水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』

2009-11-30 23:20:00 | 映画【た行】
金儲けに執着し
人間らしい感情を忘れてしまった
初老の男性の物語。
今回観たのは3D日本語吹替版です。


映画の評価 ★★★★☆ 映像も物語も楽しめる映画


●以下ネタバレがあります●


私はこの映画の字幕版を先に観ました。

その感想を自分のブログにUPした後、
いろいろな方のブログを通して
この映画に関する感想を拝読したところ
一番強く感じたのは
3D日本語吹替版に対する
評価の高さ
でした。

私の中では映画全般的に
日本語吹替版に対する印象
あまり良くないので
いつも避けてしまいがちなのですが、
今回は評判の良さに惹かれて
日本語吹替版も観てみる事に・・・。

劇場公開中の映画で
字幕版と日本語吹替版の両方を観るのは
2006年7月に観た
『カーズ(字幕版)』
『カーズ(日本語吹替版)』以来の事ですが、
『Disney'sクリスマス・キャロル』に関して言えば
3D日本語吹替版の方が
純粋に楽しく観る事が出来ました。

やはり字幕版だと
映像に合わせてセリフを必死で目で追う分だけ
映像を隅々まで楽しむ余裕がなくなってしまいがちですが、
吹替版は日本語のセリフだと聞き流せる分、
3Dの映像を気軽に楽しめます。

それに何と言っても・・・
吹替えを担当している
山ちゃんが上手い!!

この映画でディズニーが伝えたかった
人生は自分の心がけ次第
どうにでも変わるという
前向きなニュアンス
日本語のセリフで表現を変えた事により
逆に凄く良く伝わってきたような気がします。

物語自体も字幕版を観た時とは
印象が違って感じましたし、
3D日本語吹替版の方が
よりファンタジー色が全面的に出ていて
不思議な事に物語にも映像にも
暗さをあまり感じませんでした。

私はジム・キャリーが好きなので
字幕版の評価を下げるつもりはないのですが、
『Disney'sクリスマス・キャロル』
ひとつの映画として純粋に楽しむ為、
これから劇場で観ようという人には
3D日本語吹替版をオススメします。


【2009年11月27日(金)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代を越えて語り継がれる名作。... | トップ | 憎めない男。『ジャック・メスリ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (アイマック)
2009-12-01 22:27:59
山ちゃんが上手いよね。安心してみれるよ。
ジム・キャリー以上にキャリーらしい。笑
3Dは映像がきれいなので、ディズニーの世界のまんまが楽しめる。
うきあがる3Dじゃなくて、疾走感がすごかったね。
字幕だとそっちに目がいくから、映像を楽しみたい方は吹き替えはいいね。
おっ! (ひろちゃん)
2009-12-01 22:53:02
3Dで鑑賞されたんですね(^_-)-☆
テクテクさん、楽しめたようで何よりです♪
洋画は吹き替えが基本の私ですが、こう言う
作品は映像に集中したいので、字幕読むと
映像に集中できませんもんね(^^ゞ

また吹き替えも山ちゃんだから良かったでしょ?変な(笑)アイドルとかにやられたら
せっかくの作品が~~ってことになっちゃい
ますが、さすが山ちゃん映像の雰囲気を
壊さなかったですよね(^_-)-☆
コメント返信 (テクテク)
2009-12-02 12:40:36
>アイマックさま
こんにちは
ホント、山ちゃんの吹替えは流石でしたよね
やっぱりプロの声優さんは凄いです

この映画は久々に吹替版の良さを実感した作品でしたね~

3D映像といえば私の初体験は
ディズニーランドのアトラクションでした

もしかしなくても
マイケル・ジャクソンが出ていた
「キャプテンEO」が最初だったかも

何だかその時の感動を思い出しちゃいました
コメント返信 (テクテク)
2009-12-02 12:52:39
>ひろちゃんさま
こんにちは
この映画の吹替版は純粋に楽しめました~

私が吹替版を避けるようになったのは
今から8年くらい前に観たフルCGアニメ映画が切っ掛けで、
主役の吹替えを担当した人気タレントが
あまりにも棒読みで本当に下手クソだったからです…

映画の興行成績を上げる為に
吹替版の声に人気タレントを起用する事は
営業戦略として「あり」なのかもしれませんが、
下手クソなのだけは勘弁してもらいたいですよね~

その点、今回の山ちゃんは
もう100点満点の吹替をしてくれたと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 68-13- 1ヶ月フリーパスポート=16 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどち...
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary!)
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -
Disney's クリスマス・キャロル(3D) (小部屋日記)
A Christmas Carol(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン/ケイリー・エルウィズ 未来は、まだ変えられるかもしれない・・ 文豪...
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
Disney'sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (悠雅的生活)
神のお恵みを。すべての人たちに。
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
【Disney’sクリスマス・キャロル】 (日々のつぶやき)
監督:ロバート・ゼメキス 「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。 あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。 そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」 ディケンズのクリスマス・キャロルを
『Disney's クリスマス・キャロル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
悪夢のアトラクション(違)~「ディズニーのクリスマスキャロル3D(吹き替え版)」~ (ペパーミントの魔術師)
これはホントに3Dで絶対見てほしい! それも「IMAXで字幕版」が見れたらサイコー。 ・・・って、吹き替えしかやってない??? (少なくとも枚方はそうでした) だからかな~、字幕か3Dかで悩んでるのを ちょこちょこブログ巡回でみかけたんですが。 ひとり7...
Disney'sクリスマス・キャロル (とりあえず、コメントです)
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)
Disney's クリスマス・キャロル (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 本日は「ポーラー・エクスプレス」のチームが再び贈るクリスマスファンタジー「クリスマス・キャロル」を観てきましたよ!!ほっほ~う!  二者択一  クリスマスキャロルは原作も名作で映画化も散々されているということもあるので、とりあえず細かいあらすじは書き...
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
DISNEY'S クリスマス・キャロル (シネマ大好き)
ディケンズの名作をディズニーの3Dアニメで。情景が美しく、迫力があって、さすがディズニーでした。 金儲けにしか興味がない、冷酷な金貸しのエブニーザ・スクルージのもとに、クリスマスイブに三人の精霊が現れ、彼自身の過去・現在・未来の影を見せ、後悔と恐怖に...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (首都クロム)
 傲岸不遜な偏屈老人スクルージが全ての尺に金貨を用いていることは、冒頭でマーレイの伏せられた瞼の上から金貨を回収していく行為から明らかです。この嫌らしい爺さんのへの字に曲がった口が逆に曲がることは、果たしてあるのだろうかというほど。しかし哀しいのは、現...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...