水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

子供たちへの配慮が感じられる。『カーズ(日本語吹替版)』

2006-07-05 22:03:53 | 映画【か行】
車たちの世界を舞台に、レースでチャンピオンを目指す人気者のレースカーと、
それを取り巻く車たちの物語。
今回観たのは、日本語吹替版です。


映画の評価 ★★★★☆ イイ話の映画


●以下ネタバレがあります●


先日、私が劇場で観た『カーズ』は字幕版で、
私の予想に反して、とても面白かったので、
今回は日本語吹替版も観てみる事にしました。

しかし、この映画、内容は全く同じはずなのに、
字幕版と吹替版では、
物語の印象が、何だか違いました。


一番の決定的な違いは、マックィーンの印象。

字幕版のマックィーンは、冒頭から超ナルシストぶりを発揮し、
自信過剰で、自己チュウで、とっても感じの悪い、
若手レースカー
に見えましたが、
吹替版のマックィーンは、どこか爽やかでした。

吹替版では、チック・ヒックスだけが、
徹底的に嫌なヤツ
になっていた感じがしましたが、
字幕版のマックィーンも、負けず劣らず、
冒頭では相当、嫌なヤツ
だったのに・・・。

「何故か、みんな、僕の事を好きになっちゃうんだよねー。」
というセリフが、マックィーンの口から出た時も、
字幕版では、本当にナルシストっぽく聞こえ、
「絶対に、ない!ない!」と思って観ていた私ですが、
吹替版では、マックィーンの言葉が爽やかに聞こえてしまって、
「あー。そうかも。」と思ってしまうほどでした。


あと、字幕版と日本語吹替版では、
言葉の表現が、いくつか違っていました。

私の記憶に残っているところでは・・・
決戦のレース場へ最初に到着したチック・ヒックスが、
マックィーンに対して挑戦的な態度を取っていたシーン。
マックィーンの決め台詞「カッチャーウ!」と同じように、
テレビカメラに向かって「カッチーカ!」と叫んでいるのを見て、
字幕版のマックィーンは、
「ボクのパクリだ!」と言いますが、
吹替版のマックィーンは、
「ボクのマネだ!」と言います。
(俗語を使わない辺りも、吹替版のマックィーンは、爽やか系♪)

ピストン・カップのトロフィーの事も
字幕版のドック・ハドソンは、
「中身のない空っぽのカップだ。」と言い、
吹替版のドック・ハドソンは、
「ただの置き物だ。」と言います。

やはり、字幕版よりも吹替版の方が、
圧倒的に子供が観る機会多い事からなのでしょうが、
子供にも分かりやすい言葉での
セリフの言い回し
だったような気がします。

吹替版の映像で、新聞記事や道路の看板などの、
画の中に出てくるポイント、ポイントの文字は
日本語表示
になっていましたし、
その辺りも、映画を観る子供たちに、
分かりやすくする為の配慮
だったのでしょう。

ストーリー的な要素でも、字幕版では、
人間の持つ、欲や傲慢さ、栄光と影の部分が、
大きく、深く描かれている
ように感じましたが、
吹替版では、
仲間を思いやる気持ちや、
友情の大切さが前面に出ていた
ように思います。

主役のマックィーンを、どこか爽やかな感じにしたのも、
子供のウケを考えての事なのかもしれませんが、
そうする事によって、吹替版の印象は、
ホッとするイイ話で終わっているように感じました。
やはり、吹替版は、
子供を対象に考えられている
という事なのでしょうね。

最近逮捕され、釈放された、お金を沢山儲けた人たちが、
この映画を観る機会があったならば、
私は断然、字幕版をお薦めします。


【2006年7月4日(火)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栄光の意味と価値を問う映画。『... | トップ | イイとこ取りでも、描き方が下手... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へえーー (sakurai)
2006-07-06 12:58:32
それはますます見ねばなりませんね、字幕版。

子供らがいないときを狙って・・。高校生の長女と行こうかなと狙っているのですが、高校生は字幕版で充分でしょう。

日本語訳と吹き替えのセリフも微妙に変わることもありますから、耳をダンボにして見に行こうと思います。

でも、映像の中の文字が日本語になっていたのは、ちょっと違和感がありました。
日本語吹替版の方も機会があれば観てみたいです (たろ)
2006-07-06 12:59:37
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



‘ 最近逮捕され、釈放された、お金を沢山儲けた人たちが・・・ ’のたとえはよく分かりませんが、字幕版との違いを興味深く拝見させて頂きました。

日本語吹替版の方も声優さんに興味がありますので、機会があれば観てみたいです。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



>コメント返信 (テクテク)
2006-07-06 13:36:20
>sakuraiさま

こんにちは

やはり、大人の目線から見れば、

字幕版の方が、伝わるモノがありましたし、

私は結構、泣かされてしまいましたが

吹替版は、爽快感の残るイイ話といった感じで、

印象が違いました

声優の声のトーンや、言葉の表現方法によっても、

これ程、伝わり方が変わってくるものなのですね

字幕版を観た時は、是非感想を教えて下さいね



>たろさま

こんにちは

ちょっと、私の例えが難解でしたか…

簡単に言えば、

字幕版は善悪や、

周囲の迷惑は考えず、計算高い自己欲の醜さを強調していて、

吹替版は友情や、

自分の為ではない、他の人の為に何が出来るのかと、

その優しさを強調しているように

私は感じたという事ですね

人間は大人になればなるほど、計算高くなってしまいがちです

そんな自分を振り返るには、吹替版よりも

字幕版を観た方が、何か心に伝わるモノがあるのではないかと、

私は思います
TBありがとうございます。 (KGR)
2006-07-06 13:50:19
吹替え版がそんなに印象が違うとは意外ですね。

私も確かめてみたいと思いました。



せりふの言い回しは、子供を意識したのでしょうが、

レースの説明などは入っているんでしょうか。

ペースカーの前に入る入らないで展開が変わるところなどは、肝だと思うのですが、、。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-06 13:58:15
>KGRさま

こんにちは

レースの解説は、吹替版でも普通にされていましたよ

マックィーンは、ちゃーんとペースカーの前に入っていました

主役の声優の声のトーンや言葉の表現によって、

私には作品の印象が違ったモノになったので、

レースの解説には、さほど違いはなかったように思います
Unknown (nappa)
2006-07-06 16:11:25
 こんにちは。TBありがとうございました。僕はいつも字幕派なのですが吹き替えではそんな現象が起こっていましたか。どうも日本語吹き替えは俳優を起用するのが苦手ですね。



 「ウォレスとグルミット〜」の時も吹き替え版は全国でやるけど字幕版はミニシアター作品並みの公開規模でしたからねえ。困ったもんです。
ありがとうございます (nigera)
2006-07-06 20:43:27
トラバ&コメントありがとうございました



実は確かめもせず、先に字幕の方に

トラバしました、ごめんなさい。



こちらでは日本語吹き替えしかなくて

それで観ました。

いろいろ表現の違いがあったんですね

今度DVDでは字幕で是非観ようと思っています
tbありがとうございます☆ (dk)
2006-07-06 21:19:20
はじめまして┌|∵|┘



>字幕版と吹替版では、

物語の印象が、何だか違いました。

そうなんですか!?

俺は友達と悩んだ挙句、キャラの口の動きを声にあわせて作ってある、ということで字幕にしました。。。

でも、初日なのに一番小さい映画館(シネコンで)でした。。。



>最近逮捕され、釈放された、お金を沢山儲けた人たちが、

この映画を観る機会があったならば、

私は断然、字幕版をお薦め

賛成です(。・_・。)ノ笑
こんばんは (ノラネコ)
2006-07-07 00:09:10
ははは、最後の一文お見事です。

確かにあの人たちには是非観ていただきたいですね。

大人の寓話でした。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-07 12:15:41
>nappaさま

こんにちは

「カーズ」の吹替版の声優は、決して下手ではなかったと思いますし、

おそらく、吹替版だけをご覧になった方は、

特に違和感もなかったと思います

ただ、字幕版のイメージをそのまま移行する事は、

出来ていなかったように私は感じました

それが、良かったのかどうかは、何とも判断し難いところですね

でも、出来れば字幕版で観たいという希望は、

私も持っています

「ウォレスとグルミット」は、

私が観たシネコンも吹替版しか上映していなくて、

字幕版は諦めました



>nigeraさま

こんにちは

TBの事は、気になさらないで下さいね

吹替版の声優も悪くはなかったと思うのですが、

やはり微妙な言葉のニュアンスの違いで、

映画の雰囲気も変わってしまうのも、

良し悪しだと思います

大人の方ならば、字幕版を観てみるのもイイと思いますよ



>dkさま

こんにちは

字幕版の方は、

大人に向けた教訓が盛り込まれていたように

私は思いました

吹替版は、子供に分かりやすくしている分、

表現に甘さが感じられましたが、

子供にとっては、軽めのテイストで見せた方が、

心に残るのかもしれませんね



>ノラネコさま

こんにちは

やはり、損得勘定で物事を考え、

計算高くなってしまいがちな大人が観るには、

字幕版の方がお勧めですよね

「金儲けは悪い事ですか」=「優勝するのは悪い事ですか

こんなふうに置き換えて観て頂きたいモノです
吹替版見てしまいました (さわやか革命)
2006-07-30 23:09:19
コメント&TBありがとうございます。

こちらを読ませて頂いて、今日ガマンできずに吹替版の方に行ってきました。なるほど、主人公のさわやか度が三割アップ(代わりにチックのイヤミ度も三割増)になっていたように思います。

吹替の方が情報量が多いし、字幕に気を取られて映像の細かいところを見損なうということもないので、そういう点はとても良かったです。(あと、タイヤショップのデコボココンビのかわいらしさが増)



しかし、本当に微妙なトコで具体的にどう違うかも判らないのですが、字幕版は妙にシミジミしてしまうんですよね。

終盤では吹替の主人公に「よくやった!えらい。感動したっ」と素直に声かけてやりたくなるんだけど、字幕の方は自分を顧みて「ああ、人生とは、価値とは(シミジミ)−−、上り坂でなく下り坂になった時に人は(クルマは)どうあるべきか(シミジミ)−−(なぜか号泣する)」てな感じです。

これだけ複雑な反応を起こさせる(って私だけか?)ピクサーにはやはり脱帽であります。m(__)m
コメント返信 (テクテク)
2006-07-30 23:46:44
さわやか革命さま

こんにちは

そうですか行っちゃいましたか

日本語吹替版はチック・ヒックスだけが、

徹底的に嫌な奴になっていましたよね

確かに、吹替版は、字幕を目で追わなくてもイイ分、

映像に集中できるので、色んな発見が出来たりして、

そういった面では、吹替版も悪くないと思います

私も字幕版では、ラストシーンで妙に結構泣けちゃいましたが

吹替版では、泣けるというよりも爽快感が残りました

字幕版にも、吹替版にも、各々の良さがあり、

本当に満足できる作品だったと思います
はじめまして (しの)
2006-08-24 10:28:17
 はじめまして。

さわやか革命さんの記事のリンクからこちらにお伺いして、なるほど〜と、とても参考になったので、TB送らせていただきました。

でも、私は観にいくのが遅くって、どこの映画館も吹き替え版しかやってなかったんです。

DVDを楽しみに待つことにします。

それでは〜
コメント返信 (テクテク)
2006-08-24 13:06:49
しのさま

こんにちは

「カーズ」は吹替版を上映している劇場の方が、

圧倒的に多いように感じますね

私は、たまたま実家のある名古屋に帰った時に、

近所のシネコンで字幕版が上映していたので観ました。

現在、私が住んでいる場所の最寄のシネコンでは、

日本語吹替版しか上映されていませんでしたが、

今、思えば、逆に吹替版を先に観ていたのならば、

「次は字幕版を観よう」という気持ちには、

ならなかったような気がします

字幕版を観る機会があった時には、

是非感想を教えて下さいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『カーズ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★
感想/カーズ:字幕(試写) (APRIL FOOLS)
たまっちゃったから今週はレビューウィーク。とりあえず5日連続で映画の感想いきます。 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が6年ぶりに撮ったディズニー/ピクサー映画『カーズ』。7月1日公開! 『カーズ』公式サイト レーサーのマックィーンは、 ...
『カーズ』(字幕版) (京の昼寝〜♪)
今度の奇跡は「クルマ世界」に起こる 地図から消えた街「ラジエーター・スプリングス」を救え!   ■監督・脚本 ジョン・ラセター■キャスト(声) オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマン、マイケ ...
カーズ (迷宮映画館)
やな奴なんだ、このライトニング・マックィーンって奴は・・。確かに力はあるし、腕もいい。それを鼻にかけるだけの実力を認めましょう。ただし、なんといってもルーキーちゃん。さまざまな局面にぶつかったときの選択の道が甘いのです。それこそ若気の至りのせい ...
試写会鑑賞 科学技術館 サイエンスホールにて 〜 ジョン・ラセター 「 カーズ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の木曜日です。 今日は、昨日 一足先に科学技術館 サイエンスホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ジョン・ラセター氏の新作映画について。 上映に先立ち、 Amebaブログで『 現役力士 普天王 どすこい大相撲日記 』 を運営さ ...
カーズ(CARS) (Coolog)
「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」でおなじみのPIXAR社の...
カーズ(吹き替え版) (2006) 122分 CARS (極私的映画論+α)
 ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックイーン。自己中心的な性格が玉にキズの彼は、レース会場への移動中にふとした事故から小さな田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んでしまう。いまや地図からも消えてしまったその町には、オ ...
『カーズ』 (試写会帰りに)
ピクサー作品ファンとして待ちに待った最新作『カーズ』(『Cars』)を試写にて鑑賞しました! 登場人物が全て車獵という無茶な設定にとまどいつつ、まったりシーンもなんのその、ほのぼのギャグで笑わせ、お決まりながらもホロッとさせる、 ...
映画:「カーズ」 (atom×atom)
カーズ [Cars] ―――――――――――――――――――――――――――― 監督: ジョン・ラセター John Lasseter 声の出演: オーウェン・ウィルソン Owen Wilson        ポール・ニューマン Paul Newman     他 【解説】  そこは ...
カーズ (ももママの心のblog)
車好きでなくても魅入られるが、車好きならきっともっと、魅入られる。{/cars_red/}大人も満足のほろ甘いコメディ・アニメ。{/star/} 2006年 アメリカ アニメ、ファンタジー、コメディ 2006年7月1日 ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘 監督・脚本 ジョン ...
カーズ (Akira's VOICE)
クルマだらけの大博覧会から現実に戻ると 全ての自動車に愛着が湧いていました。 マックィーン欲しい〜(無理
カーズ(字幕版) (ネタバレ映画館)
 ケニーG風の音楽聴いてたら眠くなって事故るぞ!
【 カーズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
ピクサー社がディズニー社との提携を打ち切り、2社が提携してでの作品はこれで最後...となるハズだったのにね。 さすがピクサー作品だけあってCGは文句の付けようがないデキ。車に映り混む背景やネオンなどなど、思わず唸ってしまう美しさ。車のデフォルメさ加 ...
「カーズ」理想郷と成長物語 (小生の映画日記)
ストーリー: 真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自 ...
大人向けアニメ!?『カーズ』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
正直僕はこの映画をナメてました。 大した面白くないだろうと...。 映画序盤で 「子供には難しいだろう...」という事が想像ついたので 「何歳ならこの話がわかるのだろう?」とか 「女性が見てどう思うのだろう?」とそんなことを考えていました。 しかし... ...
「カーズ」 (塩ひとつまみ)
試写会を見てきました。 ディズニー・ピクサーのフルCGアニメーション映画です。 物語はカーレースから始まります。 走っているのはもちろん車。観客も車。旗を振るのも車。解説をするのも車。みーんな車。 車
カーズ ( NIGERAのお庭)
1日、映画の日たくさんのお子ちゃまに混じり、日本語吹き替え版を鑑賞してきました。 時間の余裕も持って出かけたのにもかかわらずすでに満席状態、やっと一番後ろに指定!!だよ。右隣は5〜6才の男の子、2つ左隣も小さな男の子、「この子達、2時間もじっと ...
カーズ (色即是空日記+α)
今度の≪奇跡≫は、[クルマの世界]に起こります。 ピクサー×ディズニーの最強タッグ! 車の世界、人間は1人も出てきません。 虫すらクルマに羽が生えた生き物ですw 最初に予告を見たときは思ってました。 あんまり華がないなぁ、、と。。。 ご ...
カーズ 2回目 (色即是空日記+α)
『カーズ』 Cars 2回目の鑑賞でっす(≧∇≦)b 気に入りすぎ...
カーズ 日本語吹替え版 (色即是空日記+α)
『カーズ』 日本語吹替え版 3回目の鑑賞です。 今度は日本語吹替え版...
「カーズ」93点。 (mountain77 D.Reverse side)
「カーズ」hp 気がつけば、冒険心に火が付いていた。 こんなに楽しい映画、久しぶりに見たような気がする。 ↓関連記事 「カーズ」の前評判がかなりいい。 この映画がアニメーション作品であることを忘れてしまうくらい、見ているものに実写映画と ...
映画「カーズ」 吹替え版 (銅版画制作の日々)
今日は支援の仕事で、Hさんと映画「カーズ」を鑑賞しました。お天気は今一つでしたが、運良く雨には遭遇する事なくて良かったです。私はこの手の映画は初めてです。3Dでの映像って凄いですよね単なるアニメーションとは一味違い・・・。観ているだけで、吸い込ま ...
「カーズ」 (徒然雑草)
2006/06/19 東京有楽町「よみうりホール」で「カーズ」の試写を観た。併映は「One Man Band(短編)」。ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックィーン。レーサーとして絶大な人気を誇っている…
『カーズ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
轟渡るエンジンの爆音! タイヤの焼ける匂いまで伝わってきそうなリアリティ溢れるレーシングシーン。 迫力のあるレーシングカー同士のデッドヒートには、いやが上にもテンションは急上昇! 今年のピクサーアニメの主人公?主人車?は、レーシングカーのライトニ ...
『カーズ』 (ラムの大通り)
----これってディズニー/ピクサーの最新作でしょ? 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が 6年ぶりに監督を務めた作品なんだって? 「うん。ジョン・ラセターは 父親がシボレー販売店に勤務。そして母親は美術教師。 本人は『僕の血管にはディズニーの血 ...
カーズ 【日本語字幕版】 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
キャラクターは”子供向け”。ストーリーは”やや大人向け”。そしてこの画(え)は”職人”こそがなせる技・・・。 腰抜かしながらカンドーだあ!(´;ω;`)ウッ… 【2006年 アメリカ映画/試写会にて鑑賞】  2006/07/01より一般公開 カーズ(公式HP ...
カーズ 字幕版/ CARS (きょうのあしあと)
「今度の奇跡は[クルマの世界]に起こります」 監督:ジョン・ラセター 脚本:ジョン・ラセター 声の出演:オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン、ボニー・ハント、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ジョージ・カーリン、リチャード・ペティ、マイケル・キー ...
カーズ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。 ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。 「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である
カーズ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ラセター 【声の出演】オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/ジョージ・カーリン 【公開日】2006/7.1 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ピ
『カーズ』 (моя комната (私の部屋))
タイトルがちょっと簡単すぎるなという気もするけど・・ピクサーアニメの最新作で、監督は『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター。今度の主役はなんと車!しかも、擬人化された車以外は一切他の生き物は登場しない。何しろ、この世界ではハエまでが車の形・・と ...
「カーズ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
ディズニー/ピクサー 「カーズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
カーズ (シネマ日記)
エンドクレジットが一番おもしろい、、、というと、怒られそうですね。「あ〜あ、言っちゃったよ」って感じでしょうか?“エンドクレジットもおもしろいから見てね”というのはこのブログでもいつもの「オマケ」コーナーに登場するべきフレーズなんですけど、今回 ...
カーズ 【日本語吹き替え版】 (UkiUkiれいんぼーデイ)
『トイ・ストーリー』から6年ぶりに監督を務めた 巨匠ジョン・ラセター監督と ディズニー/ピクサーに心から申し上げたい・・・ 素晴らしい映画をありがとう!! フル3Dで描かれる、クルマばかりの世界。 一つ一つのクルマに、命が吹き込まれてまし ...
【劇場映画】 カーズ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ カー・レースの最高峰ピストン・カップに出場する若きレーシングカー、マックィーン。新人ながら天才的な実力と圧倒的な人気を誇る彼は、優勝まであと一歩のところまで登りつめていた。ところが次のレースの開催地へ向かう途中、マネージャーとは ...
カーズ (うぞきあ の場)
PIXARの技術に圧倒! F1のあの人が声の出演でビックリ! メーターの日本語吹き替えのぐっさんは、やはり関西弁なのだろうか(悲)。 私、これだけ映画を観ていながら、ピクサーの作品は初めて。 で、予想通り、のっけから、レースシーンに圧倒!。 これが ...
カーズ(字幕版) (映画とはずがたり)
あの映画史に残る傑作『トイ・ストーリー』以来、 大ヒットを飛ばし続けるピクサーの生みの親、 ジョン・ラセターが6年ぶりに監督業にカムバック! 彼がアニメーションと同じく愛してやまない “クルマ”をテーマに描いた、待望の新作が遂に日本上陸! STO ...
『カーズ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
本編の『カーズ』。この映画は予告の段階から非常に違和感がありました。 なぜなら『モンスターズ・インク』『Mr.インクレディブル』『ファイティング・ニモ』ときて何故にこの題材なのか?...という疑問が沸いたからです。
カーズ CARS/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年07月01日公開の声の出演 オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマンのCGアニメ映画「カーズ CARS」を見ました。 擬人化されたクルマの世界のお話。あまり期待できなそうと思いつつ鑑賞してたのが、終わる頃には
カーズ(日本語吹替え版) (映画をささえに生きる)
吹替え版だと字幕を見ない分、画面に集中できます。いや凄まじいですね、レース会場のシーン。画面を覆いつくす全ての車がモゾモゾと動いてます。こういうのはフルCGアニメの強みですね。
★「カーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
見れば面白い・感動する・・・ディズニー&ピクサーアニメなんだけど・・・ クルマが喋る・・・っていうのにちょっと抵抗感。 しかし、全米興行収入3週連続トップだとか・・・ 主人公の声が、オーウェン・ウィルソンだとか・・・だったので、 字幕版で観て来 ...
映画「カーズ」 (いもロックフェスティバル)
ディズニー/ピクサー作品『カーズ』を観に行った。 私がディズニー/ピクサーで初
カーズ/cars (我想一個人映画美的女人blog)
もうご存知 ピクサー&ディズニーの、大人も楽しめるアニメシリーズ{/kirakira/} {/hand_iine/} ピクサーアニメーションスタジオ 今度は車を擬人化、オール車。人間一切登場ナシ! だからやっぱりこのクルマたちが可愛く思えなきゃムリだろなーと思いながらも 「 ...
『カーズ』 (映画館で観ましょ♪)
子供と一緒に吹替えで。 自己チュウな若者が心優しい人たちに触れて トゲトゲの心がま〜るくなっていく。 姿形は車ですけど、お話の内容は人そのもの。 美しいCGで描かれたレトロな香りの“ラジエーター・スプ
カーズ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年7月1日公開  ハイクオリティなCG映像と、心を震わせる感動のストーリーを併せ持つCGアニメーション映画を矢継ぎ早に世に送り出し、世界中に抜群のブランド力を誇るピクサーがまたまた世に送り出すハイセンス&大
久々に手放しで褒めたい PIXER映画「カーズ」Cars  コレ泣けます! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
傑作「トイストーリー」から始まって、「バグズライフ」↓、「トイストーリー2」↑、「モンスター・インク」↓、「ファインディング・ニモ」→、ついには「インクレディブルズ」↓↓... とフルCGの進化はともかく、段々と作品の質の低下が見られると言っても仕方 ...
『カーズ / CARS』 字幕版 ☆今年60本目☆ (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。 監督は「トイ・ストーリー2」以来6年ぶりとなるジョン・ラセター。 天下のピクサーといえども、車を擬人化させるなんて大丈夫かなぁ?と一 ...
「カーズ」 (映画鑑賞検定3級blog)
なんだか気になってしょうがないので、友達誘ってみてきました。吹替えにするか字幕にするか迷ったんですが、友達が吹替えがいいって言ったのと、ちょうどいい時間があるのが吹替えだったので、吹替えを選択。 カチーカカチーカ!やぁ、ライトニング・マックイー ...
カーズ (D-blog)
 先日のエントリにて予告したように、  (ってそんな大層なもんじゃない)  見てまいりました、有楽町朝日ホールにて。  結構並んでましたねぇ、並ぶの好きですねぇ。  さすがに、開場時刻後に来た人は位置が厳しく、  間際に来た人は、座席の確保が ...
カーズ (欧風)
4月に青森に来てから、映画館までは遠く、試写会当たっても車で片道60kmとかなんで、1本だけ観て帰るというのはなんか勿体ない気がしてきた。ならばハシゴ観じゃハシゴ観!って事で、東京にいたとき、NANAとか3作品ハシゴ観は何度かあるんですが、今回 ...
カーズ (It's a Wonderful Life)
あまりアニメを熱心に観るほうじゃないんですが、最近のCGアニメだと 99年の「トイストーリー2」が未だに一番好きな作品。 Mr.PIXARとも言えるジョン・ラセターが監督として クレジットされているのは99年のその作品以来だから7年振り。 その彼の ...
カーズ (ちわわぱらだいす)
うおおおぉぉ・・・ ちょ~っと~すごく感動したんですけど~(T-T) うさぎは感動ものは絶対に見に行かないんです。。。泣くのがいやだから。 これにはだまされたね~ 夏休みの子供向けの映画だと思っていたのですが、あるサイトで すごくいいと書いてあったの ...
「カーズ」(字幕版):最強のクリエイター集団に脱帽平伏 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ジョン・ラセター 声の出演:オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン 米国2006年 自慢じゃないけど、クルマのことは全く分かんない。免許持ってないし。
カーズ (なんだりかんだり映画ブログ)
ピクサー製作ジョンラセター監督  どこまで進化するのだろう、もはやセル画も実写をも超越した域に達した芸術作品とでも表現すればよいのだろうか・・・  ストップモーションアニメを観ているのかCGなのか、途中で区別がつかなくなってしまう。もはや
「カーズ」(吹替版):中年にはやっぱり字幕版を推奨 (ひねくれ者と呼んでくれ)
声の出演(日本語吹替版):土田大、浦山迅、戸田恵子、山口智充 字幕版の感想はこちらを参照のこと。 吹替と字幕ではかなり印象が違うという話を聞いて、見に行ってみる
「進むべき道?」PIXARの描く自動車パラダイス!/『カーズ/Cars』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●カーズ/CARS● ●監督/脚本;ジョン・ラセター ●声の出演;オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ他 『終戦記念日』8/15に鑑賞。朝9時の上映なので、8時半に高崎109シネマズに。開場の早いエスカレ ...
映画『カーズ』 (おたくにチャイハナ)
 オモテ稼業の休みは、ほとんど不定休状態なのだが、ときどきラッキーなことに予定の
Cars (カーズ) (アリゾナ映画ログ)
2006年8月19日鑑賞Tagline: Ahhh... it's got that new movie smell.ストーリーレース界期待の新星、ライトニング・マックィーンはレーサーとして絶大な人気を誇るものの、信頼できる友人は誰一人いない。ある日
映画・カーズより、日常英会話抜粋です!! (英語の本を原書で読みたい!)
(244)Who do you think you are?        〔自分を何様だと思っているの?〕 アニメ映画・カーズを見たのですが、とにかく映像が綺麗で宮崎アニメもオチオチしていると、本家ディズニーに足元をすくわれる気がします。ストーリーも大人が見ても十分 ...
カーズ、ネタバレ感想!〜車が可愛いです!! (名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
アニメ映画『カーズ』ですが、アニメも綺麗で車のキャラも可愛いし、ストーリーも面白く、感動でき、よく出来た作品です。以下、カーズのネタバレ感想書きます。
カーズ (たくみちゃんですよ〜)
  [[attached(1)]]  [[attached(2)]]  [[attached(3)]]  [[attached(4)]]  [[attached(5)]]  [[attached(6)]]  [[attached(7)]] ||<#FFFFFF' style='font-size:26pt;width:560px;text-align:center'``カーズ|| [[attached(15,center)]...
『カーズ』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじピストン・カップ決勝レースで初の新人優勝を狙うライトニング・マックィーン。しかし、自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで決着をつけることになるが、その移動中にトラブルが起こりルート66沿いの田舎町・「ラジエーター・スプリングス」...
カーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「カーズ」は、7/1公開の「ファインティング・ニモ」や「Mr.インクレディブル」のディズニー/ピクサーの最新作なんですが、試写会で観てきましたぁ〜♪  監督は、「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター監督って事で、なんとなく「バ...
「カーズ」 ゆっくり走るのもいいね (はらやんの映画徒然草)
無機物であるところの車たちが、なんとイキイキとしていること! アメリカのCGアニ