水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

自分の事しか考えない大人たち。『私がクマにキレた理由(わけ)』

2008-10-17 19:50:00 | 映画【わ行】
ニューヨークに住むお金持ちの家で
子守りの仕事をする事になった女性の物語です。


映画の評価 ★★★☆☆ 素直に楽しめない映画


●以下ネタバレがあります●


2005年に劇場で観た
「ステップフォード・ワイフ」もそうでしたが
どうも私はセレブリティな専業主婦が
苦手のようです。

旦那が働いて稼いだお金を使って
優雅な毎日を過ごす女性の姿を
羨ましいとは思いませんし、
オシャレしておしゃべりに集う女性の団体も
楽しそうに感じられません。

今回観た映画の背景には
そんな私の苦手な世界があったせいか
ちょっと否定的な目線で観てしまいました。


人類学を専攻していた大学を卒業したばかりの
21歳のアニー(スカーレット・ヨハンソン)は
看護士として働く母親のジュディ(ドナ・マーフィ)に
女手ひとつで育てられました。

ジュディは大学を出た優秀な娘を誇りに思い
立派な社会人になって欲しいと願っています。

ジュディからプレゼントされたビジネススーツに身を包み
アニーは就職活動の為、
ニューヨークにある企業を訪れますが
「あなたについて説明して下さい。」
という質問に答えられず、その場を立ち去ります。

人類学を専攻していて
他人に対する観察力はあるものの
自分の事は何も分かっていない事実に気付いたアニーは
セントラルパークに佇み
自分の将来について悲観的に考えていました。

そこで偶然、事故に合いそうになった少年
グレイヤー(ニコラス・リース・アート)を助けた事で
少年の母親であるミセスX(ローラ・リニー)と知り合い、
自ら名乗った「アニー」という名前を
「ナニー」と聞き間違えられてしまいます。


この映画の舞台となっている
アッパーイーストサイドという場所に
どれほどの富裕層が住んでいるのか私は知りませんが、
劇中に描かれていたような日常生活を送る人間が
現実的に存在するとしたばらば・・・
私にとっては、先日劇場で観た、『JUNO/ジュノ』に続く
理解不能な人たちです。

映画に登場する超セレブの奥様であるミセスXは
稼ぎの良い旦那の不在中、
息子のグレイヤーを「ナニー」に任せて
ショッピングに、会合に、スパに・・・と
自分の事で大忙し。

『JUNO/ジュノ』と同様、
自分で産んだ子供なのに
子育ては他人任せ
母親としての自覚はゼロです。

グレイヤーの父親であるミスターXも
仕事に託けて家庭を顧みず、
たまに自宅に帰ってきても
自分の事しか頭にありません。

二人とも自分の子供に対して
ひとりの人間として接しているというよりは、
まるでペットやアクセサリーのような扱い方・・・。

途中で子犬を飼うシーンがありましたが
その犬でさえも「鳴き声がうるさいから。」と言って
彼らは即!放り出していました。

そんな姿を見ていると
息子のグレイヤーはたまたま人間だったからこそ
かろうじて放り出さなかっただけのようで
子供に対する愛情は全く感じられません。

自分の子供にすら
そんな対応しか出来ない二人

他人であるグレイヤーの世話役アニーに対しても
見下した態度を取ります。

大卒という高学歴白人のアニーが
「ナニー」と呼ばれるベビーシッターの仕事に就く事は
ある意味、驚きとされていたように
劇中に描かれていた「ナニー」の仕事は
家政婦というよりも召使いレベルです。

まるで金持ち夫婦の奴隷のよう。

そんな扱いを受けるアニーに対して
私も初めは同情の目線で観ていましたが、
不満や疑問を抱えながらも
いつまで経っても煮え切らない彼女の態度に対して
次第にイライラ感が募りはじめました。

金持ち夫婦の言いなりというよりは
ただ流されているだけ
好きではないはずの仕事を手放せず、
気になる男性が現れても
優柔不断な態度しか取れないアニー。

結局、一方的に解雇されて
自分に支払われた賃金の少なさに憤慨し、
それがキレる切っ掛けとなったわけですが、
どうせキレるなら
もっと早くキレれば良かったのにねぇ・・・

と思ったのは私だけ?

極論を言えば
もしも高額な賃金が支払われていたのなら
アニーはキレずに立ち去っていた
・・・って事?

アニーがブチまけた言葉は
自分自身の為でなく
グレイヤーの為を思ってブチまけた言葉なのでしょうが、
その切っ掛けは腹いせ的な事だったので
私には正しい事を言ったアニーでさえも
自分の事しか考えていない大人に見えてしまい、
爽快感は感じられませんでした。

最終的にはアニーもミセスXも
自分自身を見つめ直す事が出来たという
ハッピーエンドにはなっていますが、
そこまでに辿り着くまでの過程が長かったわりに
ラスト10分で急変してしまう様子には、
取って付けたような結末にしか思えず・・・。

決して悪い話ではないと思うのですが
いろんな意味でストレスの溜まる作品でした。


【2008年10月14日(火)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私には理解不能。『JUNO/ジュ... | トップ | 悲しみは乗り越えるモノ。『P... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~! (アイマック)
2008-10-17 22:35:36
確かにミセスXには共感できませんが、大卒で経験もないのに環境だけでナニーという仕事を選ぶアニーは、軽はずみというか何も考えてないというのが、今時の女の子なんでしょうかね。。
イヤダイヤダというわりに、ちゃっかりハーバードのイケメンをゲットというのもできすぎ。^^;
グレイヤーがかわいそうで涙出た。ミセスXも結局寂しい人だと思うよ。
笑いがあれば、また見方がちがったかもね。
コメント返信 (テクテク)
2008-10-18 07:51:59
>アイマックさま
こんにちは
この映画の物語の中で、
ミセスXもアニーも最終的には自分を見つめ直して、
人間的に成長はしているのですが、
どうも魅力を感じませんでした
共感できた大人は、アニーの友達くらいかなぁ…

アニーの母親も悪い人だとは思いませんが、
露骨に娘に期待し過ぎちゃってるから、
あれじゃあ、アニーも本当の事を言い辛いだろうし…

確かに、セレブ夫婦のバカバカしさや、
ナニーとグレイヤーの関係、ナニーの仕事ぶりを
もっとコメディ・テイストにした方が、
共感出来なくても違った印象を持てたと思いますし、
もっと映える物語だったのかもしれませんね

劇中では笑わせて、最後にホロリとさせられるように、
メリハリの利いた作品にすれば良かったのかも…

グレイヤーも、ミセスXも、アニーも、
中心人物は心に不安を抱えていたのだから、
いい素材はあったはずなのにイマイチ感動出来ず、
私は残念でした
こんばんは♪ (ミチ)
2008-10-18 20:46:50
確かに最後10分でアニーもミセスXも急変しちゃって、「うまくまとめたな~」という感じが漂ってました。
子供はペットかアクセサリーみたいな感じで、産みっぱなしっていう風潮は私の周りでもジワジワとかんじることがあります。
だからセレブママたちの行動はわりと面白く見れたんですが、アニーは私にはちょっとつかみどころがなかったです。
グレイヤーとも離れがたいし、賃金は安いし、雇い主には文句があるし、いろいろあってもなかなか行動に移せないところがある意味リアルなのかも?
コメント返信 (テクテク)
2008-10-19 09:16:21
>ミチさま
こんにちは
確かに、今どきの日本の子育て事情には、
私もペット化、アクセサリー化しているように感じています

それは、ニュースでの報道で感じるのではなく、
私が日々遭遇する通勤電車の中、スーパーマーケットの中、
映画館の中、近所の道端など、
リアルな日常で目にする光景だったりもします

アニーのグダグダぶりも、
ある意味リアルな人間描写だったのかもしれません

私にも、自分で分かっていながらも行動に移せない事は、
現実的に少なからずあると思うので、
一概にアニーを責められないんですけどね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
[映画『私がクマにキレた理由(わけ)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆本日は、仕事が早く終わり、夕方から、本日封切り二本立てと洒落込んだ。  『私がクマにキレた理由(わけ)』と『ゲット・スマート』をネット予約し、MOVIX昭島のロビーで入場を待っていつつ、携帯で、暇つぶしに『超映画批評』を閲覧していたら、上記の2作品が...
私がクマにキレた理由(ワケ) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原作はエマ・マクローリン、 ニコラ・クラウスの「ティファニーで子育てを」、原題:The Nanny Diaries。シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ監督、スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス、ドナ...
私がクマにキレた理由 / THE NANNY DIARIES (2008 映画観てきましたっ!)
う~ん 邦題も悪くないと思いますが・・・ やっぱり この映画は 「THE NANNY DIARIES」です。
「私がクマにキレた理由(わけ)」 THE NANNY DIARIES (俺の明日はどっちだ)
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス? 大学を優秀な成績で卒業し、リクルートスーツに身を包み母親の期待に沿うべくゴールドマン・サックスの面談に臨むものの、面接官の「自分とはどんな人間か?」という質問に対して全く答えられず、自分の行くべき...
私がクマにキレた理由 (小部屋日記)
The Nanny Diaries(2007/アメリカ)【試写会】 監督・脚本: シャリ・スプリンガー・バーマン/ロバート・プルチーニ 出演:スカレーット・ヨハンソン/ニコラス・リース・アート/ローラ・リニー/ポール・ジアマッティ/クリス・エヴァンス/アリシア・キーズ なり...
「私がクマにキレた理由」 を観る (紫@試写会マニア)
スカーレット・ヨハンソン主演、キュートなラブコメ「私がクマにキレた理由」を観てきました。日本でもそのナイスな姿形で人気者(CM「カフェ・ラッテ」好きー)のスカーレットですが、この手の作品はどうなのかしら? ふて腐れた表情のフライヤーが気に入って鑑賞しま...
私がクマにキレた理由(わけ) (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ヘンテコな邦題が付いているが、これは新米ナニー(子守兼養育係)の奮闘記。就職に失敗したアニーは、ひょんなことからNYの上流家庭のナニーに雇われる。未知の世界で悪戦苦闘するが、身勝手な雇い主に振り回され、堪忍袋の緒が切れる。セレブなのにちっとも幸せじゃな...
☆「私がクマにキレた理由(わけ)」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは久しぶりの試写会at九段会館。 gooブログ使って映画レビュー書いてるのに、 「goo映画」募集の試写会に当たった事がない・・・と書いて応募したら当たっちゃった。
The Nanny Diaries 「私がクマにキレた理由」 (表参道 high&low)
原作はベストセラー、主演は最高ランクのセクシー女優で演技派の俳優が脇を固めるコメディ・ドラマがThe Nanny Diaries(私がクマにキレた理由)。NYU出身でナニーの経験ある女性2人が書いたスノッブでイカレたニューヨークの上流社会の子育て奮闘記は多くの共感と怖いも...
『私がクマにキレた理由(わけ)』 (ラムの大通り)
(原題:The Nanny Diaries) ----これって何週間か前に観たんじゃなかった? 「うん。 ちょっとタイミングを逃してたんだけど、 昨日、映画館で予告編をやっていて、 そうか来週公開なんだと気づいて……。 しかもその予告が この映画の特徴をあまり伝えていない。 これ...
私がクマにキレた理由/The Nanny Diaries (我想一個人映画美的女人blog)
おかしな邦題になっちゃったという記事に載せたこの作品、 スカちゃんがセレブのナニー(家政婦)になるお話{/atten/} もう3回くらい言ってるけど去年の全米公開時に観に行ったら フリーペーパーの映画情報誌の印刷ミスで、上映終わってて yueが上の人に文句を言った...
私がクマにキレた理由(わけ) (eclipse的な独り言)
 暇・・・暇だね・・・と夫婦で言いあい、県庁所在地に高速でGO!  今回はスカー
私がクマにキレた理由 (Memoirs_of_dai)
アニーがナニーは洒落? 【Story】 大学を卒業したものの、やりたいことが見つからずにいたアニー(スカーレット・ヨハンソン)はひょんな...
私がクマにキレた理由(わけ) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE NANNY DIARIES) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) エマ・マクローリンのベストセラー小説「ティファニーで子育てを」を映画化したコメディ映画。 人類学を専攻し優秀な成績で大学を卒業したアニー・ブラドッグ(スカーレット・ヨハンソン)。...
「私がクマにキレた理由」みた。 (たいむのひとりごと)
原題「The Nanny Diaries」は内容をストレートに表現していると思うのだけど、そのまま使用したのでは「ナニー(Nanny)って何?」とオヤジギャグが横行しそうで、なんとなく興味をそそる邦題
私がクマにキレた理由 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
なりたい自分がきっと見つかるはず。マンハッタンのお仕事探し。 働く女性はストレスや不満がいっぱい!・・・職場でいまにもキレそうな女性は実は大勢を占めている。 とりあえず仕事に就いたものの、やり甲斐を感じられない。自分ではがんばっているつもりなのに、...
映画 【私がクマにキレた理由(わけ)】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「私がクマにキレた理由(わけ)」 「ティファニーで子育てを」というベストセラー小説の映画化。 おはなし:心理学を学びエリートコースに乗るかと思われたアニー(スカーレット・ヨハンソン)は面接で大失敗して就職戦線から脱落。ひょんなことからマンハッ...
私がクマにキレた理由(わけ) (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月11日 公開 あら いつから見てたの! 『クマキレ』観てまいりました。 正直言いますと、今まで私はスカーレット・ヨハンソンがあまり好きではなかったんです。 これまで観たどの役の彼女も私には魅力的には感じ...
私がクマにキレた理由(わけ) (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前の鑑賞だったけど、、、感想が後回しになっちゃった~(内容を忘れちゃう・汗)マイブログのカテゴリーで、初の【わ行】の映画だから、しっかり書かなくちゃーね(笑)【story】アニー(スカーレット・ヨハンソン)は、ひょんなことからマンハッタンのゴージャスな...
私がクマにキレた理由(わけ) (映画鑑賞★日記・・・)
【THE NANNY DIARIES】2008/10/11公開(10/13鑑賞)製作国:アメリカ監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス、ニコラス・リース・アート、ドナ・マーフィ、...
私がクマにキレた理由(わけ) (ももママの心のblog)
スカちゃん主演の映画、待ってました。今度はコメディで、ベストセラーの映画化だそうです。でも、なかなか日本では公開されなかったみたいです。どうしてかな?その上、変な邦題をつけられちゃいました。
私がクマにキレた理由 (シネマ日記)
これ、映画館で見るかどうかボーダーの作品だったんですが、予告を見て「ブリジットジョーンズ」とか系かな~と思って、しかもスカーレットヨハンソン、やっぱり気になっちゃうし~ってな気持ちで見に行きました。今回のスカーレットはいわゆる普通の役。特にお色気ムンム...
『私がクマにキレた理由(わけ)』 2008-No70 (映画館で観ましょ♪)
いきなり 自然史博物館 ... T-レックス もあの場所にいるしね。 帰ったら 『ナイトミュージアム』 見よう! ナニー(子守り)...
【99.4Kg】  「私がクマにキレた理由(わけ)」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さて、やっと日曜日の分の報告です。と、いいましても流石に深夜なので、今日はこの更新でやめておきます。
映画* ナニー・ダイアリーズ  (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
映画の中では俳優さんたちが、さまざまな組み合わせで夫婦やカップルを演じますね。 中には、 どう見ても、しっくりこないよね・・・ という二人もいれば、 むむむ・・・これ、演技だけじゃないのでは? と思わせられるような、息ぴったりのお似合いカップルもいます...
私がクマにキレた理由☆独り言 (黒猫のうたた寝)
The Nanny Diaries・・・原題からは思いもつかないような邦題なんだけど(笑)この『私がクマにキレた理由』マンハッタンにはいろいろな人種が住んでいるアニーはまだ自分が何をする人になるのか想像がつかずにいる・・・私って何?面接官の問いに答えられない^^;;;そ...
「私がクマにキレた理由(わけ)」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「私がクマにキレた理由(わけ)」 監督:シャリ・スプリンガー・バーマン 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス、ニコラス・リース・アート、ドナ・マーフィ、ポール・ジアマッティ ニューヨーク、マンハッタン。...
[cinema]私がクマにキレた理由 (HARI INI ?)
試写会に行ってきました{/heart/} 私がクマにキレた理由(わけ) Staff:シャリ・スプリンガー・バーマン ロバート・プルチーニ Cast:スカーレット・ヨハンソン ローラ・リニー アリシア・キーズ クリス・エヴァンス ポール・ジアマッティ 大学卒業後の人生の...
私がクマにキレた理由◎原題:THE NANNY DIARIES (銅版画制作の日々)
なりたい自分がきっと見つかる。マッハタンのお仕事探し。 10月21日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。どうもしっくりいかないこの邦題、クマなんて、ラスト近くでちょこっと関係あるくらいなのに・・・・。いややっぱり大きい意味があると思いましょう! スカちゃんも、...
私がクマにキレた理由 (週末映画!)
期待値: 73% アメリカセレブの生活が垣間見れるコメディー 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ
私がクマにキレた理由 (Recommend Movies)
なりたい自分がきっと見つかる。 マンハッタンのお仕事探し。 【感想】 大学を卒業後、就職試験に失敗して途方に暮れるアニーが、 ひょ...
「私がクマにキレた理由」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
アニーじゃなくとも、あれにはキレそう
私がクマにキレた理由(わけ) (Blossom)
私がクマにキレた理由(わけ) THE NANNY DIARIES 監督 シャリ・スプリンガー・バーマン ロバート・プルチーニ 出演 スカーレット・ヨハン...
私がクマにキレた理由(わけ) (こんな映画見ました~)
『私がクマにキレた理由(わけ)』 ---THE NANNY DIARIES--- 2007年(アメリカ) 監督: シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ 出演: スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス 、 ドナ・マーフィ、ポール...
『私がクマにキレた理由(わけ)』 (『映画な日々』 cinema-days)
私がクマにキレた理由 就職活動に失敗した人類学を専攻した女性が N.Y.マンハッタンのアッパーイーストサイドに 住むセレブのナニー(子守)...
私がクマにキレた理由 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:私がクマにキレた理由 制作:2007年・アメリカ 監督:マーク・スオッゾ 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、ニコラス・リース・アート あらすじ:ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は...
映画『私がクマにキレた理由』を観て (KINTYRE’SDIARY)
85.私がクマにキレた理由■原題:TheNannyDiaries■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月25日、みゆき座(日比谷)スタッフ・キャス...
私がクマにキレた理由(わけ) (Yuhiの読書日記+α)
ベビーシッターの目から見た上流家庭の実態をリアルに描き、アメリカの女性から支持されたベストセラー小説を映画化。監督はシャリ・スプリンガー・バーマン 、ロバート・プルチーニ、キャストはスカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ他。 <あら....
私がクマにキレた理由(わけ) (銀幕大帝α)
THE NANNY DIARIES/07年/米/106分/コメディ/劇場公開 監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ 原作:エマ・マクローリン『ティファニーで子育てを』 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァ....
私がクマにキレた理由(わけ) (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 ベビーシッターの目から見た上流家庭の実態をリアルに描き、アメリカの 女性から支持されたベストセラー小説を映画化。 監督は『アメリカン・スプレンダー』のシャリ・スプリンガー・バーマン とロバート・プルチーニ。 マンハッタンのセレ...