水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

まずは自分が変わる事。『レミーのおいしいレストラン(字幕版)』

2007-07-26 07:46:30 | 映画【ら行】
一流シェフに憧れるネズミと料理の苦手な青年の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白いファンタジー映画


●以下ネタバレがあります●


以前、DVDで「チャングムの誓い」を観た時の
感想にも書きましたが
料理の基本は「手間」と「愛情」と「経験」だと
私は思っています。

食べる人が喜んでくれる事を
考えながら作る料理には
自然と手間を掛けるようになり、
そこには愛情が注がれています。

それは経験や技術、食材だけでは
決して補えない大切な事なのです・・・。


食に拘りを持ち、
今は亡き一流シェフのグストーに憧れるネズミのレミーは
とても優れた嗅覚の持ち主です。
しかし
「食は単なるエネルギー」としか考えない父親からは
レミーの嗅覚を食べ物の毒検査に使われるだけで
レミーの持つ食への拘りは
仲間の誰にも理解されずにいました。
そんなある日、美味しそうな食材を見つけたレミーは
それらを更に美味しくする為に
民家の台所へ潜り込み調味料を物色しますが
住人に見付かった事であえなく失敗し、
逃げる際に家族や仲間とはぐれてしまいます。
ひとりぼっちになったレミーが
憧れのシェフであるグストーの書いた本を読んでいると
突然その中に描かれていた
グストーの挿絵から語りかけられます。


劇中に描かれていたレミーは
純粋にシェフのグストーに憧れ、
料理の知識や才能があるネズミでした。

その想いの中には食に対する愛情が溢れ、
計算高い企みや
営利目的はありません。


そんなレミーは
仲間の誰にも理解されなかった
自分の才能

リングイニに賞賛され必要とされます。

自分の能力が認められ、
夢に近づいたような
ただその事が嬉しくて、

レミーはリングイニにの為に協力し始めます。

一方、料理が全く苦手なリングイニは
レミーの協力のおかげ
評判となる料理を創り上げる事に成功し
周囲からの賞賛を得ますが、
次第に、レミーの指導をうとましく
感じるようになり
ついには追い出してしまいます。

レミーがいなくなって
自分には、料理が何ひとつ出来ない事
改めて思い知らされたリングイニは
再びレミーの協力を得る事が出来た時、
自分に出来る事から率先して始めます。

そしてグストーの店には
厳しい評価を下してきた意地悪な評論家のイーゴも、
レミーの温かい料理に触れ
その料理に隠された真実を知った時、
自分の考え方が大きく変わります。


レミーの言っていた
「まずは自分が変わる事」という言葉が
仲間達の意識を変え、
その力がリングイニをやる気にさせ、
結果、批判的だったイーゴの心をも動かしていきます。

「誰でも名シェフ」の著者である
今は亡きシェフのグストーも
「真の情熱さえあれば誰でもシェフになれる」
という信条であったにも関わらず、
いつしか自分の名前が
夢のない営利目的料理の代名詞
されていたので
自分の店が閉店になってしまった事に対して
実はホッとしているのかもしれません。

ネズミがシェフになるなんて
現実的には
当然あり得ない物語
であっても、
閉鎖的な自分の考え方を変える事で生まれたドラマは
私たちに大切な事を教えてくれる
素晴らしい作品
だと思います。


【2007年7月25日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリーズの中では一番面白い... | トップ | 文化庁支援の意図が分からな... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント0って! (お松)
2007-07-30 19:48:58
ボクは今は職探しなどで忙しいから観ていないだけで、『レミー』は必ず観ますよ! 長尺の予告編も良かったし絶対面白いと思うのになあ・・・。
コメント返信 (テクテク)
2007-07-31 10:45:14
>お松さま
こんにちは
優しいお気遣いのコメント、ありがとうございます
この映画について、色んな方の感想を拝見しましたが、
日本語吹替版でご覧になっている方が多いようで、
字幕版を観た私とは違った感想を持たれた方もいるようですし、
人物設定に疑問を持たれた方も少なくないようです

映画は観る人によって感じ方が違って当然ですし、
私はコメント数やアクセス数に対する執着はあまりないので、
コメントが付かなくても、
マイペースで感想をUPしていきたいと思っています
どうぞ、ご安心ください
勿論、コメントを頂ける事は大変嬉しい事ですし、光栄な事なので、
この映画をご覧になった時は是非感想を教えて下さいね
こんにちは (asitahatennki)
2007-08-02 10:37:48
私も字幕で観てきました。

私の正直な感想はワクワクの期待が大きかったせいか
ちょっと 期待はずれだったような気がしました。

レミーだけなら可愛いんですが
やはりレミーの家族、友達?が多すぎたような・・・?

最後の協力しあって料理を作る!と言うことは
すごく感動的なことなのですが、
やはり、キッチンにあれだけのが居る!
ってことに少々違和感を感じてしまい・・・。

今回のこの映画は賛否両論かもしれませんね。

映像はリアルでパリの街などは凄く素敵だし
お料理も今にも食べれそうで美味しそうだったんですけどね・・・
コメント返信 (テクテク)
2007-08-02 12:32:08
>asitahatennkiさま
こんにちは
やはり、ネズミが調理するのは、どうもダメ…
と感じられた方は少なくないようですね
今回の映画はアニメーションとはいえ、
ネズミたちの動きから毛並みまで、
本当に繊細に描かれていましたから、
キッチンでネズミが調理する姿に違和感があったというのも
分かる気がします

昨年劇場公開された「カーズ」でも、
「自動車に顔があってペラペラしゃべりまくるのはヘンだ
という感想を持たれた方もいらっしゃったようですし…
登場人物に対する違和感は、
ストーリーの良し悪しや映画の出来栄え以前の問題だと思うので、
こればかりは個人差もあり、仕方のない事なのかもしれませんね

私はアニメ映画に対しては比較的寛容なので、
「カーズ」も「レミー」も大丈夫でしたが、
逆に「サイドカーに犬」のような、
実写版邦画には厳しくなっちゃうタイプです…
こんばんは♪ (ミチ)
2007-08-02 22:55:43
TBありがとうございました。
レストランとネズミの組み合わせを英断(?)したピクサーはすごいな~って思います。
レミー一匹だったら清潔そうで許せちゃう気がしたのはピクサーマジックでしょうか(笑)
食べ物は「盗むもんじゃない」「作るものだ」というあくまでも高潔なレミーの態度が良かったです。
その他のネズミにはなかなか通用しないのも分かりますけどね。
コメント返信 (テクテク)
2007-08-03 12:53:12
>ミチさま
こんにちは
今回の映画に描かれていたレストランとネズミの組み合は、
人間の固定概念を取り壊す事を狙って、
わざとあり得ない設定にしたのかもしれませんね
揺ぎ無いレミーの食への拘りは、
人間でも持ち合わせている人は少ないのではないかと思う程でした
なかなか通用しない事や理解されない事があるのは、
人間の世界もネズミの世界も同じですね…
はじめまして (紫式子)
2007-09-17 12:35:06
私も字幕版で見ました
リングイニがどもるところとか、
吹き替え版じゃあどうしたのでしょうね・笑。

いい話でしたねー。
料理は心、確かに!

また同じ映画を観ていたら、
TBさせていただきます~
コメント返信 (テクテク)
2007-09-17 17:58:19
>紫式子さま
こんにちは
この映画の日本語吹替版は、
イマイチ評判が良くないようですね…
実際に観てみないと、何とも言えませんが、
その辺りはテレビ放送された時に
確認してみたいモノです

ネズミたちが活躍する映画でしたが、
私たち人間がネズミたちに教えられる事の多い
素晴らしい物語でした

また、他の映画を観た時も感想を教えて下さいね
こちらこそ、今後ともヨロシクお願い致します

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
感想/レミーのおいしいレストラン(試写) (APRIL FOOLS)
夏休み東西アニメ決戦の大本命。『レミーのおいしいレストラン』7月28日公開。超グルメラットのレミー。愛読書は名シェフ・グストーの『誰でも名シェフ』。ひょんなことからグストーのレストランに辿り着くと、見習いシェフのリングイニがスープの味付けを台無しにしよう...
Ratatouille レミーのおいしいレストラン (Cinematheque)
パリ郊外に暮らすネズミのレミーは料理に夢中で、愛読書は今は亡き天才シェフ、グストーの料理書。そんな彼が住みかを追われ、たどり着いたのはグルメの天国、パリ。しかもあのグストーの残したレストランだったの
『レミーのおいしいレストラン』 (ラムの大通り)
(原題:Ratatouille) ----これって予告だけで想像ついちゃう映画だよね。 フランス料理のシェフになることを夢見るネズミのレミーが シェフ見習いのリングイニをお手伝い。 ふたりで次々とおいしいレシピを生み出す-----んでしょ? 「まあ、手短かに言えばそうなるか...
レミーのおいしいレストラン (Akira's VOICE)
美味しいと感じる心。 幸せはそこから始まる。
レミーのおいしいレストラン/Ratatouille (我想一個人映画美的女人blog)
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 渋谷センター街歩いてて2、3回道で見たことある{/ase/} ネ...
「レミーのおいしいレストラン」今週末から (パリノルール blog)
7月28日(土)よりいよいよ全国公開始まります! 料理人になりたいネズミのレミ...
『レミーのおいしいレストラン』 (試写会帰りに)
待ちに待ったピクサーの新作アニメーション『レミーのおいしいレストラン』(『RATATOUILLE』)。初めて画を見た時は「可愛くないネズミだな~」と思いましたが、実際スクリーン上で動き回り、喋り、料理するレミーを観てみると、意外と可愛い(^^) ストーリーの面白さと楽...
レミーのおいしいレストラン (しらさんsize☆)
 皆さんこんばんは。今日は、久しぶりに映画のお話です♪  私は、ここ最近、入院やら何やらで、全然映画を観れていません。まぁ、理由が理由なので観れないのは仕方ない事として諦めていました。同時に、観たい!と言う気持ちを抑えるために、どう言う、作品が上映さ...
「レミーのおいしいレストラン」を観る (紫@試写会マニア)
エスプリの香り漂う、ピクサーの最新アニメはフランスが舞台。 「レミーのおいしいレストラン」はグルメの街パリに相応しい、星とりレストランで繰り広げられる人とネズミの友情物語でした。 ピクサーのアニメといえば、「モンスターズインク」や「Mr,インクレディブ...
レミーのおいしいレストラン (映画のメモ帳+α)
レミーのおいしいレストラン (2007 アメリカ) 原題   RATATOUILL  監督   ブラッド・バード   脚本   ブラッド・バード      撮影   シャロン・カラハン                   音楽   マイケル・ジアッキノ        ...
レミーのおいしいレストラン (とりあえず、コメントです)
ピクサーの最新作です。やっぱりレミーはいいやつでした(^^) ねずみのレミーは他のねずみとはちょっと違っていた。 人間の言葉が分かって文字も読めるし、何と言っても一流シェフにも匹敵する味覚を持っているのだ。 一族のドンでもあるパパねずみはレミーの味覚の才能...
映画「レミーのおいしいレストラン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「レミーのおいしいレストラン」に関するトラックバックを募集しています。
レミーのおいしいレストラン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RATATOUILLE) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ピクサーの最新作は、料理好きのネズミが主人公。 そんなレミーが料理の苦手な見習いシェフのリングイニと出会い、傾きかけた天才料理家のレストランを復興させていくハートフルなストーリー。 フ...
レミーのおいしいレストラン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもと一緒に吹替え版で鑑賞―【story】料理が大好きで、一流レストランのシェフになる事を夢見るネズミのレミーは、ある日家族とはぐれてしまい、一人ぼっちでパリのレストランに辿り着く。そこはレミーが尊敬するシェフ、グストーのレストランだった。そこには料理が...
レミーのおいしいレストラン/吹替版(先行/映画館) (ひるめし。)
その出会いは”おいしい”奇跡の始まり・・・。
レミーのおいしいレストラン を観ました。 (My Favorite Things)
久々にディズニー映画、いやディズニー&ピクサーを観ました。
★レミーのおいしいレストラン(2007)★ (CinemaCollection)
RATATOUILLE料理が苦手な見習いシェフリングイニと、パリ一番のシェフになりたいネズミのレミー──その出会いは“おいしい”奇跡の始まり…。製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブエナビスタ)初公開年月2007/07/28ジャンルコメディ/ファミリー/アドベンチャー【解説】「....
映画~レミーのおいしいレストラン (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆大ヒット作『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード監督のピクサー映画。料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマ...
レミーのおいしいレストラン・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最近アニメばかり観ている気がするが、いよいよ夏アニメの真打登場だ。 ピクサーアニメーションスタジオの「レミーのおいしいレストラン」は、同社がディズニー傘下となって公開される第一作。 ピクサー史上初めて、人
『レミーのおいしいレストラン』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『レミーのおいしいレストラン』鑑賞レビュー!『吹替え版を鑑賞』 料理が苦手な見習いシェフ リングイニと パリ一番のシェフになりたいネズミのレミー── その出会いは“おいしい”奇跡の始まり…。 ★review!★ 本作は、アニメ作品ですが...
レミーのおいしいレストラン (Good job M)
公開日 2007/7/28監督:ブラッド・バード 「Mr.インクレディブル」声の出演:パットン・オズワルト/ブライアン・デネヒー/ブラッド・ギャレット 他【あらすじ】料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミー。ある日、家族とはぐれてひとり...
レミーのおいしいレストラン 54点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
このスープを作ったのは誰だぁっ!! 公式サイト 『アイアンジャイアント』『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード監督による、ピクサー3Dアニメ最新作。 原題は『RATATOUILLE - rat・a・too・ee』で、このラタトゥーユという言葉、料理が作品の展開を左右する...
レミーのおいしいレストラン/パットン・オズワルト (カノンな日々)
ディズニー&ピクサーの最新作アニメーション。レディスデーだけど土日に観るよりは混雑しないかなと思って先行初日に行っちゃいました。字幕版だったこともあるんだろうけど、わりと空いていてヨカッタです。だいぶ前からかなり力を入れた宣伝をしてきたのはやっぱり「ア...
レミーのおいしいレストラン [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★☆☆☆☆☆ http://www.disney.co.jp/movi
「レミーのおいしいレストラン」を見ました。 (かなやす日記)
本日、ジストシネマで「レミーのおいしいレストラン」を見に行きました。 内容は、追い出された料理に才能のあるネズミが何かの拍子であこがれていたシェフのレストランにたどり着き、そこで知り合った新米のコックさんに拾われ、コックさんの帽子の中で操って料理をして...
「レミーのおいしいレストラン(吹替版)」試写会 (ロハな生活)
一人では決して叶えられない夢。でも、二人一緒なら…?
「レミーのおいしいレストラン(字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『Ratatouille(ラタトゥーユ)』。”(夏)野菜煮込み”なんだけど、イタリア料理だとばっかり思っていた私(トマトっぽいし)。どうやら”南フランスの家庭料理”らしく、要は”ママの味”の代
レミーのおいしいレストラン (そーれりぽーと)
ハズレ無しのピクサー製CGアニメ映画最新作『レミーのおいしいレストラン』の公開に胸躍らせて観てきました。 ★★★★ 洒落たパリの街や、実物以上に視覚的には完璧で美味しそうに描かれる繊細なフランス料理と同じく、ステキで抱きしめたくなる映画でした。 登場する...
レミーのおいしいレストラン RATATOUILLE (いい加減社長の日記)
今週は、ちょっと「はざま」かな? 「夕凪の街 桜の国 」は、なんか暗そうな感じで、苦手かも。 ということで、アニメの「レミーのおいしいレストラン 」を選択。 「UCとしまえん 」は、ちょっと多め?夏休みモードかな? 「レミーのおいしいレストラン 」は...
「レミーのおいしいレストラン」:錦糸町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}{/onpu/}さかな、さかな、さかな~、さかなをたべると、あたま、あたま、あたま、あたまがよくなる~{/onpu/} {/hiyo_en2/}なに、気持ちよさそうに歌ってるのよ、「おさかな天国」なんか。 {/kaeru_en4/}あそこに見える魚寅って店、このあたりじゃちょっと...
レミーのおいしいレストラン (めでぃあみっくす)
いつものディズニーピクサー作品と比べるとレストランの個性豊かなシェフたちなど脇役の活躍が少ない分、ちょっと物足りなさを感じましたが、それでもラストの辛口評論家イーゴとの対決シーンには思わず感涙してしまいました。やっぱりディズニーピクサー映画はいいですね...
レミーのおいしいレストラン (future world)
天才的な料理の才能を持つドブネズミと、料理の才能が無い見習いシェフが手を組んで、落ち目レストランを盛り返す・・・ ふつうに考えて、ネズミがレストランの厨房にってイヤだもんね。 しかし一体どんなワザを使うんだ? まさか他のシェフたちがいる厨房をチョロチ...
レミーのおいしいレストラン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ううう、眠くてしょうがなかったんだけど・・・先行上映でレディースディでついつい映画館に足が向きます。でも、寝ちゃったらどうしよう^^;;;そんな危惧も本編の前座の短編から吹っ飛びました(笑)『レミーのおいしいレストラン』舌と鼻がとっても利くネズミのレミ...
レミーのおいしいレストラン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
レミーみたいに料理が上手なネズミがいたら、絶対飼っちゃうよねぇ~!公開日はネズミじゃなくて、ハムスターの売上良かっただろうなぁ~♪                           評価:★8点...
レミーのおいしいレストラン (めでぃあみっくす)
いつものディズニーピクサー作品と比べるとレストランの個性豊かなシェフたちなど脇役の活躍が少ない分、ちょっと物足りなさを感じましたが、それでもラストの辛口評論家イーゴとの対決シーンには思わず感涙してしまいました。やっぱりディズニーピクサー映画はいいですね...
映画「レミーのおいしいレストラン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年53本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督作品。字幕版を観ました。グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡をハートウォーミングに描く。安心....
素直な心で鑑賞すべし 「レミーのおいしいレストラン」 (平気の平左)
評価:75点
「レミーのおいしいレストラン」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「レミーのおいしいレストラン」 監督:ブラッド・バード 声の出演:パットン・オズワルト、ブラッド・ギャレット、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、イアン・ホルム フランスの片田舎で暮らすネズミのレミーは天才的な嗅覚...
レミーのおいしいレストラン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
臆病者にいい料理は作れない、独創的に、失敗を恐れず、何にでも挑みなさい。誰でも料理はできる。だが、勇気ある者だけが一流になれるのだ。~料理人グストーの言葉より~ 家族とはぐれ、ひとりぼっちでパリにたどり着いたレミー。すぐれた味覚と嗅覚を持つ彼は、い...
レミーのおいしいレストラン 2007-40 (観たよ~ん~)
「レミーのおいしいレストラン」を観てきました~♪ ネズミのレミーは、天才的な嗅覚と味覚をもって生まれた。そんなレミーの夢は一流レストランのシェフになることだった。現実的には不可能な夢だった。ある日、パリの有名店「グストー」でリングイニに出会う・・・ ...
『レミーのおいしいレストラン』 (R-LiFE)
ショートフィルム『 Lifted 』で、すっかり馬鹿笑いさせてもらってから始まったピクサーの最新映画『レミーのおいしいレストラン』は面白かった。原題は『 Ratatouille 』なんだけど、邦題の方が好きだなって思えるタイトルで、そこでもなにげに満足(笑) Ratatouille だ...
★ レミーのおいしいレストラン ★ (私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪)
料理の才能を持ち、一流シェフになることを 夢見るネズミ(レミー){/nezumi/}と、 料理の苦手な見習いシェフ(リングイニ){/hiyo_cock/}の出会いが巻き起こす 奇跡を描いた物語です。 テレビの宣伝を観て以来、 凄く楽しそうな映画で ワクワクしながら 映画館に向かい...
映画 【レミーのおいしいレストラン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レミーのおいしいレストラン」(字幕版) ディズニーとピクサーが贈る新作は『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード監督作品。 おはなし:ネズミのレミーは天才的な嗅覚と味覚の持ち主。仲間とはぐれたレミーは尊敬する料理人グストーのレストランのキ...
「レミーのおいしいレストラン」★★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作、監督・原案・脚本ブラッド・バード  声の出演パットン・オズワルト、ルー・ロマーノ、イアン・ホルム、ジャニーン・ガロファロー他による夢いっぱいのファンタジー・アニメ。 父や兄とともに片田舎に暮らしていたレミー。ある日、ひょんなことから家...
『レミーのおいしいレストラン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『レミーのおいしいレストラン』□監督 ブラッド・バード□原案・脚本 ブラッド・バード□キャスト(声) パットン・オズワルト、ルー・ロマーノ、イアン・ホルム、ジャニーン・ガロファロー、ブラッド・ギャレット、ピーター・オトゥール、...
レミーのおいしいレストラン (AL+ViのわんわんLIFE)
レミーのおいしいレストラン(字幕版)を観て来ました。 小さな子供が2組ほど観ていたので、なぜ子供が字幕?と思っていたら外人だった(笑) さすがPIXERのアニメーションです。画像がとってもきれいです。
レミーのおいしいレストラン (ちわわぱらだいす)
はしごしました~ 久しぶり撚 しかし。。。満員。。。 横にはおひざの上に抱かれたお子様。。。。 (絶対うるさいって・・・) あ。。。でも吹き替え版に来たうさぎが間違ってたのね。 (ゆめタウン光の森はお昼は全部吹き替え版) コレはお子様の為の映画だ...
勝手に映画批評17 (sons and daughters -blog-)
【レミーのおいしいレストラン】 8点 この映画には伝わってくるメッセージが2つあります。ひとつは、ルールやレシピなどという型に縛られず、自由な発想が何よりも大事だということ。2つ目は、ネズミだろうが人間だろ
レミーのおいしいレストラン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  「オーダー!」 「ウィ!ムッ・・・チュー!」  
レミーのおいしいレストラン(字幕版) (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
子どもと一緒にでも安心して観ていられるいかにもディズニーらしい作品です。 すぐれた嗅覚と味覚を持つレミーは、調理場では特に嫌われるネズミでありながら、一流のシェフになることを夢見ています。ひょんなことからパリに辿り着いたレミーは、今は亡きフランス一と...
★「レミーのおいしいレストラン」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、公開初日のディズニー/ピクサーのアニメ。 ずいぶん前から予告編で煽ってて、全米の批評家も絶賛らしいが・・・ ネズミが青くていいのか・・とか、 厨房にチュウ坊が入っていいのか・・・とか、見る前からツッコミどころあり。
「レミーのおいしいレストラン」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「レミーのおいしいレストラン」を観賞。「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」などでおなじみのピクサースタジオの新作。監督は大ヒット作「Mr.インクレディブル」のブラッド・バー ド。フランスの片田舎。ネズミのレミー...
「レミーのおいしいレストラン」(字幕版):お子ちゃま無用の大人のファンタジー (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ブラッド・バード 出演:レミー他ネズミの皆さん 米国2007年 昨年はクルマに目鼻つけて喋らして驚異だったピクサー。今年は料理するネズミと来たーッ。といっ
『レミーのおいしいレストラン』 (たーくん'sシネマカフェ)
先日の日記に私事に多くのコメントをいただきありがとうございました。自分の不注意ですが、みなさんの励ましでだいぶ気持ちが楽になりました。さて7月に1本映画を鑑賞していたのですがブログを書く気分にはなれずそのまま。この作品「レミーのおいしいレストラン」。良....
レミーのおいしいレストラン (eclipse的な独り言)
 ようやく安くなっていたので、観にいってきました。
「レミーのおいしいレストラン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Ratatouille」2007 USA 監督、脚本は「Mr.インクレディブル/2004」のブラッド・バード。 アニメ映画って結構好きで色々と観ている。 ディズニーのクラシック・アニメは大ファン。 アニメといっても「トイ・ストーリー/1995」あたりから少々趣が異なって来たよ...
レミーのおいしいレストラン (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  夏休みということもあり、館内は子供連れの客で満員であった。初めの30分間は子供たちもおとなしく観ていたが、だんだん飽きてきたのか、泣きだしたり、外に出たりする子が目立ってきた。 大人には面白いアニメなのだが、子供たちにはやや難しいようだ。テ...
【劇場映画】 レミーのおいしいレストラン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大...
レミーのおいしいレストラン (夫婦でシネマ)
ピクサーのCGアニメ最新作観てきました!今度の主役は、料理の得意なシェフになりたいネズミです。
レミーのおいしいレストラン ~ シンプルな形で大事な事を教えてくれる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ シンプルな形で大事な事を教えてくれる ~ 今までも『モンスターズ・インク』や『カーズ』など、数々のアニメ映画を作り出してきたスタジオ「ピクサー」によるディズニーアニメ作品。 “ネズミがパリ一番の料理を作る”という、いかにもディズニーがテーマにしそ...
レミーのおいしいレストラン (Yuhiの読書日記+α)
今日は「映画の日」ということで、この作品を見てきました。 実はこれまで、アニメだし、子供向けでつまらないかなーと思って、ためらってきたのですが、意外や意外{/ee_2/} 大人が観ても充分面白いお話でした。 <あらすじ> 味覚・嗅覚に優れていたネズミのレミーは、...
レミーのおいしいレストラン (シネ・ガラリーナ)
2007年/アメリカ 監督/ブラッド・バード <TOHOシネマズ二条にて鑑賞> 「メッセージ力がCGの映像美を上回る絶品」 そこいらの映画より、よっぽどキャラクターの作り込みができてる。これは、子供のためのアニメではなく、子供と大人が一緒に見るためのアニメと言...
「レミーのおいしいレストラン」 志向しているのはナチュラルさ (はらやんの映画徒然草)
よい食って人を幸せな気分にしますよね。 食べるのももちろんですが、お料理を作って
映画『レミーのおいしいレストラン』 (紫式子日記)
レミーのおいしいレストラン ★公式サイト 薦められて観に行って、正解!! ディズニーだアニメだとバカにしていましたが、 やはりピクサースタジオは優秀であった。。。 「ピクサーは『不可能な夢』が大好きなんだ」 というのは監督のお言葉。 今回の主人公は...
長島茂雄と、長島一茂は別人●レミーのおいしいレストラン (Prism Viewpoints)
銅メダルは、ダメなの? 偏見なき適材適所。 『Ratatouille』 『レミーのおいしいレストラン』 ウィキペディア(Wikipedia) すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。 ひょんなことか
レミーのおいしいレストラン☆吹替え版 (銅版画制作の日々)
      9月16日、MOVX京都にて鑑賞。遅まきながらの鑑賞です。実は外出支援のお仕事で、利用者さんと鑑賞・・・・。費用は利用者さん負担なので、無料となりました。ラッキーひょっとしたら、この機会なかったら、逃していたかもしれません。   デ...
【映画】レミーのおいしいレストラン…地味な分、映像技術が目立つ? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日も書きましたが、毎週日曜日は「ふしぎの海のナディア」の再放送(福岡の地方局で再放送中)で起床するピロEKです。民放での再放送枠だと予告とエンディングテーマ曲がカットされるのは残念な点です(元がNHK尺だから?)。 今日の天気は曇り{/hiyoko_cloud/}or晴...
『レミーのおいしいレストラン』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ料理が大好きなネズミのレミーは、ある日尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働く雑用係のリングイニがヘマをしてスープを台無しにしてしまう様子を見ていたレミーはキッチンに入り込み、見事にスープを作り直すがその姿をリングイニに目撃され・・・...
レミーのおいしいレストラン (mama)
RATATOUILLE 2007年:アメリカ 監督:ブラッド・バード 声の出演:パットン・オズワルト、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、イアン・ホルム、ルー・ロマノ 天才的な料理の才能を持ち、一流レストランのシェフになる夢を抱...
レミーのおいしいレストラン (のほほん便り)
とても、よくできた面白いオハナシだったし、映像もキレイでしたが、(さすがピクサー) 唯一の難は「ネズミが料理を作る」という設定… それも、厨房を占拠して、の図を、ファンタジーとして、受け入れられるか否の部分でしょうか? だけど、夢のある物語でした。...