水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

2009-02-17 21:00:00 | 映画【は行】
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく
一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。


映画の評価 ★★★☆☆ 淡々としている映画


●以下ネタバレがあります●


第81回アカデミー賞で
13部門にノミネートされているこの映画。

結構話題にもなっていた事もあり、
上映時間が167分という長さを気にしながらも
劇場へと観にいきましたが
・・・やっぱり長い映画でした。

しかも、淡々と
ベンジャミン・バトンの一生を描いているだけなので、
何度もウトウトしてしまいました。

結局、人間は年齢を重ね続けて老人になってしまえば
肉体的に若返っても年老いても
精神的には子供に返るモノ
といった感じの映画の内容で、
80代から徐々に若返っていくという設定の中、
ブラット・ピッド演じるベンジャミン・バトンの
さかのぼっていく成長ぶりには凄く驚かされましたが、
やっぱりブラピは若い方が素敵です。

そんな事を思いながらも、
私の中で一番印象に残ったのは
ケイト・ブランシェット演じるデイジーが
フランスで交通事故に合ってしまったシーン。

ベンジャミンの
あの時、こうでなければ・・・という
偶然の積み重ねを回想するナレーションは、
心に響くモノがありました。

結局、人生は偶然の積み重ねであり、
誰にも先の事は予想できないのだと
私も最近痛感させられる出来事がありました。

実は先日、会社帰りの路上で
私はひったくりの被害に合いました。

私の身体に指一本触れる事なく、
見事に鞄だけを持っていかれてしまった瞬間、
私は何が起こったのかも分からず
「・・・えっ?」と言った感じで
声を出す事さえも出来ませんでした。

それから交番に被害届を出し、
様々な手続きをしている中、
私はベンジャミンの回想と同じように
「あの時、あの道を歩いていなければ・・・」
などと自分を責めながら後悔ばかりが頭を過ぎりましたが、
その後、ひったくり被害に合った事を父親に話したら
落ち込んでいる私を察してなのか、
「偶然とタイミングが重なっただけだ。」
と言われ、
少しだけ自分が救われた気持ちになりました。

確かに今回の被害に合った事で
私は凄くショックを受けましたが、
お世話になった交番の警察官の人たちをはじめ、
多くの人の優しさや温かさに触れる事が出来ました。

人生は偶然の積み重ねであり、
誰にも先の事なんて予想できません。

ベンジャミン・バトンも
普通の赤ちゃんの姿で産まれていたのなら
デイジーと出会っていなかったのかもしれないのですから・・・。


【2009年2月8日(日)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・・・何でもありなの?『ヘブン... | トップ | 求めているのは希望。『チェンジ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2009-02-18 14:36:11
すべてがそうですよね。
今、自分の人生を思い返してみても、あの時ああだったらとか、あの時こうすれば・・・と思うことしきりですが、今あるのは、その経験の積み重ね。
悔やむことも全部ひっくるめて、自分の大事な積み重ねにしたいと思います。
なので、若返っていこうが、年とっていこうが、人生の積み重ねと言うことでは同じですよね。
コメント返信 (テクテク)
2009-02-18 20:26:11
>sakuraiさま
こんにちは
ベンジャミンは年老いた身体で産まれ、
時間が経つごとに肉体的には若返っていくという
周囲から見れば「異質な人間像」でしたが、
彼自信にとっては「それが普通」なんですよね

人の持つ価値観は
個々に経験した事により違うと思いますし、
何事も積み重ねだと私も思います

辛い事や心の痛みを経験する事によって
学習能力も身に付くのですから、
肉体的に若返っても人生経験が浅くなるわけではなし、
魂の年輪は時間と共に刻まれ続けるという事を
この映画を通して教えられた気がします
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-19 09:36:38
テクテクさん、そんなことがあったんですね。
鞄の中には大切なものも入っていたでしょうに・・・。
大変だったのに、テクテクさんは前向きになっていらっしゃって偉いな~と感心しました。
そしてそれを映画の感想と結び付けているのも。
ベンジャミンは他の人と違う人生でしたが、それイコール不幸なことばかりではなかったですよね。
どんな人生であろうと一生懸命生きた人は美しいなと思いましたよ。
コメント返信 (テクテク)
2009-02-19 13:12:17
>ミチさま
こんにちは
お気遣いのコメント、ありがとうございます

ひったくり被害にあったのは会社帰りだったので
鞄の中には財布をはじめ、定期券、携帯電話、鍵など
ホントに生活必需品ばかりが入っていました

財布の中には現金やクレジットカード類以外にも
運転免許証や健康保険証も入っていて
現金よりも私のIDカード類を持っていかれた事が
ショックでした

それに加え、
鍵は会社から預かっていた鍵も複数含まれていたので
ホントに困りました

不幸中の幸いだったのは、
被害にあった時間が
夜の7時頃という比較的夜の早い時間だった事と
しらふだったという事でしょうか…

確かに被害にあった事は災難でしたが、
警察官という仕事の大変さも知る事が出来ましたし、
カード会社の対応の早さと
良心的な部分も感じる事ができました

ただ、携帯電話にGPS機能が付いているにも関わらず、
紛失なら追跡可能でも盗難では追跡しないと
携帯電話会社から言われたのには、
「ムッ」としましたけどね…

こんな感じで、
自分の知らなかった世界を少しだけ覗けたのは
イイ人生経験になりました

ベンシャミン・バトンも
老人の肉体で産まれてしまったばかりに親に捨てられたりと
周囲から見れば大変な人生だったのかもしれませんが
本人は自分の運命を責める事なく
恋もしていましたし、仕事もしていましたよね

人生、誰もがイイ事ばかりではありませんし、
どんな苦境に立たされても、自分の人生を愛せるような
そんな気持ちを持ち続けたいモノですよね
大変でしたね (zooey)
2009-02-19 13:38:25
でも考えようによっては、被害が鞄だけで
まだよかったのかもしれませんね?
世の中にはもっと悪い人もいるのだから…

で、この映画、私結構感動しました。
3時間の長さがまったく気になりませんでした。
思わず原作も読みましたが、あまりにも短くて薄っぺらで驚きました。
映画の方が原作よりもいいという、私にとって数少ない例外のうちのひとつです。
いろんなことがあるものですね (やく)
2009-02-19 18:20:15
>人生は偶然の積み重ね、
まったくですね。
ひったくり事件の話、じっと読んでしまいました。
お父様はさすがです。

ベンジャミンも不思議な生き方をしてるのに、
その時の出会いや今できる仕事をすごく大切にしていたように思います。
水泳で若いころ失敗したのに60代になって成功した女性を見たとき、
長生きしてみるもんだなあなんて思ってしまいましたよ。
コメント返信 (テクテク)
2009-02-19 19:44:14
>zooeyさま
こんばんは
お気遣いのコメント、ありがとうございます

ひったくり被害に合った事は災難でしたが、
鞄をひったくられた時、私はよろける事もなく、
ホントに鞄だけが前方に飛んで行ったかのような
そんな感覚でした

物は盗られてしまいましたが、私は無傷だったので
それだけは本当に良かったと思っています

ひったくりの被害にあったというニュースは
あちこちで聞いた事もあり、情報は知っていましたが、
まさか自分が被害に合うとは夢にも思っていなかったので
ホントに自分の気持ちのユルさを反省しています

ところで…
この映画は原作と大きく違う事を
zooeyさんのブログを拝見して初めて知りました

この映画は決して悪い作品だとは思わないのですが、
私にはちょっと長過ぎました…
コメント返信 (テクテク)
2009-02-19 20:01:11
>やくさま
こんばんは
私がひったくりの被害に合った事を両親に話した時、
「お前がボケッとして歩いているからだ
と叱責されると思っていたのですが、
厳しかった父親から予想外の言葉を掛けられて
ホントに自分が救われた気持ちになりました

ベンジャミンと同様に、自分の置かれた境遇を受け入れ、
自分の人生を愛せる事が幸せの秘訣なのかもしれませんね

遠泳に成功したのも
彼女がベンジャミンと出会っていたからでしょうし、
何が誰にどんな影響を与えるかなんて
分からないモノです

私も自覚を持って生活しなければ…
こんばんは (なな)
2009-02-20 21:08:23
人生は偶然の積み重ねというのはある意味では当たってますね。
その反面,自分で切り開くもの,という考え方もあるとは思いますが。
偶然の積み重ねで悪い結果になることもあれば
禍転じて福となることもあるし
人生って摩訶不思議で面白いものだと思います。
ベンジャミンの一生を振り返ってみても
やはりいろいろあっても,生きることは素晴らしいことだと
しみじみ思える物語でした。



コメント返信 (テクテク)
2009-02-21 09:07:35
>ななさま
こんにちは
確かに人生は自分の手で切り開くモノで、
ベンジャミンも自分の人生を愛しながら
自らの信じた道を歩んでいましたよね

自分の置かれた境遇に対し、
どのように捉えるかはその人次第ですが、
その考え方によっても人生は変わるような気がします

先日、私はひったくりの被害に合いましたが、
日にちが経つにつれ、
その事に対する考え方も変わってきました

きっと盗られた鞄は戻ってきませんし、
その鞄の中身が増える事はありませんが、
私には新しい鞄があり、
そこには物だけでなく、被害から得た知恵や
多くの人から与えられた愛情や優しさがあるのですから…
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-03-07 13:03:36
TB有難うございました。
80歳の老人の姿で若返っていく。
奇抜なストーリーながら、
この世に生まれ、人生の折り返し、
そしていつかは誰しも訪れる死
自分の人生を思わず振り返ってしまう…
そんな映画でした。
老いたくないですね…
時間が戻せたらいいのに…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメント返信 (テクテク)
2009-03-07 21:59:35
>シムウナさま
こんにちは
命あるモノ全てに平等に与えられた「成長」という過程が
次第に「老い」に化してしまうという現実には
私も日々感じている今日この頃です…

ベンジャミンのように次第に若返っても
最後には「死」を迎えるという事は
私たち人間に平等に与えられた人生の結末なんですよね

生まれてから死に至るまで、どんな人生を歩むのか、
魂がどのような成長を成し遂げるのか…
そこに命の大切さを感じる作品でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (LOVE Cinemas 調布)
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみな...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
The Curious Case of Benjamin Button (2008) (アヤは観た。)
邦題:ベンジャミン・バトン 数奇な人生 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、タラジ・P・ヘンソン ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Akira's VOICE)
人生という名のロードムービー。  
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。 「UCとしまえん」は、早い時間にしては、人がいたかな。 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、大き...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (Sweet*Days**)
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職...
劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」 (日々“是”精進!)
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Memoirs_of_dai)
ボタン屋の息子だからバトン 【Story】 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (俺の明日はどっちだ)
1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、徐々に若返っていく男の人生という時間を縦軸に、そんな彼が与え、与えられる愛を横軸として展開するヒューマン・ファンタジー作。 冒頭の時計職人のエピソードに象徴されるがごとく...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。F・スコット・フィッツジェラルド原作、原題:The Curious Case of Benjamin Button。デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、エリアス・コーティアス、ジェイソン・フレミング...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (迷宮映画館)
若(作り)いブラッド君見て、自分も若くなったような気が・・・。
★ベンジャミンバトン・数奇な人生(2008)★ (CinemaCollection)
THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON「ベンジャミン、あなたが教えてくれた 人は皆、出逢っては別れ、愛する者を失うそれでもー人生は素晴らしい」上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/02/07ジャンルドラマ/ミステリー/ファンタジー【解....
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 (たいむのひとりごと)
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (めでぃあみっくす)
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (まぁず、なにやってんだか)
1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。 とーってもいい映画でした。超オススメです。 80代で生まれ、そこから若返っていくという内容をどう映像化していくのか、興味があったのですが、さすがハリウッド!素晴ら...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】人生には色々な事が起こる (映画@見取り八段)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ~THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON~ 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演:  ブラッド・ピット、ケイト・ブラ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して (SOARのパストラーレ♪)
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。 死の床に就くデイジー(ケイト・ブランシェット)は、娘にある男が残した日記を読ませるが、それは自分のかつての恋人で、年老いて生まれ、次第に若返っていくという、数奇な運命を背負った男ベンジャミン...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (そーれりぽーと)
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ この映画を観ていた中でひとつはっきりと思ったのは、老いって怖えー!ってことかな。 本来の主...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」:高輪北町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あのビル、人間の顔みたいね。 {/kaeru_en4/}目があって、鼻があって、耳があって・・・。ほんとだ、人間の顔みたいだ。 {/hiyo_en2/}でも、人間と違ってあの顔は年をとらないのよねえ。うらやましい。 {/kaeru_en4/}うらやましいか? {/hiyo_en2/}うらやま...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (You got a movie)
監督   デビット・フィンチャー キャスト ブラッド・ビット       ケイト・ブランシェット       ティルダ・スウイントン ケイト・ブランシェット演じる年老いたデイジーの病床で娘が読んでくれるベンジャミンの日記に沿って物語が進んで行く。この映...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (勝手に映画評)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞...
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(試写会) THECURIOUSCASEOFB... (まてぃの徒然映画+雑記)
1人の人の生涯を描こうってんだからそりゃ長くなるけど、2時間47分は長かった~。80歳で生まれたベンジャミンは老人ホームで育てられ、一度は船上の男となるもののまた老人ホームに戻ってくる。そして幼い頃に出会ったデイジーと再会し、さらに本当の父親とも再会を果た....
ベンジャミン・バトン 数奇な人生/ブラッド・ピット (カノンな日々)
赤ちゃんなのにお爺ちゃんの姿をしたブラッド・ピットは何度観ても衝撃的でしたね。たぶんここ1,2ヶ月かの間では最もたくさん劇場予告編を目にしたのがこの作品だったと思けど何度観てもこれがいったいどういうお話になるのか予想出来なくて想像力を掻き立てられました。...
『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さて、今日はカタログハウスの「シネマのすき間」へお出かけの日。 そこで聞いたんだけど、 この映画 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』は 2008年アカデミー賞最多の13部門にノミネート。 でも、えいは9部門10ノミネートの『スラムドッグ$ミリオネア』の方が好...
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (試写会帰りに)
愛する人が年老いていくことと、若返って行くこと。 真逆でありながら、どちらも本質的には、似たようなことなのかもしれない、と思わされる。 ひとりの人間の一生を愛するということ。究極のラブストーリーを堪能する167分。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(THE CU...
映画レビュー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
The Curious Case of Benjamin Button [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆時を縦糸に愛を横糸にして人生の哀切を紡ぐ秀作。特殊メイクで七変化するブラピは必見だ。 【85点】  ベンジャミン・バトンは、80歳で生まれ徐々に若返っていく不思議な運...
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 】 【監督】 デヴィッド・フィンチャー   【原作】 F・スコット・フィッツジェラルド    【脚本】 エ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デビッド・フィンチャー 【出演】ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/タラジ・P・ヘンソン/ジュリア・オーモンド/ジェイソン...
永遠と一日~『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (真紅のthinkingdays)
 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON  第一次世界大戦終結の夜、80代の肉体を持って生まれたベンジャミン・バトン (ブラッド・ピット)。成...
映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらに...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON公開:2009/02/07製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:167分鑑賞日:2009/02/07監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) (ひるめし。)
人生は素晴らしい。
「ベンジャミン・バトン」ー原作との絡み  (Zooey's Diary)
「セブン」「ファイト・クラブ」の監督デヴィッド・フィンチャー、 「フォレスト・ガンプ 」の脚本エリック・ロス、 原作スコット・フィッツジェラルドと聞けば、観ない訳にはいきません。 80歳の身体で生まれ、年々若返っていく男ベンジャミンの人生と、その愛。 与...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.2.9 公開中の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 監督:デヴィッ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★ Shaberiba ★)
老人の姿で生まれ年をとるたび若返っていくというベンジャミンの数奇な人生は 私達に何を投げかけているのでしょうか・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (心のままに映画の風景)
1918年、ニューオーリンズ。 老人施設を営む黒人女性クイニー(タラジ・P・ヘンソン)は、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 “ベンジャミン”...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】★ブラッド・ピット★ケイ... (猫とHidamariで)
人生は素晴らしい。80歳で生まれ、若返っていく   数奇な人生を生きた、ある男の物語ベンジャミン・バトン 数奇な人生HPベンジャミン・バトン数奇な人生 シネマトゥデイ英題:THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年2月7...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ネタバレ映画館)
デイジーにヒナギクの花束を・・・
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 (描きたいアレコレ・やや甘口)
どうも。周回遅れのupです。いつもながら、私はアップアップです(汗) 私のブログ年齢7才というのは、あながちウソではない(苦笑) 以前...
ブラッド・ピッドだから… (美容師は見た…)
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった~。  やっぱり観て良かった~。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの?...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (てんびんthe LIFE)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 ブラピ!やった! 未だ1枚も当たらないこの試写状ですが、縁あって1人分だけ廻ってきました。 よかった。 1度でも試写会でみられて。 3時間弱の超大作にも関わらず時間の長さを全く感じな...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ベンジャミン・バトン] ブログ村キーワード 評価:7.0/10点満点 2009年12本目(11作品)です。 この物語は、ベンジャミン(ブラッド・ピット)の老いない悲しさ、若返る恐怖を描いており、生まれてから、初恋、旅立ち、そして再会、別れ…というように、ベンジャミ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』 (音次郎の夏炉冬扇)
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはあ...
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 ブラッド・ピット (ネット社会、その光と影を追うー)
80代の、深い皺の刻まれた老人として生まれたベンジ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (future world)
上映時間2時間47分は・・・長い! でも全く気になりませんでした。 美しくも切ない物語・・・ 人は生まれてから命尽きるまで、心と体は共に成長していくものだけど、 そうでなかったら・・・ ベンジャミンの人生~中身は普通の人と変わらず子供から大人へと成長...
映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (きららのきらきら生活)
『人生は素晴らしい。』
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (せるふぉん☆こだわりの日記)
やっと見に行けました~「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 この半月ほど咳が異常
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] これはベンジャミンと生涯を共にしたデイジーの・・・
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = 80歳という年齢で誕生し、徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男、ベンジャミン(ブラッド・ピット)。 他の誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験...
「ベンジャミンバトン 数奇な人生」・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
デビッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットのコンビ作品 がまた見れると胸躍りました。「セブン」、「ファイトクラブ」と あっと驚く仕掛けを用意してくれる・・・ この題材を選んだときにびっくりしました。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  第81回アカデミー賞作品賞に本命としてノミネートされていたが、残念ながら対抗馬の『スラムドッグ$ミリオネア』に負けてしまい、アカデミー賞関連の受賞は「メイクアップ賞」「美術賞」「視覚効果賞」等の特別賞のみの受賞に終わってしまった。       
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (エンタメ日々更新)
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ピチピチのビラッド・ピットが観られる! ということで、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (シネマ・ワンダーランド)
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...
『ベンジャミン・バトン ~数奇な人生~』 (『映画な日々』 cinema-days)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 80歳の姿で生まれ、年々、 肉体が若返っていく男の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題...