水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

これが衝撃のクライマックスなの?!『機動戦士ZガンダムⅢ』

2006-03-08 23:22:39 | 映画【か行】
過去にテレビアニメとして放送されていた「機動戦士Zガンダム」 を
劇場版3部作にした、第三章(最終章)です。


映画の評価 ★★★★☆  深い人間ドラマのある映画


●以下ネタバレがあります●


私はもともと、
戦隊モノのロボットアニメは苦手で、
ファーストガンダムにも
全く興味がありませんでした。

そんな私がZガンダムを最初に見たのは、
高校生の時でした。

偶然テレビを付けていた時に見かけたわけですが、
途中から見ていたにもかかわらず、
その人間ドラマの深さに、
ついついその放送回を最後まで
ガッツリと見入ってしまいました。

それから毎週欠かさずに、
テレビで放送される
Zガンダムを見てはいたのですが、

「・・・こんな事なら最初から見ておけばよかった。」

そんな事を思ったりもしていました。

数年後、
Zガンダムがテレビで再放送される事を知り、
私は初回から最終回まで
無事に見届ける事が出来ました。
(ちなみに、これは、社会人になってからの出来事です。)

私のハートをしっかり掴んだZガンダムが、
2005年の初夏から
劇場版3部作として公開される事を知り、
勿論私は劇場へせっせと足を運んで観たわけです。

既にテレビで見ているので
ストーリーも知っているのですが、
それでも劇場版は、
1部も2部もとってもイイ所で終わっていて、
「早く次回作が見たい!」
という気持ちにさせられていました。

そして今回の最終章は、
テレビ版とラストシーンが違う
という情報を事前にキャッチしていたので、
期待に胸を膨らませて見に行ったのですが・・・

むむむむむ!

このラストシーンには、納得いきません!

せーっかく、あんなにも
深い人間ドラマが描かれていたのに、
こんなラストじゃ、
安っぽいラブストーリーみたいじゃないですか!!

カミーユは普通に助かっちゃって、
ファとヒシ!と抱き合って・・・。

なーんだか、
リメイクされた
「キング・コング」のラストシーン
みたいです。

こんなんじゃ、
クワトロ・バジーナは浮かばれませんよ。

・・・Zガンダムの良さ、台無しです。


こんなラストなら、
暗いと言われているテレビのラストの方が、
人間ドラマの重みを残してくれている分だけ、
私には、良かったように感じました。

ハッピーエンドを強調したい気持ちは分かるのですが、
この終わり方には、どーしても納得出来ませんでした。

それでも、途中の過程には、いくつもの深いドラマがあったので、
ラストはダメでも、★4つです。


【2006年3月8日(水)ワーナーマイカルシネマズ市川妙典にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 27分の価値あり!『私の頭... | トップ | 子供に見せるにはイイかも。... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (NAO)
2006-03-12 22:17:07
はじめまして。

TBありがとうございました。

TV版からのファンですが、文句は山ほどあります。^^;

有名なダカール演説もなかったし、各キャラクターの名セリフのカット!

ジェリドなんて一般扱いされてるし、フォウも2作目で死亡・・ってことになってるし。。。

でも、いろいろあるがなんだかんだで私も得点高めにつけちゃいました。
>コメント返信 (テクテク)
2006-03-12 22:37:10
>NAOさま



はじめまして。

私も、2作目でのフォウの短命さには、ちょっとガッカリでした。

それでも、やっぱり、Zガンダムは好きなので、

私もエコヒイキ目で高得点にしてしまいました
駄目ですか? (たいむ)
2006-03-12 22:44:07
こんばんはー。

新訳のラスト、コレはこれでよいと私は思いましたが。

私の場合、ファーストあってのZであり、ZZは考えてない、という部分があるからかも知れませんがw



でもレコアさんの描写はTV版より深かったような気がします。
>コメント返信 (テクテク)
2006-03-12 22:54:19
>たいむさま



こんばんは。

新訳のラストシーンは、賛否両論のようですね。

ハッピーエンド自体は悪くないと思うのですが、

あのシーンだけは・・・
こんばんは♪ (あむろ)
2006-03-12 23:45:54
TBありがとうございます。



あのラスト。

私はあれでいいかな、と思います。

ですが、どうしてあのラストにしたのかがよくわかりません。

それまでカミーユはかなりキテる感じだったのでシロッコに引きずられてしまった、というのがテレビ版。

劇場版でシロッコに引きずられなかったのがどうしてなのか、そこが説明不足だな、と思いました。

TBありがとうございます (稚羽矢)
2006-03-13 01:04:53
TBありがとうございます

シロッコはガンダム史上主人公を再起不能にした

貴重なキャラの一人だったのに、あのラストでは

その栄誉が台無しじゃん(T_T)
>コメント返信 (テクテク)
2006-03-13 12:18:12
>あむろさま



こんにちは。

やはり、上映時間が限られている中での

状況や心情の説明には

なかなか充分、行き届かない所があると思います。

ハッピーエンドも悪くないと思うのですが、

あれだけのシーンでは、あまりにも短絡的過ぎて、

私には安っぽく見えてしまいました…





>稚羽矢さま



こんにちは。

あえて、あのラストにした事には、

製作者サイドに、それなりの考えがあっての事だと、

私も思うのですが…

Zガンダムファンと製作者サイドでは、

キャラに対する思い入れに温度差があるようにも感じました。
ただでさえ、キレてるのに・・・。 (Ageha)
2006-03-17 21:48:54
画像はひどいし、ラストの曲うるさいし・・。



エンディング。

実は映画を見てから最終回のDVD1本だけ借りて

どんなんやったのかなと見たんですが。



私はオリジナルのほうがよかったかな・・・。

あそこだけハッピーにしてどないすんねんと。

バッドエンドはショックだったけど

それでもあれはあれで重みがあったように

思ったんですが・・。
>コメント返信 (テクテク)
2006-03-18 19:17:35
>Agehaさま



こんにちは。

ラストの音楽は誰からも不評のようですね。

…確かにミスマッチでした。

映画のラストが、ハッピーエンドならば、

それなりに、前フリも変えて欲しかったところです。

いっその事、カミーユの安否を見せずに、

セイラさん、ミライさん達の平和な生活だけを見せて

終わらせていた方が、良かったようにも思いました。

やはり、カミーユが、いろんな人の無念の戦死の魂に後押しされて、

強敵シロッコに挑んだのならば、

テレビ版のラストのような、それなりのリスクがあったとしても、

私には納得できましたし、人間ドラマの深さや命の重みも感じられました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【劇場鑑賞21】機動戦士Zガンダム? A New Translation -星の鼓動は愛- (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「ハマーン・カーン!貴様は、戦いの源を生むだけだ!」 戦士たちよ・・・ 戦いはいま、終焉を迎えるときが来た 誰も知らないラスト・・・新訳Z(ゼータ)完結編。
機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛- (SUGO FACTORY別館)
朝イチで見てきました^^ ※※ ネタバレあり ※※ 映画館がとんでもないことにな
星の鼓動は愛 (OPERATION-G)
観に行ってきました、劇場版Ζ完結編-星の鼓動は愛-。「誰も知らないラスト」と言われている通り、TV版とはラストが変わっている様です。TV版のラストは、主人公が心神喪失するというショッキングなものでしたが、そのZの象徴的なシーンが果たして変更されているのか?そし
「ZガンダムⅢ~星の鼓動は愛」 (NAOのピアノレッスン日記)
2006年 松竹配給<監督> 富野由悠季<音楽> 三枝成章<テーマ曲> Gackt<声の出演> カミーユ・・・・飛田展男  シャア(クワトロ)・・・・池田秀一          ハマーン・・・・榊原良子  シロッコ・・・・島田 敏 <あらすじ>宇宙世紀0087年、
Z3 (アンバランスなヤジロベエの扉)
星の鼓動は愛Zガンダム第3章を見た。 新訳Zの最後のエンディングはどうなる? これが第1章からの気になる要素でした。 で結果から言えばあっさりしてますな。 何か肩すかしくらったみたいで。 エンディングに過度な期待を持って見てはいけません。 この映画は最初の第1
機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 (JAI-YAの日記)
観ました。誕生日の日に公開だったのですが 今日観ることになり平日観客が疎らなシネコンで のんびり静かにみれて良かったです。 内容はおなじみTVのリメイクでその完結編です。 やっと3作目にしてエイジング処理も まともに見れるレベルになってきて 作画やストーリー
偽りの抱擁だと思ったらいつでも胸を刺してくれていい。 (理力や特撮や美女と共にあらんことを。。。)
タイトルはシロッコのセリフですが、ウロ覚えです。 名古屋ピカデリーで「機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛」 ついに完結編です。しかも「誰も見た事の無いラスト」という宣伝文句通り ラストが変わるのかどうか、やはりみな待ち遠しいようで劇場前は大行列! AM...
Zガンダム3 星の鼓動は愛 感想 (シバッチの世間話)
機動戦士ZガンダムII -恋人たち-観て来ました「Zガンダム3」 いや~~、何か凄かった。 最後が何か凄かった。 ネタバレになるので書きませんけど、何か凄かった。 あれを見せられちゃ、そりゃGacktも歌変えるわ(笑) まあ、今の富野監督が作るとこんな風に
[映画]機動戦士Zガンダム A New Translation ? 星の鼓動は愛 (tuskyのblogってどうよ-2号店-)
2006_6 タイトル:機動戦士Zガンダム A New Translation ? 星の鼓動は愛 鑑賞日:2006.03.05 場所::シネ・リーブル池袋 ジャンル:アニメ 配給:松竹 監督:富野由悠季 声の出演:飛田展男 池田秀一 榊原良子 あらすじ・解説の詳細 宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混..
劇場版「機動戦士Zガンダム?~星の鼓動は愛」みた(感想編) (たいむのひとりごと)
ハマーン様登場で終了した「Z?-恋人たち」その後、エゥーゴクルーの”グワダン”でのミネバ謁見から物語がはじまる。(以下ネタバレあり)やっぱり3部作の完結編は怒涛の展開が続く。バッサリとフォウやロザミアの部分をカットしたことで全編宇宙での戦
#164 劇場版 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 (サボテンが花をつけている)
 公開初日に行ってきました、「劇場版 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛」。昨日の感想は感想になっていないので、今日はもう少しいろいろ補足しながら、書いていきたいと思います。  話しの内容は言うまでもなく、これまでティターンズ対エウーゴという戦いから、ハマ
機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛 (PARC-FERME Blog)
平和島シネマサンシャインにて ネタバレになりますのでテレビ版とは異なると言われていた エンディングの件はさておき。。。 前2作と違って長く感じたのは何故でしょう。 じっくり観れたような気はします。 サラは声優さん変わりましたね。 調べたらテレビ版とも
劇場版「機動戦士Zガンダム」 (しんのすけの イッツマイライフ)
劇場版「機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛」を見に行きました。 Zガンダム3部作、劇場に3度足を運んだ事ですし まとめて感想なんか…。
劇場版「機動戦士Zガンダム?~星の鼓動は愛」みた(感想編) (たいむのひとりごと)
ハマーン様登場で終了した「Z?-恋人たち」その後、エゥーゴクルーの”グワダン”でのミネバ謁見から物語がはじまる。(以下ネタバレあり)やっぱり3部作の完結編は怒涛の展開が続く。バッサリとフォウやロザミアの部分をカットしたことで全編宇宙での戦
ZG?~星の鼓動は愛 (厄年ぶろぐ)
劇場版『機動戦士Zガンダム?~星の鼓動は愛』。 次男を連れて三作連続初日初回、皆勤賞~っ! 毎度のことながら千葉市周辺のガノタ大集結、今回も劇場限定ゼータクリアプラモ完売でつ。 さて新訳Z最終章ということだが、尺の関係でフォウ&ロザミィのサイコGコンビは..
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- (float freak)
「…わかってよ。男たちは戦いばかりで、  女を道具に使うことしか知らないのよ…」 上記台詞はテレビ版でも同じみのレコアの最期、 エマ中尉に向けられた悲痛な台詞でもあり、 Zガンダムの訴えることの一つがそこにはある。 一字一句間違ってないかの自信はない
映画 『機動戦士ZガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』 (taku1のそこそこ幸せな人生)
こんな『Z』が見れる日が来るなんて、今日まで生きていて良かったと思える。 そんな映画でしたよ。 例によってネタバレ含みますので、白い空白をマウスドラックで楽しんでください。
機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛 (SHIN-ICHI の クリエイタ日記)
機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛を観てきました。I部 II部 を観た渋谷の映画館ではやってなかったので、びっくり!立川の映画化が予約可能だったので、インターネットで予約して見に行きました。ローソンでチケット予約すればポスターがもらえるのにすっかり忘れていても.
『機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛』 (なんでもreview)
世界は女で回ってる♪
\'06-019 『機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛』 (闇に歌えば)
ネタバレしまくりますので、嫌な方は鑑賞後に読まれる事をお勧めします
新訳Z(星の鼓動は愛の結末はZZの結末) (オールマイティにコメンテート)
「機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛-」は20年前放送された「機動戦士Zガンダム」の3部作映画のラストを飾る作品である。新訳通り結末が違う事で注目されたが、確かに悲劇ではなかったという結論にはなるだろう。
機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 観てきました (まにまに)
映画版第三作目である、「機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛」を、観てきました。レイ
映画『機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛-』 (うっかりはんぞう)
「もういいのよカミーユ…私の命を吸って。そして、勝つのよ!」 当初の目的では、劇
機動戦士Zガンダム?~星の鼓動は愛~ (グランパスエイトの「今日はこんな事やってみました」)
3月4日(土)、映画見てきました。 機動戦士Zガンダム?~星の鼓動は愛~です。 劇場版3部作の最終章です。 第1作の「星を継ぐもの」は映画館で見ました。 正直これは酷かったですね^^; TV版をつなぎ合わせ、要所で新作の画像を 挿入した、いわゆるツギハギの
『機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-』 (まっきいのつれづれあれこれ)
2日連続で映画見ちゃいました。しかもアニメf^_^; 『機動戦士ZガンダムIII
機動戦士Zガンダム3 -星の鼓動は愛- (Akira\'s VOICE)
フォウ,エマ,ハマーンが好き。 ゼータ,百式,メタス,リックディアスが好き。 真っ直ぐなカミーユの思いが好き!
機動戦士Zガンダム? -星の鼓動は愛- (Saturday In The Park)
 日本  監督:富野由悠季  出演:飛田展男      池田秀一      榊原良子      島田敏   地球圏での戦乱が混迷を極めている宇宙世紀0087年。カミーユ、シャアらの 反地球連邦組織エゥーゴは連邦軍組織ティターンズと激しい攻防戦を展開していた
機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛- (映画をささえに生きる)
すでにどんな映画だったか思い出せない『? 星を継ぐ者』、最悪の評価を受けた『? 恋人たち』。これは相当?で頑張らないとまずい事になる、と思ったものです。でも大丈夫。どんなラストでも「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」よりはマシな筈です。
機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛 (5125年映画の旅)
新たなイマジネーションで蘇ったゼータ最終章。 前作、前々作共に、劇場とDVD合わせて 3回鑑賞したおかげで、いつもの新作カットと 旧作カットとの違和感を、最小限に抑えて 楽しむ事が出来ました。 今回最大の見所は唯一つ。それは ハマーン様の大活躍!! .
機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】富野由悠季 【声の出演】飛田展男/池田秀一/榊原良子/島田敏/他 【公開日】2006/3.4 【製作】日本 【ストーリー】 宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混迷を極め
映画「機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛-」のこと (徒然な日記(20%増量中))
公式HP 新訳Z三部作もこれで完結です。 「ラストシーンが変わる」ということで
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- (シネマ・カレイドスコープ)
というわけで、早速見てきました。 なるほど。最初はダイジェストみたいな展開でまたかよって思ったけど、エピソードやキャラクターをざっくり削って圧縮させた分、終盤をじっくり
起動戦士Zガンダム?見に行きました♪ (+++turbo addiction+++)
遂にZガンダムの3部作ラストの星の鼓動は愛を見に行きました!! ア●ちゃんとね!! やっぱ、公開2日目だったからチケット買うのにドキドキだった(゜Д゜) 私達は前売り買ってたんだけど、当日券に引き換えなきゃいけなかったからね!! 上映30分くらい前に行ったら、「残り
「席が前過ぎるっての!」劇場版『機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛』感想 (とろとろですとろん)
と言う訳で今日は休日を利用して本日封切りの『機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛』を見てきました。 二番目の上映時間にのんびり行くつもりがいつものギリギリ到着、また駅から映画館まで走るハメに(苦笑 息を切らしてチネチッタに到着するとビックリ! チケット売り場
機動戦士Zガンダム?「星の鼓動は愛」 (ペパーミントの魔術師)
ゲーム買ってますし。(笑) 今月ロードショーレビューはコレ1本です。 ・・・しかしナルニアも見ずになんで? という話もあるでしょうが 無視して進めます。(お~い・・・) やたらめったら自宅で、見そびれた映画の DVD鑑賞はしてるんですけどね・・。 原作を知らないと
そして、逆襲へ (下弦の憂鬱)
TV版をふまえないと判り辛い世界観、人間関係や、旧作画クオリティの低さなど三部作を通した欠点はあれど、今作では「誰も知らないラスト」と云うより、RPGのマルチエンディングや懐かしドラマ「If もしも」の様にシンプルな変更で、見事に娯楽映画らしいカタルシスを以って
『機動戦士ZガンダムIII/星の鼓動は愛』(2006) (【徒然なるままに・・・】 by Excalibur)
新訳Zガンダムの第三部、すなわち完結編。 ティターンズとエウーゴの抗争に、割って入る形となった旧ジオンの残党アクシズ勢力。その三つ巴の戦争もいよいよ終局へ。 ということで、全篇戦い戦い、また戦い。ちょっと気を抜くと、今はどことどこがどういう立場で戦ってい
機動戦士ZガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛 (欧風)
さて、最初のガンダムしか殆ど知らないワタクシが、続編である機動戦士Zガンダムが3部作で映画化されるって言うんで、とりあえず観てみた1作目、星を継ぐ者。感想としては、なんかよく分からず。そして2作目、恋人たちを観た感想としては、なんかキスしまくってるね~、
映画『機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛-』(富野由悠季監督)★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『機動戦士Zガンダム?-星の鼓動は愛-』(富野由悠季監督)★★★ 宇宙世紀0087年、連邦軍エリート組織「ティターンズ」と 反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、 エゥーゴの指揮をするクワトロ、ティターンズを我が物にしようと目
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- (Lemon Tea のマイブーム)
観ましたよ!やっと。 これが久々すぎてしばらくZモードではなかったから忘れてる感じで。 しかし、このラストでいいんでしょうか? なんか納得いかないような・・・。 こんな終わり方じゃなかったよね? って思って、思わずTVシリーズの最終話観てしまったよ。 ....
「機動戦士Zガンダム? 星の鼓動は愛」 「ガンダム」と「イデオン」の狭間で (はらやんの映画徒然草)
もともとの「Zガンダム」のテレビシリーズも乗り切れず、映画版の?、?ともこれまた