水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

栄光の意味と価値を問う映画。『カーズ(字幕版)』

2006-07-03 20:02:20 | 映画【か行】
車たちの世界を舞台に、
レースでチャンピオンを目指す人気者のレースカーと、
それを取り巻く車たちの物語です。


映画の評価 ★★★★★ 自分を振り返る映画


●以下ネタバレがあります●


この作品は、車たちの世界を舞台にしていますが、
人間の持つ、欲や傲慢さ、栄光と影の部分が
とても分かりやすく、上手に描かれています。
最近逮捕され、釈放された、お金を沢山儲けた人たちが、
この映画を観たら、どう感じるのか、
感想を是非聞いてみたいモノです。


人気者レースカーのマックィーンは、
自信過剰の若手で、専属のスタッフチームを持っていません。
そんなマックィーンも「ピストン・カップ」で優勝を目指しますが、
ライバルのキング、チック・ヒックスと並んで3台同着首位となります。
このレースで優勝すればビッグスポンサーのダイナコに注目され、
自分に利益があると計算したマックィーンにとっては、
何とかして優勝を手に入れたいレースでしたが、
この3台の首位決戦を1週間後、別のレース会場で行う事になります。
誰よりも先に会場入りしてやろうと、先を急いだマックィーンは、
トレーラーの疲労を考えず、夜通しトレーラーを走らせます。
それがアダとなり、マックィーンは夜中のハイウェーでトレーラーとはぐれ、
ルート66号沿いのラジエーター・スプリングスという、
小さな寂れた町に迷い込んでしまいます。
夜が明け、先を急ぎたいマックィーンでしたが、
自分の不始末のせいで、その町に足止めされる事となります。


「ピストン・カップ」で3台同着首位を手にしたマックィーンは、
ゴール寸前で舌先を伸ばし、ギリギリで得た栄光にも、
「どんな手段であっても、勝ちは勝ち」
と言わんばかりに、得意満面でした。
しかし、その姿は、ただの自己満足に過ぎず、
決して好感の持てるモノではありませんでした。

超ナルシストで、自己チュウのレースカーだったマックィーンには、
当然、信頼できる仲間も友達もいません。
そんなマックィーンは、
迷い込んだラジエーター・スプリングスの事を小馬鹿にし、
失礼な態度を取り続けますが、
自分が皆を喜ばせるつもりでやったわけではない行為に、
ラジエーター・スプリングスの皆に大喜びされ感謝されます。
自分はそのつもりでなくても、「親友」と呼ばれ、
ラジエーター・スプリングスの皆の好意に触れ、
マックィーンは、自分の事しか考えていなかった、
今までの自分の姿の愚かさ
に気付かされます。

自分が手にする結果さえ良ければ、周囲の事なんて、お構いなし。
卑劣な手段で手にした栄光に、
本当の意味と価値があるのか。

その事を映像を通して観客に投げかけた、
とても意味のある作品だと思いました。


『カーズ』の前に上映された
『One Man Band』という短編映画も
人間の欲をシニカルに描いていて、なかなか面白かったです。


【2006年7月1日(土)TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良くも悪くも、これが現実。『ホ... | トップ | 子供たちへの配慮が感じられる。... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nappa)
2006-07-04 13:30:00
 TBありがとうございました。自己中だったマックウィーンがラジエーター・スプリングスで変わっていく描写が良かったですね。他にも2重3重のテーマを普遍的に描いていてさすがピクサー!と唸らされました。CGの進化にも目を見張りました。
TBありがとうございます (KGR)
2006-07-04 13:37:14
単なるお子様向けディズニー映画と思ったら大間違い。



映像技術のすばらしさも特筆物ですが、

アングル、ショット、駆け引きなども、

お子様の理解を超えています。



車好き、レース好きのおじさんに見て欲しい映画です。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-04 14:51:02
>nappaさま

こんにちは

この映画には沢山のメッセージが込められていたように思います

今の日本社会に欠落しているモノを教えてくれる

とてもイイ映画でしたね

私は字幕版を観たので、

今度は日本語吹き替え版にもチャレンジしようと思っています



>KGRさま

こんにちは

この映画は大人が観ても充分に楽しめる作品だと思います

私は車に詳しくありませんが、

この映画のストーリーに込められたメッセージを感じる事で、

素晴らしい感動を与えてもらえ、大変満足しています

卑劣な大人が横行している現代の日本社会で、

こんな大人にならない為にも、

お子様が観て、善悪を学ぶ教訓になる映画ではないでしょうか
TBありがとうございます (sakurai  )
2006-07-04 15:45:05
うちの子らと見たので(小6と小3)吹き替えだったのですが、もっかい字幕で見たいと思っているところです。

子供らは単に、「感動した。面白かった。結構いけた」くらいで、どこにどう蓄積されたかはわかりませんが、見た甲斐、見せた甲斐があったと思います。

短編もうまかったですね。さすがピクサーです。またまたじっくりゆっくり作ってもらいたいもんです。
この作品は、ジョン・ラセター氏の力作でした (たろ)
2006-07-04 15:52:09
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、クルマ達が走る描写での疾走感溢れる映像や終盤から結末までの流れに見応えを感じました。

そして、短篇映画『 One Man Band ( ワン・マン・バンド ) 』の方も中々惹き込まれる物語の展開でしたね。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



>コメント返信 (テクテク)
2006-07-04 16:25:52
>sakuraiさま

こんにちは

そうでしたか

この映画は、お子様にも好評だったのですね

私は、お子様の記憶力って侮れないと思っています

私が小学3年生の時にテレビで観た「オーメン」の恐怖や、

小学5年生の時にテレビで観た「ローマの休日(字幕版)」のせつなさは、

大人になった今でも忘れられません

お子様は言葉で感想を上手く表現出来ないだけであって、

心には、きっと何か残るモノがあったと思いますよ



>たろさま

こんにちは

この映画は、CGの美しさは勿論の事、

スピード感も充分に楽しめる作品でしたよね

映像とストーリー、どちらを取ってみても、

とても見応えのある作品だったと思います
TBありがとうございました。 (arisu)
2006-07-04 16:55:19
ここのコメント見て思い出しました。

私は、小5の時「ラ・マンチャの男」

中1で「風とともに去りぬ」を観て

映画好きになりました。

随分ませたガキだったようデス^^;

この映画が子供の映画好きになる登竜門になってもらいたい!
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-04 17:17:39
>arisuさま

こんにちは

おぉ

素晴らしい名作を子供の頃から、ご覧になっていたんですね

「ローマの休日」もそうですが、不朽の名作と言われている作品は、

子供であっても、ある程度の物心がついていれば、

それなりに理解も出来ると思いますし、感動もすると思います

子供であっても、一人前の感情は持っていますからね

以前、テレビで紹介していた子供の映像で、

自宅で「E.T」を観てラストシーンに号泣する

5歳くらいの女の子を見た事があります

今回観た「カーズ」も、子供の心に何かしらの感動を与え、

映画好きとなる切っ掛けになってもらえると嬉しいですね
速さより走れることの大切さ (たましょく)
2006-07-04 20:25:12
 TBありがとうございますm(_ _)m



 まさか、こんなに泣かされるとは

思ってもみませんでした。速ければ

いいなんて「競争社会」の生み出し

た傲慢ですよね。



 マクィーンがそーゆーことを1つ

1つ理解してゆく様を観るにつれ、

自分の中にもそれが流れこんでくる

よーな感覚でした。
過去作観なきゃ (メビウス)
2006-07-05 00:56:25
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪



あまりピクサーアニメを観ていなかった自分ですが、この映画を観て、過去作にも凄く興味が沸いてきました。

車の物語とはいえ、人間的なストーリーがとても活かされていて感動もしてしまいました。加えてレースシーンなどの迫力も凄くてCGと言う事を忘れてしまいそうでした♪
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-05 13:01:30
>たましょくさま

こんにちは

私も、この作品には期待していなかったので、

泣かされるとは思ってもみませんでした

他人の優しさに触れる事によって、それに甘えるばかりでなく、

自分にも出来る大切な事を見つけて行く姿が

とても感動的でした



>メビウスさま

こんにちは

ピクサーアニメは、現実離れした世界を映像化していますが、

作品の中のメッセージは、人間社会にとって、

とても基本的で重要な事が盛り込まれています

童心に返って作品を楽しむ事も出来ますし、

大人になると忘れがちになる大切な事も

教えてくれる作品が多いように思います

今回の作品は、ストーリーも素晴らしかったですし、

CGの美しさにも驚かされましたよね
Unknown (もじゃ)
2006-07-06 15:10:18
こんにちは。TBありがとうございます。

ピクサーの作品は、やっぱり綺麗なCGに目が行きがちですが、

シンプルだけど、しっかりとしたテーマがありきな所が凄いところなんですよねぇ。
>コメント返信 (テクテク)
2006-07-06 15:44:18
>もじゃさま

こんにちは

そーなんですよね

確かに、CGの技術は素晴らしいモノですし、

映像は動きも滑らかで、風景も実写かと思えるほど、美しいモノです

そんな映像を楽しませながらも、しっかりとしたメッセージが

ストーリーの中に盛り込まれています

ピクサーの作品は、娯楽の中にも、人生の教訓を観せてくれますし、

映像だけでなく、ストーリーの中でも夢や希望、明るい未来を感じさせてくれる、

素晴らしい作品が多いと、私も思います
感動!! (アイマック)
2006-11-17 22:49:12
こんばんは!
DVDで観ました。感動しましたよ〜
劇場で観たかったなあ

きれいな映像、車の質感、風景も美しかった。
メッセージも伝わってきました!
これ大人のアニメかもしれませんね。
でも車がなんといってもかわいい。
いい仕事してる!
ピクサーにありがとうと言いたくなりました^^
コメント返信 (テクテク)
2006-11-17 23:29:06
>アイマックさま
こんばんは
この作品は、最後に胸が熱くなりますよね
人として大切な事をしっかりと描いていますし、
綺麗な映像にも見入ってしまいました
私も大好きな映画です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「カーズ」 吹替え版 (銅版画制作の日々)
今日は支援の仕事で、Hさんと映画「カーズ」を鑑賞しました。お天気は今一つでしたが、運良く雨には遭遇する事なくて良かったです。私はこの手の映画は初めてです。3Dでの映像って凄いですよね単なるアニメーションとは一味違い・・・。観ているだけで、吸い込ま ...
カーズ(字幕版) (ネタバレ映画館)
 ケニーG風の音楽聴いてたら眠くなって事故るぞ!
映画 『カーズ (Cars)』 (2006) (エコノ研究所)
全米公開初日 2006/06/09 に PIXAR の最新作 Cars を見た。2006年現在、人類史上最高の CGI (Computer Graphics Imaginary) が見られる。シェリル・クロウのオーブニングと共に「やられる...
『カーズ』(字幕版) (京の昼寝〜♪)
今度の奇跡は「クルマ世界」に起こる 地図から消えた街「ラジエーター・スプリングス」を救え!   ■監督・脚本 ジョン・ラセター■キャスト(声) オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマン、マイケ ...
カーズ (Akira's VOICE)
クルマだらけの大博覧会から現実に戻ると 全ての自動車に愛着が湧いていました。 マックィーン欲しい〜(無理
『カーズ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
本編の『カーズ』。この映画は予告の段階から非常に違和感がありました。 なぜなら『モンスターズ・インク』『Mr.インクレディブル』『ファイティング・ニモ』ときて何故にこの題材なのか?...という疑問が沸いたからです。
カーズ、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
(副題:子供は連れて来るな!) 銀座、ヤマハホールでの開催。 字幕版を選んで応募したので子供は少ないと踏んでいたが、少しはいた。 「お前ら、英語判んのかよ。」と思いつつみていたが、 案の定、前の席に陣取ったガキが、 「何て言ってんの。」「ブーブーど ...
「カーズ」理想郷と成長物語 (小生の映画日記)
ストーリー: 真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自 ...
感想/カーズ(試写) (APRIL FOOLS)
たまっちゃったから今週はレビューウィーク。とりあえず5日連続で映画の感想いきます。 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が6年ぶりに撮ったディズニー/ピクサー映画『カーズ』。7月1日公開! 『カーズ』公式サイト レーサーのマックィーンは、 ...
カーズ(CARS) (Coolog)
「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」でおなじみのPIXAR社の...
カーズ (シネマ日記)
エンドクレジットが一番おもしろい、、、というと、怒られそうですね。「あ〜あ、言っちゃったよ」って感じでしょうか?“エンドクレジットもおもしろいから見てね”というのはこのブログでもいつもの「オマケ」コーナーに登場するべきフレーズなんですけど、今回 ...
「カーズ」 (塩ひとつまみ)
試写会を見てきました。 ディズニー・ピクサーのフルCGアニメーション映画です。 物語はカーレースから始まります。 走っているのはもちろん車。観客も車。旗を振るのも車。解説をするのも車。みーんな車。 車
カーズ 【日本語吹き替え版】 (UkiUkiれいんぼーデイ)
『トイ・ストーリー』から6年ぶりに監督を務めた 巨匠ジョン・ラセター監督と ディズニー/ピクサーに心から申し上げたい・・・ 素晴らしい映画をありがとう!! フル3Dで描かれる、クルマばかりの世界。 一つ一つのクルマに、命が吹き込まれてまし ...
カーズ (迷宮映画館)
やな奴なんだ、このライトニング・マックィーンって奴は・・。確かに力はあるし、腕もいい。それを鼻にかけるだけの実力を認めましょう。ただし、なんといってもルーキーちゃん。さまざまな局面にぶつかったときの選択の道が甘いのです。それこそ若気の至りのせい ...
試写会鑑賞 科学技術館 サイエンスホールにて 〜 ジョン・ラセター 「 カーズ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の木曜日です。 今日は、昨日 一足先に科学技術館 サイエンスホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ジョン・ラセター氏の新作映画について。 上映に先立ち、 Amebaブログで『 現役力士 普天王 どすこい大相撲日記 』 を運営さ ...
【カーズ】アニメ (字幕版) (自己中心的シネマ談)
【ストーリー】カー・レースの最高峰ピストン・カップに出場する若きレーシングカー、マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)。新人ながら天才的な実力と圧倒的な人気を誇る彼は、優勝まであと一歩のところまで登りつめていた。ところが次のレースの開催地へ ...
『カーズ』 (ラムの大通り)
----これってディズニー/ピクサーの最新作でしょ? 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が 6年ぶりに監督を務めた作品なんだって? 「うん。ジョン・ラセターは 父親がシボレー販売店に勤務。そして母親は美術教師。 本人は『僕の血管にはディズニーの血 ...
カーズ(試写会) (まったりでいこう〜)
友人に誘われて行ってきました。公開を楽しみにしていたので一足先に観ることができ、とても嬉しいです。 ストーリーはありがちといえばありがちですが、出てくるキャラクターがみな車というのがいい。目が付いてて口があって歯や舌まであるんですよ!おまけにしゃ ...
カーズ(字幕版) (何を書くんだろー)
「カーズ」 評価 ★★★★★ (4.6) 『あらすじ』  ピストン・カップで接戦を究める3台の車。ベテランの走りを見せるキング、相手を挑発し、時に 進路妨害をする万年2位のチック・ヒックス。そして、稲妻の如くレーシング界に現れた新人の ...
「カーズ」 (徒然雑草)
2006/06/19 東京有楽町「よみうりホール」で「カーズ」の試写を観た。併映は「One Man Band(短編)」。ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックィーン。レーサーとして絶大な人気を誇っている…
「カーズ」93点。 (mountain77 D.Reverse side)
「カーズ」hp 気がつけば、冒険心に火が付いていた。 こんなに楽しい映画、久しぶりに見たような気がする。 ↓関連記事 「カーズ」の前評判がかなりいい。 この映画がアニメーション作品であることを忘れてしまうくらい、見ているものに実写映画と ...
カーズ (色即是空日記+α)
今度の≪奇跡≫は、[クルマの世界]に起こります。 ピクサー×ディズニーの最強タッグ! 車の世界、人間は1人も出てきません。 虫すらクルマに羽が生えた生き物ですw 最初に予告を見たときは思ってました。 あんまり華がないなぁ、、と。。。 ご ...
カーズ(吹き替え版) (2006) 122分 CARS (極私的映画論+α)
 ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックイーン。自己中心的な性格が玉にキズの彼は、レース会場への移動中にふとした事故から小さな田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んでしまう。いまや地図からも消えてしまったその町には、オ ...
『カーズ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
轟渡るエンジンの爆音! タイヤの焼ける匂いまで伝わってきそうなリアリティ溢れるレーシングシーン。 迫力のあるレーシングカー同士のデッドヒートには、いやが上にもテンションは急上昇! 今年のピクサーアニメの主人公?主人車?は、レーシングカーのライトニ ...
カーズ 字幕版/ CARS (きょうのあしあと)
「今度の奇跡は[クルマの世界]に起こります」 監督:ジョン・ラセター 脚本:ジョン・ラセター 声の出演:オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン、ボニー・ハント、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ジョージ・カーリン、リチャード・ペティ、マイケル・キー ...
大人向けアニメ!?『カーズ』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
正直僕はこの映画をナメてました。 大した面白くないだろうと...。 映画序盤で 「子供には難しいだろう...」という事が想像ついたので 「何歳ならこの話がわかるのだろう?」とか 「女性が見てどう思うのだろう?」とそんなことを考えていました。 しかし... ...
「カーズ」 Cars (俺の明日はどっちだ)
主人公は、オーバルコースのレースで活躍するアメリカレーシングカーのスティーヴならぬライトニン・マックィーン。 レースに勝つこととより大きなスポンサー契約にしか関心のなかったマックィーンだったけれど、大事なレースを前に、ルート66にある田舎町「ラジエ ...
カーズ(字幕版) (映画とはずがたり)
あの映画史に残る傑作『トイ・ストーリー』以来、 大ヒットを飛ばし続けるピクサーの生みの親、 ジョン・ラセターが6年ぶりに監督業にカムバック! 彼がアニメーションと同じく愛してやまない “クルマ”をテーマに描いた、待望の新作が遂に日本上陸! STO ...
【 カーズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
ピクサー社がディズニー社との提携を打ち切り、2社が提携してでの作品はこれで最後...となるハズだったのにね。 さすがピクサー作品だけあってCGは文句の付けようがないデキ。車に映り混む背景やネオンなどなど、思わず唸ってしまう美しさ。車のデフォルメさ加 ...
『カーズ』 (試写会帰りに)
ピクサー作品ファンとして待ちに待った最新作『カーズ』(『Cars』)を試写にて鑑賞しました! 登場人物が全て車獵という無茶な設定にとまどいつつ、まったりシーンもなんのその、ほのぼのギャグで笑わせ、お決まりながらもホロッとさせる、 ...
カーズ 【日本語字幕版】 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
キャラクターは”子供向け”。ストーリーは”やや大人向け”。そしてこの画(え)は”職人”こそがなせる技・・・。 腰抜かしながらカンドーだあ!(´;ω;`)ウッ… 【2006年 アメリカ映画/試写会にて鑑賞】  2006/07/01より一般公開 カーズ(公式HP ...
カーズ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ラセター 【声の出演】オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/ジョージ・カーリン 【公開日】2006/7.1 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ピ
カーズ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。 ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。 「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である
「カーズ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
ディズニー/ピクサー 「カーズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
『カーズ』 (моя комната (私の部屋))
タイトルがちょっと簡単すぎるなという気もするけど・・ピクサーアニメの最新作で、監督は『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター。今度の主役はなんと車!しかも、擬人化された車以外は一切他の生き物は登場しない。何しろ、この世界ではハエまでが車の形・・と ...
カーズ(日本語吹替え版) (映画をささえに生きる)
吹替え版だと字幕を見ない分、画面に集中できます。いや凄まじいですね、レース会場のシーン。画面を覆いつくす全ての車がモゾモゾと動いてます。こういうのはフルCGアニメの強みですね。
カーズ 2006-37 【吹替え版】 (観たよ〜ん〜)
「カーズ」を観てきました〜♪ 新人レーサーのマックイィーンは、その天才的な才能の為、他人をまったく信じず、勝利しか頭になかった。カリフォルニアで開かれる決勝レースに向かう途中、ルート66沿いにあるラジエーター・スプリングスという街に迷い込んで ...
『カーズ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★
カーズ (Alice in Wonderland)
ピクサー映画が大好きな私ですが未だに『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を越えるような作品が出てこない状況でこのカーズの予告を観た時に…機関車トーマスのパクリじゃん!車が主役なんて全然キャラも可愛くないし、なんだか期待薄だななんて思っ ...
映画:カーズ(字幕版)試写会 (駒吉の日記)
カーズ(字幕版)@サイエンスホール 「ようこそ、ラジエーター・スプリングスへ」 今回はameblo主催、どうもありがとうございます〜 普天王関(http://ameblo.jp/futenou/ )がゲストで登壇、一緒に鑑賞してました。 公式サイトのストーリーと宣伝文句は ...
映画:「カーズ」 (atom×atom)
カーズ [Cars] ―――――――――――――――――――――――――――― 監督: ジョン・ラセター John Lasseter 声の出演: オーウェン・ウィルソン Owen Wilson        ポール・ニューマン Paul Newman     他 【解説】  そこは ...
カーズ (ももママの心のblog)
車好きでなくても魅入られるが、車好きならきっともっと、魅入られる。{/cars_red/}大人も満足のほろ甘いコメディ・アニメ。{/star/} 2006年 アメリカ アニメ、ファンタジー、コメディ 2006年7月1日 ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘 監督・脚本 ジョン ...
カーズ ( NIGERAのお庭)
1日、映画の日たくさんのお子ちゃまに混じり、日本語吹き替え版を鑑賞してきました。 時間の余裕も持って出かけたのにもかかわらずすでに満席状態、やっと一番後ろに指定!!だよ。右隣は5〜6才の男の子、2つ左隣も小さな男の子、「この子達、2時間もじっと ...
【劇場映画】 カーズ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ カー・レースの最高峰ピストン・カップに出場する若きレーシングカー、マックィーン。新人ながら天才的な実力と圧倒的な人気を誇る彼は、優勝まであと一歩のところまで登りつめていた。ところが次のレースの開催地へ向かう途中、マネージャーとは ...
カーズ (うぞきあ の場)
PIXARの技術に圧倒! F1のあの人が声の出演でビックリ! メーターの日本語吹き替えのぐっさんは、やはり関西弁なのだろうか(悲)。 私、これだけ映画を観ていながら、ピクサーの作品は初めて。 で、予想通り、のっけから、レースシーンに圧倒!。 これが ...
カーズ/吹替版(映画館) (ひるめし。)
そこは、地図から消えた町――― CAST:山口智充/戸田恵子 他 ■アメリカ産 122分 他の製作会社のCGアニメは字幕版で観るけど、ディズニー、ピクサー作品だけは吹替版で観るという変なポリシーを持っているワタシ。 おもちゃ、昆虫、モンスター、魚、ヒーロー ...
★「カーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
見れば面白い・感動する・・・ディズニー&ピクサーアニメなんだけど・・・ クルマが喋る・・・っていうのにちょっと抵抗感。 しかし、全米興行収入3週連続トップだとか・・・ 主人公の声が、オーウェン・ウィルソンだとか・・・だったので、 字幕版で観て来 ...
カーズ/cars (我想一個人映画美的女人blog)
もうご存知 ピクサー&ディズニーの、大人も楽しめるアニメシリーズ{/kirakira/} {/hand_iine/} ピクサーアニメーションスタジオ 今度は車を擬人化、オール車。人間一切登場ナシ! だからやっぱりこのクルマたちが可愛く思えなきゃムリだろなーと思いながらも 「 ...
『カーズ』 (映画館で観ましょ♪)
子供と一緒に吹替えで。 自己チュウな若者が心優しい人たちに触れて トゲトゲの心がま〜るくなっていく。 姿形は車ですけど、お話の内容は人そのもの。 美しいCGで描かれたレトロな香りの“ラジエーター・スプ
カーズ(CARS) (わかりやすさとストーリー)
●テーマ・メッセージ選びの段階ですでに成功の常勝軍ピクサー(ディズニーに買収された)貫禄の一品●無意識レベルの観客の願望を読み取って解消するヒアリング能力の高さとそれを形にする最適任スタジオがどこかを知らしめ、CGとスピードのマッチングの良さも見 ...
カーズ (欧風)
4月に青森に来てから、映画館までは遠く、試写会当たっても車で片道60kmとかなんで、1本だけ観て帰るというのはなんか勿体ない気がしてきた。ならばハシゴ観じゃハシゴ観!って事で、東京にいたとき、NANAとか3作品ハシゴ観は何度かあるんですが、今回 ...
映画「カーズ」で学ぶ『人生はゆっくり楽しみながら進むもの』というLOHAS(ロハス)的な考え方 (LOHAS(ロハス)な住まい・暮らしの情報Blog(ブログ) 無料動画で生活紹介)
こんにちは、イー・ステート・オンラインの安田です。 先週、ディズニー&ピクサー映...
カーズ (シネマ de ぽん!)
カーズ公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆☆
カーズ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年7月1日公開  ハイクオリティなCG映像と、心を震わせる感動のストーリーを併せ持つCGアニメーション映画を矢継ぎ早に世に送り出し、世界中に抜群のブランド力を誇るピクサーがまたまた世に送り出すハイセンス&大
カーズ (ちわわぱらだいす)
うおおおぉぉ・・・ ちょ~っと~すごく感動したんですけど~(T-T) うさぎは感動ものは絶対に見に行かないんです。。。泣くのがいやだから。 これにはだまされたね~ 夏休みの子供向けの映画だと思っていたのですが、あるサイトで すごくいいと書いてあったの ...
カーズ (なんだりかんだり映画ブログ)
ピクサー製作ジョンラセター監督  どこまで進化するのだろう、もはやセル画も実写をも超越した域に達した芸術作品とでも表現すればよいのだろうか・・・  ストップモーションアニメを観ているのかCGなのか、途中で区別がつかなくなってしまう。もはや
06−33 カーズ (奇跡の人の映画部屋)
鑑賞日 8月1日 感 想  前評判が良かったので見てきましたが、非常に面白くて泣けました!やっぱり人には親切にしないといけませんね。あ〜んど、人生も仕事も楽しんでやらないといけませんね。でずに〜侮りがたし… 実は二本立てだったりします( ...
「進むべき道?」PIXARの描く自動車パラダイス!/『カーズ/Cars』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●カーズ/CARS● ●監督/脚本;ジョン・ラセター ●声の出演;オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ他 『終戦記念日』8/15に鑑賞。朝9時の上映なので、8時半に高崎109シネマズに。開場の早いエスカレ ...
カーズ (勝弘ブログ)
http://www.disney.co.jp/movies/cars/映画館の予告を見ていて気になった作品。予告の中で、「この町が地図から消えちゃう」というような台詞が有ってどこか異次元(?)にとばされたりするのかと期待したのですが本編にはそ
カーズ (CinemA*s Cafe)
http://www.disney.co.jp/movies/cars/main.html アニメを越えたアニメ。 とっても良いお話だったと思う。久々に映画を観て泣きました(*^^*ゞ しかも最近、ピクサーの社長のとある大学の卒業式でのお祝いの言葉
Cars (カーズ) (アリゾナ映画ログ)
2006年8月19日鑑賞Tagline: Ahhh... it's got that new movie smell.ストーリーレース界期待の新星、ライトニング・マックィーンはレーサーとして絶大な人気を誇るものの、信頼できる友人は誰一人いない。ある日
52.カーズ (レザボアCATs)
もし、“一年に一度しか、映画を見れない病”に、なってしまったら。 これが、非現実的な話、と、思うなら、では、 “もし、忙しすぎて、たまにしか映画を見れなくなってしまったら・・・?” 私は、即答できる。      ピクサーアニメを見る!!!
映画・カーズより、日常英会話抜粋です!! (英語の本を原書で読みたい!)
(244)Who do you think you are?        〔自分を何様だと思っているの?〕 アニメ映画・カーズを見たのですが、とにかく映像が綺麗で宮崎アニメもオチオチしていると、本家ディズニーに足元をすくわれる気がします。ストーリーも大人が見ても十分 ...
「カーズ」Cars DVDで再見。 やっぱコレ泣ける秘密を知り、まずます好きになる一品。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
劇場公開時に観て気に入ったPIXER最新作の「カーズ」Cars 、 (2006-07-17 久々に手放しで褒めたい PIXAR映画「カーズ」Cars  コレ泣けます!) DVDで久々に観てもやっぱ泣きました.... テーマがいいですね、 1.に、街の衰退そして再生。 そして、 2.生き急ぐ人 ...
カーズ (小部屋日記)
CARS(2006/アメリカ) 【DVD】 監督:ジョン・ラセター 声の出演:オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント 車を擬人化したアニメーション。 これが想像以上に面白い。感動してしまいました♪ 動物などの生き物は感情移入しやすいけれど、 ...
『カーズ』(2006)★★★★★ (映画ブログ『ポップコーンを食べながら』)
『カーズ』(2006)を観た。 ジョン・ラセター監督作品。 詳しい説明はウィキに任せることにして……。 ・ カーズ (映画) - ウィキペディア ・ ジョン・ラセター - ウィキペディア 面白かった。 映像が凄い。 CGと
「カーズ」 ゆっくり走るのもいいね (はらやんの映画徒然草)
無機物であるところの車たちが、なんとイキイキとしていること! アメリカのCGアニ
カーズ (たくみちゃんですよ〜)
  [[attached(1)]]  [[attached(2)]]  [[attached(3)]]  [[attached(4)]]  [[attached(5)]]  [[attached(6)]]  [[attached(7)]] ||<#FFFFFF' style='font-size:26pt;width:560px;text-align:center'``カーズ|| [[attached(15,center)]...
『カーズ』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじピストン・カップ決勝レースで初の新人優勝を狙うライトニング・マックィーン。しかし、自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで決着をつけることになるが、その移動中にトラブルが起こりルート66沿いの田舎町・「ラジエーター・スプリングス」...
カーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「カーズ」は、7/1公開の「ファインティング・ニモ」や「Mr.インクレディブル」のディズニー/ピクサーの最新作なんですが、試写会で観てきましたぁ〜♪  監督は、「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター監督って事で、なんとなく「バ...