水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

今の日本の若者に与えるべき教訓。『カンフー・パンダ』

2008-08-10 23:30:00 | 映画【か行】
カンフーマスターを目指すことになった
パンダの物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 今の日本社会にも通じる映画


●以下ネタバレがあります●


1年程前に見たテレビのトーク番組で、
ゲストとして、
ひとりの新進女優が出ていました。

彼女は雑誌のモデルから女優に転身し、
ハリウッド映画にも出演して話題になりました。

しかし、彼女の話によると、
実のところ、芸能界での仕事が
自分に向いていないのではないかと感じているようで、
そんな自分の意思とは裏腹に、
女優の仕事がどんどん舞い込んできて、
当の本人は困惑しているとの事でした。

その状況に対し、トーク番組のホストは、
「それは、あなたの心が無だから。」
と答えていました。

女優という仕事に対し、
彼女には傲慢さや思惑が無いからこそ、
仕事が舞い込み、上手く回り、
愛される存在になっていくのだと
分析していたその言葉に
私は妙に納得した事を
今でもハッキリと覚えています。

今回、この映画を観ながら、
私は、このトーク番組の事を思い出していました。


ラーメン屋の息子であるパンダのポーは、
夢でカンフーの戦士たちと一緒に戦う夢を見る程の
大のカンフーおたく。
部屋にはカンフーのカリスマである
マスター・ファイブのフィギュアを飾り、
彼らを羨望の眼差しで見ていました。
しかし、体の大きなパンダである自覚を持つポーは、
自分の見た夢を正直に父親に話せず、
ラーメン屋を継がせたい父親の想いを
否定する事も出来ませんでした。
そんなある日、
「龍の戦士」を選ぶ大会があると聞き、
カンフーおたくのポーは、
その大会見たさに会場へ向かいます。


この映画は、
カンフー・マスターに憧れながらも、
自分の将来を諦めていたパンダのポーが
運命に導かれ、
奮闘し、成長していく物語です。

でも、私が一番印象に残ったのは、
龍の巻物を狙う、
悪役のタイ・ランの姿でした。

タイ・ランは、育ての親である
シーフー老師の教えを受けて、
優秀なカンフー・マスターに成長するものの、
心の闇をウーグウェイ導師に見抜かれ、
「龍の戦士」の指名を受けられず、
その事に対して、怒りをあらわにします。

自分の鼻をへし折られたタイ・ランは、
腹の虫が収まらず、
無理やり龍の巻物を手に入れようとしますが、
ウーグウェイ導師に捕らえられ、
投獄されてしまいます。

そして、虎視眈々と脱獄の機会を伺い、
その時を迎えた時、
タイ・ランは、育ての親である
シーフー老師の前に現れ、
厳しい訓練に訓練を重ね、
努力し続けた過去のタイ・ランに対し、
それを認めなかった事への
謝罪を求めます。

このタイ・ランの姿は、
無差別な通り魔事件を起こしたり、
バスのハイジャック事件を起こしたり、
父親を殺害したり・・・と、
親に恨みを持ち、事件を起こすような、
今どきの日本社会に
暗い影を落とす若者
にも通じるモノを感じました。

自分の思い通りに事が運ばない原因
自分の中に探そうとせず、
親のせいにしたり、周囲のせいにしたりという、
その姿勢は、まさに、
この映画に登場するタイ・ランそのものです。


それとは対照的だったのが、
カンフーの才能とは無縁に思えたポーの姿でした。

ポーには、傲慢さや思惑が無く、
自分の将来を諦めていた
自分自身を変えたい一心
で、
カンフーの教えを授かります。

大好きな肉まんを修行の道具に使い、
簡単には食べさせてくれない
シーフー老師を恨む事なく、
出来ない自分を克服しようとするポーは、
ようやく自分の力で肉まんを手にした時、
それを食べませんでした。

そこに描かれていたのは、
ポーが本当に欲しかったのが肉まんではなく、
カンフーを諦めない自分の姿だったと、
ポーの気持ちが明確に分かった瞬間でした。


自分が欲しいモノを手にするには、
それなりの努力が必要です。


そして、それを手にした時の喜びと、
手に入れられなかった時の悔しさは、
全て自分の中に託されているわけで、
その結果は、自分以外の誰が悪いわけでも、
誰のせいでもありません。


自分が認められたい気持ちと、
その為の努力、
認められなかった時の悔しさや不満は、
自分の為に、自分の中で向き合い、
自分自身で解決しなければ、
心の成長は成し遂げられないという、この物語。

アニメだからと言って侮る事なかれ!

成功の秘訣なんて、何処にも無いという
この映画のテーマには、
今の日本の若者に与えるべき教訓
しっかりと盛り込まれていたと思いますし、
社会に出た大人が観た方が、
案外、勉強になるアニメなのかもしれません。


【2008年8月10日(日)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒーローを超えた男。『ダークナ... | トップ | 幸せな結婚生活の秘訣。『ベガス... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケント)
2008-08-12 08:32:53
TBありがとうございました。
現代日本の世相を反映した心のこもったレビュー。
映画以上に素敵ですね。
コメント返信 (テクテク)
2008-08-12 12:41:57
>ケントさま
こんにちは
私の感想を「心のこもったレビュー」と感じて頂けた事、
大変光栄に思います
ありがとうございます

この映画は、いろんな動物が出てきてスピード感もあり、
お子様にも楽しめる作品でしたよね

ただ、表面的にはCGアニメの娯楽映画であっても、
その物語の根底にあるモノが
大人の私には、とても深いメッセージを感じられる作品でした
なるほど (オリーブリー)
2008-08-15 14:40:04
さすが、テクテクさん!
素晴らしい!

タイランはダークサイドに落ちるアナキンみたいだわ~と思って観たけど、
確かに自分の状況が悪くなる事を、誰かのせいにしてしまう人が増えましたね。
生きていれば1度や2度は理不尽だと感じることありますが、その時に自分を見つめ直す力が大切ですね。
こんにちは! (アイマック)
2008-08-15 18:25:33
お盆はいかがお過ごしですか~
毎日暑いですね~

タイ・ランってSWのダークサイドに落ちていくアナキン・スカイウォーカーにみえましたよ。
シーフーがオビ・ワンね^^;
ぐうたらなポーのキャラが新鮮でした。
たかがアニメと侮れない、クオリティの高い作品でした。
吹き替えもよかったよね。

コメント返信 (テクテク)
2008-08-16 10:43:49
>オリーブリーさま
こんにちは
確かに、この映画に登場するタイ・ランは、
天性の才能に恵まれ、優秀な能力を身に付けながらも、
心に闇を抱えてしまったが為に
ダークサイドに落ちてしまったアナキンのようですね
現代の若者も、理不尽な事に屈してしまい、
ダークサイドに落ちてしまう事が
多くなっているという事なのでしょうか…
アニメ映画であっても、お子様だけでなく、
大人が観る事によって
この映画に描かれていたポーとタイ・ランを観ながら
自分の姿を見つめ直す事が出来れば…
そんな事を思ってしまいました


>アイマックさま
こんにちは
実は、13日から名古屋に帰省していました
相変わらず名古屋は暑かったですね~

この映画のタイ・ランの姿に、
ダークサイドに落ちるアナキンを思い出す方も
結構いらっしゃるように感じました
製作サイドも、実は意識していたのかもしれませんね

ポーみたいな主人公も新鮮でしたし、
人間が登場せず、動物ばかりの設定というのも
なかなか面白かったです

吹き替え版も違和感なく見れましたし、
思っていた以上に楽しめた作品でした
こんばんは♪ (ミチ)
2008-08-17 22:40:56
返信が遅れてしまってゴメンなさい。

タイ・ランに目をつけたテクテクさんのレビューはとても目新しく新鮮です~。
比較的分かり易いメッセージの作品だと思っていたのですが、なるほど、テクテクさんのように見ればかなり深いメッセージを含んだ作品なのですね~!
コメント返信 (テクテク)
2008-08-18 22:41:47
>ミチさま
こんばんは
いえいえ…
ミチさんのブログも拝見しましたが、
いろいろトラブルがあったようで大変でしたね

私もPCが壊れてしまったり、接続の不具合があった時は、
本当に大変でしたから、
ミチさんの苦労は手に取るように分かります

ところで
この映画、善悪がハッキリしていてメリハリもあり、
お子様が見ても楽しめる内容だったと思います

ただ、凶暴なタイ・ランの姿を見ながら、
大人になれない精神的に幼稚な今どきの若者を感じてしまったので、
この映画を観ている子供たちには、
タイ・ランのようにはなって欲しくないなぁ…
そんな事が頭を過ぎってしまいました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「カンフーパンダ(日本語吹き替え版)」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「カンフーパンダ(日本語吹き替え版)」@アスミックエース試写室 映画の話 中国の桃源郷“平和の谷”が、極悪非道なタイ・ランに襲われる。そこで彼に対抗する勇者を選ぶことになり、選考試合ではマスター・モンキーらカンフーの達人たちがその技を競い合う。だが、...
「カンフー・パンダ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。吹き替え版だったので ジャックブラックやアンジーの声が聞けなくてちょっと残念・・「カンフー・パンダ」公式サイトダメダメパンダがカンフー・マスターになるまで・・っていうベタベタな内容ながら、ぼよんぼよんの体でがんばるパンダがかなり...
カンフー・パンダ (Memoirs_of_dai)
このパンダなら1億でのレンタルも納得いく 【Story】 中国の桃源郷“平和の谷”が、極悪非道なタイ・ランに襲われる。そこで彼に対抗する...
カンフー・パンダ/KUNG-FU PANDA (我想一個人映画美的女人blog)
チャウ・シンチーの『少林サッカー』では、カンフー×サッカーという意外な融合がポイント{/light/} こちらは、パンダ×カンフーというこれまた意外な組み合わせ{/eq_1/} パンダのポーになりきる(声優)のは、 パンダに体型そのまんま、JBこと、ジャック・ブラック{/...
カンフー・パンダ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
タイトルバックも含め、色彩が素晴らしい。中国の平和な村に住むぐうたらのパンダが、成り行きで龍の戦士になり活躍する物語だ。動物たちの個性をいかした本格的なアクションが見事。メッセージは、自分を信じる事と、人まねではないオリジナリティの大切さである。隠れた...
カンフーパンダ (シネマ大好き)
試写会で「カンフー・パンダ」を観た。日本のかと思ってたら、「シュレック」のドリーム・ワークスので、字幕。声優がダスティン・ホフマンやアンジェリーナ・ジョリーやジャッキー・チェンと豪華だった。 ラーメン屋の息子のパンダのポーは、体形に似合わずカンフーフ...
『カンフー・パンダ』 (めでぃあみっくす)
本公開を迎える随分前から予告編やTVCMなどで数多く宣伝されてきた映画に面白いものはなし!がこれまでの通説だったので心配ではあったのですが、この映画はそれなりに面白い映画でした。ただあまり映画を見ない人やお子様には受けても、映画好きにはちょっと一過言あるか...
カンフー・パンダ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:KUNG FU PANDA) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 古代中国を舞台に、カンフーオタクのパンダが活躍するCGアニメーション映画。 中国の山奥にある美しい安住の地"平和の谷"。カンフーオタクのパンダのポー(声:ジャック・ブラック)は、父親ミス...
カンフーパンダ (B級パラダイス)
JB続きとなりました。予告編からめちゃ楽しそう~って思ってたんですが、予想通り楽しかったです~!
『カンフーパンダ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カンフー・パンダ」□監督 マーク・オズボーン、ジョン・スティーヴンソン □脚本 ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー □キャスト(声の出演) ジャック・ブラック、ジャッキー・チェン、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョ...
カンフー(映画/試写会:カンフーパンダ) (美味!な日々)
いいぞ、いいぞっ!!パンダっ!!アニメ映画『カンフーパンダ』の字幕版を試写会で観て来ました。
カンフー・パンダ (そーれりぽーと)
中華五輪に向け、愛らしい中国の珍獣を主人公に据え、カンフーベースで子供も大人も盛り上がる映画を。 と、考えて作られたのかどうかは定かではありませんが、舞台となっている中国国内ではパンダの扱いが酷過ぎると問題視されてしまっている『カンフー・パンダ』を観て...
映画 『カンフー・パンダ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが手掛けた、動物たちによるカンフー・アニメーション大作。古くからの予言により、思いがけずにカンフーマスターを目指すことになったパンダの血と汗と涙の修行の日々をユーモアたっぷりに描き出す。...
「カンフーパンダ」スピード感あふれるカンフー映画 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
キャラクター設定良し、脚本良し、絵もきれいだし、笑いもいっぱいで、テーマもグ~っ! スピード感あふれるカンフーシーンは、意外にも本格的。 とぼけたパンダの、お笑いほのぼのフルCGかとおもいきや、いやいや胸にぐっと迫るものもあってなかなかの出来だった。
カンフーパンダ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  大改築オープンしたばかりの『新宿ピカデリー』。真っ白い11階建のビルに、10スクリーンを用意したゴージャスなシネコンに生まれ変わっていた。 今日は平日だというのに、係負が10人いるチケットカウンターは大行列。オープン以来連日盛況で、3万円も...
カンフー・パンダ (Akira's VOICE)
食べて強くなります!  
Kung Fu Panda (カンフー・パンダ) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、オープニングで興行成績トップになった、豪華な吹き替え陣と、いつものようにすばらしいCG画像を見せてくれたドリーム・ワークス作品「カンフー・パンダ」。 ランキングに参加してます。 中国の奥深くにある“平和の谷”には、一つの伝説があった。翡翠...
「カンフー・パンダ」 (てんびんthe LIFE)
「カンフー・パンダ」(字幕版)試写会 よみうりホールで鑑賞 ドリーム・ワークスの作ったCGアニメ。 今年の夏の宮崎アニメ、ポニョの対抗は間違いなくこの作品だと思います。 今年は、カンフー作品がやたらに沢山ありますが、その中でも異色のこの作品はハリウッ...
カンフー・パンダ (まぁず、なにやってんだか)
昨日は中野ZEROホールで「カンフー・パンダ」(日本語吹き替え版)の試写会を観てきました。 我が家の子供たちもずっと「観たい~」と言っていた映画ですが、試写会会場が遠いため、友人と観てきました。へへっ。 キャラクターの顔がちょっと怖め?などと思ったの...
カンフー・パンダ (ネタバレ映画館)
食えなければ食えないほど強くなる食欲拳!
カンフー・パンダ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
中国武術に見る師と弟子の深い絆!__師弟愛を描いたドラマと本格カンフーが融合! 物語:中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを信じていた。父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。ぶよぶよのお腹に、呆れるほどの...
そこに在るのは己のみ (CINECHANの映画感想)
195「カンフー・パンダ」(アメリカ)  中国、山深い村に住むパンダのポー。ラーメン屋を営む父親の手伝いをしているが、カンフーの達人になることに憧れていた。  ある日極悪カンフー・ウォリアーのタイ・ランが脱獄し、?龍の巻物?を狙いに村に来るという噂が流れ...
カンフー・パンダ 日本語吹き替え版 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月26日 公開 "少女"よりもカンフーしてる"パンダ"!!! いやぁぁぁ~、素晴らしい!!! なんでしょ~、全体的にセンスを感じましたねぇ~。 大人が観てもしっかり耐えうるストーリーのCGアニメでし...
「カンフー・パンダ」 相手を信じろ (はらやんの映画徒然草)
アメリカでも大ヒットをして、中国でもこんな映画を中国人が作らなくてはいけないと偉
『カンフー・パンダ』(字幕版) (たーくん'sシネマカフェ)
「カンフー・パンダ」 ドリームワークス制作のアメリカ・アニメ。中国の北京オリンピックの影響かカンフーや少林関係の映画が多い。くだらなくても楽しめればいいのですが、吟味が必要でしょう。KUNGFUPANDATM&(C)2008byDreamWorksAnimationL.L.C.AllRightsReserved....
103●カンフー・パンダ (レザボアCATs)
北京オリンピック開催された最中、「中国と言えばカンフー」ということで、今年はやけにカンフー映画が作られたということだけれど。その中でもこれが実は一番のメインかもしれない。安心して親子でも楽しめそうな、笑いアリの爽やかな作品だった。
「カンフー・パンダ」 (みんなシネマいいのに!)
 「アンツ」の時はダメダメだったドリームワークスのアニメも今やピクサーの次に安心
カンフー・パンダ (心のままに映画の風景)
中国の桃源郷「平和の谷」 “龍の巻物”の奥義を得た者は史上最強の“龍の戦士”になれるという伝説があった。 その伝説を信じるパンダの...
カンフー・パンダ (小部屋日記)
Kung Fu Panda(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: マーク・オズボーン/ジョン・スティーヴンソン 日本語吹替版出演:山口達也/笹野高史/木村佳乃/中尾彬/MEGUMI 自分を信じろ。 「シュレック」のドリームワークスが贈る、カンフーをテーマにした最新ア...
映画 【カンフー・パンダ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「カンフー・パンダ」(字幕版) ドリームワークスが手掛けた、動物たちによるカンフー・アニメーション大作。 おはなし:カンフーオタクだが実技は丸っきり素人のパンダ、ポーは、偶然の積み重ねにより、修行者たちが目指す最高峰“龍の戦士”に選ばれてしま...
カンフー・パンダ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 カンフーマスター & ポー吹替え版を見に行った。 後で知ったけど アメリカの声優さんは 有名人ばっかしやってんねとにかく絵がめっちゃキレー CGやけど ホンマに動いてるみたいに立体感があったし5匹のカンフーマスターは 子供の頃から修行をつんでいて め...
カンフー・パンダ (Yuhiの読書日記+α)
ドリームワークス社製作の動物たちのカンフー・アニメ。声優にジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェンなどが出演したことでも話題になりました。 <あらすじ> 中国の山深い村に住むパンダのポーは、カンフーの達人になるのを夢見ていた。あ...
【2008-181】カンフー・パンダ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? パンダが カンフー? ここらで白黒 つけようぜ! 自分を信じろ。
映画 「カンフー・パンダ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
大熊猫、パンダが大好きな私ですから、前売り券も購入済みで観に行くでしょう!! (前売り特典は、パンダの肉球ストラップだったもんね) で...
カンフー・パンダ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『自分を信じろ。』  コチラの「カンフー・パンダ」は、第81回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされた、ドリームワークス・アニメーションが贈る夢とロマンのミラクル・カンフーです。  まぁ本命は「WALL・E ウォーリー」なんでしょうが、コレも結...
カンフー・パンダ (Yuhiの読書日記+α)
ドリームワークス社製作の動物たちのカンフー・アニメ。声優にジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェンなどが出演したことでも話題になりました。 <あらすじ> 中国の山深い村に住むパンダのポーは、カンフーの達人になるのを夢見ていた。あ...
映画評:カンフー・パンダ (映画と写真のブログ)
パンダのポーは、カンフーに憧れていた。 カンフーのことなら、何でも知っていた。あんなふうになりたい、と思っていた。 でも、現実のポーはラーメン屋。 ポーにとって憧れのカンフーは、ずっと遠い、泰山の上の城のようなものだった。 そんなある日、ポーは翡翠城で...
【映画】カンフー・パンダ…不足しているのは愛か?功夫(修練)か? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}気の利いたサブタイトルはいつも思い浮かばないピロEKです{/face_gaan/} 明日からゴールデン・ウィークですね{/up/}{/up/} 私も今回は5連休{/up/}(っていうか暦通りですけどね{/face_ase2/})。 で、折角の5連休なんだけど… 遊ぶ予定は皆無!! …自転...