水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

文明の利器に暴かれた事実。『天使と悪魔』

2009-05-30 09:30:00 | 映画【た行】
2006年5月に劇場公開された映画
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。
ヴァチカンを舞台に描かれた
教皇候補の暗殺計画を巡る物語です。


映画の評価 ★★★★★ 面白い娯楽映画



●以下ネタバレがあります●


今から3年前、
『ダ・ヴィンチ・コード』が公開された当時は
お祭り騒ぎ状態で妙に世間が盛り上がっていました。

映画の内容自体はそれなりに面白かったのですが、
そんなに騒ぐ程のモノかなぁ・・・といった感じで、
完全に配給会社側の大掛かりな宣伝作戦に
観客が踊らされてしまった気がしていました。

なので、今回の映画は
劇場で観ようかどうしようか迷ってしまいましたが、
私の大切な映画ブログ友達のアイマックさん
約1ヶ月休止していたブログを再開させ、
その復帰第一作目がこの映画だった事もあり、
それに背中を押されるような形で
私も観てみる事にしました。


大きなリスクを伴う
反物質の研究が進められている実験室で、
ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)のチームは
これまでの生成数を上回る量の
反物質のサンプル生成に成功します。
その成果を喜ぶヴィットリアでしたが、
保管場所にいた研究員の仲間が殺害され、
出来たばかりのサンプルのひとつが
盗まれている現場を目の当たりにします。
ちょうどその頃、
アメリカの大学で宗教象徴学の研究をしている
ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)の所へ
ヴァチカン警察の捜査員が訪ねてきます。
それはローマ教皇逝去に伴う教皇選挙を前に
4人の教皇候補者が誘拐、暗殺予告をされた
事件の解決協力依頼の為でした。


今回の映画の率直な感想は
前作よりも断然面白かったですし、
あっ!という間の138分でした。

予告どおり順々に殺害されてゆくその残酷な様には
とてもハラハラさせられましたし、
ミステリアスな犯人像にも
終始釘付けでした。

信者の気持ちをあおる為、
多くの命を犠牲にしてまで成し遂げようとした
あんなにも大掛かりな策略だったのに、
野望達成の寸前で事件を解き明かしたのは
ラングドン教授の解析でも警察の追跡でもなく、
なんと!!

・・・防犯用監視カメラ。

宗教を揺るがすような大事件解決の鍵が、
今の時代、街中のあちこちにあるような
普通の防犯用監視カメラだったとは・・・。

文明の利器に暴かれた事実
あまりにも残酷なモノで、
目には見えない信仰が恐れているのは
やはり目に見える現実なのかもしれません。

人間の心の支えとなる崇高な存在
確かに必要なのかもしれませんが、
それですら捉え方を一歩間違えれば
天使にも悪魔にもなるという
紙一重の存在で、
それは科学の産物も同じ事です。

劇中に登場した反物質
もともとは重要なエネルギー源として
人間が生きる生活の為に役立てるつもりが、
人間を殺す為の犯罪の武器として
利用されてしまったのですから・・・。

宗教は科学を否定し、
科学は宗教を否定
していても、
実は似たモノ同士の存在で、
人間にとっては大切な存在だが
取り扱い注意というこの物語。

結局、何事についても
一方の存在ばかりに比重を置きすぎては
そのバランスに歪が出るのは当然で、
互いを認め合い上手く共存していくのが
一番平和的な解決法なのでしょうね。

ラストシーンに描かれていた
ラングトン教授と聖職者の姿が
信仰と科学の理想的な関係のように感じました。


【2009年5月27日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記憶の形。『つみきのいえ』 | トップ | 彼らに拍手を送りたい!『ROO... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (なな)
2009-05-30 10:19:32
ご覧になったのですねー
私はダン・ブラウンの著作のファンなので
映画はたとえ駄作でもきっとこれからも観てしまうような気がしますが
たしかにこの「天使と悪魔」は
「ダヴィンチ」より数段,上手に映画化されていました。
そりゃ原作のほうがずっと深いですけど
それでもうまく省略や変更をして
万人が楽しめるような娯楽作にうまくまとめた監督の手腕はさすがですね。
原作をしらなくても,また宗教や科学に詳しくなくても
言いたいことは伝わってくるし,ストーリーもわかりやすいし
まずまず満足できる作品でしたよー。
コメント返信 (テクテク)
2009-05-30 11:51:03
>ななさま
こんにちは
私はこの原作を読んでいませんが、
久しぶりに純粋に楽しめるサスペンス映画を観た気がします

映画「ハリー・ポッター」もそうですが、
やはり長い原作を2時間程度に映画としてまとめるには
カットせざる部分が出てくるのは仕方ない事なのでしょうね

この映画の感想をUPしてから
いろいろな方のブログを通して感想を拝見しましたが、
原作を読んでいる方の感想は
映画での物足りなさを書かれている方が圧倒的に多いので
面白い原作本を映像化する事の難しさを
客観的にも感じてしまいました
こんにちは♪ (ミチ)
2009-05-30 15:23:59
確かに宗教と科学は取り扱い注意な気がします。
私は原作のファンですけど、これ以上上手く脚本を作ることはできない気がします。
ほめてあげたい気分です~。
コメント返信 (テクテク)
2009-05-30 18:24:58
>ミチさま
こんにちは
確かに宗教と科学はデリケートな題材で
どちらも遠くの存在に感じている私だからこそ
この映画を面白く観る事が出来たのかもしれません

原作に思い入れのある方や
原作にお気に入りのエピソードがある方など、
人によって捉え方、感じ方は様々なようですが、
原作を知らずに観た私も
この映画は次々に起こる事件の過程や
その結末に至るまでを上手くまとめていたと思います
こんにちは!! (くろねこ)
2009-05-31 10:39:22
謎解きのスピーディさにおされ引き込まれたこの作品
でしたが、私にはこの大掛かりな事件の本質が
見えなかったんです(涙)
「宗教も科学も1歩間違えば天使にも悪魔にもなる」
なるほど~。
テクテク様のレビューで頬をたたかれた思いがしました!!
「ラングトン教授と聖職者の姿が信仰と科学の理想的な関係」まさにそうだと思います♪
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-05-31 11:44:42
ほんと、「ダヴィンチ・・」より、ずっとおもしろかったと思います。
見せる映画として、よくできてた。
科学と宗教というのは、対立しているように見えて、表裏一体のような、そんな原作のいいたい(たぶん)ところも、それなりに見せてたと思います。
ダン・ブラウンは眉つばで読まないとあぶない本ですが、蘊蓄はおもしろいので、エンタメとして読み、見せたと思いますわ。
コメント返信 (テクテク)
2009-05-31 21:23:40
>くろねこさま
こんにちは
私もこの映画を観ていた時は
次々と予告通りに起こる事件と
謎めいた実行犯に引き付けられてしまって
すっかりのめり込んでいました

目に見える現象を論理的に実証していく科学と、
目には見えない抽象的な教えを信じる宗教は、
どちらも人間にとっては大切なモノだと思いますし、
知能と感情は
人間にとってどちらも大切という事なのでしょうね
テクテクさん、こんばんは! (アイマック)
2009-05-31 21:25:36
テクテクさんが映画を楽しんでくれて私もうれしいですよ。
前回よりもスピーディで見やすかったし、主題もわかりやすかったですね。

>ラストシーンに描かれていた
>ラングトン教授と聖職者の姿が
>信仰と科学の理想的な関係のように感じました。

そうラストは印象的でした。
対立するものは争うのではなく共存していくしかない。
全編、映像もきれいで演出が上手かったですー。
次回も期待していますよ。笑
それにしても仮説でも物語として成り立っているところがすごいね。


コメント返信 (テクテク)
2009-05-31 21:29:30
>sakuraiさま
こんにちは
今回の映画は前作よりも見応えがありましたよね

脅迫文になぞられた通りの残虐な犯行と
それを追いかける様子、
手を下した実行犯とその正体…
どれも終始ドキドキ感がありましたし
最後まで退屈する事なく楽しめました

物語も映像もエンターテイメントとして
とてもレベルの高い作品だったと思います
コメント返信 (テクテク)
2009-05-31 21:41:17
>アイマックさま
こんにちは
いや~
この映画は観ておいて良かったですよ

アイマックさんが観ていなかったら
多分、私は観ていなかったと思います

劇中に教皇選挙の様子が描かれていましたが、
煙突から出る煙を観て
2005年にヨハネ・パウロ2世が逝去された時の事を
思い出しました

実在するモノを題材にここまで上手くまとめて
エンターテイメント性の高い映画を作り上げたのには
さすがハリウッドといった感じですよね
お互いを認めあわないと (かめ)
2009-06-08 03:17:05
TBありがとうございました。
精神、倫理感に成熟している宗教と、神の業をも客観的に解明していく科学の両方を認めないと、ダメなのでしょうね。

原作を読んでいったので、作品のスピードを楽しめました。
コメント返信 (テクテク)
2009-06-08 12:49:58
>かめさま
こんにちは
目には見えない人の心の支えとなる宗教と
現実的な生活の発展を遂げる科学を
同じ土俵で考える事自体が難しいと思います

良い部分を認め合いながら共存する事の大切さを
痛感させられる作品でした

この映画は原作を知っている方の目線で観ると
また違った楽しみ方が出来るのでしょうね
確かに物語の展開が速くて
観ている側を退屈させない映画だったと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

84 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
天使と悪魔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ヴァチカンを光と闇が包み込む─』  コチラの「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名原作小説の大ベストセラーを受け映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」から3年、5/15に全世界同時公開となったミステリー大作なのですが、せっかくなので公開初日に観てきちゃ...
天使と悪魔 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
私はキリスト教徒だけど,ダン・ブラウンの愛読者だ。そしてこの二つは,割り切ってしまえば意外と両立するものである。 キリスト教界からは「冒涜」という批判もされたダ・ヴィンチ・コード も,フィクションと割り切って面白く楽しめたし,なによりこの作者の宗教や芸術...
サスペンス・イン・ヴァチカン~緊縛の一日~ (MARGARETの徒然草~DiamondDiva~)
  ダン・ブラウン著『天使と悪魔』(角川文庫2006)「ダ・ヴィンチコード」の第2作、「天使と悪魔」を彼氏と見てきました。途中眠りこけてしまったけど、なんとかあらすじはつかめました。バッチリカレに寝顔を見られるという、恥ずかしい展開になりましたが、前もって見....
天使と悪魔  Angels (ネット社会、その光と影を追うー)
トム・ハンクス主演;天使と悪魔 Angels De
天使と悪魔 (ともやの映画大好きっ!)
天使と悪魔(原題:ANGELS & DEMONS) 【2009年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。 ダン・ブラウン原作の"ロバート・ラングドン"シリーズの1作目となる「天使と悪魔」を、映画版では時制を前後させ前日譚ではな...
『天使と悪魔』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
仕事が早く終ったので、せっかくの公開初日だし、と帰りがけに観てきた。 金曜の晩だから映画館混んでるんじゃないかなぁと恐る恐るだったのだけど、案に相違してガラガラ。ま、ちょっと早めの時間帯だったってこともあるし、吹替版だったからかも知れないけど、これはち...
天使と悪魔 (りらの感想日記♪)
【天使と悪魔】 ★★★★☆ 映画(20)ストーリー ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、ルーヴル美術館
天使と悪魔 (LOVE Cinemas 調布)
『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が送る、シリーズ第2弾。主演のロバート・ラグンドン教授はもちろんこの人、トム・ハンクスが演じます。そして、今回のもう一方の主役とも言えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガーも出演。原作はどちらも既読の私ですが...
『天使と悪魔』(吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカル...
天使と悪魔 (ダイターンクラッシュ!!)
5月16日(土) 21:05~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『天使と悪魔』公式サイト 「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドン教授が主人公の話。 原作は、こちらが先であるが、映画では、こちらが後になっ...
『天使と悪魔』 (Sweet*Days**)
監督:ロン・ハワード  CAST:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 他 スイスにある世界的な研究所で殺人事...
劇場鑑賞「天使と悪魔」 (日々“是”精進!)
「天使と悪魔」を鑑賞してきました「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われ...
天使と悪魔 (そーれりぽーと)
上手いプロモーションで原作を読んだ人も読んでない人もノセられ、俺も大阪からわざわざ東京まで前夜祭を観に行ってしまった『ダ・ヴィンチ・コード』から丁度3年。 トム・ハンクスの変な髪型ロバート・ラングントンシリーズ第二弾『天使と悪魔』を観てきました。 ★★★...
『天使と悪魔』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:ANGELS&DEMONS監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン出演:トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド公式サイトはこちら。<Story>ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン(トム・ハ....
映画「天使と悪魔」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 109シネマズは毎月19日に「ポイント会員感謝の日!」を開催していて「ポイント会員は¥1000で映画が見れる」と言う事で345席のシアター6は平日にかかわらず5割ほどの客入りだ。 映画の話 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、...
天使と悪魔 (Akira's VOICE)
もっと考えさせてください。
【天使と悪魔】 (日々のつぶやき)
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アィエレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、アーミン・ミューラー=スタール     ヴァチカンを光と闇が包み込む― 「ロバート・ラングドン教授の元にヴァチカンからの使者がやって
「天使と悪魔」 Angels and Demons (俺の明日はどっちだ)
今から4年ほど前に原作を読み、その面白さに3年前にイタリアに行った際に思わずローマ市内とバチカンを彷徨い息子たちと勝手に『天使と悪魔ツアー』ごっこをしたりしていたので、今回の映画化には不安を持ちながらもそれなりに期待もしていた。 ちなみにそのツアーのエ...
410: 天使と悪魔 (さくらの映画スイッチ)
色々と勘ぐり過ぎて、見終えた後はどっと疲れが出た。しんどかった。(笑)
「天使と悪魔」みた。 (たいむのひとりごと)
結局『ダヴィンチ・コード』は読まずじまいのままなので、当然原作は未読。もともと宗教系の歴史や物語には疎い私でもあるので、今回も”暗号系推理モノ作品”感覚での鑑賞となった。よって、そういう意味ではやや物
天使と悪魔 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天使と悪魔は、ダ・ヴィンチ・コードの続編のようですが、トム・ハンクス主演の歴史犯罪ミステリー映画です。今度はガリレオの暗号だそうです。 西洋史の知識が無いと難しそうな気もしますが、ダ・ヴィンチ・コードは今日地上派で放送されます。
映画 【天使と悪魔】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「天使と悪魔」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。『ダ・ヴィンチ・コード』に続いてロン・ハワードが監督。 おはなし:教皇逝去にともない、新教皇を選ぶ儀式コンクラーべが開始されたが、有力候補の枢機卿4名が誘拐されてしまう。ヴァチカン当局は宗教象...
天使と悪魔 (映画の話でコーヒーブレイク)
15日、公開初日のレイトショーに行ってきました。もう一週間も経っているやないか~{/face_ase2/} 630席の館内はほぼ満員。 ラングドンシリーズへの期待の大きさがうかがえます。 「テンプル騎士団」「イルミナティー」「フリーメイスン」「秘密結社」「陰謀」「謎...
天使と悪魔 (だらだら無気力ブログ)
ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰...
「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 (はらやんの映画徒然草)
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ
天使と悪魔/Angels and Demons (いい加減社長の映画日記)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として、楽しみにしていた「天使と悪魔」。 公開2日目に鑑賞していたんだけど、いろいろバタバタしてアップが遅れてしまいました^^; 「UCとしまえん」は、普通よりは多めかな。 「天使と悪魔」は、大きめのスクリーンで、8割程度か。 ...
天使と悪魔 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ~             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくロ...
『天使と悪魔』 (めでぃあみっくす)
面白いけど深みがない。そのため全く世界観が構築されないまま真犯人が分かっても全然驚きがない映画でした。とにかく情報量が多いうえに、ヴァチカンやキリスト教の歴史に関する個々の説明も不親切。 正直、これがあの『フロストXニクソン』を撮った監督の作品とは思え...
天使と悪魔 って鳥インフルと豚インフルぐらい違う? (労組書記長社労士のブログ)
【 29 -7-】 大阪の中心街の東通りという繁華街もガラガラ、フィットネスクラブもガラガラ、そして映画館もガラガラ・・・ 映画館は事前予約はもう受け付けないようになっている。 それくらい大阪の人は豚インフルエンザの影響を受けています、が、俺はうっかり日曜に東...
天使と悪魔・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
象徴学者ロバート・ラングドン教授を主人公とした、ダン・ブラウン原作のベストセラー小説、映画化第二弾。 原作はこの「天使と悪魔」の後に...
天使と悪魔 Angels and Demons (映画!That' s Entertainment)
●「天使と悪魔 Angels and Demons」 2009 アメリカ Sony Pictures Entertainment,Columbia Pictures,Imagine,138min. 監督:ロン・ハワード    原作:ダン・ブラウン『天使と悪魔』 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン...
『天使と悪魔』・・・そして「彼」に“最後の審判”が下る (SOARのパストラーレ♪)
面白さと物足りなさが半々といった印象だった。面白さもそれなりに堪能できた反面、物足りなさも大きかったという感じだ。
[Review] 天使と悪魔 (Diary of Cyber)
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる本作(原作は『天使と悪魔』の方が先で、主人公は同じだが作品としては別個)。 宗教の弾圧によって抹殺された秘密結社『イルミナティ』が、宗教に対し復讐を図るために復活。コンクラーベの最中に次代の教皇に選ばれるはずの枢機...
天使と悪魔 (花ごよみ)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。 監督は前作と同じロン・ハワード。 主演はトム・ハンクス。 前作と同じく宗教象徴学者、 ロバート・ラングドンを演じます。 4人の枢機卿が拉致される。 バチカンの古文書を頼りにしながら ロン・ハワードは犯人捜しと 爆発物処理の...
天使と悪魔/トム・ハンクス (カノンな日々)
これはもう事前に何も知らなくたって前評判良かろうが悪かろうが観に行っちゃう映画ですよね。でも『ダ・ヴィンチ・コード』の大騒ぎにはかなり振り回されたところもあるので今回はあまり騒がしくないのはかえって好印象だったりします。ワタシ的には一度の鑑賞でわかるの...
[映画『天使と悪魔』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆面白かった。  このシリーズは、何やら、おじさん読書家には、いかにも高尚な内容のものとして扱われているが、  私にとって、このシリーズの魅力は、その「俗」にあると思う。  今回、ラングドン教授は、<イルミナティ>と言う秘密結社の目論む「司祭見立て連続...
天使と悪魔●ANGELS & DEMONS (銅版画制作の日々)
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました!...
『天使と悪魔』 (Angels & Demons) (Mooovingな日々)
ロンハワード監督、トムハンクス、ユアンマクレガー、アイェレットゾラーほか。 17世紀、カトリック教会の総本山ヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティを作り密かに活動していた。 ヴァチカンへの復讐の...
『天使と悪魔』 ('09初鑑賞64・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:05の回を鑑賞。
天使と悪魔 ANGELS & DEMONS (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド。「ダヴィンチ・コード」の続編。ハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ」のようにトム・ハンクスの「ロバート・ラングドン教授」シリーズに...
天使と悪魔 / ANGELS & DEMONS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全世界同時公開{/atten/}日本でも大ヒット中?  前作の『ダ・ヴィンチ・コード』がわたしは全然ダメで、 劇場で観て寝ちゃったくらいだったので{/m_0162/} ...
『天使と悪魔』 2009-No17 (映画館で観ましょ♪)
やっぱりねぇー。 そうだと思ってました! 宗教象徴学は全くワカリマセンが、 犯人は判っちゃいます! 長引かせず、 ラング...
●天使と悪魔(25) (映画とワンピースのこでまり日記)
まっ、こんなもんよね。
天使と悪魔 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] ロバート・ラングドン教授の謎解きの鋭さばかりが目立つ
天使と悪魔 (悠雅的生活)
科学と宗教。粛清と復讐。そして、選ばれし者。
「天使と悪魔」★★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドほか カトリック教会の総本山ヴァチカン市国のローマ教皇が逝去し、後継者を選ぶコンクラーベが開かれる中、最有力候補の枢機卿が次...
天使と悪魔 (メルブロ)
天使と悪魔 261本目 2009-22 上映時間 2時間18分 監督 ロン・ハワード  出演 トム・ハンクス  ユアン・マクレガー  アイェレット・ゾラー ステラン・スカルスガルド  会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)  「ダヴィンチ・コード」の続き。また、...
映画レビュー「天使と悪魔」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
天使と悪魔 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆前作以上の謎とスピード感で描く歴史犯罪ミステリー。駆け足の謎解きを重厚な背景がサポートする。 【65点】 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授は、秘密結社イルミナティが復活したことを知り、教皇...
映画「天使と悪魔」 (FREE TIME)
話題の映画「天使と悪魔」を鑑賞。
★「天使と悪魔」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段...
天使と悪魔    試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
『ダ・ヴィンチコードから3年-新たな歴史の謎が暴かれる。 ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。 ヴァチカンに迫る危機-秘密結社イルミナティの復讐が始まる! 世界は震える。 2009年 アメリカ  2009/5/15全世界同時公開 監督 ロン・ハワード 脚本...
「天使と悪魔」神の教えを辿った先にみたガリレオ裁判の歪み (オールマイティにコメンテート)
「天使と悪魔」は2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編に当たる作品でヴァチカンとローマを舞台にカトリック教会に脅迫状が届き、その脅迫状には午前0時になったらヴァチカンは光に包まれるだろうというものだった。ヴァチカンを救うべく事件とカトリッ...
天使と悪魔 (勝手に映画評)
『ダ・ヴィンチ・コード』から3年。ロバート・ラングトンシリーズ映画の第二段。ただし、原作では『天使と悪魔』の方が先であり、映画と原作では時系列関係が逆になっています。 『ダ・ヴィンチ・コード』も充分ジェットコースタームービーでしたが、こちらの『天使と悪...
『天使と悪魔』(吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカル...
天使と悪魔 (ぷち てんてん)
「コンクラーベ」は「根競べ」(根比べ?)だと思った人は、きっといると思う^^)☆天使と悪魔☆(2009)ロン・ハワード監督トム・ハンクスアイェレット・ゾラーユアン・マクレガーステラン・スカルスガルドニコライ・リー・コスストーリー ハーバード大学の宗教象徴学...
天使と悪魔 (迷宮映画館)
映画を比べることはあんまり好きじゃないのですが、自分のだからいいよね、ハワードさん。「ダヴィンチ・コード」より10倍いいです。
インディジョーンズじゃなかったん?~「天使と悪魔」~ (ペパーミントの魔術師)
いきなり何を言い出すのかといえば。 今回はヴァチカン弾丸ツアー、しかも24並みに せかせか時間ばっか気にしなきゃいけない展開なんですが、 4人の枢機卿を救うために謎解きをしてはアサシンとぶつかり そのあとは反物質の爆破がカウントダウンにはいってて その...
天使と悪魔 (小部屋日記)
Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース 「ダ・ヴィンチ・コード」から3年 新た...
映画「天使と悪魔」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  いろんなところで「原作とは違う」という声があったのでそのつもりで観たこともあり、トム・ハンクスのラングドンも「これは、これ」とあきらめがついたこともあり、前作よりは、とても楽しめました。ユアン・マクレガーが久々に、ハマリ...
「天使と悪魔」 (てんびんthe LIFE)
「天使と悪魔」試写会 東京国際ファーラムホールAで鑑賞 前日プレミアは終わったはずなのに、何なのだ!このピリピリ感。 こんなことは全く初めてですが、全員携帯取り上げられました。 スタッフの人数が今までにないくらい多い。 当たり前だよね、想定して400...
「天使と悪魔」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Angels & Demons」2009 USA ロバート・ラングドンに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」のトム・ハンクス。 ヴィットリア・ヴェトラに「ミュンヘン/2005」「ヴァンテージ・ポイント/2008」のアイェレット・ゾラー。 カメ...
天使と悪魔 (とりあえず、コメントです)
ダン・ブラウン著の同名小説を映画化した作品です。 前作『ダ・ヴィンチ・コード』と同じく、トム・ハンクスの演じるラングドン教授が大活躍でした。
「天使と悪魔」 第1位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 722オープニング土日興収: 5.47憶円「ダ・ヴィンチ・コ
2009-50『天使と悪魔』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-50『天使と悪魔』(更新:2009/05/17) * 評価:★★★★☆ 仕事が忙しいけど、映画の為にに残業を早めに切り上げました。 明日も仕事だから許して! ららぽーと横浜でデジタル上映で観賞しました。...
天使と悪魔 (2009・アメリカ) (白ブタさん)
『ダ・ヴィンチ・コード』 の続編。 予告のユアンがかっこよかったので~(*^_^*)
天使と悪魔 を観ました。 (My Favorite Things)
ダン・ブラウン好きの私なので…チョイ辛口です。
[天使と悪魔] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:ANGELS & DEMONS公開:2009/05/15製作国:アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/05/15監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・...
天使と悪魔 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。 物語:ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授...
天使と悪魔 (Peaceナ、ワタシ!)
「ダ・ヴィンチ・コード」から3年-新たな歴史の謎が暴かれる。 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編『天使と悪魔』を観てきました。 またもや未読なんですけれど、こっち(天使と悪魔)の方がおもしろい! とバンバン宣伝しています。どうしてかな~? と思っていたのですが、...
天使と悪魔 (ダイターンクラッシュ!!)
5月16日(土) 21:05~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『天使と悪魔』公式サイト 「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドン教授が主人公の話。 原作は、こちらが先であるが、映画では、こちらが後になっ...
天使と悪魔【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:ANGELS DEMONS(2009年アメリカ)監督:ロン・ハワード出演:
天使と悪魔 (心のままに映画の風景)
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、 ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから...
天使と悪魔 (映画どうでしょう)
映画 天使と悪魔 の感想 ダ・ヴィンチ・コードのシリーズ第2弾。前作に引き続きト...
天使と悪魔/Angels & Demons (うだるありぞな)
今回は、あの「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン原作の「Angels & Demons 天使と悪魔」 ランキングに参加してます。    17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、秘密...
天使と悪魔 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ロン・ハワード
科学と宗教~『天使と悪魔』 (真紅のthinkingdays)
 ANGELS & DEMONS  教皇選挙(コンクラーベ)が行われようとしているヴァチカンで、秘密結社イルミ ナティによる枢機卿誘拐と爆破予告が...
天使と悪魔(映画版) (時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館))
 「ダ・ヴィンチ・コード」に続く、トム・ハンクス主演のラングドン教授シリーズの第2弾「天使と悪魔」。原作では、こちらの方が、先なのだが、映画ではなぜか「ダ・ヴィンチ・コード」続編となっている。 今回の話は、カトリックの総本山ヴァチカンを舞台に、アメリカ...
天使と悪魔 (paseriのブログ)
「天使と悪魔」(2009)を観ました。監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン出演:トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、   ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド<内容>教皇が病死し、次の教皇を選出するコンクラーベが行われようとしているヴァチカンに...
「天使と悪魔」 ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
ローマ市内を縦横無尽に車で走り回るのは、まるで現代版「ローマの休日サスペンス風」。 懐かしいローマの教会めぐりに思いを馳せていると、あれあれ・・・? 慌しく駆け回る展開についていけないよ・・・・
天使と悪魔 (こんな映画見ました~)
『天使と悪魔』 ---ANGELS & DEMONS--- 2009年(アメリカ) 監督:ロン・ハワード 出演: トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦...
『天使と悪魔』 (『映画な日々』 cinema-days)
天使と悪魔 ローマ教皇が亡くなりコンクラーベ(選挙)の最中、 秘密結社イルミナティから新教皇候補殺害予告が届く。 【個人評価:★★☆...
天使と悪魔 (Angels & Demons) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム...
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい (RISING STEEL)
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど 直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲う未曾有の危機に挑む! 2009年 アメリカ映画 コロ...
天使と悪魔  (Yuhiの読書日記+α)
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリー。その他のキャストは、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド他。 <あらすじ> 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン....