水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』

2011-05-11 23:30:00 | 映画【は行】
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 人間の狂気を描いた映画


●以下ネタバレがあります●


第83回アカデミー賞で
ナタリー・ポートマンが主演女優賞を取ったこの映画。

確かにそれも納得の演技と迫力のバレエシーンには
終始釘付けにされました。

でもこの映画のストーリー自体は
極めて単純です。

いや・・・
むしろストーリーはあるようで無いようなもの?

臆病なバレエダンサーが念願だった主役の座を手にしてから
初舞台を終えるまでの過程を描いただけの
ただそれだけの作品なのですが
それでも見応えは十分
ドキドキさせられたり、ハラハラさせられたり・・・。

特にその映像には魅了されっぱなしです。

2009年6月に『レスラー』を劇場で観た時、
主役の背中というか主人公の背後から撮る
独特なカメラアングルが凄く印象的でしたが
やはり同じ監督の作品。

今回の作品も主人公の背後からのアングル
彼女の視線の先にある風景から
その時々に彼女が何を想っているのか
を見なくても後姿で伝わってしまう
何とも不思議な力を持った映画でした。

まるで背中が全てを物語るといった感じです。

『レスラー』では過去に栄光を手にした主人公でしたが
今回はこれから栄光を手にしようとしている主人公。

どちらも最後は
今の自分に満足して飛び降りていましたが
その後の安否は不明です・・・。

でもなー
私個人的には『レスラー』の方が好きな作品です。

『レスラー』でも痛々しいシーンが多くて
物語も凄く残酷な映画でしたが
何故かまた観たいと思いました。

今回の映画は・・・凄い作品だけど2回目は遠慮したいかも。


【2011年5月11日(水)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 確かに愛はそこにあった。『八日... | トップ | 海賊も国王もエゴイスト。『パイ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-05-12 09:54:11
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (zooey)
2011-05-12 12:51:20
怖かったですねー!
私も公開初日の昨日、観て来ました。
確かにストーリーはないようなものですが
これだけ観客に緊張と不安を与えるという点では
たいしたものですね。
でも私も1回で沢山かな…w
こんにちは (たいむ)
2011-05-12 18:49:52
2回目は遠慮したいって気持ち、私も同じかも。
見ていて身も心も痛いんですよ。
素晴らしくって時間を忘れたけれど、終わってみればひどく恐くて疲れました〜〜(笑)
コメント返信 (テクテク)
2011-05-12 21:55:08
>けんさま
こんにちは
TBありがとうございます
こちらこそ今後ともヨロシクお願い致します
コメント返信 (テクテク)
2011-05-12 21:57:29
>zooeyさま
こんにちは
この映画は心理的に追い詰められるニナの姿が
ホントに怖かったです…

「自分を主役に抜擢して欲しい」と
恐る恐るお願いしに行ったニナと
黒鳥を演じた後「どや顔」で舞台袖を歩くニナが
同一人物とは思えないほどでしたね

今、こうして映画を思い返してみても
あのドキドキ感が鮮明に浮かびます

これだけ強烈なインパクトを与えた作品という事は
やっぱり凄い作品って事なんですよね
コメント返信 (テクテク)
2011-05-12 22:08:09
>たいむさま
こんにちは
この映画は人によって好みが分かれそうな作品ですよね

見ていて身も心も痛い…っていう感覚は
私も同感です

凄い映画である事は確かな事ですが
あの始まり、あの過程、あの結末…
ホント、緊張の連続でした

実は・・・ (マリー)
2011-05-14 00:20:13
こんばんは〜〜♪

シンプルなストーリーが、ここまで奥行きあるものに仕上がってるのは、やはりバレエという特殊な世界を描いてるからかもしれないですね。

私は逆に『レスラー』は見てて辛くて、再見したくない〜って思ってしまったんです。
でも、こちらはもう1回観たい。
好みって面白いですね〜。

ナタリーもよかったし・・・
なんか雰囲気も好きなんです〜。
コメント返信 (テクテク)
2011-05-15 08:42:00
>マリーさま
こんにちは
この映画は完全に好みが分かれる作品でしょうね…

私もこの映画を見終えてから
「レスラー」と今回の映画について色々と考えてみたのです

そこで気付いた事があったのですが…

これは完全に私の主観なのですが
その主人公の行動に対してどう思ったかの違いが
私の好みを分けたような気がしました

「レスラー」の主人公ラムは凄く痛々しい人生でしたが
彼には貫き通す「信念」があったというか…

そこまでしてプロレスを愛した彼の生き様に
「同情」というよりも「尊敬」してしまうような気持ちを
私は抱いちゃったんですよね

でも今回の映画の主役ニナには
そういった気持ちを抱けず
どちらかといえばただ「可哀相」だと思っちゃいました

映像的には今回の映画の方が美しさもあって
見応えはあったと思うのですが、
人間ドラマの部分では「レスラー」の方が心にグッときて
私は好きだったという事なのかもしれませんね
レスラー (rose_chocolat)
2011-05-15 21:37:13
私も、ラストではそれを思い出しました。
どっちかというと、レスラーの方が人間味があったお話だったし、マリサ・トメイもよかったんで、
テクテクさんが、レスラーの方が好きっておっしゃるのもわかるわー。

ラストは両方とも「真っ白」になって、
そこから先はお客さんの方でどうぞ・・・って感じでしたね。
コメント返信 (テクテク)
2011-05-16 12:58:23
>rose_chocolatさま
こんにちは
今回の映画も「レスラー」も
あのラストシーンが印象的でしたよね

どちらの映画もその後の事は描かれていないので
どう捉えるのかは観客の手に委ねられているのでしょうが
とても満足な瞬間を手にしている姿は
ニナもラムも本人的には至福の時であったとしても
第三者の目にはとても痛々しく感じました
ならば・・・ (ハカセ)
2011-06-07 02:42:45
どうもご無沙汰しております♪
引き続きリンクでお世話になっております。
久々に遊びに来てみました。

「ブラック・スワン」は、どーも乗れなかったんですよねー。
もっと、ドロドロしたものを期待し過ぎたせいか、プロットがシンプル過ぎて肩透かし気味でした。
この監督であれば、「レクイエム・フォー・ドリーム」がやっぱり秀作かと。
2回目見るには、コレも体力いりますが・・・w
コメント返信 (テクテク)
2011-06-07 20:18:29
>ハカセさま
わー
お久しぶり〜
お元気そうで何よりでつ

ところで…
「ブラック・スワン」に乗れなかったという気持ちは
分からんでもないですよ

内容的にはドラマチックな物語だったわけでもなく
観客をうならせるような巧妙な筋書きがあったわけでもなく…

白鳥から黒鳥への変貌の過程を見る事に
重点を置いている作品だったので
観る人によって好みが分かれる作品かと思われます

そして、どちらかと言えば男性ようりも
女性に好まれる作品かもしれませんね

「レクイエム・フォー・ドリーム」は未見ですが
秀作となれば…観ないわけにはいきませんな
こんにちは〜 (mana)
2011-07-07 12:41:54
今更ですが…

そうそう、極めて単純な前半は退屈だったほど。
それが終盤へかけて、引き込まれましたわぁ。

思い出しながら記事を書いてたんですけど、
鳥肌立って来ましたもん。
ゾクゾクすると言うか、ニナの興奮がこちらにも伝わって来て…
怖ーい!まさに狂気。

『スリラー』は観てないんですよね〜。
テクテクさんが好きな映画ですしね、
機会があれば見比べてみたいです。
私は、『ブラック・スワン』をもう一度観たい派ですが^^;
コメント返信 (テクテク)
2011-07-08 12:54:47
>manaさま
こんにちは
そうそう
この映画の前半は
ニナの人間性を丁寧に映像で見せている感じだったので
特にドラマッチックな筋書きもなく
比較的淡々と進行していましたよね

でも主役の座を手にしてからの彼女の変貌ぶりには
ただただ圧倒されっぱなしで…

この映画を観た直後は
二回目は遠慮したいと思っていましたが
時間が経つにつれ…
もう一度観てみたいと思えるようになりました

『レスラー』は凄く身につまされる…というか
凄く残酷な物語なのに
妙に理解できてしまう男の生き様が
同情でがなく尊敬してしまうような映画です

機会があれば是非ご覧あれ〜
単純だけど見入っちゃいました (メビウス)
2011-09-18 20:20:52
テクテクさんこんばんわ。ご無沙汰しております。

ナタリーが女優賞を獲得しただけはあり、その迫真の演技とバレエシーンは自分もかなり見応えを感じました。けれど面白かったというよりは不気味とか怖いという負の感情の方が勝っていた作品でもありましたねぇ。
でもお話の方は確かに1人のバレエダンサーのドラマを描いたものなのですが、官能と狂気の表現がてんこ盛りだったおかげもあり、単純なストーリーでも凄い引き込まれるものがあったのも確かですね♪
けどビビリ癖も無きにしも非ずなため、自分もそう何度も鑑賞する作品じゃないかも?^^;絵画の目がパチクリするシーンはなんにも警戒してなかったので普通にビビリましたw
コメント返信 (テクテク)
2011-09-19 22:58:25
>メビウスさま
こんばんは
こちらこそご無沙汰しております

確かにこの映画はサイコサスペンス的な要素が盛り沢山で
終始不安な気持ちで私も観ていました

映像に見応えもあったので退屈する事はなかったのですが
結構私もビビリまくりの鑑賞だったので心臓に悪いかも〜

鑑賞から時間が経つにつれ
もう一度観てみたいと思えるようになった反面、
実のところ二回目鑑賞へのチャレンジはまだ出来ていません…
テクテクさん、あけましておめでとうございます。 (アイマック)
2012-01-09 14:40:48
テクテクさん、あけましておめでとうございます。
昨年はほとんど映画みれず、更新もさぼってしまっておしゃべりできなかったのが残念でした。
今年も気分次第な更新になると思いますが
よろしくお願いいたしますね!

正月休みにこの映画みたけど、ほんとに恐かった。。
ひきこまれてしまいました。
ほんとナタリーのか細い背中がすべてを物語っていたね。
私も二回目は今は遠慮したい
コメント返信 (テクテク)
2012-01-09 23:25:07
>アイマックさま
あけましておめでとうございます
こちらこそ今年もヨロシクお願い致します
お互いにマイペースで
映画鑑賞とブログの更新を続けましょうね

ところで…
この映画は精神的に追い詰められてゆく様が
本当に恐ろしかったですよね

ナタリーのあの不安げな眼差しといい背中といい
凄い表現力だと思いました

この映画の鑑賞直後は
二回目の鑑賞に踏み切る勇気はありませんでしたが
何故か時間が経つと再び観たくなるんですよ〜

ただの怖いもの見たさだけなのかもしれませんが
不思議な魅力のある映画である事は間違いないかも

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

71 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ブラック・スワン (LOVE Cinemas 調布)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...
ブラック・スワン (本と映画、ときどき日常)
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン     ヴァンサン・カッセル     ミラ・キュニス もう全編に渡ってサスペンスがみなぎっています。 それに主演のナタリー・ポートマンがすごいイイ! これだけのバレエをするには大変な練習をしたん...
*ブラック・スワン* (Cartouche)
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥...
純真と邪悪「ブラック・スワン」 (Zooey's Diary)
こ、こんな怖い話とは知らなかった… 予告編である程度予想はしていたものの、 ここまで凄いサイコ・スリラーだったとは。 掌にはびっしょり汗、心臓はドキドキ、眼は三分の一位開けられず、 観終わった際にはげっそり疲れていました。 気の弱い方にはお勧めしませ...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
ブラック・スワン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がす...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
映画レビュー「ブラック・スワン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)...
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)...
ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・London)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
「ブラック・スワン」みた。 (たいむのひとりごと)
ナタリー・ポートマンに拍手喝さい!バレエの事は良く分からないので、ナタリーがダンサーとしてどれほどのものかは分からないけれど、本番での”ブラック・スワン”は鳥肌モノだった。もちろん、映画なので映像とし
『ブラック・スワン』 (beatitude)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜) (ラムの大通り)
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
ブラック・スワン (うろうろ日記)
試写会で見ました。すっごく期待してました。バレエの新プリマとして初舞台を踏むナタ
ダーレン・アロノフスキー監督 『ブラック・スワン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー『ブラック・スワン』(Black Swan)。主演は本作でアカデミー賞主演女優
ブラック・スワン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック・スワン 制作:2010年・アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ あらすじ:ニューヨーク・シティ...
◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
ブラック・スワン (Memoirs_of_dai)
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
「ブラック・スワン」5つ★です (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリーポートマン、美しい! かなり面白かったけれど、痛いシーンも結構あります。
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラック・スワン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
『ブラック・スワン』 (pure breath★マリーの映画館)
       誰も観たことのない「白鳥の湖」と 禁断の魔性に染まりゆくバレリーナの物語 『ブラック・スワン』 監督・・・ダーレン・アロノフスキー 脚本・・・マーク・ヘイマン / アンドレス・ハインツ / ジョン・マクラフリン 出演・・・ナタリー・ポートマン....
ブラック・スワン  監督/ダーレン・アロノフスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  ウィノナ・ライダー 【ストーリー】 ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに...
ブラック・スワン (とりあえず、コメントです)
ナタリー・ポートマンが昨年の映画祭の主演女優賞を総なめしたスリラーです。 彼女のどんな演技が見られるのか、とても楽しみにしていました。 バレリーナそのもののような見事なダンスを披露しながら、 役に苦悩し狂気に落ちていく主人公を迫真の演技で体現していました...
ブラック・スワン / Black Swan (勝手に映画評)
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
ブラック・スワン (voy's room)
 第83回アカデミー賞「主演女優賞 」受賞!ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ。既に引退した元バレリーナで、娘を熱心にサポートしている母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしていた。そんな折、芸術監督のト...
映画『ブラック・スワン』  (よくばりアンテナ)
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン (風に吹かれて)
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
純白の野望、漆黒の狂気。〜「ブラック・スワン」〜 (ペパーミントの魔術師)
もともと彼女は心に何かを閉じ込めていた。 この人めっちゃ精神的に病んでますってなシーンが やたら出てきます。 いいこでいようとして押さえつけてきた何か。とでもいうのかな。 母は過保護過干渉。 ニナを産んだことを後悔してないとはいうたものの ニナの出産でバレ...
ブラック・スワン (SUPER BLOG.JP)
アカデミー賞のおかげで前評判がすごく高くなって。 超美人である。 ボクの期待も「かなり」高かった作品。 かなり観たかった…理由は… まず、監督がダーレン・アロノフスキーであること。 去年観て結構気に入った作品「レスラー」の監督ですな。 んで主演がなん...
ブラックスワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
■映画『ブラック・スワン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...
病んでこその迫真の舞台 「ブラック・スワン」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
花形の看板バレリーナが降板、ニナが次のプリマに抜てきされる。優等生タイプの内気なニナは、白鳥の気品は演じられても、二役の官能的な黒鳥を演じることに難がある。厳しい監督やヒステリックな母親、強力なライバルによってニナはプレッシャーをかけられていく…… 監...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただし恐怖映画として) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』 (真紅のthinkingdays)
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
ブラック・スワン  BLACK SWAN (俺の明日はどっちだ)
圧巻の演技というのはこういうのを指すのであろうナタリー・ポートマンの演技を超えた渾身の演技にすっかり魅せられたサイコ・ホラーの衣をまとった成長物語。 そもそも映画の大きな背景となるバレエ作品「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの音楽はもちろん、代表的な場....
追いつめられて・・・ (笑う学生の生活)
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマを演じることになった ニナ しかし、白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられずにいて・・・ バレエ映画とは一概には言えぬ まさに 心理スリラーというべきか コーチの要求、黒鳥...
ブラック・スワン;レビュー? (ゆるっとヴァカンスな日々)
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
「ブラック・スワン」 (首都クロム)
 マシュー・ボーンの「SWAN LAKE」が大好きで、チャイコフスキーの曲を聴くだけで頭に浮かんでくるのはそちらの情景になってしまうので、これのサウンドにはかなり惑わされました。目はナタリーが踊っている(作中の演出家が振付けた設定だが)古典版を見ながら、脳に到...
ブラック・スワン;レビュー? (ゆるっとヴァカンスな日々)
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
シネトーク61『ブラック・スワン』●ナタリーの“鳥演”に“トリハダ”が立った傑作ドラマ (ブルーレイ&シネマ一直線)
三度のメシぐらい映画が大好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「スクリーンがビスタからシネスコになる時、上下が狭まると損した気分になる」 シアター61/『ブラック・スワン』 監督:
「ブラック・スワン」の閉じられた世界 (くまさんの再出発日記)
バレエという世界は、閉じられた集団の中で完結する。演劇のように自由な移動はない。しかも年々、興行は尻すぼみだ。若年のときから研鑽を積んでやっと花開くのがプリマドンナであり、もう後はない。ニーナに...
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった〜。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ブラック・スワン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
「ブラック・スワン」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ナタリー・ポートマン使用のトウシューズトウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリ
『ブラック・スワン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
ブラック・スワン (こんな映画見ました〜)
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン ニナ・セイヤーズ ヴァンサン・カッセル トーマス・ルロイ ミラ・クニス リリー バーバラ・ハーシー エリカ・セイヤーズ ウィノナ・ライダー...
『ブラック・スワン』 (Cinema + Sweets = ∞)
ナタリー・ポートマンがアカデミー最優秀主演女優賞に輝いた、ダーレン・アロノフスキー監督作品『ブラック・スワン』を観ましたー。 やっとのことでの鑑賞です。 ******************** 『レクイエム・フォー・ドリーム』『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監...
『ブラック・スワン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
『ブラック・スワン』のホラーとエロス (美容師は見た…)
こういうお話だったんですね〜。。。まさかスリラー映画だったとは!遅ればせながら、『マイティ・ソー』でのナタリー・ポートマンを見て、『ブラック・スワン』で高評価だった彼女を見たくなりました。ギリセ〜フ(笑)こちらを先に観ていたら、『マイティ〜』での彼女は物...
映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
【DVD】ブラック・スワン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 【公開日】2011/5.11 【製作】アメリカ 【ス...
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...
ブラック・スワン (小部屋日記)
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...