水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

欲望の代償。『Dr.パルナサスの鏡』

2010-01-28 00:00:00 | 映画【た行】
2008年に急逝したヒース・レジャーの遺作。
幻想の世界へ誘う鏡の世界を使った
大道芸人たちに秘められた想いを描いた作品です。


映画の評価 ★★★★★ 不思議な余韻の残る映画


●以下ネタバレがあります●


この映画の予告編を観たのは
もう1ヶ月以上前の昨年末の事。

大きなスクリーンに映し出された今は亡き俳優
ヒース・レジャーの姿を観た時、
何故だか無償に悲しい気持ちになってしまって
ただの短い予告編なのに涙が零れそうになりました。

2008年に劇場公開された映画
『ダークナイト』のジョーカー役で
多くの映画賞を総ナメにした彼は
幼少時代から演劇の世界に携わっていて、
きっと当時から夢にまで見ていた
憧れの映画の世界の中にいたはずなのに・・・。

彼が望んで目指していた場所に立った時、
そこから何が見えたのだろうか。

成功を手にした者の喜びだったのか、
成功者ゆえの苦悩だったのか。

彼が望んでいた人生は
28年という短い生涯だったのだろうか・・・。

予告編のスクリーンに映し出された彼の表情は
完全にその役になりきっていて
勿論彼の本心なんて誰にも分かるはずはなく、
それが俳優の宿命ならば
それも何だか残酷なように思えてしまいました。

そして実際にこの映画を観て、
何とも皮肉な運命を感じてしまったのです・・・。


この映画は
人間の欲望の代償を描いた作品でした。


劇中に登場する人物は
様々な欲望を胸に生きています。

それは永遠の命であったり、であったり、
自由であったり、お金であったり、であったり・・・。

それをにする為、
与えられた二つの選択肢から
自分の心の赴くままに選択をし、
後に自分の未来へと繋がってゆきます。


人生は選択の連続
ヒース・レジャー本人自身にも
様々な場面での選択のシーンがあったのでしょう。

その自らの選択の結果
若すぎる死を招いてしまったような気がして
私には彼の死もまた
欲望の代償だったように感じて仕方ないのです・・・。

人間の欲望は常に誰にでも付きまといます。

そして、娘の命だけを願ったパルナサス博士でさえ
それ以上の幸せを求める欲望が出てしまい、
常に悪魔の誘惑と隣り合わせにいるというラストシーン。

果たしてこの映画は喜劇なのか、悲劇なのか、
ハッピーエンドなのか、そうではないのか・・・

その捉え方
映画を観た人によって様々なのでしょうが、
私は悲劇の中に描かれた
ハッピーエンドだと思いました。

あんなにもを望んでいたパルナサス博士が
娘の為に再び生きる道を選んだのですから・・・。


【2010年1月27日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔の私も「かいじゅう」だっ... | トップ | 真実は闇の中で終わらせてい... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2010-01-28 17:07:20
>ハッピーエンドなのか、そうではないのか・・・
私は未だに考えあぐねてる感じ?
というか、どっちでもあるんですよね、たぶん。それでも新しい人生を踏み出した人たちは幸せに向かっている、だといいなーって。

個人的にはトニーに改心してほしかったのだけど、そんなに簡単に人間は変わらないのですよね。
分かっちゃいけるけど~~~~
コメント返信 (テクテク)
2010-01-28 23:07:49
>たいむさま
こんにちは

この映画はハッピーエンドなのか、そうではないのか…

結局、ひとつの物事であってもそれを見る角度によって
良くも悪くも捉える事が出来る…という事なのでしょうね

私はハピーエンドだと捉えましたが、
たいむさんのおっしゃる通り
「どちらでもある」と思います

劇中のトニーは口が上手くて
だから客引きでもそれを発揮していたのでしょうし、
彼のおかげで幸せな気持ちになれた婦人も存在したわけで…

どんなに悪人であったとしても
彼によって幸福感を得た人も存在するという
180度の違いが生まれる不思議さが
この映画の魅力だったようにも思います

そうそう
エンドロール後に鳴り響いた携帯電話の着信音は
死んだはずのトニーの存在感をアピールしているようでしたよね
こんばんは (なな)
2010-01-29 00:31:45
ギリアムワールドは
わたしにはあまりピンとこないものでした。
ヒースの遺作でなかったら
きっと観てなかったとおもいます。

スクリーンの彼の元気な姿を観て
久々に彼の不在を哀しく感じました。

しかし欲望の選択の代償にヒースが死んだとは
私は思いたくありません。
全力投球の人生で
思いがけなく訪れた死だと思っています。
コメント返信 (テクテク)
2010-01-29 12:38:30
>ななさま
こんにちは
この作品は観る人の好みによって評価が様々なようですね

私もヒース・レジャーの遺作という事で
この映画を観に行った人のひとりです

しかも私は
この監督作を過去に観た事がなかったので
何の先入観も無く映画を観たのですが
この世界観は案外普通に観れました

若くして亡くなったヒース・レジャーは
昨年亡くなったマイケル・ジャクソンと同様、
きっと真面目に仕事に向き合っていたからこそ
こんな事になってしまったのかもしれませんね
こんにちは! (アイマック)
2010-01-29 14:49:26
こういう映画はちょっと苦手。
前半は何が起きてるのかわからなくて・・とほほ
読解力がないかも、、

確かにマイケルとヒースはかぶるところあるね。
二人とも繊細でいつも全力で仕事をこなしていた。
若くして逝ってしまったけれど二人とも最後まで輝いていたよ。
コメント返信 (テクテク)
2010-01-30 08:57:37
>アイマックさま
こんにちは

やっぱり人によって映画の作風の好みって様々だと思うので、
この映画が苦手だという人の気持ちも
私には分からんでもないですよ

いろいろなブログを通して
この映画の感想を拝見しましたが
この作風が苦手だと書かれていた方も
結構いましたから…

それに私にも自分の感性に合わない苦手な監督作品とか
お金を出してまで観たくない苦手な作風の映画ってありますもん

そうそう
この映画のヒースの姿を観た時、
「THIS IS IT」でマイケルを観た時と同じような気持ちが
私の中でこみ上げてきました

彼らは自分の才能に恵まれた逸材でしたが、
もしも違った仕事を選び、違った生き方をしていたならば
不眠に悩まされる事もなかったのかもしれません

でも、この仕事を選んで頑張れた事、輝けた事は
彼ら自身だからこそ出来た事だったと私も思います

彼らが若くして急逝してしまった事は本当に残念ですが、
様々な媒体を通して彼らの才能に触れる事が出来て
本当に良かったです
Unknown (vic)
2010-02-07 01:02:51
私は「ダーク・ナイト」のジョーカー役、見ていないんですよね~。
残念!

でも、28歳だなんて、若いですよね!
すごい貫禄が漂っていました。

私も遺作でなかったら見に行っていなかったかも知れません。
彼の死を思うと、作品のモチーフになっている「人生」とか「選択」とか「欲望」という言葉が更に深い意味をもってきますね。
コメント返信 (テクテク)
2010-02-07 09:11:41
>vicさま
こんにちは
ヒースの演じたジョーカーは凄いですよ
言われなければ彼だとは分かりませんし、
完全に主役を食っちゃっていましたから…

ヒース・レジャーの遺作だから…という事が
この映画を観るきっかけになった人は
私も含め結構多いと思いますが、
この作風が受け入れられるか否かが
評価の分かれ目のようですね

若くして亡くなってしまった彼の人生は
選択の連続の結果だったのかもしれませんし、
もし俳優業を選んでいなければ…
28歳よりも先の人生を歩む事が出来たのかもしれません

俳優として成功し名声を手にした彼の選択は
本当に正しかったのか、
彼が心底から幸せだと感じられた瞬間は
俳優業の中にあったのか…
その心の中を知る事は
今となっては誰にも出来ません

でも私には
多くのファンやスタッフなど、
周囲の期待に答えたい彼の想いが
彼自身を苦しめていたような気もして、
この映画を観ながら複雑な気持ちになりました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 (はらやんの映画徒然草)
主演のヒース・レジャーの突然の死によって完成が危ぶまれていた本作ですが、鏡の世界
Dr.パルナサスの鏡 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『鏡の中は、すべての願いが叶うパラレルワールド しかし、そこは大切なひとを奪う迷宮だった─』  コチラの「Dr.パルナサスの鏡」は、あの衝撃からちょうど2年、ヒース・レジャーの命日の翌日である本日1/23に公開となったPG12指定のファンタジー・ミステリーなの...
Dr.パルナサスの鏡 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE IMAGINARIUM OF DR.PARNASSUS) 【2009年・イギリス/カナダ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 悪魔から「不死」を手に入れるために娘を差し出す約束を交わしたパルナサス博士 が、欲望を映す鏡の中の幻想世界で悪魔と最後の賭けに出るファンタジー映画。 ...
★Dr.パルナサスの鏡(2009)★ (CinemaCollection)
THEIMAGINARIUMOFDOCTORPARNASSUS鏡の中はクセになるメディア映画上映時間124分製作国イギリス/カナダ公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2010/01/23ジャンルファンタジー/ミステリー映倫PG12【解説】「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム監督が贈る...
『Dr. パルナサスの鏡』 (ラムの大通り)
(原題:The Imaginarium of dr. Parnassus) ----おおおっ。これは噂の映画だニャ。 テリー・ギリアム監督の新作と言うよりも。 ヒース・レジャーの遺作ということで話題に。 確か、撮影途中でヒース・レジャーは亡くなったんだよね。 よく完成したよね。 「そうだね。 ...
Dr.パルナサスの鏡/The Imaginarium of Doctor Parnassus(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[Dr.??????泣?鴻?㍼? ???㏍?井???㏍?若??若??Dr.??????泣?鴻?㍼???蕁?鐚?The Imaginarium of Doctor Parnassus鐚??㏍?c?????潟???種??<?賢???????障?障?⒨????с???c?宴?????㍽新絎??????紊у???⒢?蚊??????????...
Dr.パルナサスの鏡 /The Imaginarium of Doctor Parnassus (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ヒース・レジャーの遺作となってしまった本作、 鬼才テリー・ギリアム監督最新作はジョニー・デップ、コリン・ファレル、 そしてジュード・ロウが同一人物トム...
劇場鑑賞「Dr.パルナサスの鏡」 (日々“是”精進!)
ImaginariumOfDoctorParnassus輸入盤【CD】「Dr.パルナサスの鏡」を鑑賞してきました「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム監督が贈るミステリアス・ファンタジー・アドベンチャー。主演は「ダークナイト」のジョーカー役で鮮烈なインパクトを残したヒース・....
Dr.パルナサスの鏡 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
言わずと知れたヒース・レジャーの遺作にして、映画撮影途中でのヒースの急逝を受け、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの役を引き継いだ“Dr.パルナサスの鏡”。3人が亡きヒースの幼い娘に出演料を贈った―という美談も相まって、結構話題にな...
「Dr.パルナサスの鏡」みた。 (たいむのひとりごと)
おもいっきりダークファンタジーだったのね?・・いや、必要最低限の前知識しか入れて行かないのはいつもの事とはいえ、それなりにダークであろうことは分かっていたつもりだけど、なんだか世界観を掴むのにとても苦
Dr.パルナサスの鏡 (pure's movie review)
2009年 イギリス・カナダ作品 124分 ショウゲート配給 原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS STAFF 監督:テリー・ギリアム 脚本:テリー・ギリアム チャールズ・マッケオン CAST ヒース・レジャー クリストファー・プラマー ジョニー・デップ ジュード・ロウ...
映画感想『Dr.パルナサスの鏡』 らしい作品ですね (レベル999のマニアな講義)
内容2007年。ロンドン。とある酒場前に馬車が止まる。すると馬車が引っ張っていた大きなモノが開きだし、現れた大きな舞台。そこには座長パルナサス博士とその娘・ヴァレンティナそして、彼女を想うアントンに、口うるさい小人パーシーが現れる。鏡に入れば、入った者...
Dr.パルナサスの鏡/ヒース・レジャー (カノンな日々)
主演ヒース・レジャーの突然の死によって映画製作が危ぶまれたのをジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルらの親友3人によって今は亡き彼の意思が引き継がれ無事に完成を果たした作品がついに日本でも公開日を迎えました。テリー・ギリアム監督が大好きな私...
幻想館へようこそ~『Dr.パルナサスの鏡』 (真紅のthinkingdays)
 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS  英国、ロンドン。パルナサス博士(クリストファー・プラマー)が率いる大道芸 一座は、ある夜橋に吊る...
Dr.パルナサスの鏡 (悠雅的生活)
永遠の命。吊るされた男。誘惑と決断。~A Film from Heath Ledger & Friends~
Dr.パルナサスの鏡 (そーれりぽーと)
ヒース・レジャーの不幸によって未完に終わるかと思われたテリー・ギリアム監督最新作が、3人のスター俳優達の代役によって完成した! 『Dr.パルナサスの鏡』を観てきました。 ★★★ テリー・ギリアムの映画としては、久しぶりに『バロン』を彷彿とするイマジネーション...
「Dr.パルナサスの鏡」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「12モンキーズ」「ブラザーズ・グリム」の鬼才・テリー・ギリアム監督最新作にして、28歳の若さで急逝した名優・ヒース・レジャーの遺作となった本作。一時は制作中止かとも噂されながら、ヒースの親友であるジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウの...
「Dr.パルナサスの鏡」ヒース・レジャー渾身の遺作。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年1月12日23:28 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “鬼才・テリー・ギリアム監督、待望の新作”「Dr.パルナサスの鏡」(ショウゲート)。本作は、「ダークナイト」でオスカーを受...
Dr.パルナサスの鏡 (2009) 125分 (極私的映画論+α)
原題は「THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS」です。
【Dr.パルナサスの鏡】神様のような悪魔 (映画@見取り八段)
Dr.パルナサスの鏡~THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS~ 監督: テリー・ギリアム    出演: チャールズ・マッケオン、ヒース・レジャー、ジ...
『Dr.パルナサスの鏡』 ('10初鑑賞9・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。
「Dr.パルナサスの鏡」 (首都クロム)
 まるで見世物小屋に入ったかのような錯覚。夢を見ているかの如き、めくるめく妄想の世界。強烈だったのは、ヒース演じるトニーに誘(いざな)われるままに飛び込む鏡の世界の描写でした。御伽噺の挿絵のように優しく、豊かな色彩の中に散りばめられた毒気が堪りません。...
「Dr.パルナサスの鏡」:浅草一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「新仲見世」?見世物小屋でもあるのかな。 {/hiyo_en2/}浅草だから、アミューズメント施設があっても不思議じゃないけど、いまどき、さすがに見世物小屋はないんじゃないの。 {/kaeru_en4/}ロンドンにはあるのにな。 {/hiyo_en2/}映画の「Dr.パルナサス...
Dr.パルナサスの鏡 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ヒース・レンジャーの死後、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが役を引き継いで完成させた毒々しいファンタジーだ。テリー・ギリアム監督が、人間の欲望や醜さや弱さを暴いていく様子は観客を引き付けて離さない。鏡の向こう側を見るには、好奇心と勇気...
□『Dr.パルナサスの鏡』□ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:イギリス+カナダ合作映画、テリー・ギリアム監督、ヒース・レジャー、 クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、アンドリュー・ガーフィールド、 ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ出演。
Dr.パルナサスの鏡 (LOVE Cinemas 調布)
『未来世紀ブラジル』の鬼才テリー・ギリアム監督が送るファンタジー映画。というより故ヒース・レジャーの遺作と言った方が良いだろう。本作の撮影中に急逝したヒースの後を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人のハリウッドの名優が演じること...
「泣きながら生きて」新宿バルト9で鑑賞。 (Beinthedepthsofdespair)
実は、ヤクルトホールで、この映画の試写会が以前ありました、が、その時、20分経過した頃かな? 突然映像が乱れてストップ。 関係者の必死の復旧作業は虚しく、そのまま帰って下さい、な、トラブルに見舞われた試写会がありました。で、その後、新宿バルト9で観られ...
映画レビュー「Dr.パルナサスの鏡」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
オリジナル・サウンドトラック『Dr.パルナサスの鏡』◆プチレビュー◆鬼才ギリアムが描く摩訶不思議ワールド。ヒース・レジャー急逝の大ピンチを乗り切る必殺技が見事だ。 【65点】 現代のロンドン。悪魔との契約で不死になったパルナサス博士が率いる移動式劇場は、鏡...
「Dr.パルナサスの鏡」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
光速度必至な公式サイト物語のベースは、現代のロンドン。 其処に、違和感有りまくりな、旅芸人たちがやって来るのですが、その辺の描写が、サイバーパンク(死語)っぽくあり、まずそのアーティステックで個性的な風景描写に心を奪われ。何か、退廃的、って単語がぴったり...
Drパルナサスの鏡☆THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS (銅版画制作の日々)
 これが本当のヒース・レジャーの遺作です。 テリー・ギリアム監督最高傑作と呼び声も高い「Drパルナサスの鏡」を鑑賞してきました。すでに鑑賞された方から聞いてましたが、結構ヒースの出番は多いです。撮影半ばで逝ってしまったヒースと3人がどんな風に繋げられてい...
Dr.パルナサスの鏡 (だらだら無気力ブログ)
『12モンキーズ』や『ブラザーズ・グリム』のテリー・ギリアム監督が 送る、悪魔と契約した男を取り巻く人々の運命を描いた幻想的なファンタジー 映画。パルナサス博士のもとへ現れる謎の青年を『ダークナイト』で ジョーカー役を演じたヒース・レジャー。本作撮影中...
【劇場映画】 Dr.パルナサスの鏡 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンティナ、曲芸師のアントン、そして小人のパーシーが一座のメンバーだ。ある晩、博士の前に悪魔のニックが現れる。博士はかつて悪魔と不死と引き換...
Dr.パルナサスの鏡 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS公開:2010/01/23製作国:イギリス/カナダPG12上映時間:124分監督・製作・脚本:テリー・ギリアム出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、...
『Dr.パルナサスの鏡』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Imaginarium of Dr. Parnassus】 2009年/英/ショウゲート/124分 【オフィシャルサイト】 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー...
Dr.パルナサスの鏡 (小部屋日記)
The Imaginarium of Doctor Parnassus(2009/イギリス=カナダ)【劇場公開】 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/ヴァーン・トロイヤー/アンドリュー・ガーフィールド/リリー・コール/トム・ウェイツ/ジョニー・デップ/コ...
Dr.パルナサスの鏡 (りらの感想日記♪)
【Dr.パルナサスの鏡】 ★★★★ 映画(3) エンドロール後に ”音” ありストーリー 2007年、ロンドン。パルナサス博士率いる旅芸人一
Dr.パルナサスの鏡 (★ Shaberiba )
鏡の中も。作品も。私にはパラレルワールド!難解でした~!!
Dr.パルナサスの鏡 (5125年映画の旅)
人々を不思議な幻想世界へと誘う不老不死の怪しい老人・パルナサス博士。様々な場所でショーを催していた彼の一座は、橋で首を吊っていた男・トニーを助ける。トニーは恩返しのために一座を手伝い、ショーは成功をおさめるが、パルナサス博士は悪魔と恐ろしい賭けをし...
Dr.パルナサスの鏡 / 79点 / IMAGINARIUM OF DR PARNASSUS (ゆるーく映画好きなんす!)
解り易いハズがどんどん混沌としていく・・・こ、これは!ギリアムの世界だ! 『 Dr.パルナサスの鏡 / 79点 / THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 』 2009年 アメリカ 124分 監督 : テリー・ギリアム 脚本 : テリー・ギリアム、チャールズ・マ
【Dr.パルナサスの鏡】★ヒース・レジャー (猫とHidamariで)
鏡の中は、わがままな願望がいっぱいこの迷宮から、大切な人を救えるのか―?Dr.パルナサスの鏡HPジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル3人の熱い思いが、ヒース・レジャーの夢を引き継いだ―華麗なる鏡の迷宮へ!Dr.パルナサスの鏡のHPで欲望を...
Dr.パルナサスの鏡/The Imaginarium of Dr.Parnassus (いい加減社長の映画日記)
「ダークナイト」でその演技に魅了されたものの、急逝してしまったヒース・レジャー。 そのヒース・レジャーの死によって中断されていた撮影を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルといった、名だたる俳優たちがあとを引き継いで完成。 この作品を観ない...
「Dr.パルナサスの鏡」見ました (+++turbo addiction+++)
今日は「Dr.パルナサスの鏡」見てきたよー!! 。.:*・゜川n・-・)η゜・*:.。.ミ ☆ http://www.parnassus.jp/index.html ジョニー・デップが出るとの事で前々からチェックしていたのさ!!
Dr.パルナサスの鏡 (心のままに映画の風景)
2007年、ロンドン。 自分が思い描く想像の世界へと誘うパルナサス博士(クリストファー・プラマー)ら旅芸人の一座は、 橋の下に吊されてい...
「Drパルナサスの鏡」 摩訶不思議世界 (ノルウェー暮らし・イン・London)
摩訶不思議もここまでくると感動! 故ヒース・レジャーの遺作を引き継いだ、彼の親友ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルによって、鏡の中の不思議世界が実現した。 ロンドンの片隅に、中に入るとジョニデとあんな風にできる鏡があったら・・・・・・・...
Dr.パルナサスの鏡 あか~んっわからんかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=6 -3-】 日曜日にダブルで鑑賞、先に見たラブリーボーンがちと「うぐぐ・・・」だったので、今度は素直に楽しめるかなと思っていたのだが。  現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンテ...
Dr.パルナサスの鏡 (to Heart)
鏡の中は、わがままな願望でいっぱい この迷宮から、 大切なひとを救えるのか──? 原題 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 製作年度 2009年 製作国・地域 イギリス/カナダ 上映時間 124分 監督 テリー・ギリアム 脚本 テリー・ギリアム/チャールズ・マッケオン ...
映画 ■■Dr.パルナサスの鏡■■ (Playing the Piano is ME.)
映画撮影途中で、主要登場人物を演じていたヒース・レジャーが急死。 彼の遺志を継ぐために、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが出演。 ヒース・レジャーの遺作は、未完のまま消えてしまうことなく、公開されました。
Dr.パルナサスの鏡 (犬・ときどき映画)
Dr.パルナサスの鏡[The Imaginarium of Doctor Parnassus] ヒース・レジャーの遺作、ということで観に行きました。 3週目だけど、満席。 テリー・ギリアム監督の作品は癖があるとは思っていたけど、やっぱりクセだらけ(笑) <Story> 鏡の中に入ると、本当の願望を映...
★「Dr.パルナサスの鏡」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは川崎のシネコンをはしごして、3本観てきました。 その1本目は、ヒース・レジャーの遺作で、 奇才テリー・ギリアム監督作。 ヒースの取り残し部分をジョニデとジュード・ロウとコリン・ファレルが演じて完成させた、 涙ぐましい作品として、世に語り...
Dr.パルナサスの鏡 (ここにあるもの)
イマジネーション不老不死。 公開前から楽しみにしていて、幾度も観る機会を逃していた1本。 嘘みたいにポカポカ陽気の如月初旬、やっとこリベンジ叶いましたとさ。 「絶対、今日は観るぜ!!(゜Д゜)!!」と決意も固く時間に追われつつ仕事頑張った(笑) 東銀座から有楽...
Dr.パルナサスの鏡 (映画的・絵画的・音楽的)
 『Dr.パルナサスの鏡』をTOHOシネマズ六本木で見ました。  『ダークナイト』のジョーカー役が忘れられないヒース・レジャーとか、『パブリック・エネミーズ』で活躍したばかりのジョニー・デップなどが出演するとあって、公開されてから1週間もたってはいませんでした...
Dr.パルナサスの鏡 (2009・イギリス/カナダ) (白ブタさん)
『ローズ・イン・タイドランド』 が大好きなので、テリー・ギリアム監督のこの作品、見てきました(*^_^*)
Dr.パルナサスの鏡 (Memoirs_of_dai)
ヒース・レジャーよ、永遠に 【Story】 鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇...
「Dr.パルナサスの鏡」(イギリス/カナダ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
悪魔との賭けのタイムリミットは娘の誕生日。
『Dr.パルナサスの鏡』は亀なのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『Dr.パルナサスの鏡』の主人公は、テリー・ギリアム監督である。  なにしろテリー・ギリアム自身が「僕自身に関す...
Dr.パルナサスの鏡 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
『ダークナイト』で鬼気迫る演技を見せてくれたヒース・レジャーが撮影途中で急逝したあと、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルらが引き継いで完成させたとして話題になった映画です。監督はテリー・ギリアム。ロンドンに現われた旅芸人の一座。座長は1...
『Dr.パルナサスの鏡』 (Cinema + Sweets = ∞)
この間やっとのことで、『Dr.パルナサスの鏡』を観賞してきましたー。 公開から約2カ月。。。ちょっと温存しすぎでしょうって、自分でも思ってみたり。。。 ******************** 『未来世紀ブラジル』『バロン』のテリー・ギリアム監督が贈るミステリアス・ファン...
Dr.パルナサスの鏡 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:Dr.パルナサスの鏡 制作:2009年・イギリス/カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド あらすじ: 鏡で人々を別世界に誘う見せ...
【映画】Dr.パルナサスの鏡…一人だけはアンハンサム (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/} これも先日少しだけ書いた話ですが… 今度は壊れたHDDレコーダーのお話{/face_hekomu/} うちにあった機種はシャープのDV-HRD20という機種。 いつごろ買ったのかというと…ブログ読み返しても書いていないし{/face_ase2/}、仮面ライダー響鬼...
『Dr.パルナサスの鏡』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 Dr.パルナサスの鏡 』 (2009)  監  督 :テリー・ギリアムキャスト :ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレル、トム・ウェイツ、リ...
映画 Dr.パルナサスの鏡 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     鏡?の中に入ると、自分の理想の世界?   それとも自我の欲望の世界に入る?   悪魔と賭けをして弄ばれるパルナサス博士。   不死身の命を得たとしてもこんな人生なら...