水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

ほろ苦いコメディ映画。『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア 』

2009-02-28 13:00:00 | 映画【な行】
1997年のドイツ映画。
余命わずかな二人の男性が
海を見る為に旅をする物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 笑えて泣ける映画


●以下ネタバレがあります●


つい先日劇場で観た邦画『ヘブンズ・ドア』
あまりにも酷い映画
ボコボコな感想を書いてしまいましたが、
オリジナル版は秀作だと聞き、
それを自分の目で確かめてみました。


・・・確かに秀作です。


物語の内容は邦画『ヘブンズ・ドア』と変わらず、
余命わずかな二人が
偶然病室で手に入れた酒を美味しく飲む為
病院の調理室で塩とレモンを拝借し、
酔っ払って話した
天国では海の美しさを語り合うという
話題が切っ掛けとなり、
「今から海を見に行こう」
病院を抜け出す所から展開します。

彼らの悪事
海を見に行く為に車の盗難から始まり、
ガソリンスタンドでガソリンを無料調達し、
店主を拳銃で脅して売上金まで奪い、
お金が足りなくなったら
銀行に行って拳銃で脅して強盗します。

これらは全て邦画『ヘブンズ・ドア』と同じで、
余命わずかな病人には何でもありかよ?!
私が嫌悪感を持った同じシーンですが
この映画では不思議な事に
サラリと観る事ができました。

その理由は明確で、
それらのシーン全てが完全に強烈な
コメディ・タッチで描かれていたからです。

そして邦画『ヘブンズ・ドア』との何よりの違いは、
旅をする二人が全く違う価値観を持った
同じ年頃の成人男性同士だったという点です。

「禁煙」のルールを無視して
電車の中でも病室内でも平気で煙草を吸い、
何でもありの性格
道徳心の欠片も感じられないマーティンと、
煙草を吸わずナイーブな臆病者の性格
道徳心の塊のようなルディ。

この凸凹コンビの旅がコメディ色
より一層強くします。

そして邦画『ヘブンズ・ドア』では
「絶対にありえない!」と思いながら
私が最もドン引きした
薬局で拳銃を突き付けて
薬を無理矢理調達するシーン

オリジナル版の中で描かれていたのですが・・・

処方箋がない事で薬剤師に断られ
常識人のルディ
「やっぱりダメだよね・・・」といった感じで
あっさり諦めて薬局を後にしようとしますが、
再び振り返り薬を手にする為、
拳銃を発砲
します。

あの臆病者のルディがここまでするとは・・・!

そんな彼の行為には
思わずが零れてしまいました。

こんな感じで
映画自体は面白おかしいシーンは満載なのに、
どこか哀愁が感じられる
ほろ苦いコメディ映画には、
何度となくウルウルさせられてしまいました。

その後の展開
邦画『ヘブンズ・ドア』とほぼ同じように進み、
ラストシーンもエンドロールまでも
ほぼ同じなのですが、
それなのにこんなにも心に残るモノが違うのは
邦画『ヘブンズ・ドア』
物語や映像の上っ面だけを
リメイクした映画
に過ぎず、
似たようなシーンや映像は満載なのに
中身はカラッポになってしまったという事なのでしょう。

こう言っては何ですが、
オリジナル版のファンが邦画『ヘブンズ・ドア』を観たら
間違いなく激怒すると思います。

男の深い友情のドラマ
歳の差カップルの安っぽい犯罪ドラマ
変形されてしまったのですから・・・。

例えて言うならば、
『インファナル・アフェア』
『ディパーテッド』になっちゃった!!くらい
オリジナル版とリメイク版に
落差のある作品
でした。


【2009年2月28日(土)DVDにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 求めているのは希望。『チェンジ... | トップ | 単発のお笑いシーンが満載。『少... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (なな)
2010-03-08 20:55:06
わたしはこれのリメイク「ヘブンズ〜」は観てないのですが
世間の評判が芳しくないことは知ってました。
で,オリジナルの方をこないだ見て大感動!

これって中年男性同士の道行きだからこそ
そしてテクテクさんのおっしゃるように
まったく違うタイプの二人が心を通わせていくからこそ
味がある物語なのに
なんで年の差カップルにしちゃったんだか。
その地点でもうダメでしょ,って思いました。
それにどうも記事を拝見すると
リメイクの方は,彼らの犯罪行為が腹立たしく感じたらしいですね。
きっと主人公たちに共感できるほどの魅力がなかったのでしょう。
オリジナルの二人は同じことをしても
なぜか許せる・・・というか
それはコメディの要素もありますが
やはり哀愁をも感じさせる二人のキャラクターが
魅力的だったからでしょう。

オリジナルは大好きな作品になりました。
リメイク版は・・・観ることもないと思います。
コメント返信 (テクテク)
2010-03-09 12:51:30
>ななさま
こんにちは
私は先に邦画のリメイク版を観ていたので
物語のあらすじや結末は知っていたのですが、
このオリジナル作品にはホロリ…とさせられました

先にオリジナル版を観ていたら、
邦画のリメイク映画の出来には怒り心頭だったと思います

ホントにリメイク版は観ない方がイイと思います…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」は、来春「ヘブンズ・ドア」というタイトルで長瀬智也さんと福田真由子さん共演で日本版リメイクされることになったドイツのロード・ムービーです。  日本版リメイクでは、余命宣告を受けた青年と少女が思い出の海を目指...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (めでぃあみっくす)
ボブ・ディランの名曲「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」をタイトルにしたこのドイツ映画。元々タクシドライバーだったトーマス・ヤーン監督が映画会社に送った脚本が認められたことで映画化され、本国ドイツでは大ヒット。癌を宣告され余命僅かな2人の男が主人公なのに...
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」なかなか面白かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
深夜にやっていたのを録画。思いがけず拾いもんの映画でした♪現在、長瀬君と福田さん主演でやってる「ヘヴンズ・ドア」は、この映画のリメ...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (Yuhiの読書日記+α)
ドイツで大ヒットしたという、余命わずかな男性二人のロードムービー。 <あらすじ> 死期の迫った脳腫瘍のマーティン(ティル・シュヴァイガー)と末期骨髄腫のルディ(ヤン・ヨーゼフ)は、ひょんなことで同じ病室でベッドを並べることに。こっそりテキーラを口にしたふた...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]ドイツ映画のクールなロード・ムービーは、死を扱っているのに湿っぽいところがまったくない。さらに、いかつい男二人の逃避行だというのに、ロマンチックでさえある。 マーテ...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (ともやの映画大好きっ!)
(原題:KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR) 【1997年・ドイツ】TVで鑑賞(★★★★★) ボブ・ディランが1973年に発表した『KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR』にインスパイアされて作られたアクション・ロード・ムービー。 落ちこぼれのギャングであるヘンク(ティエリー・ファン...
【映画感想】ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア[2009-096] (映画+小説+家族=MyLife)
長瀬智也と福田麻由子が共演した作品『ヘブンズ・ドア』の原作映画が、今回鑑賞したドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』。 たまたま同じ病室に居合わせた死を目前にした末期患者二人が、死ぬ前に人生で一度も見たことが無い海を観に行こうとするロードムービー...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (虎猫の気まぐれシネマ日記)
1997年公開のドイツ映画。日本ではたしか「ヘブンズ・ドア」という題で2009年にリメイクされているが,こちらは評が賛否両論に分かれたらしい。今回,オリジナルを観て,その魅力にノックアウトされた。 いや〜どうしよう,この作品,愛してしまったじゃないの〜〜!(絶...
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (悠雅的生活)
余命僅か…なら、海を見に行こう。
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】余命わずかと宣告され、末期病棟の同室に入院させられたマーチン(ティル・シュバイガー)とルディ(ヤン・ヨーゼフ・リーファイス)。二人は死ぬ前に海を見るために病棟を抜け出し、ベンツを盗んで最後の冒険へと出発した。その車がギャングの...