水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

折れた心を治すモノ。『陰日向に咲く』

2008-01-26 23:00:00 | 映画【か行】
お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー小説を
映画化した作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 優しさに泣けちゃう映画


●以下ネタバレがあります●


私の大好きなスピッツの「楓」という歌に

心のトゲさえも
君が笑えば もう
小さく丸くなっていた


というフレーズがあります。

大好きな人が笑った顔を見るだけで
不機嫌だった自分の気持ちも和んでしまうという
日常の些細な情景を表現したこのフレーズには、
とても深い意味が込められているような気がします。

人間って、ほんの小さな事であっても
自分の心の中に存在する事によって
感情が左右されてしまう・・・
そんな事を
この映画を観ながら私は感じていました。


台風が接近している夏の東京。
観光バスの会社に勤めるシンヤ(岡田准一)は、
ギャンブルで出来た多額の借金を抱え、
その肩代わりを会社にしてもらっています。
心を入れ替えようと、
毎日の出費をノートに記録し、
小額ずつでも会社に返済していましたが、
パチンコ屋の前を通りかかった時、
通り過ぎる事が出来ず、
ついつい立ち寄ってしまい、
借金返済に充てるはずのお金までも
使い込んでしまします。


この映画に出てくるシンヤは
運動しないのに大食いし過ぎたり、
甘い物を食べ過ぎると太ってしまう事を
分かっていながら
それが止められず、
結局ダイエットに失敗してしまう
ダイエット出来ないオデブちゃん
に似ています。
(実はこれ、以前の私なのです。)

私はギャンブルの趣味はないので
その醍醐味は一切理解出来ませんが、
シンヤのように
これに手を出すと後で自分が苦労すると
分かっちゃいるけど止められないという、
その気持ちは痛い程分かってしまいます。

自分の悪い所を把握していて
それを克服する方法も知っているのに
それが出来ない
本当にダメな自分・・・。

劇中に登場する人物は、
誰もがそんな折れた心を持っています。

ギャンブルが止められない借金だらけのシンヤ。

過去の生活を捨てたホームレスのモーゼ。

今の生活を捨てようとしている
管理職サラリーマンのリュウタロウ。

イベントにファンが集まらない
25歳の崖っぷちアイドルみゃーこ。

現実の恋よりもアイドルを追いかける
アキバ系オタクのゆうすけ。

かつて売れない芸人だった雷太と
コンビを組んでいた鳴子。

鳴子の娘であり、
母親の過去を探している寿子。

シンヤのオレオレ詐欺の相手である老女。


傍から見れば些細な出来事であっても
それが折れた心を治すモノとなり、
心の中に、小さな光を感じる事で
彼らの日常が変わっていきます。

人の優しさに触れたり
大切な人が存在する事で、
自分の心の支えとなり、
ダメな自分も変えていけるという物語。

かつての私もダイエットを克服出来たのは
大切な人の存在が心にあったからでした。

この映画は
個々のエピソードがしっかりしているので、
感情移入して観る事が出来ます。

私個人的に好きだったのは
ゆうすけのエピソード。

でも老女の手紙には一番泣いてしまいました。


【2008年1月26日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「干支でシネマ」バトン | トップ | 心にかける優しさの橋。『テ... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2008-01-26 23:27:35
TBありがとうございました!
わたしもゆうすけのエピソードが好きでした。
塚本君が純なオタクを上手く演じていましたね~。
崖っぷちアイドルの哀愁も感じられましたし、ひょんなことから人気者になっちゃうのも面白かったです。
コメント返信 (テクテク)
2008-01-26 23:40:20
>ミチさま
こんばんは
ゆうすけのエピソードは、
他との繋がりがあまり感じられませんでしたが、
一番好きな話でした

売れないアイドルを人気者にする為の
陰ながらの努力と喜び、
それが叶った時の淋しさを
塚本君はとても上手く演じていましたよね

イベントの最後に、
なでしこの花を渡して立ち去るシーンが、
凄く印象的でした
ご無沙汰しております。 (michi)
2008-01-27 00:22:40
 遅ればせながら、、、
明けましておめでとうございます。
ご無沙汰しておりました。
しばらくブログの更新をサボっておりました。。。

 本作品、私も老女の手紙のシーンで涙が止まりませんでした。
シンヤも老女の言葉に自分の母を重ねていたと思うので、
それを思うと尚更。
 そして、テクテクさんのレビューを読み、
>ダイエット出来ないオデブちゃん・・・
>分かっちゃいるけど止められない・・・
私、今、青ざめてます。。。汗
今年こそ、この部分を克服したい。。。です!!

本年も、よろしくお願いいたします。
コメント返信 (テクテク)
2008-01-27 10:28:09
>michiさま
こんにちは
こちらこそ、今年もヨロシクお願い致します

この映画の老女の手紙のシーンは、
泣けちゃいましたね

老女の部屋の様子からして、
あまり人付き合いや外部との接触もない生活で、
ほとんど鳴らない置物状態の電話だったと思うのです

映像から想像すると、
モーゼが先に電話をかけたと思うのですが、
おそらく無言で電話を切ったのでしょう

その直後、シンヤからの電話があったので、
音もないような淋しい生活の中、
電話越しの聞きなれない青年の声に
思わず息子の「健一」という名前を
言ってしまったのではないかと…

息子を育てられなかった自分には、
あり得ない事だと分かっていても、
シンヤの中に、成長した健一の影を見ていたからこそ、
健一が大人になっていたならば、
どんな過程を通って生きてきたのかを知りたくて、
シンヤの話を聞くだけでも、
生きている健一を想像できる事で、
幸せな気持ちになれたのでしょうね

シンヤも自分の母親の事について、
「桃」の勘違いや、
どうしてこうなってしまったか分かっていたのに、
何も出来ないでいるダメな自分を
心の中で責め続けていたのでしょう

そんな二人の気持ちが
手に取るように想像出来てしまうだけに、
もう涙は止まりませんでした

そうそう
ダイエットは自分との戦いですよね…
自分が実行しなければ、意味の無い事なので
自分の実行力あるのみなのですが、
挫折しては後悔の日々の連続でした

ダイエットを克服して以来、
今では毎日、体重計に乗る事を欠かさず、
何を食べたかを記録したりして、
結構、自己管理に必死です…
あっ
これは、まるで、
映画の冒頭に出てくるシンヤみたいですね…
こんばんは♪ (くろねこ)
2008-01-28 00:39:30
私も皆それぞれの心情が伝わってきて
泣けちゃいました~!
モーゼやあの老女がどうしてこんな人生を歩まなければならなかったのか・・気になるところですが
若い彼らの物語はやっと1歩を踏み出したばかり。
日陰にも確かに花は咲くのかもしれない。
でも願わくば日向の道を歩んでほしいものですよね。
遅れましたが本年もよろしくお願いします。
コメント返信 (テクテク)
2008-01-28 12:58:35
>くろねこさま
こんにちは
こちらこそ、本年もヨロシクお願い致します

この映画は、登場人物の心情を思うと
本当に泣けてしまう作品でしたよね
モーゼは若い頃、
自分に向けられた愛情に早く気づいていれば、
きっと、もっと違った人生があったのかもしれません

老女もまた、
若い頃に違う愛情を受け入れていたら、
将来が違っていたのかもしれませんね

人間って、やはり周囲の愛情や優しさを感じる事で、
良くも悪くも変れるモノなのだと、
つくづく感じてしまいました

若い彼らには、
実感した優しさや愛情を無駄にする事なく、
自分にとって、本当の幸せが何かを
見つけて貰いたいものです
見えない糸~ (cyaz)
2008-02-04 21:47:48
テクテクさん、TBありがとうございましたm(__)m
見えない糸が張り巡らされ、それに気づくも気づかないもその人次第。 運命の悪戯もあるかもしれないけど、不思議に出会いはどこかでそんな見えない糸に操られているような気がしました^^
コメント返信 (テクテク)
2008-02-05 12:27:54
>cyazさま
こんにちは
そうですね
運命とは本当に不思議なモノです

この映画を観ていると、
様々な人との出会いを
「ただの偶然」という簡単な言葉だけでは
片付けられないような
そんな気持ちにさせられますよね
Unknown (ケント)
2008-03-05 12:45:17
テクテクさんTBお邪魔します
原作は未読なのですが、皆さんのレビューをみていると、かなり原作は素晴らしいようですね。それに全体の構成もだいぶ異なっているみたいですね。
最初は劇団ひとりの自叙伝かと思ったのですが、違うみたいですね。自叙伝以外の小説を書ける芸能人は、かなり優秀なのでしょう。
僕も老女と岡田くんの関係には、大いに泣かされました。暖かいいい映画でした。
コメント返信 (テクテク)
2008-03-05 21:44:40
>ケントさま
こんばんば
私も原作は読んでいないのですが、
原作ファンにとっては、
賛否両論の様々な感想があるようですね

とはいえ、私はこの映画を面白く観る事が出来ましたし、
純粋に泣かされてしまいました

「劇団ひとり」という芸人自体は、
私個人的には、あまり好きな芸風ではないのですが、
今回の映画を観て、彼に対する好感度がUPしました
道草 (間諜X72)
2016-10-08 18:04:54
こんばんは。

>今の生活を捨てようとしている管理職サラリーマンのリュウタロウ。

大ボラ吹きで有名なホームレスの男性「モーゼ」に出会う。
ある日、若くして億を稼ぐという野球選手、K・Yが父親を捜してホームレスが集う公園にやって来る。モーゼは自分が父親だと言う。
しかし、それはやっぱり嘘苦笑しました

>「べっぴんさん」

とりあえず、一週目が終了。
「これから大女優になるのでは?」と期待されている菅野美穂(埼玉県生まれ)の関西弁ナレーションが、ちょっと不評ですね
コメント返信 (テクテク)
2016-10-08 18:30:38
>間諜X72さま
こんばんは
この映画はもう8年も前の映画になるんですね・・・
時間の流れの速さを痛感してしまいます

今週から始まった「べっぴんさん」は
なかなか良いスタートだったと思いますが
菅野美穂さんの関西弁はさておき
幼い娘を残しての余命に未練を残す母親の心の声には
結構ウルウルさせられるモノがありました

母親が1週目で他界してしまい
主人公すみれの幼少期の物語は終わって
私が思っていたよりも早い展開でしたが
今後の物語が楽しみですね
♪雨のち晴れるや~ (間諜X72)
2016-10-14 20:13:00
あれから3年が過ぎました

>幼い娘を残しての余命に未練を残す母親の心の声には結構ウルウルさせられるモノがありました

その通りです
そして、ヒロインの夫のところへ見知らぬ男性登場。
「おめでとうございます」「}「召集令状です」「・・・・。」

>分かっちゃいるけど止められない

僕もギャンブルには興味が無いです
だけど、人はそれ以外にやめられないものがあります。
それが趣味・道楽と言うものでしょう。

それではテクテクさん。良き土日をお過ごし下さい。
コメント返信 (テクテク)
2016-10-15 08:35:14
>間諜X72さま
こんにちは
「あさが来た」「とと姉ちゃん」「べっぴんさん」と
最近は戦前から始まる物語が続いていますね

やはり今の日本では
戦争をしらない世代が大多数になってしまったので
過去の悲劇を忘れさせないようにと
メディア側の配慮を私個人的には感じています

分かっちゃいるけど止められない・・・
以前の私は結構やりたい放題でしたが
あと2年で50歳になる私は
なんだか「欲」というモノが無くなってしまったようで
無いなら無いで何とかなるさ
と思うようになってしまいました

自分から何かを期待したり求めたりする気持ちが
どこかへ消えてなくなってしまったようです

逆に相手から期待されたり何かを要求されたりするのは
昔から大の苦手ですけどね・・・

その私の苦手な環境が
来週からは否応なしに待ち構えているので
この週末は来週に備えて心穏やかに過ごしたいと思います

お互いに頑張りましょうね
10月半ば (間諜X72)
2016-10-16 00:04:24
>イベントにファンが集まらない25歳の崖っぷちアイドルみゃーこ。
>現実の恋よりもアイドルを追いかけるアキバ系オタクのゆうすけ。

この話もほのぼのとして良かったです

>戦争をしらない世代が大多数になってしまった

戦前生まれもどんどん減っていきます・・・
語り継ぐ人も・・・

>なんだか「欲」というモノが無くなってしまったようで

一つの目標に集中できるかも?

>その私の苦手な環境が来週からは否応なしに待ち構えているので

何やら大変そうですね・・・
お体には十分気をつけて下さい。

閑話休題
ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞
僕は1994年(名古屋)と2001年(浜松)で彼のコンサートを見ました
コメント返信 (テクテク)
2016-10-16 09:29:50
>間諜X72さま
こんにちは
一昨日は熊本大地震から半年の日でしたが
そんな身近な大災害の出来事ですら
世の中から忘れかけられているような現状です

ましてや70年以上も前の出来事なんて
当時を知る人も少なくなっているので
忘れ去られてしまうのも時間の問題なんて事に
なりかねませんよね
時間の流れとは恐ろしいモノです

今の私は目標なんて崇高なモノには無縁の生活で
毎日を駆け足で無事に送る事が精一杯な感じです
気持ちに余裕を持てないのが実状ですね

そうそう
ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した事が
世界中の話題になっていますが
これまた賛否両論のようです

ニューヨーク・タイムズ紙では
「残念だ」と批判しているようですし・・・

実のところ私はボブ・ディラン世代ではないので
彼の歌が当時の若者たちに支持されていた事も知りませんでしたし
代表曲の「風に吹かれて」も私が生まれる前に大ヒットしたの歌なので
いまいちピンときていません

ボブ・ディランの名前ですら
ガロの「学生街の喫茶店」の歌詞で登場するから
なんとなーく知っていたようなレベルなので
ノーベル文学賞を受賞した名誉ある人に対して
何だか申し訳ない気持ちになっちゃいます・・・
月曜日終了。 (間諜X72)
2016-10-17 20:43:12
テクテクさん。お疲れ様です
こちらもクタクタです・・・
しかし、毎日うるさい再雇用爺が今日は僕に話しかけて来なかったので楽でした。まさに老害。雇ってもらってる事を感謝して欲しいです。

>ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞
>ニューヨーク・タイムズ紙では「残念だ」と批判

必ずそう言う意見が出ます

>ガロの「学生街の喫茶店」

子供の頃、大ヒットしたのを覚えています。
しかし、あの3人組について僕はほとんど知識がないです

>観光バスの会社に勤めるシンヤ

彼が勤める観光バス会社のバスガイド・根室(平岩紙)出番は少ないけど存在感がありました。
平岩紙さん。「とと姉ちゃん」では森田屋の嫁。好演でした
コメント返信 (テクテク)
2016-10-18 19:37:38
>間諜X72さま
こんにちは
週の始まりは仕事で身体も心も疲れますよね

私は月曜日の朝から始めようと心に決めて
取り掛かろうとしていた仕事があったのに
次から次へと割り込みの仕事が多過ぎて手が回らず
結局今日も手付かずのままで終わってしまいました

ボブ・ディランのノーベル文学賞関連のニュースでは
本人と連絡が取れずにいる事が今日も報道されていましたが
いろんな憶測が飛び交っているようですね

ノーベルが発明したダイナマイトは
戦争にも使用されているから受賞を拒否しているのでは
と論説している人もいるみたいですし・・・

本当か嘘なのかも分からないような事を
世界中に配信されちゃって
話題になると色んな意味で大変なんだと実感しました

ガロの「学生街の喫茶店」は
中学生の時だったと思いますが
合唱で歌った記憶があるくらいです

なので私も「学生街の喫茶店」という歌に親しみがあっても
ガロというフォークグループの事は全く知りませんでした

平岩紙さんは最近大活躍の女優さんですよね
消臭剤のCMにも出続けていますし
私個人的には2008年に劇場で観た映画「ハッピーフライト」で
判断力に欠けるフニャフニャのグランドスタッフ役が
とってもインパクトがあって好きでした
もうすぐ日曜日。 (間諜X72)
2016-10-22 23:56:15
こんばんは。あと4分で日曜日です。

>ガロの「学生街の喫茶店」
>中学生の時だったと思いますが合唱で歌った記憶があるくらいです

そうなんですか
僕が中1の時、3年生のあるクラスが、「学生街の喫茶店」を歌いました。
時は流れた~」の部分で女子全員の声が裏返る。全校生徒が苦笑する。今でも思い出します

>ノーベルが発明したダイナマイトは戦争にも使用されているから受賞を拒否しているのでは

科学や文明の発達も良し悪しなんです

>平岩紙さん
>映画「ハッピーフライト」で判断力に欠けるフニャフニャのグランドスタッフ役

好演でした

>次から次へと割り込みの仕事が多過ぎて手が回らず

一つ一つ捌いていくテクテクさん。立派です

>かつて売れない芸人だった雷太とコンビを組んでいた鳴子。

これも、ほろ苦い話でした
コメント返信 (テクテク)
2016-10-24 19:27:59
>間諜X72さま
こんにちは
土日の休日は
あっという間に過ぎて
月曜日の仕事始めの日も
あっという間に終わってしまいましたね

月末に向けて仕事が山盛りになってしまい
何から手を付けて良いものか分からない状態でしたが
何とか目途がたちました

こんなふうに時間に追われて
今年も終わってしまうような気がします

ボブ・ディランのノーベル文学賞関連のニュースは
もう報道されなくなりましたね

騒がしかった周囲が静かになって
ようやく本人もホッとしているのではないでしょうか
金曜日終了 (間諜X72)
2016-10-28 21:24:56
テクテクさん。こんばんは。お疲れ様でした

>何とか目途がたちました

さすが手際がいいですね

>ボブ・ディランのノーベル文学賞関連のニュース

授賞式欠席かな?

>管理職サラリーマンのリュウタロウ。

リョウタロウ(三浦友和)が小屋に馴染んだ頃、ブタ箱から帰ってきたという本当の野球選手の父親(山本龍二)が現れる追い出されて、荷物を投げられる
現実に戻るしかないリュウタロウ。そしてその後・・・・。
可笑しくも悲しかったです
コメント返信 (テクテク)
2016-10-29 14:31:42
>間諜X72さま
こんにちは
今週も始まったと思っていたらもう終わってしまいました
気づけばもうすぐ11月です

ボブ・ディランのニュースが静かになったと思ったら
芸能界では訃報が続きましたね

次から次へと新しい話題が出てきて
少し前の大きな話題が徐々にフェイドアウトしていくのは
良い事なのか悪い事なのか分かりませんが
つくづく人間は薄情な生き物だと痛感させられます
日曜日夜 (間諜X72)
2016-10-30 19:46:07
>芸能界では訃報が続きましたね

平幹二朗さんと言えば大河ドラマ「国盗り物語」の斎藤道三。「武田信玄」の信虎。
肝付兼太さんに至ってはスネ夫・イヤミ・・・etc.
昭和がますます遠のきます

>つくづく人間は薄情な生き物だと痛感させられます

僕も有名人が亡くなるとネットで話題にして、その後は・・・。良くないですね

>ボブ・ディラン

ようやく彼のコメントが出ましたね。受賞します

>ゆうすけのエピソード。

ドロドロ血液のドロ子。
「むかし一緒に学校だったゆうすけ君じゃない?今度一緒に食事をしたいです」

>気づけばもうすぐ11月です

寒くなりました。風邪を引かないようにしましょう
そして、「働かざる者、食うべからず
見に染みています
コメント返信 (テクテク)
2016-10-30 22:43:34
>間諜X72さま
こんにちは
ボブ・ディランがノーベル文学賞を受け入れたというニュースは
私もテレビを見て知って少し安心しました
いろんな憶測が飛び交ったり
周囲が騒ぎ過ぎたのが問題だったのかもしれませんね

「働かざる者、食うべからず
これは先週の「べっぴんさん」で登場したセリフですね
私が子供の頃にも日常的に言われていた言葉ですが
今の時代では「死語」になっているような気がします

今の時代、体力があっても気力がなくて働かない若者や
私と同じ40代であっても無職という男性が
驚くほど日本では増えているんですよね

時代が進んで世の中の生活が豊かになった分だけ
親が成人した子供を甘えさせ続けた結果、
食べる事に困らなくなった人が増えてしまったのか
あるいは単純に怠け者が増えただけなのか・・・

本当のところは分かりませんが
教育を受けたくても受けられなかった子供が沢山いた貧しい時代の日本を知っている人には
嘆かわしい世の中になっているように思えて仕方ありません

年末に近づくと強盗や窃盗事件も増えます
寒くなると健康にも注意が必要ですが
お互い色んな事に気をつけるようにしましょうね
極端な話ですが・・・。 (間諜X72)
2016-11-03 21:28:30
住居さえあれば、生活保護で生きてゆける・・・と言う事ですよね。
一生懸命働いていたのに様々な理由で解雇された人の為に失業保険や生活保護の制度があるのに・・・

>体力があっても気力がなくて働かない若者

一体何をしているのでしょうか

>私と同じ40代であっても無職という男性が驚くほど日本では増えているんですよね

フリーターの一期生と言われた人達が、今の40代後半ぐらいです

>あるいは単純に怠け者が増えただけなのか・・・

そう言う事です。

>お互い色んな事に気をつけるようにしましょうね

日本も治安が悪くなりました

今日は文化の日。
我々の地元はお年寄りの文化祭でした。

明日はまた勤務。お互いに頑張りましょう
コメント返信 (テクテク)
2016-11-04 20:46:05
>間諜X72さま
こんにちは
とうとう私は風邪をひいてしまいました
耳鼻科で先生から
「薬を飲んで食事をして沢山寝なさい」と言われたので
文化の日はずっと寝ていました

まだ本調子ではありませんが仕事も休めないので
だましだまし出勤しています

明日も用事の外出を済ませたら
早く家に帰って風邪が治るように安静にしなければ・・・

私みたいに風邪をひかないよう気を付けて下さいね

ところで・・・
日本も本当に治安が悪くなりましたよね

つい最近では埼玉と大阪で
金属バットを振り回して無差別に攻撃する事件が発生しました

どちらの事件も容疑者は無職の男性

無職とはいえ働ける年齢なのだし
金属バットを振り回す元気があるのだから
犯罪を犯すよりも体を動かして働けばイイのにね
って事件の報道を知る度に思っちゃいます
道徳 (間諜X72)
2016-11-06 19:55:23
>無職とはいえ働ける年齢なのだし金属バットを振り回す元気があるのだから犯罪を犯すよりも体を動かして働けばイイのにね

その通りですそして社会の一員として社会に貢献するべきです

>「薬を飲んで食事をして沢山寝なさい」と言われたので
文化の日はずっと寝ていました

大丈夫でしたか?仕事のストレスでしょうか?

>大統領選

どうなるのでしょうか?

明日から仕事がんばりましょう
コメント返信 (テクテク)
2016-11-07 22:43:38
>間諜X72さま
こんにちは
歳を取ると風邪の治りが悪くて困ります
私の風邪も治らないのに
うちの会社ではインフルエンザになっちゃった人が登場
その人は今朝出社していたのですが
体調がすぐれずに午後から休みを取って病院へ行ったところ
夕方に「インフルエンザだった」と報告の電話があって
もう社内は大騒ぎです
みんな慌ててうがいをしていましたが時すでに遅し・・・ですね
先月は夏日が続いていたのに
1か月後にはインフルエンザが流行りだすなんて
季節の流れは不思議です

いよいよアメリカでは大統領選挙が始まりますが
韓国の大統領は大変な事になっちゃいましたね
もう社内は大騒ぎ (間諜X72)
2016-11-11 20:59:57
それは大変です
皆さん、大丈夫ですか?

>韓国の大統領は大変な事になっちゃいましたね

アメリカの大統領選挙はもっと大変な事になったのでしょうかトランプ氏
円高、株価、TPP、国防・・・etc.
これは世界史に残るかも知れません

さて、低賃金サラリーマンの僕は明日も休日出勤です
コメント返信 (テクテク)
2016-11-13 07:57:02
>間諜X72さま
こんにちは
今週の社内ではインフルエンザの感染者は出ませんでしたが
週明けの出勤率が気になります
そしてアメリカの大統領選挙はまさかの番狂わせ
勝因は「隠れトランプ」にあると言われていますが・・・
内心ではトランプ氏を支持していても口には出せずにいて
投票に挑んだ人を「隠れトランプ」と呼ぶそうです

目には見えない他人の心や1年後の未来の事なんて
誰にも分かりませんよね

そういえば15年くらい前、
サンフランシスコに住んでいた事のある知人に
「どうして戦争を起こすような人を大統領に選んじゃうの
とアメリカ同時多発テロが起きた後に尋ねたら
「それはね、アメリカ人が馬鹿だからよ」と
即答された事を思い出しました
感謝! (間諜X72)
2016-11-17 18:36:31
テクテクさん。いつもレスをありがとうございます。
あと1日頑張りましょう
我々サラリーマンの最大の敵は内側の敵(つまり嫌な同僚)。

>週明けの出勤率

どうでしたか

>「隠れトランプ」

「過激な人の方が世直しが出来る」と思っているかも知れません

>「どうして戦争を起こすような人を大統領に選んじゃうの」
>「それはね、アメリカ人が馬鹿だからよ」

その即答は正しいのでしょうか?

>ボブ・ディラン

授賞式は欠席。う~ん・・・

>べっぴんさん

あまり面白くないかなあ・・・。ごめんねヒロインさん
コメント返信 (テクテク)
2016-11-18 22:05:45
>間諜X72さま
こんにちは
ようやく金曜日です
今週はインフルエンザに感染した人はいなかったので
全員無事に元気に出社していました

でも世の中では大流行中との事で
近隣の小学校では学年閉鎖している所もあるそうです
お互いに気を付けましょうね

こんな人を大統領に選んでしまうアメリカ人の話は
日本で活躍するアメリカ人タレントも
「アメリカ人は馬鹿だから」と
テレビの番組で同じような事を発言していました

日本に置き換えて考えてみると
東京都知事選挙に政治経験のない男性タレントが本当に立候補して
小池百合子氏と接戦の末、男性タレントが当選しちゃって
東京都知事になっちゃったって場合の
何千倍も大変な事態なのでしょうね

ボブ・ディランがノーベル賞の授賞式を欠席する理由は
「先約があるから」との報道でしたが
なんとなく彼らしい答え方だと思いました

「べっぴんさん」は展開が緩やかなので
ちょっと物足りない感じがあるのかもしれませんね
年明けから本格的に子供服の商売が軌道に乗りそうな気がします
木曜日夜 (間諜X72)
2016-11-24 19:46:05
>テクテクさま

こんばんは。あと1日頑張りましょう
僕は昨日の祝日のおかげで助かりました。心も身体も

>男性タレントが当選しちゃって東京都知事になっちゃった

文化人の青島さん。大阪の場合は横山ノック

>ボブ・ディラン
>なんとなく彼らしい答え方

ハッキリした答を言わない。「風に吹かれて」が、まさにそうです。

>「べっぴんさん」
>年明けから本格的に子供服の商売

頑張れ

>私はギャンブルの趣味はないので

テクテクさんの周りに買い物依存症、カード破産の人はいませんか?
世間では相変わらず増えているようですセロトニン・ドーパミンの世界
コメント返信 (テクテク)
2016-11-24 22:05:50
>間諜X72さま
こんにちは
昨日は勤労感謝の日でしたね
そして今日の東京は雪が降りました
積もる事はありませんでしたが
吐く息が白く見えるほどの冷えっぷり
まだ11月とはいえ気づけば来週は12月なんですよね

政治家になる人の中には知名度だけで当選しちゃう人もいますが
最近の私が読んでいる文庫本の中に
過去の政治家の失言失態エピソードに交えて
「政治家のレベルは国民のレベルを示す。」
という一節が書かれていて
なるほどなーと感心させられました

続けてその文章には
「私たちも恥じねばならない。」と書かれてあって
そうだよなーと痛感しました

私の周囲では買い物依存症らしき人は見当たりませんが
例えば歩きスマホとかしている人を見かけると
スマホに依存しているように感じてしまいます

この人はスマホを失ったら生きてゆけないんだろうなー
って思うと何だか哀れになっちゃいます
「♪あなたの笑顔に~」 (間諜X72)
2016-11-25 22:26:54
何度助けられただろうありがとう ありがとう Best Friend」
テクテクさん、本当にいつもありがとうございます偶然とは言え、ここにお邪魔して本当に良かったです

>この人はスマホを失ったら生きてゆけないんだろうなーって思うと何だか哀れになっちゃいます

そうなんです。物を所有する事で、逆に物に所有される。「燃えよ!カンフー」の言葉だそうです。

>東京は雪が降りました

新聞で浅草の写真を見ました。すごい雪です

>「政治家のレベルは国民のレベルを示す。」

三代目お坊っちゃん首相。
我が家の近所でもお坊っちゃんが多いです就職の事でも、家を建てる事でも・・・田舎の大地主によくあるパターン

さあ今から寝ます・・・
テクテクさんもお体ご自愛下さい。
コメント返信 (テクテク)
2016-11-26 19:30:34
>間諜X72さま
こんにちは
こちらこそ頻繁にコメントして頂いてありがとうございます

「物を所有する事で、逆に物に所有される。」
これは深い言葉ですね

物欲も出世欲も恋愛もそうですが
思い通りに手に入れて自分が優位に立ったつもりが
実は自分の方が支配されていたりもする事があります
人間の持つ「欲」とは恐ろしいモノです・・・

三代目お坊っちゃん首相も
実は日本が生んだ欲望の産物なのかもしれませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画 【陰日向に咲く】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「陰日向に咲く」 劇団ひとりの同名小説の映画化。 おはなし:借金まみれのシンヤ(岡田准一)はオレオレ詐欺に手を出すが、相手の老婆と仲良くなってしまい金を奪えない。ゆうすけ(塚本高史)は崖っぷちアイドル(平山あや)を追いかけている。エリートビ...
感想/陰日向に咲く(試写) (EDITOREAL)
やばい(いや、やばくない)、泣けた! 『陰日向に咲く』1月26日公開。バス運転手の男。ギャンブルで借金を重ね、ついにオレオレ詐欺に手を染める。彼が浅草で出逢った女。かつて漫才コンビを組んでいた母の思い出を探す。秋葉でイベントをするがけっぷちアイドル。集ま...
「陰日向に咲く」みた。 (たいむのひとりごと)
それぞれが主役のような別々のエピソードでの複数の登場人物が微妙に少しずつ交差し、やがては思わぬ方向で繋がりを見せていく物語。原作は未読。一応映画では、基本的に岡田君演じる”シンヤ”が中心に描かれ、ほと
「陰日向に咲く」を観る (紫@試写会マニア)
今年公開の邦画作品で観たかったモノのひとつ、「陰日向に咲く」を観てきました。 まだ映画化を知らない時期に原作本を読み、芸人としても他と一線を画している感があった劇団ひとりの才能の一端に驚いていたのです。やっぱ映画化しましたねー、しかも決まったキャストは...
劇場鑑賞「陰日向に咲く」 (日々“是”精進!)
 「陰日向に咲く」を鑑賞してきました劇団ひとりの同名ベストセラー小説を映画化。理想はあれど、現実はそううまくはいかないという9人のダメダメな人々の物語。東京の片隅に生きる人々それぞれの物語をすくい取った群像劇。岡田准一、宮崎あおい、西田敏行など多彩なキ...
陰日向に咲く (Akira's VOICE)
ツンとくるのに,泣けない。
陰日向に咲く (何書☆ねくすと)
 評価:◎          即席感動群像劇度:55% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらな...
映画 『陰日向に咲く』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。人気お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー処女小説を基に、『その時は彼によろしく』の平川雄一朗監督が映像化した。夏の日の東京。ギャンブ...
陰日向に咲く (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開             「ふりむキッス」歌:武田みやこ(平山あや)        「来てくれて、うれしいドロ~」 はぁ~っ、なんかねぇ、良かったですよぉ。 うぅ~ん、なんかねぇ、泣け!っ...
陰日向に咲く (Good job M)
公開日 2008/1/26監督:平川雄一朗 「そのときは彼によろしく」出演:岡田准一/宮崎あおい/伊藤淳史/平山あや/緒川たまき/塚本高史/西田敏行/三浦友和 他【あらすじ】夏。東京には大型台風が接近していた。ギャンブルから足を洗えず、借金地獄のシンヤはオレオレ詐欺を...
陰日向に咲く (★Shaberiba ★)
 自分のことを、1人くらいは心配してくれる誰かがいると信じよう。  そして明るい光を見つめて、明日も歩いていこう・・・。
陰日向に咲く (いい加減社長の日記)
「UCとしまえん 」のポイントも少なくなったので、昨日はレイトショー。 空気が冷たく、寒かったです。 「UCとしまえん 」も寒さのせいか、人は少なめ。 でも、「陰日向に咲く 」は、中くらいのスクリーンだったけど、7割程度の入り? そこそこの感じ?
映画『陰日向に咲く』 (頑張る!独身女!!)
不器用でカッコ悪い9人の陰日向に生きることは・・・
映画『陰日向に咲く』 (健康への長い道)
風邪をひいてしまいました蓮。 月曜日の夜、ゾクゾクッときて目が覚めかけたものの、そのまま再び寝入ったところ、朝起きたら・・・殮。 鼻水、せき、のどの痛みにとどまらず、頭痛、筋肉痛、悪寒、ふらつきまで。木曜日には寒気は取れましたが...
「陰日向に咲く」人との繋がりで辿り着いた2つの真実の想い (オールマイティにコメンテート)
「陰日向に咲く」は劇団ひとり原作の映画で9人の登場人物がそれぞれのすれ違いを経て2つの結末に辿り着くストーリーである。内容的には確かにいい話なのかもしれないが無理矢理ストーリーをくっ付けてしまった感じもあるだけに感じ方次第では評価が分かれるだろう。
陰日向に咲く / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
劇団ひとりサン原作小説の映画化『陰日向に咲く』を観てきました~STORY:夏。東京には台風が接近していた。そんな東京ではダメダメな人たちが、陰日向の奮闘をしていた。 ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。ある日街で、母親が昔好きだった人を探している...
陰日向に咲く/岡田准一、宮崎あおい (カノンな日々)
原作は読んでました。私にしてはけっこう早い時期に読んだほうかな?ワタシ好みな群像劇だったこともあって夢中になって読ん本です。劇団ひとりというクリエーターにも興味があったのですが、なかなか良く出来た物語で面白かったです。きっとどこかが映画化するだろうなぁ...
陰日向に咲く (5125年映画の旅)
ギャンブル癖が抜けず借金に苦しむバス運転手。母の漫才の相方を探す女性。全てを捨てたホームレスとそんなホームレスに憧れる男。売れないアイドルと彼女の熱狂的なファンの青年。東京に暮らす彼らの人生が、ある夏の日に大きな転機を迎え、だんだんと一つに繋がってい...
伊藤淳史クンの似顔絵。「陰日向に咲く」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
昨夏「西遊記」を観に行けなくて、その時描いてた、 伊藤淳史クンの似顔絵流用で、申し訳ない。 ・・と思ってたんですが、「陰日向に咲く」を観てて、この似顔絵が 「不思議な意味」を持った事に驚きました。 映画を鑑賞された方はわかると思うんですが、 気付けば、新...
『陰日向に咲く』 (cinema days 『映画な日々』)
 劇団ひとりの処女作にして75万部を超える  ベストセラー小説の映画化  登場人物9人の人生が終焉に向け交錯する  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』
2008-05『陰日向に咲く』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-05『陰日向に咲く』(更新:2008/01/30) 評価:★★★★☆ 日陰に生きるダメダメな人たちを描いた、泣きたいくらい愛おしい群像劇 劇団ひとり原作の映画です。 登場人物が微妙に絡みあいなん...
映画「陰日向に咲く」 (happy♪ happy♪♪)
借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、C級アイドルを 追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、夫に逃げられ 子供も亡くした孤独な老女。 日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。 原作{/book/}を読んでませんが、後半うるうる{/kaeru_cr...
陰日向に咲く (花ごよみ)
劇団ひとりの原作を映画化。 キャストは岡田准一(シンヤ) 宮崎あおい(鳴子・寿子) 伊藤淳史(雷太) 平山あや(みゃーこ) 緒川たまき(ジュピター) 塚本高史(ゆうすけ) 西田敏行 (モーゼ) 本の内容、記憶が薄れていましたが、 映画を観ているう...
【2008-19】陰日向に咲く (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ホームレス 借金地獄 売れない芸人 田舎娘 崖っぷちアイドル アキバ系オタク ストリッパー 人生に”陽の当たらない人たち” 彼らに陽は当たるのか!? ひとりじゃない。
劇場鑑賞「陰日向に咲く」 (日々“是”精進!)
 「陰日向に咲く」を鑑賞してきました劇団ひとりの同名ベストセラー小説を映画化。理想はあれど、現実はそううまくはいかないという9人のダメダメな人々の物語。東京の片隅に生きる人々それぞれの物語をすくい取った群像劇。岡田准一、宮崎あおい、西田敏行など多彩なキ...
陰日向に咲く ~ 普段はできるだけ目を背ける微妙な感情 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 普段はできるだけ目を背ける微妙な感情 ~ 劇団ひとり原作の人気小説を映画化したこの作品。東京で暮らすいわゆる“負け組”な人たちにスポットを当てて、その人生を描いた群像劇です。 私は原作を読んでいないので、映画版と原作との違いはわからないのですが、...
『陰日向に咲く』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「陰日向に咲く」□監督 平川雄一朗 □原作 劇団ひとり □脚本 金子ありさ □キャスト 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、西田敏行、三浦友和、平山あや、塚本高史、緒川たまき ■鑑賞日 1月27日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...
陰日向に咲く(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告を観てなんとなく観たい気分になりました。 ということで、「陰日向に咲く」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和 上映時間:126分  ギャンブルか...
『陰日向に咲く』 2008-No9 (映画館で観ましょ♪)
巡り合いの中で生きてく また人を好きになる 喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら 恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好き...
『陰日向に咲く』鑑賞レビュー! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『陰日向に咲く』鑑賞レビュー! 下の画像をクリックで やや、大きめのサイズで ご覧になれます! ↓↓↓↓ 2008年 日本 公開日::::2008年1月26日(土) 上映時間::::129min(2時間9分) 配給::::東宝 *:.。.☆.。.:*・゜☆ ス...
陰日向に咲く (future world)
劇団ひとり氏のベストセラー小説は未読だが、 読んだ人から小説は面白かったと聞き、やや期待して観にいったが。。 3つの物語がそれぞれ進行し、最後に絡み合うような作り方で、 纏まり具合はなかなか上手いなと思ったけど、 そこに行き着くまでが、やや平坦に感...
「陰日向に咲く」 縁は異なもの (はらやんの映画徒然草)
現代は人の関係が薄くなったとよく言われます。 けれど一人がいいと思っている人が増
陰日向に咲く (傲慢映画評論家見習中)
{{{ [ あらすじ ] 夏の日の東京。 ギャンブルから足を洗えず、借金まみれのシンヤ(岡田准一)は、オレオレ詐欺に手を染め、老婦人をだまそうとする。 しかし、その老婦人と心が触れ合ってしまい、金を引き出せずにいると、街で寿子(宮崎あおい)という女性と出...
「 陰日向に咲く (2005) (MoonDreamWorks★Fc2)
【陰日向に咲く】2008年1月26日(土)公開 監督 : 平川雄一...
「陰日向に咲く」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「陰日向に咲く」 監督:平川雄一朗 出演:岡田准一、宮崎あおい、西田敏行、緒川たまき、三浦友和、塚本高史、伊藤淳史、平山あや 東京には大型台風12号が接近していたある夏の日。 パチンコにはまり借金を繰り返すバス運転手のシンヤはサラ金の回収屋に終われる...
『陰日向に咲く』:ひとりで生きる、誰かと生きる:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
陰と日向、それぞれに生きる人たちの映画。というよりも観終って、独り(ひとり)で生きていてるようでも、ほんとうは誰かとともに生きているのだということを感じさせてくれる映画でした。
陰日向に咲く (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  いい映画だった。だがネットではそれほど評価が高くない。ことに劇団ひとりの原作を読んだ人の酷評が目立つ。 おそらくそれほど原作は素晴らしいのだろう。原作を知らない僕は、この映画を素直に誉めてやりたい。  このお話は大きく三つのパートに分かれてい...
陰日向に咲く 駄目男を岡田准一が演じる! (銅版画制作の日々)
  日の当たらない9人の物語 2月19日、東宝シネマズ二条で鑑賞。「劇団ひとり」の作家デビュー作であり、何と大ベストセラーとなった小説らしいです。実は主演を務めた岡田准一君の密やかなファンでもあって、ぜひ鑑賞したい映画でした このところ、色々な話題作に出演...
【映画】陰日向に咲く…今日のレビューは我ながらケチョンケチョン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事で書いたとおり、昨日({/kaeru_fine/}のち{/kaeru_rain/})はお仕事。2ヶ月に一度ペースで当番が周ってくる夕方から深夜にかけてのお仕事でした。…実は嫁さんの誕生日{/presents/}だった昨日なので、仕事は避けたかったんだけどね{/face_ase2/}。休日に他の...
『陰日向に咲く』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たし取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとするが、電話に出た悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ・・・。感想ミリオンセラーとな...