水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

ヤマアラシのジレンマ。『新しい人生のはじめかた』

2010-02-20 09:30:00 | 映画【あ行】
仕事も家族も失いかけている中年男性と
人生を諦めている中年女性の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 優しい大人の恋愛映画



●以下ネタバレがあります●


この映画の予告編を劇場で観た時から
なんとなーく物語の全貌は読めていましたが、
やっぱり・・・そのまんまの映画でした。

でもなぜか好感を持ててしまったのは
エマ・トンプソン演じるケイトの気持ち
痛いほど分かってしまったのと、
あの心温まるラストシーン
あったせいでしょうか・・・。


劇中に登場するケイトは空港で働いています。

空港利用者から
アンケートの聞き取り調査をする仕事につく彼女は
部下からの信頼もあるベテラン職員です。

そこでケイトは
ダスティン・ホフマン演じるハーヴェイと
最初に出会うのですが、
アンケート調査協力のを掛けた彼女に対し、
ハーヴェイは「急いでいるから。」
冷たく通り過ぎます。

しかし、ケイトにとって
そんなお客の態度は当たり前
別に腹立たしくも思いません。

彼女にとって
感情的にならずにと接する事は
日常の事なのです・・・。

ケイトの年老いた母親は夫に逃げられ、
退屈な毎日のはけ口とばかりに
ケイトの携帯電話に一日何度も電話を掛けますが、
それにもケイトは怒りません。

職場の友人から独身男性を紹介してもらって、
ケイトにとっての楽しい酒の席になるはずが、
その男性が別の人との会話に夢中になって
自分の事を放ったらかしにされていても
それにもケイトは怒りません。

ハーヴェイがケイトのおかげで
娘との絆を取り戻し、
その嬉しさのあまりに目の前にいるケイトを
差し置いてひとりで楽しんでしまっても
それにもケイトは怒りません。

待ち合わせの場所にハーヴェイが来なくても、
信じた自分が馬鹿だった・・・とばかりに
楽しかった昨日は夢だったと割り切り、
常に何かに期待する事はしないでいたケイト。

たとえその期待を裏切られても
仕方が無い・・・と諦めていたケイト。

彼女は自分の心の中で折り合いを付けながら
何事に対しても自分の感情を殺し続け、
人と接する時には心の距離を置くという
傷つかない術を覚えてしまっていたのです。


これぞまさに!
・・・ヤマアラシのジレンマ。


身体にトゲのあるヤマアラシは
互いに愛し合おうとして近寄っても
互いの身体にトゲがある為、
近づくと傷つけ合ってしまいます。

だからヤマアラシは
相手に対しある一定の距離を置いてしか
愛し合えないし、付き合えないのです・・・。


そんなケイトの心は
ハーヴェイのストレートで温かい心に触れる事により、
心の距離を近づけてもトゲを逆立てずに
ふたりで生きてゆける事を教えられ、
彼女は最後にハイヒールを脱いで
ハーヴェイに自ら寄り添い歩き始めます。


この映画の原題は
「LAST CHANCE HARVEY」なので
本来ならばハーヴェイの目線
観るべき映画なのかもしれませんが、
ヤマアラシのジレンマである
ケイトの気持ちが理解できる私は
完全にケイトの目線で観てしまいました。


【2010年2月19日(金)TOHOシネマズシャンテにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛は常に形を変えて存在する... | トップ | これは恋なのか?『恋するベ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (風子)
2010-02-20 11:18:56
女性はやはり、ケイトの目線で見てしまうと思いますね。
エマ・トンプソンの演技は、さすがだと思いました。
小さな楽しみ (taiyaki)
2010-02-20 11:23:58
私は男ですがケイトの気持ちがよく分かりました。彼女のような気持ちを抱いて生きてる人は女性、男性にかかわらずたくさんいるんじゃないかな?そしてほとんどは映画の夢物語のようによい展開になることなく、平凡な生活が続いていく。そんな時にこの映画をみて少しでも幸せな気分になれるのはいいことだと思います。
なるほど。 (えい)
2010-02-20 14:33:16
TBのタイトルを見て、
?だったのですが、
なるほどです。
ヤマアラシのジレンマか…。
いい言葉を一つ覚えました。
こんにちは^^ (ひろちゃん)
2010-02-20 16:13:03
TBありがとうございました!
原題は「ハーヴェイ~」ですが、女性はみんなケイト目線で観てしまうと思います(#^.^#)
私もテクテクさんと同じで、ケイト目線で観ていましたもん(^_-)-☆

私はケイトほど人と距離を置く術を身につけていたわけではないですが(笑)疎外感みたいなものを感じたことは、長い人生(笑)なの何度かあります(T^T)そういう経験は誰にでも
あるんじゃないかとも思います。

ただ、そう言う回数が多くなって行くとケイトのように「初めから諦めていたほうが楽」っていう考えになってしまうのではないかと思います。そんなケイトの心にスーッと入ってきたのが大人の男、ハーヴェイですよね♪
ラスト、ハイヒール脱ぎ捨てるところ好きです。

予告編から想像した通りのまんまの映画
でしたね(笑)ですが、テクテクさんが書かれているように、やさしい大人の恋愛映画で
好きな作品でした♪

PS.動物は大好きで、いろいろと知っているつもりでしたが、ヤマアラシのジレンマは知りませんでしたσ(^◇^;)勉強になりました(^_-)-☆
コメント返信 (テクテク)
2010-02-20 18:10:41
>風子さま
こんにちは
人には言えないけれども
心に抱える淋しさと諦めの気持ちは
年齢を重ねた大人なら分かる部分もありますし、
それを上手く表現していたのは
やはりエマ・トンプソンの演技力でしょうね

積極的にはなれない女性の心理を上手く描いた
静かで心に沁みる作品だったと思います
コメント返信 (テクテク)
2010-02-20 18:37:19
>taiyakiさま
こんにちは
おおっそうですか
やはり男性でもケイトのような気持ちが理解できるとは
それはちょっと意外でした

どちらかと言えば、
思い通りに事が運ばないハーヴェイのやりきれない想いと
諦めないで前向きに新しい人生を手に入れようとする
その姿勢の方が男性には共感できるんだろうなぁ…
そんな事を思っていましたが、
ケイトのような人生諦めの境地や淋しい気持ちも
実は男女共通の心理だったのですね

現実の生活の中では
波風がたたず平凡で心穏やかに過ごせる毎日が
精神的にも一番ラクだと思うのですが、
そんな何事もない日々の中で
素晴らしい映画に出会える事が
私も小さな幸せを感じられる瞬間です

いろんな立場でいろんな事を感じ、
考えさせてくれる映画が存在する事で
私たちの心を豊かにしてくれている事は
間違いないのですから…
コメント返信 (テクテク)
2010-02-20 18:41:19
>えいさま
こんにちは
私が「ヤマアラシのジレンマ」という言葉を知ったのは
今から5年くらい前の事です

当時の私もケイトと同じような境遇に立たされていて
ちょうど悩んでいた時期でした…
コメント返信 (テクテク)
2010-02-20 19:01:33
>ひろちゃんさま
こんにちは
この映画はケイトの気持ちに共感できる人が結構多いようですね

やっぱり草食系な人間が増えているというか、
みんな何処かで傷ついているというか…

逆に今の時代、
ハーヴェイのように人の心に果敢に立ち向かう人が
少ないのかもしれませんね

私にはなかなか…
あそこまでストレートに人の心と向き合う事はできません

だからこそ彼のような人に憧れてしまうのも事実ですけどね

人生に消極的だったケイトが
最後に自らハイヒールを脱ぐシーンは
とっても象徴的でしたし、
エンドロールに出てくるサービスカットには
本当に心が温まりました
ケイトの気持ち (D)
2010-08-09 20:12:24
痛いほどわかります!!
私もケイト目線で観てしまいました♪

邦題にはガッカリですが
観てよかった~と思う作品でした♪

あのラストシーン、良かったですよね♪
コメント返信 (テクテク)
2010-08-10 12:42:43
>Dさま
こんにちは
この映画はハーヴェイ中心の物語なのでしょうが
観る人によってはケイトの目線で観てしまう作品ですよね

年齢を重ねるごとに諦めにも近い気持ちを持つ事で
自分の心を外敵から守る術を覚えてしまう…

そんなケイトの気持ちに共感してしまう人は
案外多いのかもしれませんね

人生に消極的な彼女であっても
最後に自らが手にした結末は
本当に心温まるステキなラストシーンでした

邦題は確かに…
似たようなタイトルの映画が他にもあるので
ちょっと紛らわしいかも
今頃ですが (zooey)
2010-10-24 00:20:21
この作品見逃してしまって、今頃DVDで観ました。
確かに予想のまんま、直球で来ましたが
安心して楽しめる映画でしたね。
ケイトの母親は孤独を持て余すあまり、
いい歳をした娘に過干渉してくる。
それにも怒らないで根気に相手しているケイトに感心しました。
でもどちらもロンドンなのに、一緒には住まない。
その辺が日本とは違いますね。
コメント返信 (テクテク)
2010-10-24 13:52:01
>zooeyさま
こんにちは
この映画は大人向けでホロ苦くて優しい恋愛映画でしたよね

年老いた母親が娘を干渉する様子には違和感を感じながら
独身である私も身に覚えがあるというか、
ちょっと分かる部分があったりもして…

年老いていく親の言動に対して
苦痛に感じる事があったとしても
それを受け入れなければならないのは
血の繋がった親の子供である自分の宿命なのだと
私も実感している今日この頃です

私は東京で仕事をしているので
名古屋の両親とは同居していませんが、
今、名古屋に戻っても両親と同居するのは
精神的にも大変だと思えたりもしますし、
離れているからこそ優しく出来るという事もありますから…

そういった意味でもケイトの気持ちは
なんとなく分かる気がしました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『新しい人生のはじめかた』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「新しい人生のはじめかた」□監督・脚本 ジョエル・ホプキンス □キャスト ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、       リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リ...
新しい人生のはじめかた (風に吹かれて)
諦めるには まだ早い公式サイト http://hajimekata.jp離婚後ニューヨークで一人暮らしのCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、ロンドンで働く一人娘スーザン(リアン・バラバン)
新しい人生のはじめかた (映画大好き!)
ようやく新しい人生のはじめかたを見てきました。正直言って2流、もしくは3流のドラ
新しい人生のはじめかた (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞を始め、数々の受賞歴をもつ名優ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが贈る大人のラブストーリーだ。監督・脚本は本作がデビュー2作目となるジョエル・ホプキンス。『理想の彼氏』のティム・ペレルがプロデューサーで参加している...
新しい人生のはじめかた (心のままに映画の風景)
???ャ?若??若???M篏??峨㌻??若?眼?с?わ????鴻???c?潟?祉???????鰹?????√?緇??ュ????????紲?鐚??⒢?≪?潟?祉???❼???鰹??㍾?紿?綣??阪賢?????????㏍?潟???潟...
『新しい人生のはじめかた』 (ラムの大通り)
(原題:Last Chance Harvey) ----これって、どこかで聞いたタイトルだニャあ。 今年の春あたりに公開していなかったっけ? 「フォーン、もしかしてそれ『最高の人生の見つけ方』と勘違いしていない? それを言うなら、タイトルが似ているのはむしろ『最後の恋のはじ...
新しい人生のはじめかた (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LAST CHANCE HARVEY。ジョエル・ホプキンス監督、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ロナー・ギャラガー。ダスティン・ホフマン+結...
★新しい人生のはじめかた(2008)★ (CinemaCollection)
LASTCHANCEHARVEY人生の曲がり角の先には、きっと──素晴らしい冒険が待っている。メディア映画上映時間93分製作国アメリカ公開情報劇場公開(クロックワークス)初公開年月2010/02/06ジャンルドラマ/ロマンス映倫G【解説】アメリカとイギリスを代表する名優、ダスティン....
新しい人生のはじめかた/ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン (カノンな日々)
久々のダスティン・ホフマンの主演作はなんとラブストーリー?相手役のエマ・トンプソンとはなんでも『主人公は僕だった』での共演で意気投合したらしいですね。「月イチゴロー」でのゴローちゃんの評価は低めでしたけどゴローちゃんとはあまり趣味が合わないので気にせず...
「新しい人生のはじめかた」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。不器用な熟年男女のゆるやかな交流を描いたラブストーリー。たまにはこんなのも良いかな~…二人とも大人としてチャーミング。会話や距離感が“恋のかけひき”とはちょっと違った人と人の交流と...
『新しい人生のはじめかた』(2008)/イギリス (NiceOne!!)
原題:LASTCHANCEHARVEY監督:ジョエル・ホプキンス出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ブロナー・ギャラガー観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ...
新しい人生のはじめかた (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
離婚し、娘のスーザンとも別々に暮らしていたハーヴェイでしたが、スーザンの結婚式のため、ニューヨークからロンドンへ行くことになります。仕事を休むのは最小限にとどめ、週明けのプレゼンに臨もうとするハーヴェイでしたが、職場からは、ゆっくり休むように強く勧めら...
新しい人生のはじめかた (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
大人の恋は、分別があるだけに最初の一歩に勇気が必要。中年男女の諦観や疲労といった心情を名優2人がしっとりと演じている。NY在住のCM作曲家ハーヴェイは娘の結婚式に出席するためロンドンにやってくる。離婚後疎遠だった娘や別れた妻と上手くいかず、仕事のことも...
「新しい人生のはじめかた」 (みんなシネマいいのに!)
 隣りに住むポーランド人は殺人鬼かもしれない。 だけどいい年こいて独身の娘は携帯
「新しい人生のはじめかた」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Last Chance Harvey」 2008 USA ハーヴェイ・シャインに「卒業/1967」「クレイマー、クレイマー/1979」「レインマン/1988」「主人公は僕だった/2006」のダスティン・ホフマン。 ケイト・ウォーカーに「ハワーズ・エンド/1992」「ナニー・マクフィーの魔法のス...
新しい人生のはじめかた   (2008) (Chocolat Noir 76)
これも少し前に鑑賞。それにしても最近、ホント恋愛ものが多いですね(笑)こちらは、久しぶりに男性監督の撮った大人の恋愛物語。原題の"Last Chance Harvey"の通り、どちらかというと主人公は男性です。 ストーリー展開は今までにもあったかなという感じです...
新しい人生のはじめかた (映画的・絵画的・音楽的)
 『新しい人生のはじめかた』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。  予告編で、ダスティン・ホフマンの主演映画だとわかり、久し振りだから見てみようということになりました。 (1)ダスティン・ホフマンは、『卒業』とか『クレーマー、クレーマー』、『トッツィー...
新しい人生のはじめかた (Diarydiary! )
《新しい人生のはじめかた》 2008年 イギリス映画 -原題 - LAST CH
新しい人生のはじめかた■「卒業」を思い出... (映画と出会う・世界が変わる)
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという現代最高の演技派の顔合わせという魅力的な作品である。ダスティン・ホフマンと言えば、「卒業」が連想され、その山場は結婚式からラ...
新しい人生のはじめかた (C'est joli~ここちいい毎日を~)
新しい人生のはじめかた ’09:イギリス◆原題:LAST CHANCE HARVEY◆監督・脚本: ジョエル・ホプキンス「Jump Tomorrow」◆出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン...
新しい人生のはじめかた (Peaceナ、ワタシ!)
人生の曲がり角の先には、きっとー 素晴らしい冒険が待っている。 リバイバル上映で『新しい人生のはじめかた』を観ました! …『告白』の後に… 最近、映画のハシゴ続き 公開は今年の2月でしたね。今年の前半は、引越し騒動でホントに時間がとれなかったので、既にDVDも...
新しい人生のはじめかた (映画を観よう)
新しい人生のはじめかた [DVD]/ダスティン・ホフマン,エマ・トンプソン,キャシー・ベイカー ¥3,990 Amazon.co.jp アメリカ 2008年 ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、ジェームズ・ブローリン、キャシー・ベイカー、リチ...
■映画『新しい人生のはじめかた』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという熟年カップルの恋を描いた映画『新しい人生のはじめかた』。 新しい人生を始めるには、空港で昼間っからワイン飲んでる熟年女性をナンパすればいいよ…って話じゃないのです。 履きなれたハイヒール靴を脱いで、今までと...
新しい人生のはじめかた (映画鑑賞★日記・・・)
【LAST CHANCE HARVEY】 2010/02/06公開 アメリカ 93分監督:ジョエル・ホプキンス出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、ジェームズ・ブローリン、キャシー・ベイカー、リチャード・シフ、リアーヌ・バラバン人生の曲がり角の先には、...
「新しい人生のはじめかた」とっても良かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
邦題は酷いけど、恋愛映画があまり好みじゃない私が、久しぶりにとっても良い映画だなぁ~、この映画好きだな!と思った稀少な映画でした。...
自分の居場所探し「新しい人生の始め方」 (Zooey's Diary)
NYで暮らす62歳のCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は 娘の結婚式に出るためロンドンにやってくるが 主導権を元妻の再婚相手に...
新しい人生のはじめかた (こんな映画見ました~)
『新しい人生のはじめかた』 ---LAST CHANCE HARVEY--- 2008年(アメリカ) 監督:ジョエル・ホプキンス 出演: ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、ジェームズ・ブローリン、キャシー・ベイカー  アメリカとイギリスを代表する名...
新しい人生のはじめかた (悠雅的生活)
これが、幸せのラストチャンス。