水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

今どき人気コミックの主流?『GANTZ』

2011-02-19 10:10:00 | 映画【か行】
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化した
SFアクション映画です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白いアクション映画


●以下ネタバレがあります●


このところ鑑賞映画の連敗続きだったせいか
この映画が妙に面白く感じてしまいました。

ようやく連敗脱出!

これまでにも人気コミック
実写版映画化した作品は幾つか観てきましたが
私は原作を読んでいない作品がほとんどです。

そして今回の映画も原作を読んでいないのですが
『ライアーゲーム』といい、『カイジ』といい、
生き残りを掛けた集団ゲーム的な要素
今どき人気コミックの主流なのでしょうか?

人気コミックを映画化した作品
少なからずとも私が観た限りでは
PSPやDSのゲーム
世間一般で人気があるように
今どきの人気コミックの中でも
同じようなゲーム感覚の物語
妙に多いような気がします。

それが面白くないわけではないのですが
何処か偏ってるような部分も否めません。


そして今回観たこの映画ではそれに加え
結構グロテクスなシーンが登場して
最初に登場するネギ星人との戦いでは
「・・・げっ!」と思って観ていましたが
それも次第に慣れてしまって
気付けば血まみれシーンも普通に観れていました。


・・・慣れとは恐ろしい。


次から次へとコミックらしいキャラクター
いろいろと登場しますし、
おこりんぼう星人を倒す目的で一体倒しても
もう一体の別物が出てきちゃったりして
予想外の指令の戦いも満載です。

日テレの「バードウォッチング」で
無茶ぶりをするガンツ玉とは聞いていましたが
確かに無茶ぶりしまくりです。

その中でも劇中で
特に魅力的なキャラクターだったのは
二宮和也演じる玄野計。

冒頭に登場する玄野計は就活中の大学生。
凄くヘタレで存在感も薄い男です。

その彼の心の変化も見所のひとつで
星人と戦う為のスーツと武器を手にして
初めて星人を自分ひとりで倒した経験から
妙な自信が付き、
日常生活でもスーツを着用して
俺様キャラ炸裂の凄く嫌なヤツになってしまいます。

しかし、次の戦いの中
同時に参戦した仲間を失い友達を失い
戦う事の空しさや戦う意味を見出してゆきます。


さて、これから彼はどう戦うのか?
どんな相手
と戦うのか?

この続きは気になるので後編も観に行くと思います。


私は原作の情報を知らないので
GANTZの名前の由来は知りませんが
これってやっぱり
私が幼少時代に観ていたテレビ番組の
「がんばれ!!ロボコン」に登場する
ガンツ先生から来ているんでしょうか?

ガンツ先生も「ロボコン0点!」とか
毎回最後に必ず採点してたしね。


【2011年2月17日(木)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白いんかだ面白くないんだ... | トップ | ほんの少し勇気があれば・・... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鋭いっ (メビウス)
2011-02-21 23:20:51
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分は一応原作既読なのですが、イチファンとして観た感想としてはとても好感が持てた内容だったと思ってます。
ストーリーは最初からかなり謎めいてますし、星人もパッと見ふざけビジュアルでおまけにグロい。観る人によっては好き嫌いが激しいかもしれませんが、全体的には漫画の方の雰囲気をかなり踏襲してまして、忠実度に関しても作り手のこだわりを随所に感じましたねぇ。


>GANTZの名前の由来

ロボコンが出て来た辺りはさすがといいますか、鋭いですね♪ずばりその通りですw
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-22 02:24:08
TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。
コメント返信 (テクテク)
2011-02-22 12:52:05
>メビウスさま
こんにちは
実はこの映画、観ようかどうしようか…
結構迷っていました

でも結果的には観ておいて大正解
原作を全く知らない私でも楽しめましたし、
原作をご存知の方にも好評という点では
かなりクオリティの高い作品なのでしょうね

GANTZの名前の由来の件も御回答ありがとうございました
これでスッキリしました
コメント返信 (テクテク)
2011-02-22 12:54:51
>シムウナさま
こんにちは
私も原作を知らずにこの映画を観ましたが
終始退屈する事はありませんでした
後編も楽しみですね
がんばれ!ロボコン! (間諜X72)
2015-04-01 18:53:29
リストラされたサラリーマン(田口トモロヲ)。ミッションで100点を目指し、亡くした妻を生き返らせようとする。凄いような痛々しいような・・・・。

>私が幼少時代に観ていたテレビ番組の「がんばれ!!ロボコン」に登場するガンツ先生から来ているんでしょうか?

僕も同じ事を思いました。♪デンデン ガンガン ホイデンガンがんばれ ロボコンデンガラガッタ デンガラガッタ

>子供の頃の私は色んなテレビアニメを見ながらオイオイ泣いていたような記憶があります

「カリメロ」。カリメロが家事を一生懸命手伝おうとするんだけどドジばかり。お母さんに怒られる。夕食時、カリメロの目から涙がスープにポタポタ・・・。今思い出しても悲しいです・・・。

>以前から田中要次さんはチョコチョコといろんな映画に出演していて映画好きな友達の間で「田中要次を探せ」というゲーム感覚な遊びが流行っていた事がありました

そうなんですか。田中要次さんが喜びますよ!また北野武監督はマイナーだけど人柄が良い役者さんを使いたがりますね。たけしさんらしいです

>そういった数多くのチョイ役を熟されてから成長する俳優さんがまた出てきてくれると映画を観ている側としても楽しみが増えます

そうですよねー!
コメント返信 (テクテク)
2015-04-01 22:13:20
>間諜X72さま
こんにちは
この映画の前編は結構面白かったんですけどね…

後編はあの終わり方といい、
ちょっと残念な感じは否めませんでした

「がんばれ!!ロボコン」は実写版の子供向けテレビ番組の中でも
子供の頃の私が大好きな番組でした

特に島田歌穂さん演じるロビンちゃんに対しては
子供心ながらに凄く憧れを抱いていましたよ

ロボコンの時もロボプーのエピソードで
泣きながら見ていた事があったような記憶があります

ガンツ先生は0点でも100点でも点数を出した後で
その点数を付けた理由をロボコンたちにも分かるように
ちゃんと説明していましたよね

それが子供の私にも理解できるような内容だったからこそ
大人になった今でもロボコンの事を覚えているのかもしれません

そうそう
「カリメロ」は私も子供の頃に見ていました
ガールフレンドは「プリシラ」でしたね
主題歌も覚えていますよ~

幼少期に観たテレビ番組の話題になると
ついつい記憶が蘇って盛り上がってしまいますが
40年くらい前に観た子供の頃の記憶であっても
大人になった自分の心の何処かに
ひっそりと根付いているモノなんですね
前編 (間諜X72)
2015-04-03 20:01:12
>この映画の前編は結構面白かったんですけどね…

夏菜のお尻も好評でした彼女も色々努力してるようで・・・。田口トモロヲは他の映画で、ちょっと勘弁して欲しい役で出てた記憶があります。「ヌードの夜」?

>特に島田歌穂さん演じるロビンちゃん

交通事故に遭って・・・

>「カリメロ」主題歌も覚えていますよ~

可愛い主題歌でした。エンディングテーマもね。

さて、金曜日修了。疲れました。土日はゆっくりしたいですよね
コメント返信 (テクテク)
2015-04-04 09:18:35
>間諜X72さま
こんにちは
あー
そういえば夏菜ちゃん
この映画では身体を張って頑張っていましたね

それが功を奏して
彼女の存在が凄く話題になって
テレビのバラエティ番組にも出演されていました

私が観たバラエティ番組では
彼女の食生活の話をしていて
お米の代わりに豆類を食べていると言っていました

確かに炭水化物よりも
植物性たんぱく質の食品を摂取した方が
太らないし美しい身体のラインもキープしやすいですからね

その後の彼女は朝ドラのヒロイン役までゲット

でも最近ではCMやテレビ番組などメディアへの露出が
以前より少なくなったように感じます

余裕が出て仕事を選べるくらいセーブしているのか
単にオファーが減ってしまったのか…

女優さんや女性のタレントさんは
若いうちは多くがチヤホヤされて起用されますが
彼女たちが40歳になった時まで
芸能界で活躍出来ているかは微妙です

薬師丸ひろ子さん、宮沢りえさん、広末涼子さんみたいに
若い頃のアイドル的な存在から
上手く年齢を重ねつつ女優として成功されている方もいますが
人気者だった女性アイドルの多くは歳を取ると仕事が減って
世の中から忘れ去られてしまうのが現実です

一般企業の中でもそうですが
若い女性社員は何をやっても許されがちですが
私くらいの年齢になると
他人の失敗事まで押し付けられる始末です

いくら反論したところで
仕事の出来ない人には仕事をやらせない方が
会社としてはリスクが減るので
結局のところ仕事を押し付けられる人が偏ってしまうんですよね

その事が原因で
うちの会社は仕事を押し付けられ続けた1名が
精神と身体のバランスを崩して3月から休職中です

ちなみに休職中なのは40代の男性社員ですが
仕事が出来て面白い人格で客先からのウケも良く、
いわゆる「愛されキャラ」だったので
断れない優しい性格が裏目に出ちゃったんでしょうね

芸能界も一般社会も人間は歳を取るにつれて
厳しい環境に立たされてしまうのですよ…

現在の私は足の痛みの事もあって
通勤するのが精いっぱいの行動範囲なので
土日はゆっくりしたいところなのですが…

土曜日は腰椎椎間板ヘルニアのリハビリで
病院に通っているので
あまり完全休業とはいきません

今日もこれからリハビリに行ってきます

家族のいる人の土日は
家庭サービスで出かける事も多いでしょうし
何かと大変な一週間ですよね
夏菜 (間諜X72)
2015-04-05 08:00:16
テレビドラマ版の「嫌われ松子の一生」で松子の妹役を演じていました。当時は本名の渡辺夏菜。

>お米の代わりに豆類を食べていると言っていました

なるほど。それであの身体を維持してるんですね。

>そういえば夏菜ちゃん この映画では身体を張って頑張っていましたね

本人がテレビで「お尻にラインがつかないように風呂上り後もパンティをはかずに寝る。」と言ってました。

>ちなみに休職中なのは40代の男性社員ですが

本当にお気の毒です。周囲に気を遣い過ぎたんでしょうね。仕事が出来る人に集中するし。
どうでしょうか?その男性に森田療法を勧めては。

>土曜日は腰椎椎間板ヘルニアのリハビリで病院に通っているので

お大事にして下さい。僕も明日から大変です。

>私くらいの年齢になると他人の失敗事まで押し付けられる始末です

若い人達。先輩に助けて貰っても感謝の気持ちがない人が増えました。テクテクさんも疲れるでしょうね・・・。
コメント返信 (テクテク)
2015-04-06 21:31:02
>間諜X72さま
こんにちは
夏菜ちゃんは映画に出る前から
テレビドラマにも出演していたんですね

以前テレビで見たバラエティ番組で彼女は言っていましたが
この映画に出る前はアパレルのショップ店員さんのバイトをしたり
女優の仕事だけでは生活出来ない日々が結構長く続いたそうです

みんな苦労をしているんですね…

そうそう
休職中の同僚の事ですが
こちらから連絡してはいけない事になっているので
今は話せる機会をみつけるのは難しい状況ですが
チャンスがあったら「森田療法」の事を教えてあげようと思います

そういえば今年の新入社員は
両親が私と同じ年齢だと言っている子がいましたが
「会社から出かける時は元気よく
『行ってきます』って言ってから出かけるんだよ
と言って社外研修に送り出したら
素直に元気よく返事をしてくれました

このまま素直な社会人に育ってくれる事を祈るばかりです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
GANTZ 前編 (Akira's VOICE)
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!  
『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 (23:30の雑記帳)
松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきま ...
2011-05『GANTZ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-05『GANTZ』(更新:2011/01/29) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の6本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 原作未読ですけど面白かった。 ...
GANTZ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
奥浩哉のベストセラーコミックを原作として、前・後編の二部作として構成されたSF大作。 死んだはずの人間たちが、謎の黒い球体“GANTZ(ガンツ)”に召喚され、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦う、命がけのミッシ...
『GANTZ』 このスーツを見よ! (映画のブログ)
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...
「GANTZ」試写会(舞台挨拶あり) (またり、すばるくん。)
今日は、「GANTZ」の試写会に、TOHOシネマズ梅田へ行って来ました。
「GANTZ」 存在意義を見つける戦い (はらやんの映画徒然草)
例によって原作未読ですが、「GANTZ」を観てきました。 よく考えたら今年に入っ
『GANTZ』 (こねたみっくす)
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。 原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ...
GANTZ (食はすべての源なり。)
GANTZ ★★★★☆(★4つ) 面白かった~ ホント楽しかったです。満足!! 原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる! 二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。 びびりつつも、戦闘にはまっていく今時のゲーム世代の男...
GANTZ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之。「DEATH N ...
[映画『GANTZ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆さて、朝一で観てきましたよ^^  原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ、  「誰も指摘しないけど、タイトルの由来は『ロボ...
GANTZ (★ Shaberiba )
2部も見たいと思えたので「よし!」ですー(笑)
GANTZ (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 130分 PG12 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之 欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像...
映画『GANTZ』 (よくばりアンテナ)
グロいし、怖いし、気持ち悪いシーンもあるし、ハラハラドキドキして、 息をするの忘れちゃうような、 ま、とにかく面白い作品でした~~~!! 原作のコミックは読んでませんが、 原作知らずとも映...
GANTZ  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮 和也  松山ケンイチ  吉高 由里子  夏菜 【ストーリー】 就職活動中の大学生・玄野計は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢か....
GANTZ (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタ...
『GANTZ』('11初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
人には必ず役目がある~『GANTZ』 (真紅のthinkingdays)
 就活中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝 (松山ケンイチ)を見かける。線路上に落ちた男性を助けようとした二人は、巨大 な黒い球体のあるマンションの一室に瞬間移動し...
GANTZ    上映時間が長すぎないか (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
死んだはずの人間が「GANTZ(ガンツ)」という謎の球体によって、呼び出されてなんとか星人という謎の怪物と殺し合いをさせられる。2部作の前半であるこの作品を見ても、仕組みはわからない。わてが気になったのは、130分という上映時間の長さだ。一つ一つのシーンが間延...
GANTZ/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子 (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときは「いったいこれは何?」という感じで内容がよくわからなかったのですが、その後のバージョンチェンジした予告編で星人とかいうモノたちと戦うSFアク ...
『GANTZ』 (ラムの大通り)
※『PART2』の大胆予測もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----あらら。これもコミックの映画化だ。 「残された最後のカリスマ漫画」。 また、大きく出たもんだニャあ…。 「う~ん。 漫画は、その多くが若い人をターゲット...
GANTZ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
GANTZ VISUAL BOOK (タレント・映画写真集)現在も連載中の人気コミックを原作とする物語は、独創的で不条理な世界で苦悩しながら戦う2人の青年が主人公。物語は ...
『GANTZ』 (だらだら無気力ブログ)
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製...
「GANTZ」みた。 (たいむのひとりごと)
これは原作が凄く良く作り込まれているんだろうなぁ、という印象。原作を読んだことはなく、実は松山くんと二宮くんを観に行ったようなものなのだけど、思いの外内容に引き込まれてしまい観ている内から「これは続き
佐藤信介監督 「GANTZ」  (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
公開初日の今日、仕事帰りに観てきました。 公式サイト⇒http://gantz-movie.com/index.html ふ、不思議な客層でした。 若い女の子とオタクっぽい男子が入り乱れてて… これは原作が好きで気になって観にきてる原作ファンと… 嵐の二宮和也ファン 松山ケンイチフ...
GANTZ (そーれりぽーと)
奥浩哉の原作は彼のコミックの世界観の集大成で超面白い『GANTZ』を観てきました。 ★★ 多恵ちゃんが可愛すぎるのがおかしい! それもそうだけど…。 主人公達幼なじみ二人の年齢設定が高校生から大学生レベルになっている事以外はほぼ原作に忠実な運び。 アレンジもそ...
GANTZ (映画鑑賞★日記・・・)
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん~(ノ_<。)ビェェン 日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった~v...
GANTZ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“GANTZ”に召還され、“星人”と戦うことになるという独創的な設定でカリスマ的な人気を誇る「GANTZ」は、週刊ヤングジャンプで2000年7月から連載開始し、コミックスも累計1200万部を突 ...
GANTZ (うろうろ日記)
試写会で見ました。死にそうになったニノとマツケンが、なぜか生き残っていて、GAN
GANTZ (5125年映画の旅)
線路に転落した人を助けようとして列車に引かれた幼馴染の玄野と加藤。次の瞬間、二人は巨大な球体が置いてあるマンションの一室にいた。同じように、死んだ瞬間に転送され部屋に ...
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!...
GANTZ (とりあえず、コメントです)
人気コミックを二宮和也さん&松山ケンイチさん主演で映画化した作品です。 やっぱりこの二人がどんな演技を見せてくれるのか観てみたいなあと楽しみにしていました。 コミック未読のままチャレンジした物語は、とても不可思議で理不尽な世界が広がってました。
GANTZ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤信介 【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 【公開日】2011/1.29 【製作】日本 【ストーリー】 幼馴染の...
映画「GANTZ」(2月5日) (Flour of Life)
ニノとケンイチさんの夢の共演映画、「GANTZ」を見てきました。
No.238 GANTZ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
【GANTZ】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多  生き残るために星人と戦い、そして殺すこと 「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ちた酔っ払いを助け、加藤を助けようと手を出し
映画「GANTZ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された...
GANTZ (銀幕大帝α)
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 地下鉄のホームに偶然居合わせた幼馴染みの玄野計と加藤勝は、....
GANTZ (いやいやえん)
原作は確か7巻くらいまでしか読んでません。 星人との戦いはバラエティに富んでいてなかなか面白く、独特の世界観も良かったし、導入からすぐ異世界に引きこまれるスピード感もいい。二宮和也さんを私があまり好きではない事を差し引いても、まあ良くできてるほうかと...
GANTZ (Blossom)
GANTZ 監督 佐藤信介 出演 二宮和也 松山ケンイチ     吉高由里子 本郷奏多 夏菜     綾野剛 水沢奈子 千阪健介     白石隼也 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之 日本 2010