水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』

2013-03-31 13:30:00 | 映画【あ行】
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 目で見る恋愛映画


●以下ネタバレがあります●


この映画、映像といい物語といい・・・

男性にはウケないような気がします。

どちらかと言えば女性が楽しめるタイプの作品。

映像も華やかで夢絵巻を観ているようでした。


劇中に登場する主人公のアンナは
政府高官の妻でありながら
偶然出会った青年将校ヴロンスキーとの
許されぬ恋に溺れてしまうのですが・・・


その溺れっぷりが凄い。


恋は盲目と言いますが
彼女は完全に全てを見失ってしまいました。

幼い子供を家に残して情事を重ねたり
夫とヴロンスキーを鉢合わせさせてしまったり・・・


もう心の赴くままのやりたい放題。


いつしか疑心暗鬼に囚われるようになり
そして最後には
自分自身までも見失ってしまいます。

客観的に見れば
愚かな女性像なのかもしれませんが
これが恋する女の姿なんですよねー。

脳科学的には
恋愛時の脳は異常なのだとか・・・

そういった話が
テレビのバラエティ番組で
紹介されているのを見た事がありますが
この映画を観ればそれも納得です。


自分の感情が中心で短絡的に行動する姿。

誰の忠告にも耳を貸さないお気楽さ。

周囲や相手の迷惑も顧みない自己中心的な言動。

愛する人までもを露骨に疑いだす不安感。


まさに恋愛における脳科学の証明
映像にして見せてくれたような作品でした。


【2013年3月30日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の声。肉筆の力。『ボクた... | トップ | 刷り込まれた常識の世界を覆... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして、初コメントです! (めぐみ)
2013-04-26 17:55:33
はじめまして!めぐみっていいます、他人のブログにいきなりコメントするの始めてで緊張していまっす( ̄∇ ̄)。ちょくちょく見にきてるのでまたコメントしにきますね(*・・*)ポッ
コメント返信 (テクテク)
2013-05-01 12:37:56
>めぐみさま
こんにちは
御訪問ありがとうございます

最近はいろいろ忙しくて映画を観に行く時間も取れず
更新が滞っておりますが…

今後ともヨロシクお願い致します
今日テアトル梅田で観ました。 (大道蒼)
2013-05-12 22:16:57
私の評価は☆五つです。
装飾過剰だとの評価が多い作品ですが、美しい置物や壁紙にも目を奪われました。
アンナがモスクワに行く電車の中で、伯爵夫人がいった『しなくて後悔するより、して公開する方がいいでしょ』との台詞が一番頭に残っています。
不倫は罪だと言いますが、自分が幸せになるためならいいんじゃあないか。とおもおました。
ヴロンスキーが競馬で落馬したときにアンナが『アレクセイ!』と叫んだところがとても好きです。
最後は、ヴロンスキーを信じて一緒に困難に立ち向かっていく!という感じの作品だったらな。と思います。(これはトルストイに言うべきだなww)しかし、悲劇的な結末(アンナとヴロンスキーにとって)だから、時代をこえて世界の人に評価され続けられるのだとも思いました。
コメント返信 (テクテク)
2013-05-19 11:57:25
>大道蒼さま
こんにちは
この映画は賛否両論のようですが
高評価される人の気持ちも分かりますよ

美しい映像と障害のあるラブストーリー

大多数の女性にとって
うっとりするような内容の作品だった事は
間違いないと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
アンナ・カレーニナ (あーうぃ だにぇっと)
アンナ・カレーニナ@よみうりホール
【アンナ・カレーニナ】結婚は両手が自由な束縛、不倫はがんじがらめの束縛 (映画@見取り八段)
アンナ・カレーニナ~ ANNA KARENINA ~    監督: ジョー・ライト    出演: キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィ...
『アンナ・カレーニナ』 2013年3月22日 GAGA試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アンナ・カレーニナ』 を試写会で鑑賞しました。 GAGAの新試写室でした。 場所も外苑前駅の近くで良い所でした。 座席は4列+後ろ一列パイプ椅子で全部で40名強の入れるくらいの大きさですが、 スクリーンが高いので長い映画には不向きですね。 2時間10分はチョイきつ...
アンナ・カレーニナ (映画の話でコーヒーブレイク)
本作は飛行機の中で鑑賞しました。 旧式の機種で、一斉上映システムだと知らず最初に「リンカーン」を選択したのですが、 画像のトーンが暗い上に、時々映像がぶれたりと鑑賞に堪え難いレベルだったので、 「アンナ・カレーニナ」に変更。最初から見るにはどうするのかし...
映画『アンナ・カレーニナ』(2012)★壮絶さより美的エンタメの“そんな華麗二ナ♪” (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161242/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     トルストイ作 『 アンナ・カレーニナ 』 ←あらすじ       メインは...
アンナ・カレーニナ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アンナ・カレーニナ オリジナル・サウンドトラック [CD]ロシア文学の古典をオリジナリティあふれる演出で映画化した「アンナ・カレーニナ」。人生を文字通りの舞台にたとえた演 ...
アンナ・カレーニナ (to Heart)
原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキ....
アンナ・カレーニナ (とりあえず、コメントです)
トルストイの有名小説をジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイ主演で描いた大河ドラマです。 何度も映像化されたこの物語が今度はどんな作品になるのだろうと楽しみにしていました。 19世紀末の帝政ロシアを舞台に、破滅へと向かう悲劇の愛が美しい映像と共に描き出され...
アンナ・カレーニナ (心のままに映画の風景)
19世紀末のロシア。 政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いてい...
アンナ・カレーニナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャ....
アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイコンビで 新たに映画化した文芸ロマンス。 アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞 衣装も舞台も素...
アンナ・カレーニナ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪レフ・トルストイが地位のある夫を持ちながら道ならぬ愛に身を焦がす妻を描き、世界中で読まれ続けている小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督が豪華絢爛に映画化。 タイトルロールの美貌の妻を「プライドと偏見」で第78回アカデミー...
アンナ・カレーニナ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは出口の無い、愛の牢獄。 19世紀末の帝政ロシアの社交界を舞台に、青年将校と禁断の恋に落ちる人妻の悲劇を描いたトルストイの古典「アンナ・カレーニナ」。 過去に幾度となく映画化されてきた作品だ...
アンナ・カレーニナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 アンナさんの恋愛遍歴を描いた映画です。
『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演『アンナ・カレーニナ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られる『アンナ・カレーニナ』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に愛のない結婚をしたヒロインが運
アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...
恋するオンナはアホですか?~「アンナ・カレーニナ」~ (ペパーミントの魔術師)
”杏奈、カレーにな”って変換する私のPC。なんでやねん! 失礼しました。 アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞・作曲賞にノミネート(うち衣装デザイン賞を受賞)。 ま~ふだんのチョイスなら見に行かない作品だけど。 ジュード・ロウとキーラ・ナイトレイで...
『アンナ・カレーニナ』 (こねたみっくす)
男の不倫は気弱な遊び、女の不倫は強欲な本気。 リアリズムの巨匠レフ・トルストイの代表作を文芸作品だけが得意なジョー・ライト監督がリアリズムとは真逆の舞台劇のような展開 ...
アンナ・カレーニナ/ANNA KARENINA (いい加減社長の映画日記)
名前は聞いたことあるけど、どんなストーリーだったかは、まったく記憶になく・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚し、息子にも恵まれ、何ひとつ不自由のない暮らしをしていた。 ある日、兄夫婦が離婚の危...
『アンナ・カレーニナ』 (ラムの大通り)
(原題:Anna Karenina) ----久しぶりに、二日続いての映画のお話。 最近ではスルーしてしまうことも多いのに、 まさか『アンナ・カレーニナ』とは…。 「そうだね。 ぼく自身も驚き。 まさか、これがこんな映画だったとは…? 観るまでは、この作品については 不倫の愛...
アンナ・カレーニナ (そーれりぽーと)
トルストイとかさっぱりですが、豪華な衣装に惹かれて何の前知識も無しに『アンナ・カレーニナ』を観てきました。 ★★★★ 踏まえてもう一度観直したく映画。 幕が上がり舞台劇が始まる。 舞台劇を観ているかのような感覚で登場人物達や背景が目まぐるしく入れ替わり、...
アンナ・カレーニナ (花ごよみ)
監督はジョー・ライト監督 主演はキーラ ナイトレイ 原作はロシアの文豪トルストイの作品。 ヴロンスキーに一目惚れして、 社交界から見放され、 徐々に精神バランスが崩壊、 社会的地位を捨て、 人生を転げ落ちる、 愚かで哀しすぎる人妻アンナ。 対照的な人生を....
アンナ・カレーニナ (悠雅的生活)
運命の愛。
アンナ・カレーニナ (こんな映画見ました~)
『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド 、アリシア・ヴィキャンデル 、エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリー....
映画『アンナ・カレーニナ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後...