水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

コンピューターの世界というよりは・・・。『トロン:レガシー』

2010-12-20 23:00:00 | 映画【た行】
20年前に失踪した父親が創造した
コンピューターの世界へ挑む青年の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 新しい感覚の映画



●以下ネタバレあります●


この映画を観終えた時、
なんだか妙にグッタリしてしまいました。

ストーリーの背景にあるのは
コンピューターの中にあるプログラムの世界です。

でもコンピューターの世界というよりは
CGゲームの世界みたい。

客観的に映画を観ているはずの自分までも
迷い込んでしまっているかのようで・・・。


ラストシーンで朝陽を見る場面では
25年くらい前の私がドラクエにハマって
時間が過ぎるのも忘れるくらい
ゲームを制覇する為に
徹夜でのめり込んでいた時の頃を思い出しました。


ドラクエを必死で制覇した時も
あんな感じでを迎えたっけなぁ・・・。


そんな感覚でこの映画を観ていたから
余計に私はグッタリしてしまったのかもしれません。

ストーリーの中に入り込むというよりは
映像の中に入り込んでしまうような
まるでゲームを体感しているかのような
新しい感覚のこの映画。

映像はスピード感満載ですが
全編を通して色彩は暗い感じなので
精神的にも体力的にも
元気な時に観る事をオススメします。


【2010年12月19日(日)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イイ話になっちゃった。『シ... | トップ | 日本人の美学。『最後の忠臣蔵』 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (アイマック)
2010-12-30 23:17:13
この映画、まだ見てないんですよー。
IMAXでみるつもりでいるんで、お正月休みにみようかと。
ゲームを体感してるようというのは、ますます期待してしまう。笑
コンデションを整えて見てきますね。
テクテクさん、今年もどうもありがとう。
来年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎えくださいね。
あけおめ~ (マリー)
2011-01-03 19:25:59
テクテクさん~ あけましておめでとうございます~♪
今年もよろしくお願い致します。

ゲーム世界のお話で自分も入り込んでって感覚でしたね~。3Dだから余計そう感じたなぁ。

私は期待値かなり高かったので~まぁまぁって感想になってしまったけど・・・
面白かったです。

現代っこに合う題材だったのかもしれないね~。

更新もマイペースな私ですが、今年もたくさんお話できたら嬉しいです。
よろしく~~~♪
こんにちは! (アイマック)
2011-01-04 12:27:16
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。

期待してたんですが、ところどころよくわからなかったです。。苦笑
前作みておけばよかったと後悔・・・
ぐったりというか、単調で飽きてしまいました。
IMAX3Dでみたんで、映像は明るかったですよ。
SFものには、日本風味は欠かせないね。
コメント返信 (テクテク)
2011-01-04 20:46:09
>アイマックさま
あけましておめでとうございます
年末にもコメントを頂いていたのに
コメント返信が遅れてしまってゴメンなさい…

昨年末から名古屋に帰省していたので
ブログを確認する事が出来ずに
コメントが追いつきませんでした

今年もこんな感じでマイペースなブログですが
どうぞヨロシクお願いしますね

ところで…
この映画は観る人によって向き不向きがあるというか
好みが分かれる作品のように思いました

ストーリー自体は浅いというか…
映像を楽しむ事が中心の作品だったと思うので
私もこんな程度の感想しか書けませんでした

この映画を観て私も思ったのですが
やっぱりアメリカの人は
武士道みたいな凛とした日本の和の心に惹かれるんですかね
コメント返信 (テクテク)
2011-01-04 20:54:04
>マリーさま
あけましておめでとうございます
こちらこそ今年もヨロシクお願い致します

この映画は若いゲーム世代の人たちには
受け入れられやすい題材なのかもしれませんね

私は人間ドラマの部分を期待していたのですが
そこは案外上っ面だけどいうか薄っぺらに感じました

でも映像を楽しむ娯楽映画として観れば見応えもあったので
どちらかと言えば高い評価に私はしてみました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
トロン:レガシー ジャパン・プレミア試写会 (風に吹かれて)
期待しないで見てね公式サイト http://www.disney.co.jp/tron12月17日公開世界で初めてCGを使用したSF映画「トロン」(1982)の続編デジタル業界のカリスマとして名をはせ
[映画『トロン:レガシー(3D)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん、なかなか面白かったですね。  ポイントは五つ。  最新の技術で二昔前の電脳内世界(一種のモノクロ)を描いていて、新しいのにノスタルジックな雰囲気を持つ(レトロ・フューチャー)。  斬新な異世界造型(舞台・各種メカニック...
『トロン:レガシー』 | ほんとに3Dって必要? (23:30の雑記帳)
ひとことでいうと、もったいない傑作 映画館で、本作の予告(2Dデジタル)が 流れるたびに興奮していました。 3Dが改良されたらしいということで 勇んで観に行ったのです ...
映画「トロン:レガシー(3D 字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『トロン:レガシー(3D 字幕版)』(公式)を、本日(12/17)鑑賞。初日第1回目の上映で、観客は20名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら80点。 因みに、『トロン(1982)』は、当時劇場にて初日に鑑賞した。当時、高校生で進...
トロン:レガシー (LOVE Cinemas 調布)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている『トロン』の続編。20年前に失踪した父の後を追い、電脳世界へと入り込んだ息子サムが、父と協力してプログラムたちと戦う姿を描き出したSFムービーだ。前作同様ジェフ・...
『トロン:レガシー』('10初鑑賞161・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
映画「トロン:レガシー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トロン:レガシー(3D版)」観に行ってきました。 アメリカ・台湾合作による1982年公開映画「トロン」の続編。 前作「トロン」で主人公だったケヴィン・フリンと、その息子で今作の主人公となるサム・フリンが活躍する作品となります。 ストーリーは、一言...
『トロン:レガシー』・・・作品の持つ世界観にようやく映像が追いついた (SOARのパストラーレ♪)
コンピュータ・システムの内部に創造された世界。人間の姿で存在しているのは皆プログラムたちという奇抜にして壮大なこの概念が、27年前に既に描かれていたことにまず驚かされる。本作が見せる世界観はまさに21世紀を生きる現代人なればこその発想ではないか。 恥ずかし...
映画レビュー「トロン:レガシー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆シンプルなストーリーを革新的な映像世界が支えるSF超大作。新旧ブリッジスの共演が魅力的だ。 【75点】 デ ...
トロン:レガシー (だらだら無気力ブログ)
世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ ブリッジス主演作『トロン』の続編となるSFアクション。 失踪した父が創り上げたコンピュータ・システムの内部世界に入り込んだ 青年が、人類の存亡を脅かす敵と死闘を繰り広げる姿を驚異の...
ブルー、オレンジ。『トロン:レガシー』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・物語、台詞に触れています。『トロン:レガシー』。監督はジョセフ・コジンスキー。前作『トロン』を見なくても楽しめると伝えられていたが、やはり予習は必須かも。と、いうことで少し前作について。「トロン」
映画「トロン:レガシー」の感想です。 (MOVIE レビュー)
IMAX3Dで3D初体験をしてきました。私がいつも行くシネコンのユナイテッドシネマが今年の12月からIMAX3Dを導入しまして...
劇場鑑賞「トロン:レガシー」 (日々“是”精進!)
「トロン:レガシー」を鑑賞してきました3D字幕版。世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ブリッジス主演作「トロン」の続編となるSFア...
トロン:レガシー (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 『アバター』より、さらに進化した3Dと案内役のジェム見たさで
トロン:レガシー (Akira's VOICE)
没頭は,ほどほどに。
トロン・レガシー 3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現実でないプログラムだけの世界の完成度がすばらしくて、ただ圧倒されるだけだった。ストーリーはいわゆる父親を踏み越えて大人になるスタンダードなものだけど、3Dで描かれた世界に引き込まれそうになった。
トロン:レガシー (ハクナマタタ)
前作トロンをみたのは20年以上前 あやふやな記憶のまま、臨もう そんなどうでもいい決意をして観にいった わたしの嗜好 win95、98や2000 よくパソコンのデフラグをしました 規則正しく並んだ配列が赤になり緑になり薄水色に変わってゆく そ...
トロン・レガシーのプロモーションがなかなかカッコいい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今日 通りがかったのが、コレ(写真:クリックすると大きくなります。小さくするにはブログタイトルをクリック) なんと28年ぶりの続編が待機中の「トロン・レガシー」のプロモーション。 なかなかカッコいい! (映画にはぜんぜん負けるけど)
トロン:レガシー 3D (そーれりぽーと)
3D映画ブームを映画の改革と意識しての企画なんでしょうか、今更『トロン』の続編の登場です。 どうせなら『アバター』より前のタイミングでCG映画革命に続いて3D映画革命的な役割でやって欲しかったんですけど。 『トロ...
トロン:レガシー (ハクナマタタ)
前作トロンをみたのは20年以上前 あやふやな記憶のまま、臨もう そんなどうでもいい決意をして観にいった わたしの嗜好 win95、98や2000 よくパソコンのデフラグをしました 規則正しく並んだ配列が赤になり緑になり薄水色に変わってゆく そ...
「トロン:レガシー 3D」 先達者が再吸収する映像新技術 (はらやんの映画徒然草)
前作「トロン」が制作されたのは1982年。 28年も前の作品となるわけです。 タ
トロン:レガシー IMAX-3D版/ジェフ・ブリッジス (カノンな日々)
1982年のオリジナルはディズニーSF映画の傑作(だと思っていて)で私にとっては「思い出の映画」を挙げるとすれば最初の10本には入る大好きな作品でした。その映画の続編的な作品が製作 ...
「トロン:レガシー」 (みんなシネマいいのに!)
 1982年に公開された「トロン」は、当時の「スターログ」が一番特集していて、期
「トロン:レガシー 3D」 先達者が再吸収する映像新技術 (はらやんの映画徒然草)
前作「トロン」が制作されたのは1982年。 28年も前の作品となるわけです。 タ
映画「トロン:レガシー」 (FREE TIME)
映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。
トロン:レガシー・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1982年に公開されたSF映画史のエポック、「トロン」の完全な続編。 20年前に失踪した前作の主人公、ケヴィン・フリンを追って、息子のサムが電脳世界へと入り込む。 いかにも80年代的なオリジナルの世界観を...
トロン:レガシー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
コンピューターの中に作りだされた究極の世界とは?3D映像表現の新たな可能性に挑むSFアクション! 物語:1989年、デリンジャーからスペースパラノイドの権利を奪還し出 ...
これぞ、3Dの醍醐味 (笑う学生の生活)
23 日のことですが、映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。 3D作品 初めて IMAXにて鑑賞しました いやー、すごい まさに映像体験とはこのことで 正直
トロン:レガシー/TRON LEGACY (いい加減社長の日記)
最初、予告編を観たときは、「どうしようかなぁ」と迷ったんだけど。 ディズニーだし、はずれはないかな、と思って、「トロン:レガシー 」を、公開日に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日にしては、ちょっと多めかな。 「トロン:レガシー 」は、大きめのスク...
『トロン:レガシー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 トロン:レガシー 』 (2010)  監  督 :ジョセフ・コシンスキーキャスト :ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・ シーン、ボー・ギャレット、ブルース...
トロン:レガシー 3D リメイクでなかったのだ・・・(゜_゜i)タラー・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=1 -0-】 1月1日元旦は映画の日、ファースト・ディ割引の日、初詣に行きがてら今年最初の映画を観に行く。 初詣に関しては失敗だった、梅田で映画を見終わって大阪天満宮までプラプラ歩いていったんだけど、8時半で閉門していた。 神社って24時間オ...
映画:トロン・レガシー TRON LEGACY 悪い予感が的中。新年早々からワースト入りか?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
28年ぶりの新作「トロン・レガシー」。 第一作(1982年)「トロン」は、会心の出来とは言いがたいが、ユニークさで記憶に残る映画だった。 「デジタル・ワールド」がまだ想像しにくい状況の中、その独特の、つるっとした世界を明確に提示していたのだけど、今回...
トロン:レガシー IMAX 3D【吹替版】 (小部屋日記)
Tron: Legacy(2010/アメリカ)【劇場鑑賞】 ...
トロン:レガシー 3D (C'est joli~ここちいい毎日を~)
トロン:レガシー 3D'10:米◆原題:TRON: LEGACY◆監督:ジョセフ・コジンスキー◆主演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド◆STORY◆デジタル業界のカリス ...
トロン:レガシー(字幕) (単館系)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている 『トロン』の続編。 ということなのですが当初見る予定をいれていなかった作品。 なんで見ることにしたか...
トロン:レガシー (Movies 1-800)
TRON: Legacy (2010年) 監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:ギャレット・ヘドランド、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ジェフ・ブリッジス 1982年作「トロン」の続編で、コンピューター内部の世界に取り込まれた青年が、25年前に失踪した父と出会い、共に現実...
『トロン LEGACY』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト 今年の初映画が なぜに『トロン』? いえ、ちょっと疲れていたので そういう時に...
シネトーク46『トロン:レガシー』●電脳バトルはグーッ! でもお話はブーッ! (ブルーレイ&シネマ一直線)
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク  シアター46/『トロン:レガシー』の回 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:スティーヴン・リズバーガー他 音楽:ダ...
映画『トロン:レガシー、3D字幕版』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-81.トロン:レガシー■原題:Tron:Legacy■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■料金:1,...
トロン:レガシー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『20年前に失踪した父を探して、 美しく危険なコンピューターの世界へ─。』  コチラの「トロン:レガシー」は、1982年に初めて本格的にCG(コンピュータ・グラフィックス)を駆 ...
トロン:レガシー (RISING STEEL)
トロン:レガシー / TRON:LEGACY 2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ...
トロン:レガシー (TRON: Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな...
【映画】トロン:レガシー…トロンの思い出というよりも魔法のプリンセスの思い出 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
TBSのオールスター感謝祭は前の司会者が居ない方がスッキリして面白いように思えているピロEKです まずは近況報告から… ちょっと前に車載のレーダーが不調…という事を書きましたが… 2011年9月30日(金曜日)、新品を購入して付け替えてきました。なんか起動時に「...
トロン:レガシー (Blossom)
トロン:レガシー TRON: LEGACY 監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 ギャレット・ヘドランド ジェフ・ブリッジス     オリヴィア・ワイルド マイケル・シーン アメリカ 2010