水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

このドキドキ感は・・・!『ボーン・アルティメイタム』

2007-12-02 10:03:05 | 映画【は行】
記憶を失った元CIAの暗殺者
ジェイソン・ボーンのシリーズ第3作目です。


映画の評価 ★★★★☆ 面白いシリーズ映画


●以下ネタバレがあります●


この映画は、公開前にチラシを手にした時から
「早く観たい!」と思っていた映画でした。
なので、『水曜日のシネマ日記』再開の
記念すべき、第一作目の鑑賞作品に選びました。


実は、2003年1月に
『ボーン・アイデンティティー』が公開された時、
私は劇場へ観に行きましたが、
正直なところ、
あまり好きな作品ではありませんでした。

謎に包まれたジェイソン・ボーンが、
偶然知り合ったマリーを連れて、
ただ逃げ回っているだけのようにしか見えず、
さほど面白いとは思えませんでした。

そして、2005年2月に続編である
『ボーン・スプレマシー』が公開され、
あまり期待せずに観に行ったのですが、
人間ドラマに深みが感じられ、
凄く面白く観る事が出来たのです。

今回、そのシリーズ3作目となる
『ボーン・アルティメイタム』を観る前に、
前作をおさらいしてから、
期待感イッパイで観に行ったのですが・・・
何でしょう!
このドキドキ感は・・・!


まるで、『インファナル・アフェア』
劇場で初めて観た時のような感覚でした。

ジェイソン・ボーンが残した
「お前に殉職の栄誉は与えない。」
という、この言葉も、
ちょっぴり『インファナル・アフェア』ちっくです。

ジェイソン・ボーンのスマートさも健在で、
他のCIAを寄せ付けません。

それに加え、
『ダイ・ハード4.0』も真っ青な程のカーアクションと、
ジョン・マクレーンに負けずとも劣らない不死身さ。

さすが、3000万ドル掛けて作り上げられた
人間兵器だけの事はあります。

それでも、今回の映画は、
完全にボーン・シリーズの中の1作品なので、
『ボーン・アイデンティティー』
『ボーン・スプレマシー』
『ボーン・アルティメイタム』
3本映画でひとつの作品
といった感じです。

なので、このシリーズの前作を観ていないと、
かなり理解し難い内容になっていると思います。


今回の映画を観て思ったのですが、
日本の漫画が実写版として
ハリウッドで映画化されるという話題のひとつに、
浦沢直樹原作の
「モンスター」という作品があります。

この作品も、ある出来事を切っ掛けに
主人公が目的を持って、
逃亡生活を続ける物語
です。

実際に映画化されるならば、
今回のボーン・シリーズように
3部作に分けてでも、内容を省略し過ぎず、
ドキドキ感を持たせた作品に仕上げて欲しいと
心から願っています。


【2007年12月1日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログを再開します。 | トップ | 人生最良の時。『ディセンバー・... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさい^^ (紫(むらさき))
2007-12-02 11:13:45
復帰一作目が「ボーン」とはniceチョイスです♪

ハンディカメラでの映像(TVでメイキング特番をみました。スゴかった・・・ボーン、じゃなくてカメラさん。)に酔っちゃいそうでした。
ぐわ~、とアドレナリンが出た作品でしたね。

何かとお忙しいでしょうし、時は師走。
お互いに体調を崩さないように致しましょう。

今後とも宜しくお願い致します。
コメント返信 (テクテク)
2007-12-02 12:27:05
>紫(むらさき)さま
こんにちは
その節は、温かい励ましのコメントを
ありがとうございました
おかげさまでブログ再開できるようになりました
こちらこそ、今後とも
ヨロシクお願い申し上げます

今回の映画は、ストーリーも勿論の事、
映像もスピード感があり、迫力満点でした
最初から最後まで、ハラハラ・ドキドキ…
大満足のボーン・シリーズの作品でした
おかえりなさい (八ちゃん)
2007-12-02 12:38:39
八ちゃんも開店休業状態中ですが、まだ映画をちょこちょこ観られたので、なんか気が引けちゃいますが、これからも楽しみにしています。先日久しぶりにコルトン行ってきました。土曜日に行ったのは初めてです。人がいっぱいいて(当たり前だけと゛)びっくりしました。

11月には西新井にもTOHOが出来たのでますます疎遠になりそうですが、総武線沿線の知人も多いので、一緒に行くときはコルトンです。



この映画、評判高いです。今年一番て言う人もいます。ドキドキ感、たしかに!って思いました。
コメント返信 (テクテク)
2007-12-02 13:43:43
>八ちゃんさま
こんにちは
ただいま戻ってまいりました

八ちゃんのブログも休業中なのですね
再開される日を楽しみに待っています

実は私も、約1ヶ月ぶりにコルトンへ行ってきました
相変わらず、賑やかでしたね
最近は、シネコンが次々に出来ているので、
コルトンのTOHOシネマズもディスプレイを工夫するなど、
結構頑張っているようです

ところで…
この映画は、最初から最後までドキドキ感が満載でしたよね
アクションあり、ドラマあり
私の期待を裏切ることなく、十分楽しむ事が出来ました
再開おめでとう! (なな)
2007-12-02 13:59:27
ほんとうによかったですね~。
そしてまた,最高の作品からのスタートですよ!
これ、1作目から面白いとは思ったけど,
まさか3部作になってもっと完成度が上がるとは
思ってませんでしたよ。
フツウ,だんだんショボくなっていくもんなのに。
その点では,確かにインファナル・アフェアと似てますね。
アクションのみに逃げずに,ストーリーの緻密さや
人間をしっかり描いていること,キャラに魅力があること,なども似ています。
やはり極上のものは,共通点があるのですね。
私もインファナル~大好きで,記事を書いたので,そちらにもお邪魔しますね。
Unknown (お松)
2007-12-02 14:36:26
今回の「アルティメイタム」はシリーズの「3」というより「2」も続編って感じでした。
思ったのは、「2」が思いのほか受けたので、その受けた要素「カーチェイス」「格闘」「逃亡アクション」などの美味しいところを拡大(規模・時間)していたように思えました。
だから「1」は観ていなくても、「2」を観ている人なら解かると思います、が、「1」も「2」も観てない人にはつらいと思います。「知ってて当然」って前提で説明が一切なし!でしたから。
僕が思ったのは、3作全部見るのを前提として作られたというよりも、「2」があまりにも受けたから、無理やり作っちゃえ!みたいないかにもなハリウッド商売の感覚を受けました。
それにしても、マット・デイモンはいい!!!
好きだ~!!!!!!(そっち系ではないけど)
monster (たいむ)
2007-12-02 14:49:26
シリーズの〆として大満足なアルティメイタムでしたね。

「MONSTER」の映画化は立ち消えていないようですけど、ちっとも進展がないですよね。
私も楽しみにしているのですが(^^;
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2007-12-02 15:17:49
お返しできなくてスミマセン。
公開直前にTV放送が有って復習出来たので、3作の繋がりもバッチリ理解して楽しめました。
テンポよいスピーディーな展開とスマートな戦略に最後までワクワクしっぱなしでした。
見事完結させてくれましたが、まだやって欲しいような欲しくないような。
同じクオリティでの続編を見たいです。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-12-02 17:06:15
ブログ再開おめでとうございます~
そして再開第一弾がこの映画とは!
いいチョイスでしたね
実は今日二度目の鑑賞をして来たのですが、何度見ても面白いと思いました。

ブログも映画も、現実の生活が普通であってこそ楽しめるもの。
映画でいろんな人生を見て、いろんな考え方を学んでいるつもりでも、やはり現実の出来事が自分の心に与えるものって全然違うんですよね。
テクテクさんのこのたびの経験が映画レビューにも反映されるのかと思うと期待大でございます。
どうぞご無理なさいませんように。
3000万ドルの暗殺者 (メビウス)
2007-12-02 18:48:31
テクテクさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そう言えばジェイソン・ボーンって3000万ドルと、かなりの巨額を投じて育成された暗殺者だったんですよね。アイデンティティの記憶はうっすらなのでうろ覚えでした(汗)
でもそれだけの費用をかけて、ボーンは一体どんな訓練を受けていたんでしょうね?3作にはそういったボーンになる訓練風景などが過去のフラッシュバックなどで映し出されていなかったので、個人的にはちょっと残念ですね。
こん (せるふぉん)
2007-12-02 21:40:17
TBありがとうございました。

この映画は目からウロコ・・・というか
ガツンとやられた感じの文字通りものすごいアクション映画でした。

まさに2時間クライマックス状態(笑)
最初から最後までアクションしっぱなしのマット・デイモンに拍手☆
コメント返信 (テクテク)
2007-12-03 00:19:09
>ななさま
こんばんは
その節は、温かい励ましのお言葉をありがとうございました
今後とも、ヨロシクお願い致します

この映画を観始めた時から、
映像の緊迫感といい、バックに流れる音楽といい、
どこかで味わった事のある感覚で、
何の映画だったかなぁ…と考えていた時に、
「インファナル・アフェアだ
と気付きました
おっしゃられている通り、
「極上のものは共通点がある」のですね


>お松さま
こんばんは
確かに、今回の作品は完全に「2」の続編でしたよね
私個人的には、
5つレベルの作品だったと思うのですが、
やはり、単独の映画としては観れないという点で
4つにしてしまいました
マット・デイモンは素晴らしい俳優になりましたよね
今後が楽しみです


>たいむさま
こんばんは
ホントに今回の映画はボーン・シリーズの〆として、
大満足の作品でした
「MONSTER」の映画化の話は、どうなっているのか
気になる所ですよね
天馬の役はキアヌ・リーブスに是非お願いしたいと、
私個人的には思っています


>くまんちゅうさま
こんばんは
いえいえ…TBの事は、お気になさらないで下さい
実は私も、テレビで放送された前2作を録画しておいて、
今回の作品を観に行く前にチェックしておきました
そしたら、あまり面白くないと思っていたはずの
第一作目も、なかなか面白く感じたりして…
改めて、このシリーズの深さを知りました
私も心の底では続編に期待している一人です


>ミチさま
こんばんは

>再開第一弾がこの映画とは!いいチョイスでしたね

皆さんに、そう言って頂けるだけの
ホントにレベルの高い映画でした
私に映画の楽しさ、素晴らしさを
改めて感じさせてもらえた作品です

今回、自分の実生活の中で初めて感じた親の存在の有難さ、
ブログ休止を通して感じた人の温かさ…
どれもこれも、私にとっては大切な宝物です
今後とも、ヨロシクお願い致します


>メビウスさま
こんばんは
そーなんですよ
ジェイソン・ボーンは、
3000万ドルもの大金を掛けられて作られたのですよね
どーりで、強靭な身体や相手の裏をかく行動だけでなく、
フランス語、ロシア語、スペイン語…
世界各国の言語も、ペラペラです
どんな訓練を受けていたのか気になりますよね


>せるふぉんさま
こんばんは
この映画は、ホントに凄いアクション満載でしたよね
終始退屈させられる事なく、ドキドキ感が持続して、
あっという間に終ってしまった感じです
マット・デイモンの頑張りが、
より一層、光っていた映画でした
テクテクさん、こんにちは! (アイマック)
2007-12-03 12:44:43
復活1作目はボーンでしたか!!

ノンストップアクションで、目が離せなくて
あっというまに終わってしまった感じしますよ。
緊張の連続で体こわばってました(笑)

シリーズすべてレベルは高くて
私も大満足でした。
お正月にもう一回観にいきたいですぅ。
コメント返信 (テクテク)
2007-12-03 21:09:47
>アイマックさま
こんにちは
この映画は、ホントに早く観たいと思っていたので、
迷わず復活第1作目に選びました

もう、最初から最後までドキドキでしたね
ボーンの予測不能な行動も健在で、
してやったりといった感じでした
私もリピートしちゃうかもの作品です
不死身 (たまさん)
2007-12-05 01:31:07
TBありがとうございました。
そうですね。思い出しました。3000万ドルの人間兵器です。
だから不死身なんですね~

『モンスター』が映画化されるとは知りませんでした。面白くなりそうですね。
コメント返信 (テクテク)
2007-12-05 12:28:53
>たまさんさま
こんにちは
やはり、3000万ドルという
高額な資金を投じられたからには、
簡単に死んでしまうわけにはいきませんよね
この3000万ドルは、おそらくアメリカの国家予算でしょうし…

『モンスター』のハリウッドでの映画化の話は、
確か、1~2年ほど前に聞いたのですが、
その後の進展情報は入ってきません
実現したら原作同様、
絶対に面白い映画に仕上げて欲しいと思っています
Unknown (moriyuh)
2007-12-08 21:18:06
tekuteku2006さま

TBありがとうございます。
私も遅くなりましたが、お返しさせていただきました。

>ハリウッドで映画化されるという話題のひとつに、
浦沢直樹原作の
「モンスター」という作品があります。

この作品も、ある出来事を切っ掛けに
主人公が目的を持って、
逃亡生活を続ける物語です。

こんなのあるんですか?
とっても楽しみですね。長年映画を観ていて思うのは、ハリウッドものは、やはり自分とかけ離れた世界を観させて欲しいと思うのであります。

また遊びに参ります…。

コメント返信 (テクテク)
2007-12-08 22:12:59
>moriyuhさま
こんばんは
「モンスター」の原作は漫画なのですが、
これ、本当に面白いんですよ
主人公が逃亡する切っ掛けとなる事の始まりもシリアスで、
その逃亡の理由も、
ただ捕まらない為に逃げ回っているだけではなく、
その先々で起こる出来事にもハラハラ・ドキドキ感があります
実写版として映画化されても、作り方さえ失敗しなければ、
本当に素晴らしく面白い作品に仕上がると思います

映画の世界は、
観る側に夢を与えてくれたり、
感動を与えてくれたり、
恐怖を与えてくれたり、
怒りを与えてくれたり…
無限の感覚を観客に提供してくれる事が醍醐味でもあります

現実的にありえない世界を観せてくれるのも、
映画だからこそ成せる業であると
私も思っています

また、こちらのブログにも気軽に遊びに来て下さいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ボーン・アルティメイタム (Yuhiの読書日記+α)
ボーンシリーズの第3作目で、タイトルの「アルティメイタム=最後通告」とあるように、一応完結編です。(マット・デイモンのインタビュー記事などを読むと、続編もありえるようですが) あらすじは・・・ CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗...
ボーン・アルティメイタム 92点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
負けてたまるか 俺達人間だ 公式サイト ロバート・ラドラムのスパイ小説『ボーン三部作』を原作とした、マット・デイモン主演のスパイアクション映画シリーズ三作目。 今回は原作『最後の暗殺者』が一応のベースとなっているが、もはや別物と言って問題ないレベル...
「ボーン・アルティメイタム」を観る (紫@試写会マニア)
走りまくる、飛び越えまくる、車と道具を駆使しまくる、ボーン。記憶喪失の元CIA秘密工作員ジェイソン・ボーンシリーズ、最新作にして最終章「ボーン・アルティメイタム」を観てきました。相変わらずの格闘シーン・カーアクション、そして頭脳戦。期待を裏切らない、体...
『ボーン・アルティメイタム』 (Sweet*Days**)
監督:ポール・グリーングラス  CAST:マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン 他 記憶を無くした暗殺者、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)はCIAに追われな...
ボーン・アルティメイタム (UkiUkiれいんぼーデイ)
最後通告(アルティメイタム)と言いつつも 続編の匂いを残すラストでしたね(^皿^*)=3=3 やっぱし、このデイモンはカッコイイのだ!!! タフガイで頭脳明晰なジェイソン・ボーンの存在に魅了される。 今作も前作に引き続き監督はポール・グリーングラス。 ...
ボーン・アルティメイタム (Akira's VOICE)
自分を見つけました。 生まれ変わります。
ボーン・アルティメイタム (eclipse的な独り言)
 タイトルが言いづらくて辛かったです。まるで軟膏のような・・・
映画「ボーン・アルティメイタム」 (happy♪ happy♪♪)
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』に続く、 マット・デイモン主演のアクション作品。 政府の極秘計画「レッド・ストーン」によって育成され、 最強の暗殺者となった彼だったが、計画そのものが闇に葬られた瞬間、 その存在は邪魔者となり、彼の元...
ボーン・アルティメイタム The Bourne Ultimatum (いい加減社長の日記)
「UCとしまえん 」でもらったクーポンがあったので、朝一の回で鑑賞。 マット・デイモンの「ボーン・アルティメイタム 」。 「UCとしまえん 」は、それほどの人出でもなく。 「ボーン・アルティメイタム 」は、大きめのスクリーンで3割程度? 大丈夫か...
★★ 『ボーン・アルティメイタム』 (映画の感想文日記)
2007年。Universal."THE BOURNE ULTIMATUM". ポール・グリーングラス監督。ロバート・ラドラム原作。
劇場鑑賞「ボーン・アルティメイタム」 (日々“是”精進!)
「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」に続く、人気アクションシリーズ最終章。記憶を失い、自らの正体を探ってきたジェイソン・ボーンが、自分の過去にまつわる驚愕の事実を知る!ストーーリーは・・・英国の新聞がCIAの内部告発者の証言に基づき、...
ボーン・アルティメイタム (ネタバレ映画館)
今回は指紋に気遣ってなかったボーンだったけど、金庫で巧く利用してたような。
感想/ボーン・アルティメイタム(試写) (EDITOREAL)
ボーン・ムテキスギルネ! 『ボーン・アルティメイタム』11月10日公開。モスクワで追っ手から逃れ姿を消したジェイソン・ボーン。ある新聞記者がボーン誕生に関わる「トレッドストーン」をアップグレードした「ブラックブライアー」についての情報を入手したところにボー...
ボーン・アルティメイタム (O塚政晴と愉快な仲間達)
頑張るマット・デイモン第3弾。 不死身のジェイソン・ボーンもこれで最終章。 ボーン・アルティメイタム ★★★★☆ (ネタバレちょい有り) 過去の作品は必見です。 ボーンが記憶を取り戻していくのとほぼ同時進行で、こちらも前2作の記憶を蘇ら...
映画レビュー「ボーン・アルティメイタム」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆まれに見る出来の良さで3部作をしめくくる人気アクション・シリーズ完結編。気合の入った映像は興奮もの。 【85点】 記憶を失くし、愛する人を奪われた、最強の暗殺者ジェイソン・ボーンは、自分を亡き者にしようとしている組織に立ち向かうことを決...
ボーン・アルティメイタム (虎猫の気まぐれシネマ日記)
やった~! 今日観てきた。観れないとほとんど諦めてたのにたまたま,上映時間に合わせて,それも劇場の近くで時間が空いた。ラッキー!結論から言うと いやー面白かった~!これ。3作の中で一番好きかも。しかし、人間兵器ジェイソン・ボーンの無敵っぷりは回を重ねる...
ボーン・アルティメイタム (★YUKAの気ままな有閑日記★)
何気に好きなこのシリーズの完結編だもの。見届けなくっちゃー【story】自分を暗殺者に仕立て上げたCIAの極秘プロジェクト『トレッド・ストーン』に関する取材を進めていた新聞記者ロスとロンドンで接触しようとしたボーン(マット・デイモン)。しかしCIAに監視されてい...
【映画】The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム (higeruの大活字読書録)
 「バイオハザード」シリーズはどうやらまだ続くようだが、こちらはタイトルも「最後通告」、紛れもない完結編である。  "Remember everything. Forgive nothing"――記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンがついにすべてを思い出す! もう説明不要、というか「不能...
「ボーン・アルティメイタム」みた。 (たいむのひとりごと)
3部作も遂に完結!・・・なんだよね?一応(^^)たぶん、表面上ではキレイサッパリ決着がついたと思って良さそうだけど、「ジェイソン・ボーン」の復活は、無きにしも非ずかなと思ってしまうのは、半分くらい希望
ボーン・アルティメイタム (花ごよみ)
『ボーン・アイデンティティー』 『ボーン・スプレマシー』に続いての ボーンシリーズ最終章。 どこまでも追われる男、 ボーンを演じたことで マット・デイモンは このシリーズで 変身したといってもいい程です。   とにかく強いです。 超人的な男です。 アクション...
ボーン・アルティメイタム The Bourne Ultimatum (映画!That' s Entertainment)
●「ボーン・アルティメイタム The Bourne Ultimatum」 2007 アメリカ Universal Pictures, Kennedy/Marshal Production 115min. 監督:ポール・グリーングラス 原作:ロバート・ラドラム 出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン...
ボーン・アルティメイタム (めでぃあみっくす)
失われたはずのジェイソン・ボーンの過去の記憶が蘇るということで少しは楽しみにしていたこのシリーズ第3作ですが、見終わった直後の感想は前2作と同じ「まぁこんなもんか・・・」でしたね。あれだけ引っ張っておいたジェイソン・ボーンの過去の秘密も期待外れとまでは...
映画 【ボーン・アルティメイタム】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ボーン・アルティメイタム」 『ボーン・アイデンティティ』『ボーン・スプレマシー』に続く大ヒットシリーズの第3作。 記憶をなくした主人公ジェイソン・ボーンの自分探しの旅が終わりに近づき、彼が何者で、どういう過去があったのかが語られる最終章。 『...
ボーン・アルティメイタム(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ポール・グリーングラス 【出演】マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/パメラ・ランディ/デヴィッド・ストラザーン/アルバート・フィニー/スコット・グレン 【公開日】2007/11.10 【製作】アメリカ
「ボーン・アルティメイタム」 マット・デイモンの頑張りにエール! (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 プロモーション来日でも随分ハードスケジュールを頑張ってこなしていたマット・デイモン。 日本での興行成績が伸びるといいなぁ…と、身内でもないのに思ってしまうくらい健気に見えました。 公開初日に地元のシネコンで観ましたが、お客さ...
映画『ボーン・アルティメイタム』 (いんどあかめさん日記)
公開されてまだ1週間なんですけど…ここしばらく前作・前々作を予習したりしてたので
ボーン・アルティメイタム (ぷち てんてん)
いや~、やっぱり完結編だよね~~面白かった♪☆TBは、コメントやTBのお返しが遅れがちのために、確認後に反映させていただいていますm(*--*)m☆ボーン・アルティメイタム☆(2007)ポール・グリーングラス監督マット・デイモンジョーン・アレンジュリア・スタイルズデヴ...
『ボーン・アルティメイタム』 (La.La.La)
 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:115分  原題:THE BOURNE ULTIMATUM  配給:東宝東和  監督:ポール・グリーングラス  主演:マット・デイモン      ジュリア・スタイルズ      デヴィッド・ストラザ...
ボーン・アルティメイタム (Big Screen)
○THE BOURNE ULTIMATUM ○2007アメリカ/115min/東宝東和2007.11.10公開 ○アクション/サスペンス[◆◆◆◆◆◇]5/6 第1作 ボーン・アイデンティティー (2002)監督ダグ・リーマン 第2作 ボーン・スプレマシー    (2004)監督ポール・グリーングラス ...
『ボーン・アルティメイタム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「ボーン・アルティメイタム」□監督 ポール・グリーングラス □原作 ロバート・ラドラム □脚本 トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ □キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョアン・アレン、デ...
ボーン・アルティメイタム (映画通の部屋)
「ボーン・アルティメイタム」THE BOURNE ULTIMATUM/製作:20
ボーン・アルティメイタム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・...
ボーン・アルティメイタム(2007年) (勝手に映画評)
記憶をなくした暗殺者、ジェイソン・ボーン3部作の最終第3作目。ボーン誕生の秘密が明らかになります。マット・デイモンと言えば、ひ弱なお兄ちゃんというイメージでしたが、この作品で、力強い演技も出来る俳優なんだなぁとイメージチェンジされました。 1作目『ボーン...
「ボーン・アルティメイタム」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Bourne Ultimatum」2007 USA シリーズものは1作目には適わない....当たり前なのだが、やっぱり納得のシリーズ最終作。 1作目の「ボーン・アイデンティティー/2002」はアメリカの人気作家ロバート・ラドラムの原作“暗殺者”を過去に読んでいたので実に面白かっ...
ボーン・アルティメイタム 観たっっっ! (せるふぉん☆こだわりの日記)
ジェイソン・ボーンシリーズ第3弾、「ボーン・アルティメイタム」観ましたよ~。
ボーン・アルティメイタム/マット・デイモン (カノンな日々)
私の場合、ハリウッド映画のこの手のジャンルは話題作だから観に行くという面は少なからずあります。別にキライとかそういうんじゃないんだけど、何て言うか自分の中では優先順位が高くないというか平均的な位置にあるんですよね。でも、このシリーズは別格です。前々作、...
「ボーン・アルティメイタム」 (てんびんthe LIFE)
「ボーン・アルティメイタム」ユナイテッドシネマ豊洲SC10で鑑賞 シリーズ1,2ともに内容は忘れていますが、ボーンという男、記憶がないのに最強「ここはどこ?私は誰?」の状態だったということだけ覚えておけば大丈夫。 楽しいアクションエンタテインメント作品...
ボーン・アルティメイタム (★Shaberiba ★)
彼が記憶を取り戻すとき、最後通告(アルティメイタム)が下される!!
ボーン・アルティメイタム THE BOURNE ULTIMATUM (描きたいアレコレ・やや甘口)
『Who?』自分のアイデンティティーを探すジェイソン・ボーンの明日は、どっちだー!! ボーン・シリーズで、最高にカッコよく見えるマット・デイモンでした!! 今までのマット・デイモンの資料写真を見ると、輪郭
ボーン・アルティメイタム(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
公開待ってました! このシリーズ大好物「ボーン・アルティメイタム」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:マット・デイモン、ジョーン・アレン、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン 上映時間:115分  自分を暗殺者に仕立てあげたCIAの...
ボーン・アルティメイタム (小部屋日記)
The Bourne Ultimatum (2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン/デヴィッド・ストラザーン/パディ・コンシダイン/スコット・グレン 彼が「記憶」を取り戻すとき 最後通告が...
ボーン・アルティメイタム (まぁず、なにやってんだか)
友達からのお誘いで10月18日に「ボーン・アルティメイタム」のジャパンプレミアに行ってきました。レッドカーペットは残念ながら行けませんでしたが、TOHOシネマズ六本木ヒルズの試写会でマット・デイモンの舞台挨拶が見られました。 スーツ姿のマット・デイモ...
ボーン・アルティメイタム (そーれりぽーと)
ジェイソン・ボーンシリーズ第三弾『ボーン・アルティメイタム』を観てきました。 ★★★★ 前作『ボーン・スプレマシー』の時には、前々作『ボーン・アイデンティティー』の内容をほとんど覚えてない状況で、観ている内に思い出していくのがまるで主人公と被ってるよう...
ボーン・アルティメイタム (The Bourne Ultimatum) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2007年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★★ スケールアップされた予算と火薬量の割に物語が薄かったり、広げ過ぎた風呂敷を収集する為に矢継ぎ早にイベントばかり起きたり、毛むくじゃらのチビッコが無敵...
ボーン・アルティメイタム (ダイターンクラッシュ!!)
11月14日(水) 21:15~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『ボーン・アルティメイタム』公式サイト ラドラムの原作(原案?)の小説は、読んだことが無い。あらすじ読むと、2,3作目はまったく別物に思われるんだけど・・・ ...
ボーン・アルティメイタム (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
記憶を失い、愛するものを奪われた暗殺者ジェイソン・ボーン。 過去と決別するために最後通告<=アルティメイタム>を叩きつける!モスクワ、パリ、ロンドン、マドリッド、タンジール・・・彼が「記憶」を取り戻すとき、最後通告が下される! 自分がCIAの極秘計画“...
ボーン・アルティメイタム・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
映画史上もっとも地味で最もスーパーな、元CIA秘密工作員ジェイソン・ボーンの活躍を描くシリーズ第三弾。 第一作の「ボーン・アイデンティティー」から続く、ボーンの「失われた記憶」=「アイデンティティー」を探す旅もい
映画『ボーン・アルティメイタム』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
つ・・強い!スティーブン・セガールにも負けない程にジェイソン・ボーンのパワーとス
ボーン・アルティメイタム■本当の主人公は? (映画と出会う・世界が変わる)
映画「ボーン・アルティメイタム」の主役は、当然、主人公ジェイソン・ボーンを演じるマット・ディモンである。このボーンが銃を構え、撃ち、走り、殴り、カーチェイスで暴走して動の役割を果たす一方で、静の役割のパメラとニッキーを忘れてはいけない。実はボーン以上に...
【2007-164】ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 記憶を奪われ 愛するものを殺され 存在を抹消された男 ジェイソン・ボーン <記憶をなくした暗殺者> 失われた記憶を求めて 戦いが始まる 彼(ボーン)が「記憶」を取り戻すとき 最後通告(アルティメイタム)...
★「ボーン・アルティメイタム」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
ボーン・アルティメイタム☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ジェイソン・ボーンというキャラはマット・デイモンが演じる中でかなり美味しいキャラだと思います(笑)記憶を失った男が自分自身をみつける旅・・・と言っちゃえば、そんなにインパクトはないのですが実は男はCIA工作員で、筋金入りの暗殺者だったのです!なんておま...
ボーン・アルティメイタム を観ました。 (My Favorite Things)
ジェイソン・ボーン シリーズの完結編です。
ボーン・アルティメイタム (メルブロ)
ボーン・アルティメイタム 190本目 上映時間 1時間55分 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン ジュリア・スタイルズ デビッド・ストラザーン ジョアン・アレン 評価 7点(10点満点) 会場 新宿バルト9  映画の日に観た2作目は、ボーン...
ボーン・アルティメイタム (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ジェイソン・ボーンよ、永遠に・・・  
映画:ボーン・アルティメイタム (駒吉の日記)
ボーン・アルティメイタム(シネマイクスピアリ) 「デビット・ウェッブ、生年月日は4-15-71」 ボーン・アイデンティティーと本作のNYパートだけでよくね? 第一作の「ボーン・アイデンティティー(2002)」設定が面白そう!&マット君がアクションねえ、とちょ...
「ボーン・アルティメイタム」:IHI前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}IHIって何の略か知ってるか。 {/hiyo_en2/}うーん、難しい問題ね。IHI、IHI・・・いけない・ひとね・いけないわ? {/kaeru_en4/}ピンポーン!・・・なわけ、ないだろ。石川島播磨重工の略だ。いまはIHIが正式な社名らしいけどな。 {/hiyo_shock...
ボーン・アルティメイタム 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
The Bourne Ultimatum 「ボーン・アルティメイタム」 (表参道 high&low)
毎度裏切らない緊張感を第3作でも堪能できたのがThe Bourne Ultimatum(ボーン・アルティメイタム)でした。 相変わらす世界各地で危険に晒されながら自分のルーツを探すアクション作品はこのシリーズでしか見れないヴァイオレンスがたっぷり。 神経だけでなく身体に響...
ボーン・アルティメイタム☆ジェイソン・ボーンは一体誰? (銅版画制作の日々)
    ジェイソン・ボーンシリーズ、「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」に続く第三弾「ボーン・アルティメイタム」。   前作2つとも観ないで、いきなり鑑賞。なんと大胆な話です。昨年11月23日にMOVX京都にて。マット・ディモン...
【映画】ボーン・アルティメイタム…多分3本まとめて観るべき?…と花見 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は雨{/kaeru_rain/}なんだけど、昨日は良い天気{/kaeru_fine/}だったので小倉城に花見{/s1_spr_sakura/}に行ってきました。 花見といっても嫁さんと娘を連れて行って、お弁当{/silver/}食べただけなんですけどね。 残念ながらまだまだ桜{/s1_spr_sakura/}は開いていな...
『ボーン・アルティメイタム』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真が、イギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の...
ボーンシリーズ(ボーン・アイデンティティー、スプレマシー、アルティメイタム)× 3作を 一挙に見倒す! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨年のベスト10にも入れた「キャプテン・フィリップス Captain Phillips」は監督ポール・グリーングラス(写真:右)の演出の切れ味が売り。 当ブログ的には、彼が監督した「ジェイソン・ボーン」シリーズが明確に、007シリーズのその後に大きく影響を与えたと考えて...