水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

私の誤解を解いてくれた映画。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

2009-10-29 23:30:00 | 映画【ま行】
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンの
コンサートリハーサルを収録した
ドキュメンタリー映画です。


映画の評価 ★★★★★ 胸が熱くなる映画


●以下ネタバレがあります●


公開初日が水曜日で
初回が19時上映だった事もあり、
私は家の近所にあるシネコンで
この映画を観て来ました。

会社帰りの水曜日に
ここのシネコンで映画を観る事は
私にとって特別な事ではなく、
他の映画を観るのと同じ感覚だったのですが、
この日ばかりは様子が違いました。

平日にもかかわらず、
300席以上ある劇場は満席状態。

10年近くこのシネコンに通っている中で
こんな光景は初めて見ました。

こんなにも多くの人に
マイケル・ジャクソンが愛されていたとは・・・。

私がマイケル・ジャクソンを知ったのは
今から25年以上前の中学生の頃です。

その頃の私は洋楽にハマっていたので
当時深夜にテレビ放送されていた
ソニー・ミュージックTVを
家族が寝静まった家の中で
こっそり起きて観ていました。

中でも「スリラー」のPVが
とても印象的だった事を覚えています。

その後のマイケル・ジャクソンは
音楽よりも別の部分で話題になる事が多く、
いつしか私の中では
「変な人」というイメージになっていて
彼の音楽も聴かなくなっていました。

そして今年の6月に彼の急逝が報道され、
この映画を通して
華やかなコンサートの裏の顔である
リハーサル風景を見る事になったのですが、
私は彼の事を凄く誤解していた事に気づきました。

この映画に映し出されたマイケル・ジャクソンは
音楽に対してとても真摯に向き合っていて
そして誠実です。

それに加え何よりも彼は自分の為でなく
ファンの為に歌おうとしていました。

コンサートをアート作品のように
ひとつひとつ地道に作り上げようとする
そのスタッフたちは
誰もがマイケル・ジャクソンを尊敬し、
彼もまたスタッフたちを軽視する事はなく、
マイケルもスタッフも
ただ、ただ、一生懸命でした。

観客席に誰も座っていない大ホールで
本番さながらのリハーサルを繰り返し、
あれだけ激しいダンス
何度も重ねていた彼は
よくよく見ていると肩で小さく息をしていて、
絶対に相当疲れていたと思うのです。

それでも眠れなかったなんて信じられません。

不眠の為に処方された麻酔薬が原因で
この世を去ってしまったマイケルですが、
永遠の眠りについてしまうとは・・・。

まるで今まで溜め込んでいた疲れと不眠
一気に清算してしまったかのようにも
私には思えてしまいました。

彼が記者会見で世界に向けて言った
「皆が聞きたい歌を歌う。」
という言葉も、
リハーサル中にスタッフに向けて言った
「これ以上、歌わせないで・・・。」
という言葉も、
本番を目前に意気込んで言った
「現実とは違う世界を見せるんだ。」
という言葉も、
全てマイケル・ジャクソンの本音で、
この言葉の裏にある彼の心の重さ
誰にも伺い知る事はできません。

嗚呼・・・
私は完全に彼の事を誤解していて
「変な人」なんて思っていた事が
とてつもなく恥ずかしくなり、
そして私の誤解を解いてくれた映画
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ファンを喜ばせたい一心で
頑張っていたマイケル・ジャクソンを
私に教えてくれたドキュメンタリー映画に、
そしてファンの為に走り続けていた
マイケル・ジャクソンにも
優しい気持ちと揺ぎ無い強い愛をありがとう・・・。

マイケル・ジャクソンは永遠に
ファンの心の中で生き続けています。


【2009年10月28日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこか悲しい。『きみがぼくを見... | トップ | 人は何の為に働くのだろうか。『... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2009-10-30 12:45:49
そう、マイケルはいつも真剣に取り組んでいた。
芸に身も心も捧げていたのです。ほんとに真のアーティストでしたよ。

>まるで今まで溜め込んでいた疲れと不眠を
>一気に清算してしまったかのようにも
>私には思えてしまいました。

笑顔の時もあったけど、相当なプレッシャー、ストレスをかかえていたと思うよ。
あれだけ動くと、頭が興奮して逆に眠れないのもわかる。
最期までラブ&ミュージックをつたえてくれたマイケル。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。。
また映画観にいくわ!
私も (たいむ)
2009-10-30 16:34:49
こんにちは。
私も、マイケルを取り巻く雑音を真に受けたワケじゃないけれど、スゴイなとは思いつつも、特にどうと思ってなかったですよね。
マイケルの偉大さを初めて目の当たりにしたのが最後かと思うと残念です。
素晴らしかったです! (マリー)
2009-10-30 18:13:01
こんにちは〜〜。
TBありがとうございます。なかなかお返しできなくてスミマセン。

私も、最近の彼はスキャンダルでしか話に出てこない謎めいた人。という印象でした。
歌もダンスも素晴らしいのは分かっているけど〜近頃はそれを目の当たりにすることがなかったから・・・

でも、この映画を観て〜彼の音楽に対する情熱やファンへの愛は本物で、その想いは誰にも負けないものだったんだ。。。よく分かりました。
彼のメッセージ、しかと受け止めました。
コメント返信 (テクテク)
2009-10-30 23:50:43
>アイマックさま
こんばんは
私もこの映画を通して
マイケル・ジャクソンという人が
いかに才能に恵まれた逸材であり、
努力を惜しまず、人にも自分にも厳しくしていたかを
つくづく感じました

コンサート本番を目前に他界してしまった事は
本当に残念だったと思うのですが、
もしかしたら天国にいる今の彼は
この映画が上映された事によって
50万人どころではない
世界中のより多くの人が自分の音楽と触れ合えた事に
喜んでいるのかもしれませんね

私もまたマイケルの音楽と触れ合う為に
劇場へ行きたいと思っています
コメント返信 (テクテク)
2009-10-31 00:06:25
>たいむさま
こんばんは
マイケル・ジャクソンに対して
音楽以外でもメディアが取り上げてきたのは
やっぱり彼が偉大な存在だったからなのだと
今になって思えてきました

天才的なアーティストであった半面、
あまりにも正直すぎて
不器用な部分があったのかもしれませんね

私もこの映画を通して
最後までスーパースターであり続ける
マイケル・ジャクソンの凄さを改めて感じました
コメント返信 (テクテク)
2009-10-31 00:20:45
>マリーさま
こんばんは
この映画は本当に素晴らしかったですよね

マイケル・ジャクソンという人は
本当に音楽を愛し、スタッフを愛し、ファンを愛し…
揺ぎ無い愛情の塊のような人だったと思います

音楽には厳しく妥協を許さない彼の姿勢は
やっぱりファンやスタッフへの
精一杯の愛情表現だったのでしょうね

具体的な言葉で明確な説明がなくても
彼が世界中に与え続けたメッセージが
ストレートに伝わる作品でした
Unknown (mig)
2009-10-31 11:50:40
テクテクさん
こんにちは

マイケルの熱い想いが伝わって来ましたよね、
本当、最高のショーでした!
コメント返信 (テクテク)
2009-10-31 16:56:10
>migさま
こんにちは
この作品はマイケル・ジャクソンの息遣いを感じる
凄いショーでしたよね

ホント、いいモノ観せて頂きました
誤解は解けます (にゃむばなな)
2009-10-31 20:40:29
そうですよね。この映画を見たら、誰もがマイケル・ジャクソンに抱いていた「変な人」というイメージを払拭できますよね。

それほどマイケル・ジャクソンは真摯に音楽に向き合い、誠実にスタッフと接していたということでしょう。

本当に素晴らしいステージでした。
ステージ。 (BC)
2009-10-31 22:20:18
テクテクさん、お久しぶりです。
いつもトラックバックありがとうございます。(*^-^*

私もマイケルの事を誤解していたような気がしました。

独りよがりにならず、
皆と一緒にステージを作り上げようとしていたマイケルの姿が素敵でした。
コメント返信 (テクテク)
2009-11-01 08:15:32
>にゃむばななさま
こんにちは
スーパースターゆえに
メディアから面白おかしく取り上げられていた彼でしたが、
ステージ上の自分を見せる事で
誰もを納得させる才能の持ち主でしたよね

この映画を通してでも
本当のマイケル・ジャクソンを知る機会を持てた事は
本当に良かったと思います
コメント返信 (テクテク)
2009-11-01 08:25:22
>BCさま
こんにちは
メディアを通してでしか知る事の出来ない彼の姿に
私のような印象を持っていた人は
少なくないような気がします

マイケル・ジャクソンは
「オレ様のステージだ
「オレ様の歌いたい歌を歌うんだ
というような「オレ様主義的」な考えを持たず、
ただファンを楽しませたいという気持ちで
ファンを喜ばせる為に
一生懸命に何度もリハーサルを繰り返し
ステージに立とうとしていましたよね

自分の存在に自惚れるのではなく
努力と信念を持った存在だったのだと
改めて教えられた作品でした
また来ました! (vic)
2009-11-03 22:48:47
私も、マイケルは変人というか、あの整形失敗した顔、気持ち悪い!とか好き勝手なこと思っていましたが、見方を完璧に変えられました。

すごい人ですよね。
すごい人って、幸せと不幸せ同じ量持っているんだろうな、と、思いました。
すっごく幸せだから、不幸せなレベルも並じゃない。

私生活のこと全然考えさせないでプロフェッショナルな姿勢でライブ作っている姿、かっこよかったですね。
コメント返信 (テクテク)
2009-11-04 12:50:29
>vicさま
こんにちは
マスコミで報道されるマイケルの多くは
やっぱり良くない印象を与えていたと思いますし、
それは成功者の宿命というか、
栄光の裏に隠された闇の部分というか…

そんなバッシングに屈する事なく
彼はステージで全てを魅せる事に
全身全霊で臨んでいたんですよね

彼こそが本当のアーティストだったのだと
改めて教えられた作品でした
テクテクさん、こんにちは。 (bobby101)
2009-11-07 13:26:45
 そう、私も同じでした。素晴らしいミュージシャンなのに、これまでの偏った報道が変な誤解を埋め込んでいました。
 今、皆がそれに気づいて失ったものの大きさを感じていると思います。
コメント返信 (テクテク)
2009-11-08 09:16:13
>bobby101さま
こんにちは
メディアを通して知る内容により
私たちのイメージの中には大きな偏りが出てしまうのは
ある意味仕方の無い事なのかもしれませんね…

今回は映画というメディアを通して
私たちの中にあった先入観は払拭されました

良くも悪くもメディアが私たちに与える影響は
大きいのだと改めて感じましたし、
マイケルがファンを喜ばせる為だけに
頑張っていた事を知る事が出来たのも
メディアのおかげという事実は
ちょっと皮肉にも感じます…

失った存在の大きさは計り知れませんが
最後の最後であっても
彼の素晴らしさを知る事が出来たのは
本当に良かったと思います
テクテクさん、こんにちは〜。 (mana)
2009-11-12 12:41:12
TB・コメントありがとうございました。
先日は読み逃げしてすみませんでした。
ギックリ腰をやってしまい、頑張って記事は書き上げました(^_^;)
まだ復活してなかったんですが、
そのせいで一週間遅れの鑑賞になりました。
でも、10組程しか居なかったのには驚きましたよ。
いくらなんでも…
観客との盛り上がりには欠けましたが、娘とダーダー泣きました。

テクテクさんも、その当時は洋楽にハマッてたんですね(*^ー^)人(^ー^*)♪
マイケルやマドンナも全盛でしたもんね〜。

そう、マイケルの歌やダンスはもちろんですが、
彼の真摯な態度にも感動しました。
これぞプロ!ってものを見せて貰いました。

>そして私の誤解を解いてくれた映画に
>感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この気持ちなんだと思います。
映画にしてくれて本当に良かったですよね。
これを見て欲しかったんだと思いましたし。
金儲けだとか、兄妹の確執とか、
そんな話は聞きたくですし、もうどうでもいいことですわ。
スーパースター・マイケルが存在したことは確かなこと。
あ〜思い出すだけでゾクゾクします♪
コメント返信 (テクテク)
2009-11-13 12:37:39
>manaさま
こんにちは
いえいえ
どうか「読み逃げ」なんて恐縮して思わないで下さいね
ご訪問して下さる方は大歓迎ですから

manaさんのお身体の具合は大丈夫ですか
このところ寒くなってきましたから身体を冷やさないよう
お大事にして下さいね

ところで…
この映画は本当に良かったです

スキャンダルだらけのイメージが定着していた彼でしたが
もうそんなモノは吹っ飛びました

改めてマイケルの放つ音楽性の素晴らしさを感じましたし、
彼のエンターテイメントに懸ける心意気も
十分伝わってきました

映画に映し出されたシーンを思い出すだけで
また胸が熱くなります…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (KASHIWA一市民)
アリーナ最前列の興奮!! 2009年6月25日に急逝した “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。 本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート 「THIS IS IT」の何百時間にも及ぶリハーサルと ビハインド・ザ・シーンの映像を、 『ハイスクール・ミュージカル/ザ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (LOVE Cinemas 調布)
2009年6月25日、“KING of POP”マイケル・ジャクソンが急死したニュースは世界中を駆け巡り、その死を世界中が哀しんだ。幻のロンドン公演「THIS IS IT」、本作はこの公演のために死の直前までリハーサルを繰り返していたマイケルの記録映像と、実際に公演で使用...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー―   監督 : ケニー・オルテガ 『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』【comment】公開2日目に観に行きました。劇場は前3列...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Michael Jackson's This Is It。ケニー・オルテガ監督、マイケル・ジャクソン、オリアンティ・パナガリス、ジュディス・ヒル、チャールズ・クラポー。エンドロールの後に映画が完全に終了したら客席から拍手が湧き起こった。映画館で拍手が湧き起こるな...
「マイケル・ジャクソン This is it」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  大きな存在だったんだなぁ…と、しみじみ…。それほど大ファンだったわけではないのですが、中学生の時に「オフ・ザ・ウォール」高校生の時が「スリラー」という世代なので映画の中のほとんどの曲をリアルタイムで聴いていたからでしょう...
MICHAEL JACKSON'S THIS IS IT (犬連れ国際結婚)
今日は、マイケル・ジャクソンの最後のコンサート・ツアーのためのリハーサル・シーンを撮ったドキュメンタリー映画が一般の映画館で上映される初日だそうだ。アメリカの主要都市だけでなく、イギリスや日本の都市でも、同時かそうでないかは私にはわからないけれど、今日...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】 (猫の毛玉 映画館)
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 THIS IS IT 2009年・アメリカ 今年6/25突然この世を後にした天才マイケル・ジャクソンの、幻のラスト・ツアー...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スクリーンの中とはいえ、音響設備のいい映画館で見るとマイケルが目の前にいるような錯覚に陥る。彼の妥協しないプロ根性は、全く衰えておらず全盛期と変わらない。サントラを買うよりも、一回でも映画館で見ることをお勧めする。
劇場鑑賞「マイケル・ジャクソンTHISISIT」 (日々“是”精進!)
マイケル・ジャクソンTHISISITマイケル・ジャクソンTHISISITデラックス・エディション「マイケル・ジャクソンTHISISIT」を鑑賞してきました2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THISISIT”。本作は...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」みた。 (たいむのひとりごと)
感動した!月並みでチープな表現だけど、もうそれしか言えない感じ。幻となったロンドン公演の、数度のリハーサルと裏舞台で構成されるドキュメンタリー(に近い)作品。(ほとんどライブと思っていいと思うから)。
THIS IS IT/マイケル・ジャクソン (カノンな日々)
マイケル・ジャクソン本人にしてみれば、本番のライブこそが彼の作品であってリハーサルを記録したこの映像は遺作ではないですよね。でもマイケルがいなくなった今となっては偉大な彼の最後に出会える貴重な記録フィルムであることには間違いないでしょう。MTV全盛期の青...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (そーれりぽーと)
故マイコーが死の直前まで完成に全力を注いでいたコンサート“THIS IS IT”のリハーサルとメイキングを映画としてまとめ、2週間限定で世界同時上映した『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をIMAXで観てきました。 ★とかそんな問題じゃないのです 凄い、愛に満ちてる、...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (to Heart)
誰も見たことのない彼に逢える。 上映時間 111分 監督 ケニー・オルテガ 出演 マイケル・ジャクソン {/m_0191/}{/m_0150/}2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。本作は、死の直前まで行わ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT みました!! (★ Shaberiba )
すごい・・すごい人だ・(涙)ひたすら彼のすごさを思い知る111分!!
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (映画のメモ帳+α)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT 原題   Michael Jackson's This Is It 監督   ケニー・オルテガ 振付   トラビス・ペイン   音楽   マイケル・ビアーデン    撮影   ケビン・メーザー (ドキュメンタリー映画)  2009年6月25日、ya...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (心のままに映画の風景)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。 数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。 同じ時代に生ま...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT / This Is It (我想一個人映画美的女人blog)
これは映画じゃない{/atten/}マイケルのLove&soul{/m_0163/}そのもの{/atten/} 世界同時公開な上、たったの2週間だけの上映!!ってことで激混みが予想される土日を避けて行ってきました〜。 このドキュメンタリーフィルムは7月に行われる予定だったマイケルのロンド...
THIS IS IT (Akira's VOICE)
マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (きららのきらきら生活)
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」観てきました♪
◆『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ケニー・オルテガ監督、トラビス・ペイン振付、マイケル・ジャクソン出演。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (だらだら無気力ブログ)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱をか...
『マイケル・ジャクソンTHISISIT』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THISISIT監督:ケニー・オルテガ振り付け:トラビス・ペイン出演:マイケル・ジャクソン公式サイトはこちら。<概略>2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート「THISISIT」の何百時間に....
『マイケル・ジャクソンTHISISIT』 (purebreath★マリーの映画館)
        誰も見たことのない彼に逢える。『マイケル・ジャクソンTHISISIT』監督・・・ケニー・オルテガ振り付け・・・トラビス・ペイン音楽監督・・・マイケル・ビアーデンプロデューサー・・・ランディ・フィリップス出演・・・マイケル・ジャクソン他     ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (めでぃあみっくす)
マイケル・ジャクソン。世界で唯一無二のスーパースターであり、最高のライヴに世界で一番心血を注いだ偉大なるエンターイテイナー。そして世界で一番愛された人であり、世界で一番愛に溢れた人。 2009年6月25日に旅立たれてからわずか4ヶ月で公開に至ったこの映画には...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」★★★★★ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 2009 年6月25日、"King of Pop"マイケル・ジャクソンが亡くなった。享年50。10数年ぶりの歴史的ライブ“THIS IS IT”を目前にした悲劇だった・・・。これは、ひとりの天才エンターテイナーと...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THIS IS IT公開:2009/10/28製作国:アメリカ上映時間:111分鑑賞日:2009/10/28監督:ケニー・オルテガ出演:マイケル・ジャクソン誰も見たことのない彼に逢える。+あらすじ+ 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマ...
「マイケル・ジャクソンTHISISIT」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
本物のムーンウォークを観た事がある。東京ドームの閉ざされた空間であっても、マイケルの周囲の重力は彼の意のままに変化している、そんな気がした。滑らかにマイケルは後ずさり、すっと宙を指差した。スクリーンの中の在りし日のスーパースターの姿。それは良くあるセレ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (せるふぉん☆こだわりの日記)
10月31日(土)やっとマイケルの「THIS IS IT」を見に行く事ができまし
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」  (俺の明日はどっちだ)
Is that all? 何故にここまで短期間に編集され、何故に2週間だけの限定上映なのか?といったその死後も周りの大人に翻弄され続けるのかといった大いなる危惧を軽々と払拭させる、マイケル・ジャクソンのミュージシャンとして人間として、その素晴らしさを伝える記録映画...
[映画『THIS IS IT』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は熱心なマイケル・ジャクソンのファンではなく、人並みに、子供の頃、「スリラー」のPVに驚嘆し、花見の席の盛り上げに<ムーン・ウォーク>をやってみせる程度の認識である。  ただ、MJの<ネヴァーランド>思想には、共鳴できる部分が50%はあって、本日、...
「THIS IS IT」20世紀最高のキング・オブ・ポップの最後の軌跡を追ったドキュメンタリー (オールマイティにコメンテート)
「THIS IS IT」は2009年6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソンさんが行う予定だったコンサートのリハーサル映像を収めたドキュメンタリーである。亡くなってから4カ月が経過するけれど、この映像を観ているとまだ亡くなった実感がないほど素晴らしいプロモーシ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (映画道)
チェック:2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。 何百時間にも及ぶリハーサルを一本の映画にまとめあげたのは、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督兼振付師...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT -裏方から観て (桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画))
特別マイケル・ジャクソンのファンではないけれど、これ程のステージの舞台裏は、やっぱり覗きたい!そんな欲求に駆られてマイケル・ジャクソン THIS IS ITを観に行った。 もちろん、ショーの規模も技術も私の知っている世界とは桁違いだけれど、モノをつくる気持ちは一...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT’09:米 ◆原題:THIS IS IT◆監督: ケニー・オルテガ「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」◆出演:マイケル・ジャクソン ◆STORY◆2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[マイケル・ジャクソンTHISISIT] ブログ村キーワード 評価:9.0/10点満点 2009年94本目(88作品)です。 【あらすじ】 ロンドンのO2アリーナでのコンサートを1ヶ月後に控え、2009年6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが亡くなる直前まで歌やダンスの特訓を繰り...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (グドすぴBlog)
映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきたよ! 10月28日に全世界同時公開されたけど、どういうわけかたった2週間...
マイケル・ジャクソンTHISISIT★★★★☆劇場131本目:愛情溢... (kaoritalyたる所以)
28日の初日から行きたかったこの映画、やっと観てきました。マイケルのダンスに衰えたところは無いし、歌声もしっかりしていて力強かったから、このライブが行われることなく亡くなってしまったことが、本当に残念でなりません。私が見に行けなくても、ファンの目に焼き...
[映画][劇場公開]マイケル・ジャクソン THIS IS IT 72点 (さとうれおはオレだけか)
ファンではないのに見に行ったが歌詞を知らないので歌詞まで覚えてるファンは相当満足いきそう。 有名な曲の割合が高いのでそんなに退屈はしなかった。 メッセージも込められていて今風の映画のような締めなのは偶然か。
マイケル・ジャクソンTHIS IS IT (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。その死から約4ヶ月経った10月28日、彼の生前の最後の映像を記録したドキュメンタリー映画。 この「THIS IS IT」は、マイケルが、ロンドンのO2アリーナで行う予定だったコンサートのリハーサルと、その舞台...
映画「THIS IS IT」 (Playing the Piano is ME.)
密度が高い! これがこの映画を見た感想。 映画も、劇中のリハーサルも、密度が高かったけど、マイケル・ジャクソンという人そのものがとても密度が高いと思いました。
キング・オブ・ポップ〜『THIS IS IT』 (真紅のthinkingdays)
 Michael Jackson's This Is It  2009年6月25日、目前に控えたロンドン公演のリハーサルを重ねながら50歳 で逝った天才アーティスト、マイケル・...
【THISISIT】★マイケル・ジャクソン (猫とHidamariで)
THISISIT 公式HPTHISISITシネマトゥデイ英題:THISISIT製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年10月28日チェック2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。何百時間に....
THIS IS IT MJはけっして朽ちてはなかった・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定...
★「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは祝日明けの水曜日。 いつもの平日より混んでるな・・・とおもったら水曜日はレディースデイだからなのね。 普通ならコンサートリハーサルの映像映画ならこんなに話題にならないだろうけど、さすがマイケル・・・ 限定二週間の上映も延長決定らしいし、...
2.MICHAEL JACKSON’S THIS IS IT... (犬連れ国際結婚)
この映画の上映が始まった時には、はっきり言って、映画館に行って観るつもりは無かったのだけど、アメリカで観た人達から評判が良さそうだったのと、以前に書いたブログ『MICHAEL JACKSON’S THIS IS IT』にトラック・バックしてくれた....
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月6日(金) 19:25〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:非売 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト フリーパス鑑賞9本目。 静止画では、不気味なマイケルだが、歌って踊っている時は、やはりカッコいい! この急...
THIS IS IT (You got a movie)
主演  マイケル・ジャクソン 監督  ケニー・オルテガ  凄い人気が続いている。早めに出たのにかかわらず私が見たシネコンは完売状態。前の2列目でかぶりつきで見た。普段なら敬遠するところだがこの映画は別。  この映画でマイケル・ジャクソン、彼の本来の姿を...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 恍惚のひととき (ノルウェー暮らし・イン・London)
圧倒的な迫力で迫ってきた。 プロフェッショナルをさらに超越したリハーサル風景は、あまりに見事。 何事にも完ぺき主義のマイケルの、本番さながらの歌、そして踊り・・・・ そして全力で一緒に1つのものを作り上げていこうとする、スタッフやダンサーへの愛。 そこ...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                   「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 2009年6月25日に急逝した“KING OF POP”マイケル・ジャクソンの、夏にロンドンで開催されるはずだったコンサート“THIS IS IT”・・。 このコンサートの4月〜6月までのリハーサルや舞台...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (風に吹かれて)
実際に見てみたかった [E:think]公式サイト http://www.thisisit-movi
『THIS IS IT』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイ...
永遠のマイケル・ジャクソン (美容師は見た…)
  映画館へ行く道中、  『KING OF POP』でテンションアゲアゲ♪  そして帰りも勿論、  ボリュームアゲアゲで帰路に着きましたよ♪  上映後すぐにウルウルして来ちゃいました。  この世にはもう居ない  あのマイケルが現れた途端、ジーン(・・、)    今...
マイケル・ジャクソン  THIS IS IT  (映画の話でコーヒーブレイク)
10月末の公開から2週間限定公開ってことで、早く行かなくっちゃ〜と気になっていた本作。 上映開始からたったの5日間で、世界での興行収入が1億100万ドル(約90億5600万円)! 日本での興行収入はアメリカに次いで2番目に多く、アメリカ同様日本でももう2...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  マイケルが急逝してから約4ヵ月。いまだにはっきりとした死因は不明のようである。だが巷では、過激なリハーサルによる過労とストしス、薬物による副作用が主因との噂も…。 その過激なリハーサルとは、2009年7月にロンドンで行う予定だった「生涯ラ...
本番が見たかった・・・。〜「THIS IS IT」〜 (ペパーミントの魔術師)
スタッフブログと重複記事になりますがご勘弁を。(笑) アチラでも書きましたけど リハでこれなら もし開催されてたらどんなすごいことになってたんだ。 見たこともない世界へ観客を連れて行くといっていた。 でもね、ライヴでの観客の歓声やら クラップハンズ、その...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (FREE TIME)
先日、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を鑑賞して来ました。
No.110 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (2009年 111分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ケニー・オルテガ 出演 マイケル・ジャクソン 15分の間が空いて次の作品「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」です しかしチケット売り場及びロビーが人でごった返しております。 グッズ売り場には多数のマイケル関連の商品がならべられて沢山の人だかりで盛り...
映画NEWS『マイケル・ジャクソン This Is It』 (〜yatsufusa〜)
マイケル映画、公開から2週間で興行収入約200億円!! - livedoor ニュース via kwout King of POPは伝説と化していますね。 まだ彼の作品NEWSは続くことでしょう。 それにしても・・・ ”Sonyが当初発表していた売り上げ見込みには届いていなかったとの指摘もされ...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 マイケルよ、永遠に (はらやんの映画徒然草)
本作は今年の6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、その死の直前まで準備をしていた
映画『マイケル・ジャクソン ThisIsIt』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-56.マイケル・ジャクソン ThisIsIt■原題:ThisIsIt■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:10月31日、渋谷シネパレス(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ケニー・オルテガ□振付け:トラビス・ペイン□音楽監督:マ....
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (近未来二番館)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT - goo 映画 11月4日映画館にて鑑賞 マイケルは50歳・・・ だけどこの人に年齢をカウントする事って無意味だっ...
【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】音楽は永遠に生きる (映画@見取り八段)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT〜THIS IS IT〜 監督: ケニー・オルテガ    出演: マイケル・ジャクソン 公開...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (future world)
マイケル・ジャクソンの偉大さを再認識、 なぜ逝ってしまったのでしょう・・・ 実に惜しいです。。。 鑑賞後即効、アルバム「THIS IS IT」購入しました。 幻となったロンドン公演・・・ そのリハ風景などを期間限定での上映と聞いて、これは是非!と観に行っ...
マイケル・ジャクソンTHIS IS IT(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ファンではない。けど、世界中の人がどうして彼に熱狂するのだろう? が知りたくて「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:マイケル・ジャクソン 上映時間:111分    突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。 ...
【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】 (日々のつぶやき)
  誰も見たことのない彼に逢える。 特にマイケルのファンではありません。 というか・・音楽を聴く趣味がない私、超有名な曲以外ほとんど知らない・・スリラーくらい? その上私にとって映画や本などストーリー重視なので、ストーリーのない作品はほとんど見ま
マイケル・ジャクソン  THIS IS IT (映画君の毎日)
<<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Peaceナ、ワタシ!)
- マイケルは願った。世界が一つになる事を。 みんなと一つになる事を。- 2週間限定・世界同時公開の話題作 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきました! 本当は初日の昨日に行きたかったのだけれど(レディースデーだし♪)…昨日の朝刊の全面広告に‘SOLD OU...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版」 (おそらく見聞録)
監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』  (2009) = 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。 照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才...
『マイケル・ジャクソン THISISIT』(2009年) ★★★★★ (どっぷりレビュー)
観よう観ようと思っていたらギリギリになってしまいました。でも、観られてよかった。もう終わってしまったけれど、これは映画館で観ておくべき作品です。-----監督:ケニー・オルテガ出演:マイケル・ジャクソン、その他-----「あくまでもリハーサルだ」とマイケルは怒る...
The King's Legacy 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
――― これがキング・オブ・ポップが私たちに遺してくれた最期の贈り物。 噂に違(たが)わぬ傑作でした。 2009年はあと一ヶ月ありますが、間違いなく今年観た映画のNo.1です。 マスメディアによって徹底的に傷つけられ貶められた天才は、最後の最後、自分では観られる...
THIS IS IT (ころちゃんねる)
Michael Jacksonのミュージシャン、クリエイター、そしてエンターテイナーとしての才能を如何なく観客に見せ付けるMichael Jackson賛歌の映画だったもうちょっとMichael Jacksonのドキュメンタリー寄りの作品かと勝手に想像していたけどドキュメンタリーでもなけれ...
This is it (犬・ときどき映画)
This is it やっと観ることができました。 終わった後、拍手が湧き起こりました。 正直、死んだ時は最近そんなに出てきてなかったし、奇行もあったし、あの素晴らしい音楽は永遠に残るし、くらいにしか思わなかった。 でも、この映画を観て失ったものは大きすぎると思...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT/THIS IS IT (いい加減社長の映画日記)
それほど熱烈なファンというわけでもなく。期間限定の初回上映のときは、かなり混んでたし、パスしようかと思ってたんだけど。まさかの再上映になり、しかも他に観たい作品の公開もなかったので、遅ればせながら「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を鑑賞。「UCとしま...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (こんな映画見ました〜)
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 ---THIS IS IT--- 2009年(アメリカ) 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。 本作は、死の...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (シネマ・ワンダーランド)
世界的な米国エンターティナー、マイケル・ジャクソン(1958−2009年)の公演リハーサルの模様を綴(つづ)った音楽ドキュメンタリー「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2009年、米、111分、ケニー・オルテガ監督、コロンビア映画配給)。この映画は、...
THIS IS IT (A Day In The Life)
マイケル・ジャクソンのファンじゃないけど、やっぱり2週間限定 の上映とあっては見逃せません。 これは絶対大きなスクリーンで観なきゃと思い、時間をやりくりし ながら観てきました。 解説 2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数...