水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

発信し続ける無償の愛情。『奇跡のシンフォニー』

2008-06-29 22:00:00 | 映画【か行】
両親との再会を信じている孤児の少年の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 愛情を感じる映画


●以下ネタバレがあります●


親子が放つ不思議なテレパシーというか、
引き合う波長というか、
そういうモノを私も何度か感じた事があります。

つい先日も
「今日の夜、実家へ電話しようかなぁ・・・。」
と思っていたら
その日に突然実家から電話がかかってきました。

特別な用事や話があるわけではなく、
ただ何となく声を聞くだけで心に伝わるモノがあるのが
やはり親子の関係のような気がしますし、
コブクロの歌う「蕾(つぼみ)」の歌詞にある

絶やす事なく僕の心に灯されていた
優しい明かりは 
あなたがくれた理由なき愛の灯


このフレーズが
親子の愛情を顕著に表現しているように思います。

今回観たこの映画は
両親の存在を信じる孤児の少年と
その父親と母親が
愛情と音楽に導かれて引かれ合う物語です。


ニューヨークの養護施設で育った
11歳の少年エヴァン(フレディ・ハイモア)は
様々な音の世界に音楽的な感性を持ち、
名前も顔も知らない両親の存在を信じていました。
施設にいる子供たちの間では変人扱いされ
どんなにイジメられても、
両親の存在と音楽を信じ続けます。
ある日、エヴァンは、児童福祉担当の役人
リチャード(テレンス・ハワード)との面談を受け、
養子になる事を薦められますが、
自分は両親の存在を信じているとの
胸の内を明かします。


この映画に登場するのは
天性の音楽の才能を持つ少年エヴァン。

音楽家の父を持つお嬢様チェリストで、
将来を期待されながらも
心に大きな傷を負って以来、
コンサート活動を止めてしまったライラ。

ロックミュージシャンでありながら
一度は音楽への情熱が冷め、
夢を捨てて金融ビジネスマンになったルイス。


この3人は
時を越えて持ち続けた愛情
音楽への気持ちを目覚めさせ、
その音楽を通して互いに導かれるように
同じ場所へとやって来ます。


その3人とは違った音楽への気持ちを持つのが、
元ストリートミュージシャンの男、
ウィザードでした。

彼は親から手離されている子供たち
自由な音楽の環境を与えながらも、
その音楽を
金儲けの道具にしていました。

エヴァンの才能
いち早く見抜いたウィザードは、
エヴァンのマネージメント活動
力を注ぎます。

音楽の世界
自分に与えてくれたウィザードに対し、
エヴァンは恩義を感じていて、
彼の金儲け主義反感を持ちながらも
拒否する事が出来ませんでしたが、
両親と自分を繋ぐ音楽への強い想い
自分の意思を貫かせます。


自分の息子の生存を知る事で
音楽への意欲を取り戻したライラ。

愛している気持ちを伝えきれないままで離れてしまった
彼女への愛情を思い出す事で
バンド活動を再開したルイス。

音楽は両親へのメッセージと信じて
奏でる事を諦めなかったエヴァン。


各々の持つ愛情を表現する手段
3人に共通している才能の音楽であり、
彼らを動かした気持ちの根底にあるモノ
ただ相手の事を思いやり、
見返りを求めるわけではない
発信し続ける無償の愛情でした。


最近のニュースでは
実の子が親を殺害したり
実の親が我が子を殺害したりと
親子間の悲しい事件が連日報道されていますが、
奇跡の再会を起こしたこの映画には
本来の親子の愛情の形が感じられ、
コブクロの歌と同様に、目に見えない親子の絆を
信じさせてくれるような物語でした。


【2008年6月25日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校では教えてくれない大切な事... | トップ | 悲劇の欠片たち。『告発のとき』 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (zooey)
2008-06-30 12:51:26
TBありがとうございます。

私はどうも現実的な見方をしてしまうので、ストーリーには失望してしまったのですけど…
(例えば、ラストでエヴァンがライラを見つけるところなど、あり得ないだろう!と思ってしまいます)
音楽は素晴らしかったですね!

コメント返信 (テクテク)
2008-06-30 23:04:43
>zooeyさま
こんばんは
この映画について、様々なブログを通して、
いろんな方の感想を拝見しましたが、
「現代の御伽噺みたい」
と書かれている方が案外多かったように思います

確かに、
あまりにもトントン拍子で事が運び過ぎでしたし、
zooeyさんのように現実的な見方をされる方には、
イマイチだったというのも分かる気がします

私も、この映画を観た直後は、
期待していた程の感動はなく、
予告編で観たままの物語だったので、
オチに驚きもありませんでした

映画を観終えてから感想を書くのに、
何を書いていいのか焦点が定まらず、漠然としていて、
4日ほど時間を置いて考えてみたら、
この映画に描かれていた事で私の心に一番残っていたのは、
「無償の親子愛の形」という事に気づきました

美しい音楽であっても、扱う人によっては、
金儲けの道具でしかなかったり、
愛情を伝える手段になったりと、
人間の持つ心の
「愛する気持ちに満ち溢れた美しさ」と、
「欲に塗れた醜さ」も
この映画の音楽に乗せて見せられたような気がします

一見、ファンタジー的な見せ方をしている映画でしたが、
時間が経つにつれ、
案外リアルな人間ドラマだったようにも
感じられるようになってきました
こんばんは! (アイマック)
2008-07-01 00:05:43
テクテクさんの感想はいつも趣がちがっていつも感心させられますよ。

>コブクロの歌う「蕾(つぼみ)」の歌詞

すてきな詩ですね。
ほんとにこの親子を表していますねー。

そうだね、エヴァンの一途な気持ちが音楽にのって両親に届き、親子は会えた。
奇跡のお話ですが、こういうのあってもいいなと思いましたね。
ほんとに音楽がすばらしかったです。
サントラ、買いにいったらお店になかったよー。シクシク
こんにちは〜。 (mana)
2008-07-01 10:11:07
私もテクテクさんのレビューには感心します。
何を書いていいのか焦点が定まらず…
そう言いながらもこれだけのものが書けるんですから、尊敬〜。

「無償の親子愛の形」
これだったんですよね〜。
私はめちゃくちゃ泣けたんですけど、
ラストで男女の愛に持って行かなかったところで「え?」でした。
ライラの息子へ向けた目。
そう思うと納得かも。
ルイスも目に入らないほどのあの視線。

やっぱりこういうベタなものが好きかも。
有り得ないことの連続…韓ドラみたいですけどね(^_^;)
コメント返信 (テクテク)
2008-07-01 13:06:27
>アイマックさま
こんにちは
私の感想に感心して頂けるとは、
大変光栄に思います
ありがとうございます
私の方こそ、アイマックさんの感想には、
いろいろ教えてもらう事が多いので、
いつも感心しながら拝見しています

この映画の音楽は素晴らしかったですよね
音楽の素晴らしさについては、
多くの方の感想にも書かれていましたが
サントラ盤を欲しがっている方も
結構いらっしゃったように思います
本当に夢物語のような映画でしたが、
「信じる者は救われる」というか、
神様の存在を信じたくなろような作品でした


>manaさま
こんにちは
manaさんにも、私の感想に感心して頂けた事、
大変光栄に思います
ありがとうございます
私もmanaさんの感情豊かに表現されている感想は
いつも楽しく拝見させて頂いています

この映画に描かれていたライラとルイスの恋愛の部分は、
比較的短く、サラリと描かれていたように思いますが、
相手を思いやる強い愛情には、
会えない時間も、離れている距離も、
関係ないんですよね

ハッピーエンドが見えているような映画であっても、
私もこういったタイプの作品は大好きです
こんばんわ。 (michi)
2008-07-12 18:48:08
TBありがとうございます。

私は、音楽は美しいと感じつつ、
出来すぎた奇跡の連続が受け入れられないまま
会場を後にしたのですが。。。

>発信し続ける無償の愛情でした

テクテクさんの視点、さすがです。
お見それしました。
奇跡の根底はここですね!
テクテクさんのレビューを読んだ今、映画を観たら、ハイモア君のピュアな演技を
素直に受け取れるかもしれません。
コメント返信 (テクテク)
2008-07-12 19:19:21
>michiさま
こんばんは
確かに、この映画に描かれていた
偶然というには、あまりにも出来過ぎた多くの事には、
違和感を感じた方も少なくないようですし、
その気持ちも分かる気がします

ただ、エヴァン、ライラ、ルイスの3人ともが、
相手に対して見返りを求める訳ではなく、
一方的であっても愛情を発信し続けている姿が、
奇跡を起こしたという目線で観ると、
出来過ぎなストーリーにも、
案外、寛大な気持ちで受け止められるのかもしれませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『奇跡のシンフォニー』・・・音楽を信じるということ (SOARのパストラーレ♪)
いや〜よかった!音楽がテーマの作品は感動に浸りやすい傾向にあるのも事実だが、それにしてもこれは素晴らしい。見終わって数時間たっても消えない心地良い後味と余韻。“心の琴線に触れる”とはこういうことを言うんだろうなあ。
奇跡のシンフォニー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。』  コチラの「奇跡のシンフォニー」は、豪華キャストの共演で描かれる音楽を通じた”奇跡”の感動作で、6/21公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪内容はもちろん、この共演はちょっとツボかなぁ...
がっかり「奇跡のシンフォニー」 (Zooey's Diary)
(少々辛口の批評になります。この作品を楽しみにしている方は読まないで下さい。) 孤児院で育った11歳の少年がまだ見ぬ両親を求めて孤児院を抜け出し、大好きな音楽を通して両親と巡り会うという話。 あまりにも都合よく偶然が重なるのはよしとします。 こういった...
奇跡のシンフォニー (映画鑑賞★日記・・・)
【AUGUST RUSH】2008/06/21公開(06/21鑑賞)製作国:アメリカ監督:カーステン・シェリダン出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ、ウィリアム・サドラー “きっと会える。この音の先...
「奇跡のシンフォニー」 感想 音楽良し! カーキ・キング (ポコアポコヤ 映画倉庫)
日本タイトル「奇跡のシンフォニー」本題「AUGUST RUSH」を見ました。 ありえない話しではあるものの、私は楽しく見れました。その理由は、音楽...
『奇跡のシンフォニー』 (Sweet*Days**)
監督:カーステン・シェリダン  CAST:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ 他 孤児院で育つ少年...
[Review] 奇跡のシンフォニー (Diary of Cyber)
人の想いは、何よりも強い     。 それを思い起こさせる、素晴らしい作品です。 天才的な音楽の才能と感性を持つ少年の望みは、有名になることでも、お金を儲けることでもない。彼の願いは、両親を探すこと。そして両親と普通の幸せな毎日を暮らすこと。公園で...
映画「奇跡のシンフォニー」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 20日「奇跡のシンフォニー」@川崎チネチッタ チネ7  映画の話 孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの...
奇跡のシンフォニー 69点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
真夏のファンタジー 公式サイト フレディ・ハイモア主演の、母をたずねて物語。 『この道は母へと続く』という、日本の名作劇場アニメを意識したであろうストーリー、演出にて作られたロシア映画と、構造的な近似を感じさせられる本作だが、子供だけでなく親の側の...
「奇跡のシンフォニー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.6.19 明後日より公開される「奇跡のシンフォニー」の試写。 監督:カ...
奇跡のシンフォニー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ピュアな少年を演じさせればピカいちのフレディ・ハイモアの今回の役は、ひたむきな孤児。天賦の音楽の才能を持つ少年エヴァンが、離れ離れになった両親と、音楽を通して奇跡の再会をはたす物語だ。あまりにも偶然に頼りすぎるストーリーはおとぎ話のようで現実味に欠け、...
★奇跡のシンフォニー(2007)★ (CinemaCollection)
AUGUSTRUSH<原題・8月の興奮(字幕では)>きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから。上映時間114分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/06/21ジャンルドラマ/音楽【解説】「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア主演で贈る....
奇跡のシンフォニー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音...
「 奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH  (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【奇跡のシンフォニー】2008年6月21日(土)公開 監督 : カーステン・シェリダン ...
奇跡のシンフォニー (ネタバレ映画館)
奇跡のオープンチューニング♪
奇跡は有り得る! (美容師は見た…)
  ブラボ〜!  泣けたわ〜。・゚・(*ノД`*)・゚・。   その名の通り、  『奇跡のシンフォニー』でした。  この映画、宣伝が足りなくないですか?”きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから”これでは私の心は掴めませんわよ…でも観たんですけどね(笑)ク...
奇跡のシンフォニー (まぁず、なにやってんだか)
昨日、有楽町朝日ホールの「奇跡のシンフォニー」の試写会に行ってきました。 11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)が一度も会ったことのない両親を探す・・・こんなに広い国で手がかりもなく探せるのかしら?と心配になりますが(ツッコミたいところ)、どんな展開に...
奇跡のシンフォニー(映画館) (ひるめし。)
きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから。
奇跡のシンフォニー (eclipse的な独り言)
 東京から帰ってきて観てきました・・・それも2本。(←馬鹿)さてこの映画、非常に
奇跡のシンフォニー (悠雅的生活)
 ニューヨークに舞い降りたAngel of Music
奇跡のシンフォニー (C'est Joli)
奇跡のシンフォニー’07:米 ◆原題:AUGUST RUSH◆監督: カーステン・シェリダン「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(共同脚本) ◆出演:  フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、テレンス・ハワード、ロビン・ウィ...
映画 『奇跡のシンフォニー』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを取り戻す感動のファンタジードラマ。『ネバーランド』『スパイダーウィックの謎』の子役フレディ・ハイモアが主人公の少年を好演。孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽...
『奇跡のシンフォニー』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その....
神童現る〜『奇跡のシンフォニー』 (真紅のthinkingdays)
 AUGUST RUSH  孤児院で育った11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)は、いつか両親に会える と信じていた。風、光、草木、月、身の回り...
奇跡のシンフォニー (★Shaberiba ★)
もっと彼の天才ぶりがみたかった〜!もっと音楽に酔いしれていたかった〜♪
奇跡のシンフォニー (シャーロットの涙)
August Rush・・・
【映画】奇跡のシンフォニー (新!やさぐれ日記)
■動機 劇場配布広告にて見覚えのある少年に惹かれて ■感想 もうちょっと、なにか物足りない ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を...
奇跡のシンフォニー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:AUGUST RUSH) 【2008年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★) 離ればなれになっていた親子が、音楽によって再会を果たすファンタジー映画。 生まれてすぐにニューヨーク州ウォルデンの養護施設に入れられたエヴァン・テイラー(フレディ・ハイモア)。11歳に...
「奇跡のシンフォニー」 (てんびんthe LIFE)
「奇跡のシンフォニー」試写会 よみうりホールで鑑賞 フレディ・ハイモアくんかわいい。 うますぎる。 この子、幸薄い役多い気がしていつもそんなイメージで泣かされちゃうってところあるんじゃないかなあ。 そして、泣かされるとわかっているベタベタなストーリー...
奇跡のシンフォニー (小部屋日記)
August Rush(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア/ケリー・ラッセル/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ロビン・ウィリアムズ/テレンス・ハワード/ウィリアム・サドラー きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえる...
「奇跡のシンフォニー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「August Rush」2007 USA “音楽が奇跡を起こす!”孤児院で育った少年が、両親に出会うまでの姿を描いたハートフル・ミュージック・ドラマ。 主演のエヴァン(オーガスト・ラッシュ)に「ネバーランド/2004」「プロヴァンスの贈りもの/2006」のフレディ・ハイモア...
奇跡のシンフォニー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月21日 公開 いやぁ〜もぉ、あの夜、一発でki・・・・すいません、Hな本と、下ネタはやめます。 これなぁ〜、ん〜、感動作なんでしょうねぇ〜。 この親子愛に涙するとこなんでしょうねぇ〜。 でもね、私は・・・...
奇跡のシンフォニー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ほら、聞こえる?_音楽だ。僕には聞こえるよ!風の中に、宙の中に、光の中に、音楽はそばにある。心を開けば聴こえてくる、心の耳をすませば・・・。 “きっと会える“と信じて両親を探す少年の一途な想いと、再会の奇跡を呼び起こす「音楽の魔法」に心揺さぶられる...
「奇跡のシンフォニー」 世界は音楽で満ちている (はらやんの映画徒然草)
11年と16日の間、施設で暮らしている孤独な少年(フレディ・ハイモア)。 彼は世
奇跡のシンフォニー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア(エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ)    ケリー・ラッセル(ライラ)    ジョナサン・リース=マイヤーズ(ルイス)    テレンス・ハワ...
映画 【奇跡のシンフォニー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「奇跡のシンフォニー」 人気子役フレディ・ハイモア君の最新作。 おはなし:孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。彼はいつか両親が自分を迎えに来ると信じ、音楽を通して自分の存在を知らせようとする。 なん...
「奇跡のシンフォニー」 世界は音楽で満ちている (はらやんの映画徒然草)
11年と16日の間、施設で暮らしている孤独な少年(フレディ・ハイモア)。 彼は世
映画、奇跡のシンフォニー (フクロウと大理石)
 神保町で古本屋を冷やかしたあと、「奇跡のシンフォニー」の試写会に出向いた。  世界的なチェリスト、ライラはニューヨークでのコンサートの後、パーティに出かけた。そこでロックギタリストのルイスに出会い、恋に落ちる。ところが、ライラの父親はルイスとの仲を引...
「奇跡のシンフォニー」  August Rush (俺の明日はどっちだ)
う〜ん、そのあまりに強引な展開にちょっと困ってしまったフレディ・ハイモア主演のファンタジードラマ。 ヴァン・モリソンの不朽の名作「ムーン・ダンス」が流れる中、NYのワシントン・スクウェアにあるワシントンアーチ近くのビルの屋上で将来を嘱望されていたビオラ...
●奇跡のシンフォニー(44) (映画とワンピースのこでまり日記)
映画より音楽の方が・・・
【奇跡のシンフォニー】天から与えられた奇跡の音楽 (映画@見取り八段)
奇跡のシンフォニー AUGUST RUSH 公開: 2008年6月 監督: カーステン・シェリダン 出演: フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、    ...
奇跡のシンフォニー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
きゃ〜〜〜、久しぶり映画館〜〜〜。 出産後第1弾。「奇跡のシンフォニー」を観て来ました〜! ( → 公式サイト  ) 出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ 上映時間:1...
奇跡のシンフォニー (利用価値のない日々の雑学)
なんで邦題はシンフォニーなのだろうか、演奏した曲はラプソディー(字幕では狂詩曲と出ていたが、これは原語のrhapsodyを直訳したからだと思う。全部が聴けなかったが、構成としては変奏曲ではないのかと思うが、いずれにしてもシンフォニーではない。)なのにと思って...
★「奇跡のシンフォニー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。
奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH (銅版画制作の日々)
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす   6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんで...
奇跡のシンフォニー (心のままに映画の風景)
ニューヨークの孤児院で暮らす11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)は、 生まれつき類い希な音感を持ち豊かな音楽の才能が備わっていた。 ...
『奇跡のシンフォニー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「奇跡のシンフォニー」□監督 カーステン・シェリダン□脚本・原案 ニック・キャッスル □脚本 ジェームズ・V・ハート □キャスト フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズ、テレン...
【2008-154】奇跡のシンフォニー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこ...
奇跡のシンフォニー (You got a movie)
監督   カーステン・シェリダン 脚本   ニック・キャッスル キャスト フレディ・ハイモア ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル ロビン・ウイリアムス テレンス・ハワードほか  原題「August Rush」(八月の狂詩曲)   「再会の奇跡を呼び起...
『奇跡のシンフォニー』 (『映画な日々』 cinema-days)
 孤児が音楽の力を通じて両親と再会する迄を描くファンタジー  原題「AUGUST RUSH(八月の興奮)」はエヴァンの芸名    個人評価 ★★★...
映画「奇跡のシンフォニー」イラスト (quroer'sROOM)
先週末、ずっと観たかった映画「奇跡のシンフォニー」観てきました。これはもう……す〜〜〜〜〜っごいよかったです〜〜〜私が今まで観た映画のBest3に入りました!主人公を演じるのは「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモアくん。この人....
奇跡のシンフォニー ( Art- Mill  あーとみる)
奇跡のシンフォニーHP http://www.kiseki-symphony.com/ アート(この映画では音楽)の持つ純な一面を大きく魅せて、のびやかで気持ちいい作品だった。希望を持って生きること、純粋に生き
[遅ればせながら、映画『奇跡のシンフォニー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆昨夜、MOVIX昭島の公開最終日/最終回になだれ込んだ。 意外にも、客の入りが2割ほどもあったので驚いた。    ◇   ◇ 物語は、孤児院に育った、音楽的才能に溢れた少年が、その音楽の道を貫いていけば、自分を捨てた親に会えると確信し、ニューヨークに...
奇跡のシンフォニー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
養護施設にいるチビッ子が 音楽に導かれるまま 施設を飛び出し両親を探しに行くお話しですが 最終的には 邦題通りに奇跡が起きてエエ話やねんけどこの映画で何が腹立つかって言うと ライラの父ちゃんよっっそもそも、子供は自分の所有物じゃないっつーの音楽家の親に...
奇跡のシンフォニー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  運命の『音』たちが奏でる”想い”と”絆”  
『奇跡のシンフォニー』 @日比谷スカラ座 (映画な日々。読書な日々。)
両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させて...
『奇跡のシンフォニー』 2008-No43 (映画館で観ましょ♪)
『オリバー・ツイスト』のようなお話もあり、 『A.I.』 のハーレイ・ジョエル・オスメント君のようにも見えて。 信じ続ける子供と一...
「奇跡のシンフォニー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン(フレディ・ハイモア)。生まれつき類い希な 音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実の親である ライラ(ケリー・ラッセル)とルイス(ジョナサン・リス=マイヤーズ)は息子の存...
mini review 08351「奇跡のシンフォニー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを取り戻す感動のファンタジードラマ。『ネバーランド』『スパイダーウィックの謎』の子役フレディ・ハイモアが主人公の少年を好演。少年を音楽の世界へと導く元ストリート・ミュージシャンをロビン・ウィリアムズが...
【映画】奇跡のシンフォニー…あくまでも奇跡。ご都合展開とは違うモノだよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/}どうも タイトルに「フリ○ン」とか「フル○ン」とか付く記事が一番上になったまま、一週間近くブログを放置したピロEKです{/hiyo_oro/} 相変わらずお仕事の忙しい日々が続いておりました{/face_ase2/} なおかつココの所、寝つきが悪くちょこっと寝不足{...
【映画感想】[79.68点]奇跡のシンフォニー(フレディ・ハイモア)[2009-061] (映画+小説+家族=MyLife)
生まれた時に音楽家の両親から引き離された少年が、音楽を通じて再び両親とめぐり合う奇跡を描いた作品『奇跡のシンフォニー』鑑賞。 突拍子も無いストーリー、現実世界ではありえなさそうな奇跡の連続。なのに惹き付けられるのは何故?「音楽」「子ども」といった誰しも...
奇跡のシンフォニー (mama)
AUGUST RUSH 2007年:アメリカ 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース・マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリ ...