水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

みんな生き抜く為に必死。『ダンケルク』

2017-09-10 14:00:00 | 映画【た行】
第2次世界大戦でドイツ軍によって
フランス北端の町に追い詰められた大多数の連合軍兵士を
救出する様子を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 戦場を体感する映画


●以下ネタバレがあります●


公開前からとっても話題になっていたこの映画。

確かに見応えのある映像でしたが
娯楽性は極めて低い作品でした。


1998年に劇場公開されて
アカデミー賞にも多数の部門でノミネートされた
スピルバーグ監督の「プライベート・ライアン」のように
物語の展開に起伏があるわけではないので
戦争映画が苦手な女子は退屈しちゃうかも。


劇中では陸上と上空と海上
同じ時間に3か所で起きているエピソード
イギリス人の目線で描かれています。

それは時に戦地にいる兵士の目線であり、
戦地に家族を送り出した民間人の目線であり・・・

一番ストーリー性を感じられるのは
海上のエピソードだと思いますが
陸上も上空も海上も
とてもリアルな映像と音響なので
戦場を疑似体験するには
もってこいの作品なのかもしれません。


なりふり構わず
みんな生き抜く為に必死な姿
醜くもあり美しくもありました。


今の日本でも
近隣国からミサイルが発射されて
実際にJアラートが作動したりしていますが
姿勢を低くして頭を隠したところで
ミサイル攻撃されたらどんな状況になるのかも
映像で見せてくれるこの作品。


こんな事が今後の現実にならない事を祈るのみです。


【2017年9月9日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何が彼らを変えたのか。『三... | トップ | 彼女が本当に愛しているのは... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
民間の船団 (もののはじめのiina)
2017-09-21 09:06:28
> 一番ストーリー性を感じられるのは海上のエピソードだと思います・・・
民間の船団が救出作戦に導入されたとはいえ、勇気ある行動です。息子が助けた兵士と諍って死んでも攻めることなく次の救出に出向く辺りも愛国心の塊でした。

> 今の日本でも 近隣国からミサイルが発射されて 実際にJアラートが作動したりしています・・・
北のバカ殿に、この映画を見せて感想を聞いてみたいものです。きっと、次のような臆病者なのです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/22b2cd9fc8c27235db11aa2a76646cf1

コメント返信 (テクテク)
2017-09-21 20:30:43
>もののはじめのiinaさま
こんにちは
武器を持たない民間人の行動は本当に心を動かされました

「私たちが始めた戦争で息子たちが戦地で戦っている」

こんな言葉を言っていたのが印象的でしたが
年老いた自分は国に残って守られているのに
若い息子を戦地へ送り出した父親としては
本当にやりきれない気持ちなのだと思います

北の指導者はどうしたものかと思いますが
今年の2月に実兄を暗殺した事も世の中が曖昧にしてしまって
もう誰も関わりたくない出来事になりつつありますよね
それに加えて最近のアメリカ大統領の強気な発言を聞くと
近い将来には湾岸戦争みたいな事が起きちゃうのかなぁ
嫌な予感しかしません

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画【た行】」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ダンケルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(00) 噂通りの体感系アトラクション映画と言っていいかも。
ダンケルク / DUNKIRK (勝手に映画評)
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『イン......
『ダンケルク』 2017年8月23日 丸ノ内ピカデリー  (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ダンケルク』 を試写会で鑑賞しました。 上映前にクリストファー・ノーラン監督と山崎貴監督が登壇して山崎監督に ノーラン監督が教えてました。おかげで山崎監督の今後が楽し......
ダンケルク (あーうぃ だにぇっと)
ダンケルク@ワーナーブラザース映画神谷町試写室
ダンケルクIMAX★★★・5 (パピとママ映画のblog)
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨッ......
「ダンケルク」@ワーナー・ブラザース神谷町試写室 (新・辛口映画館)
 Fan's Voiceさん独占試写会。客入りは若干空席のある9割位、客年齢は若い、男女半々位だ。
ダンケルクIMAX★★★・5 (パピとママ映画のblog)
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨッ......
ダンケルク (ネタバレ映画館)
てめードイツのスパイだろ!さっさと降りろ!
ダンケルク (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある空戦は見応えあり。
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?
「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多......
ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の......
『ダンケルク』 (こねたみっくす)
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない......
映画「ダンケルク」 (FREE TIME)
映画「ダンケルク」を鑑賞しました。
ダンケルク (花ごよみ)
監督はクリストファー・ノーラン。 英空軍のパイロット演じるトム・ハーディ、 若い兵士を演じるフィオン・ホワイトヘッド。 英海軍司令官にはケネスブラナー。 史上最大の救......
映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシ......
映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させら......
ダンケルク (風に吹かれて)
生き残るために 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk 実話を基にした映画 監督: クリストファー・ノーラン 1940年、英仏連合軍40万人の兵士がドイツ
ダンケルク ~ 名もなき英雄たち (まぜごはん)
午前休みで映画はいい気分。 8時台スタートの映画とかもあって、半日がたっぷり有効に使えますね。 レディスデーの水曜日に「ダンケルク」観てきました。公式HP 1940年、連合......
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......
「ダンケルク」Dankirk (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
戦争映画といっても、決して血湧き肉躍る題材ではない。なにしろ連合軍の撤退作戦を描いているのだから。真珠湾攻撃を描いた「トラ・トラ・トラ!」や、超オールスターキャスト......
"SURVIVAL IS VICTORY"『ダンケルク(DUNKIRK)』クリストファー・ノーラン監督、トム・ハーディ、...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストなどに触れています。『ダンケルク』DUNKIRK監督 : クリストファー・ノーラン 出演 : フィオン・ホワイトヘッドトム・グリン=カーニートム・ハーディジャック......