水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

貧困国の裕福物語。『風立ちぬ』

2013-07-21 09:30:00 | 映画【か行】
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の物語です。


映画の評価 ★★★☆☆ 感情移入できない映画


●以下ネタバレがあります●


この映画が公開日を迎える前、
何度か4分間の長い予告編を観ていました。

荒井由実の「ひこうき雲」に乗せて
ほぼ映像だけで見せる4分間と
最後のセリフに思わずホロリ・・・とさせられ
絶対に本編も観に行こう!と心に決めていたこの作品。


ここ10年間のジブリ映画には
私の心を掴まれずにいたので
今回は期待大で観に行ったのですが・・・


これまた微妙。


4分間の予告編ではホロリ・・・とさせられたのに
126分の本編では全く泣けませんでした。


終わり方も唐突
エンドロールが流れ始めた時、


えっ?これで終わりなの???


と思ってしまったほど。


物質的に豊かではなかった時代背景
そんな中でも少年時代からのを追い続けるという
題材は悪くないと思うのです。


でもなー。


無駄に付随するオプションのせいで
肝心な本筋がボヤけてしまった印象を受けました。


例えば・・・
二郎と菜穂子の恋の話なんて
どーなんでしょ?

お嬢様の菜穂子と大手企業に勤める二郎。

いくら日本が貧しかった時代とはいえ
このふたりから貧しさなんて全く感じられません。


まるで貧困国の裕福物語です。


おそらく、このふたりの恋を描く事で
共に生きたくても生きられなかった
薄命の菜穂子を通して
命の大切さや生きる事の喜び
伝えたかったと思うのです。

言いたい事は分かるのですが
『コクリコ坂から』と同様に
障害のあるいわく付きの恋愛
ジブリ映画には不向きというか
描き方が下手というか・・・


劇中ではキスシーンも何度か登場しますが
その度なんだか私は興醒めしちゃいました。


だったら恋愛よりも
二郎の同僚であり同志である
本庄との友情を中心に描いた方が
まだ共感できたかもしれません。


国境を越えた異国人との友情エピソードも
あってないようなものだし・・・何だか勿体ない。


そういえば先日、日テレで放送された
「1億人の大質問!?笑ってコラえて!ジブリ3時間SP」で
この映画にまつわる人物の特集をしていましたが
そっちの方が断然興味深くて面白かったし
むしろ泣けちゃった事を思い出しました。


娯楽媒体を通して人に想いを伝える事って難しいのね・・・


【2013年7月20日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛する人を守る罪深さ。『真... | トップ | いろんな意味でビックリ!『... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (たいむ)
2013-07-21 17:01:07
本庄、良かったですよね。西島さんも良かったし。
私も二郎の物語だったら、本庄とか、ふたりの上司の方々とか、仲間たちとのアレコレを見たかったかも。

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!ジブリ3時間SP」もみてましたが、事実自体が面白く、組み合わせなくても十分ドラマでしたよね。


コメント返信 (テクテク)
2013-07-21 17:31:14
>たいむさま
こんにちは
そうなんですよねー
私個人的には西島さんが声を担当した本庄の方が
とっても興味深い人物でした

二郎の上司たちや仕事仲間も良かったですし
仕事に情熱を傾ける男たちのドラマを
もっと掘り下げて描いて欲しかったかも…

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!ジブリ3時間SP」では
実在の人物であった堀越二郎の足跡を辿る以外でも
今回の映画に携わった人たちの想いも取材されていて
スティーブン・アルパートさんを声優に起用した理由とか
そっちの方が私は純粋に感動しました
Unknown (Ageha)
2013-07-22 13:51:44
確かに妙にキスシーンが多かったし
初夜はでてくるしぶっとびでした。(^^;
それにしても、こういうのを描くのって
ジブリは意外と苦手のようで・・・(^^;
そのくせ恋愛ものを組み込むために
堀辰雄と堀越二郎を合体コラボしたんだとしたら
どうなんだろな・・・
基本、ジブリのアニメって女性が主人公だし
男性が真ん中にくるやつなら
「紅の豚」みたいなのも過去にちゃんと作ってんのに
男のカッコつけたがりやカッコ悪さをだせば
それだけで十分楽しいのに
菜穂子を出さないとつまんなくなるとでも
おもったんでしょうかね~・・・。

「笑ってコラえて」の特番、
限定盤DVDにでもつければいいのに。(わわわわわ)
コメント返信 (テクテク)
2013-07-23 12:47:47
>Agehaさま
こんにちは
確かに初夜のシーンの登場には私もブッ飛びましたね
前作の「コクリコ坂から」もそうでしたが
なーんかジブリの選ぶ題材が
メロドラマみたいな傾向になってきているように思いました
宮崎監督、どーしちゃったんでしょ

私はジブリ作品に恋愛要素を求めてはいないんだけどなー

アニメで恋愛を描くなら
新海誠監督作の方が断然クオリティが高いですよね

「笑ってコラえて」の特番は確かに
DVDの特典にしても不思議ではないくらいの
感動的で面白い内容でした
宮崎監督 (ik-akira)
2013-07-31 12:48:20
 テクテクさん、なるほどのコメントありがとう、監督は女性を描くのが下手ね (なぜか女性言葉)

 ジブリ制作の映画はずいぶん観てきたけど さつき、ナウシカ、みんな優等生だよね。

火垂るの墓 は泣けたけどね(号泣か) あれは高畑監督の作品か(原作者の野坂昭如氏のほぼ実話)、ナウシカもラピュタも、 もののけもトトロも、いい映画だとは思うだけど
コメント返信 (テクテク)
2013-07-31 22:28:52
>ik-akiraさま
こんにちは
私もジブリ映画は結構観ている方ですし
好きな作品も多いんですよねー

でも、ここ10年の作品では
ガッツリと心を掴まれる事はなく
リピート鑑賞したい気持ちにもなれず…

私の個人的な趣味の問題だとは思うのですが
20年以上前の作品の方が主人公も魅力的でしたし
物語も純粋に面白く感じました

これって単に私が歳を取って
感性が鈍くなっただけなのかとも思いましたが
過去のジブリ作品を今観ても面白いと感じるので
最近のジブリ作品に魅力を感じないのは
私の加齢のせいではないようです…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『風立ちぬ』 2013年7月7日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『風立ちぬ』 を試写会で鑑賞しました。 昨日のポケモンに続き、エンドロールで帰る人はなく上映後には拍手がありました。 こういう感じなってくると映画を見てよかったと思える。 (個人的な映画の感想とは別ですけど) 【ストーリー】  大正から昭和にかけての日本...
風立ちぬ (悠雅的生活)
帽子。パラソル。紙飛行機。試写会にて。
『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? (映画のブログ)
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...
劇場鑑賞「風立ちぬ」 (日々“是”精進! ver.F)
それは、美しい夢… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307200001/ 【送料無料】風立ちぬ サウンドトラック [ 久石譲(音楽) ]価格:3,000円(税込、送料込...
風立ちぬ (あーうぃ だにぇっと)
風立ちぬ@スペースFS汐留
『風立ちぬ』 (時間の無駄と言わないで)
久々に映画館で宮崎アニメを観た。 「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。 わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ ...
【風立ちぬ】美しい飛行機と美しい夢 (映画@見取り八段)
風立ちぬ      監督: 宮崎駿    出演: 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 公開: 2013年7月20日 2013年7月4日。劇場観賞。(試写会) 2週間も前に試写会で見た...
風立ちぬ (試写会) (風に吹かれて)
ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として
「風立ちぬ」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
とても美しくて、良い映画だった。でもこんなにキスシーンがある宮崎作品は初めて観た気がする。だからということではないが、幼児から”ポニョ気分”でせがまれて劇場に足を運んだ親は、場合によっては途中で退出を
風立ちぬ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ジブリ製作の作品だけど子供向けではない。文学的であり夢想的でもあり、ただ生きることを賛美している。零式艦上戦闘機がもしなければ日本は太平洋戦争を起こせなかったと考えても、設計者の責任など問えない。大きな時代の流れで日本全体が向かった先を知っている我々は...
[映画『風立ちぬ』を観た(前篇)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!!  たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。  取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。  なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この...
『風立ちぬ』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本・原作: 宮崎駿 声の出演: 庵野秀明 、瀧本美織 、西島秀俊 、西村雅彦 、スティーブン・アルパート 、風間杜夫 、竹下景子 、志田未来 、國村隼 、大竹しのぶ 、野村萬斎 試写会場: よみうりホール 映画『風立ちぬ』 公式サイトはこちら (2...
大人が感動するアニメなんだろな~。~「風立ちぬ」~ (ペパーミントの魔術師)
ジブリが夏休みにぶつけてくる大作は 子どもがみてワクワクドキドキなものだという固定観念は どっかで捨てなきゃいけない。 ファンタジーばっかじゃないジブリの底力も見たような気がするし これから何処へ行くのかを模索してるようにも見えた、そういう作品。 でも、....
風立ちぬ (Akira's VOICE)
生きるって切ないが嬉しい。  
天上大風~『風立ちぬ』 (真紅のthinkingdays)
 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。  宮崎駿監督5年ぶりの新作映画、スタジオ...
風立ちぬ 感想♪ (★ Shaberiba )
美しい風景と共に描かれる風の描写が秀悦!
風立ちぬ   ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる。主人公の声には『エ...
映画:風立ちぬ  ストーリー云々は抜きで、2時間にわたる映像詩として、純粋に堪能! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニングから既に美しい映像。 早朝~大地に降り注ぐ、太陽の日。 これだけで思う、 究極に美しいアニメーションだな これは! その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。 現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積み重なってくる。 と、...
風立ちぬ ★★★★☆ (センタのダイアリー)
庵野英明のアテレコがひどいと言う前評判を聞いていたが、それ程のものではなかった。 確かに棒読みのセリフだが、逆に朴訥とした主人公の性格を上手く表しているともとれるし、これはこれでアリだと思う。...
『風立ちぬ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
『風立ちぬ』 試写会で鑑賞~ (pure breath★マリーの映画館)
                       生きねば 『風立ちぬ』 監督・原作・脚本・・・宮崎駿 音楽・・・久石譲 主題歌・・・荒井由実 声の出演・・・庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、國村隼、志....
風立ちぬ (Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン)
    『風立ちぬ』  (2013) 大正から昭和にかけての日本。 戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。 航空機の設計者である堀越二郎は、イタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げた...
風立ちぬ (単館系)
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭和にかけての日本。...
風立ちぬ/庵野秀明、瀧本美織 (カノンな日々)
『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作です。公開前から既に超話題作って感じですが、宣伝手腕も巧みでTOHOシネマズに映画を観に行くとほぼ必ず目にする4分間の特 ...
風立ちぬ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
風立ちぬ、いざ生きめやも。 改めて、宮崎駿の凄さを思い知らされた。 零戦の設計者として知られる航空機技師・堀越二郎の半生をベースに、同時代の作家・堀辰雄の代表作で、山口百恵主演の同名映画でも有...
風立ちぬ  監督/宮崎 駿 (西京極 紫の館)
【声の出演】  庵野 秀明(堀越二郎)  瀧本 美織(里見菜穂子)  西島 秀俊(本庄季郎)  西村 雅彦(黒川) 【ストーリー】 大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎は....
映画「風立ちぬ」 (FREE TIME)
映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。
映画『風立ちぬ』観てきた (よくばりアンテナ)
久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。 シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。 ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。 そして、週末だろうとサービスデーだろう...
風立ちぬ (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1....
風立ちぬ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。   激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。   飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで   役者が演じているのに...
「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 (はらやんの映画徒然草)
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍
風立ちぬ (映画の話でコーヒーブレイク)
「風立ちぬ~」と言われたら「い~まぁ~はぁ~、秋~」と思わず口ずさんでしまいます。 子供の頃、零戦のプラモデルを作った記憶があります。 父と一緒に作りながら、零戦のフォルムが如何に美しいかを熱く語ってくれたのですが、 当時の私にはよくわかりませんでした。...
宮崎駿のリアル (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。 大正から昭和にかけての日本。 航空機の設計者である堀越二郎は飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという夢と菜穂子との恋を描く ジブリ、宮崎駿監督 新作! ゼロ戦の設計者・堀越....
風立ちぬ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:宮崎駿 声出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルバート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ 【解説】 解説: 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾...
風立ちぬ いざ生きめやも (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【48 うち今年の試写会5】 宮崎駿さんがはこの作品を最後に今度こそほんとに長編アニメ製作からの引退するって発表した・・・そんなん言われたら観に行っとかなあかんやんか~。  大正から昭和にかけての日...
「風立ちぬ」 (てんびんthe LIFE)
「風立ちぬ」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 2013-077 何かと話題になってる今年のジブリ作品は宮崎駿監督の「風立ちぬ」 今年の日本夏の映画界はハリウッドの大作を完全に抑えきってこの作品が勝利する模様。 余計な話で韓国ではブラピもジョニーも抑えて「監視者た...
風立ちぬ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。
風立ちぬ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
風立ちぬ '13:日本 ◆監督:宮崎駿「崖の上のポニョ」 ◆主演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 ◆STORY◆大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌によ...
風立ちぬ (いやいやえん)
戸口の狭い作品なんだなと言う印象。しかし、これをアニメーションで描ききったというところには感嘆する。 ゼロ戦の設計者の堀越さんは有名ですが、きっとゼロ戦好きの父にすれば、色々これをみて誰かに話したくなるに違いない、とは思った。私はそこまで知識がない...
風立ちぬ (銀幕大帝α)
THE WIND RISES 2013年 日本 126分 ドラマ/ロマンス/青春 劇場公開(2013/07/20) 監督: 宮崎駿 『崖の上のポニョ』 プロデューサー: 鈴木敏夫 原作: 宮崎駿 脚本: 宮崎駿 音楽: 久石譲 主題歌: 荒井由実『ひこうき雲』 制作: スタジオジブリ 声の出演...