水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

信念の希薄さが時代の象徴。『ハゲタカ』

2009-06-08 23:30:00 | 映画【は行】
日本の老舗大手自動車の
買収劇を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 今どきを描いた面白い映画


●以下ネタバレがあります●


この映画は
NHKテレビドラマ「ハゲタカ」の
4年後を描いた作品のようですが、
私はこのドラマを観ていません。

しかしながらこの映画には
今の日本社会が抱える大きな問題が
ストレートに描かれていました。


劇中に登場するのは

業績が悪化している老舗自動車会社
アカマ自動車三代目社長。

アカマ自動車の企業再生に取り組む
元銀行員の役員。

日本に絶望して海外生活を送っている
一線を退いた天才ファンドマネージャー。

アカマ自動車の買収を仕掛ける
中国系ファンドの
ブルー・ウォール・パートナーズの代表。

アカマ自動車の部品工場で働くいち派遣工。

アカマ自動車の筆頭株主である
MGS銀行の頭取。

アカマ自動車の買収劇を取材する
経済ジャーナリスト。

元IT企業の社長である旅館経営者。


この8人の姿を通して物語は進みます。

おそらくこの映画は、
アマカ自動車の経営を巡り
これまで積み上げた歴史や実績を
簡単にお金で買い取らせるのではなく、
誇りやプライドを懸けて
守り通した人たち

感動するべき作品なのでしょうが、
私は逆の立場の人ばかりに目が行ってしまいました。

国も派遣労働者も企業の経営者もマスコミも
自分にとってがなければ
自分にとって有利な方へ
平気で寝返ってしまう信念の希薄さ
この映画の見所でもあり、
今の時代を象徴しているかのようです・・・。

お金を持っている人間だけが
自分の欲しいモノを一瞬で手にしてしまうという
そんな馬鹿げたマネーゲームの世界。

長年かけて積み上げてきた企業の実績までも
お金を積めば
自分の物に出来ると思っている人間たち。

そんな金がモノを言う世の中であっても
お金では決して買えないモノがあり、
それは昔からの日本人が持つ
勤勉さであり誠実さだったりするのですが、
劇中でそれを一番嫌っていたのは
企業のトップである
老舗自動車メーカーの三代目社長でした。

会社が抱えている多くの社員の生活を守りたいという
彼が言い放つ上っ面の願いの下には
自分の地位や名誉を守りたいだけの
自己中心的な考えがあり、
結果的にそれ
自分の立場を追い詰める事となってしまいます。

結局、自分の有益しか考えない人間
周囲から見放されてしまうという
ごくごく当たり前の物語。

しかしながら、企業のトップに限らず、
お役人までも私利私欲の為に
道徳心の欠片も失くしてしまう現実の世の中なので、
この映画に描かれていた事は
当たり前の事が当たり前ではなくなりかけている
今の時代だからこそ
心に訴えるモノがある
ような気がしました。

逆にアカマ自動車を守ろうとした
社会と誠実に向き合う人たちというか
仕事に情熱を持つような人たち
今の時代、奇特な存在なのかもしれません・・・。


【2009年6月6日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友情なのか偽善なのか・・・... | トップ | 日本のSFアニメの原点かも... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (たいむ)
2009-06-09 17:09:47
アツイ人をすぐウザイという昨今ですしね。
世の中損得勘定だけではないという、原点を見つめ直してみたくなる作品でしたね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-09 22:42:26
TB有難うございました。
ドラマの大ファンのため、公開前に
再度、ドラマを鑑賞して臨みました。
現在の経済状況をリアルに反映しており、
ドラマでの脚本の高さ、役者の演技力
演出どれも最高の出来でした。
この作品は、観終わったあとに考えさせれます。
夢や希望を語るリーダー・・・
周りにいるのかなぁ、そんな人(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメント返信 (テクテク)
2009-06-09 22:47:38
>たいむさま
こんにちは
この映画を観ながら、
いつ頃からこんなにも信念のない世の中になったのか
考えてしまいました

自分に得がないと分かると簡単に寝返ってしまう姿には
「所詮その程度なんだよねー
と思いながら観ていましたが、
今の世の中、そんな人って案外リアルに多いんですよね

自分の非を認めなかったり、自分の主張ばかりして、
「言った者勝ち」「やった者勝ち」みたいな…

これじゃあ、まるで何処かの国のようですが、
日本人はそんな国の人間ように
魂まで売ってはならないとやっぱり思ってしまいました
コメント返信 (テクテク)
2009-06-09 22:58:27
>シムウナさま
こんばんは
私はドラマを観ていなかったのですが、
これはドラマも是非観てみたいと思いました

夢や希望を語るリーダーの存在は
今の時代では難しいでしょうね…

国のトップに立つ人間でさえも、
就任した時の威勢の良さは何処へやら…
サッサと辞めちゃったりする世の中です

企業のトップに立つ人間の資質でさえも
もう昭和の時代とは違いますからね…
こんにちは~ (hito)
2009-06-18 14:39:24
私もドラマ未見でこの映画を見ました。
過去の出来事や人間関係など知っている方が楽しめるのでしょうが、でも単体でも十分堪能できました~
真剣にぶつかり合う男のドラマ、とても引き込まれました。

日本の未来、企業のあり方など考えさせられますね~
コメント返信 (テクテク)
2009-06-19 12:50:01
>hitoさま
こんにちは
この映画はドラマを知らなくても楽しめる作品でしたよね

私も企業経営を巡る様々な想いや思惑を
いち社会人として複雑な気持ちで観てしまいました

あながち映画の中の夢物語とは思えない内容だったので
余計に引き込まれちゃったのかもしれませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ハゲタカ (LOVE Cinemas 調布)
真山仁の同名の人気小説をNHKがドラマ化して大ヒット、本作は続編にあたる「レッドゾーン」を映画化。TVドラマはアメリカのハゲタカファンドが相手でしたが今作は中国の“赤いハゲタカ”が相手です。出演者は主演の大森南朋はじめ、栗山千明、松田龍平、中尾彬、柴田...
「ハゲタカ」プチレビュー (気ままな映画生活)
ここ数年のドラマでは群を抜いて面白いと感じた「ハゲタカ」 最近は、恋愛ものなど決まったパターンを役者を感じて 演出している気がしていたけど、経済という観点を切り口に 経済用語もほとんど知らないが、魅了されていった。
ハゲタカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き...
ハゲタカ (いい加減社長の映画日記)
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は、もちろん観たいんだけど。 レイトショーのスタートが22時と遅かったので、とりあえず「ハゲタカ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、かなり多め。 「ハゲタカ」は、小さめのスクリーンで、8割程度か。 【ストーリー】 徹底した...
ハゲタカ■人間が描けていない映画が印象に残るわけがない (映画と出会う・世界が変わる)
極めて今日的な題材の作品で、タイムリーな作品なのであるが、見終わって何も残らない。外資による株の買占めから始まるのであるが、そこから何のドラマも起きない。何故かというとこの物語では人間が全く描けていないからである。この作品を見ると、「仁義なき戦い」が、...
『ハゲタカ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。 映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。 か...
[映画『ハゲタカ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆観終えて考えてみるに、クライマックスで、主人公・鷲津が仕掛けた「プチ・バブル崩壊」作戦は、斬新な手であったが、物語自体は至ってシンプルな、経済分野の映像作品や小説にはよく見られる展開だったと思う。  いや、スポーツと同じで、表面上は、同じ様相を見せる...
「ハゲタカ」みた。 (たいむのひとりごと)
2007年NHK土曜ドラマにて「全6話」が放送され、その後BS・地上波併せて何度となく再放送されるほどに世間の支持を得ていたドラマの映画化。私は何度目かの再放送ですっかりはまり、その後が描かれるという
『ハゲタカ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ」□監督 大友啓史 □原作 真山仁 □脚本 林宏司 □キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史■鑑賞日 6...
「ハゲタカ」 金のない不幸 (ももたろうサブライ)
NHKドラマの劇場版監督 大友啓史少しあらすじ投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野...
ハゲタカ (Diarydiary!)
《ハゲタカ》 2009年 日本映画 日本マーケットに見切りをつけた鷲津、しかしア
【映画】ハゲタカ (新!やさぐれ日記)
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森...
『ハゲタカ』 (ラムの大通り)
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。 一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。 「うん。これはまさしくそれ。 現代社会の根底をなす経済構造を描いている。 ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、 世界でも権威のある国際番組コン...
ハゲタカ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 中国系ファンドの有効的企業買収の裏に隠された真実とは
ハゲタカ/大森南朋、玉山鉄二 (カノンな日々)
お気に入りの大森南朋さんの主演作品という事で見始めたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。これがなかなか内容の濃い骨太な経済ドラマで思いっきりハマってしまったんですけど、もしかしたら映画化されちゃうじゃないなんて思ってたら、やっぱりきましたネ。『クライマーズ・ハ...
*ハゲタカ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2009年  日本 鷲津政彦は、ニューヨークの敏腕ファンドマネージャーとして鳴らした後、1998年に日本に帰国。以来、投資家から募った資金をもとに、徹底した合理主義で幾多の企業を買い叩き、“ハゲタ...
ハゲタカ (勝手に映画評)
NHKの人気テレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。TVシリーズの4年後と言う設定。2008年9月のリーマン・ショックの要素もストーリーに取り入れるため、当初予定の2009年5月公開よりも遅れての公開となった。アカマ自動車はホンダ、スタンリー・ブラザースはリーマン・ブラザー...
映画レビュー「ハゲタカ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画ハゲタカ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆秀作TVドラマの劇場版。巨費が動くマネーゲームと現実の不況が絡み合い、異様な迫力がある。 【75点】 非情な手段で企業を買い叩き“ハゲタカ”の異名を取った天才ファンドマネージャー鷲津政彦...
映画「ハゲタカ」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...
【映画評】<!-- はけたか -->ハゲタカ (未完の映画評)
名作テレビドラマ『ハゲタカ』を映画化した骨太な社会派経済ドラマ。
ハゲタカ■面白くない人たちが生きている時代の面白くない映画 (映画と出会う・世界が変わる)
昨日の日記ではかなり酷評したが、もしかしたら、これには製作者たちの資質以外にも原因があるのではなかろうか。監督も脚本家も、実際の経営者やファンドマネージャーなどを取材したに違いない。その際に彼らから強烈な個性や野心などが感じられなかったとしたら。良い、...
「ハゲタカ」:新宿駅西口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}新宿駅のすぐ近くにも、こんな横丁がまだあるのか。 {/hiyo_en2/}世間の繁栄から取り残されたような、その名もわびしい、思い出横丁・・・。まるで、あなたみたい存在ね。 {/kaeru_en4/}どうせ、おいらは世間のつまはじきモンよ・・・って、お前も痛いとこ...
劉一華の願い。~「ハゲタカ」~ (ペパーミントの魔術師)
一応玉鉄扮する劉一華は、日本を買い叩く立場で来日し、 ホワイトナイトとして舞い戻ってきた鷲津を とことん苦しめる役だったわけですが。 実はホントに車好きだったんだな~ってのがわかると あの末路はあまりにも悲しくて 切なかったですね・・・。 あとね、 派遣工...
ハゲタカ 鳶にあぶらげ? (労組書記長社労士のブログ)
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普...
「ハゲタカ」 世の中は金、でも金だけでもない (はらやんの映画徒然草)
原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に
レビュー:ハゲタカ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][経済ドラマ][エンターテイメント][テレビドラマ映画化][実写][邦画][スコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ ドラマ性:★★★★☆ 引きつけ度:★★★★☆ 監督: 大友啓史 出演: 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中...
映画「ハゲタカ」 (FREE TIME)
先日、映画「ハゲタカ」を鑑賞。
ハゲタカ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!&nbsp;2009年/日本監督:大友啓史出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、松田龍平、中尾 彬、柴田恭兵・・・
ハゲタカ  ROAD TO REBIRTH  会社って何さ? (映画の話でコーヒーブレイク)
前々から「お買い物中毒な私」を見ようと思っていたのに・・・ 今日は一日フリ~{/hearts_pink/}ってことで、2本見れるぞ! ラブコメより見応えありそうな映画、大スクリーンで見た方が良い映画を見たい!!! ってことで急遽変更{/goo/} 「ハゲタカ」と「スタートレッ...
ハゲタカ (だらだら無気力ブログ)
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日...
「ハゲタカ」 (みんなシネマいいのに!)
 NHKよ、お前もか? またもやテレビドラマの映画化。 自分的には、NHKの番組
「ハゲタカ」 (再出発日記)
大きなネタバレがあります。誰かかが言った。前回のテレビ版の芝野と鷲津の関係が、今回は鷲津と劉との関係に移し替えられていると。そうやって、同じテーマを何度もなぞることで(展開が少しづつ変わっていくことで)、「金をめぐる悲劇」ということの意味を浮き上がらせる...
「ハゲタカ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
ハゲタカと呼ばれた男が再び日本に舞い戻る。
期待と少し違った……「ハゲタカ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}鷲津(大森南朋)は、企業を買いたたくファンドマネージャーとして「ハゲタカ」の異名を取るほど有能。そんな鷲津のもとへ因縁浅からぬ芝野(柴田恭兵)が、日本を代表する自動車会社を買収の危機から救ってほしいと頼みにくるのだが……{/映画/} ドラマの時...
【ハゲタカ】 (日々のつぶやき)
監督:大友啓友 出演:大森南朋、柴田恭平、玉山鉄二、栗山千明、遠藤憲一、高良健吾、松田龍平    こんな国に、誰がした。 「日本の大手自動車メーカーアカマが中国に狙われた。 劉一華が代表のブルー・ウォール・パートナーズという無名のファンド会
映画「ハゲタカ」 (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の...
ハゲタカ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハゲタカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年56本目(52作品)です。 閉鎖的な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送っていた鷲津政彦(大森南朋)。 そんな彼のもとへ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」の...
ハゲタカ★★★劇場80本目:世の中は金だけじゃないってことね~。 (kaoritalyたる所以)
世の中は金だ。金が悲劇を生む。‥という宣伝文句がどう描かれているのか、観てきました。NHKのドラマでもあったらしいが、私は知りませんまぁ、ドラマの再構築はしたんでしょうね~、去年の日本や世界経済を反映してサブプライムローンで破綻する企業を描いていたし。...
「ハゲタカ」 世の中は金、でも金だけでもない (はらやんの映画徒然草)
原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に
初めて出演した【映画】「ハゲタカ」評 (我事思)
新blog移行後の初の映画批評にもなります。公開より随分経ちましたが、やっとこ観てきました♪前blogからの皆さまはご存じの(エキストラとはいえ)初出演の映画「ハゲタカ」―――です♪公開直後に、撮影当日に知り合った方から、Blogにコメントがあったのが・・・お久しぶ...
【ハゲタカ】金のない悲劇、金のある悲劇 (映画@見取り八段)
ハゲタカ 監督: 大友啓史 出演:  大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭兵、松田龍平       公開: 2009年6月 平成19年2月よ...
ハゲタカ (シネマDVD・映画情報館)
“企業買収”という斬新なテーマ、現実の経済界の動きをダイナミックに取り入れたストーリーが大反響を巻き起こしたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。世界でもっとも権威ある国際番組コンクール「イタリア賞」を始め、国内外で数々の賞を受賞したドラマが、スクリー...
映画 ハゲタカ (単館系)
まさに今の日本の経済状況が見え隠れするかな? TOBというとライブドアの話が有名ですが、この映画ではクルマの販売会社に 対するものでし...
「ハゲタカ」 社会を冷笑したい時に (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「ハゲタカ」  資本主義を嗤うエンターテイメント。     【原題】 【公開年】2009年  【制作国】日本  【時間】134分  ...
「ハゲタカ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
NHKのドラマの方は、ちょこっとしか見たことがなかったんですが・・
ハゲタカ  (Yuhiの読書日記+α)
企業買収をテーマにした壮絶なマネーゲームを描いて大反響を呼んだNHKテレビドラマ「ハゲタカ」の劇場版。監督は 大友啓史、キャストは大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、柴田恭兵他。 <あらすじ> 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き...