水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

女のプライド。『夢売るふたり』

2012-09-09 19:00:00 | 映画【や行】
結婚詐欺に手を染める夫婦を描いた作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 女性の監督らしい映画


●以下ネタバレがあります●


この映画、決して共感は出来ないけれども
女性としての気持ちは理解できる作品でした。


さすが、女性の監督が撮った作品。


果たしてこの感覚は男性に分かるだろうか・・・


私が一番興味深かったのは
劇中に登場する様々な女性の存在。


中でも松たか子演じる里子と
田中麗奈演じる咲月の気持ちは
あまりにもリアル過ぎました。


店舗再開の資金集めの為に
結婚詐欺を思いついて
夫である貫也に女性を騙すよう
あれこれと企て冷静に指図していた里子は
唯一ひとりだけ詐欺行為を躊躇します。

それは詐欺行為をあんなにも嫌がっていた貫也が
率先して出向いていった相手でした。

いつも平然と貫也を送り出していたのに
里子は初めて女の家に乗り込み包丁を持ち出します。


そしてその里子は最後に
唯一ひとりだけにお金を返します。

それは貫也が騙した相手ではなく
自ら下心無く貫也にお金を渡してきた女性でした。


この人はイイけどあの人はダメ。


この心の線引きがいかにも女性らしい。


貫也に騙された中のひとりである咲月は
唯一ひとりだけ詐欺行為を訴えようとします。

出版社に勤める彼女は
妹に結婚で先を越され説教され
同居する家族の中で肩身の狭い思いをしていました。

30歳を過ぎた彼女が結婚に拘る理由は
結婚も出来ない女だと思われるのがだから。

その劣等感から抜け出せるチャンスだと
本気で思っていたからこそ
彼女は騙されていた事を知った時に腹の虫が治まらず
貫也の居場所を突き止め暴力を振るいます。


里子と咲月を凶暴な行動に走らせたのは
女のプライドが許さなかったからなのでしょう。


男女の愛憎劇は紙一重。


現実の事件で存在するストーカー男も怖いけれど
目には見えない女の意地も恐ろしい・・・


愛情は優しさにもなり狂気にもなるのです。


【2012年9月9日(日)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これぞ・・・!『踊る大捜査... | トップ | 「龍馬伝」のその後。『るろ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
身体と心 (rose_chocolat)
2012-09-10 07:27:25
身体ならまだいいけど、貫也が心までも持ち出すことには里子は我慢の限界を超えたんでしょうね。
如何にも女性監督らしい作品でした。
コメント返信 (テクテク)
2012-09-10 12:55:01
>rose_chocolatさま
こんにちは
おっしゃられている通り…
里子は身体だけならば貫也は必ず自分の所へ戻ってくると
確固たる自信があったのでしょうね

でも貫也が率先して向かった女性には
里子が持っていないモノを持っていました
子供がいて、お爺さんがいて…

淋しさを抱える女性には勝てると思っていたのでしょうが
温かい家族の団欒がある女性に対しては
ある意味、妬みや嫉妬心があったのかもしれません
本来ならば結婚している自分が手にしているはずの
幸せな家族像なわけですから…
この感覚はホントに女性独特なモノだと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
夢売るふたり (あーうぃ だにぇっと)
夢売るふたり@よみうりホール
『夢売る二人』 2012年8月23日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『夢売る二人』 を試写会で鑑賞しました。 今日の映画は字幕付きで上映前に西川監督の舞台挨拶がありました 西川監督はとても奇麗でしたよ あんなに綺麗な顔してエグイ映画作るんだぁ...と感心しました 【ストーリー】  東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)...
【夢売るふたり】夢食う女 (映画@見取り八段)
夢売るふたり 監督: 西川美和   出演: 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江、伊勢谷友介、香川照之、笑福亭鶴瓶、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古館寛治、小林勝也 公開: 2012年9月8日       とても痛々...
『夢売るふたり』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...
『夢売るふたり』 黄金期日本映画のような (Days of Books, Films )
Dreams for Sale(film review) 誘われて、珍しく試写に
『夢売るふたり』が夢見たもの (Healing )
夢売るふたり ★★★★ 脳裏にこびりつく、男と女の奇妙な形 いかんとも理解しがたい夫婦の関係 本当に、やばいお話をよく考えるものですね。西川美和監督ったら。 松たか子さん、よく受けたよね。よくやったよね。 阿部サダヲさんが、こうも人たらしだったとは、よく気づ...
『夢売るふたり』 (ラムの大通り)
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これ...
夢売るふたり (悠雅的生活)
騙す男。貢ぐ女。黙る妻。
夢売るふたり (とりあえず、コメントです)
西川美和監督が松たか子と阿部サダヲの二人を主演に迎えて描くドラマです。 いつも人間のダークな部分を丹念に映し出す作品を作り上げている監督さんなので 今回はこの二人でどんな物語になるのだろうかと楽しみにしていました。 やっぱりダークな展開と背筋がぞわっとす...
夢売るふたり(2012-115) (単館系)
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...
『夢売るふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢...
夢売るふたり (風に吹かれて)
女心は複雑公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松
映画「夢売るふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「夢売るふたり」観に行ってきました。 結婚詐欺をテーマに男女間の複雑な心情や葛藤などを描いた、阿部サダヲと松たか子の2人が夫婦として主演を担う人間ドラマ作品。 作中では「本番」さながらのセックスシーンが3回ほど出てくることもあり、今作は当然のことな...
夢売るふたり (Akira's VOICE)
ヒューマンドラマであり心理サスペンス、そしてホラー。  
夢売るふたり・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
女と男の心のスペクタクル。 火事で経営していた小料理屋を失い、結婚詐欺で再出発の資金を作ろうとする夫婦の物語を、「ゆれる」「ディア・ドクター」などオリジナル脚本による心理劇を得意とする西川美和...
「夢売るふたり」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
夫婦と男と女。 彼らの夢と夢見た後と。
夫婦善哉~『夢売るふたり』 (真紅のthinkingdays)
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...
夢売るふたり (いい加減社長の映画日記)
結婚詐欺師になるために、お勉強しようかと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東京の片隅で小料理屋を営む貫也と妻の里子。 店は小さいながらも繁盛していたが、調理場からの失火が原因の火事で全てを失ってしまう。 絶望して酒びたりの日々を送っていた貫....
夢売るふたり (心のままに映画の風景)
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 小さいながらも順風満帆な店だったが、火事で全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、貫也はすっかり投げ...
「夢売るふたり」感想(簡易版) (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリー。
詐欺によって (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「夢売るふたり」を鑑賞しました。 小料理屋を営む 夫婦 貫也と里子だったが、火事により全てを失う あるきっかけでふたりは結婚詐欺をし 店再開の資金を稼ぐのだが… 西川美和監督作 彼女らしい作品で 詐欺といってもコンムービーではなく サス...
夢売るふたり      評価★★★ (パピとママ映画のblog)
『ゆれる』や『ディア・ドクター』など、人間の深層心理に肉薄し、人間の心の闇をえぐり出すような作品で定評のある西川美和監督作。ある夫婦が火事で全てを失った事から始めた結婚詐欺を繰り返すうちに、本人ですら自覚していなかった己の深層心理と、お互いが知らなかっ...
映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる」に今更ながら衝撃  という具合で絶賛してきたから。 「真実」「うそ」、「記...
「夢売るふたり」 愛の行く末 (はらやんの映画徒然草)
だいたい映画を観たあとすぐにレビューを書くのですが、本作はちょっと苦労しました。
「夢売るふたり」 2012年 監督 西川美和 (トリ猫家族)
 これは、ちょい前に見たんだけど・・・なんかすぐに感想が書けないというか・・書きたくないというか・・・自分の中で寝かせているうちに結構過ぎてしまったわ・・(;´-∀-`)ゞ ...