水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』

2010-03-07 11:30:00 | 映画【は行】
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の
兵士たちの姿を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 緊張感のある映画



●以下ネタバレがあります●


アカデミー賞でのノミネートが発表されてから
規定違反が発覚したり訴えられたりと
何かと物議をかもしだしているこの映画。

でも、この作品自体は凄く緊迫感もあり、
兵士たちのドラマも上手く描かれていて
純粋に良質な作品だと思いました。


この映画は爆発物処理班の兵士
ジェレミー・レナー演じるウィリアム・ジェームズ二等軍曹、
アンソニー・マッキー演じるサンボーン軍曹、
ブライアン・ジェラティ演じるエルドリッジ技術兵
この3名を中心に描かれています。

町のあちこちに爆発物があるバグダッドで
ラジコン車を遠隔操作しながら
慎重に爆発物処理を行なっていた矢先、
処理に失敗した事で兵士が殉職し、
代わりに配属されてきたウィリアム。

これまでラジコン車を遠隔操作しながら
おっかなびっくり状態でやっていた事を
彼は自らの足で爆発物に近づき
着任初日からテキパキと処理してしまいます。

ウィリアムのあまりにも無謀な行動
サンボーン軍曹は怒りをあらわにしますが、
当の本人は反省する様子もありません。

その後もウィリアムは同様に
爆発物を処理して周囲を心配させますが、
その様子に軍の大佐はご満悦
彼を褒め称えます。

「君はこれまで幾つの爆弾を処理してきた?」

大佐の問いかけに
ウィリアムは謙遜して言葉を濁しますが、
ハッキリ答えろと言われて
「・・・873個です。」と答えます。

命知らずで何も深く考えず、
爆発物をやっつけ仕事みたく処理しているかのように
飄々としていたウィリアムでしたが、
実は873個という数をカウントしていて
その事をしっかりと覚えていました。

しかも彼は自分が処理してきた爆発物の部品
思い出の品として保管していて、
そのひとつひとつが
彼の生きた証のようにも感じられ・・・。

その後、イラクでの任務を終え、
アメリカの自宅に戻って買い物に出かけても
商品棚にならべられた多くのシリアルに戸惑い
なかなか選べない彼は
多くの爆発物自分の判断で処理してきた過去も
家庭の中では意味を持ちません。

その姿はまるで昨年の6月に劇場で観た映画
『レスラー』に登場する主人公のようです。

どんなに痛みを伴っても
やっぱり自分の価値観には逆らえず、
分かっちゃいるけど止められないという
男の生き様を描いたこの作品。

ウィリアムを批判していたサンボーン軍曹も
「俺も防爆スーツを着れるかな・・・。」とこぼし、
実は彼の命知らずな行動に憧れていたり、
死と隣り合わせの戦地での日々に
不安を抱えていた気弱なエルドリッジ技術兵も
自分の判断で敵を撃ち殺した事で過信したり・・・。

命の危険にさらされる毎日は
普通の事ではないと分かっていても
それをクリアする度
更に危険な行動へと兵士達を誘い
気持ちをエスカレートさせてしまう戦争は
冒頭に出てくる言葉通り
やっぱり麻薬なのかもしれません。


【2010年3月6日(土)TOHOシネマズ船橋ららぽーとにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信頼こそが最強の愛情になる。『... | トップ | 正反対のようで似ていたふたり。... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
麻薬 (にゃむばなな)
2010-03-07 14:18:49
まさに戦争は麻薬でしたね。
単に命の危険がある戦場にスリルを求めるとかのレベルではない、まさに中毒の世界。
本当に恐ろしか世界ですよ。
テクテクさん、こんにちは! (アイマック)
2010-03-07 17:25:57
いろいろなところで話題の映画ですが、インパクト十分な作品でした。
兵士というよりも戦争屋さんという職についた男たちの話みたいだったね。
テキパキとこなし、たまにはうさばらしするけど、基本は仕事中毒。
淡々としてるけど、兵士たちの胸の内がよく伝わってきた。
全ての面でリアルでしたねー。
コメント返信 (テクテク)
2010-03-07 18:26:40
>にゃむばななさま
こんにちは
この映画には人間同士が殺しあう戦争とは違った意味での
戦争の恐ろしさが描かれていましたよね

命の危険を回避して無事に帰還しても
また戦地へ舞い戻ってしまうという
まさに「中毒」という言葉がピッタリな状態で
それは人間の心の強さなのか弱さなのか…
いろいろと考えさせられる事もあった作品でした
コメント返信 (テクテク)
2010-03-07 18:52:16
>アイマックさま
こんにちは

この映画を観る前に悪いイメージを植えつけられるような
スキャンダラスなニュースが先行していたこの作品でしたが、
蓋を開けてみればとっても良質な作品で驚きました

これまで色んな戦争映画を観てきましたが、
こういったタイプの映画は始めて観たような気がします

様々なタイプの兵士がいましたが
誰もが戦地での危険な場面をクリアする度に
これまでの恐怖心がチャレンジ精神に変わってしまって…

やっぱり戦争は肉体も精神も崩壊させてしまう
恐ろしい人間の産物だと
この映画を通して改めて痛感させられました
まさに (えい)
2010-03-07 21:31:59
>分かっちゃいるけど止められない。

こんばんは。
これに尽きるテーマでしたね。
植木等もビックリでしょう。
いや、青島幸男か…。
コメント返信 (テクテク)
2010-03-08 12:49:36
>えいさま
こんにちは

まさに
チョイと一杯のつもりで飲んでいつの間にやら梯子酒…

ウィリアムの行動はこれに近いモノを感じました

おそらく爆発物処理班に配属された当初や、
実際に戦地へ出向く前は
彼も早くアメリカ本土へ戻りたいと願っていたような気がします

でも、いつも間にやらアルコール中毒ならぬ
爆発物処理中毒になってしまったのかもしれませんね

これじゃ身体にいいわきゃないよ

その事はウィリアム本人も分かっているのでしょうが、
やっぱり止められないという
スーダラ節のような人生…

スーダラ節って案外奥深い歌詞だったんだと気付いて
ちょっと感動してしまいました
男の生き様・・・ (たまさん)
2010-03-13 12:29:44
こんにちは。

>自分の価値観には逆らえず、
分かっちゃいるけど止められない

その心理、あのような戦場でなくとも日常感じる事なので身に染みますよ。

あんな生と死の狭間で生きようとする主人公はどうかしてると思う反面、分からないでもないところがまた怖いです。
コメント返信 (テクテク)
2010-03-13 15:21:02
>たまさんさま
こんにちは
この映画は戦場が舞台になっていましたが、
戦場ではなくともウィリアムのような心理は
女性である私にも分かる気がしました

自分が生きる場所、生きる意味、生きる価値…
様々な想いを抱えているのは兵士に限らずだと思いますし、
ある意味「尊厳死」にも近いモノがあるのかもしれませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と...
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
ハート・ロッカー (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
オフィシャル・サイト  「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。テロの脅威が続く混沌のイラク・バグダッドを舞台に、爆発処理チームの
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は、...
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Rocker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ~あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみだったりします。この作品と元夫であるジェームズ・キャメロン...
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
お薦め映画『ハート・ロッカー』 (♪心をこめて作曲します♪)
骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。
ハート・ロッカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ軍の占領作戦が始まった2004年のバグダッド郊外で、爆弾処理班の軍人の日常を描いている。リアリティーを追求するビグロー監督の執念は、観客を戦場の現場に連れて行く。ドキュメンタリーのような映像からは、戦争の愚かさが痛いほど伝わる。
映画レビュー「ハート・ロッカー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Hurt Locker◆プチレビュー◆爆発物処理班の兵士を通して戦争の真実と虚無感を描く秀作。スクリーンから片時も目が離せない。 【85点】 2004年イラク・バグダッド。ジェームズ二等軍曹は、駐留米軍の爆発物処理班ブラボー中隊の新リーダーとして赴任する。爆弾処理...
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦...
映画* ハート・ロッカー/ The Hurt Locker (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
戦争 = 悪 という図式が頭の中に出来上がっていると、往々にして、軍隊や軍人の存在さえも 悪に参加する、胡散臭いようなものとして見てしまうことがあるのではないか、と思います。 また、戦争を扱う映画の中で反戦メッセージを込めたものの中には、 軍隊の中...
ハート・ロッカー (しーの映画たわごと)
アカデミー賞では9部門にノミネートされたとか。「アバター」はまだ観ておりませんが、作品賞はこの作品にあげたいです。それくらい良かったと思います。娯楽映画の類ではないので、決して楽しい作品ではありませんがメッセージ性はすこぶる高い作品でしょうか。
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
ハート・ロッカー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER 2008年/アメリカ/131分 監督: キャスリン・ビグロー 出演: ジェレミー・レナー/アンソ...
「ハート・ロッカー」 (てんびんthe LIFE)
「ハート・ロッカー」試写会 九段会館で観賞 戦争映画とは知っていましたが、これも戦争映画だと感心しました。(わかり辛い表現でした。) さらに最初から最後まで2時間超えの作品は緊迫感があふれ、体中に力が入り、実際に自分もその戦地に存在するかと勘違いする...
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
「ハート・ロッカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー 脚本・マーク・ボール この記事を今急いで書いております。 ただ今、3月8日の午前4時過ぎであります・・。 7日の...
*ハート・ロッカー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ 2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリア...
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
映画『ハート・ロッカー THE HURT LOCKER』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞含む6部門を受賞。監督のキャスリン・ビグロー
映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」 (わかりやすさとストーリー )
『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚感覚で観る作品ともいえる。
ハート・ロッカー (Lovely Cinema)
 彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。
ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER (いい加減社長の映画日記)
ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方ということで少なめ。...
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
劇場 『ハート・ロッカー』感想(ネタバレ有り) (【ふじっくす情報局】)
第82回アカデミー賞で見事6冠に輝き、名誉ある作品賞を受賞した 「ハート・ロッカー」についてのレビュー。 感想の後半はネタばれになって...
ハート・ロッカー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
今年のアカデミー賞で9部門ノミネートされ、監督賞をはじめ6部門を受賞した映画です。初の女性の監督賞受賞、元夫が監督した超大作『アバター』を抑えて受賞、などいろいろ話題になっています。2004年夏、イラク。爆発物処理班「ブラボー中隊」がテロで仕掛けられた...
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー (It's a Wonderful Life)
さほど強力なライバルがいないと思われる 今年の映画賞レースでは圧倒的に強いみたいですね。 アメリカ映画では低予算の部類に入る約1,000万 ドルくらいの制作費の本作、 昨年3月のアメリカ公開時も、評判は良かったもののさほど ヒットしてないし、キャストも地味...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
「ハート・ロッカー」 (H20)
・あらすじ  2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボー...
【ハート・ロッカー】大人のオモチャ (映画@見取り八段)
ハート・ロッカー~THE HURT LOCKER ~ 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
【ハート・ロッカー】 (日々のつぶやき)
監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ   永遠を思わせる戦場    刹那を生きる男たち- 「2004年のバグダッド、米軍のブラボー中隊は爆弾処理班。ある日作業中の爆発で...
戦争中毒~『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世紀の超大作「アバター」との元夫婦決戦を制し、オスカー6部門を獲得した「ハートロッカー」は、なるほど凄い映画であった。 まるで自分が...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
ハート・ロッカー (ぷち てんてん)
オスカー取ったおかげで地方でも上映が始まった^^)☆ハート・ロッカー☆(2008)キャスリン・ビグロー監督ジェレミー・レナーアンソニー・マッキーブライアン・ジェラティレイフ・ファインズガイ・ピアースストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
『ハート・ロッカー』 (purebreath★マリーの映画館)
              世界が、この現実に胸を奪われた『ハート・ロッカー』監督・製作・・・キャスリン・ビグロー出演・・・ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース 他  ...
ハート・ロッカー (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月28日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ハート・ロッカー』公式サイト アカデミー作品賞受賞の映画をやっと観た。 感動作が取るべきだとという思い込みがあるので、「ノー・カ...
★「ハート・ロッカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。
ハート・ロッカー (Movies 1-800)
The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常を描いた戦争ドラマ。 2009年度アカデミー賞において作品賞、他計6部門受賞。 殉職...
『ハート・ロッカー』 (You got a movie)
監督    キャスリン・ビグロー キャスト  ジェレミー・レナー       アンソニー・マッキー       ブライアン・ジェラティ  第82回アカデミー賞 最優秀作品賞受賞。監督は「K-19」「ストレンジ・デイズ」の女性監督キャスリン・ビグロー。前作...
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演! 配信限定!放課後DA★話特別編(「ライムスター... (ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!)
○「ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演
ハート・ロッカー (こんな映画見ました~)
『ハート・ロッカー』 ---THE HURT LOCKER--- 2008年(アメリカ) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍...
映画[ ハートロッカー ]戦場は棺桶(ハートロッカー)なり (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ハートロッカー ]を吉祥寺で鑑賞。 ご存知、第82回、本年度米アカデミーで一番有力視されていた[ アバター ]を押しのけ、作品賞を含め6冠を達成したキャスリン・ビグロー監督の[ ハートロッカー ]。オバマ大統領誕生や彼の言葉「change!」による気風を反映...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファイン...
「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) (シネマ・ワンダーランド)
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ...
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作: キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...