水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

この題材で伝えたいメッセージとは?『ワールド・トレード・センター』

2006-10-09 13:51:50 | 映画【わ行】
同時多発テロの標的となった、
ワールド・トレード・センターを舞台に、
大惨事から奇跡的に生還した男性たちを描いた、
実話ベースの物語です。


映画の評価 ★★★☆☆ 災害救出映画


●以下ネタバレがあります●


今年の8月に劇場で観た、
『ユナイテッド93』に続き、
再び、9.11同時多発テロを題材にした映画です。
今回の作品は、また違った目線から、
当時の様子を描いていました。


2001年9月11日。
いつもと変わらない朝を迎えたニューヨーク。

港湾警察署の巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)や
署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)たちは
通常通りに出勤しバスターミナルの警備に向かいます。

ところが緊急招集をかけられ、
突然世界貿易センタービルに飛行機が衝突したとの
知らせを受けます。

ビルの中にいる人間を避難させる為、
署員たちは現場へ急行し事故の惨劇を目の当たりにします。

酸素ボンベなどの救助の為の準備をして
ビル中で避難の誘導を始めた頃、ビルが崩落し、
ジョンたちは内部に閉じ込められてしまいます。


『ユナイテッド93』の感想にも書きましたが
私には、これらの映画を通して
事故の重みが全く伝わりませんでした。

テロが悪い事だとか、
二度と起きてはならない事だとか、
許してはならない事だとか・・・

そんな事は私から言わせれば当然の事であって
今更何を言ってるんだか・・・。

正直なとこ、そんな事さえ思ってしまいます。

例えば
過去の悲惨な出来事を題材にした映画も
今年に入ってから、いくつか劇場で観ました。

邦画の戦争映画では、
『男たちの大和』『バルトの楽園』『出口のない海』
などがあり、
洋画の戦争映画では
『戦場のアリア』がありますし、
テロを題材にした映画ならば
『ミュンヘン』があります。

どれも私の生まれる前の時代設定ですが
当時を想像できる程の素晴らしい映像表現でしたし、
その中にもしっかりとした
当時の重みの残るメッセージ
描かれていました。


今回観た『ワールド・トレード・センター』は
映像は上手く再現されていましたし、
題材もストーリーも悪くありません。

ただ、これだけの大事を題材にしているわりには
最後のメッセージが小さ過ぎるように
私は感じました。


この事故を通して改めて知った人の優しさや温かさ。


うーん・・・どうなんでしょう。

それならば、あえて9.11の題材でなくても、
伝えられるメッセージ
のような気がします。

劇中に描かれていた事故の映像は
当時を思い出させる程リアルな描写で
とても目を見張るモノがありましたし、
その惨状は
まるで戦争映画を観ているようでした。


せっかくそこまで描いたのならば、
その事故の先に残った爪痕が
どんなモノだったのか。


それは
物質的な損傷や、ただの瓦礫の山でなく
人の心に残した大きな傷跡であって、
それがどんなに深いモノなのか
そこが9.11では重要
だと思いますし、
その物語に力を入れて描いた方が
生き残った者に対する事故の重み
伝わるように私は感じました。


【2006年10月7日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違った目線で物事を見る事の大切... | トップ | 何度観ても傑作!でもリメイクの... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伝えたいメッセージ (kuro)
2006-10-09 14:56:57
最後のメッセージが小さ過ぎる

そのとおりだと思いました。

社会派のオリバー・ストーンが描いた社会的な事件なのに社会的なメッセージでは無かったですよね。

惨状は、まるで、戦争映画を観ているようでした

ハリウッド映画ですのでこれは必須でしたから。笑

アクションが少ないと批判する人も多いようですが崩壊のシーンの恐怖はまさにハリウッドならでは。

残った爪痕

極論を言えばそこをきちんと省みないから「当然のこと」が達成できないのでしょうね。



でも僕は「伝えたいメッセージ」に気づきました。

この映画が発信しているメッセージ「家族愛」「救世主キリスト」「頼もしい軍部」はそのまま今のブッシュ政権支持の多数派「メガチャーチ」の思想そのものです。

どこかのブログでは「あの軍曹偉い!」とか言ってる人とか居たりしてそれはちょっと怖いことだと思いました。

9.11事件だからこそ伝わる主題だと思います (たろ)
2006-10-09 15:04:33
こんにちは。

コメントとトラックバックを失礼致します。



この作品は、‘ テロが悪い事だとか、二度と起きてはならない事だとか、許してはならない事だとか ’という普通に考えれば極当たり前の事がなくならない複雑な世界情勢だからこそ、9.11事件を通して必要な主題が託されているのではないかと僕は思っています。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



コメント返信 (テクテク)
2006-10-09 15:08:55
>kuroさま

こんにちは

この映画は、映像も物語も決して悪くないと思うのですが、

9.11を題材にした意味が、

私には、イマイチ感じられませんでした

確かに、作品の中には幾つものメッセージはあったのですが、

別の題材であっても伝えられそうな気がしました

同じ映画を観ても、

人それぞれ考え方や感じる事が違うのは、

ある意味、当然の事だと思うのですが、

私もいろんな方の感想を拝見して、

絶賛する人、酷評する人、色んな意見があるのは、

やはり、9.11という題材が、

記憶に新しい事だからなのかもしれませんね
コメント返信 (テクテク)
2006-10-09 15:16:43
>たろさま

こんにちは

各国には、それぞれの風習があるように、

それぞれ、違った物の考え方をする事は、

仕方ない事なのかもしれません

複雑な世の中になっているからこそ、

9.11が残した爪痕を描く事に意味があるのではないかと、

私は考えています

無事に救出されて、めでたし、めでたし

なんて事だけが残るはずはなく、

その先にある事を描いて欲しかったと、私は思いました
とゆーか (kuro)
2006-10-09 15:26:38
あえて911の意味ないぢゃん!と自分もどこかで言ったおぼえがあります。

意見が割れるのはオリバー・ストーンだから、というのも大きいと思いますよ。

これだけの大事件、社会派監督、したらイヤでもと期待するものがあるわけです。

そういう先入観の有無も二分する要因と思います。

しかし大したメッセージが無い、と思っていたのに実は背筋の凍るような強力なメッセージが隠れていたと言うのが僕の趣旨です。

知らないうちにアメリカ軍を頼もしい、と迎合してしまう、という・・・怖いことです。
コメント返信 (テクテク)
2006-10-09 15:46:34
なるほどー

オリバー・ストーン監督作品だからって事で、

いろいろな意見もあるわけですね

私は、この題材にして、この映画ならば、

誰が監督でも評価は変わりませんけど…
こんにちは (trichoptera)
2006-10-09 16:42:05
事件背景の描写がないことや、最後のテロップなどで意見が割れるみたいですね。良くも悪くも毎回、批評が分かれるオリバー・ストーンにしてみればある意味、今回もしてやったりなのでしょうか…

TBありがとうございました。
コメント返信 (テクテク)
2006-10-09 16:51:26
>trichopteraさま

こんにちは

この映画、オリバーストーン監督作品という事が、

どうやら賛否を分けるポイントのようですね

私には、誰が監督でも、あまり関係ない作品でしたけど…
こんばんは! (アイマック)
2006-10-11 00:13:12
観てきました~



どうしても「ユナイテッド93」と比べてしまいますが

インパクトに欠けました・・・

それなりに感動はするんだけど、9.11を題材にした意味がないような。

一緒に観に行った友人はすごく感動してましたよ^^



この題材を映画にすることは、デリケートな部分がありますね。

コメント返信 (テクテク)
2006-10-11 11:47:22
>アイマックさま

こんにちは

確かに、全体的に観てインパクトには欠けましたね

ここに描かれていた事は、実在のモデルである事など、

とてもデリケートな題材だと思うのですが、

それをあえて選んだのであれば、

もう少し、9.11の残したモノに対して、

絡めた仕上がりにして欲しかったなぁ…

と、私は思いました

でも、この映画に感動する人がいても、

それは不思議な事ではないと思いますよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ワールド・トレード・センター (Good job M)
公開日 2006/10/7監督:オリバー・ストーン 「アレキサンダー」出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール 他【あらすじ】2001年9月11日、全世界がTV画面に釘付けになった、あの日。アメリカ同時多発テロの標的となったワールド・トレー ...
試写会鑑賞 よみうりホールにて ~ オリバー・ストーン 「 ワールド・トレード・センター 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇りがちながら晴れの休日、日曜日です。 今日は、木曜日 一足先に よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、9.11事件を題材としたオリバー・ストーン氏の新作映画について。 『 ワールド・トレード・センター ( WORLD TR ...
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて ~ オリバー・ストーン 「 ワールド・トレード・センター 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 雨が振り出しそうな曇り空の火曜日です。 今日は、昨日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、9.11事件を題材としたオリバー・ストーン氏の新作映画について。 『 ワールド・トレード・センター ( WORL ...
「ワールド・トレード・センター」試写会レビュー この想いは、どこへ向かうのか。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
なんとも切なく、やりきれない。テーマソングが頭の中を流れて離れない。そして、ただただ無言になってしまう、そういう映画。
「ワールドトレードセンター」 映画 (ネタバレなし) ('k ROOM)
  この映画は予告編、あるいはテレビCM見た方なら見て感じた気持ちそのままが見た後の印象になる、と思います。つまりあの予告編を見てシンミリ来た人はハンカチ無しに見れませんし、むむっ、ちょっとお涙頂戴に走ってるな、と思った人にはその不安的中の映 ...
『ワールド・トレード・センター』 (**Sweet Days**)
監督:オリバー・ストーン CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ 他 2001年9月11日、同時多発テロにより崩壊した貿易センタービルに突入した警察官、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、瓦礫の下 ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・トレード・センター」 大惨事から奇跡的に生還した男たちの実話を元に、オリバー・ストーン監督が9.11を描く。 生粋のニューヨーカー、ストーン監督らしく、明けて行く2001年9月11日の朝のNYの描写が美しい。カーラジオから流れる♪♪太陽 ...
ワールド・トレード・センター (とんとん亭)
「ワールド・トレード・センター」 2006年 米 ★★★★★ 私が想像していたものとは若干違いましたが、それでも充分に感動 させていただきました! 同時多発テロ・・・・おぞましい記憶は ワールド・トレード・センター (以後WTC)に、突っ ...
ワールド・トレード・センター (Akira's VOICE)
テロの主題は弱く,社会派ではないものの, 犠牲者を悼む気持ちに溢れ, 悲劇を見つめる眼差しは力強い。
ワールド・トレード・センター (何を書くんだろー)
「ワールド・トレード・センター」評価 ★★★★☆(3.9)『あらすじ』 2001年9月11日、港湾局警察の班長・ジョン・マクローリンはいつも通りに出勤し、集合した警官たちと朝礼を行う。その日の各配置場所が言い渡され、「お互いを守り合い、事故のない ...
ワールド・トレード・センター World Trade Center (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マリア・ベロ マギー・ギレンホール 出演 2001年9月11日 ニューヨークの朝 港湾局警察官の巡査長ジョン・マクローリンは 各警察官に朝の指示を与えた まもなく上部からの指令により 部下を引き連れダウンタンの世界 ...
惨劇の後の感激、ワールドトレードセンター (ジョイフルロード ゲーム、アニメ、映画等の話題)
映画『ワールド・トレード・センター』を劇場まで観にいきました。 これは、2001年にアメリカで起きた同時多発テロ事件に巻き込まれた、 とある2人の港湾局警察官の生還を描いた実話の人間ドラマです。 舞台はニューヨーク、今は亡き貿易センタービル(名 ...
ワールド・トレード・センター (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
              評価:★10点(満点10点) 2006年 129min 監督:オリヴァー・ストーン 主演:ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ マギー・ギレンホール    マリア・ベロ 【あらすじ ...
「ワールド・トレード・センター」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
ワールド・トレード・センター    製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マ
ワールド・トレード・センター(2006年) (勝手に映画評)
タイトル ワールド・トレード・センター ---感想--- 先日の『ユナイテッド93』に引き続いての9.11をテーマにした映画。こちらは、ワールド・トレード・センターに救助に趣いたニューヨーク港湾局警察の警官を描いた物語。『ユナイテッド93』がドキュメン ...
『ワールド・トレード・センター』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還??これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国?アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間?12 ...
「ワールド・トレード・センター」を観る (紫@試写会マニア)
この作品は、2006年9月11日に起こったテロ、瓦礫の中に埋まって助かった当時の湾岸警察官・二名を主人公にした話です。 本日、本国の公開初日にあわせて日本でも初お披露目ということで、映画コメンテーターとしてかなり古株で有名な(結構好き)クロ子 ...
映画 「ワールド・トレード・センター 」 (ようこそMr.G)
映画 「ワールド・トレード・センター 」 を観ました。
映画「ワールド・トレード・センター」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時 ...
【ワールド・トレード・センター】試写会にて (NAO-C☆シネマ日記)
昨日、一ツ橋ホールにて行われた『ワールド・トレード・センター』の試写へ行って来ました{/usagi/} 2001年9月11日 世界貿易センターで起こった悲劇 オリバー・ストーン監督なので、もっとテロに対して ダイレクトな見せ方をしてるのかと、勝手な思い込み ...
「ワールド・トレード・センター」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
9・11の映画が徐々に公開され始めています。 その中で、今回はビルに残された人たちを助けに行った警察官の話です。
ワールド・トレード・センター (ネタバレ映画館)
ニコラス・ケイジが扮するジョン・マクローリン・・・『ダイハード』の主人公の名前の由来もここからだというのは全くのデマです。
ワールド・トレード・センター  (花ごよみ)
試写会で観てきました。 監督は「アレキサンダー」「プラトーン」の  オリバー・ストーン。 政治的なものがあるかと思っていたら、 それはなくて、 救助に行ったものがまた救助される といったストーリーで、 家族愛、人間愛が 描かれていました。 襲撃の後 ...
「ワールド・トレード・センター」奇跡の生還者と同じ位救出に向かった犠牲者を描いてほしかった (オールマイティにコメンテート)
「ワールド・トレード・センター」は5年前の9・11でテロの標的になった貿易センタービルに救出に向かった警察官の奇跡の生還を描いたノンフィクション作品である。ユナイデット93同様やはり未曾有の事態に目の当りにして事実を語られているだけにその生死の ...
映画~ワールド・トレード・センター (きららのきらきら生活)
 「ワールド・トレード・センター」公式サイト先日の「ユナイテッド93」に続き、9・11の悲劇をテーマにした映画がまた公開されます。2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル ...
ワールド・トレード・センター (りらの感想日記♪)
【ワールド・トレード・センター】  2006/10/7 ストーリー 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察の
『ワールド・トレード・センター』 (試写会帰りに)
試写にて『ワールド・トレード・センター』鑑賞。ニコラス・ケイジファンとしては、観るのがこわかった作品です。ドキュンタリータッチだった『ユナイテッド93』が裏の9.11映画なら、こちらが表の顔。『ユナイテッド93』と比べると『ワールド・トレード・センター ...
ワールド・トレード・センター (skywave blog)
9.11を題材にしていますが、人間の命の大切さを訴えるオーソドックスなヒューマンドラマです。 崩壊したWTCのなかで、生き埋めとなった港湾警察官の二人が、奇跡の生還を
『ワールド・トレード・センター』 (Brilliant Days)
”人命救助”という尊い行為に命を掛けた人々とその家族に捧げる作品。 『ワールド・トレード・センター』 2006年/アメリカ (原題:WORLD TRADE CENTER) 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マリア・ベロ/マギー・ギレンホール/ ...
ワールド・トレード・センター (Kinetic Vision)
瓦礫の下で横たわり続ける警官たち(ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ)。彼らは超人的な活躍で人々を救うわけではない。救出活動をする前に、彼らは瓦礫の下に閉じこめられてしまう。ほとんどの人々にとって、あの出来事は個人
ワールド・トレード・ センター (★しゃべりば ★)
物語は港湾局警察官(PAPD)である、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノさん(マイケル・ペーニャ)の救出劇に焦点を当て二人を取り巻く家族を通してこの痛ましい出来事を浮き彫りにしていく。しかしワールド・トレード・センターで ...
*ワールド・トレード・センター* (Cartouche)
{{{       ***STORY***             2005年  アメリカ 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように ...
ワールド・トレード・センター/ニコラス・ケイジ (カノンな日々)
9.11を描いた作品として「ユナイテット93」と並んで注目を浴びた作品。ニコラス・ケイジ主演のオリバーストーン監督作品ということで話題性は高いんでしょうけど、いかにも泣けますみたいな予告編と勇気の蝋燭という前売券の特典が引っ掛かりました。だって仏壇に ...
ワールド・トレード・センター (八ちゃんの日常空間)
「人間って、やっぱりすばらしいなぁ、いいなぁ」ともっと感動的に脚色しているかと思ったら、意外と淡々としていてびっくりした。ユナイテッドとの違いはこちらは生存者が証言して、きちんと作られていることだ。
ワールド・トレード・センター (八ちゃんの日常空間)
「人間って、やっぱりすばらしいなぁ、いいなぁ」ともっと感動的に脚色しているかと思ったら、意外と淡々としていてびっくりした。ユナイテッドとの違いはこちらは生存者が証言して、きちんと作られていることだ。
ワールド・トレード・センター (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
飛行機がビルに突っ込む、大きな影。 予告で見たときはぞわっとした。。。
「ワールド・トレード・センター」 (しんのすけの イッツマイライフ)
主演のニコラス・ケイジさん。 今まで演じてきたどんな映画の主人公よりも、 この映画の港湾局警察官ジョン・マクローリンは、 地味な感じがメチャはまっていると思いました。
『ワールド・トレード・センター』 (映像と音は言葉にできないけれど)
肌寒さを感じる実際のニューヨークの空気を伝えてくれるような映画でした。昔、このビルの屋上に上ったことを思い出しました。 特に導入部のレイジーないつもと変わらない朝の一場面から、次第に現実を呼び起こすまでの流れが良い具合に作られていると思います。
ワールド・トレード・センター (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年10月7日 配給:UIP 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ,マイケル・ペーニャ,マギー・ギレンホール 鑑賞日:2006年10月7日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 2001年9月1 ...
リメンバー9.11【ワールド・トレード・センター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2001年9月11日。 ニューヨーク、マンハッタンにあるワールド・トレード・セン
ワールド・トレード・センター (Black Pepper's Blog)
公開が始まった「ワールド・トレード・センター」を観てきました。 最近また「911
「ワールド・トレード・センター」 (てんびんthe LIFE)
「ワールド・トレード・センター」文京シビック大ホールで鑑賞 あの広い会場がほぼ満員。観客の注目度の大きさがわかります。 ただ、私はオリバー・ストーンがちょいと苦手。説教くさいノンフィクションをドラマ仕立てに作り上げる、必ず眠くなるのです。今回 ...
オリバー・ストーン監督「ワールド・トレード・センター」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 オリバー・ストーン 出演 ニコラス・ケイジ   9・11テロ。貿易センターへ救出に向かった警官がくずれるビルの下敷きになる。そして奇跡的に助け出される。その様子を描いている。ただし、力点はその救出の様子でも、 9・11テロのむごたらしさでもない。 ...
ワールド・トレード・センター (シャーロットの涙)
2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。 港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のため ...
ワールド・トレード・センター (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、 マリア・ベロ 、スティーヴン ...
ワールド・トレード・センター/試写会 (如意宝珠)
ワールド・トレード・センターWORLD TRADE CENTER  http://www.wtc-movie.jp/top.html 監督:オリヴァー・ストーン 製作:マイケル・シャンバーグ ステイシー・シェア モリッツ・ボーマン オリヴァー・ストーン デブラ・ヒル 脚本:アンドレア・バーロ ...
ワールド・トレード・センター (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ  監督:オリヴァー・ストーン  出演:ニコラス・ケイジ      マイケル・ペーニャ      マギー・ギレンホール      マリア・ベロ 01年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジ ョン・マク ...
ワールド・トレード・センター (映画通の部屋)
「ワールド・トレード・センター」WORLD TRADE CENTER/製作:20
映画:ワールド・トレード・センター試写会 (駒吉の日記)
ワールド・トレード・センター試写会@東商ホール 「早く戻って 子供たちの所へ 私のもとへ」 「ユナイテッド93 」に続き、9.11を題材にした映画。 正直もっとプロパガンダ的映画ではないかと思ってたのですが、WTCに生き埋めになった警官とその家族 ...
ガレキの下で (藻、たくさんの日々。)
今日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「ワールド・トレード・センター」。 完成披露の試写会だったらしく、 平日の昼間だというのに、会場はいっぱいでした。 9.11テロの際に、 救出のため出動し、生き埋めになった警官の物語(実話)。 絶望感と ...
ワールドトレードセンター/WORLD TRADE CENTER (我想一個人映画美的女人blog)
2001年9月11日 AM8:45 あの悪夢の日から、ちょうど5年....。 今朝のニュースで、あちらでのアンケート調査によると、 約3割の人間があの惨劇の都市を間違えたという。 何を言ってんの? まだ5年だっちゅーのに! そのくらい覚えておけー{/goo/}{/kaminari/} ...
ワールド・トレード・センター (琴線~心のメロディ)
【2006年10月7日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/s ...
ワールド・トレード・センター (小部屋日記)
World Trade Center(2006/アメリカ) 【劇場公開】 同じ9.11を扱った「ユナイテッド93」とは違うアプローチからの作品。 監督はオリバー・ストーン。 崩壊したビルから奇跡的に生還した警察官二人。 これは実際に助け出された二人の体験に基づいてます。 彼らに ...
ワールド・トレード・センター (Alice in Wonderland)
テロから5年、やっと映画にもなるくらいにあの悲劇を語れるくらいの月日が過ぎたのかと思うと本当に大人になってからの月日の流れの速いことに驚かされます。つい先日、『ユナイテッド93』を観たところで引き続きのテロ映画になります。感想は・・・ 2001年9 ...
ワールド・トレード・センター (UkiUkiれいんぼーデイ)
2001年9月11日 あの日、世界は人間の悪と善を同時に見た 静かな始まりでした。 いつものように、いつもの1日が始まろうとしていました。 それはジョンとウィルにも、いつもの1日にすぎませんでした。 ストーリーに著しく触れています ...
「ワールド・トレード・センター」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇1で先日公開した「ワールド・トレード・センター」を見てきました。 史上最大の同時多発テロが起きた9.11。 その標的の一つ、ニューヨークのワールドトレードセンターを舞台に 大惨事の中で奇跡的に生還した二人の警察官とその家族を 実話や証言を元に描いた ...
「ワールド・トレード・センター」 (the borderland )
9.11のテロ事件で人命救助のためにワールド・トレード・センターへ入った港湾警察の2人の物語。「ユナイテッド93」も同じく9.11の話ですが、機内の出来事はあくまでも推測の域を出ていないのに対して、こちらは脚色されてるところはあったにしろ、実際に ...
ワールド・トレード・センター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督は『アレキサンダー』のオリバー・ストーン。『ナショナル・トレジャー』のニコラス・ケイジと『クラッシュ』のマイ ...
『ワールド・トレード・センター』 (映画館で観ましょ♪)
2001年9月11日 米国同時多発テロ  崩壊したワールド・トレード・センター。 映画の中に見るニュースで見たあの映像。 瓦礫に埋まる2人の警察官。 同じ時の流れの中で無事を祈る家族。 どちらにもとてつもなく長く感じ
【劇場鑑賞111】ワールド・トレード・センター(WORLD TRADE CENTER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
勇気と生還。~「ワールドトレードセンター」~ (ペパーミントの魔術師)
オリバーストーン監督作品ってことで。 しかも題材が題材なだけにものすごく話題になってて。 風化させてはいけない出来事がある。 そしてこの瓦礫の中へ、身の危険も顧みず 救出に向かった勇気ある男たちがいた・・・。 その事実は語り継ぐべきものだとは思った ...
【劇場映画】 ワールド・トレード・センター (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行 ...
☆ 『ワールド・トレード・センター / WORLD TRADE CENTER 』 ☆今年77本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
先日観た『ユナイテッド93』に引き続き、9.11を扱った本作。 崩落したワールド・トレード・センターから奇跡的に救出された、2人の港湾警察官とその家族に焦点を絞って描かれた作品で、テロを描いたというより、被災者の救出劇といった感じ。 前半のワールド ...
World Trade Center (ワールド・トレード・センター) (表参道 high&low)
嫁さんと嫁さんのお母さんと3人でWorld Trade Center(ワールドトレードセンター)を観てきました。 爆破されたビルに生き埋めになった2人の警官と家族のドキュメンタリー、感動しないはずがありません。 ただ、9月11日の話はその直後から伝えられてきており、映 ...
ワールド・トレード・センター (It's a Wonderful Life)
オリバー・ストーン監督作品はちょっと苦手です。 いつもゴリ押しメッセージが多い印象があるんですけど、 911に実際にあった事実を再現したこの作品は、いい意味で ストーン監督らしくない印象。 期待してなかった分、なかなかいいと思いました。 先 ...
真・映画日記(4)『ワールド・トレード・センター』 (CHEAP THRILL)
(3から) 午後11時前に新宿グランド座を出て、 新宿プラザへ。 『ワールド・トレード・センター』の11時50分の回を見る。 巨匠・オリバー・ストーンが描いた9・11事件は実にリアリティ。 主演はニコラス・ケイジ。 助演は『クラッシュ』での好演が記 ...
ワールド・トレード・センター (映画を観たよ)
この映画をみた次の日に小型機の事件が。 亡くなった方はいるけどテロじゃなくて良かったと心から思いました。 見る前はキャストや監督、ストーリーを聞いたときから若干商業的なものを意識したのかなっていう印象を受けていました。 若干狙った部分ってものもあ ...
ワールド・トレード・センター (Diarydiary!)
《ワールド・トレード・センター》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - WO
ワールド・トレード・センター 2006-56 (観たよ~ん~)
「ワールド・トレード・センター」を観てきました~♪ 2001年9月11日、港湾警察に勤務するジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)は、いつものとおり仕事に向かった。やがて彼の耳にワールド・トレード・センターに旅客機が突っ込んだとの連絡が入る。状況が ...
命の尊さをシンプルに訴えたワールドトレードセンター(2006年14本目) (ON THE ROAD)
誰か早く見つけてやってくれ~! みんな早く助けてやってくれ~! お~い!ガンバレ!もう大丈夫だぞ~! 思わず心の中で叫んでしまうくらいに引きずり込まれた映画だった。 【ワールド・トレードセンタービル】 日本では『世界貿易センタービル』という呼び ...
★「ワールド・トレード・センター」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になり ...
「ワールド・トレード・センター」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
書きたい事が色々在り、記事にするのが遅れてしまったのだが、公開2日目に観て来た「ワールド・トレード・センター」に付いて書いてみたい。 この作品は先月観て来た「ユナイテッド93」同様に、5年前に起こったアメリカ同時多発テロを題材にしている。「ユナ ...
ワールド・トレード・センター (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年10月7日公開  それにしてもアメリカっつ~国は大したもんです。  映画のネタが無い無いって万年言ってるわりには、テロだの紛争だの、事実に基づいた戦争のネタにはつきないという・・・それだけ継続的にしょっ
ワールド・トレード・センター (BLACK&WHITE)
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ 9.11の同時多発テロで崩壊してしまったワールド・トレード・センター。 あの日大惨事を目の前にして何
善 ~「ワールド・トレード・センター」~ (サナダ虫 ~解体中~)
オリバー・ストーン監督作品、ニコラス・ケイジ主演の、 映画 「ワールド・トレード・センター」を観た。 2001年9月11日。 港湾警察署のジョン(ニコラス・ケイジ)とウィル(マイケル・ペーニャ)たちは、 同時多発テロの被害を受けたワールド・トレ ...
ワールド・トレード・センター (まぁず、なにやってんだか)
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中 ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (FREE TIME)
今日、仕事帰りに映画「ワールド・トレード・センター」を鑑賞。
ワールド・トレード・センター(映画館) (ひるめし。)
勇気そして生還―――これは、真実の物語。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:オリバー・ストーン 出演者:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ 時 間:129分 [感想] ニコラスさん、顔がコケすぎ・・・。 前半 ...
久々映画鑑賞! (LARGO DRIVE(ラルゴドライブ))
15日の日曜日に久々に映画館へ映画を見に行きました!見に行ったのは、前に見たいと思っていた「ワールド・トレード・センター」です!!(^^♪前回の「ユナイテッド93」に続き、アメリカ同時多発テロを題材にした映画です。今回はワールド・トレード・センター ...
ワールド・トレード・センター ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  ワールド・トレード・センター・・・評価 4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 2001年9月11日。 港湾警察署のジョン・マク
『ワールド・トレード・センター』 勇気と生存のストーリー! (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、「ワールド・トレード・センター」を鑑賞した。時間的なこともあり・・・観るのが先送りになっていた。どうしても観たいと思っていた9.11関連では「ユナイテッド93」に続きこの映画が第二弾・・・・。今回はが激突した世界貿易センターでの惨 ...
ワールド・トレード・センター (M's daily life)
 「ワールド・トレード・センター」  原題 : WORLD TRADE CENTER 監督 : オリバー・ストーン 出演 : ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マリア・ベロ、マギー・ギレンホール 鑑賞日 : 10月2
「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい (はらやんの映画徒然草)
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
ワールド・トレード・センター (CinemA*s Cafe)
公式HP 期待度が大きかったためにちょっとハズレか?という印象を持ってしまったこの映画。 人間が犯した悪がそこにあったのは事実だけど、それを越えようとする人間の善がそこに集結したというラストの言葉には
「ワールド・トレード・センター」 (シネマ・ワンダーランド)
「プラトーン」や「7月4日に生まれて」「アレキサンダー」などの作品で知られる米社会派監督オリヴァー・ストーンが、2001年の9・11同時多発テロを題材に映画化したヒューマン・ドラマ「ワールド・トレード・センター」(2006年・米)。この映画は崩壊した世...
『ワールド・トレード・センター』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。マクローリンとヒメノら5人はビルの中...
ワールド・トレード・センター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァ...
ワールド・トレード・センター (Yuhiの読書日記+α)
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督はオリバー・ストーン、キャストはニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール他。 <あらすじ> 2001年9...
ワールド・トレード・センター (mama)
World Trade Center 2006年:アメリカ 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・シャノン、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、マギー・ギレンホール、ジェイ・ヘルナンデス、マイケル・ペーニャ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨ...