水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

読めない男。『アウトロー』

2013-02-02 11:00:00 | 映画【あ行】
イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説
「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化した作品です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白いアクション映画


●以下ネタバレがあります●


この映画、なかなか面白かったです。

私は好きなタイプのアクション映画でした。

台詞のない数分間の冒頭シーンは
結構なドキドキもの。


どうなっちゃうんだろ?!
どうなっちゃうんだろ?!


そう思いながら前半は映画を観ていました。

後半はある意味、
なんとなーく筋書きが見えてきて
安心して観れちゃうようなところもありましたが
終始テンポも良くて退屈せずに観れました。

主演のトム・クルーズに対しては
特別な思い入れがあるわけではないのですが
物語が進むにつれ知らず知らずのうちに
ジャック・リーチャーに肩入れしている自分がいたりして。

ジャック・リーチャーの強さと賢さとクールさ
ジェイソン・ボーンに匹敵するほどです。


でもなー。


ジャック・リーチャーの感覚って
ちょっと分からない部分もありました。

ジェイ・コートニー演じる殺し屋のチャーリーと
雨の中で対決する場面では
彼の後頭部にを突き付けていながらも
銃を捨てて素手で戦っちゃいます。

あのまま一撃で勝負は付いたのに
なぜ素手で戦いを挑むのか・・・

その反面、
黒幕のゼックに対しては
長々と話をしながらもあっさりと一撃。

無抵抗な老人犯罪者は生かして
法の裁きを受けさせるのかと思いきや
一瞬の自己判断で殺してしまう冷酷な一面も持っています。


うーん・・・
良くも悪くもジャック・リーチャーは読めない男だ。


【2013年2月1日(金)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じ穴のムジナ。『ストロベ... | トップ | 親子の絆。『ダイ・ハード/ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アウトロー ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
トムの新シリーズとなるか公式サイト http://www.outlaw-movie.jp2月1日公開原作はリー・チャイルド著作のジャック・リーチャーシリーズ (講談社文庫)監督・脚本: クリストファー
アウトロー (Akira's VOICE)
ヒーロー像は弱いが演出で魅せてくれる。  
映画:アウトロー Jack Reacher なぜ最近 カーアクションで全く「燃えないか」の理由を一発で悟る(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
トム・クルーズ製作・主演。 これだけでイヤな予感が走る。 というのは最近、彼の「ドヤ顔」に少々うんざり気味だった私。 もし130分にも渡り、それを見せつけられたら...と思うだけでゾッとした(笑) だが映画が始まってみれば、それは杞憂に終わった。 とう....
劇場鑑賞「アウトロー」 (日々“是”精進! ver.F)
悪は、許さない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302010002/ ★枚数限定ポスター★■トム・クルーズVer■ [映画ポスター] アウトロー (JACK REACHER) [DS]...
アウトロー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人質を取られようが関係ないと言い切るジャック・リーチャーが、格好いいのだ。とくにすごいのは、弁護士のヘレンを盾にしているのに犯人を一発で始末するシーンだ。わてはこういうハードなやつが好みなので、続編を期待したい。
アウトロー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Jack Reacherトム・クルーズ主演のハードボイルド・アクション「アウトロー」。どこからともなく現われて正義を成し、どこへともなく去っていく…。シェーンか、君は!真昼のピッツバ ...
アウトロー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年2月1日(金) 13:05~ 109シネマズ川崎1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 酒場でのトムちんの身長が気になるも・・・ 『アウトロー』公式サイト どういう訳か と同じタイトルは、原題が主人公の名前’JACK REACHER’で、原作の...
アウトロー/JACK REACHER (新・映画鑑賞★日記・・・)
【JACK REACHER】 2013/02/01公開 アメリカ 130分監督:クリストファー・マッカリー出演:トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ジェイ・コートニー、ジョセフ・シコラ、ロバート・デュ...
「アウトロー」ワイルドトムちん (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「ワイルドだぜぇ。」並みのワイルドさである。 流れ者のアウトローと言うからには、ワイルドで孤高の一匹狼をイメージしているはず。 どこか正攻法でお行儀の良い一匹狼は、ワイルドさを楽しむというより謎解きを楽しむ2時間サスペンス? せっかくのトム・クルーズ新...
アウトロー / Jack Reacher (勝手に映画評)
元々は、ジャック・リーチャーを主人公とする小説。今回は、その第9作目を映画化している。 う~ん。だいぶTV CMから受ける印象と違いますねぇ。TV CMでは、アウトローながら、今回の容疑者を助けようとしている印象を受けますが、実際にはぜんぜん違う。今回の容疑者は....
アウトロー (あーうぃ だにぇっと)
アウトロー@東京国際フォーラム
『アウトロー』 2013年1月9日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アウトロー』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 いつも通りのファンサービス旺盛なトム・クルーズには感心です。 でも、開始が遅くなって予定通りにならないのには困ったもんです 【ストーリー】  真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が...
アウトロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 冒頭からの展開はなかなか見応えがあったんだけど。。。
『アウトロー』 (こねたみっくす)
ダークヒーローを演じるトム・クルーズのプロモーション映画にもなりきれていない、リズムの悪い凡作。 演出は古臭い、脚本は何の捻りもない、音楽の使い方も下手、物語のテーマ ...
アウトロー (心のままに映画の風景)
ピッツバーグ近郊の川沿いで無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とす事件が発生。 元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が容疑者として拘束されるが、“ジャック・...
アウトロー (Memoirs_of_dai)
アウトローギリギリいっぱい 【Story】 真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ5名が命を落とすという事件が発生。警察は早々に元軍人のスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ...
映画「アウトロー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アウトロー」観に行ってきました。イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー」シリーズを映画化した、トム・クルーズ主演のハードボイ...
アウトロー/ JACK REACHER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  「M:Iシリーズ」に続く、 トムちんの新シリーズ始動 ということで楽しみにしてました、これ。 ついに2月1日、日本上陸! 試写にて鑑賞 今回トムが演じるのは、どんな完全犯罪でも逃しはしない、とい....
俺はヒーローじゃない~『アウトロー』 (真紅のthinkingdays)
 JACK REACHER  ピッツバーグの川沿いで、5人が銃撃される事件が発生。容疑者として、元 陸軍兵士のジェームズ・バーが逮捕されるが、彼は 「ジャック・リーチャーを呼 べ」 とだけ記し...
「アウトロー」 アクションではなくミステリー (はらやんの映画徒然草)
予告を観たときは、アクションものかと思っていたのですが、いい意味で裏切られました
[映画『 アウトロー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆おそらく、トム・クルーズ、自分の年齢に応じた、ちょいと現実感のある役柄へ自分を向かわせようとしているのだろう。  思えば、多くのスター俳優が、荒唐無稽のスーパーヒーローシリーズに一段落ついた後は、アクションはアクションでも、やや、人間臭いものへのシフ...
『アウトロー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アウトロー」□監督・脚本 クリストファー・マッカリー□原作 リー・チャイルド□キャスト トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、ベルナー・ヘルツォーク■鑑賞日 2月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★...
アウトロー (こみち)
JUGEMテーマ:洋画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画   アクション軍事ものといったよりもスパイものに近い映画でした。   ジャック・リーチャーの格闘シーンや射撃場経営者の狙撃シーンは   なかなか見ごたえのあるシーン...
アウトロー (ここなつ映画レビュー)
2013年公開の映画作品として最初に観たのがこの作品「アウトロー」。公開はまだだけれど、トム・クルーズ来日、舞台挨拶付プレミア試写会に勤務先の同期と参加。 思えば、去年2012年最初に観た映画は「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」で、これもま...
アウトロー ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
世界の誰もが認める最強のハリウッド・スター、トム・クルーズ。2013年には、彼の新しいワイルドな一面が炸裂する。その先駆けが、作家リー・チャイルドの“ジャック・リーチャー”シリーズを初映画化したこの「アウトロー」。 元軍人で、法やしがらみに縛られず、一人で...
アウトロー (だらだら無気力ブログ!)
敵がちょっとしょぼいな。
アウトロー/JACK REACHER (いい加減社長の映画日記)
新しいヒーローの誕生・・・? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 元軍のエリート捜査官だったが、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャー。 煩わしい荷物など一切持たず、クレジットカードや携帯電話、車も所持しないどころか、家族や恋人、仲...
アウトロー ジャック・リーチャーと「96時間」のブライアン、どっちが賢くて強いのだろう? (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=13 試写会2】 アウトローを辞書で引くと「法の保護や秩序の外にある者。無法者。」とある、無法者ってのはなんとなく西部劇のイメージがあり、ならず者とか無頼漢っていう言い方もある。 日常的には、回りと打ち解けられない人とか不良や変わり者やはみだし者みたい....
映画『アウトロー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-12.アウトロー■原題:Jack Reacher■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:130分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚色:クリストファー・マッカリー◆トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)◆ロザムンド・...
アウトロー (いやいやえん)
トム・クルーズ主演。 シリーズものの原作の何作目かの映画化なので、主人公が何者なのか、どういう経緯でアウトローとなったのか、その辺が描かれず突然登場するので、ある意味で「謎の男」というグレーな男を演出するのにはむいています。悪く言えば説明不足ではあ...
アウトロー (銀幕大帝α)
JACK REACHER 2012年 アメリカ 130分 サスペンス/アクション/ミステリー 劇場公開(2013/02/01) 監督:クリストファー・マッカリー 製作:トム・クルーズ 原作:リー・チャイルド『アウトロー』 脚本:クリストファー・マッカリー 出演: トム・クルーズ『ミ...
アウトロー (Jack Reacher) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・マッカリー 主演 トム・クルーズ 2012年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★ どこを歩いていようが、“綺麗な人”“可愛い人”“概ね綺麗な人”“捉え様によっては綺麗な人”と、道行く女性に振り返ってばかりの私。見ているだけで幸...