水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

心理戦。『清須会議』

2013-11-10 01:40:00 | 映画【か行】
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、
織田家後継者と領地配分を決める
清須会議の全容を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白い時代劇娯楽映画


●以下ネタバレがあります●


過去のレビューでも何度か書いていますが・・・

学生時代の私は歴史が大嫌いで
全くと言っていいほど
歴史に興味がありませんでした。

私にとっての歴史という教科は
年表を暗記するだけの科目でしかなく
テスト前に苦痛を強いられるだけのモノ。

そんな私が歴史に興味を持ち始めたのは
映画のおかげと言っても過言ではありません。


今回観たこの映画もまた
歴史嫌いだった私に
過去の出来事を面白く教えてくれました。

「人たらし」と言われる秀吉の様子も
子供から大人まで手なづけちゃうような
とっても分かりやすいエピソードが満載。


そんな中でも各々が自分の思惑を貫こうとする
心理戦はなかなかの見応えがあります。



織田家に忠誠を誓った男の策略。

天下統一を目論む男の策略。

自分の息子を後継者に仕立てた女の策略。

自分の生涯をかけて復讐する女の策略。



こんなにも昔の時代から
心理戦は行われていたのかと思うと
人間は時代と共に劇的な進化を遂げている反面
根底的なモノは何も変わっていないようにも感じられ・・・


400年以上も昔の出来事を観ているはずなのに
まるで現代の日本で
政界や企業、一般社会の中に存在する
人間模様を観ているようでした。


古来から人間は
不思議な感情を持つ生き物なのだと
改めて痛感させられたこの作品。

全体的にはコメディ色が際立っているので
時代劇の映画であっても
堅苦しさや小難しさは全くありません。

三谷幸喜監督作品という事もあってか
出演している俳優陣はとっても豪華!

数分程度のチョイ役
主役級の俳優をポイポイ使っちゃうあたりが
なんとも贅沢な映画です。


私個人的には秀吉の名古屋弁に
自分が生まれ育った故郷を懐かしく思い出し
微笑ましく感じてしまいました。

でも秀吉の「支度をしろ!」って台詞は
「まわしをしろ!」って言ってもらいたかったなー。


【2013年11月9日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和解へと導く魔法。『謝罪の王様』 | トップ | 人生は戻れない。『悪の法則』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (間諜X72)
2015-02-19 07:34:04
昨夜この映画を見ました。面白かったです!
僕は「本能寺の変」直後の事をあまり知りませんでした。
この映画を見て、秀吉が権謀術数により、のし上がった事がよくわかりました。
それと信雄、信孝、そして柴田勝家では天下を取れない事も。

>三谷幸喜監督作品という事もあってか出演している俳優陣はとっても豪華!

そうですよね。参りました・・・。
コメント返信 (テクテク)
2015-02-19 22:16:49
>間諜X72さま
こんにちは
はじめまして

この映画は最後まで退屈する事なく面白く観れる作品でしたよね

出演者も豪華ですし演技も見事でしたから
作品がより一層、際立っていたように感じました

学生の頃の私にとって
歴史は暗記するだけの教科だったので大の苦手でしたが
歴史を題材にした映画を観る事によって
ようやく日本の過去に興味を持てるようになった
ちょっと情けない大人です

でも、こういった娯楽作品を通してでも
自分の生まれ育った国の歴史に興味を持てた事には
ある意味、歴史を題材にした作品に感謝の気持ちも持っています

日本の歴史がこんなに面白いとは…

それを学生の頃に分かっていたなら
もっと熱心に歴史の勉強をしていたかも

時すでに遅しではありますが
映画を通して、これからもっと歴史の奥深さを知る事が出来れば
それはそれで幸せだと思います

これからも面白い作品に出会いたいですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ~~ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
清洲会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
劇場鑑賞「清須会議」 (日々“是”精進! ver.F)
評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷...
三谷幸喜監督『清須会議』とにかく"鼻"です、鼻!役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉
清須会議 (2013) 138分 (極私的映画論+α)
 役所広司が三船敏郎に見えました(笑)
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
恋と出世の二兎は追えない。(笑)~「清須会議」~ (ペパーミントの魔術師)
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで 打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに 三谷監督ったら豪華キャストにむかって あ、キミはフォアボールで出てよね。 あ、キミは足遅くても盗塁してよね。 キミはちょっ...
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
【清須会議】雑な登場人物解説つき (映画@見取り八段)
清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、浅野和之、染谷将太、瀬戸...
『清須会議』 (pure breath★マリーの映画館)
                    これは、会議という名の戦である。 『清須会議』 監督・脚本・原作・・・三谷幸喜 出演・・・役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香 中谷美....
映画 「清須会議」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
映画「清須会議」を見てきました。”清須”には違和感があり、”清州”ではないかと不思議に思っていたのですが・・・・昔から、清州と清須は混同して使われていたようです。2005年に西枇杷島町と新川町と清州町が合併して、清須...
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
映画「清須会議」 (FREE TIME)
注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
清須会議 (青いblog)
いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。...
「清須会議」 (NAOのピアノレッスン日記)
~これは、会議という名の戦である~ 2013年   日本映画    (2013.11.09公開)配給:東宝          上映時間:138分監督:三谷幸喜原作:三谷幸喜 『清須会議』(幻冬舎刊)脚本:三谷幸喜美術:種田陽平/黒瀧きみえ音楽:荻野清子衣装デザイン...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】 三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。 ともか ...
清須会議 (悠雅的生活)
評定という名の戦。
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に、尾張・清洲城で開催されたこの会議に出席し