水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

支離滅裂な愛の形。『ノルウェイの森』

2010-12-12 01:45:00 | 映画【な行】
村上春樹のベストセラー小説
「ノルウェイの森」を実写版映画化した作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 大人の映画



●以下ネタバレがあります●


私はこの原作を読んでいません。

今回の映画を観て
初めて「ノルウェイの森」という物語の内容を知ったのですが、
この小説が発売された1987年当時
19歳だった私がこの物語を理解出来たかといえば・・・

きっとムリだったと思います。


でも、この映画を通して見えた
支離滅裂な愛の形
19歳の私には理解できなくても
42歳の私には理解できてしまいました。


愛情の中に義務と責任を背負うワタナベ。

愛情と肉体が比例しない事に悩む直子。

相手に200%の愛情を求める緑。

相手に200%の愛情を注ぐハツミ。

愛情を求めず自由奔放に生きる永沢。

過去の愛情よりも未来の愛情を見つけたいレイコ。


どれもこれも
絵に描いたような美しい愛情ではありませんが、
どれもこれも
私には身に覚えのある愛情でした。

御伽噺のような美しい恋愛ではないけれど
とても人間臭くて若さ故の感情のなせる業であり・・・。

私の場合は広く浅くの経験だったので
精神的に壊れてしまう事はありませんでしたが、
この映画を客観的に観ていて
一番身につまされたのは
永沢の恋人であるハツミの気持ちでした。

永沢という男を愛してしまったが為
自由恋愛主義の彼の全てを受け入れようと
表面的に平然を装っても
内心はそうではなかった彼女。

結局、別の男性と結婚しても
心が永沢への愛情から開放される事はなく、
破滅的な人生を歩んでしまった彼女の気持ちは
痛いほど分かってしまいました。

だからと言って
永沢の事が酷い男に思えるかといえば
そうではなく・・・。

永沢が言った通り、
これはハツミの問題であって
永沢がハツミを束縛する事は一切なかったので
永沢の気持ちも分かってしまいました。


うーん・・・
この複雑な愛情が理解できるようになった
42年という歳月は恐ろしい。


でも、19歳と18歳を行き来したいという
大人になりたくない直子の気持ちは
42歳になる私の中にも根付いているので
精神的に大人になるという事
この映画の課題なのかもしれません。

そういった事も含めて
作品の内容としては万人ウケはしないような気がします。

恋愛哲学的な思考であったり、
各々の人物の気持ちが理解できない人には
あまり面白くない映画かもしれません。


【2010年12月11日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラディエーターの再来?『... | トップ | イイ話になっちゃった。『シ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-12-13 22:05:38
TB有難うございました。
ベストセラー小説ですが購入したけど
全く読むことがなかったこの作品。
途中で挫折したとおり、恋愛観が間逆で
戸惑いましたが、これも純愛なんでしょうか。
未だ、悩んでいます。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目~5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!
コメント返信 (テクテク)
2010-12-14 13:00:40
>シムウナさま
こんにちは
うーん…
これを「純愛」というのかと聞かれると
ある意味では「純愛」なのかもしれませんね

私がレビューの中で挙げた6人には純粋に相手を思いやる気持ちが
形は違うにせよ存在したと思うのです

ワタナベの義務と責任は直子に対する純愛の証であり、

直子の悩みはキズキに対する純愛の証であり、

緑の200%の愛情を求める言葉はワタナベに対する純愛の証であり、

ハツミの平然を装う姿勢は水沢に対する純愛の証であり、

永沢の束縛しない姿勢はハツミに対する純愛の証であり、

レイコの旅立ちは家族に対する純愛の証であり…

捉え方は様々だと思いますが、
こういった統一性のない愛情もまた
世の中には沢山存在するように思います

ひとつの言動であっても
角度を変えて観る事で全く違った印象を持つ事もありますし、
人の価値観、恋愛感は異なって当然の事なので
この映画から明確なひとつの答えを見出す事は
凄く難しい事なのかもしれませんね
おひさです^^ (rose_chocolat)
2010-12-14 20:29:28
原作読んでいますが、テクテクさんと同じ評価と言うのが嬉しいです~
未読の方がどのくらいこの作品をわかっていただけるのかが
気になっていました。 うれしいな。

人の数だけ、感想がある作品ですよね。
ハツミの会食シーン、秀逸です。 あれはよかったですね。
よかったら原作もお読みになってみて下さいね。
コメント返信 (テクテク)
2010-12-15 19:49:46
>rose_chocolatさま
こんばんは
こちらこそ、ご無沙汰しております~

先日、書店に立ち寄った時に
「ノルウェイの森」の単行本を見かけたので
私にも読めるか確認する為にチラッとだけ見ましたが
「これなら読めそうだ」と思いました

その時は買いませんでしたが
これは近日中に購入予定です

ところで…
今回の映画はセリフも重要でしたが、
映像でも物語を語っていましたよね

原作を読んでいない私がこの映画から
原作の中で言わんとしていた事を感じ取れていたのなら
この映画は大成功の出来だったと思います

これから原作を読むのが楽しみです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ノルウェイの森 (LOVE Cinemas 調布)
1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと心を通わせる直子に菊地凛子、他にも水原希子、高良健吾...
ノルウェイの森 (あーうぃ だにぇっと)
11月27日(土)@東宝試写室。 入場時に、LPレコードのジャケットのようなプレスがもらえた。 終映後は監督のティーチイン。 イベントの質は良かった。(笑)
No.229 ノルウェイの森 (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51787422.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
ノルウェイの森 (とりあえず、コメントです)
村上春樹著のベストセラー小説を映画化した作品です。 実は、この有名な原作本を持っているにも関わらず、ずっと未読のままでいました。 映画で初めて知った「ノルウェイの森」の物語は、じっくりと考えさせられるような恋愛の世界が描かれていました。
『ノルウェイの森』 (ラムの大通り)
----ほほ~っ。ツイッターで呟いてはいたけど、 まさかこの映画から来るとは…。 「うん。原作があまりにも有名な大ベストセラー。
ノルウェイの森 (うろうろ日記)
試写会で見ました。親友が亡くなり、親友の彼女がスキになって相手もまんざらじゃない
ノルウェイの森/松山ケンイチ、菊地凛子 (カノンな日々)
村上春樹さんの『ノルウェイの森』が映画化されると知ったとき、いくらなんでもあの作品を映画化するのはさすがに難しいんじゃないかと思ったんですけど、最初に劇場予告編を目に ...
ノルウェイの森 (Akira's VOICE)
愛は続く。どこまでも。  
喪失と再生~『ノルウェイの森』 (真紅のthinkingdays)
 1967年。親友のキズキ(高良健吾)を喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、上京し 大学生活を送っていた。ある日、ワタナベはキズキの恋人だった直子(菊地凛子) と再会する。  村上春樹による、世界...
『ノルウェイの森』(2010)/日本 (NiceOne!!)
原題:NORWEGIANWOOD原作:村上春樹監督・脚本:トラン・アン・ユン出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、玉山鉄二、霧島れいか、柄本時生、初音映莉子(TOHOシネマズ1か...
ノルウェイの森 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 極端に少ない台詞と自然界の音に注目。
ノルウェイの森 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
村上春樹の最高傑作「ノルウェイの森」が1987年に発表され、20年以上の時を経て世紀を越えて人々の心を動かしてきた物語が映像化される。物語:高校時代の唯一の親友キズキを突然の ...
ノルウェイの森 (いい加減社長の日記)
いまいち、迷いはあったものの、マツケンは好きだし、村上春樹も気になって。 公開日の夕方に「ノルウェイの森 」を鑑賞(更新は遅くなったけど^^;)。 「UCとしまえん 」は、土曜の夕方にしては、少なめかな。 「ノルウェイの森 」は、中くらいのスクリーンで...
ノルウェイの森 (映画的・絵画的・音楽的)
 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この...
ノルウェイの森 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ノルウェイの森'10:日本◆監督: トラン・アン・ユン「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」「シクロ」◆出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉 ...
ノルウェイの森 (音次郎の夏炉冬扇)
年末に観ていましたが、感想を一言で云えば「なんじゃこりゃ?」かな。スポーツニュースに流れる、当日の試合のハイライト映像の如く、原作のキャッチーな場面を単につなぎ合わせただけの紙芝居のようです。こんなことになるのだったら、フランス系ベトナム人監督のトラン...
ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 
「ノルウェイの森」心の闇と癒す森 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ああ・・・・・・松ケンが最初の人だったらよかったのにぃ・・・・・・
映画『ノルウェイの森』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-82.ノルウェイの森■配給:東宝■製作年・国:2010年、日本■上映時間:133分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■入場料:1,000円スタッフ・キャス...
ノルウェイの森 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『深く愛すること。 強く生きること。』  コチラの「ノルウェイの森」は、1987年に刊行された村上春樹の同名小説を映画化したPG12指定の12/11公開の青春映画なのですが、観て来ち ...
■映画『ノルウェイの森』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
正直、観ている時は「あんまり面白くない…」と思ったのです。 でも、家に帰っていろいろ思い返している内に、どんどん素晴らしい作品だと思えてきました。 愛する人を失った人間と、愛する人を支えられない人間が抱く、喪失感と絶望感を描いた映画『ノルウェイの森』...
ノルウェイの森 (銀幕大帝α)
NORWEGIAN WOOD/10年/日本/133分/青春ロマンス・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 脚本:トラン・アン・ユン 主題歌:ザ・ビートルズ『ノルウェーの森』 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、糸井重...
mini review 11531「ノルウェイの森」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、『青いパパイヤの香り』『夏至』などのトラン・アン・ユン監督が映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通し、主人公の青年の愛と性、生と死を叙情的につづる。主人公には松山ケンイチ、大切...
ノルウェイの森 (食はすべての源なり。)
ノルウェイの森 ★★★☆☆(★3つ) 意外な評価で★4つ。 これは相当期待してなかったところによる、意外点が入っているのですが。 原作を期待してはダメ。 ストーリー展開もぶつ切りだし、全然つながってないんだけど、映像と音楽がきれい。 ワンシーン、ワンシ...
ノルウェイの森 (いやいやえん)
原作は未読ですが、大ベストセラーだったのね。強く人を愛すれば愛するほど心は痛くなる。でもそんな愛を経験した事がないんだよなぁ…。 傷付くのが嫌でワタナベがあまり人と係わり合いになろうとしない所なんかは
ノルウェイの森 (のほほん便り)
「なるほど、あのオハナシを映像で描くと、このようになるんですね」と、大いに感心。モテモテ、ワタナベくんに (^ー^*) この大ベストセラーを映画化したのが外国の監督さん(ベトナム出身、「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン監督)ってあたり、「正解だっ...
【映画】ノルウェイの森…コレすげぇ嫌い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から。 2013年1月4日(金曜日)は、仕事始めで、夜勤スタート。 仕事が嫌いとか、会社に行きたくないとか、そういう感覚とは割と遠いところにいる(つもりの)私ですが、やっぱり休みの方が好き。 2013年1月5日(土曜日)は、息子が関東に戻るというので...