水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』

2008-12-23 08:00:00 | 映画【わ行】
テロリストのリーダーを捕らえる為、
奔走するCIA工作員の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 考えさせられる映画


●以下ネタバレがあります●


リドリー・スコット監督は
男たちのドラマの描き方が上手い映画監督だと
以前から思っていましたが、
今回それを再認識させられました。

彼が撮る作品は
『プロヴァンスの贈り物』のようなラブ・コメディよりも、
今年の2月に劇場で観た
『アメリカン・ギャングスター』や今回の映画の方が
やっぱり私には楽しめました。


ある日、イギリスで起こった爆破テロ事件。
世界中が爆破テロ組織の脅威に怯える中、
CIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は
イラクでテロ組織を突き止める活動中、
自分の属する過激派組織から自爆テロを強要された男に
情報提供の話を持ちかけられます。
その情報データの中には
犯行計画を語る首謀者の最新映像があり、
信憑性も高かった事から
フェリスは情報提供の男を保護しようとしますが、
アメリカの本部に滞在する
上司のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)から
あっさり却下されてしまいます。
結局、保護する事が出来なかった男は
テロ組織に拉致されそうになり、
その現場を目撃したフェリスは
自分との接触に関わる情報漏れを恐れ、
男が連れ去られる寸前に殺害します。
入手した情報を元に
過激派のアジトへ乗り込むフェリスでしたが、
激しい銃撃戦に巻き込まれ、
命からがらテロリストの情報資料を手にします。
しかし、応援部隊のアメリカ軍ヘリの爆撃により、
フェリスは大怪我をし、助手は死亡。
命を落とした助手の家族への補償もされないまま、
フェリスはホフマンの命令により
ヨルダンの首都アンマンへと送り込まれます。


この映画を一言で言い表すならば
2006年3月に劇場で観た『シリアナ』
エンターテイメント的に
分かりやすく観せた作品といった感じでしょうか・・・。


この映画には二人のCIA局員が登場しますが、
とても対照的でした。

テロリストを捕らえる為に中東アジアに滞在し、
命を懸けて現地を駆け回る
CIA工作員、フェリス。

CIA本部に勤め、
安全なアメリカ本土にあるオフィスや自宅から
電話一本で中東アジアへ指令を送り続ける
管理職エリート局員、ホフマン。


フェリスは現地で培った自分の強い信念の元、
様々な人脈を駆使して情報収集し、
テロ組織のリーダーに近づけるよう
現地の人間との信頼関係を重視しますが、
それをことごとく失敗させたのは
「自分=アメリカ」だと豪語するホフマンでした。

「中東の奴らを信じるな。俺を信じろ。」
と言っていた
ホフマンが思い描いていた作戦
結局のところ机上の空論に過ぎず、
それに気付いていないのはホフマンだけでした。

その証拠とも言えるのが
現地での事態を終結させ窮地を救ったのは
誇り高きアメリカではなく、
現地の人間だったという、
第三者から客観的に観れば
何ともお粗末なアメリカの結末です。

現場を知らないなCIAのエリートの判断と、
国家を信じて活動してきたCIA工作員の決断には
世界平和に対する明るい未来が感じられず、
「・・・人間としてホントにこれでイイのか?!」
と考えさせられるようなシーンもあり、
現場を知らないトップの人間と、
現場で生きている人間の考え方の違いは、
縮まる事なく平行線のままなのです。

この映画はCIA工作員のフェリスが主人公の物語ですが、
言わば兵隊の上に胡坐をかく
将軍の愚かさ
を描いた作品のようにも
私は感じました。

アメリカ国家に限らず、
日本の社会しかり、アルカイダしかり・・・
上の人間はぬくぬくと生活し、
下の人間は身を粉にして働くという図式は共通で、
組織とは所詮こんなモノなのかもしれません。

そういえば、
10年くらい前に大ヒットした人気ドラマ「踊る大捜査線」も、
日本の警察内にある上層部と現場の温度差を感じさせる
組織を背景に描かれた物語でした・・・。


【2008年12月20日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーチャルの世界に潜むリア... | トップ | 明るいダークナイト。『K-20(... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シリアナで撃沈 (たいむ)
2008-12-23 13:44:07
こんにちは。
シリアナでは理解しきれずに撃沈していただけに、この作品についていけて良かったです(笑)

「踊る」ならフリークですけどw
こんにちは♪ (ミチ)
2008-12-23 17:10:39
ハニとホフマンの相容れなさはそのまま中東とアメリカに当てはまりますよね。
そして、どちらの立場もわかるフェリスという男。
それは現実世界では誰(どこの国?)なのでしょうか。
なにやら抜け道のない世界を見せ付けられたような気分になりました。
コメント返信 (テクテク)
2008-12-23 18:59:36
>たいむさま
こんにちは
「シリアナ」は難しい映画でしたよねー
必死で着いていかなければ物語を見失ってしまうので、
劇場で観た時は結構精神的にもドッと疲れましたが、
その後、WOWOWで観る機会があったので
気持ちに余裕を持ちながら鑑賞したところ、
やっぱり凄い映画だった事に気づきました
「シリアナ」しかり「踊る大捜査線」しかり、
そして今回の映画しかり…
上に立つ人間たちは「国家の為」「平和の為」と
謙虚さを装いながらも
世界が自分中心に回っていると思っているような傲慢さがあり…
それをこの映画では
観客の心を掴むようなアクションとドラマを交えて
とても上手く観せていたと思います


>ミチさま
こんにちは
うーん…
やはりフェリスは現実世界でいう
「誠実なアメリカ人」であり、
「アメリカに利用されたアメリカ人被害者」なのでしょうね

フェリスを支えていたのは自身の持つ
「国家に仕えるプライド」であり、
おそらく「アメリカへの愛国心」は
人一倍持っていたのでしょうし、
CIAに在籍している事自体が
それを物語っているような気がします

今年の4月に劇場で観た映画
「大いなる陰謀」の感想にも書いた事がありますが、
アメリカ国民の持つ「愛国心」とは
「プライド」みたいなモノなんですよね…

国に仕える事を何よりも誇りに思っているというか、
日本人は絶対に持ち合わせていないような
自国に対する絶対的な自信というか、忠誠心というか…
すごく強い意志を持っているのだと思います

だからこそ、フェリスのような人の情熱を
アメリカ国家は簡単に利用しちゃうのかもしれませんね
Unknown (アイマック)
2008-12-23 19:55:10
こんばんは!
『シリアナ』は見ていませんが、スコット監督はスリリングな男たちのドラマがうまいですね。
対照的なフェリスとホフマンの間に入るハニのスマートさが印象的でした。
ラストも皮肉めいていて、兵隊は使い捨て・・・
戦争って昔も今もかわりませんね。。
コメント返信 (テクテク)
2008-12-23 20:51:35
>アイマックさま
こんばんは
リドリー・スコット監督は
本当に男たちのドラマの描き方が上手い監督ですよね
今回の映画も大満足でした

確かに、ハニが一番スマートでカッコ良く、
筋の通った強い信念の持ち主でしたよね

こんな戦争は馬鹿げていると分かっているのに
誰も止められない現実…

それを把握している人間の姿こそが
最後のフェリスの姿なのかもしれませんね
同感です (くまんちゅう)
2008-12-23 22:25:46
シリアナを判りやすく面白くしたって感じしました。
テーマは同じでも作る人によって違いますね
アメリカ人には耳が痛かったらしく
ヒットしなかったようですが、
最後まで面白く見られました
コメント返信 (テクテク)
2008-12-23 23:48:14
>くまんちゅうさま
こんばんは
確かにテーマが同じであっても
作り手によって内容がこんなに違ってしまうとは…
こんな感じで驚きの作品でもありましたが、
私も最後まで面白く観る事が出来ました

最初に観た「シリアナ」はホントに難しい作品でしたが、
再度観直すと奥の深さを感じる秀作だったと
感じさせられました

好みにより評価も違ってくるのでしょうが、
「シリアナ」より今回の映画の方が
一般ウケするのも分かる気がします
私も、こっちの方が好きですし…

>アメリカ人には耳が痛かったらしく
>ヒットしなかったようですが

あー、これは分かる気がしますね

劇中に登場したアメリカの姿は
「英雄の国、救済の国アメリカ」ではなかったですし、
ハイテクを利用しまくる金持ち国家の不甲斐無さも
露骨に描かれていましたから…
明けまして (michi)
2009-01-02 03:42:29
おめでとうございます。
昨年は(も)、お世話になりました。

本作品、アメリカでコケたと聞きそれほど期待していなかったのですが、
鑑賞後、コケた理由がわかりました~。
私もテクテクさんのように「踊る大捜査線」で描かれたような
立場の違う人々の“温度差”を感じ、
やはり“会議室に居る人々”には、木は見えても森は見えないのだわ。。。
とつくづく思いました。
どの国にも、どの分野にも、こういう関係って存在するんですね。
永遠になくならない気がするのがちょっと哀しいです。

今年もお互いに、
1本でも多くの素敵な映画に出会いたいですね♪
今後ともよろしくお願いいたします。
コメント返信 (テクテク)
2009-01-02 17:59:13
>michiさま

あけましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました
こちらこそ今年もヨロシクお願い致します

この映画に描かれていた事は
アメリカ国民には受け入れがたい内容かもしれませんが
とても興味深い物語でしたし、
人間ドラマもアクションも上手く表現されていましたよね

「正義」とは、
その人の立場によって形が変わるモノなのかもしれないと
ちょっと考えさせられたりもしました

昨年末は面白い映画続きで大満足の師走でしたが、
今年も1月中旬から沢山映画が公開されるので
面白い映画に出会える事を私も願っています
あけましておめでとうございます (なな)
2009-01-03 13:22:29
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さてこの作品,昨年のシメに選んだ作品ですが
なかなか見ごたえがあって,考えさせられました。
リドリー監督,こういうの上手いですね!
自国批判のような重いテーマにもかかわらず
しっかりエンタメもしていて流石でした。
ホフマンはまさに傲慢なアメリカの象徴でしたね。
政権も交代したことだし,今後のアメリカは
少しは変わってゆくのでしょうか?
コメント返信 (テクテク)
2009-01-04 18:16:58
>ななさま
あけましておめでとうございます
こちらこそ、昨年は大変お世話になりました
今年もヨロシクお願い致します

この作品は、とても見応えのある作品でしたよね
リドリー・スコット監督の手腕に感心させられる映画でした

現実的にも今年のアメリカは
様々な問題を解決しなければならない時期なので
どう変わっていくのかを静かに見守りたいところです

私個人的には洋画、邦画を問わず
世界の不況を吹き飛ばしてくれるような
素晴らしい映画に出会える事を期待しています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプリオと、そして言うまでもない名優ラッセル・クロウなんやもん...
ワールド・オブ・ライズ (いとし・こいし)
ワールド・オブ・ライズ  “BODY OF LISE” 12/20@TOHOシネマズ西新井 ノーチェックの作品だったのだけど 20kg太るのはどう? ってナゼ云われたのかが気になってたので観に行った 世界を救うだなんてのは口先だけで その口も安全で平和なとこ
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア (今日という一日。)
「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です。 映画はテロリストとCIAとの駆け引きが中心となっ...
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies) (Mooovingな日々)
イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示によって彼の命も左右される。 ヨルダンへ移動したロジャーは英...
「ワールド・オブ・ライズ」みた。 (たいむのひとりごと)
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコット&ラッセル・...
映画 【ワールド・オブ・ライズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で命がけで活動するCIAの敏腕工作員。遠くワシント...
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました~現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O
ワールド・オブ・ライズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ     ラッセル・クロウ    カリス・ファン・ハウテン    ヴィンス・コロシモ マーク・ストロング    オスカー・アイザック    マイケ...
ワールド・オブ・ライズ (to Heart)
どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
★「ワールド・オブ・ライズ」試写会♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
「ワールド・オブ・ライズ」を試写会で観ました。CIAのフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は巨大なテロ組織のトップにたどり着くために常に命がけで現場で戦っていた。。かぁ~~っこいいですぅ~でも。。ほんとに。。命がいくつあっても足りない感じ~。。そして。...
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
ワールド・オブ・ライズ 東京国際フォーラム 2008.12.3 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
国際フォーラムで行われたワールド・オブ・ライズの ジャパン・スペシャル・スクリーニングに行ってきました。 (応募した際はレオ様来場!のジャパンプレミアだったのに 来れなくなったよ...
ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督に...
ワールド・オブ・ライズ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ヒゲ面のレオとメタボのクロウ共演のスパイものだが、米国と中東の価値観の違いが面白い。死と隣り合わせのCIA工作員フェリスと、安全な場所から指令を下す上司のエド。彼らの潜入捜査を描く。中東のテロという素材は目新しくないが、敵はおろか味方さえ信じられない状...
【ワールド・オブ・ライズ】 (+++ Candy Cinema +++)
【BODY OF LIES】 【監督】 リドリー・スコット     【原作】 デイビッド・イグネイシアス    【脚本】 ウィリアム・モナハン  ...
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年11月27日01:33 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。    レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この...
レオの粉骨砕身~『ワールド・オブ・ライズ』 (真紅のthinkingdays)
 BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
ワールド・オブ・ライズ (映画通の部屋)
「ワールド・オブ・ライズ」BODY OF LIES/製作:2008年、アメリカ 
ワールド・オブ・ライズ (ももママの心のblog)
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
ワールド・オブ・ライズ◆あばかれる情報戦の舞台裏 (好きな映画だけ見ていたい)
    画像:「Body of Lies」 David Ignatius 著(ペーパーバック)   「ワールド・オブ・ライズ」 (2008年・アメリカ) 中東を舞台に、アメリカの対テロ戦略を担うCIA工作員の頭脳戦を描いたリドリー・スコット監督の最新作。原作は中東問題に精通した「ワシン...
ワールド・オブ・ライズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 上空からの監視は晴天時は地上から丸見えだった(笑)
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (FREE TIME)
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
【100.5Kg】 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
すっかり日付も替わってしまいましたが、今日は映画を観てきました。
ワールド・オブ・ライズ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報戦が息詰まるほどにスリリング。 「フィクションだけど...
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
ワールド・オブ・ライズ (利用価値のない日々の雑学)
新年最初のレビューだが、2008年末の未鑑賞作品である。リドリー作品であり、また、久々のディカプリオであり、この作品すら観られなかったのだから昨年末の忙しさは例年以上であったのだと我ながら驚く。しかし同時に、「原作を先に読んでおくのだった・・・」と後悔し...
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
ワールド・オブ・ライズ (こんな映画見ました~)
『ワールド・オブ・ライズ』 ---BODY OF LIES--- 2008年(アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員...
ワールド・オブ・ライズ (週末映画!)
期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ
★「ワールド・オブ・ライズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
ワールド・オブ・ライズ を観ました。 (My Favorite Things)
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
ワールド・オブ・ライズ (You got a movie)
監督    リドリー・スコット 脚本    ウイリアム・モナハン キャスト  レオナルド・デカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング  名匠リドリー・スコット監督、レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウの2大スターが競演とい...
ワールド・オブ・ライズ (LOVE Cinemas 調布)
私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題は「Body of Lise」。これはどう訳したらいいんでしょう。...
『ワールド・オブ・ライズ』 2008-No88 (映画館で観ましょ♪)
「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」 いえいえ、会議室どころか、 日々の暮らしで、 家庭で、 子供を...
【映画感想】ワールド・オブ・ライズ(レオナルド・ディカプリオ×ラッセル・クロウ)[2009-055] (映画+小説+家族=MyLife)
アメリカCIAと中東のテロ組織との戦いを描いた『ワールド・オブ・ライズ』。今も世界のどこかで行なわれているであろう、終わりの無い対テロ戦争の一端が垣間見える作品です。 しかし、アイドル俳優だったディカプリオが見せる傷だらけでヒゲ面の顔は、あの「タイタニッ...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
映画『ワールド・オブ・ライズ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
103.ワールド・オブ・ライズ■原題:BodyOfLies■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□製作:ドナルド・デ...
『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ~! (おきらく楽天 映画生活)
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES) (シネマ・ワンダーランド)
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...
『ワールド・オブ・ライズ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ワールド・オブ・ライズ 中東で対テロ殲滅作戦を展開する 米CIA中東局の主任ホフマンと 現地工作員フェリスは爆破テロ組織の リーダーを追う...