水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』

2011-01-29 10:00:00 | 映画【あ行】
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。


映画の評価 ★★★★☆ ドラマを感じる映画


●以下ネタバレがあります●


この映画の予告編を観た時から
実のところ私は勝手にパニック映画だと
ずーーーっと思い込んでしまっていました。

パニック映画には苦手意識もあって
当初は全く観るつもりはありませんでしたが
案外評判が良さそうだったので
百聞は一見にしかず・・・と思い
期待せずに観てみると意外や意外!

深い人間ドラマを感じる作品でした。

慣れている現場作業を運転士が軽視した事から
偶発的に起こってしまった
列車暴走事故の様子と平行して描かれていた
ベテラン機関士と新米車掌の確執。

デンゼル・ワシントン演じる
ベテラン機関士のフランクは
クリス・パイン演じる新米車掌のウィルを
子ども扱いして完全に見下していました。

ウィルもまた仕事に熟知したフランクの言葉を
うとましく思いながら聞き流していました。

そんなふたりが暴走する列車を止める為に
同じ方向を向き始めた時
お互いが持つ先入観ではなく
本当の姿を知り始めようとします。

表面的には全く分からなくても
フランクにもウィルにも
心に抱える大きな想いがありました。

失うモノがないフランクと
取り戻したいモノがあるウィル。

人生の夕暮れを迎えた男と
人生の夜明けを迎えたい男には
暴走列車を止めるなんて無茶な行為
危険だと分かっていても
それを辞めなかったのには
それぞれの理由がありました。

彼らはヒーローになりたったわけではなく、
彼らを突き動かしていたのは
使命感良心だけだったのかもしれません。


こんなにも勇気ある行動をとれる人が
今の世の中にどれくらいいるのだろうか・・・


それだけでももう十分感動の域なのですが
スピード感あふれる映像と
臨場感のあるドラマには
終始クギ付けになってしまう作品でした。


【2011年1月21日(金)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の最後に妙な感動。『僕... | トップ | ・・・雑。『グリーン・ホー... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2011-01-29 12:43:38
テクテクさんは、人間ドラマとして楽しめたんだね。
私なんて、パニック映画としてみてたから。。笑
ふたりの機関士は、はじめは相容れない感じだったけど
緊急事態になったら、心がひとつになった。
勇気を讃えたいですね。実話というのがびっくりです。
ドキドキハラハラ、力が入る映画でしたねー。
コメント返信 (テクテク)
2011-01-29 23:11:08
>アイマックさま
こんにちは
そうなんですよ~
私はこの映画の人間ドラマの部分に凄く惹かれてしまいました

フランクとウィルの関係もそうですが、
企業の上層部と現場で働く人間の気持ちの温度差や
その間に挟まれる社員の気持ちなど
そこに見応えを感じてしまいました

暴走列車を止めたいという気持ちの中に
企業のお偉い人たち以外の多くの人たちには
損得勘定がなかったわけで…

映像的にはスピード感満載の娯楽映画でしたが
私は人間のあるべき姿を見せられたような気がしました
ヒーロー (たいむ)
2011-01-30 09:48:20
狙ったヒーローではなくって、結果がヒーローってところが実話の良いところですね。
やや誇張もあっただろうけれど、スリングで迫力があって、面白い映画でした(^^)
今晩は~いつもお世話になっています。 (小米花)
2011-01-30 23:26:48
私もハラハラドキドキのパニックものとしての楽しみの方が強かったです。

でも確かに、会社の上層部の反応と二人の行動との温度差、心のあり方の差、事実だっただけに説得力がありましたね。
人間ドラマ (sakurai)
2011-01-31 20:33:18
トニーさんは、人間ドラマの方に力を入れると、力みを感じるのですが、ちょうどいい按配のドラマだったかもです。
やっぱ、ここは列車を際立たせた技がよかったなあと思いましたわ。
見終わった後、つめ食い込んでましたもん!
コメント返信 (テクテク)
2011-01-31 23:06:53
>たいむさま
こんにちは
結局、今回の映画の彼らに限らず
周囲からの共感を得るような行動であれば
結果は後から付いてくるって事ですよね

そういった過程も含めて
凄く見所を心得て作られた良質な映画だったと思います
コメント返信 (テクテク)
2011-01-31 23:15:09
>小米花さま
こんにちは
確かにこの映画はハラハラドキドキさせられる
迫力ある映像が一番の見所だったと思います

私個人的には列車の上を移動するフランクに
一番ドキドキしちゃいました

そういったアクションにも見応えがありましたが
物語は案外社会派だったのが
更に映画を面白くさせたのかもしれませんね
コメント返信 (テクテク)
2011-01-31 23:22:20
>sakuraiさま
こんにちは
この映画に描かれていた人間ドラマは
ガッツリといった感じではなく
暴走列車のスピード感と共に
サラリと上手く流れるような中で
アクセントを効かせていましたよね

まわりくどくないドラマが偏り過ぎる事なく
スピード感溢れる映像の邪魔にもならず…
ドキドキ感との相乗効果もあって良かったと思います
同じ方向 (間諜X72)
2016-05-14 22:49:17
この映画。いいですよね

>同じ方向を向き始めた時 お互いが持つ先入観ではなく
>本当の姿を知り始めようとします。

そう言う事です
我々社会人には、そう言う事がよく起きます。

>たった数時間の外出で4人の知り合いに会えたのです 
>ちなみに全て後期高齢者の方でした

それは凄いです

>いざ知人の死を目の前にした時には冷静ではいられない自分がいるんですよね

僕なんぞはビビりまくっています
コメント返信 (テクテク)
2016-05-15 08:02:41
>間諜X72さま
こんにちは

この映画は5年前に劇場で観ましたが
その内容は今でも鮮明に覚えています

最近こういったタイプの映画には
出会えていないような気がしますね…

この前のGWに帰省した時に出会えた4人は
私の幼少期からを知っている人ばかりでしたが
誰もが私の事を覚えていてくれたので本当に嬉しかったです

でも必ず近い将来、
この人たちとも永遠のお別れが来てしまうんですよね
後ろ向き (間諜X72)
2016-05-23 23:22:36
列車は後ろ向きで、すごいスピードで走る
フランクもウィルも色々な過去があったけど、後ろばかり向いていてはいけない前向きに
そんな事を思いながら、この映画を見ました。

さて、月曜日の勤務終了
お疲れ様でした・・・
コメント返信 (テクテク)
2016-05-24 19:25:52
>間諜X72さま
こんにちは
そうですよね
どうせ同じ時間を過ごすならば
何事も前向きに考えて毎日を過ごした方が
気分的にも楽になれますから

でもねー
なかなか前向きになれない時もあるんですよね

そんな憂鬱を乗り越えて
お互いに明日もイイ日でありますように
今週も頑張りましょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

67 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アンストッパブル (小部屋日記)
Unstoppable(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 生きて帰れたら、いいたいことがあるんだ。 通算5回目となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコラボレーション。 20...
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
アンストッパブル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
2001年5月にオハイオ州で起きた事件をモデルにして、暴走した列車を止めることに命をかけた鉄道マンの執念と、彼らの家族の再生の物語を平行して描くことで娯楽作品の傑作が誕生した。
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走列車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車を...
映画 「アンストッパブル」 (ようこそMr.G)
映画 「アンストッパブル」
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
アンストッパブル (Art-Millー2)
これぞ、シンプル・アメリカン・ヒーロー! アメリカのヒーローは、とてもシンプルで格好いい。 彼らは、ただただ最愛の家族を守るために命を賭けて戦う。 理屈では語れない無償の戦い。 その姿は果てしなく力強い、そして限りなく美しい。 アメリカ人が求める理想の...
アンストッパブル/デンゼル・ワシントン、クリス・パイン (カノンな日々)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故をモチーフに『サブウェイ123 激突』のトニー・スコット監督が映画化した大作サスペンス・アクション映画です。トニー・スコット監督とデ ...
映画「アンストッパブル」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオNIKKEIさんと東京建物さんだ。映画上映前に篠崎菜穂子さんの司会で前説と、宿泊券、ウォークマン、クオカード、プレスシートが当たる抽選会が行われた...
アンストッパブル(2010)●UNSTOPPABLE (銅版画制作の日々)
 生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 全米が固唾をのんで成り行きを見守ったその大事件は、2001年5月15日にアメリカ北東部で起こったもの。それをもとに映画化となった。 MOVX京都にて鑑賞。 トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンがまたタッグを組んだ....
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばして暴走。 た....
『アンストッパブル』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:UNSTOPPABLE監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 、ケヴィン・ダン、ジェシー・シュラム公式サイトはこちら。もともと子ど...
アンストッパブル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年1月7日公開の『アンストッパブル』一足お先に試写会に同行させていただいて鑑賞できました。アメリカのオハイオ州で2時間無人の列車が暴走した事件があったそうで、その実話を元に製作された作品だそうです。予告も結構ドキドキしちゃうけど、列車が暴走始めてから...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 | デンゼル・ワシントンから"漢"を学ぼう。 (23:30の雑記帳)
早くも2011年の主演男優賞は デンゼル・ワシントンに決定か!? というくらい良かったです。 暴走列車の重量感と迫力に気圧されて 終わったときには脇の下に汗をかいていまし ...
アンストッパブル <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いや~ 予想以上に面白かった~ 迫力満点やし ハラハラドキドキさせられるしほっとんど 電車で走ってるシーンばっかしやねんけど ひき込まれるで~コネで入ってきたウィルと ...
アンストッパブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14) 鉄道映画に外れなし!
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって無人のまま走り出してしまった。積荷...
★アンストッパブル(2010)★ (CinemaCollection)
UNSTOPPABL生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。この映画は、<事実>から生まれた。【解説】無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンストッパブル] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
[映画『アンストッパブル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆トニー・スコット監督は、先にもトレイン・パニック物『サブウェイ123/激突』を撮っているが、それは残念ながら、駄作だった。  しかし、今回の作品は、私、公開前から設定に胸を踊らせていた。  やっぱり、機関車にしても特急にしても、暴走したものを停める、...
アンストッパブル (voy's room)
  操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)...
劇場鑑賞「アンストッパブル」 (日々“是”精進!)
「アンストッパブル」を鑑賞してきました2011年1作目!無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機...
アンストッパブル/Unstoppable (いい加減社長の映画日記)
またも更新が遅いけど^^; 去年の予告編を観てから、楽しみにしていた作品。 公開日に、「アンストッパブル」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かな。 「アンストッパブル」は、中くらいのスクリーンで、3~4割程度。 【ストーリー】 ペンシルバニア州のとある操車...
アンストッパブル (あーうぃ だにぇっと)
12月21日(火)@一ツ橋ホール。 空席がかなりある。 既に観てしまったようでマニア達の姿無し。(笑)
映画「アンストッパブル」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『アンストッパブル(デジタル上映)』(公式)を、本日(1/7)鑑賞。初日の上映で、観客は20名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。 ざっくりストーリー ペンシルバニア州の操車場に停車中の最新式貨物列車777号が...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足...
「アンストッパブル」みた。 (たいむのひとりごと)
今年の一本目はコレ[E:shine]事故というものは概ね人間が引き起こすもので、その内で大惨事に発展するのは人的な迂闊やミスが引き金となり、更に人間が作り管理している機器等の動作不良が幾つも重なりあい
アンストッパブル (とりあえず、コメントです)
トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演のアクションです。 予告編を観て、トニー・スコット監督らしい面白そうな作品だなあと期待していました。 最後まで手に汗握るような迫力のストーリー展開に最後までドキドキでした~
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
アンストッパブル (Memoirs_of_dai)
トニー・スコットのいい仕事 【Story】 大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車777号が整備ミスにより走り出す。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)と、...
2011-01『アンストッパブル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-01『アンストッパブル』(更新:2011/01/08) 評価:★★★★☆(★★★★★との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の2本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 これは素直な物語だけど面...
『アンストッパブル』('11初鑑賞5・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:35の回を鑑賞。
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
『アンストッパブル』 (ラムの大通り)
(原題:Unstoppable) ----トニー・スコット監督で列車が暴走。 しかも、主演がデンゼル・ワシントン。 これって、最近ほかにもなかった? 「『サブウェイ123 激突』のことだね。 ただ、個人的にはあの映画よりも こちらの方が格段に楽しめたね。 物語は、これ以上な...
ソーシャル・ネットワーク / The Social Network (勝手に映画評)
全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 この手の物語には、仲間内での衝突が数多く繰り広げられるものですが、Facebookの....
『アンストッパブル』・・・今年の1本目!こいつはおもしろいゾ (SOARのパストラーレ♪)
制御不能に陥った乗り物を主人公たちが必死で止めようとするノンストップアクションの典型でありながら、壊れかけた父娘や夫婦の再生ドラマをしつこくならないぎりぎりのさじ加減で盛り込んでいるので、マンネリ感が全く感じられなかった。わずか100分足らずにして迫力の...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
アンストッパブル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全長800メートル、有毒物質を満載し巨大なミサイルと化した暴走列車を止めろ――! トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンの5度目のコンビ作は、前作「サブウェイ123 激突」に続いてまたも列車物。 未曾有...
アンストッパブル (こんな映画見ました~)
『アンストッパブル』---UNSTOPPABLE---2010年(アメリカ)監督:トニー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン 、 クリス・パイン 、 ロザリオ・ドーソン    無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未...
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
アンストッパブル (eclipse的な独り言)
今年初めての大ヒットでした。ねえ、まったり男さん。
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの...
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
アンストッパブル (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アンストッパブル」監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン(『ザ・ウォーカー』『サブウェイ123 激突』)クリス・パイン(『スター・トレック』『フェーズ6』)ロザ ...
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
アンストッパブル (迷宮映画館)
たっぷり手に汗握らせていただきました!!
アンストッパブル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年1月15日(土) 21:40~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アンストッパブル』公式サイト 硬質な映像を見せることでカッコいいと勘違いしているようなトニー・スコットだが、「サブウェイ123 激突」に続き、デンゼ...
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
【アンストッパブル】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン  生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 「貨物列車777が整備員のミスにより無人で走り出してしまった。加速して走り続ける列車、会社の上層部は何とか最小限の損失...
アンストッパブル (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  いくつかのミスが重なって暴走してしまった無人列車。しかも貨物には大量の危険物が搭載されている。このまま暴走を続ければ、やがては市街地に入り、急カーブのある高架で脱線し墜落することになるだろう。そしてその墜落先には多くの燃料タンクが設置されて...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
映画『アンストッパブル』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
予告編で暴走列車の姿を見てとっさに『暴走機関車』(85)と『カサンドラ・クロス』
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
「アンストッパブル」Unstoppable (2010 FOX) (事務職員へのこの1冊)
 前作「サブウェイ123 激突」で、やはりデンゼル・ワシントンを使って“地下鉄ハ
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
『アンストッパブル』 労働者階級の英雄 (Days of Books, Films )
Unstoppable(Film review) 列車が暴走する。2人の男がそれ
アンストッパブル (食はすべての源なり。)
アンストッパブル ★★★★☆(★4つ) 小さな人為的ミスが重なり、化学薬品とディーゼル燃料を搭載したまま列車が暴走。それを鉄道員たちが命懸けで止めようとする姿を描くサスペンス・アクション。 いや~~。面白かったです。 「電車を止めるだけでしょ?」と言わ...
アンストッパブル (みるき~うぇい)
原題:UNSTOPPABLE 2010年度作品/アメリカ <監督> トニー・スコット <出演> デンゼル・ワシントン(「アメリカン・ギャングスター」など) クリス・パイン ロザリオ・ドーソン イーサン・サプリー ケヴィン・ダン(「トランスフォーマー」) ケヴィン・...
映画『アンストッパブル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス...
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...