水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

2011-10-10 23:30:00 | 映画【さ行】
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。


映画の評価 ★★★☆☆ 普通の娯楽映画


●以下ネタバレがあります●


劇場で予告編を観た時から
なんとなーく物語が読めてしまっていたこの作品。

でも他にも何か捻りがあるのかも?!と若干期待しながら
本編の蓋を開けてみれば・・・


やっぱりそのまんまでした。


8割がたは予告編を観れば十分な内容
予告編で観せていなかった後半部分は
ふーん・・・といった感じ。

途中からは1995年に公開された
「アウトブレイク」みたいな要素まで盛り込まれちゃってたし。

でも想像していたよりも
人間ドラマの部分が濃かったのも事実です。

中でも印象的だったのは
高知能を持つ猿のシーザーを育てたウィルが
最後の最後にシーザーに向かって
「一緒に家に帰ろう。」と訴えかけたシーン。

でもシーザーはウィルの耳元で
この森が自分の家だと言います。

結局シーザーは自分自身が人間とは違う生き物
人間と同じ空間で生活できない事
人間と同じ土俵で考えてはいけない事
生態系の秩序を壊してはいけない事
自分の中で理解していました。


分かっていなかったのは
私利私欲に目がくらんでいた人間だけ。


何もかも自然の成り行きに逆らって
人間の傲慢さとエゴが招いた
自業自得の結末といった感じでしょうか。

ここまでは私が期待していた内容からは微妙に外れていて
肩透かしを食らった感じを受けながらも
ラストシーンにどんな映像が登場するのか
楽しみにしていましたが・・・


これまた・・・ふーんといった感じ。


ニューヨーク繋がりのラストって事を除けば
「猿の惑星」を語る必要性もイマイチ感じられず、
「アウトブレク」的なネタは斬新でもないし
私には特別な驚きもない映画でした。


私の場合、ガッツリ!の予告編を観ちゃったのがそもそもの失敗。


でも予告編を観ていない人
この作品を一般的な娯楽映画として観れば
それなりに楽しめると思います。

CGは凄かったしね。


【2011年10月7日(金)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娯楽媒体を通して観せる事の... | トップ | 出来ない事よりも出来る事を... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
醜い・・恥ずかしい・・ (メビウス)
2011-10-12 20:57:32
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

上半期に長期の勉強期間が幸いしてか、本作の予告編を観なかった者です^^;そのせいなのか自分は娯楽作としてはとても楽しめましたねぇw

しかし人間の醜さは今に始まった事ではありませんけど、私欲ばかりを追い求める黒人所長に傲慢な飼育員と、同じ人間目線でも恥ずかしい人たちばかりでしたねぇ・・。あれじゃ嫌でも猿達を応援したくなっちゃうってもんです。
コメント返信 (テクテク)
2011-10-12 23:34:15
>メビウスさま
こんばんは
この映画の予告編を観た時から
とっても嫌な予感はしていたんですよー

でもなー
まさかなー
って思いながら本編を観ましたが
そのまんまじゃーんって感じでした

でも私もシーザーたちを応援したくなっちゃった気持ちは分かります

シーザーたちには人間のような傲慢さがありませんでしたからね…
猿の惑星 (間諜X72)
2015-04-22 22:50:16
4作目「猿の惑星・征服」(1972年)のリメイクですね。現代風に認知症の問題も絡ませていますが、1回見ればもういいかと言う感想でした。
ティム・バートン監督「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001年)は意外性がありましたが、説明不足の部分もありました。

>最近でも昭和の時代からの人気者がお亡くなりになりましたが

愛川欽也さん。三枚目キャラで売っていましたが、大昔アニメ「マッハGoGoGo」(1967年)では二枚目キャラ(覆面レーサーX)を担当していました。
西本裕行さん。「ムーミン」のスナフキンの声。
萩原流行さん。濃いイメージの役者さん。
コメント返信 (テクテク)
2015-04-23 22:10:03
>間諜X72さま
こんにちは
私もティム・バートン監督の作品は
劇場公開された時に観ていました

でも傑作だと言われている最初のオリジナル作品を観ていないので
まぁ、こんなもんなのかなぁくらいにしか感じられず…

過去の作品を全て観ていたのなら
もっと違った感想を持てたのかもしれません

そうそう
先日お亡くなりになった愛川欽也さんは
声優としても活躍されていたんですよね

私の中では「いなかっぺ大将」に登場する
ニャンコ先生のイメージが一番大きいです

若くて元気な新人俳優さんたちが次々と登場する一方、
こうして私たちの記憶に残る俳優さんたちは
静かに消えていなくなってしまうのが現実ですよね

「世代交代」と言われてしまえばそれまでですが
やっぱり寂しいモノです
金曜日の夜 (間諜X72)
2015-04-24 20:47:30
一週間が終わりました。テクテクさん。お疲れ様でした。

>でも傑作だと言われている最初のオリジナル作品を観ていないので

まあ、暇がある時に見ましょう。偶然地方テレビ放送あたりで、日本語版を見るぐらいがちょうどいいかも知れません

>私の中では「いなかっぺ大将」に登場するニャンコ先生のイメージが一番大きいです

同感ですあるいは「ハクション大魔王」で「それからどうした」と言う人。

>「世代交代」と言われてしまえばそれまでですが

CATVのいろいろなチャンネルで昔のドラマや映画を見る度にそう思います
寂しいですね
コメント返信 (テクテク)
2015-04-25 08:53:37
>間諜X72さま
こんにちは
最近は週末を無事に迎えるとホッとします

お互いに一週間、頑張って乗り切りましたね

ホントにお疲れ様でした

そうそう
ハクション大魔王の「それからどうした」の声も
愛川欽也さんでしたね

物語の最中に突然
真っ暗な画面の片隅に登場する小さい謎のヒゲおじさん

アニメの登場人物とは一切関係ないのに
凄くインパクトがあったので
子供心ながら記憶に残る面白いキャラクターでした

私もCATVで時々昔のアニメを観る事があります

この前は私が子供の頃に大好きだったテレビアニメ
「山ねずみロッキーチャック」を偶然見ましたが
大人になった今、改めて見返してみると
アニメ画像のクオリティーの低さに驚かされました

それだけ時代が進歩した証拠なのでしょうね

「山ねずみロッキーチャック」は
もう40年も昔に観ていたアニメ番組ですから
それも仕方ない事なのかもしれません
山ねずみロッキーチャック (間諜X72)
2015-04-26 21:46:42
懐かしいですね主題歌を今でも覚えています。「♪緑が森ってどこだろな?誰かに誰かに聞いといで~」

>アニメ画像のクオリティーの低さに驚かされました

そうでしたか。機会があったら再び見たいです。

さて明日は月曜日。お互いに頑張りましょう
コメント返信 (テクテク)
2015-04-28 23:28:14
>間諜X72さま
こんにちは
私も「山ねずみロッキーチャック」の歌は
エンディングも覚えていますよ~

子供の頃に好きだったモノの記憶は
40年経っても忘れないんですよね

さてさて
今週はGWの始まりです

私は暦通りの出勤ですが
水曜日に祝日があるのは週の中休みが出来て
なんとなく気分的にラクな気がします
4連休もイイけれど、週の途中で1日休めるのも悪くないですよね
Unknown (間諜X72)
2015-04-29 21:15:57
>私も「山ねずみロッキーチャック」の歌はエンディングも覚えていますよ~

「♪確かめたい 君と二人で ポーリー! ♪確かめたい あなたと二人で ロッキー!」いい歌でしたね

>水曜日に祝日があるのは週の中休みが出来て、なんとなく気分的にラクな気がします

同感です僕も今日は身体も心も楽でした

>4連休もイイけれど、週の途中で1日休めるのも悪くないですよね

たまにある休みがありがたいです

>「アウトブレク」的なネタは斬新でもないし

「いつかは」と思いながらまだ見てません。僕が昔から好きな役者さん、ダスティン・ホフマン主演の映画です。
コメント返信 (テクテク)
2015-04-30 22:55:37
>間諜X72さま
こんにちは

子供の頃に観ていたテレビアニメって
主題歌も記憶に残るようなイイ歌が多かったですよね

アニソン歌手の人たちは歌も上手ですし声も素敵ですから
今でもアニソン人気が衰えないのは分かる気がします

そうそう
「アウトブレイク」は社会派サスペンスドラマですが
比較的分かりやすく展開も早いので退屈しませんし
なかなかのおススメ映画です

ダスティン・ホフマンは今も俳優として
とってもイイ感じで年齢を重ねていますよね

もう15年くらい前になりますが…
実家に帰った時、近所にDVD屋さんが出来たので
物珍しさで父親と一緒に行った時に
「アウトブレイク」のDVDが980円で売っていたので
それを購入して帰りました

私は既に観ていた映画でしたが
父親と一緒に購入した「アウトブレイク」のDVDを観た記憶があります

今回のGWで帰省する時は
4年前に両親と一緒に劇場で観た
「日輪の遺産」のDVDをお土産に持って帰ります

「日輪の遺産」もなかなかのおススメ作品ですよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Memoirs_of_dai)
猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【感想】 自...
タイトルデザイン_28・『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞に触れています。人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」(1968年)の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす『猿の惑
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」 (日々“是”精進! ver.A)
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06 (...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (あーうぃ だにぇっと)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)@ディファ有明。 9月24日イベント付き上映。 女子サッカーなでしこジャパンのキャプテン・澤穂希、タレントの石原良純が登壇。 イベントの模様はこちら。シネマトゥデイで早くもアップされていた。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている。...
映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Rise of the Planet of the Apes◆プチレビュー◆ついに明かされた「猿の惑星」の起源。知能を持つ猿シーザーの切なさと人間の愚かさの対比が見事。 【75点】 製薬会社に勤める神経科学者 ...
『猿の惑星:創世記<ジェネシス>』 (ラムの大通り)
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバート...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (to Heart)
これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/....
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿にエール!!!  
「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや今年のベスト入り決定!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 (銅版画制作の日々)
 これは人類への警鐘! 評価:→90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1 (新・辛口映画館)
 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。   猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]Amazonアソシエイト by
『猿の惑星:創世記』 (こねたみっくす)
Noooooo!!!ニューヨークに行かずに終わるなんてNoooooo!!!早く続編を見せてくれ~! あの『猿の惑星』エピソード0はハナから続編製作ありきで作られたことが丸分かり。あれだけLAで盛り ...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパート・ワイアットによれば、「他の映画との関連はなく、オリジ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (勝手に映画評)
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」みた。 (たいむのひとりごと)
あの『猿の惑星』の起源が描かれている映画。『猿の惑星』オリジナルが公開された時はまだ生まれていなかったりするのだけれど、後に、”自由の女神”の意味(”猿の惑星”の正体)が何だったのかが理解できるように
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ルパート・ワイアット 【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス 【公開日】2011/10.7 【製作】ア...
猿の惑星 : 創世記(ジェネシス)・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1968年に作られた、タイムパラドックスSFの金字塔「猿の惑星」のユニークなビギニング。 オリジナルで、チャールトン・ヘストン演じる主人公のテイラーが、砂に埋れた自由の女神を目撃する瞬間は、おそらく映...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (悠雅的生活)
知性が宿る瞳。人間への絶望。霧に煙る橋。
やりすぎ。【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) RISE OF THE PLANET OF THE APES 【あらすじ】 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。...
人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 (真紅のthinkingdays)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
『猿の惑星 創世記』を109シネマズ木場1で観てウホウホ歓喜ふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (食はすべての源なり。)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで...
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ここ数年の映画以外は全く疎い私でも『猿の惑星』は、何度か観ています。 でも、それは総てテレビ放映です。 数年前にもBSで
『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんても...
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...