水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

ホントに日記みたいな映画。『ラム・ダイアリー』

2012-07-03 22:00:00 | 映画【ら行】
プエルトリコにやって来たジャーナリストの
破天荒な日々を描いた作品です。


映画の評価 ★★★☆☆ オチが雑な映画


●以下ネタバレがあります●


久しぶりに実話ベースの映画を観ましたが・・・


娯楽性を求めて観ると
肩透かしを食らうので要注意の作品です。


『ラム・ダイアリー』というだけあって
ホントに日記みたいな映画でした。


終始ジョニー・デップ演じるポール・ケンプの目線で
ただ、ただ、日々の出来事
映像化しているだけの作品。


そのせいかストーリーはあってないようなモノ???


劇中にはいろんな題材が盛り込まれていて
取っ掛かりはイイ感じなんだけれども・・・


着地点は何とも微妙です。


一番の目玉であったはずの
プエルトリコの観光ビジネスに秘められた暗躍
暴かずのまま映画は終了。

経営難に陥った新聞社の結末
シュノーとの恋の結末
あまりにもショートカットし過ぎな感じでした。

この映画に描かれていた人物像
ジョニー・デップが惚れ込んだのは
なんとなーく分かる気がするのは確かです。


でもなー。


全体的なストーリーよりも
日々のエピソードに拘りすぎて
オチがお粗末な作品になっていました。

社会正義も恋愛も友情も
どれもこれも過程は上手く描いているのに
何だかスッキリとしないアッサリとした結末。


ジョニー・デップはカッコ良かったんですけどねー


うーん・・・残念。


【2012年7月1日(日)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼も今どきの高校生。『アメイジ... | トップ | 人に歴史あり。『ワン・デイ 23... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ラム・ダイアリー/The Rum Diary (LOVE Cinemas 調布)
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキン...
ラム・ダイアリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RUM DIARY】 2012/06/30公開 アメリカ R15+ 120分監督:ブルース・ロビンソン出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っ...
「ラム・ダイアリー」みた。 (たいむのひとりごと)
有名なジャーナリスト:ハンター・S・トンプソン氏の原作を、ジョニー・デップが企画・製作・主演で映画化したもので、何だかちゃんと生身の人間に見えるジョニーの作品っていつ以来だろう?とか思ったり。逆を言う
ラム・ダイアリー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Rum Diaryクチコミを見る反骨のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化「ラム・ダイアリー」。ジョニー・デップの思い入れだけで成り立っている作品。1960年、 ...
ラム・ダイアリー/ジョニー・デップ (カノンな日々)
米国のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を親友であるジョニー・デップが自ら企画し、製作しそして主演を務めた作品です。真夏のプエルトリコを舞台にジャーナ ...
ラム・ダイアリー (心のままに映画の風景)
1960年、南米プエルトリコ。 NYからやって来たジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)は、ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)に雇われ、地元の新聞社に職を得る。 個性的な仕事仲間...
映画「ラム・ダイアリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ラム・ダイアリー」観に行ってきました。故ハンター・S・トンプソンによる同名の自伝小説を原作とし、親友のジョニー・デップが故人のために企画・製作・主演の全てを担った...
ラム・ダイアリー (風に吹かれて)
美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ
ラム・ダイアリー     評価★★★54点 (パピとママ映画のblog)
ジョニー・デップが敬愛してやまない“伝説のジャーナリスト”ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化。監督は「ラスベガスをやっつけろ」でもジョニーから監督を依頼されたブルース・ロビンソン。本作は彼の約20年ぶりの監督復帰作。 これはトンプスン自身がま...
ラム・ダイアリー (とりあえず、コメントです)
ジャーナリストのハンター・S・トンプソン著の自叙伝的な青春小説をもとに描いたドラマです。 トンプソンの親友でもあったジョニー・デップが主演をしているので楽しみにしていました。 “ラム・ダイアリー”というタイトル通りお酒漬けではちゃめちゃな日々なのですけど...
ラム・ダイアリー ジョニデの思い入れが空回り〜 (労組書記長社労士のブログ)
【=31 -3-】 TOHOシネマズ、6本観たら1本無料の特典を使うのに、スパイダーマンを観るかこっちを観るか悩んだ末の選択だったのだが。  1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。NYでの生活...
ラム・ダイアリー/THE RUM DIARY (いい加減社長の映画日記)
巨悪を暴く的な、ちょっと気になるテーマだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。 NYでの生活から一転しようとここへ来たケンプだ...
「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記 (はらやんの映画徒然草)
ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが
君の血中アルコール濃度は? 〜『ラム・ダイアリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE RUM DIARY  Absolutely Nothing in Moderation  1960年、カリブ海に浮かぶ南米・プエルトリコ。NYからやってきたポール・ ケンプ(ジョニー・デップ)は、サンファンの地方紙記...
映画『ラム・ダイアリー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-55.ラム・ダイアリー■原題:The Rum Diary■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:7月8日、渋谷HUMAXシネマ(渋谷) □監督・脚本:ブルース・ロビンソン◆ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)◆アンバー・ハード(シュ...