水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

勝者はいない。『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』

2009-04-15 22:50:00 | 映画【ら行】
昨年11月に劇場公開された『レッドクリフ Part I』の続編です。


映画の評価 ★★★★☆ 見応えのある映画


●以下ネタバレがあります●


この映画の前編を劇場で観た時、
日本人向けにアレンジした
そのあまりのセンスの悪さに私は驚愕しました。
(その時の感想はこちら

前編があんな風だったから、
後編もアレンジされちゃうんだろうなぁ・・・という
ある程度の覚悟は出来ていたので、
今回の映画は前編の時ほど
違和感は感じませんでした。

今回も前編と同様に
私は日本語字幕版で見ましたが、
やっぱり流れた
冒頭の日本語ナレーション
にも
免疫があったおかげ
今回は驚きませんでしたし、
前編の時よりも多少見栄えのイイ
説明絵図らになっていたので安心しました。

それ以外でも私が安心して観れたのは
前編ではシーンが変わるごとに
いちいち表記されていた人物名の説明字幕が
今回は一度きりだった事で、
シーンが切り替わる部分も
分かりやすく表現工夫されていました。

前編公開時にも
「これは三国志ではない!」
と思われる方がいらっしゃったようですが、
三国志の事も良く知らない
歴史オンチの私には
この映画は1本の娯楽大作でしかなく、
そういった意味では終始退屈せず
純粋に楽しめる作品だったと思います。

そんな私が映画の中で一番印象的だったのは
孫権の妹である尚香が男装して敵陣に乗り込み、
スパイ活動をしていた時に出会った
蹴球の選手との友情の物語。

「一緒に逃げよう!」
と言う尚香に対して、
「戦えば3年免税されるんだ。
そしたら家族に御飯を沢山食べさせられる。」
と明るく答える彼の姿には
国の為に戦うのではなく、
家族の為に戦うという
家族への愛情が明確に現れていました。

結局、何の為の戦だったのか・・・

それを物語るような言葉が
トニーレオン演じる周瑜の口から
ラストシーンで発せられます。

「勝者はいない。」

本来ならば頭脳戦の面白さであったり、
炎に包まれた戦のシーン
この映画の見所なのかもしれませんが、
そんな部分とはあまり関係のない
戦に翻弄された人間ドラマ
私には一番面白く感じられ、
そこには反戦の意味
込められているような気がしました。


【2009年4月11日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男は視覚で恋をする?『トワイラ... | トップ | 最後に彼が手にしたモノは・・・... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに・・ (KLY)
2009-04-16 01:59:05
シムウナさんこんばんは^^
いつもコメ&TBありがとうございます。

シムウナさんのおっしゃる通り、パート2は人間ドラマがしっかり描かれていました。もちろん大迫力のアクションもきっちりと用意されていますから、その2つのバランスが非常に高いレベルで融合していたと思います。

私は学生時代は「三国志研究会」に所属していた、いわゆる三国志ファンですが、十分に楽しめる正にジョン・ウーの三国志でした。♪
こんにちは♪ (ミチ)
2009-04-16 08:35:37
「勝者はいない」の一言が効きましたね。
人間の歴史は戦争の歴史であることを思い出しました。
勝者はいないのに相変わらず愚かなコトを何百年も繰り返しているなんて・・・。
三国志を知っていても知らなくても楽しめる作品になっていて良かったと思います。
お久しぶりです (mana)
2009-04-16 09:07:24
TBありがとうございました〜。

>蹴球の選手との友情の物語。
ここはテクテクさんらしいなぁと思いました。
そうなんですよね。国のためじゃない、家族のため…
私は淡い恋心が良かったなぁと恋愛目線重視だったんですが、
死体の山の中、その友の死に涙を流す尚香。
このシーンは印象的で焼き付いてます(・・、)

>炎に包まれた戦のシーンがこの映画の見所なのかも
このシーンが長いと感じました。
でもだからこそ「反戦の意味」を見せたかったんだと
その後に感じました。
「勝者はいない」
この言葉に全てが込められてると。。。
トニーレオンバージョンの「トワイライト」(コラコラ) (Ageha)
2009-04-16 12:02:19
もともとお金を出したエイベックスが
勝手にくっつけたのがパート1冒頭の解説。
ジョンウーがよう怒らんかったなと。
しかも、映画に「愛」を盛り込むことを要求した結果の
ああいう展開。
トニーレオンとリーチンリンのシーンは
正直省こうと思えばいくらでも省ける(わわわわわ)
ただ、その映像でもって
一生懸命愛だの命だの平和だのと
メッセージを盛り込み、
ラストバトルとの緩急をつけた・・・と思えば
苦しいけどまあアリかと。

対照的な女性二人の活躍シーンが多かったことも
本来三国志好きの人からみれば
いくばくか文句も言いたいだろうに
(もっとほかに盛り込むエピソードもあるやろとか
もっと活躍シーンが見たかったあのひとを出せ〜とか)

実際そのおかげで女性客の集客に成功したらしいから
モガモガモガ・・・。
このへんてやっぱり作りたいものと
作らなしゃ〜ないもんとの板ばさみなんかな〜
(わわわわわ)
こんばんは! (くろねこ)
2009-04-16 18:56:47
頭脳戦・炎上シーンは本当にスゴかったですが
私もその中に戦いの虚しさを感じて、涙しちゃいました。
こういうところが心憎く、惹かれてしまいますね。
曹操を許したことも、なぜその後も戦い続けなきゃならなかったのかも不思議です。
本でも読んでみようかと思っております(笑)
コメント返信 (テクテク)
2009-04-16 20:19:05
>KLYさま
こんばんは
もしかしたら、
私以外の方に宛てたコメントなのかもしれませんが
せっかく書き込んで頂いたコメントなので
そのまま掲載させて頂きました

ところで…
この映画は人間ドラマも戦いのシーンも
とても充実した作品でしたよね

144分というちょっと長めの上映時間でしたが
終始退屈する事なく観れました

ただ淡々と戦いの様子を描くだけでなく
歴史が苦手な私にも楽しめる内容になっていましたし、
過去の歴史に込められた現代へのメッセージを
この映画を通して見せられた気がします
コメント返信 (テクテク)
2009-04-16 20:23:55
>ミチさま
こんばんは
「勝者はいない」という台詞は
トニー・レオン演じる周瑜が言ったからこそ
心に残る言葉なんですよね…

過去の歴史を題材にしながらも
現代に通じる反戦メッセージが込められた
奥の深い作品だと思いました
コメント返信 (テクテク)
2009-04-16 20:32:43
>manaさま
こんばんは
お久しぶりです

この映画に登場する蹴球の選手は
敵陣に憎しみを抱いて戦に参加しているのではなく、
家族の生活の為に戦っている…という背景が
何ともせつなくなりました

どんなに心優しい青年であっても
敵対する人間を殺さなければならない戦場で
一瞬の優しさを見せた瞬間、
命を落としてしまうあのシーンは
もう何とも言えない気持ちにさせられました

多くの命の犠牲の上に立つ勝利なんて、
ただの自己満足に過ぎないのだと
この映画を通して改めて教えられたように思います
コメント返信 (テクテク)
2009-04-16 21:09:11
>Agehaさま
こんばんは

レッドクリフのパート1を観た時は
ホントに愕然としました

日本人仕様にアレンジしたあの解説と、
何度も何度も出てくるあの人名説明字幕…

しかも公開前に散々予告編を劇場で観ていたにも関わらず
2部作だとパート1の冒頭を観て
初めて知ったという驚愕の事実…

別に2部作でも構わないけど、
「20世紀少年」みたいに最初から大々的に
1部完結じゃないって告知しろよっ

こんな感じでパート1を鑑賞したのですが、
余計な手を加えて散々な映画にしちゃってからに
この現状をジョン・ウーは容認しているのか
と私も疑問に思ったひとりです

でも、案外この手法が観客に好意的に受け取られていたようで
それもまた驚きました

やっぱり歴史モノや実話を題材にした映画は
ただ淡々と物語を硬派に描いただけでは
興行収入に問題が出ちゃうのかもしれませんね

娯楽性を持たせなければ客足は遠のくでしょうし、
歴史を忠実に再現しただけの映画が
観客にウケるとは限らないでしょうし…

可愛いアイドルに置き換えて考えてみても、
ファンから求められているイメージを守らなければ
アイドルではいられないのと同じで、
素の姿である写真が
くわえ煙草でパチンコを打つ姿だと
やっぱりファンは離れちゃいますもんね

観客が求めるモノを与えなければ
商売は成り立たないという事なのでしょうが、
それを念頭に置いて観たパート2は
寛大な心で鑑賞する事ができたので
予想以上に楽しめました
コメント返信 (テクテク)
2009-04-16 21:10:28
>くろねこさま
こんばんは

この映画は戦の様子だけを淡々と描いているのではなく、
その渦中にいる人たちの
様々な想いが感じられる作品でしたよね

歴史オンチな私も、
この映画を観た事によって歴史への興味が沸きました
こんばんは (なな)
2009-04-17 00:34:06
私もテクテクさんと同じく
前作のようなしつこい名前字幕を心配していたのですが
前作のその点での不評を考慮してくれたのか
それとも「続編だからもう人物説明はいらないよね」と思ってくれたのか
名前字幕は一回きりとかで,よかったですー
国の相関関係も人物の予備知識もよくわかってる今作は
とってもわかりやすくその分感情移入もしやすく
思う存分ストーリーを堪能できた気がしましたよ!
原作の「三国志」をウー監督流にだいぶ脚色しているそうですが
原作を知らない身としては何の文句もなかったです!
コメント返信 (テクテク)
2009-04-17 12:47:07
>ななさま
こんにちは

今回の映画でも人名説明の字幕が出た時は
内心「げっ」と思ったのですが、
冒頭の方だけだったので安心して見れました

歴史を題材にしていても小難しい話ではなく、
人間ドラマも充実していて
私も文句なしで楽しめました

本当ならば5つ付けたい作品ですが、
やっぱり日本人向けにアレンジされてた事が
唯一残念だった事です
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-04-17 22:41:51
うまくいかず、2回送られたかもしれませんので、その時はご容赦ください。
2を見てみると、1は壮大な予告篇のような気がしますね。
ジョン・ウー監督は、反戦、平和への熱い思いを込めて、いつもハトを飛ばすそうですが、その思いはわかりますが、それにしちゃ、戦いが最大の見所ですからねぇ。
やっぱり伝わってきたのは、反戦の思いよりも、戦いの迫力でした。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-04-18 12:19:50
TB有難うございました。
中盤からのアクションの見せ場の連続に、時間を
忘れて見入ってしまいました。
前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
しかし、勇気、愛、結束力、信じる心。
胸が熱くなる要素たっぷりの映画でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
 (メビウス)
2009-04-18 23:47:56
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

前作の冒頭の説明を吹き替え版と間違えた一人でしたが、自分も免疫が付いたおかげで今回はすんなり入れましたね〜。・・・と言うか普通に考えればあまり迷う所ではないんですけどね(笑

でもパート1でも曹操軍の多くは投降兵だと言っていましたが、やはり大半は曹操の人柄に惚れて従軍したのではなく、蹴球の選手同様家族のために戦う人が多かったのかもしれませんね。そう考えると連合軍・曹操軍どちら側にもそれぞれの義みたいなものがあったのかもしれないですね・・(そこまで深いものかは分かりませんがw)
コメント返信 (テクテク)
2009-04-20 12:50:43
>sakuraiさま
こんにちは

この映画は「戦」を題材にした娯楽映画なので、
戦いのシーンがメインなのは
ある意味当然なのでしょうね

莫大な制作費の多くは
戦いのシーンに使われているのでしょうから、
戦いの迫力を感じられた事は
製作者サイドも大喜びだと思いますよ
コメント返信 (テクテク)
2009-04-20 12:57:46
>シムウナさま
こんにちは
私もこんなふうに胸が熱くジーンとさせられたのは
久しぶりのような気がします

特に今回の映画では尚香の頑張りが
本当に心に残りました

敵軍に忍び込んでスパイ活動をしていた尚香が
どんなに大変な想いをしきたのかを言わず、
平然とした顔で淡々と報告していた時、
彼女を叱り付けた孫権が
「怒鳴って悪かった…」と抱き寄せたシーンには
最初にホロリとさせられました
コメント返信 (テクテク)
2009-04-20 13:05:33
>メビウスさま
こんにちは
今回の映画が二部作で良かったなぁと感じた点は
第一部で作品アレンジの免疫が出来た事くらいでしょうか…

この映画に描かれていたドラマからは、
おおよそ想像でしか描かれていない部分が
多々あったと思うのですが、
やはり人と人が争い、傷つけあう戦には
誰もが愛国心を掲げているとは思いませんし、
各々の兵士が抱える気持ちは
戦場に立つ者にしか理解出来ないのかもしれませんね

でも、敵にも味方にも死傷者が出る戦争に
真の勝者はない…という事だけは明確だと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

84 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「 レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-」プチレビュー (気ままな映画生活)
レッドクリフ2部作の完結編、Part?を鑑賞してきました。 本日、地上波にてPart?が放送されます。 ある記事で、Part?は50億の興行収入、Part?は100億を 狙っていると書いていました。
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (LOVE Cinemas 調布)
最近試写会によく当選しまして、本日も厚生年金会館へ行ってきました。18:30開演なのに仕事終わりが18時。全速力で走った走った!汗だくになりましたが、それだけの価値ある作品でした。監督は当然ジョン・ウー。周瑜=トニー・レオン、諸葛亮孔明=金城武、小喬=...
レッドクリフPart?-未来への最終決戦- (★ Shaberiba ★)
三国志「赤壁の戦い」の全貌が今明らかになる!!
劇場鑑賞「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」 (日々“是”精進!)
レッドクリフオリジナル・サウンドトラックコンプリート・アルバム「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」を鑑賞してきました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後...
レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4...
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (労組書記長社労士のブログ)
【 17 -4-】 レッドクリフ PartIも試写会で観れたんやけど、なんとPart?も試写会が当たった{/m_0151/} 実は、数人の友人から「試写会当たったから行く?」「試写会のチケットもらったけど行く?」と誘われていたけど、「いや〜うちも当たってるねん」{/m_0199/} どんだけ...
映画『レッドクリフPart?−未来への最終決戦−』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ
レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と...
『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、 他 西暦208年、中国三国時代。大群を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍に対...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2 (いい加減社長の映画日記)
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょ...
レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦― (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン。昨秋の「レッドクリフ PartI」 の続編。冒頭「世界的金融危機の今、この映画観て頑張ろう」といった趣旨のメ...
映画 【レッドクリフ Part ? ―未来への最終決戦― 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―」 昨年大ヒットした『レッドクリフPart I 』の続編。 いよいよ待ちに待ったパート2! 冒頭にご丁寧な解説があるので、万が一パート1を忘れかけていたとしても大丈夫な親切設計になってます。 パート2に入って...
『レッドクリフ Part II』 (映画批評_気ままにツラツラと・・)
さてさて、今週4本目の映画行ってみよー! 今日は『レッドクリフ Part II 』です♪ あらすじ: 曹操(チャン・フォンイー)の元へ男装して潜入していた 孫権の妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)は 疫病で亡くなった兵士たちの死体が船に積まれ 連合軍のいる対岸へ流され...
『レッドクリフ/Part II ―未来への最終決戦―』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今回も、孔明と孫権が麗しかったから、個人的には満足。 『レッドクリフ/Part II ―未来への最終決戦―』 "RED CLIFF:PART II" 2009年・アメリカ...
レッドクリフ Part II (花ごよみ)
監督はもちろんジョン・ウー。 前回に続き、今回も最初に、 人物に関しての、説明が成されていて、 サービス精神たっぷり、 理解しやすくなっています。 中国・長江での戦いのクライマックス、 三国志の中のレッドクリフ 赤壁の戦い! 両軍の戦いの心理作戦の面白さ。...
レッドクリフって… (美容師は見た…)
  「赤壁」なんですね。  しかも「赤い壁」でもなく(笑)  現在は赤壁市だそうです。  何も知らずに観た私σ(^_^;  金城君は気になってたんですが、  観ることになるとは…  『レッドクリフ 2』面白かったです♪昨日テレビで放映された『レッドクリフ part?...
「レッドクリフ Part?―未来への最終決戦―」 (てんびんthe LIFE)
「レッドクリフ Part??―未来への最終決戦―」試写会 よみうりホールで鑑賞 この春、「ベンジャミンバトン」と同じぐらい期待していた作品「レッドクリフ Part?」みてきました。 この試写会に関して言ううと、最近あまりに多忙な日々なので行けるかどうかわからな...
レッドクリフ Part ? (いやいやえん)
【映画鑑賞時の感想です DVDレンタル開始後編集し直す予定です】 本日公開ですので映画館に観にいってきました!さすがにモーニングショー+平日ということで人は少なかったですが、年配の男性の方がけっこう1人できてましたね いや〜〜〜〜〜呉ファンが増えるのは...
「レッドクリフPartII」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「レッドクリフ」公式サイトレッドクリフPartIの続編となる歴史スペクタクル。ものすごいいいところで終わってた前作から半年、期待をこめて待ってたせいか三国志の固定観念があるからか、これ・・三国志じゃあなかった^^;さ、三国志風〜引き....
『レッドクリフ PartII』 (ラムの大通り)
(原題=Red Cliff II 赤壁:決戦天下) 「さて、今日は久しぶりの“驚速”をやっちゃうかな」 ----あっ『レッドクリフ PartII』だね。 でも、原作読んでいないからよく分からないって言ってなかった? 「そのとおり。 ぼくは『レッドクリフ PartI』がけっこうオモシロか...
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] “最終決戦”のMVPは小喬(リン・チーリン)に決定です。
「レッドクリフ Part II」サービス精神とファイヤーが爆裂 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
見る人を楽しませようというサービス精神とエンタメ性に溢れている映画。反面、それらが過度過ぎると思われる方もきっといるはず(^^ゞ 評価...
[レッドクリフPartII -未来への最終決戦-] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:RED CLIFF: PART II/赤壁公開:2009/04/10製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国上映時間:144分鑑賞日:2009/04/11監督:ジョン・ウー出演: トニー・レオン/周瑜 金城武/孔明 チャン・フォンイー/曹操 チャン・チェン/孫権 ヴィッキー・チャオ/尚...
[映画『レッドクリフ PartII』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ ♪チャン・チャン・チャン チャラリルン!   ♪チャ・チャ・チャ   ♪チャン・チャン・チャンラリルン!  「レッド・クリフ」のテーマ曲を文字にして見ました^^;  この後の雄大なメロディがいいですよね^^  つい最近、『―未来への最終決戦―』と言...
【レッドクリフ Part? 未来への最終決戦】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・ウー 出演:金城武、トニー・レオン、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童      風は未来へ。 いよいよです♪ Part?の感想はこちら → ☆ いよいよタイトルにもな
レッドクリフ part2 (Akira's VOICE)
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  
世界に平和を、あなたに「決断」を。~「レッドクリフPart2」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり孔ピーが好きっ♪ ということで、この画像。(壊れてる壊れてる・・・) さあこれからって時に 続くってなんだよぉ~~~だったパート1. ある意味、フィクションをノンフィクションに近づけ、 ないもんを膨らませて完結したパート2.(わわわわわ) それはホ...
試写会「レッドクリフPart2」 (流れ流れて八丈島)
中野サンプラザで試写会「レッドクリフPart2」を観てきました。ここは、試写会場としては国際フォーラムの次くらいに大きいんじゃないかな開映30分前の開場時間には、信じられないほどグネグネと長蛇の列になってました案の定、30分間では入りきれず、10分ほど開映....
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (KASHIWA一市民)
クライマックスまでは長〜いですが、スクリーンから目を逸らさずに… その間の記憶が、後々効いてきます。 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。 曹操は疫病で死んだ自軍兵を 対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。 これが原因で劉備...
映画「レッドクリフPart2−未来への最終決戦−」試写会@東... (masalaの辛口映画館)
 今回はいつもお世話になっているYahoo!映画さんの「ムービーレビュアー」として招待された。客入りはイマイチで7割ほど。 映画の話 2000隻の軍船を率いて信仰してきた曹操軍に、孫権の妹・尚香が潜入。そこで得られた情報をもとに、周瑜、孔明は秘策を練る。そ...
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
やっぱり「三国志」は面白いです。歴史としてよりも映画として個人的にはあれこれ不満が残るところはありましたが、それでも最後まで楽しめる映画だったと思います。そして改めてジョン・ウー監督は英雄が大好きなんだと思いました。英雄大集合のラストも『男たちの挽歌』...
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (映画君の毎日)
//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が...
「レッドクリフPart?-未来への最終決戦-」:赤坂高校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}お墓の隣にある高校ってどうなのよ。 {/kaeru_en4/}死者を敬え、死人に学べってことだろ。 {/hiyo_en2/}まあね、学問、とりわけ歴史っていうのは、先人たちの行いを知るっていうことだからね。 {/kaeru_en4/}死屍累々の歴史と言えば、まず思い浮かぶのは三国...
レッドクリフ/赤壁 Part II −未来への最終決戦− (そーれりぽーと)
というわけで、どうもしっくり来なかったPart Iに続いて『レッドクリフ/赤壁 Part II −未来への最終決戦−』を観てきました。 ★★★★★ 前半のドラマパートは前回と同じく変わりまくるカメラアングルに目がチカチカして時々イラっとしますが、前回は総集編のような早...
映画レビュー「レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
レッドクリフPartII -未来への最終決戦-フォト&ストーリーガイド (TVTaro特別編集) (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)◆プチレビュー◆またもジョン・ウーの悪い癖が出た。それでも、待ちに待った赤壁の戦いに興奮必至である。 【60点】 西暦208年。撤退し...
レッドクリフ Part ? / RED CLIFF 2 / 赤壁・決戦天下 (我想一個人映画美的女人blog)
前作は最速マスコミ試写というもので観たのは去年の8月初旬! その時は「part 1」なんてタイトルにも全くなくて え?!これで終わり!?いいとこで続くなの{/eq_1/}前後編だなんて聞いてないよ!状態。 そのせいもあるし、そもそも三国志を良く知らないっていうのもあ...
レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦― (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,これほどまで続編公開を待ち焦がれた作品は初めて!公開初日は仕事で無理だったが,2日目にはもちろん劇場へ駆け付けた〜!同じ日にクローズZERO?も観たので,ここ数日,仕事でたまっていたストレスが,豪快なアクション連発によって一気に解消されましたわ。 Pa...
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―   試写会鑑賞  (レンタルだけど映画好き)
赤壁で、激突。−信じる心が、未来を変える。 風は未来へ。−男たちの結束が揺らぐ時、女たちの勇気が動き出す。 2009年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  日本公開日2009/04/10  監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャ...
レッドクリフPart2☆ (Happy-go-lucky!!)
ジョン・ウー監督の映画『レッドクリフPart2』を見ました今までは時代劇ものや三国志って興味なかったんですけど、Part1を見てすごく面白かったから絶対見に行こうって思っていたんですそしてやはり、素晴らしい映画でしたあの特徴的なBGMが流れてくるだけでワクワクし....
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (ダイターンクラッシュ!!)
4月12日(日) 20:20〜 TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』公式サイト 完結編は、アクション満載の人海戦術戦闘映画だ。 劉備と三武将が...
「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」みた。 (たいむのひとりごと)
「Part?」は試写会で10月半ばの鑑賞だったこともあり、数日前に復習上映会(吹替版)でおさらいしての鑑賞。よって冒頭のダイジェストはハッキリクッキリ。2夜連続とかのTVスペシャルドラマのような感覚で
レッドクリフ prat? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
力技の豪傑から繊細な頭脳派まで、百花繚乱の戦う男たちに萌え〜! 赤壁で繰り広げられる、手に汗握る頭脳戦!、いよいよ決戦!!曹操の非情な攻撃に、孔明が秘策で挑む・・・。 物語:眼前に姿を現した曹操軍の2000隻の大船団に声をなくした連合軍。 その頃、...
レッド・クリフ 2 (迷宮映画館)
やっぱ・・・趙雲でしたねええ。
レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 (だらだら無気力ブログ)
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を...
映画「レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−」 (FREE TIME)
注目の映画「レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−」を鑑賞しました。
『レッドクリフPartII−未来への最終決戦−』 (2009)/アメリカ・... (NiceOne!!)
原題:REDCLIFF:PARTII/赤壁監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン試写会場 : 中野サンプラザ公式サイトはこちら。<Story>曹操(チャン・フォンイ...
レッドクリフPart?-未来への最終決戦- (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年4月10日(金) 公開 ★★★★★ これでスッキリ 星5つ! あらら、みんなダンゴをありがとう♪ダンゴで乾杯! 私は結構Part?が好きでして。 とにかく興奮しまくりました! で、後半はどちらかと言えば落ち着いて...
「レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-」 歴史に残るスペクタクル (はらやんの映画徒然草)
「レッドクリフ part?」は昨年10月に試写会で観たので、半年間も待ちました。
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/日本 アメリカ 韓国 台湾 中国 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、 金城武、 チャン・フォンイー、 チャン・チェン、 ヴィッキー・チャオ、 フー・ジュン、 中村獅童、 リン・チーリンetc・・・ 茶を飲んでる...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
【レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―】天才軍師の技にドキドキ・・・ (映画@見取り八段)
レッドクリフ PartII  ―未来への最終決戦― 〜赤壁 RED CLIFF Part2〜 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイ...
★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
■『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、トニー・レオン、金城武主演。
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行して...
レッドクリフ Part2 (Recommend Movies)
『レッドクリフ Part2』 ―未来への最終決戦― 【出演】 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー チャン・チェン、ヴィッキー・チ...
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」孔明の経験と周瑜の用意周到の策略で曹操軍を切り崩した赤壁の戦いの勝利 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は昨年11月に公開された「レッドクリフ PartI」の続編で赤壁へ攻め込んできた曹操軍を迎え撃つ孫権・劉備軍が内部分裂の危機を回避し、欺きながら孔明と周瑜の策略で曹操軍を追い込み赤壁の戦いで激突するストーリーである。...
レッドクリフPart? を観ました。 (My Favorite Things)
あのTVはないよね?観ちゃうよ〜。本でも予習中だったしね。
「レッドクリフ Part II」  (You got a movie)
監督    ジョン・ウー キャスト  トニー・レオン       金城 武       チャン・フェンイー       チャン・チェン       ヴイッキー・チャオ       中村獅童  早くもpart?がテレビ放映されたのには驚いたがこれも最初は一本の作品...
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦(試写会) 赤壁 決... (まてぃの徒然映画+雑記)
いやあ〜、戦闘場面は大迫力!!もうね、後半のドゴォーン!バカァーン!そして梁朝偉(トニー・レオン)演じる周瑜と張震(チャン・チェン)演じる孫権、胡軍(フー・ジュン)演じる趙雲を中心とした大立ちまわり、やっぱり呉宇森(ジョン・ウー)凄いです。これでもか、...
『レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─』試写会 (エミー・ファン!ブログ)
レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─ Chi bi xia: Jue zhan tian xia/RED CLIFF: PART II/赤壁 2009/04/10公開 公式:http://redcliff.jp/ パート1を見たとき...
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行して...
レッドクリフ PartII (  Art- Mill  )
http://redcliff.jp/index.html 三国志の愉しさは、魅力溢れる多彩な登場人物たちに心を寄せたり、覇を争う知略の妙に唸ったり。「三国志」の前半部分は、この「赤壁の戦い」に向けて全て
「レッドクリフ Part?−未来への最終決戦−」誰?こんな長いサブタイ付けたの! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード  大ヒットした「Part ?」に続いて、いよいよ完結編の公開。「レッドクリフ Part?−未来への最終決戦−」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。しっかし、チラシのどこにもこんなサブタイ書いてなかったけどな〜。  ...
レッドクリフPart?−未来への最終決戦− (悠雅的生活)
案山子の舟。冬至の団子。東風吹かば。
レッドクリフ Part II (シニカル・ヒストリー・タワー)
レッドクリフ Part II。 「未来への最終決戦」という妙なサブタイトルが付いている。 Part Iよりも面白かった。というよりPart Iは別に見なくてもかまわなかったかもしれない、と冒頭のシーンを見ながらチラッと思った。 燃え盛る船を使...
レッドクリフ Part2 ―未来への最終決戦― (future world)
これは劇場スクリーンで観るべき、 迫力十分で楽しめました〜。 パート1での序章、いよいよ決戦というところから。 前作を観ているのでキャスト・人物関係は三国志を知らずとも すんなりパート2には着いていける。 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ連合軍・・...
レッドクリフ Part?-未来への最終決戦-(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕を...
レッドクリフPart2 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  日本語吹替版を観てしまったからか、何となく前作よりもスケールが小さく感じてしまった。それに本作のメインシーンは、戦争そのものなので、前作のような派手な個人技の披露がないのが淋しい。  だから前作から間髪を置かずに、本作に臨んだほうが良いだろう。...
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【RED CLIFF: PART II/赤壁 決戦天下】 2009年/米・中国・日本・台湾・韓国/東宝東和=エイベックス/144分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー...
レッドクリフ (トニー・レオンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】レッドクリフ PartII (新!やさぐれ日記)
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も...
「レッドクリフ Part? 〜未来への最終決戦〜」 (利用価値のない日々の雑学)
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ Part?」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を...
『レッドクリフ PART2 −未来への最終決戦−』 (『映画な日々』 cinema-days)
   昨年11月のPART1に続く、待望の完結篇  三国志最大の激戦「赤壁の戦い」を描く。    【個人評価:★★★】 
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍...
映画『レッドクリフPart?』を見た感想と蒼天航路記事について。 (休羽捫虱帳)
三国志はかっこよく描くのが一番です!!!  映画ネタバレ大いにあり。。。最後は蒼天航路の記事に
レッドクリフPartII〜未来への最終決戦〜■BADJOB! (映画と出会う・世界が変わる)
「未来への最終決戦」とまるでB級SF映画のようなサブタイトルが付いている。「ターミネーター」や「猿の惑星」あたりについている方がピッタリするようだ。このタイトルによって作品の感じはぐっと軽量級になってしまったが、実際に実に軽い作品である。この種の作品に...
『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村...
映画 『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』 (きららのきらきら生活)
『戦いは赤壁へ。連合軍は絶体絶命・・・激戦は続く。』
レッドクリフ PartII/未来への最終決戦 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
レッドクリフ PartII/未来への最終決戦 ’09:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国  ◆原題:RED CLIFF: PART II/赤壁 ◆監督:ジョン・ウー「男た...
「レッドクリフ Part? 〜未来への最終決戦〜」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 大軍を率いて赤壁へ進行して来た魏の曹操[チャン・フォンイー氏]軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権[チャン・チェン氏](呉)&劉備[ヨウ・ヨン氏](蜀)連合軍の元へ船で流し...
映画日記りぼーん『レッドクリフ Part2』 (CHEAP THRILL)
またまたいい感じで貯めてしまいましたな。 で、この日は下北沢のクラブQUEでの「ロンドンタイムズ」へ。 時間ギリギリまで踊り(しかも「God save the queen」でシャウト!)、タクシーで歌舞伎町へ。 『レッドクリフ Part2』を見る。 ...
レッドクリフ Part 2 (Addict allcinema 映画レビュー)
戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」
レッドクリフPart2〜未来への最終決戦〜 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって ...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...