水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

どんなに時代が進んでも・・・。『サマーウォーズ』

2009-08-01 23:00:00 | 映画【さ行】
サイバーテロに立ち向かう人たちの物語です。


映画の評価 ★★★★★ 引き込まれる映画



●以下ネタバレがあります●


・・・この映画は面白いです!!

今のところ、私が2009年に観た映画の中で
ベスト3に入る作品です。

2006年7月に劇場で観たアニメ映画
『時をかける少女』の細田守監督作品という事もあって、
絶対に観たい!と思っていましたが、
今回も私の期待を裏切る事なく
終始楽しむ事が出来ました。


夏休みのある日、
高校の物理部に所属する小磯健二は
友人の佐久間とふたりで学校のPCを使いながら
ネット上の仮想空間「OZ」での
メンテナンスのアルバイトをしていました。
するとそこへ物理部の先輩である篠原夏希が現れ、
突然アルバイトの話を持ちかけます。
それは夏希の大おばあさまの誕生日を祝う為、
一緒に本家のある長野県上田市に行くという事で
憧れの先輩である夏希と
ちょっとした旅行気分を味わえそうな
楽しげなモノでした。
ジャンケンで勝った健二が夏希に同行しますが、
現地に付いて明かされたのは
武家の出、東大、アメリカ留学経験者という
プロフィールを装い、
夏希の恋人のふりをして欲しいという事でした。


『時をかける少女』もそうでしたが、
この映画を観ながら
細田守監督は今どきを描くのが
本当に上手な監督だと思いました。

それでいて、
古き良き時代から受け継がれる
日本人の心をストレートに表現しています。

劇中に登場する大おばあさまが象徴的で
彼女は人のを重んじ、
人との関わりを大切にする人でした。

中でも印象的だったのは
息子である侘助に薙刀を突きつけ
「今、ここで死ね!」
と言ったシーン。

侘助は人工知能の開発に成功し、
それにより大金を得る事で
大おばあさまが喜んでくれると思っていました。

しかし、大おばあさまは
世間様を騒がせるような迷惑の種を生んだ侘助が
愛する自分の息子だからこそ
余計に許せなかったのです・・・。

もしかしたら、今どきの親ならば
大きな報酬を得る息子の成功
手放しで大喜びするのかもしれません。

でも、大おばあさまが望んでいる事
そんな事ではありませんでした。

最後に書き残した手紙にあったとおり、
大おばあさまは侘助の健康や居場所を一番心配し、
それは決してお金で買えるモノではなく・・・。

大おばあさまは侘助に対して
金銭的な事は何も望んでいませんでした。

大切なのは人と人を繋ぐ心であり、
それはどんなに時代が進んでも
変わらずあり続けるモノなのです。

「今、ここで死ね!」
と言い放った大おばあさまは
誰よりも情の深い人間だからこそ
自分の懐に入る利益ばかりを考えた侘助に
愛情のある一番キツい説教をしたわけで、
甘やかしたり優しくするだけが
親の愛情ではないのだと
改めて痛感しました。

むしろ子供に嫌われるのを覚悟の上
子供の為に厳しく接する事
より深い親の愛情なのかもしれません。

その後、侘助や健二をはじめ、
小さな力がサイバーテロに立ち向かう事が出来たのは
やはり多くの人の心の声が支えになったからで、
それは2005年6月に劇場公開された映画
『電車男』のワンシーンのように
目には見えない力に
後押しされた結果
のように感じました。

後半は涙で顔をボロボロにさせられてしまったこの映画。

絶対にリピート鑑賞したい作品です。


【2009年8月1日(土)シネプレックス幕張にて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去の自分を断ち切る勇気。『サ... | トップ | 真実は自ずとやって来る。『そん... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2009-08-02 13:40:37
栄おばあちゃんの愛情があちこちで感じられましたよね。
個人的にはおばあちゃんが健二と花札をするシーンが印象的でした。

あのシーンがあったからこそ、縁側で泣いている夏希を見て健二が立ち上がろうとする姿がより格好よく見えましたよ。
良かったですね(^^) (たいむ)
2009-08-02 15:28:13
こんにちは!
私もリピートしたいと思いました!!
OZの世界の登場人物(アバター)もワンさかいて、ひとつひとつチェックしたい感じです。
どこかにまたウォーリーがいるかもしれませんし(笑)

素敵な映画でしたね!
コメント返信 (テクテク)
2009-08-02 17:03:54
>にゃむばななさま
こんにちは
この映画は栄おばあちゃんがいたからこそ
成立していた物語でしたよね

子供は親の背中を見て育つモノだと言いますが、
栄おばあちゃんの背中を見たからこそ
親戚ではない健二までも頑張れたのだと思います

優柔不断だった健二の成長ぶりも
見応えのある作品でした
コメント返信 (テクテク)
2009-08-02 17:13:04
>たいむさま
こんにちは
この映画は私も速くリピート鑑賞したいと思っている作品です

個性的なアバターも魅力的でしたよね

私個人的には「キングカズマ」がかっこ良くて
とってもステキでした
こんばんは (象のロケット)
2009-08-03 19:14:30
いつもTB有り難うございます。

とても素敵なレビューで、賛同しました。

記事は大切に反映させて頂きます。
コメント返信 (テクテク)
2009-08-04 12:40:31
>象のロケットさま
こんにちは
こちらこそ、コメントをありがとうございます

そして私の感想に共感して頂けた事を
大変光栄に思います

今後ともヨロシクお願い致します
こんばんは (まりっぺ)
2009-08-09 22:54:11
結局、和解できないまま、死別してしまったところは、後悔先に立たず、といったかんじで、現実の不条理感も感じました。
コメント返信 (テクテク)
2009-08-10 12:38:48
>まりっぺさま
こんにちは
大おばあさまが生きているうちに
侘助と和解出来なかったのは残念でしたね

でも、大おばあさまは息子の侘助を愛していましたし、
口の悪い侘助も実は大おばあさまを愛していて…

表面的には険悪なままの二人でしたが、
互いを想い合うその気持ちは
内心分かっていたのではないかと
私は感じました

理屈ではなく特別な理由もなく互いを想い合う…
それが本当の親子なのだと思います
つながりこそが僕らの武器。 (Ageha)
2009-08-19 08:16:19
だったかな。(笑)
ネットは、あまり気を使わずに言葉を書き込んでしまいがちで、ともすれば何かあると削除すりゃいいじゃんで終わりがち。

でも、ここだってネットの向こうには人間同士のつながりがあることを改めて思いました。
ブログやってると、投げた言葉に返してくれた人の思いが嬉しくて
それが続けてる理由になってますから。

ネットにしろ、黒電話にしろ、いかに真摯に人とむかいあってるか、
その積み重ねは、こういう時にきっと自分を支えてくれる。
…いつになくマジになってみました。(笑)

ピョコンと出てきてくれたアバターと世界中から差し伸べられたアカウントに涙腺決壊でした!
コメント返信 (テクテク)
2009-08-19 22:53:09
>Agehaさま
こんにちは

ネット世界の事情って、
出会い系サイトとか自殺サイトとか、
とかくニュースでは悪い事を取り上げられがちですが、
実は良い事も沢山あるんですよね

つまりは善悪は紙一重って事で、
それはネットに限らず例えば恋愛であっても
愛するが故に相手を独占したい気持ちが嫉妬になり、
時には憎悪に変わってしまう事もありますし…

技術が進み、人に意思を伝える方法は変わっても
心を持つ人間の手によって伝える事に
何ら変わりはないのですからね

良くも悪くも「人の心」を動かすのは
やっぱり「人の心」だと私も思うのです…
よく映画を見てますね。 (流石埜魚水)
2009-09-11 05:34:56
よく映画を見てますね。私も同じ様な映画を見て、同様の感想を持っています。

流石埜魚水です、初めまして。長崎俊一監督「西の魔女が死んだ」をブログにアップロードしました。

私は、この映画を三つの視点から観賞したいです。

1)まず初めに、この映画「西の魔女が死んだ」は、女の子=少女のホルモンの浮遊と成熟、思春期の逸脱と成長の複雑怪奇な心のブルーの問題を表現した映画ではないでしょうか…。
女の子の思春期は生理が始まり、成熟した「女の身体」へ脱皮するためのホルモン分泌が始まり、女へ変身・脱皮する、危険で不安定な人生の成熟期の入り口です。

2)次にこの映画を「おばあちゃん映画」としてアプローチしたいです…。おばあちゃんが孫を育てるというストーリのヒット映画が数本あります。お笑いの島田洋七が、自伝的な幼年期を書いた小説を映画化した「佐賀のがばいばあちゃん」もその一作でした。細田守監督のアニメ映画「サマーウォーズ」もまた「おばあちゃん映画」ではないでしょうか。人類学者の長谷川眞理子さんは、…おばあさんの知恵や経験を生かすことで人類は繁殖成功度を高められた…、おばあちゃんの存在が人類を繁栄させた…という、「おばあさん繁栄」仮説を支持しています。育児ノイローゼに陥った母親が、子どもを虐待したり、殺したり、育児放棄したり社会問題化していますが、おばあちゃんの存在と役割をもう一度見直そうとする映画ではないでしょうか…。

3)映画「西の魔女が死んだ」の原作者、梨木香歩さんは、絵本も出版されている童話作家ですが、童話=絵本と見做して、柳田邦男が提唱している童話=絵本的世界の効用、「感情の分化」」を促すものとして、この映画を見たいです。

是非とも一度私のブログを覗いて下さい。時々情報交感しましょう。そして読者になって下さい。
コメントいただいたならば、必ず返事を書きます。

コメント返信 (テクテク)
2009-09-11 12:34:36
>流石埜魚水さま
こんにちは

…凄い分析ですね

映画を感覚的に観て感想を書いている私とは大違いで
驚きました

「水曜日のシネマ日記」は
こんなにもお粗末な映画感想ブログですが
こちらこそ今後ともヨロシクお願い致します

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
サマーウォーズ (LOVE Cinemas 調布)
2006年公開のヒット作『時をかける少女』の細田守監督がおくるSFアドベンチャーアニメーション。脚本家に奥寺佐渡子、キャラクターデザインに現在『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が超大ヒット中の貞本義行という『時をかける少女』と同じスタッフが集結した作品で...
サマーウォーズ (悠雅的生活)
悠雅的生活 夏休み特別企画。
劇場鑑賞「サマーウォーズ」 (日々“是”精進!)
「サマーウォーズ」を鑑賞してきました2006年の「時をかける少女」が評判を呼んだ細田守監督が、再び奥寺佐渡子(脚本)、貞本義行(キャラクターデザイン)とタッグを組み、気弱な理系少年の思いも寄らぬひと夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。ひょんなことか...
「サマーウォーズ」 あんたならできる (はらやんの映画徒然草)
口コミで次第に観客を集め、単館公開ながらロングランとなった「時をかける少女」の細
「サマーウォーズ」:東砂四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}小学校も夏休み真っ最中ね。 {/kaeru_en4/}子どもたちも映画館に行くのかな。 {/hiyo_en2/}夏休み映画の名作といえば、何と言っても「学校の怪談」。 {/kaeru_en4/}あれは、よかった。わかりやすくておもしろく、しかもおとなが観ても勇気をもらえる。校庭に...
『サマーウォーズ』 (ラムの大通り)
----この映画って、 6月ごろからマスコミ向けにラッシュ試写とかいうのが行われて でも、これってまだ完成品じゃないから 個人ブログでは書かないでねの お願いがあったという作品だよね。 「うん。ぼくは 締め切りの必要性に迫られていたわけでもないし、 未完成の作品よ...
映画『サマーウォーズ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「あんたならできる」と言われたら、確かに、火事場の底力が出そう。 『サマーウォーズ』 2009年・日本・114分 監督:細田守 作画監督:貞本...
サマーウォーズ (そーれりぽーと)
『時をかける少女』で06年夏の話題をさらった細田守監督の新作と聞けば、あの映画を観た人は期待せずには居られないっしょ? 『サマーウォーズ』を観てきました。 ★★★★★ イイ。  『時かけ』よりもさらにイイ! 冒頭、『時かけ』を彷彿とするカウント音で期待を沸...
『サマーウォーズ』 (めでぃあみっくす)
腹が減っては戦はできぬ。一人でも戦はできぬ。だから「よろしくお願いします!」 あの『時をかける少女』の細田守監督の最新作は笑えて、泣けて、興奮して、そして笑顔になれる、個人的には前作を超えた邦画史上最高傑作と賞賛したいくらいに素晴らしすぎるほど素敵な映...
サマーウォーズ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
3年前の夏、小規模公開ながら口コミで人気が広がり、異例のロングランヒットとなった「時をかける少女」の細田守監督の最新作。 「サマーウ...
「サマーウォーズ」みた。 (たいむのひとりごと)
風景と高校野球以外はどの辺が「サマー」かなぁーではあるけれど、この夏、自信を持ってお奨めできるアニメ映画だと思う。現在から近未来的な題材での出来事ながらも、どこか昭和の香りがするような、進化していくモ
【サマーウォーズ】レトロとITと戦いと・・・ (映画@見取り八段)
サマーウォーズ〜SUMMER WARS〜 監督:  細田守 出演:  神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、仲里依紗、富司純子       公開: 2009年8...
サマーウォーズ (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) アニメーション監督・細田守×キャラクターデザイン・貞本義行×脚本・奥寺佐渡子。 2006年の日本アカデミー賞・アニメーション作品賞を初め、国内外の各映画・アニメ賞など23冠を獲得した「時をかける少女」スタッフが放つSF...
サマーウォーズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!
サマーウォーズ (とりあえず、コメントです)
前作『時をかける少女』での青春の眩しさが印象的だった細田守監督が創り上げた新作アニメです。 『時をかける少女』が大好きだったので期待していました。 期待以上の楽しさ&面白い展開に、最後までドキドキしながら画面を見つめていました(^^ゞ
サマーウォーズ (だらだら無気力ブログ)
2006年に単館公開から始まり、最終的にのべ100館以上でロングランヒットした 『時をかける少女』の細田監督が前作に引き続き、脚本・奥寺佐渡子、 キャラクターデザイン・貞本義行とともにチームを組み、数学が得意な気弱な 高校生がある事をきっかけに世界に迫る危機に...
映画レビュー「サマーウォーズ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆田舎の大家族が世界の危機を救うミスマッチが面白い。草食系男子のがんばりに拍手喝采だ。 【80点】 数学の天才で内気な高校生ケンジは、あこがれの先輩ナツキの誘いで、彼女の田舎の長野を訪れ、大家族の...
[映画感想] サマーウォーズ (混沌-chaos-という名のクロニクル)
サマーウォーズ (角川文庫)(2009/07/25)岩井 恭平商品詳細を見る 今日公開のサマーウォーズをさっそく見に行きましたので感想を書きたいと思いま...
サマーウォーズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
傑作だ。長野県上田市の鎌倉時代から続く旧家というと、真っ先に思いつくのは真田家だ。家康軍を撃退したり、関が原の戦いのときに秀忠をわなにはめて進軍を止めたのは、まさに真田昌幸と幸村の親子だ。その戦いのことを一人の大叔父が切々とそらんじるが、その歴史的物語...
サマーウォーズ (映画君の毎日)
●ストーリー●天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒さ...
サマーウォーズ (単館系)
アニメ「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督の最新作 「サマーウォーズ」 セカンドライフというものがあるらしい。自分はやっ...
サマーウォーズ (Akira's VOICE)
世界危機の夏。恋する夏。  
黒電話、こいこい、お願いしま〜す!〜「サマーウォーズ」〜 (ペパーミントの魔術師)
いや、もうサイコーでした。 むっちゃハマリました♪ 面白くてハラハラしてうるうるしました。 腹が減っては戦はできぬ。 ・・・とばかりにあの状況でみんなでご飯。スゲー。 でも大切なのは落ち着くこと。 いけないことは おなかをすかせてることと ひとりでいること...
「サマーウォーズ」世界の危機を理解した家族が1つの強い絆になり戦った世界を守る戦い (オールマイティにコメンテート)
「サマーウォーズ」は仮想世界(ヴァーチャルワールド)を舞台にしたストーリーで仮想世界で起こったハッキング事件に天才的数学力のある少年と家が代々武家生まれの少女とその家族たちが仮想世界で起こったハッキング事件に関わりその落とし前としてその事件に挑み戦うス...
「サマーウォーズ」 (俺の明日はどっちだ)
“本当の意味での二代目”“正統な続編”と筒井康隆から評価された前作「時をかける少女」で大きく注目された金沢美大出身の細田守監督による最新作。 舞台は日本の原風景を感じさせる長野県の田舎にある由緒ある旧家。 そこに恋心を持つ憧れの先輩とともに訪れた主人公...
サマーウォーズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2006年7月。わずか13本のフィルムからスタートした、細田守監督の劇場版アニメーション『時をかける少女』は、世界中のさまざまな人々に愛される作品として、数多くの賞を受賞。 あれから3年、少女の出会いの物語の次に監督が描くのは、少年と少女の家族の冒険...
サマーウォーズ/神木隆之介、桜庭ななみ (カノンな日々)
私の大好きな『時をかける少女』の細田守監督の最新作です。とっても楽しみにしていた映画でいつもは映画を観る前の情報収集は控えめにしてるんですけど、気になってついつい手をだしちゃってるんですが、僅か5分の本編オープニングを観ているだけでもワクワクしちゃいま...
『サマーウォーズ』七夕完成披露試写会@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、監督:細田守(時をかける少女)、キャラクターデザイン:貞本義之(新世紀エヴァンゲリオン)、音楽:松本晃彦(踊る大捜査線)が送る...
サマーウォーズ (SUMMER WARS) (yanajunのイラスト・まんが道)
『サマーウォーズ』は、『時をかける少女』を手がけて一躍注目を浴びたアニメーション監督・細田守さんの最新作です。 キャラクターデザイン・貞本義行さん、脚本・奥寺佐渡子さんなど、『時をかける少女』のスタッフが再結集しました。 先日、劇場に観に行きました。 ●...
「サマーウォーズ」を観る (紫@試写会マニア)
細田監督の新作「サマーウォーズ」を観てきました。劇場で見た予告編で、富司純子さん声で啖呵を切っているおばあちゃんの姿に惚れての観賞です。 山形だと庄内、長野だと上田、どうしてこうも映画化される場所ってきまっているのかな、歴史?風土?自然かしら?茨城と...
レビュー:サマーウォーズ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[青春ドラマ][家族][ネット世界][SFファンタジー?][エンターテインメント][ファミリー、大人向け][邦画][アニメ][ビスタサイズ][114分]  キャラ達の一体感:★★★★★ 懐かしい田舎:★★★★☆ 監督: 細田守 声の出演: 神木...
「サマーウォーズ」みてきました (+++turbo addiction+++)
サマーウォーズ見てきました!! http://s-wars.jp/index.html 。.:*・゜从n^▽^从η゚・*:.。.ミ ☆ 友達に誘われて何気なく見に行ったけど、面白かったよー!!! ところどころに笑いが♪ ほんと、映画館が意外と混んでいてビックリした・・・。
サマーウォーズ (描きたいアレコレ・やや甘口)
夏は、花火 とすいか と細田アニメです 『時をかける少女』は、高校生活とSF的世界をリンクさせ、甘酸っぱくて切なくて、奥華子の曲...
サマーウォーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★[3/5] ヒロイン夏希の魅力が薄いのが残念!
サマーウォーズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に目立ったイベントもなく、無駄に時間が過ぎていく夏休みなのに、、、何故か映画館に行く時間はとれない。子どもに振り回されっぱなしでおまけに得体の知れない毒虫に両足首を刺され(噛まれ?)、悲惨な目に・・・両足首が赤く腫れあがり、激しく痛み、歩けなくなり、...
映画「サマーウォーズ」 (FREE TIME)
映画「サマーウォーズ」を鑑賞しました。
サマーウォーズ(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日新宿バルト9で見てきました。「時をかける少女」('06)の細田守監督作品+テーマ曲が山下達郎、という興味のあったアニメ作品。劇場に着いた時次の回は満席、その次も残席わずかで、前から2列目の席にしましたが、久方の劇場満員での鑑賞でした。 「時を・・」...
サマーウォーズ■「戦い」ではなく「戦い方」の映画 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画では戦いが描かれる。栄おばあさんを中心とする一家と健二が戦う相手はサイバースペースの中の怪物である。バグのようなものであり、この相手には人格のようなものはない。従って、この戦いには「正義対悪」のようなものはない。むしろ、身内の中に悪があり、その...
【映画】サマーウォーズ (新!やさぐれ日記)
▼動機 数学戦争のような雰囲気に誘われて ▼感想 設定にいまひとつ説得力なし ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待って...
サマーウォーズ (LHFブログ 〜モジニヨルラジオ〜)
ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルがパワープッシュしていた細田守監督。『時をかける少女』、『ワンピース』といった彼の作品をしっかり予習して、そしてやっと『サマーウォーズ』を観に行くことができた。あ、今まではDVDで観た作品だからいいと思ってたけ...
つぶやき (映画『サマーウォーズ』 ネタバレなし) (WAVES OF JOY!)
8月1日に公開されたアニメ映画『サマーウォーズ』を観てきた。 2006年の『時をかける少女』で第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など数々の賞を受賞した細田守監督の作品。 (公式サイト http://s-wars.jp/index.html) ここは、イン...
サマーウォーズ (メルブロ)
サマーウォーズ 276本目 2009-36 上映時間 1時間54分 監督 細田守 出演(声) 神木隆之介 桜庭ななみ 谷村美月  仲里依紗  富司純子  斎藤歩 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 8点(10点満点)    あのアニメ映画の名作「時をかける少女」の細田守監...
サマーウォーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「つながり」 こそが、 ボクらの武器。』  コチラの「サマーウォーズ」は、「時をかける少女」の監督・細田守、キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子などが再結集した8/1公開のアニメ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  評判の良かった...
映画『サマーウォーズ』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。主題歌、山下達郎
サマーウォーズ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
サマーウォーズ’09:日本 ◆監督:細田守「時をかける少女」◆出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、 斎藤歩 ◆STORY◆小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系...
映画[ サマーウォーズ ]夏を戦った鳩山首相も観た (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ サマーウォーズ ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 アニメ[ 時をかける少女 ]の細田守監督が前作から3年、満を持して完全オリジナルで再びスクリーンへ帰ってきた。キャラクターデザインに貞本義行、脚本に奥寺佐渡子と今回も前作と同じスタッフが結集。...
【映画】サマーウォーズ…これは良作。是非ジブリと世代交代してください。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}週末です。 一週間なんて割とあっという間に過ぎてしまうものですなぁ{/ase/}… で、今から書くのは先週の近況報告です{/ase/} 前の日曜日の2009年10月18日{/kaeru_fine/} 娘が「松本清張生誕100年記念学童書道展」ってので入賞したので授賞式に行ってき...
サマーウォーズ / 86点 / サスガ日本のアニメはレベルが高いっすね! (ゆるーく映画好きなんす!)
こういうアニメを観て育った子供達は、悪い子になるわけがないと思うのです! 『 サマーウォーズ / 86点 』 2009年 日本 120分 監督 : 細田守 脚本 : 奥寺佐渡子 【満足度】 ★★★★★★★★☆☆(86点) 少し、こどもっぽ過ぎるかな〜っつーと
『サマーウォーズ』 DVD鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役...
サマーウォーズ (Blossom)
サワーウォーズ 監督 細田守 日本 2009
サマーウォーズ  (のほほん便り)
名前に聞き覚えあるだけで、期待が薄かったせいか「わぁ、アニメって、こんなにも自由な表現が可能なんだなぁ」と、レトロと最先端を融合させた斬新、かつ大胆な物語に、素朴に感心してしまいました。 個人的にチビの頃、父方でも母方でも、こういう大家族のわらわらを...