
2007-10-09 07:24:50
>アイマックさま
こんにちは
この映画、私もウルウルきてました
ラストシーンを悲劇と取るか、ハッピーエンドと取るか…
観る側に委ねられた作品だと思います
一生、忘れられない映画ですね
私も満点! (くろねこ)
2007-10-13 23:22:02


残酷な場面多くて私も度肝を抜かれましたが
見ごたえありました!!
ラストは号泣してしましました。
子供の死はやっぱり悲しいです。
大人は子供に明るい未来を見せてあげなきゃ
いけないですよね~
コメント返信 (テクテク)
2007-10-14 14:32:59
>くろねこさま
こんにちは
そうなんですよね
ファンタジーとは正反対な残酷な現実の世界が、
この映画には描かれていて、
本当に見応えのある作品でした

ラストに描かれていた
純真な子供の想いを一瞬で消し去ってしまう
残酷な大人のエゴは、
監督がこの作品に込めたかった
メッセージのひとつだったのかもしれませんね
無難、誘惑 (kimion20002000)
2007-10-16 23:27:55
TBありがとう。
無難、誘惑、拒絶か。
なるほど、そうですね。
コメント返信 (テクテク)
2007-10-17 07:26:25
>kimion20002000さま
こんにちは
私には、そう感じられましたが、
違った捉え方もあるのかもしれませんね
こんばんは (なな)
2008-01-06 21:18:43
確かに最近の映画の中では
群を抜く傑作ですね!

この雰囲気,こめられたメッセージの深さ,
物語の見せ方,そしてあのラスト・・・
ハリウッドじゃ,お目にかかれない作品だと思いました。

それにしても,人間って
残酷だったり,強かったり,脆かったり
どこまでも奥の深いものですねぇ~~

一応ファンタジー作品と銘打ちながら
ここまで考えさせられる物語に仕上げたこの監督は
天晴れですね。
コメント返信 (テクテク)
2008-01-06 22:25:43
>ななさま
こんばんは
この作品には、本当に度肝を抜かれました
ストーリーも映像も凄く良く出来た作品で、
監督の発想力には脱帽です

紛争の中にある大人の直面する残酷な世界と
子供の思い描くラビリンスの世界が
奇麗事ばかりでなく、
バランス良く描かれた作品だと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
パンズ・ラビリンス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
本年度ベスト1映画に決定!
感想/パンズ・ラビリンス(試写) (EDIT a min.)
ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ...
パンズ・ラビリンス (お気楽に映画で極楽)
大人向けのダーク・ファンタジー。すっかり観入り、あっという間でした! スペインの内戦終結後でも続く過酷な戦いの中で不安を抱え生きるオフェリア。厳しい現実から逃げるように森の中で見つけたラビリンスに入り込んで
『パンズ・ラビリンス』 (ラムの大通り)
(原題:El laberito del Frauno) ----これってずいぶん前に観たんじゃなかった? 「映画のポイントをどこにおいて、 フォーンに喋るか、 ちょっとそこを決めかねていたんだ」 ----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。 「うん。 舞台は1944年のスペイン。 内戦...
パンズ・ラビリンス (心のままに映画の風景)
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚
『パンズ・ラビリンス』 (Sweet* Days**)
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
パンズ・ラビリンス。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 ギレルモ・デル・トロ監督、『パンズ・ラビリンス』、10/6、シネテリエ天神にて鑑賞。  ギレルモ・デル・トロ監督の新作である『パンズ・ラビリンス』の情報を初めて耳にしたのはいつのことだったでしょうか。  第79回アカデミー賞で3部門を受賞したとき、へ...
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
「パンズ・ラビリンス」を観る (紫@試写会マニア)
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持...
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
パンズ・ラビリンス  称号:良作 (映画細胞~CinemaCell)
1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉
「パンズ・ラビリンス」★★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
   '06製作 監督ギレルモ・デル・トロ  主演イバナ・バケロ 共演ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、アレックス・アングロ他によるスペイン発ダーク・ファンタジー。 第79回アカデミー賞3部門受賞、全米映画批評家協...
パンズ・ラビリンス (映画のメモ帳+α)
パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ) 原題   EL LABERINTO DEL FAUNO    監督   ギレルモ・デル・トロ   脚本   ギレルモ・デル・トロ       撮影   ギレルモ・ナヴァロ                   音楽  ...
パンズ・ラビリンス Pan's Labyrinth (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
セルジ・ロペス主演 2006年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品 2006年ニューヨーク映画祭クロージング作品 2006年インディペンデント・スピリット賞作品賞ノミネート 撮影賞ノミネート 2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 外国語映画トップ5選...
パンズ・ラビリンス (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政...
パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
王女だなんてパンパパン 信じはしないわパンパパン♪ 公式サイト 『ブレイド2』『ヘルボーイ』など、ダーク系アメコミ映画の映画化を手がけてきたギレルモ・デル・トロ監督の、戦時下のスペインを舞台とした最新作。 予告編やCMなどの印象では、戦乱の時代に少女が...
パンズ・ラビリンス (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Pan’s Labyrinth”脚本・監督=ギレルモ・デル・トロ。撮影=ギレルモ・ナバロ。美術=エウヘニオ・カバレロ。音楽=ハビエル・ナバレテ。今春のアカデミー賞では、6部門にノミネートされて、撮影・美術・メイクアップの3部門で受賞したダーク・ファンタジー。☆☆☆...
『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH (我想一個人映画美的女人blog)
                                       {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきま...
パンズ・ラビリンス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実という迷宮で彷徨う心の行方  
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 ダークファンタジーってどんなだろう? ダークで切ない不思議...
「パンズ・ラビリンス」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「パンズ・ラビリンス」 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 1944年の激しい内戦下のスペイン。 この内戦で優しかった父を亡くしたオフェリア...
パンズ・ラビリンス (カエルノセカイ)
舞台は、内戦後の混乱の只中にあるスペイン。 軍部の圧制に抵抗する人々は、ゲリラとして山中に潜み、政府軍との戦いを続けていた。 そんな中、おとぎ話が大好きな少女オフィリア(イバナ・パケロ)は、臨月の母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、ある山村に向かってい...
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
『パンズラビリンス』 ★★★★・ (じゃがバタ~ 映画メモ)
重い題材をファンタジーで包んで出してくれたのか? それにしても、しばらく座席から立てない映画でやんした、重力強すぎ ダークファンガジーよりもダークな現実の中に生きているオフェリア そりゃ、物語でも信じたくなるわさ R12な部分では、もちろん自主規制...
パンズ・ラビリンス (ゆるり鑑賞 Yururi kansho)
パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック(2007/09/27)サントラ商品詳細を見る 監督 ギレルモ・デル・トロ (2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ) 【物語のはじまり】 スペイ...
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
パンズ・ラビリンス (2006年・スペイン、メキシコ) (白ブタさん)
ダークなファンタジー・・・{%butterfly_a%}
「パンズ・ラビリンス」(2006・墨西・西・米) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
全国ロードショー中です。"ELLABERINTODELFAUNO","PAN'SLABYRINTH"監督、脚本・・・ギレルモ・デル・トロ出演・・・イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ、エウセビオ・ラサロ、パコ・ビダル、...
パンズ・ラビリンス (映画鑑賞★日記・・・)
【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフラン...
【劇場映画】 パンズ・ラビリンス (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた...
パンズ・ラビリンス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。 それを確かめ...
映画「パンズ・ラビリンス」 (happy♪ happy♪♪)
予告を観て想像していたのとちょっと違い 残虐で悲しいおとぎ話{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、ストーリーがあまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/star...
パンズ・ラビリンス (future world)
「アカデミー賞3部門受賞作品」スペイン・メキシコ・アメリカの合作~ ちょっと異色な‘ダークファンタジー’くらいに思ってました。 ・・・とんでもない、カテゴライズは難しい・・・ とにかく、お腹イッパイ、凄い作品です。 現実はあまりにも過酷で、夢の国で...
真・映画日記『パンズ・ラビリンス』 (          )
10月10日(水)◆589日目◆ 終業後に有楽町のシネカノンで『パンズ・ラビリンス』を見た。 この日はシネカノンの水曜割引(1000円)のためか、場内は満席。 この映画はひとことで「ファンタジー映画」とは言いがたい。 「過酷な現実」と「神話・幻想」を融合し...
パンズ・ラビリンス (めでぃあみっくす)
アカデミー外国語映画賞を逃したとはいえ、やはり前評判が高いだけあって見終わってから時間が経つにつれ心に来るものが徐々に増えていく不思議な魅力を持ったダーク・ファンタジーでした。恐らく映画ファン以外の方にはあまり理解されないタイプの作品かも知れませんが、...
パンズ・ラビリンス (You got a movie)
監督・脚本・プロヂューサー  ギレルモ・デル・トモ キャスト           セルジ・ロペス                 マルベル・ベルドウ                イバナ・バケロ ほか  アカデミー賞の6部門にノミネートされ、撮影賞、美術賞...
パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害 (気ままにランダムハート)
情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
「映画」パンズ・ラビリンス ?(ラスト) (暖気団の徒然日記・・・・)
つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 第一回・第二回・第三回・イバナバケロについての記事 とりあえず今回で最後です。(この記事を読む前に上の1~3の記事を読ん...
映画「パンズ・ラビリンス(PAN'S LABYRINTH)」 (わかりやすさとストーリー)
●フィクションの手法を用いて、ファンタジー世界を巧みに現実(とされる物語)世界とリンクさせることで、人が物語を必要とする理由(わけ)と意味・意義を明確にしつつ、想像力を働かせて生き抜こうとするすべての人々にエール送るかのような、力づよくもせつない真のフ...
「パンズ・ラビリンス」:激辛指定!楽しくも優しくも甘くもないファンタジー (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ メキシコ・スペイン・アメリカ2006年 正直に言おう。 号泣しました(ToT)ドドーッ だって、だって……あ
★「パンズ・ラビリンス」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
【映画】パンズ・ラビリンス (新!やさぐれ日記)
■状況 MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 各映画評で好評だった為 ■感想 すみません。無料で観ちゃってごめんなさい。 ■あらすじ 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)...
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (Good job M)
公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...
【パンズ・ラビリンス】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 】 監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ     製作年度:2006年  日本公開:2007年10月6日  上...
パンズ・ラビリンス (虎猫の気まぐれシネマ日記)
2008年初の私の劇場鑑賞映画。隣県のミニシアターで公開されているとの情報を得て,行ってまいりました,山越えて1時間かけて。(←執念)世間で絶賛されている作品,という知識だけを頼りに,いつのものように,何の予備知識も仕入れずに,いきなり観てきました。 ...
「パンズ・ラビリンス」  EL LABERINTO DEL FAUNO (俺の明日はどっちだ)
実は観る前は少女が主人公で何気に毒気のありそうなファンタジーという予告編から受けた印象から、どこかギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」みたいな作品を勝手に想像していた。 ところがどっこい、実際に観てみるとその予想とは大きく異なり、単なるファンジーに...
パンズ・ラビリンス (C'est Joli)
パンズ・ラビリンス’06:メキシコ=スペイン=アメリカ ◆原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH◆ 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「ミミック」◆出演:イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス、 マリベル・ベルドゥ、 ダ...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
【映画】パンズ・ラビリンス (しづのをだまき)
2006年 スペイン 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 出演 イバナ・バケロ セルジ・ロペス  鑑賞@島根県民会館 タイトルの意味は「Pan(ギリシア神話の牧羊神)の迷宮」。 時代は1944年内戦中のスペインで主人公は10歳の少女オフィーリアだ。母の再婚相手の政府軍...
パンズ・ラビリンス (eclipse的な独り言)
 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (mama)
PAN'S LABYRINTH 2006年:スペイン・メキシコ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、マリベル・ベルドゥ 再婚した身重の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮を...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...